香典 郵送方法。 香典を郵送する際のマナーとは?添える手紙の文例も紹介します

香典の郵送の仕方のマナーと手紙の文例|親戚/友人宛・封筒

香典 郵送方法

葬儀における香典を郵送で送るには 香典を郵送で送るには 宅急便は使えません。 必ず 「郵便局」にて 「現金書留」を使って送るようにしてください。 郵便局で現金書留の封筒を購入することができます。 サイズや現金書留封筒の書き方については後述します。 ご自身と故人との関係性によってもご自身の年齢によっても香典の金額は変わってきますので、香典の金額の早見表を確認してみてください。 香典を郵送する際に気を付けたいマナーについても分かりやすく解説していますので最後までご覧ください。 この記事を読むことによって読者の皆さんが得られる知識をこの記事の流れとともにまとめておきます。 葬儀の香典を郵送する際には色々と注意しなければならないことが多そうですね。 この記事で得られる知識も理解できたところで、 「そもそも葬儀における香典は郵送しても大丈夫なのか」について分かりやすく解説していきます。 そもそも葬儀における香典は郵送しても大丈夫? 冒頭に書いてしまっていますが、葬儀における香典を郵送しても マナー的に問題ありません。 たた、ベストな選択肢は通夜・告別式などの葬儀に参列することです。 それが 「どうしてもできない」という方でかつ、葬儀後遺族の家に 弔問しない方が対象です。 香典とは、仏式の葬儀で 故人に対して金品をお供えするもののことです。 また、遺族の 葬儀にかかる負担を軽減させるという意味も持っています。 そもそも香典を葬儀にて手渡しする際は、簡単に一言で お悔やみの言葉を言います。 ということは、郵送で送ったとしてもお悔やみの言葉を 一筆書いておくことはマナーの上でも、遺族を気遣う上でも必要なことと言えます。 香典の意味として遺族の葬儀の負担を軽減させるって書いてあるけど、これなら尚更金額を多くした方がいいんじゃないの? 香典で高い額を包んでしまうと 結果的に遺族の負担になってしまいます。 というのも、遺族は大変な四十九日の法要を終えた後の一ヶ月間で香典を包んでくれた方に対して 「香典返し」を行います。 ご自身の親族や知人に不幸があった場合の香典の相場と、ご自身の職場関係の方に不幸があった場合の香典の相場の2つのケースについて表にまとめております。 職場関係の場合 あなたとの関係 故人 あなたの年代 備考 20代 30代 40代~ 勤務先の上司 3,000~5,000 5,000~10,000 10,000~ それぞれ付き合いに応じて金額が変わる 上司の両親 3,000~5,000 3,000~10,000 5,000~10,000 勤務先の同僚 3,000~5,000 5,000~10,000 10,000~ 同僚の両親 3,000~5,000 3,000~10,000 3,000~10,000 勤務先の部下 5,000 5,000~10,000 10,000~ 部下の両親 3,000~5,000 3,000~10,000 3,000~10,000 葬儀に行けなかったからとにかく早く送るのがベストなの?それとも遺族が落ち着いてから送るために、数ヶ月後がいいのかな? どちらも間違いです。 結論から言いますと、 「葬儀終了後 1週間から 1ヶ月後まで」もしくは、 「通夜までに日があるうちはその日 通夜が行われる日 」に送るのが最適です。 早すぎても遺族の方は告別式の手配等でとっても忙しくされています。 最低でも1週間空けてから遺族の家へ到着するように送るのがベストと言えます。 とはいえ、遺族が忙しいから落ち着いてから送ろうとしてかなりの日数を空ける方がいますが、それも適切ではありません。 というのも、遺族は香典を包んでくれた参列者に対して 四十九日 故人が亡くなってから49日 の法要後、香典返しを始めます。 原則として故人の死後1ヶ月後くらいから香典返しの品を探し始めます。 この段階では既に誰がいくら包んだのかが分かっているので、 1ヶ月を越えてくると遺族に対して負担をかけることになります。 まとめると 配達日指定のシミュレーション から 「手紙 定形・定形外 」のボタンを押して、そこから現金書留や日付指定などの項目を選んでいくと1通あたりの値段や到着までの日数なども差出人と宛先の郵便番号を入力することにより調べることができます。 「早く届けたい!」という方は 速達を選ぶと良いでしょう。 詳しい手続きは 郵便局窓口にて行えます。 参考:「」 葬儀の香典を郵送するのにかかる費用 香典を郵送するのにかかる費用を計算するには、上記で述べたシミュレーションを用いて行う必要があります。 現金書留封筒自体の値段は 21円です。 それ以上の料金に関しては、どのくらいの重量なのか・ 定形郵便もしくは 定形外郵便で送るのか・ 損害要償額にもよってきます。 現金書留にするには 430円必要です。 さらに、損害要償額は指定がなければ 1万円に設定されます。 これはご自身が支払う金額ではなく、文字の通り万が一届かなかった際に 損害要償額の範囲で実損分を賠償してくれるものです。 設定できる上限額は 50万円までで、5,000円上がるごとに10円追加されます。 現金書留を郵送するのにかかる費用 現金書留の相場は損害要償額を1万円に設定して、現金書留封筒を購入したとします。 細かいオプションは省いたとして計算をすると、 「定形郵便」「定形外郵便」のどちらを選択するかによって変わってきます。 必ず、郵便局に行き手続きをしてください。 注意して頂きたいのが、現金書留封筒に そのまま現金を入れるのではなく、 「不祝儀袋 香典袋 に現金を入れる」ということを忘れないでください。 それを現金書留封筒に入れます。 また、現金書留封筒にはご自身の名前や住所を書く欄がありますが、もちろん 不祝儀袋 香典袋 にも通常の香典を包む時と同様にご自身の住所と名前を記載します。 郵送とはいえ香典を遺族に渡すことには変わりないのでそこははき違えないようにしたいです。 葬儀の参列時のように直接渡しているのであれば、故意でないマナー違反もあなたの顔を見れば遺族の方も気にはしないと思います。 しかし、香典を郵送している場合は、 遺族に直接会っていないため、マナー違反が故意でなくとも遺族の受け取り方によっては、気にする人もいますのでより一層気を遣ってください。 現金書留を送るのに費用をシミュレーションで計算された方もいると思いますが、 最終的な結果は郵便局窓口にて行われます。 香典を郵送する方法についてかなり深いところまで理解できたと思います。 次に、 「香典を郵送する際のマナー」について分かりやすく解説していきます。 葬儀における香典を郵送する際のマナー 香典を郵送する方法については理解できたと思います。 ですが、郵送する際にも気を付けておきたいマナーはあります。 今回は 「宗教ごとに違う不祝儀袋 香典袋 の選び方」 「不祝儀袋 香典袋 へのお金の入れ方」 の2点について分かりやすく解説していきます。 葬儀の香典を包む不祝儀袋 香典袋 の選び方 不祝儀袋は 遺族が信仰する宗教によって選ぶべきものが変わってきます。 不祝儀袋とは、香典を入れる袋のことです。 ご自身が仏教であっても遺族がキリスト教を信仰していればキリスト教の不祝儀袋を用意する必要があります。 まとめると、 宗教ごとに異なる不祝儀袋について 仏教 ・ ハスの花 葉 が印刷されているものを使うことができます。 ・水引 不祝儀袋を結ぶ紐のようなもの は、 黒白もしくは 双銀 銀一色の水引 が一般的です。 ・表書きは故人の死後から四十九日前までは 「御霊前」四十九日後からは 「御仏前」となり、他にも 「御香典」などで問題ないです。 浄土真宗だけは四十九日前でも 御仏前です。 キリスト教 ・ 十字架や ユリの花が印刷されているものを使うことができます。 仏教とは違い、 封筒タイプのものを使用します。 ・ 水引は必要ありません。 封筒タイプのものを使用するので水引はないのが普通です。 ・表書きはカトリックの場合 「御花料」「御ミサ料」「献花料」「御霊前」を使用します。 ちなみにご霊前はどんな宗教 仏教の浄土真宗以外 でも使用可能です。 プロテスタントの場合、 「御花料」「忌慰料」等を使用します。 神道 ・ハスの花・十字架・ユリの花が印刷されているものは使いません。 ・水引は、 白白の水引を使用することがありますが、原則として仏教と同じく 黒白もしくは 双銀です。 ・表書きは、 「御霊前」「御玉串料」「神饌料」等を使用します。 宗教が分からない場合 ・ 白無地のものを使用します。 ・水引は 黒白もしくは 双銀で 結びきりのものを使います。 ・表書きは 「御霊前」で問題ありません。 注意点として、水引は 「結びきり」のものを使ってください。 結びきりとは、 端を引っ張ってもほどけないような結び方のことで、一度きりを願う際に行います ちょうちょ結びがNG。 代表的な例が結婚式や葬儀です。 もしくは、 あわび 鮑 結びも可能です。 キリスト教のみ水引は使用しません。 こちらが 1万円以上の香典を包む際に使用したい不祝儀袋です。 20枚入りで3,240円が 1,782円に値下がり中ですので、気になる方はお早めに購入することをオススメします。 蓮葉 はすの葉 なしのタイプですので宗教問わずご利用頂けます。 黒白水引の両端に銀色の水引を使用した7本あわじ結びの水引飾りです。 また 「御霊前」「御佛前」「御香料」「御香奠」の短冊4枚入りです。 葬儀の香典袋に入れるお金の入れ方 香典袋 不祝儀袋 に入れるお金は、 「新札でないこと」 「シワシワのお札を使っていないこと」 この2つを守る必要があります。 新札は厳禁です。 新札を入れてしまうと予め準備していた 故人の死を予期していた かのように見えるためNGです。 お札を入れる向きにも決まりってあるの? これを守らなければマナー違反ということではないですが、押さえておきたいものではあります。 前提として、お札を複数入れる場合は必ず 向きを揃えて入れるようにしてください。 お札を入れる向きは、不祝儀袋の中袋 封筒の形をしていて、お札を入れるもの の表に金額を旧字体で書きます。 裏には住所と名前を書きます。 裏から見た時に、1万円札の表 人物が写っているところ が見えるようにします。 あとはそのお札の上下だけです。 人物が下になるように入れます。 図としてみるのであればこのように入れます。 このお札の向きで香典袋の裏 住所や名前が書いてある方 を手前 表 にして開けた時に入れます。 また、不祝儀袋に入れる際には全てのお札の種類を同じにします。 3万円であれば全て1万円札を使います。 お札を入れる向きに関して、 「分からない!」という方は向きは気にしなくても大丈夫ですが、 全てのお札の向きは統一するようにしてください。 香典を郵送する際のマナーについては理解できたと思います。 せっかく香典を送るのにマナー違反があると気になる遺族はあなたに対して「失礼なやつだ」と思われてしまいかねません。 かえって逆効果になってしまう場合もあるので気を付けましょう。 次に、香典を郵送する際に同封する、 「お悔やみの言葉」について解説していきます。 葬儀の香典を郵送する際には一筆箋 手紙 も入れる 香典を直接渡せなかったのには原因があるはずです。 それを知りたがっているわけではないですが、 直接渡す際に言っていたであろうと言葉を添えるだけでも遺族に与える印象は大きく変わってきます。 とはいえ、たくさん書いても遺族の負担になるだけですし、便箋も2枚以上使って書いてしまうと 「重ね重ね」という意味になってしまうので縁起が悪くなってしまいます。 ご自身の想いを伝えたい気持ちも分かりますが、簡潔に まとめて1枚にしておくのがベストでしょう。 故人とはゆかりが深かったけれど、遺族とは関わりが全然ないので、ここまで文章を書ける自信がない時はどうすればいいの? この場合は 「一筆箋」というものを用います。 これは 「一言を添える手紙」のようなものです。 簡単に結論だけを述べて終わりにできます。 一筆箋に関しても例文を載せておきますのでそのまま使っても問題ありません。 葬儀の香典と一緒に郵送する一筆箋や便箋に書きたい例文 「便箋」に書くための例文と一筆箋に書くための例文を分けて解説をしていきます。 その際に使う言葉で注意して頂きたいものがありますので、そちらもまとめておきます。 こちらで示す例文はそのまま使って頂いても構いません。 まずは手紙を添える際に注意して頂きたいことをまとめておきます。 便箋に書くべき例文 〇〇様 故人の名前です のご逝去を悼み、心よりお悔やみ申し上げます。 〇〇様とは古くからの友人で、〇〇様には生前非常にお世話になりました。 〇〇 ご自身の名前です と申します。 この度の訃報を受け、家族の悲しみはいかばかりかとお察し申し上げます。 本来であれば弔問に伺うべきですが、〇〇 ここには伺えない理由を書きます のため、ご葬儀に参列することが叶いません。 そのため、お手紙にてご挨拶させて頂いた次第で御座います。 何卒お許し下さいませ。 心ばかりでは御座いますが、ご挨拶の品 これは香典のことです を同封致しましたのでご霊前にお供え下さいませ。 お力落としのことと存じますが、どうか、お気持ちを強く持ってご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 便箋に関しては コンビニ等で簡単に手に入ります。 他には、 文房具屋であったり、 100円ショップにもありますので確認をしてみてください。 では次に 「一筆箋」に書くべき例文について解説します。 この記事のまとめ ・ 香典は郵送しても問題ない ・香典の金額の相場は 「ご自身の年齢」と 「ご自身と故人との関係」によって決まる ・香典は故人の葬儀が終わってから 1週間後から1ヶ月後までの間で遺族の家宛てに送る ・故人が亡くなったことが分かってから葬儀の日程に合わせて 斎場に送ることも可能 基本的には遺族の住所に送るのがベスト ・香典を郵送する際には 「現金書留封筒」を利用する ・ 郵便局にて香典の郵送の手続きを行う ・不祝儀袋の種類は遺族の 信仰している宗教によって変わる ・中袋にお金を入れる際には 「お札の向きを揃える」「新札を使わない」「シワシワのお札を使わない」 ・香典を郵送する際は 便箋や 一筆箋も同封して送るのがマナー いかがでしたでしょうか。 香典を郵送する方法についてしっかりと理解出来ましたか? 「香典を郵送」する際にはたくさんのマナーがあったと思います。 葬儀にはたくさんのルールがあります。 とはいえ一番辛いのは遺族です。 遺族の気持ちに少しでも寄り添えるようにマナーは最低限押さえておきたいところです。 通夜や葬儀には色々なルールがあります。 皆さんが葬儀等で 困るであろう情報を発信していますので、気になる方は他の記事もご覧ください。

次の

香典を送る時のマナー|送り方・注意点・送る場所・金額相場|終活ねっと

香典 郵送方法

多くの方は、訃報を受け、葬儀に参列する際に香典を持参しますよね? 弔問に訪れた際に香典を手渡しすることは、一般的なマナーとして広く知られています。 しかしながら遠方に住んでいる場合、急な訃報を受けてもすぐに弔問に伺うことが難しいケースがあります。 また、どうしても調整のつかない用事があり弔問に伺うことができないといったケースもないとは限りません。 そのような場合、香典を郵送で送るとマナー違反となるのでしょうか? 結論から言えば、 香典を郵送することはマナー違反ではありません。 どうしても弔問に伺うことができない場合には、香典を郵送してお悔やみの気持ちをお伝えするようにしましょう。 香典を送る際の注意点 香典を郵送すること自体はマナー違反ではないと述べましたが、実際に香典を郵送で送る場合には、気を付けなければならない点が幾つかあります。 ここでは、香典を郵送する際の注意点について詳しくみていきましょう。 香典は現金書留で送る 一般的に現金を郵送する場合には、現金書留で郵送しますよね? 香典も現金なので、 香典を郵送する場合には現金書留となります。 現金書留の手続きは郵便局の窓口で行います。 香典を郵送する場合、まず現金を香典袋 不祝儀袋 に入れてから現金書留専用の封筒に入れます。 現金書留専用の封筒は郵便局で購入できます。 その際に、お悔やみの手紙や一筆箋も一緒に同封しましょう。 お悔やみの手紙については、次の項目で詳しく紹介します。 注意する点として、 現金書留の封筒と香典袋の両方共に差出人の住所や氏名などを記入することを忘れてはいけません。 現金書留と香典袋のどちらか一方のみにしか記入しないのはマナー違反となります。 お悔やみの手紙や一筆箋を添える 香典を郵送する場合、香典のみを送るのではなく お悔やみの手紙や一筆箋を添えて送るのがマナーです。 例えば葬儀に参列することが出来ない場合であれば、お悔やみの言葉と共に葬儀に参列できないことに対するお詫びを記し、お悔やみの手紙として香典と一緒に送ります。 マナーとはいえ強制的なものではありませんが、香典を受け取る側としても、香典のみが送られてくるのと比べてより丁寧な印象を受けます。 そのような意味からも、香典を郵送する際には、香典と共にお悔やみの手紙を添えて送ることをおすすめします。 手紙の文例・書き方 お悔やみの手紙を書く場合、ハガキではなく 便箋を使用します。 便箋は、 白色の無地・縦書きのものを使用し、一枚のみで書き綴りましょう。 また、お悔やみの手紙を書くための筆記用具は、薄墨の筆ペンや万年筆などを使用します。 香典と共にお悔やみの手紙を送る際には、便箋を封筒に入れずに、香典袋と一緒に直接現金書留の封筒へ同封すれば問題ありません。 お悔やみの手紙の内容は、送る相手によって異なります。 もちろん、どの相手であっても忌み言葉を使用しないように注意が必要です。 それでは、お悔やみの手紙の文例についてみていきましょう。 友達・友人に送る場合 お悔やみの手紙を友達・友人に送る場合の文例を紹介します。 ご家族の皆さんのことを思うと、ご心痛はいかばかりかと心が痛みます。 本来であればすぐにでも弔問にお伺いしたいところですが、遠方につき略儀ながら書中をもちましてお悔やみを申し上げます。 些少ながら心ばかりのものを同封いたしましたので、ご霊前にお供え頂ければと存じます。 心より故人のご冥福をお祈り申し上げます。 使う言葉に注意 香典に添えるお悔やみの手紙や一筆箋には、 使用する言葉にも配慮が必要となります。 通常何気なく使用する言葉であっても、お悔やみの手紙には向かない言葉が多くあります。 そのような言葉を忌み言葉と言います。 一般的に忌み言葉とされているのは次のような言葉です。 不幸が重なることを連想させる「重ねる」「重ね重ね」「またまた」「次々」「返す返す」「再三」「再び」「追って」「くれぐれも」「たびたび」「いよいよ」といった言葉。 直接死を連想させるような「死ぬ」「死亡」「滅ぶ」「生存」「生きる」などの言葉。 死や苦しみを連想させる「九」「四」といった数字や「苦しい」「つらい」「うかばれない」といった言葉。 このような 忌み言葉を使用することはマナー違反です。 同様の意味であっても「生きていた頃」を「お元気だった頃」、「死ぬ」を「ご逝去」といった表現に変えて使用するようにします。 以下の記事で忌み言葉について詳しく解説をしていますので合わせてご活用ください。 実際に弔問に伺う場合であれば受付で香典を受け取って頂けますが、香典を郵送で送る場合にはどこに送れば良いのでしょうか? ここでは、香典を郵送する際の送り先について紹介します。 香典は自宅に送ることが多い 香典を郵送する場合、 喪主の方のご自宅へと郵送するのが基本です。 香典は現金書留で郵送するため、喪主の方本人に受け取って頂く必要があります。 やむを得ず香典を斎場へ郵送するケースもありますが、香典が届くタイミングがずれてしまった場合、斎場で喪主の方に受け取って頂くことができません。 こういった理由からも、香典は喪主の方のご自宅へ郵送します。 香典を郵送するタイミングとしては、 葬儀一週間前後を目安として郵送します。 葬儀直後はご遺族の方々も何かと慌ただしくされているため、葬儀後直後に郵送するのは控えるようにしましょう。 また、香典を郵送する場合には、遅くても一か月以内に郵送するようにします。 葬儀から一か月以上経ってから郵送してしまうと、四十九日法要の準備などと重なり、更にご遺族に負担をかけてしまう可能性があるためです。 葬儀後しばらくの間は、ご遺族の方々にとって慌ただしい日々を送ることになります。 香典を郵送する場合には、ご遺族の方々に対して最大限の配慮を心がけましょう。 斎場に送る際は宛名に注意 先程紹介したように、香典は基本的に喪主の方のご自宅へと郵送します。 しかしながら、喪主の方と面識がなくご自宅の住所が分からないといったケースには、 香典を斎場へと郵送する場合があります。 香典を斎場へ郵送する際には斎場の住所に郵送しますが、宛名は喪主の方の名前になります。 香典は現金書留で郵送するため、喪主の方ご本人に受け取って頂かなければなりません。 斎場では喪主の方が忙しくされていることも多いため、きちんと受け取って頂けるか不安な場合には「気付」で郵送しても良いでしょう。 気付で郵送すれば、斎場のスタッフの方であっても郵便を受け取ることが可能です。 しかしながら、斎場によっては気付とされていてもスタッフが受け取りをしないきまりとなっているところもあるため、 事前に斎場へ確認を取ることをおすすめします。 香典を斎場へ郵送する場合には、確実に喪主の方へと香典が届くように注意を払わなければなりません。 そういったことからも、香典はできる限り喪主の方のご自宅へと郵送することがマナーとされています。 香典を送る際の金額相場• 香典を郵送で送ることはマナー違反ではない。 香典を郵送で送る際には、香典袋と共にお悔やみの手紙や一筆箋を同封し、現金書留で郵送する。 お悔やみの手紙や一筆箋を書く場合には「またまた」「重ね重ね」「死ぬ」といった忌み言葉を使用しない。 香典を郵送で送る場合には、基本は喪主の方のご自宅へ郵送する。 斎場へ郵送する場合であれば、斎場の住所へ喪主の方宛てに郵送する。 香典を郵送する場合であっても、一般的な香典の金額相場と同じである。 香典の金額相場は、故人と香典の送り主との関係性や送り主の年齢などによって異なる。 訃報を受けて、すぐにでも弔問に伺いたいと思う気持ちは皆同じです。 しかしながら、やむを得ず弔問に伺うことが叶わない場合もあります。 香典を直接お渡ししないと失礼にあたるのではと不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。 しかしながら大切なのは、香典を渡す方法ではなく、ご遺族の方を気遣いお悔やみの気持ちを伝えたいと願う気持ちなのではないでしょうか? 「終活ねっと」では、葬儀に関する記事を多数記載しています。 以下の記事では、香典の数字の書き方や香典袋の選び方について詳しく紹介しています。 こちらもあわせてご覧ください。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の

家族葬と聞いたらお香典はどうする? : お葬式なるほどチャンネル

香典 郵送方法

多くの方は、訃報を受け、葬儀に参列する際に香典を持参しますよね? 弔問に訪れた際に香典を手渡しすることは、一般的なマナーとして広く知られています。 しかしながら遠方に住んでいる場合、急な訃報を受けてもすぐに弔問に伺うことが難しいケースがあります。 また、どうしても調整のつかない用事があり弔問に伺うことができないといったケースもないとは限りません。 そのような場合、香典を郵送で送るとマナー違反となるのでしょうか? 結論から言えば、 香典を郵送することはマナー違反ではありません。 どうしても弔問に伺うことができない場合には、香典を郵送してお悔やみの気持ちをお伝えするようにしましょう。 香典を送る際の注意点 香典を郵送すること自体はマナー違反ではないと述べましたが、実際に香典を郵送で送る場合には、気を付けなければならない点が幾つかあります。 ここでは、香典を郵送する際の注意点について詳しくみていきましょう。 香典は現金書留で送る 一般的に現金を郵送する場合には、現金書留で郵送しますよね? 香典も現金なので、 香典を郵送する場合には現金書留となります。 現金書留の手続きは郵便局の窓口で行います。 香典を郵送する場合、まず現金を香典袋 不祝儀袋 に入れてから現金書留専用の封筒に入れます。 現金書留専用の封筒は郵便局で購入できます。 その際に、お悔やみの手紙や一筆箋も一緒に同封しましょう。 お悔やみの手紙については、次の項目で詳しく紹介します。 注意する点として、 現金書留の封筒と香典袋の両方共に差出人の住所や氏名などを記入することを忘れてはいけません。 現金書留と香典袋のどちらか一方のみにしか記入しないのはマナー違反となります。 お悔やみの手紙や一筆箋を添える 香典を郵送する場合、香典のみを送るのではなく お悔やみの手紙や一筆箋を添えて送るのがマナーです。 例えば葬儀に参列することが出来ない場合であれば、お悔やみの言葉と共に葬儀に参列できないことに対するお詫びを記し、お悔やみの手紙として香典と一緒に送ります。 マナーとはいえ強制的なものではありませんが、香典を受け取る側としても、香典のみが送られてくるのと比べてより丁寧な印象を受けます。 そのような意味からも、香典を郵送する際には、香典と共にお悔やみの手紙を添えて送ることをおすすめします。 手紙の文例・書き方 お悔やみの手紙を書く場合、ハガキではなく 便箋を使用します。 便箋は、 白色の無地・縦書きのものを使用し、一枚のみで書き綴りましょう。 また、お悔やみの手紙を書くための筆記用具は、薄墨の筆ペンや万年筆などを使用します。 香典と共にお悔やみの手紙を送る際には、便箋を封筒に入れずに、香典袋と一緒に直接現金書留の封筒へ同封すれば問題ありません。 お悔やみの手紙の内容は、送る相手によって異なります。 もちろん、どの相手であっても忌み言葉を使用しないように注意が必要です。 それでは、お悔やみの手紙の文例についてみていきましょう。 友達・友人に送る場合 お悔やみの手紙を友達・友人に送る場合の文例を紹介します。 ご家族の皆さんのことを思うと、ご心痛はいかばかりかと心が痛みます。 本来であればすぐにでも弔問にお伺いしたいところですが、遠方につき略儀ながら書中をもちましてお悔やみを申し上げます。 些少ながら心ばかりのものを同封いたしましたので、ご霊前にお供え頂ければと存じます。 心より故人のご冥福をお祈り申し上げます。 使う言葉に注意 香典に添えるお悔やみの手紙や一筆箋には、 使用する言葉にも配慮が必要となります。 通常何気なく使用する言葉であっても、お悔やみの手紙には向かない言葉が多くあります。 そのような言葉を忌み言葉と言います。 一般的に忌み言葉とされているのは次のような言葉です。 不幸が重なることを連想させる「重ねる」「重ね重ね」「またまた」「次々」「返す返す」「再三」「再び」「追って」「くれぐれも」「たびたび」「いよいよ」といった言葉。 直接死を連想させるような「死ぬ」「死亡」「滅ぶ」「生存」「生きる」などの言葉。 死や苦しみを連想させる「九」「四」といった数字や「苦しい」「つらい」「うかばれない」といった言葉。 このような 忌み言葉を使用することはマナー違反です。 同様の意味であっても「生きていた頃」を「お元気だった頃」、「死ぬ」を「ご逝去」といった表現に変えて使用するようにします。 以下の記事で忌み言葉について詳しく解説をしていますので合わせてご活用ください。 実際に弔問に伺う場合であれば受付で香典を受け取って頂けますが、香典を郵送で送る場合にはどこに送れば良いのでしょうか? ここでは、香典を郵送する際の送り先について紹介します。 香典は自宅に送ることが多い 香典を郵送する場合、 喪主の方のご自宅へと郵送するのが基本です。 香典は現金書留で郵送するため、喪主の方本人に受け取って頂く必要があります。 やむを得ず香典を斎場へ郵送するケースもありますが、香典が届くタイミングがずれてしまった場合、斎場で喪主の方に受け取って頂くことができません。 こういった理由からも、香典は喪主の方のご自宅へ郵送します。 香典を郵送するタイミングとしては、 葬儀一週間前後を目安として郵送します。 葬儀直後はご遺族の方々も何かと慌ただしくされているため、葬儀後直後に郵送するのは控えるようにしましょう。 また、香典を郵送する場合には、遅くても一か月以内に郵送するようにします。 葬儀から一か月以上経ってから郵送してしまうと、四十九日法要の準備などと重なり、更にご遺族に負担をかけてしまう可能性があるためです。 葬儀後しばらくの間は、ご遺族の方々にとって慌ただしい日々を送ることになります。 香典を郵送する場合には、ご遺族の方々に対して最大限の配慮を心がけましょう。 斎場に送る際は宛名に注意 先程紹介したように、香典は基本的に喪主の方のご自宅へと郵送します。 しかしながら、喪主の方と面識がなくご自宅の住所が分からないといったケースには、 香典を斎場へと郵送する場合があります。 香典を斎場へ郵送する際には斎場の住所に郵送しますが、宛名は喪主の方の名前になります。 香典は現金書留で郵送するため、喪主の方ご本人に受け取って頂かなければなりません。 斎場では喪主の方が忙しくされていることも多いため、きちんと受け取って頂けるか不安な場合には「気付」で郵送しても良いでしょう。 気付で郵送すれば、斎場のスタッフの方であっても郵便を受け取ることが可能です。 しかしながら、斎場によっては気付とされていてもスタッフが受け取りをしないきまりとなっているところもあるため、 事前に斎場へ確認を取ることをおすすめします。 香典を斎場へ郵送する場合には、確実に喪主の方へと香典が届くように注意を払わなければなりません。 そういったことからも、香典はできる限り喪主の方のご自宅へと郵送することがマナーとされています。 香典を送る際の金額相場• 香典を郵送で送ることはマナー違反ではない。 香典を郵送で送る際には、香典袋と共にお悔やみの手紙や一筆箋を同封し、現金書留で郵送する。 お悔やみの手紙や一筆箋を書く場合には「またまた」「重ね重ね」「死ぬ」といった忌み言葉を使用しない。 香典を郵送で送る場合には、基本は喪主の方のご自宅へ郵送する。 斎場へ郵送する場合であれば、斎場の住所へ喪主の方宛てに郵送する。 香典を郵送する場合であっても、一般的な香典の金額相場と同じである。 香典の金額相場は、故人と香典の送り主との関係性や送り主の年齢などによって異なる。 訃報を受けて、すぐにでも弔問に伺いたいと思う気持ちは皆同じです。 しかしながら、やむを得ず弔問に伺うことが叶わない場合もあります。 香典を直接お渡ししないと失礼にあたるのではと不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。 しかしながら大切なのは、香典を渡す方法ではなく、ご遺族の方を気遣いお悔やみの気持ちを伝えたいと願う気持ちなのではないでしょうか? 「終活ねっと」では、葬儀に関する記事を多数記載しています。 以下の記事では、香典の数字の書き方や香典袋の選び方について詳しく紹介しています。 こちらもあわせてご覧ください。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の