岡本 社長 会見。 吉本興業・岡本昭彦社長が会見 “全員クビ”発言認める「反省しなければならない」

吉本興業・岡本社長、謝罪会見でやってはいけない行為…原稿読み上げ、「えっと~」連発

岡本 社長 会見

経歴・プロフィール [ ] パ卒業後、吉本興業入社。 2年後にのとなる。 ダウンタウンのマネージャー時代には「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」などのバラエティ番組にブリーフ一丁で猫を抱いた奇妙な格好で出演し、逆バンジー企画に挑むなどの芸人顔負けなキャラクターを発揮する事もあった。 その後、、、(・)、らも担当。 芸人の仕事を整理するデスク業務の経験のほか、マネージャーや番組制作の仕事が長い。 吉本興業の東京制作部でチーフプロデューサー及び吉本興業所属の若手お笑い芸人のを独占的に製作・発売する株式会社アール・アンド・シー( Ltd. )の取締役、吉本興業代表取締役副社長、共同代表取締役社長COOを経て代表取締役社長、YDクリエイション代表取締役社長を務める。 学生時代は、部で、をしていた。 闇営業問題 [ ] 、週刊誌が報じた闇営業で謹慎処分となっていたのと、のの謝罪会見が開かれた。 会見の中で2人は「(岡本)社長から『お前らテープ回してないやろな? 』」と発言内容を録音していないかを疑われ、謝罪会見を開きたいと申し出た田村に対しては「亮、ええよ。 お前辞めて1人で会見したらええわ。 やってもええけど、ほんなら全員連帯責任でクビにしたるからな。 それでもええんやったら記者会見やれや。 俺にはお前ら全員クビにする力があるんや」と社長から言われ、誰も何も言えなくなったことを告白。 会社への不信感を感じた2人は弁護士を付けて交渉することになったが、会社側から宮迫と田村亮の弁護士に書面で、「2人の引退会見か、2人との契約解除のどちらかを選んでください」という内容が突然送られてきたこと、更には、引退ではなく謝罪会見をしたかったので岡本社長と話をしたかったが断られ、昨日の12時に引退会見を開くよう急に迫られたため、2人は「会社主導の引退会見をするぐらいならば、会社を辞めて自分たちで会見しよう」と判断したことも会見で告白した。 上記の一連の騒動を受け、同年同月22日に都内で会見を開いた。 会見は5時間30分にも及んだ。 主な作品 [ ] 過去の担当番組 [ ]• (TBS) - プロデューサー• ()- プロデューサー• (朝日放送)- プロデューサー• (読売テレビ)- プロデューサー• (フジテレビ)- チーフプロデューサー• (日本テレビ)- プロデューサー• (テレビ東京)- プロデューサー• (テレビ朝日)- プロデューサー• CM [ ]• (ブリーフ一丁の姿で出演) 脚注 [ ]• - 日刊スポーツ 2019年7月21日• マイナビニュース 2019年7月22日. 2019年7月24日閲覧。 お笑いナタリー 2019年7月22日. 2019年7月24日閲覧。 日刊スポーツ. 2019年7月22日. オリコン 2019年7月22日. 2019年7月24日閲覧。 先代: 社長 第12代: - 次代: (現職).

次の

岡本社長(吉本)会見の日時と場所は?内容とYoutubeの配信チャンネルは?

岡本 社長 会見

吉本興業の 岡本社長が行った 会見が所属タレントや世間一般から猛烈なバッシングにあっています。 しかし、本当に岡本社長の会見はダメだったのか? 私自身は、企業が行う記者会見はあんなものだと思っています。 逆に、岡本社長の記者会見で新たに見えてきたものがありました。 そこで、今回は吉本興業の岡本社長が行った記者会見について私なりの解説をしていきたいと思います。 私に見えてきたもの 基本的に、岡本社長は一般人なので公の前で話す機会はあまりありません。 昔は吉本興業は、上場企業でしたが今は非上場企業なので人前での話が下手というのは仕方ないところです。 宮迫博之さんや田村亮さんと同じように話せると思ったら大間違い。 会社の社長の会見というのは、あんなものなのです。 もちろん、イエス、NOを最初にはっきり言わなかった。 ここにわかりにくさがあったのですが、一般人が大多数の前で攻め立てられるような会見をしたら誰でもあんな形になります。 そこは、覚悟がどうとかって話じゃないと思います。 そして、今回の問題の本質が記者会見で見えてきました。 それは、宮迫博之さんや田村亮さんも社会人として相当に問題があるということです。 会社サイドからすると、いったんウソの報告をあげられているわけです。 そのために、テレビ局や関係各社への対応に追われています。 当然、謝罪や段取りを組みなおす必要があります。 それだけ、第三者に迷惑をかける重要なウソだったということです。 正直、このタイミングで吉本興業と宮迫博之さんや田村亮さんとの信頼関係が破綻しかけたことは間違いない。 そして、謝罪会見を早くっていう亮さんの意見は一見正しいように見えます。 しかし、会社サイドからすると必ずしもそうとは限りません。 今回のような記事が再度出てくる可能性もあります。 ましてや、闇営業に行っていた人数も当初から増えてしまった。 手渡しでもらっているため金額も各自あいまいな状況。 このような状況で、田村亮さんだけに記者会見を行わすことができない。 これは、亮さんの正義感は満たされるかもしれませんが、各自バラバラのことを言ってしまう可能性をはらんでいます。 これを会社のトップであれば止めるのは当たり前のことだと思います。 もちろん、ここをきちんと説明できてないところには問題があります。 ただ、田村亮さんは子供が間違っていることを謝りたいなら・・・という発言がありましたが、それを社長に直接訴えたのかっていうことです。 それをなぜしないのかという気持ちがどうしてもあります。 記者会見とパワハラは別 そして、今回の闇営業からの一連の報道を見ていて感じることは話がすり替わっているということです。 もともとは、闇営業の問題です。 その記者会見開かせてもらえないのは、後から大量にかかわった人間がいたので調査に時間がかかった。 現金でもらっているので金額が確定しない。 そして、新しい情報が週刊誌から出てくる恐れもある。 しかも、最初にウソがあったので吉本側は慎重に調べてテレビ局などと調整をしなければならない。 だから、事実が確定するまでは記者会見を開かせることができない。 これは、会社サイドからしたら真っ当な意見です。 そして、この闇営業の問題と、パワハラ問題や契約書の問題は別に考える必要があると思います。 よく、社長がえらそうな態度や怒鳴りつけるなんてのは別に中小企業だったらよくあることです。 私は、元々社会保険労務士をしていたので社長ってそんな人ばっかりと言ってもいい。 しかし、このタイミングで、所属している人たちがTwitterやSNSで社長に対して文句を言うのは違うと思います。 ギャラの問題や契約書の問題。 今までに一回でも直接言ったことがあるのか?これまでに一回もないのに、こんなタイミングで言うっていうのは恥ずかしすぎる。 社長に会えない。 社長が怒鳴る。 ギャラが安い。 それだったら、別にお笑いの会社は吉本だけじゃないんだから移籍すればいいんじゃないの? 売れる前だったら、吉本側もなんも言わないと思いますし堂々と移籍すればいい。 そして、以前は吉本興業におったんですけどって売れてから言えばいい。 今、ある程度売れたのは、吉本の力を借りて有名になったり劇場の舞台に立てたりしているのに・・・そこの経費は一切考えない。 お世話になっている部分の感謝がないってのはどうなの? それでもギャラが安いって思うなら、交渉に行けばいいだけです。 それが難しいなら、先輩に相談すればいいんです。 そもそも、タレントは従業員ではなく個人事業主なんだからパワハラの判断も難しい。 いずれにせよ、このタイミングで色々言う芸人は恥ずかしい。 吉本興業のおかげでテレビ出させてもらっているとは思えないのかな。 吉本興業の会見はダメだったの? 最後に私の意見をまとめようと思います。 吉本興業の岡本社長の会見はダメだったのか?私は、十分にやる価値があった会見だったと思います。 わかる人には、原因がはっきりわかったと思います。 11人もいた闇営業の金額が現金で手渡しなので確定していない。 一度ウソをついている。 週刊誌の追加の報道があるかもしれない。 これらの理由から、まだ記者会見をさせる状況になかったという事実がはっきりしました。 あとのことは、闇営業の問題とは関係のないことです。 吉本社内の問題です。 外野がどうこういうことではない。 社内でしっかりと協議して、パワハラをなくしていく。 そもそも一企業の内部のことをああだこうだっていうのは、世間一般に関係ない。 私は、闇営業の問題のすべての原因は最初の「ウソ」だと思っています。 それは、関係各社に迷惑をかけただけでなく吉本興業と芸人11人との間に溝をつくった。 そのきっかけは、ウソにあったと思います。 それは、吉本興業だけに迷惑をかけるものではなく取引先である第三者に迷惑をかけることにもなったからです。

次の

計算ずくだった?吉本興業・岡本社長のグダグダ会見→最初から最後までコントのようなやりとりだった

岡本 社長 会見

吉本興業の岡本昭彦社長(53)が22日、都内で記者会見を開催。 記者から発言の真意を聞かれた岡本社長は、6月24日の謹慎発表のプレスリリースを作る際に、宮迫、亮、ガリットチュウ・福島善成、レイザーラモン・HGの4人との打ち合わせがスムーズに進まなかったため、会話を進行させるために「僕的には冗談で言った」と釈明。 しかし、4人には「全く受け入れられなかった」と話した。 また、4人がミーティングでそれぞれの思いを語り、ミーティングが膠着していたため「反社会的勢力からお金を取られた被害者がおられるということが、そのやり取りを見ていて感じ取れなかった」と、発言に至った理由を説明。 「個人バラバラで言うんだったら、勝手にせいと、会見するなら全員クビにするぞ、と。 身内の感覚で発言し、相手に思いが伝わらなかったというのは、まったくもって僕の反省しなければならないところ」と語った。 ちょっとビックリしたんですけど」とコメント。 岡本社長を「良く知ってますけど、そういうことをする人です。 若い人らにそういうことをしてるとこも見たことあるし、会社の社員に足して恫喝みたいなことを言う人だっていうのも僕も知ってます」と明かしていた。 宮迫は20日の会見で、岡本社長が詐欺グループの会合に参加した宮迫や亮を含む5人の芸人との話し合いの場で「おまえらテープを回してないやろな」と確認し、「亮、ええよ。 おまえが辞めて1人で会見してもいいわ。 やってもいいけど、全員連帯責任でクビにするから。 それでもいいならやれ。 俺にはおまえら全員をクビにする力がある」と、圧力をかけられたことを告白していた。

次の