あやかし ランブル x。 あやかしランブル 攻略 おすすめキャラ(式神)まとめ ナタク カグツチ ヒエン ★5 人権 リセマラ wiki

【あやかしランブル】リセマラ当たりランキング|ガチャおすすめ最強キャラ・装備一覧

あやかし ランブル x

2019年10月17日に正式リリースとなった【 あやかしランブル】のゲームシステムのご紹介と、あやかしランブルをプレイした感想と評価を掲載したエロゲ評価レビューです。 あやかしランブルは2019年7月25日から事前登録を開始し、同年10年17日にリリースされたカードバトルRPG。 登場するキャラクターは妖怪や伝記上の神格化された人物など、日本に古くから伝わる有名な存在が女の子となって登場するのですが、イラストはどの子も可愛くHシーンのクオリティもかなり高い! 既にDMMゲームになじみがある方にとってはちょっと物足りない内容となっていますが、エロゲ初心者出れば間違いなく楽しめるゲームになっているはずです。 ゲームシステムはセミオートバトルで神姫やユニティアの系譜を受け継いだ内容になっています。 逆に言えば「またか・・・」という感じもあり、新鮮味はゼロと言っても良いかも。 それでも面白いと思えるのが凄いですよね。 あやかしランブルのデッキ編成と特徴 これまでにリリースされたテクロスさんのエロゲを振り返ると、 神姫プロジェクトはデッキ編成がちょっと複雑で、デッキ編成は「 英霊 1体 ・神姫 メイン4体:サブ2対 ・ウェポン 9個 ・幻獣 6体 」という他のエロゲではなかなか見ない数の多さでした。 ごちゃごちゃしていてちょっと分かりにくい部分もあり、課金要素が非常に高いゲームでした。 あやかしランブルは神姫とユニティアに近いとご紹介しましたが、よりデッキ編成が簡素化され初心者に優しいシステムになっていると思います。 ユニット6体にそれぞれ装備が2品ずつの非常にシンプルなもの。 デッキ編成さえすれば、あとはクエストにチャレンジするだけなのですが、バトル中はほぼオートになっていてプレイヤーが操作するのはターゲティングとスキル使用のみとなります。 ほぼオートでも問題ありませんし完全オートにすることも可能ですが、ユニティアの傾向からいくと高難易度のクエストのみ完全オートを解除して手動でプレイする形になると思います。 あやかしランブルのバトルは何もしなければ通常攻撃だけで続いていくので、スキルを使いたい場合はスキルをポチっと押すだけで、スキルが使用可能になれば勝手にスキル発動するといった感じです。 考えてプレイするシミュレーションゲームが好きな人にとってはちょっと退屈なゲームかもしれませんね。 あやかしランブルのバトル あやかしランブルでは編成したキャラの特性によって陣形が自動的に変わるよようで、その辺の詳細は不明です。 これまでの2タイトルと異なる点は、あかやしランブルではデッキ編成で組み込んだ6体のキャラとは別に、画面左端に主人公が戦闘参加しているという点。 あやかしランブルの敗北条件は「主人公がHP0になる」となっており、前衛を務めている式神たちが死んでも主人公さえ生き残っていればOKというシステムです。 この主人公は陰陽師であり、前衛の式神たちを使役する立場なので、 もし式神がHP0になってやられたとしても、「霊力」を消費することで再度式神を戦線に復帰させることが可能となっています。 スキルオートボタン• 霊力ゲージ• 霊力ゲージさえ貯まっていれば、特定の式神のスキルを連続使用することも可能です。 無条件でスキルが使用できるというわけではなく、先ほどご紹介した画面左下の霊力ゲージを消費してスキルを使用していきます。 各式神が使用できる固有スキルには「消費霊力」が設定されており、消費霊力分が貯まればスキル発動となります。 だからといって、スキルオートにした際に消費霊力が少ないスキルばかりを連発するという事は無く、スキルオートの設定がどうなっているのかは不明ですが、良い感じにスキルをバラバラに使用してくれます。 恐らく霊力ゲージが貯まってスキル発動可能になると、その時点で発動可能で消費霊力が多いものを優先的に発動しているように思います。 BURSTについて バトル画面で画面右下に表示されている「BURST」は、あやかしランブルの超必殺技的なヤツです! BURSTゲージは時間の経過と共に貯まっていき、上の画像のようにBURSTが光ると発動可能となります。 BURSTはユニティアから継承されている超必殺技なんですけど、 ユニティアのBURSTとは異なりあやかしランブルのBURSTはユニット全員のスキルを一斉に発動するというだけのもの。 一気に全員のスキルを連続発動するので、トータルダメージはかなりのものになります。 ちなみに、このBURSTで使用するスキルと、通常時に使用するスキルは別物扱いで、BURST発動しても霊力が0に戻る事はありません。 あやかしランブルの強化と霊力開放 あやかしランブルでは、クエストに出撃するだけで経験値を獲得できるので、主力メンバーはであれば勝手にレベルアップしていきます。 別途強化したければ、強化専用素材の書物を「修練場」で入手するか「商店」で購入するかのどちらかになります。 他にもあやかしランブルには式神を強化する方法があります。 それが「 霊力開放」です。 レベルアップと霊力開放を同時進行していく事があやかしランブルの育成強化となります。 あやかしランブルの交流 Hシーン あやかしランブルは全年齢版とR18版となる【あやかしランブル!X指定】があります。 後者のX指定では式神との交流でHシーンが堪能できるようになっており、 あやかしランブルのHシーンはアニメーション付き&ボイス付きの最高品質となっています。 あやかしランブルはイラストが可愛いので、交流でのHシーンもかなり良い感じにエロい! 特にチュートリアルで見ることが出来るナギとのHシーンは、展開の妙もあってかなりエロかったですね。 既にあやかしランブルをプレイしている方であれば体験しているはずです! チュートリアル以外でこのHシーンを見る方法は、レアリティによって若干異なりますが、「交流」というメニューで閲覧できる個別ストーリーの3つ目で堪能できるようになっています。 Hシーンはボイス付きなので、あやかしランブルの交流を堪能する際はボリュームに気を付けるようにしましょう! あやかしランブルの感想まとめ ゲーム性が似ているのでどうしてもユニティアと比較してしまいますが、個人的にはユニティアよりも面白いと思っています。 もちろん、神姫よりも全然面白いですね。 ユニティアは育成が簡単すぎてゲーム難易度の設定がガバガバだなと思っていましたが、後半になってプレイ出来るHARDモードが異常に難しくなっており、ゲームバランスがめちゃくちゃだったんですよね。 それに対しあやかしランブルは序盤から簡単すぎず難し過ぎずでゲームの難易度設定が丁度いい感じになっています! その点では長く遊べそうなエロゲになっていますし、神姫プロジェクトと比べると断然面白いと思うんですけどね。 それでも神姫は既にプレイヤー数も累計350万人にまで増え、人気が持続しているので、どうしてもゲーム性が似ているあやかしランブルは注目度が低くなってしまうのかなと思っています。 決して悪いエロゲではないんですけどね。 それに個人差はあると思いますが、着物を着た女性って何かエロくないですか?w そういう視点から見ても、エロゲとしてプレイするのであれば神姫よりもあやかしランブルの方がおすすめです! あやかしランブルでリセマラは出来ない これは書くかどうか迷いましたが、あやかしランブルの記事でリセマラ情報を掲載しているサイトが非常に多いんですけど、あやかしランブルを始めとしたDMMゲームではリセマラは出来ません。 ほんと酷いサイトばかりですよね。 確かにDMMゲームでもリセマラが出来るゲームはありますが、それは一般ゲームとしてGoogleplayやAppstoreでゲームアプリ化された場合のみで、基本的にDMMゲームはDMMアカウントでのログインが必要となるため、一度プレイを始めるとデータを削除することが出来ず、複数アカウントを作るしか方法がありません。 ただしDMMでは複数アカウントを所持することが禁止されているので、この方法はDMMの規約に違反します。 もし一般ゲームとしてリリースされればリセマラ情報を掲載するのもありだと思いますが、まだリリースされていない状況でそういった記事で注目を集めるのはちょっと違いますよね。 くれぐれもそういった胡散臭いサイトには気を付けて下さいね。

次の

あやかしランブル!とは (アヤカシランブルとは) [単語記事]

あやかし ランブル x

ナタクは、攻撃力が高く、奥義や特殊攻撃がすべて「大ダメージ」を与える技となっている。 特に、奥義の「敵5体に、6倍火属性ダメージ」が強烈で、ザコ敵をいっそうする事ができる。 火属性は、ザコ戦・複数戦に強い「ナタク」や、ボス戦・レイド(逢魔)戦に強い「カグツチ」と、アタッカーに恵まれている。 人権キャラ(このゲームのサービス開始当初の最強キャラ)。 30秒間、防御力ダウン(大) カグツチは、ナタクと同じ「攻撃型ステータス」で前衛型のアタッカー。 違いは奥義で、カグツチはボス戦やレイド(逢魔)戦向けの技となっている。 ボスは1体で登場する事が多く、防御ダウンの効果が入れば、大きくダメージをのばす事ができる。 実際、レイド(逢魔)戦では、大活躍している。 その分弱点が設定されており、その高い攻撃力と引きかえに、特殊攻撃の効果で、防御力がダウンする。 「12秒間、自分の攻撃・会心率アップ(大)、防御力ダウン(大)」 しかしそのデメリットすら、メリットに変えるパッシブスキル(特性)を持っており、 「HPが少ないほど攻撃力アップ」 つまり防御力を下げて、攻撃力を大きく上げて戦う。 防御型 ツクヨミ ツクヨミ 中衛 奥義:敵5体に、2. 5倍闇属性ダメージ。 20秒間、暗闇の状態異常を与える。 ツクヨミは私持っているが、あまり強いとは思わない。 奥義は全体攻撃で使えそうに見えるが、実際に使ってみると、素の攻撃力のステータスが低いので、ダメージが全然伸びない。 おそらく敵に「暗闇の状態異常を与える」 特殊攻撃で「20秒間、敵3体の攻撃力ダウン(大)」など、 ツクヨミは敵の攻撃力を下げるデバッファーだと思われる。 敵に攻撃させる前に、先に高火力で一気にたおす系のパーティには入らない。 しかし今後、暗闇が効くボスが登場するなら使えるかも。 大黒天 大黒天 前衛 奥義:20秒間、味方全体に防壁を与える。 自分が狙われやすくなる(大) 大黒天は、いわゆる「タンク」で、敵の攻撃を受けて、味方全体に「防壁」を貼って、パーティ全体のダメージを下げる役割となる。 実際に使ってみたところ、大黒天は「前衛」なので、敵の攻撃を受けやすい。 しかし「メチャクチャ」固い。 そして奥義で味方全体に防壁をばらまく。 タンクとしては、最高の性能だと思う。 ちゃんと役割を果たせている。 (ヒエンはしにそうになってる事が多いけど) しかし大黒天は、防御型ステータスなので、火力は期待できない。 乙姫 乙姫 後衛 奥義:味方全体のHP回復。 弱体効果を1つ解除する 特殊攻撃:12秒間、味方の前衛に、防壁をはる。 特殊攻撃2:HPが最も少ない味方1体のHP回復 乙姫は、優秀なヒーラー。 ヒーラーとしての性能は文句なしだが、ステータスが低く、攻撃型のスキルが1つもないのが弱点となる(火力が下がる)。 今後、ヒーラーがいないと戦えないような強敵が登場したら、出番が増えるかもしれない。

次の

あやかしランブル 攻略 おすすめキャラ(式神)まとめ ナタク カグツチ ヒエン ★5 人権 リセマラ wiki

あやかし ランブル x

あわせて読みたい 宝珠を使ってキャラの霊力解放 霊力解放は、キャラのアビリティみたいなものです。 キャラの基本能力値に大きく影響するので、霊力解放はレベルと同じくらい重要です。 各キャラ毎にツリー上になっている ボードが用意されており、必要な素材を持っていれば、順番に霊力が解放される仕組み。 キャラがガチャで被ると、霊力限界突破が起こり霊力解放上限が増えます。 すると新たなボードが解放されるので、さらに強化できます。 解放した霊力はキャラのプロフィールからまとめて確認が可能です。 装備を強化する キャラの強化を行ったら、次に装備の強化を行いましょう。 基本的にはレア度が高い武器を強化すればいいですが、できればパーティーの火力枠のキャラの装備から行った方が良いです。 奥義ダメージの影響が大きいので、周回速度に関わります。 イベントで装備が整ってきたら使わない装備を限界突破していきましょう。 あわせて読みたい 逢魔戦でBPを消費する ストーリーを進めていくとレベルがガンガン上がります。 レベルが上がると、その毎にAPとBPが最大値を超えて回復していきます。 特にBPはすぐにカンスト(最大999)してしまい、超えた分は消えてしまいます。 これがかなりもったいないので、逢魔戦(マルチバトル)でBPを消費しておきましょう。 BP消費は救援確認から BPを消費する方法は、右下の「救援確認」から他人が自発した鬼に救援することなので、間違えないようにしましょう。 属性鬼のところを選択してしまうと、 自発することになりBPではなくAPが消費されてしまいます。 どれに救援しても良し 初級、中級、上級と鬼の強さに合わせて難易度が設定されていますが、救援の場合はどれに入ってもOKです。 与えたダメージによって貢献度が上がり、報酬も良いのが貰えますが、初心者の段階では、大した貢献もできないので、とにかく何でもいいので救援に入りましょう。 他の人の邪魔にならないバトルなので、初心者でも怖がる心配も全くないです。 バトルに勝利すると、 報酬としてキャラの育成素材と、マガツの御霊(上の画像の青いやつ)が貰えます。 マガツの御霊は、ためまくると商店で貴重なアイテムと交換できるので、BP消費をしながらコツコツためていきましょう。 相当ためないといけないですが、狙っていきたいところ。 日課をやっておく 日課として 銭貨で回せる1日1回限定の10連ガチャは必ずやっておきましょう。 ゲーム内通貨で回せるガチャは他のゲームだと1日100回とかガチャできるのが多いんですが、このゲームは1日1回限定です。 素材を手に入れることができる1日1回だけの貴重な機会なので忘れずにやっておきましょう。 他にもやっておきたい日課を以下にまとめていますので、よろしければどうぞ。

次の