日野 自動車 cm。 【CMウオッチャー】安藤サクラさん、月面で未知の生物に遭遇

日野ラグビー出演のトラック新CMが面白い!

日野 自動車 cm

舞台は「月」です。 新出演者の野村萬斎さんと安藤サクラさんには、宇宙飛行士役を演じてもらいました。 月に降り立った萬斎さんとサクラさん。 「月面探査をはじめる。 」とリードする萬斎さんに、「トントン行きましょう!」と、張り切るサクラさん。 月の重力は地球の6分の1。 そのため、浮遊する様な歩行で、今までとは違う、ゆるやかなリズムを刻みます。 突如、萬斎さんが危険を察知!目の前には月に棲むあの生物が…。 2人が発見したものとは、一体!? 新しいヒノノニトン劇場の始まりです。 未知の領域に踏み込みました。 萬斎さんとサクラさんに着用頂いた宇宙服はなんと15kg!! アメリカからレンタルしたレプリカとはいえ、実に精巧に作られているため、過去最重量の衣装となりました。 萬斎さんもサクラさんも、初めての宇宙服に興味津々で撮影がスタート。 しかし、時間が経つにつれ、密閉された構造とその重さで汗びっしょりに。 しかも今回は、月の重力をリアルに表現するため、ワイヤーアクションを取り入れての撮影となりました。 テスト中は「楽しい〜」と言っていたサクラさんも、本番になると真剣な表情に。 宇宙服の重量もあいまって、撮影はとても大変でしたが、萬斎さんもサクラさんも、初めてとは思えないくらい、息がぴったり。 未知の生物を発見したシーンでは、驚きのリアクションがテイクを重ねるごとに大きくなっていき、現場では度々笑いが起こりました。 新シリーズのヒノノニトン、ぜひお楽しみください!!.

次の

日野自動車の新CMが放映されています。

日野 自動車 cm

舞台はなんと月面。 宇宙服を着た野村萬斎さん(53)と安藤サクラさん(33)が探査中に未知の生物と出会うストーリーだ。 「月面探査を始める」。 野村さんがやや緊張した面持ちで伝えると、安藤さんは「トントン行きましょう」と張り切って答える。 「トーン。 トーン」とリズムをとりながら、2人は月面歩行を進めていく。 月の重力は地球の6分の1のため、足取りはふわりふわりと軽やかだ。 調査を進める内に、目の前に未知の生物を発見。 2人は急停止し、「危険を察知」と野村さん。 安藤さんは「衝突を防ぎました!」。 アクセルを踏み間違えた場合も衝突を回避するデュトロの「前進誤発進抑制機能」をさりげなくアピール。 2人が見上げると、未知の生物は巨大なウサギで、「トントントントンヒノノニトン」と餅をついている。 2人は月に巨大なウサギがいた衝撃で「トーーン!!」と驚きの声。 「安全性能が進化。 結論、日野の2トン」というアナウンスが入ってデュトロの画像が映し出され、CMは締めくくられる。 能楽師の野村さんは、俳優としても活動。 来年の東京五輪の開閉会式の演出も手がけるなど幅広く活躍している。 安藤さんも、NHK連続テレビ小説のヒロイン役から映画での個性的な役まで、確かな演技力で知られる。 活動領域を広げ続ける2人のイメージは、未開の地である月を開拓する役柄にぴったりだ。 PR 今回、野村さんと安藤さんが身につけた宇宙服は、米国からレンタルしたレプリカで、重量はなんと15キログラム。 重い宇宙服を身につけ、月の重力を表現するため、2人はワイヤーアクションに挑戦。 過酷な撮影環境だったが2人は息がぴったりで、驚きの声を上げる場面の撮影では、回を重ねるごとにリアクションが大きくなり、笑顔の絶えない現場になったという。 日野は「もっと、はたらくトラック・バス」をスローガンに「新たな領域へのチャレンジ」に注力するとしており、CMでも、月という未知の世界に踏み込んでいる。 「ヒノノニトン」シリーズのCMは、平成26年から放送。 「トントントントン」とのリズムに合わせ、肩を叩いたり釘を打ったりするなど、コミカルな演出で、日野のトラックの認知度を向上してきた。 今回のCMでは、月を舞台に、出演者も新たにし、ゆっくりと「ヒノノニトン」のリズムを刻む。 (経済本部 出口賢太郎).

次の

【出演者もCM曲も完全網羅】1964年~2014年 日野・レンジャー(Ranger)

日野 自動車 cm

1954年5月上場 略称 日野、HINO 本社所在地 〒191-8660 日野台三丁目1番地1 設立 (17年) (日野重工業株式会社)(創業:(明治43年)) 事業内容 トラック・バスの製造販売 トヨタ自動車株式会社からの自動車受託生産 代表者 代表取締役兼 資本金 727億1,700万円(2020年3月31日時点) 発行済株式総数 5億7,458万850株(2020年3月31日時点) 売上高 連結:1兆8,155億9,700万円 単独:1兆2,755億7,400万円 (2020年3月期) 営業利益 連結:548億5,900万円 単独:180億9,300万円 (2020年3月期) 純利益 連結:314億6,700万円 単独:278億7,100万円 (2020年3月期) 純資産 連結:5,926億8,000万円 単独:4,123億9,300万円 (2020年3月31日現在) 総資産 連結:1兆2,750億8,000万円 単独:8,138億5,200万円 (2020年3月31日現在) 従業員数 連結:3万4,548人 単独:1万2,935人 (2020年3月31日時点) 決算期 主要株主 :50. )は、主に・といったをするのメーカーである。 通称「 日野」、ローマ字表記は「 HINO」。 のでのうちの一つ。 日本のトラック・バス業界最大手。 及びの構成銘柄の一つ。 左はブルーリボンシティ、右は2代目ポンチョ 主にやなどのの生産を手がけ、トヨタブランドの小型や小型、普通、などの受託生産も行っている。 親会社のトヨタがへ納入するやトヨタ向けの生産、あるいは軍用も共同開発している。 期に、連結決算で売上高が1兆円を超えた。 2019年も1兆9,813億円で過去最高益を更新している。 日本国内の大型・中型トラックで、2020年現在46年連続で販売台数が1位、大型トラック顧客満足度調査で11年連続で1位、小型トラックも6年連続で1位、である。 に海外向け販売台数が国内向けを上回り、現在は総販売台数の7割以上を海外向けが占めている。 世界90か国以上で販売しており、や、、、、等では市場占有率が首位である。 に、世界で初めてハイブリッドトラック・バスのグローバルでの累計販売台数が1万台を超えた。 世界の大型トラック製造メーカーの中でも毎年生産台数トップ10にランクしている。 1965年にの傘下に入り、にトヨタが株式の過半数を取得して化した。 合理化のためにバス部門はと経営統合して2004年10月に日野自動車・いすゞ自動車共同出資の新会社()に移行し、いすゞと共通の車両がジェイ・バスから供給されている。 日野は観光バス、いすゞは路線バスを開発して相互供給する。 いすゞは日野の母体になった会社で、現在はトヨタ自動車との資本提携関係にあるため、日野との関係も深い。 同時に、への供給を取りやめている。 から一部のに限り、西工へのシャシー供給が再開したが、それも西工のと共に終了した。 また、2018年4月には商用バス・トラックの分野でと包括的な提携をすることが発表されている。 東京都の日野自動車21世紀センター内に、トラック主体のであるを設けている。 東京瓦斯電気工業はその名の通り、時代末期から時代にかけて、普及期にあった・電気器具を生産した。 時には海外からの大量受注などにより業績を伸ばし、用国産エンジン「」なども生産している。 「TGE」( Tokyo Gas Electric Engineering Co. の)のブランドで、日本でも初期の自動車に取り組んだ。 「」も参照 企業系譜としてはいすゞ自動車の分派ではあるが、日野製造所がら瓦斯電系出身の技術者を主軸とした製造拠点であったことから、日野自動車では自社のルーツを瓦斯電に求めている。 そのほか、瓦斯電を母体とした会社には、などがある。 後のには民需転換により 日野産業に改称。 ディーゼルエンジン技術を生かして当時としては異例の超大型トラック・を開発、次いで以降は通常シャーシ()の大型ディーゼルトラック・バスの生産も開始して、母体企業のいすゞと競合する大型車両業界の有力メーカーとなった。 には、のの技術供与を受け、小型乗用車のを行い、後に完全国産化を果たした。 その後自社開発の(駆動)小型「」、「」、で4輪の「」など、先進的な自動車を開発・生産していたが、のとの提携以後は、再びトラック・バスの開発・生産に特化して現在に至る。 年表 [ ] 日野ルノー4CV• 東京瓦斯工業創立。 (瓦斯電)と改称。 から陸軍四屯自動貨車5台の試作勧奨を受ける。 並行してTGE-A型トラックの自主開発を開始。 TGE-A型の製造を開始、「」に定める軍用保護自動車の認可第1号となる。 石川島自動車製作所・ダット自動車製造と三社合併、東京自動車工業創立。 ディーゼル自動車専用許可会社に指定、ヂーゼル自動車工業と改称。 瓦斯電系の日野製造所が分離独立。 日野重工業発足。 日野産業に改称。 日野ヂーゼル工業と改称。 仏・と技術提携、ルノーPA型・のを開始。 日野自動車工業と改称。 8月ミニバス、ライトバン発売。 4月900(PC10型)、小型トラック900発売。 900が、700cc-1000ccクラスの国内レースで優勝。 5月日本の商用車メーカーとしては初めての海外販売会社をタイに設立。 900が、第1回1300cc以下国内スポーツカーレースで欧州車を押さえ2位。 2月コンテッサ1300発売。 4月コンテッサ1300発売。 9月「ブリスカ1300」発売。 小型バス「」発売。 トヨタ自動車と業務提携。 コンテッサ生産終了。 羽村工場に小型車専門ライン完成。 、の生産を開始。 12月の生産を開始。 実施賞を受賞。 それまで大型4社でシェア4位だったが、このシリーズの成功を契機に、以後連続シェア1位を継続している。 日本初の登場。 (ブルーリボン U-HT2MLA改)• それまでの「翼マーク」に変わって「Hマーク」が登場。 へのバスシャーシ供給を取りやめる(ブルーリボン、セレガ)。 工販合併により日野自動車と改称。 中型クラスエンジンをに2004年からOEM供給することを発表。 引き換えに日産ディーゼル製システムの供給を受けることに合意。 スウェーデン・と協業提携。 スカニアのトラクターヘッドを日野ブランドで販売開始。 合理化のため、とバス部門を経営統合し、を設立。 2003年 搭載のバスがで試験走行。 ジェイ・バスが・の2社を合併。 この頃から、へのシャーシ供給を一旦中止(中型エンジンの日産ディーゼルへのOEM供給を除く)するも、2006年より路線系のみ再開。 中型バスへのエンジン供給は2007年に日産ディーゼル側の生産体制変更により中止(製に切り替え)。 スカニアとの協業提携を解消。 の古河工場にてノックダウン生産開始。 トラック・バス部門のと電動トラックで提携すると発表。 ソフトバンクとトヨタ自動車の共同出資会社であるMONET Technologiesへ本田技研工業と共にMaaS事業の価値向上とモビリティサービスユーザーへのサービス向上を図ることを目的に資本・業務提携に関する契約を締結。 6月 AIを活用した世界初のハイブリッドシステムを搭載した大型トラック、プロフィア ハイブリッド発売。 日野工場のすべての機能を古河工場に移転し、日野工場の閉鎖を予定。 4月23日、 のバッテリー・メーカーであると商用EV開発における協業を中心とする戦略的パートナーシップ契約を締結。 モータースポーツ [ ] HINO Team SUGAWARAのマシン(2018年) 1960年代の乗用車を開発していた頃は、「日野プロト」「日野GTP」などと呼ばれるを開発してレースに参戦していた。 1990年以降日本国内の大型車メーカーでは唯一、に「」で参戦している。 オペレーションはダカール出場のギネス記録を保持するとその息子のチームである「チームスガワラ」で、ワークス支援のなかった1993~1995年、1998年~2005年もプライベーターとして日野のマシンで参戦し続けるほど関わりが深い。 1997年のダカール・ラリーではトラック部門総合では史上初となる1・2・3位を独占という歴史的な記録を収めている。 その後設定された排気量10リッター未満クラスにおいては、2020年大会までで11連覇・29回連続完走を達成している。 2019年には、専任のチーフエンジニアや車両開発の最先端にいる技術者を結集させた「新生チームダカール」を社内にも発足させ、さらなる活動の強化を図っている。 なお1999~2002年のダカールでは、ラリーの最後尾を走り選手の安全を確保するスイパートラックとしてプロフィアが採用されていた。 2000年代にの強豪チームであるとシップ契約を締結していたこともある。 生産拠点 [ ]• 本社・日野工場()• 新宿オフィス(東京都新宿野村ビル)• 古河工場()• 大型・中型トラック(/)• 羽村工場(東京都)• 小型トラック・(/////)• 新田工場()• 、エンジン部品等• 金沢工場・旧()• トラック(アルミバン)/競走馬専用運搬車(セレガRボディ)• 小松事業所・旧日野車体工業(石川県)• バス(//)• ジェイ・バス宇都宮事業所・旧()• バス /)• 本社工場()- 吉原工場から移管。 バス()• 本社・上尾工場()• 大型除雪車• トヨタ自動車TABC社()• 中型トラック• ウェストバージニア工場(アメリカ合衆国)• 中型トラック• ウッドストック工場()• 中型トラック• コロンビア工場(・)• 中型トラック・小型トラック• メキシコ工場(・)• 中型トラック• タイ日野製造 Hino Motors Manufacturing Thailand (・)• 中型トラック・小型トラック• インドネシア日野製造 Hino Motors Manufacturing Indonesia (・)• 中型トラック・小型トラック• 観音工場(・)• 大型・中型・小型トラック(//)・大型バスシャーシ• 広汽日野自動車有限公司(・)• 大型トラック・小型トラック• 上海日野発動機有限公司(・)• 大型エンジン・中型エンジン・小型エンジン 古河工場 [ ] 古河工場(2018年12月撮影) 2010年12月22日、茨城県開発公社より茨城県古河市名崎4112番1外の古河名崎工業団地(旧跡地、南側)を約59億円で取得した(2009年1月に予約していた)。 2012年〜2020年にかけて、新工場を建設する。 まずは海外輸出のKD工場を2012年まで移管する予定である。 最終的には2020年までに日野工場の全ての機能を古河新工場に移管して、日野工場を閉鎖する予定。 車種一覧 [ ] 現行の車種・製品 [ ] トラック [ ]• 大型・(海外名:700シリーズ)• 中型・(海外名:500シリーズ)• 小型・ (海外名:300シリーズ) バス [ ] バスについては、・からの車種もあるが、から日野自動車・いすゞ自動車の両社に同一製品が供給される統合車種に移行が進んでいる。 (RU系、大型観光・高速)- はとの統合車種• (2代目HL系、大型路線ハイブリッド車)- 車体はいすゞ・エルガ 2代目LV系 がベース• (KX系、大型路線ハイブリッド)- との統合車種• (RR系、中型観光・自家用)- はとの統合車種• (2代目HX系、小型路線)• (XZB系、)- のOEM車種 いすゞ自動車から供給されている車種• (2代目KV系、大型路線)- 現行車種はとの統合車種• (2代目KR系、中型路線)- 現行車種はとの統合車種 その他 [ ]• (向けの輸送車両)• (陸上自衛隊向けの輸送車両)• (との共同開発による専用シャーシ。 日野グループのが委託生産をしており、そのほとんどはとして架装されている)• MAF-125A(モリタとの共同開発による用超大型。 製のディーゼルエンジンを搭載する。 日野・スカニアトラクター(社製のトレーラーヘッドの。 2002年から2011年まで販売された。 W系 - エンジン(も参照。 700シリーズ - 基本的にはプロフィアであるが、地域特性に合わせ、日本では見られないものもある。 詳細は「」を参照• 300シリーズ - デュトロ。 海外バスシャーシ 台灣 [ ]• (: ) バス• RM8J 大型観光バス• RN8J 大型観光バス• (: ) 過去の生産車種・製品 [ ] トラック [ ]• トレーラートラックT10型・T20型• 大型トラック型(4X2)• 大型トラック型(4X2)• 大型トラック型(前1軸・後1軸 4X4)• 大型トラック型(前1軸・後2軸 6X6)• 大型トラック型(前2軸・後1軸 6X2)• 大型トラック型(前1軸・後2軸 6X4)• 大型トラック型(前1軸・後2軸 6X2)• 大型トラック型(前2軸・後2軸 8X4)• 大型トラック型(4X2)• 大型トラクタ型(4X2)• 大型トラクタ型(前1軸・後2軸 6X4)• 構内専用ダンプ型(前1軸・後2軸 6X4)• 重ダンプ型(前1軸・後1軸 4X2)• 輸出仕様車では1995年まで「エコノディーゼル ECONO DIESEL 」シリーズとして販売していた。 バス [ ] 廃止された型式および車名を示す。 (・など)• (BD系・BT系など、大型一般)• (大型一般)• (中型)• (大型高速、)• (小型)• (大型一般)• (大型観光)• (大型観光)• (中型)• (大型9m)• (大型9m路線)• (RY、)• (大型一般)- ディーゼル車、ハイブリッド()、CNG車• (小型)• (小型)• (RX系、小型)• (中型幅ノンステップ路線)• (大型路線)- ディーゼル車、ハイブリッド、CNG車• (KR系、中型路線)- LR系 との統合車種• (KV系、大型路線)- LV系 との統合車種 乗用車 [ ]• ミニバス 商用車 [ ]• オート三輪 [ ] は製で1960年代初頭まで日野で販売された。 オリエント• ハンビー• ハスラー 産業用ディーゼルエンジン [ ]• P系 - P09-TD・P09C-TD• EP系 - EP100-T その他 [ ]• (・)• MH - モリタとの共同開発による消防車専用シャーシ。 多くは梯子車に架装されているが、化学車や高所放水車も存在する。 MAF-125 - モリタとの共同開発による空港用超大型化学消防車。 販売会社 [ ]• 北海道日野自動車(札幌・札幌北・旭川・室蘭・苫小牧・千歳・空知・小樽・岩見沢)• (函館)- グループ• 東北海道日野自動車(釧路・帯広・北見・網走・中標津・紋別)• 青森日野自動車(青森・八戸・弘前・十和田・むつ)• 岩手日野自動車(盛岡・花北・水沢・一関・宮古・大船渡)• 宮城日野自動車(仙台・石巻・古川・大河原)• 西東北日野自動車(秋田・山形・庄内・横手・大館・能代・米沢・新庄)• 福島日野自動車(福島・いわき・郡山・会津・相双・白河)• 茨城日野自動車(土浦・つくば・茨城・ひたちなか・守谷・古河・岩瀬・鹿島)• 栃木日野自動車(宇都宮・那須・足利・小山・真岡)• 群馬日野自動車(前橋・高崎・太田・上武・吉岡)• 千葉日野自動車(千葉・習志野・成田・柏・市原・木更津・長沼・銚子)• (大宮・熊谷・川越・足立・八王子・江戸川・瑞穂・六郷・板橋・新狭山・朝霞・松伏・岩槻)• 傘下に専業のがあったが、12月27日をもっての関連会社であるに営業譲渡された。 横浜日野自動車(横浜・川崎・湘南・相模原・瀬谷・厚木・港北)• 山梨日野自動車(甲府・田富・笛吹)• 新潟日野自動車(新潟・新発田・長岡・上越・糸魚川・六日町)• 富山日野自動車(富山・高岡・入善・砺波)• 石川日野自動車(金沢・七尾・小松)• 長野日野自動車(長野・松本・小諸・飯田)• 福井日野自動車(福井・敦賀・)• (岐阜・各務原・本巣・大垣・多治見・美濃加茂・高山) - グループで、以前は株式上場(名証二部)していた。 静岡日野自動車(静岡・沼津・富士・藤枝・袋井・浜松・清水)• 愛知日野自動車(名古屋・港・半田・豊橋・岡崎・豊田・小牧・一宮)• 三重日野自動車(四日市・津・伊勢・上野・尾鷲・桑名)• 滋賀日野自動車(栗東・彦根・長浜)• 京都日野自動車(京都・舞鶴)• (大阪・東大阪・南大阪・中央・寝屋川・臨海)• 神戸日野自動車(神戸・姫路・尼崎・明石・小野・淡路・但馬)• 奈良日野自動車(奈良)• 和歌山日野自動車(和歌山・田辺・新宮)• (松江・米子・鳥取・出雲・石見・益田)• (代理店)(鳥取(東部のみ))• (岡山・岡山西・岡山東・倉敷・津山)• 広島日野自動車(坂・西条・福山西・福山東・呉・三次・西風新都・廿日市・本郷)• 山口日野自動車(山口・下関・岩国・宇部・周南・萩出)• 徳島日野自動車(徳島)• 香川日野自動車(高松・丸亀)• (松山) -• 高知日野自動車(高知・中村)• 九州日野自動車(福岡・古賀・糸島・北九州・久留米・筑豊・佐賀・長崎・佐世保・大分・中津)• 熊本日野自動車(熊本・大津・八代)• 南九州日野自動車(宮崎・鹿児島・鹿児島南・川内・鹿屋・都城・日向)- グループ• 沖縄日野自動車(豊見城・中部・北部) 主要子会社 [ ]• 日野エンジニアリングアネックス• 日野ロジスパック• 日野ヒューテック• 日野テクニカルサービス• 日野リトラックス• 日野コンピューターシステム• 日野ハーモニー• 日野セールスサポート• 福島製鋼• 理研鍛造• 明友機工• 埼玉鋳造工業• 吉沢鉄工所• セリオ• 日車物流 主要関連会社 [ ]• MOBILOTS• ホリキリ• 埼玉機器• 三共ラヂエーター• 岡本物流• 千代田運輸• 宣伝・広告 [ ] 前半の「風のレンジャー」と称されたのに、、の3人を起用した。 のレンジャーフルモデルチェンジの際には、トラックのイメージ一新を狙い、を起用した。 また前半にはのCMにの曲にイルカのCGイラストが流れるもの、のモデルチェンジ時には出演のCMも流れた。 1990年代後半の発売当時はがCMに出演していた。 以降はが同CMに起用されており、「」の影響があってかで比較的多く(1日中)流れていた。 近年はやでもCMを流す。 かつて放送されていたのでは試合中継の際にスポンサーとなっていた。 これはの親会社であった()との関係が深いためである。 2010年代は「トントントントン日野の二トン」という軽快なキャッチフレーズと対照的な、との繰り広げるシュールギャグのCMが人気を集めている。 トラックだけでなく、バスのCMも流す事もあった。 モデルチェンジ時に制作され、(初代)のCMはバブル期の1990年ということもあり、大々的な宣伝活動を行っていた。 テレビCMは、の「」・「」・「」・「」・「」・「」・「」・「」・「」・「」・「」・「」、の「」、の「」・「」・「」、、のスポンサーも務めていたが、「」の番組途中で降板するも、2011年10月に系列の「」、ミニ番組「」で久々にテレビ番組のスポンサーになった(提供コメントでは「」と読み上げている。 沖縄での日本テレビ火曜夜8時枠でのCMはで放送された)。 また、2013年4月にの「」に1992年以来のスポンサーとして提供するようになった。 系列土曜もしくは日曜5:00〜13:00の時報CMにも起用されている。 書籍・雑誌ではに書籍広告を出している。 バブル期にはに広告を出していた。 の()発生時は近畿地方のテレビ・ラジオのCMを自粛する処理で対応し、それ以外のエリアでは通常通りCMを流していたが、の()では、未曾有の災害と・でのなどの被害を受けて - まで全てのラジオCMを自粛した。 4月22日にラジオCMを再開するも当面は企業CMや緊急災害時のトラック運転に対する心構え、の節約に関するお願いなど「日野自動車が今、何かできること」を宣伝していた。 7月1日より主力トラックのの新CMを制作、放送すると同時にイメージタレントに、、を起用したテレビCMスポットとラジオCMを流している。 この3人には実家が自営業であるという共通点があり、特に佐々木の実家は実際にデュトロハイブリッドのユーザーでもある。 また、ブランドCMとして、ダカールラリーへの挑戦「明日を止めないために」を放送している。 キャッチフレーズ [ ]• ディーゼル車は日野 1970年代〜1980年代• 新しい時代はいつも日野から始まる 1980年〜1986年頃• 夢はいつでも地球サイズ 1990年代前半、CI採用前まで使用• 性能は、環境のために 1994年〜2006年頃 日野工業高等学園 [ ] 日野工業高等学園は、日野自動車株式会社がに基づき運営するによるで、東京都日野市にある。 もとは1951年4月に、に基づき、卒業後入社した社員を対象とした3カ年教育の技能者養成所で、施設として認定される。 これを1959年6月に「日野自動車工業高等学園」と改称。 1962年11月から、に基づきの指定を受けてとなり、との連携を開始。 1964年4月には、と連携を開始した。 1970年代後半から1980年代にはしばらく休止していたが、1991年3月に「日野工業高等学園」として機械科と板金科の2科で再開、また、4月には専修コースを設置した。 その後自動車整備科、電気制御回路組立科を追加した。 2003年に専修コースの募集は休止したが、2020年現在は、機械加工科、塑性加工科、製造設備科、自動車製造科の4科で運営されている。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 日野自・古河工場が操業 茨城新聞• 朝日新聞社 : p. 朝刊 11. 2018年9月19日• 日野自動車 2020年4月23日. 2020年6月7日閲覧。 日野自動車 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - 前身となった企業• - 日野自動車の• - 日野自動車の• - 日野自動車の• - 日野自動車ラグビー部。 2020年現在、に所属する。 - で放送しているの。 - 所在地。 地名が社名の由来となった• また、は主要ユーザーの1つ。 ・ - 前者はトラック、後者はバスにおける主要ユーザー。 上記の通り日野自動車の販売会社を傘下に持つ。 - 車の組み立て工場。 、、、 - 海外事業においては、と合弁で会社を設立しているケースも多い。 - オリエントブランドでを製造ていた頃に日野自動車販売が販売元だった。 外部リンク [ ]•

次の