アスノヨゾラ 歌詞 意味。 難易度表/むずかしい/アスノヨゾラ哨戒班

アスノヨゾラ哨戒班の歌詞で一番好きな一文字|kqck|note

アスノヨゾラ 歌詞 意味

作詞・作曲:Orangestar 「アスノヨゾラ哨戒班」の本家動画の再生回数は800万回を突破しています。 2015年のボカロ曲の代表曲と行っても過言じゃないんでしょうか。 そんな「アスノヨゾラ哨戒班」はリリースされたのは3年も前ですが、ニコニコ動画やカラオケVOCALOIDランキングのトップにいつもいる印象です。 そんなに大人気なんですね! ボカロPのOrangestar オレンジスター さんは2013年にデビューして翌年の2014年には「アスノヨゾラ哨戒班」をリリースし爆発的な人気が出ました。 ムービー作成もOrangestarさんが担当しているそうで本当に多彩ですね! イラストはM. Bさん 「アスノヨゾラ哨戒班」歌詞 【IA】アスノヨゾラ哨戒班【オリジナル】 「アスノヨゾラ哨戒班」歌詞解釈 「アスノヨゾラ哨戒班」の意味は? 「哨戒 しょうかい 」は、敵襲に対して軍艦や飛行機で見張りをし警戒することを意味します。 「哨戒班」は、敵襲に対して見張りをしている少人数の班 仲間 を意味するんじゃないかと解釈できます。 だから「アスノヨゾラ哨戒班」は明日のために戦う少年達を意味するんじゃないかと思います。 「アスノヨゾラ哨戒班」は現代の青少年? 「アスノヨゾラ哨戒班」は、最初戦場の少年達の物語で解釈を進めようと思いましたが、解釈をしていくうちに戦場に例えられた現代の毎日なんじゃないかと思いました。 「敵を選んで戦う少年」 主人公 は嫌な事から目を背けて、目標もなく、ただただ漠然と毎日を過ごしている事に対して、「これでいいのか?」と怖く感じているけどどうすればいいかわからないことを表現しているんじゃないかと歌詞から解釈できます。 実際に、現代の社会では「やりたいことが見つからない若者」は年々増えていると思います。 社会人になるまで「親にあれしろ、こうしろ」「そんなの意味ないじゃん」と言われて親の価値観が押し付けられた状態で個性を否定されたり、理解されないと悩んだりすることが沢山あったりすると思います。 そんな現代社会を取り巻く環境を風刺したりしているんじゃないかと思いました。 ふたりでアスノヨゾラ哨戒班 そんなふわふわしたままの僕 主人公 を関係なしに世界は明日に向かい 前に進み ます。 そんなある日の夜、「君と僕もさ、また明日へ向かっていこう」 と主人公の手をとる人が現れます。 「魁星」は北斗七星の第一星から第四星までの星を意味します。 「魁星」は中国では"章をつかさどる神"と信仰されていたそうです。 だから「魁星」は主人公の手を取った人を示すんじゃないかと思います。 「昨日を変えさせてなんて言わないから また明日も君とこうやって 笑わせて」は昨日を変えるのは無理なことである事から、と主人公に「無理しなくていいんだよ?自分のペースでいいよ」と言っているんじゃないかと思います。 世界が暗くなる?キミは消えた 君と出会ってから主人公の世界は一変したけど、MVが暗い描写になる事や「君と見ていた世界は本当に綺麗"だった"」と歌詞が過去形になっている事から主人公と主人公の手を引いてくれた人は離れ離れになったことを意味していると解釈できます。 主人公の見る世界の見方が「キミ」といた時と変わっている事や、ただ単に距離が離れただけで「未来は残酷」「仕舞ってる」までの表現はしない事や「忘れてないさ」と言っている事から主人公の手を引いた「キミ」は空へ行ってしまったことが歌詞に表現されているんじゃないかと思います。 ひとりぼっちの哨戒班 主人公は、キミがいなくても飛べると思ってはいたけれど、実際には「独りじゃ歩く」ことすらできなくなる。 孤独に慣れることはできるけれど、幸せを経験してからの孤独は比にならない程辛いと思います。 だから、主人公はもう嫌だと投げ出したくなるけれど、「願ったんなら叶えてしまえや」と一度夢を見たのなら叶えればいいじゃんと言うよねきっとと主人公は前を向き始めるんだと思います。 そして、前へ進んで行く 「明日の夜に逢いに行こうと思う」は人は命が終わったら星の一部になったり、お空に行くと言われている事から、夜空を見ればまたキミに会えると考えているんじゃないでしょうか。 Sky Arrow「空の矢印」は星を意味すると解釈できます。 また星はキミを表す事からキミの目印が星 北斗七星・魁星 なんじゃないかと思います。 キミを忘れないためにも、キミとの「また明日へ向かっていこう」 の約束を僕が守って、ちゃんと前を向いて進もうとしているんじゃないでしょうか。 あくまで僕の解釈で"アスノヨゾラ哨戒班"解釈してみました!.

次の

アスノヨゾラ哨戒班の読み方や意味は何?【太鼓の達人収録】|Daily Breaker

アスノヨゾラ 歌詞 意味

「風もなく茹だりそうな夜」という歌詞から、背景は夏の夜であることが読み取れます。 しかし、続く歌詞を見るともう1つ別の解釈も姿を現してきます。 「知恵熱」という言葉があるように、頭は考え事をし過ぎると熱くなることがありますよね。 つまり「茹だりそうな」という言葉は、考え事をし過ぎたが故に、頭が茹り熱くなった、という風に解釈する事もできるでしょう。 もしかしたら「君」も主人公のように感傷に浸っていたのかもしれません。 そして主人公も同じである事に気づいていたからこそ、「眠れないんだ」とわざと口にしたのかもしれませんね。 「アクセル」という歌詞もありますし、「車」にでも乗っているのでしょうか。 「君」の方はとても楽しそうです。 楽曲冒頭では「笑えない日々」の中にいた「君」が笑う光景から、主人公の取った行動が間違いではなかった事がわかります。 それでも不安がなくなったわけではないようです。 後半の歌詞からは、自分の行動に対して迷っている主人公の様子が伺え、さらに2番でもこのように歌われています。 だから自分の行動に自信がもてずに揺らいだのでしょう。 しかしその反面、だからこそ歩き続ける事を選んだとも歌っています。 そもそも夜に飛び出した理由も「感傷」という不安に近しいものが理由なのでしょう。 つまり、これらは彼らが闇の中を歩くきっかけであり、歩いていられる理由・支えでもあるのです。 そんな矛盾のようなもの抱えながらも、彼らはある「方向」を目指して進み続けていきます。 これが主人公達が向かっている方向のようです。 一体どういうことなのか。 それを詳しく知るためにも、続く大サビの歌詞を見てみましょう。 太陽が昇るという事は夜が明けるということ。 つまり楽曲のタイトルの「DAYBREAK(夜明け)」にあたります。 そしてそれは「明日」がやってくるということにもなるのです。 思えば1番のサビでもこのような歌詞がありました。 彼らが向かう「明日」というのは、この東をさしていたのでしょう。 そして「最前線」という歌詞は、楽曲タイトルの「FRONTLINE」の和訳にあたります。 夜明けは誰もがまだ寝ている頃。 その中で東へ向かう彼らは、この世界で誰よりも早くに「明日」に近いところにいます。 「最前線」とは、そんな明日の近くにいる彼ら自身を表現しているのかもしれません。 それと同時に、これは彼らが「感傷」を吹っ切った瞬間だとも思われます。 Cメロで主人公達は「夜に腐っていたって」と歌っていました。 これはかつての「感傷」に浸ってばかりだった頃を指しているのでしょう。 時間は止まる事なく進んでいくもの。 それ故に思考にふけるだけの日々でも勝手に過ぎていき、朝はやってきてしまうのです。 けれど彼らは自らの足で明日へ向かい出し、その最後にこう決意するのです。 ここから彼らは感傷を振り払い、自らの力で明日に向かっていく事を決めたことが想像できます。 しかし、そんな簡単に振り払えるものなら、今まで浸るだけの日々など過ごしていないはず。 きっとこれからも「感傷」が彼らを襲う日はくるのでしょう。 それこそ夜が何度も訪れるように。 ですが夜が来るたびに夜明けは訪れ、「明日」は必ずやってきます。 それを「夜明けの最前線」を目指した彼らはもう知っています。 だから「行け」ではなく「征け」と歌ったのでしょう。 そんな思いは日々の暮らしの中で、溜まる感傷に苦しむ人々の心に届き刺さったのかもしれません。 多くの人々が元気をもらえると言ったのは、彼らのこの思いに励まされたからなのでしょう。 TEXT 勝哉エイミカ.

次の

【Orangestar/アスノヨゾラ哨戒班】の歌詞の意味を徹底解釈

アスノヨゾラ 歌詞 意味

「風もなく茹だりそうな夜」という歌詞から、背景は夏の夜であることが読み取れます。 しかし、続く歌詞を見るともう1つ別の解釈も姿を現してきます。 「知恵熱」という言葉があるように、頭は考え事をし過ぎると熱くなることがありますよね。 つまり「茹だりそうな」という言葉は、考え事をし過ぎたが故に、頭が茹り熱くなった、という風に解釈する事もできるでしょう。 もしかしたら「君」も主人公のように感傷に浸っていたのかもしれません。 そして主人公も同じである事に気づいていたからこそ、「眠れないんだ」とわざと口にしたのかもしれませんね。 「アクセル」という歌詞もありますし、「車」にでも乗っているのでしょうか。 「君」の方はとても楽しそうです。 楽曲冒頭では「笑えない日々」の中にいた「君」が笑う光景から、主人公の取った行動が間違いではなかった事がわかります。 それでも不安がなくなったわけではないようです。 後半の歌詞からは、自分の行動に対して迷っている主人公の様子が伺え、さらに2番でもこのように歌われています。 だから自分の行動に自信がもてずに揺らいだのでしょう。 しかしその反面、だからこそ歩き続ける事を選んだとも歌っています。 そもそも夜に飛び出した理由も「感傷」という不安に近しいものが理由なのでしょう。 つまり、これらは彼らが闇の中を歩くきっかけであり、歩いていられる理由・支えでもあるのです。 そんな矛盾のようなもの抱えながらも、彼らはある「方向」を目指して進み続けていきます。 これが主人公達が向かっている方向のようです。 一体どういうことなのか。 それを詳しく知るためにも、続く大サビの歌詞を見てみましょう。 太陽が昇るという事は夜が明けるということ。 つまり楽曲のタイトルの「DAYBREAK(夜明け)」にあたります。 そしてそれは「明日」がやってくるということにもなるのです。 思えば1番のサビでもこのような歌詞がありました。 彼らが向かう「明日」というのは、この東をさしていたのでしょう。 そして「最前線」という歌詞は、楽曲タイトルの「FRONTLINE」の和訳にあたります。 夜明けは誰もがまだ寝ている頃。 その中で東へ向かう彼らは、この世界で誰よりも早くに「明日」に近いところにいます。 「最前線」とは、そんな明日の近くにいる彼ら自身を表現しているのかもしれません。 それと同時に、これは彼らが「感傷」を吹っ切った瞬間だとも思われます。 Cメロで主人公達は「夜に腐っていたって」と歌っていました。 これはかつての「感傷」に浸ってばかりだった頃を指しているのでしょう。 時間は止まる事なく進んでいくもの。 それ故に思考にふけるだけの日々でも勝手に過ぎていき、朝はやってきてしまうのです。 けれど彼らは自らの足で明日へ向かい出し、その最後にこう決意するのです。 ここから彼らは感傷を振り払い、自らの力で明日に向かっていく事を決めたことが想像できます。 しかし、そんな簡単に振り払えるものなら、今まで浸るだけの日々など過ごしていないはず。 きっとこれからも「感傷」が彼らを襲う日はくるのでしょう。 それこそ夜が何度も訪れるように。 ですが夜が来るたびに夜明けは訪れ、「明日」は必ずやってきます。 それを「夜明けの最前線」を目指した彼らはもう知っています。 だから「行け」ではなく「征け」と歌ったのでしょう。 そんな思いは日々の暮らしの中で、溜まる感傷に苦しむ人々の心に届き刺さったのかもしれません。 多くの人々が元気をもらえると言ったのは、彼らのこの思いに励まされたからなのでしょう。 TEXT 勝哉エイミカ.

次の