次 亜 塩素 酸 ナトリウム 手 の 消毒。 次亜塩素酸ナトリウム消毒液のつくり方【コロナウイルス感染予防】

次亜塩素酸水での消毒の仕方について

次 亜 塩素 酸 ナトリウム 手 の 消毒

次亜塩素酸ナトリウムと次亜塩素酸水の違い 【次亜塩素酸水】はwikipediaでは「次亜塩素酸ナトリウムやアルコールに比べて以下のような特徴がある。 食品に塩素臭が残留するといった問題が起こらず、すすぎも不要なため節水と省労働が可能である。 手荒れの心配もなく、安全性が高いために口から摂取したり目などに入らないように留意する必要もない。 」と記載されています。 食品云々という部分は、そもそもこの【次亜塩素酸水】は従来殺菌に用いられていた【次亜塩素酸ナトリウム】の欠点である、すすぎの不十分により塩素臭が残る点、排水処理や環境負荷、食品に有害物質のクロロホルムが生成される点等をどうにかできないかという事で開発された経緯からです。 この表に書かれている事が【次亜塩素酸ナトリウム】と【次亜塩素酸水】の違いの全てです。 少しややこしい説明になりますが、【次亜塩素酸ナトリウム】は表の右側に位置しており、主成分は緑色で囲まれている次亜塩素酸イオン(OCl-)というもので、【次亜塩素酸水】は真ん中から左側に位置しており、主成分は青色で囲まれた次亜塩素酸(HOCl)というものです。 この右側、真ん中というそれぞれの位置はpHによって決まっています。 結論をいうと 【次亜塩素酸ナトリウム】と【次亜塩素酸水】の違いはpHです。 タイトルには次亜塩素酸ナトリウムと次亜塩素酸水は違いますなんて書きましたが、【次亜塩素酸ナトリウム】の主成分である次亜塩素酸イオン(OCl-)と【次亜塩素酸水】の主成分である次亜塩素酸(HOCl)は元々は同じものなのです。 しかしながらこれらはpHによって変化する成分でpHが高くなれば右側の次亜塩素酸イオン(OCl-)へ、pHが低くなれば左側の次亜塩素酸(HOCl)へ変化するんです。 この理由は次亜塩素酸と次亜塩素酸イオンの反応速度の違いです。 次亜塩素酸は次亜塩素酸イオンよりはるかに反応速度が速いので高速で対象に反応して素早く分解しますが次亜塩素酸イオンは反応速度が遅いのでゆっくり反応します。 例をあげると次亜塩素酸水の匂いはすぐ消えますがハイターの匂いはかなり長い時間残ります。 これはハイターの主成分である次亜塩素酸イオンの分解が遅いからなのです。 この高い安全性の理由も上で説明した反応速度の速さが関連しています。 主成分である次亜塩素酸が対象を素早く除菌・消臭し、素早く分解して残留しない事から高い除菌・消臭力があるにも関わらず高い安全性も確保されているのです。 よく【次亜塩素酸水】の説明に一瞬で水に戻ります等と書かれている根拠はこの部分です。 一方【次亜塩素酸ナトリウム】の主成分である次亜塩素酸イオンは反応速度が遅いため対象をゆっくり除菌・消臭してゆっくり分解するので成分がなかなか分解せずに残留してしまいます。 例えば目や口に入ってしまうと成分がまだ分解していないので残留した成分が組織を傷つけてしまう為危険性が高くなります。 最後に【次亜塩素酸水】を使用する上での注意事項ですが、上で説明したように【次亜塩素酸水】は優れた除菌・消臭力と高い安全性を持っています。 ただし、現 在医薬品に認定された【次亜塩素酸水】は私の知る限り存在しません。 ですから例えば手洗い等人体への使用を推奨する事は認められていません(一部除く)次亜塩素酸水の商品説明で手指の消毒等を推奨しているショップには気をつけましょう(ただし、管理人個人の意見としてはノロウイルスやインフルエンザ対策にもかなり有効だと思うので自分の責任で人体にも使用している) 最近では【次亜塩素酸水】は家庭で手軽に使える除菌・消臭剤としてかなり広まってきています。 しかしながら名称が昔から存在し知名度の高い【次亜塩素酸ナトリウム】と近似している為、【次亜塩素酸ナトリウム】を【次亜塩素酸水】と同じような使い方をしていたりする危険な例が多々見受けられたのでこの記事を書くに至りました。 それぞれの違いを知り、正しい使い方をしてもらえば幸いです。 その他のおすすめ記事.

次の

塩素系の「消毒殺菌剤」について整理してみた。毒性、次亜、pH、効果など違いは?

次 亜 塩素 酸 ナトリウム 手 の 消毒

次亜塩素酸ナトリウム(じあえんそさんナトリウム、sodium hypochlorite)はのである。 は NaClO で、次亜塩素酸ソーダとも呼ばれる。 された水溶液はアンチホルミンとも呼ばれる。 水溶液はを示す。 の水溶液にを通じて得られる。 物質は不安定なため、水溶液として貯蔵、使用される。 水溶液は安定で長期保存が可能だが、時間と共に自然しを放って水溶液()に変化していく。 また、も発生する。 高濃度の状態ほど分解しやすく、低濃度になると分解しにくくなる。 高温やで分解が加速するため、常温保存では濃度維持が出来ない。 独特の臭気がある。 この臭気は俗に「プールの臭い」などと表現される。 ただし、プールで利用される次亜塩素酸ナトリウムの濃度はかなり薄く、プールの匂いは実際には次亜塩素酸ナトリウムを構成する塩素と汗や尿の一成分であるが化学反応して生成されたによるものである。 生成方法としては、上記の反応のほかに、をする方法もある。 この方法は主に、海を航行するや臨海にある工場施設において、海水を流す配管に海洋生物が付着するのを防ぐために使われる。 利用 [ ] やプールのに使用されている。 家庭用に販売されている液体の塩素系や、殺菌剤(洗濯用、キッチン用、ほ乳ビンの殺菌用など)などに使用されており、製品によっては少量の(中性の主成分)やアルカリ剤などが加えられている。 また水の殺菌・にも用いられ、業務用が市販されている。 水溶液はアンチホルミンという商品名でとして使われる。 としては、、の消毒にも用いられるが、に対する使用は禁じられている。 これはゴマを漂白し、より高値の白ゴマとして販売されていたのを禁止したものである [ ]。 に使用されることも多い。 適切な濃度で使用すればを含む多くのや、に効果を示すため、医療器具やの消毒に使用されている。 殺菌効果は次亜塩素酸と次亜塩素酸イオンの酸化力に依存している。 これらが有機物に触れると相手を酸化すると同時に自身も分解して殺菌効果が急速に減少してゆく。 水溶液はアルカリ性であるが強い酸化力を持つため、金属に使用すると錆が発生しやすい。 消毒対象によって異なるが、「次亜塩素酸」は次亜塩素酸イオンに比べて殺菌力が数倍~数十倍と高い傾向にある。 水溶液のpHによって二者の存在比が変化し、それに伴って消毒効果も変化する。 次亜塩素酸ナトリウムに希塩酸を加えてpH6程度に調整し、殺菌力を増した製品が市販されている。 これはに近い殺菌力を持つ。 後述の通り、強い酸性に傾けるほど塩素ガスが発生して危険であり、保存性も下がる。 製紙分野で漂白剤 通称「」 として用いられることがある。 上述のように、水道水には次亜塩素酸ナトリウムが添加されているため、魚などの飼育にそのまま用いることはできない。 しかし、水道水を数時間日光にさらすことで次亜塩素酸ナトリウムを分解することができる。 危険性 [ ] 酸との反応 [ ] 家庭用製品に『 混ぜるな危険』の注意書きにもあるように、やといった次亜塩素酸ナトリウム水溶液を、などの強酸性物質(トイレ用洗剤など)と混合すると、黄緑色の有毒なガスが発生する。 浴室で洗剤をまぜたことによる死亡事故も起きているので、取り扱いには注意が必要である。 また、塩酸ほどではないものの、や、を多く含む物質をかける事も危険である。 いずれにせよを良くし、使用量を最小限に留める事が肝要である。 また、を原料とした空間除菌剤も販売されており、前述の次亜塩素酸を原料とした空間除菌剤と混同する向きも見られた。 消費者庁においてメーカー別の空間除菌剤の安全性を比較した情報提供が行われている。 当該製品のような、 次亜塩素酸ナトリウムのを利用した消毒薬の効果は不明である。 水溶液の噴霧による除菌 [ ] は、次亜塩素酸ナトリウム水を空間に噴霧した際に殺菌効果は得られず、肉体的、精神的に有害で有り推奨されないと報告している。 また、殺菌・除菌の有効性は未確認である。 更に塩素により電子機器が故障したとの報告がある。 医学的には呼吸器への刺激が生じ、反復曝露は全身害毒と障害のおそれがある。 次亜塩素酸ナトリウムとを混合した溶液を噴霧した空間で生活した人に喉頭肉芽腫を生じたとする報告がある。 有機塩素化合物 [ ] 次亜塩素酸ナトリウムによる漂白は、による塩素化反応なので、を始めとする多種多様なを生成する。 塩素化合物は一般的な発がん性物質と同じく、高濃度で吸入、経口摂取しなければ問題はないため、換気を良くすれば洗濯やまな板除菌の程度で恐れる必要はない。 ただし、前述のように酸性系統の薬剤(市販品含む)と反応して塩素ガスを生成したり、エタノール(消毒用を含む)と反応して有害なクロロホルムを生成する事がある。 誤りによる混合のほか、バケツなど容器に残留したものと反応する事があり事前、事後に十分な洗浄が必要である。 食品への使用 [ ] を次亜塩素酸ナトリウムで処理した場合のクロロホルムの生成量はよりも多く 、0. 07ppmであったとされる が、これはアメリカのスーパーマーケットにおける調査での食品中に含まれていたクロロホルムの平均濃度である0. 071ppm と同程度である。 脚注 [ ]• 厚生労働省法令等データベースサービス. 2020年1月1日閲覧。 厚生労働省法令等データベースサービス. 103. 2020年1月1日閲覧。 経済産業省. 化学物質排出量等管理マニュアル検討委員会. 2019年10月31日閲覧。 消費者庁 平成25年3月29日• エコーテック株式会社• 経済産業省• GSE南薩観光• 職場のあんぜんサイト 厚生労働省• 川井田政弘, 福田宏之, 加納滋 ほか, 「」『日本気管食道科学会会報』 38巻 3号 1987年 p. 日高利夫、桐ヶ谷忠司、上條昌彌 ほか、「」『食品衛生学雑誌』 33巻 3号 1992年 p. 8 厚生労働省• 42 環境省 関連文献 [ ]• 小方芳郎、木村眞「次亜ハロゲン酸塩による酸化 : 廃水浄化に関連して」『有機合成化学協会誌』第37巻第7号、有機合成化学協会、1979年、 581-594頁、 :。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 山形大学理学部物質生命化学科 天羽研究室.

次の

次亜塩素酸ナトリウム

次 亜 塩素 酸 ナトリウム 手 の 消毒

ある日、 母が知人に聞いたといって、ハイターを水で薄めてスプレーして消毒する姿を目にしました。 確かに、ハイターは除菌や漂白にとっても強力な力を発揮して、わが家にも欠かせないものです。 でも、 それを薄めているとはいえ、スプレーしていいのかな? 「スプレーしたものを子供たちが触ってしまって肌が荒れたり、なめてしまったりでもしたら、体にも悪そう。 」 「塩素系漂白剤独特のツンとしたにおいが漂い続けていて、体にも悪そう。 」 そんな疑問がわいてきました。 母にそう伝えましたが、「ちゃんと後で拭いているし、いつもより薄めているから大丈夫」と言って、生ごみに向けて、シュッシュと何度もスプレーしました。 母いわく、アリが来なくなったそうです。 小さい子供がいるし、 の記事で書いたように、ハイターは、消毒効果を望むだけではなく、いくつかの注意点や危険性、正しい使い方をしてこそ効果的に発揮するものだと思っています。 ましてやスプレーしているので、 ハイターを薄めたものを日常的に消毒として、スプレー本当に危険ではないのか、きちんとした使用方法を知って、伝えたいと思い、調べました。 すると、面白いことがわかったので、詳しくご紹介していきたいと思います。 合わせてハイターを薄めてスプレーする時の注意点も合わせてお伝えしていきます。 次亜塩素酸ナトリウムと次亜塩素酸水は違うもの 名前が似ていて間違われやすいのですが、この二つ 成分は違うものなのを知っていますか? ちなみにハイターは、次亜塩酸ナトリウムです。 次亜塩酸ナトリウムは、次亜塩素酸イオンが成分で、強烈な塩素のにおいがする、pH12以上(強アルカリ性)のものです。 次亜塩素酸水は、次亜塩素酸が成分で、基本的に無臭で、pH5. 0~6. 5(弱酸性)のものです。 目や口に入っても害はなく、口腔衛生にも使えるのものです。 母は、 「仕事で食品の工場でも除菌するのにいつも使ってるよ。 」と言っていましたが、 「それって次亜塩素酸水と勘違いしているんじゃないかな!?」 と思うところです。 ノロウイル対策にハイターを薄めたものを使ってもいいの? いくつかの注意点がありますが、薄めたハイターを使う最大のメリットとしては、ノロウイルスやコロナウイルスに対して、非常に効果的です。 嘔吐物の始末や、ノロウイルスやコロナウイルスに感染した人が触れたものの消毒などに使うことができますよ。 次亜塩素酸ナトリウムスプレーをハイターを薄めて手作りする方法 ハイターを薄めることで、[次亜塩素酸ナトリウム]を簡単に作ることができます。 薄めて使うこと自体は問題ないのでしょうか? プールにも入れられる消毒薬も「次亜塩素酸ナトリウム」なので、問題はなさそうな気もするけど?と、調べてみると、元々液体のハイターは、原液ではなく、水で薄めて使うように示されています。 ちなみに、 次亜塩素酸ナトリウムは、 スプレーとしては使えないので、スプレーにして使いたいときには、 「次亜塩素酸水」を使うようにしましょう。 次亜鉛素酸ナトリウムをスプレーで使うことがおすすめ出来ない理由は、後で説明していきます。 原液濃度が5~6%程度で作られている家庭用塩素系漂白剤(ハイター、ブリーチなど)で消毒液を作ることができます。 05%消毒液の作り方】• ペットボトルに水を500ml入れる。 ペットボトルのキャップ「1杯(約5ml)」のハイターを入れ混ぜる。 次亜塩素酸ナトリウム0. 05%、0. 1%の液というところがポイントになります。 05%の次亜塩素酸ナトリウム(薄めた漂白剤)で拭いた後、水拭きするか、アルコールで拭く。 トイレや洗面所の清掃をこまめに行う。 清掃は、市販の家庭用洗剤を使い、すすいだ後に、 0. 1%の次亜塩素酸ナトリウムを含む消毒剤を使用する。 「ハイター」と「キッチンハイター」の希釈の目安 (直射日光にあたる場所や高温での保管をしていない場合) 0. 4杯 10ml 水1リットルに キャップ約0. 8杯 20ml 購入から1年以内 水3リットルに キャップ約0. 7杯 18ml 水1リットルに キャップ約0. 6杯 15ml 水1リットルに キャップ約1. 2杯 30ml 購入から3年以内 水3リットルに キャップ約1. 2杯 30ml 水1リットルに キャップ約1杯 25ml 水1リットルに キャップ約2杯 50ml (キャップ1杯は約25ml)*次亜塩素酸ナトリウム濃度 購入時期が不明な場合や、直射日光にあたる場所や高温で保管して濃度の低下が不安な場合は、購入から3年以内の濃度で調整してください。 なお、ご購入から3年以上経過した古い製品では、次亜塩素酸ナトリウムの濃度が著しく低下している場合がありますので、ご使用はおすすめできません。 ここで大切なのは、 薄める時の濃度です。 非常に少量でも塩素系漂白剤の量を間違えてしまうと、漂白剤に含まれる塩素の濃度が変わってしまいます。 それによって、 消毒(殺菌)効果も発揮できない場合もありますし、逆に、濃度が濃すぎて効果が強すぎる場合もあります。 殺菌効果を保ちつつ、使いたい場合は、必ず液体の塩素系漂白剤は、有効塩素濃度を確認し、適度に希釈して使用するようにしましょう。 ハイターをスプレーに?!薄めても体への影響や危険をわすれずに! では、それをスプレーの容器に移し替えて、除菌のために日常的に使っていってもよいのでしょうか。 薄めたハイターでも手指の消毒には不向き アルコールプレーのように、手指で使いたいところですが、注意が必要です。 「ハイター」「キッチンハイター」は非常にアルカリ性の強い製品です。 薄めた液でも皮膚を傷めるおそれがあるため、手指などへのご使用はできません。 皮膚についた時はすぐに水で十分洗い流しすようにしましょう。 スプレー容器にいれて噴霧すると危険 塩素系漂白剤を 市販のスプレー容器に入れて使うと、霧状になり吸い込む危険性があります。 誤って吸い込んでしまうと、呼吸器系を痛めて、体にもよくありません。 カビ取り剤を販売している会社が霧スプレーでしたが呼吸器障害を起こした主婦が訴訟を起こしたことをきっかけに、泡スプレーだけの仕様に変更されたという過去の事例もあります。 薄めた液を他の容器にできるだけ入れない スプレー(次亜塩素酸ナトリウム)自体が、すぐに劣化してしまいます。 ハイター(次亜塩素酸ナトリウム)の成分によって、容器自体が溶けたり腐食してしまったりしやすくなるんです。 劣化したスプレー容器を使うと、予期せぬ方法に飛んでいって、液が身のまわりのものにかかってしまうので危険です。 薄めたスプレーの使用後は水ですすいだり水ぶきをする スプレーをして、そのまま放置というのもあまりよくないので、必ず水ぶきもその後必要です。 ハイターの容器にも、 漂白(除菌や消臭)の場合は、およそ30分浸した後、水ですすぐ 除菌(消臭)の場合は、およそ2分つけた後、水ですすぐ と、長くても30分程度でその後水ですすぐことが書いてあります。 十分な換気をして取り扱いに注意する 体調がすぐれない場合や、心臓病・呼吸器疾患等の方は使わないようにしましょう。 確かに、母がスプレーを使った後は、かなりハイターの臭いがして気分が悪くなるような気がしてきます。 吸い込んでしまった場合には最悪死亡の危険もあります。 使用するときも、ゴム手袋や、メガネやマスクを使いましょう。 窓を開けて、換気扇を回すなどの換気もきちんと行うようにし、1度に大量に使ったり長時間使用しないようにします。 衣服に衣類につくと脱色や損傷の恐れがあるため、水でしっかりと洗い流しましょう。 万が一、皮膚や目についた時には、目に入ると失明の恐れや、皮膚につくと肌荒れにもつながります。 大量の水で洗い流し、病院へ受診しましょう。 日常でも薄めたハイター消毒の普段使いできる? ドアノブなど「 物の殺菌消毒に有効」で、ノロウィルスなどの感染対策に使われている手法ではありますが、通常の日常的に利用するには少し注意が必要かなと思います。 先ほどの項目(ハイターの裏の表示)を詳しく見てみると、消毒の正しい分量がわかりません。 ハイターは、医療用ではなく非医療品の雑貨扱いになります。 よって、 消毒が使用用途に入らないため、ラベルに消毒用の正しい希釈分類は書かれていないんです。 漂白、除菌、消臭の希釈する分量は書いてあっても、消毒する分量は書いてありません。 除菌:細菌を取り除いて減らすこと 消毒:有害な微生物を死滅させるか除去して、害のない程度に減らす。 または、毒性を無力化させること そして、 薄めたといっても、取り扱いや体への影響などで、いくつかの注意点が必要な液です。 ということで、除菌を母はしたかったという意味としてとらえてみていも、いくつかの不安要素が残ります。 塩素系漂白剤を薄めて使う以外の方法 日常的なお掃除のため、除菌や殺菌のために使う時は、塩素系漂白剤を使わずに、ほかのものでも代用できるのではないかと思いますので、ご紹介します。 次亜塩素酸水 除菌や消臭の効果もあるということで、名前が似ているけれども違うものの、 次亜塩素酸水のほうを使ったほうがよさそうです。 次亜塩素酸水は濡れていても効果を発揮するので、キッチンのシンク回りなどから、洗濯槽、トイレ回りなどにシュッシュッと吹きかけて使うことができます。 赤ちゃんやペットのいる空間でも安心して使えるのが魅力ですね。 詳しくは、 の記事でもご紹介しています。 通常、塩素系漂白剤の主成分である次亜塩素酸ナトリウムは、常温で保管していてもゆっくりと分解し、濃度が低下していきます。 特に、直射日光が当たるところや、高温での保管だとより早く分解してしまうので注意しましょう。 そのため、 長期保存はできないので、使いたいときに必要な分量を作るとよいでしょう。 ・液体の塩素系漂白剤を水で薄めたものをスプレーで使いたいところですが、おすすめ出来ない ・スプレー容器自体の劣化もしやすい ・薄めたとしても、ハイターの扱う上での危険性や注意点は、守る必要性がある ・使うためには、適正な濃度になるように水で薄めるようにしましょう ・使った後は、水ぶきが必要 ・金属製品、繊維製品に使用すると、腐食や変色を起こす場合があります ・塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)を使用するときの注意書きをよく読む 塩素系漂白剤 ハイター を薄めて、除菌や漂白効果を求めて使っていくには、必要な時に、必要な量だけ特にノロウイルス対策やコロナウイルス対策にしぼって利用した方が効果的です。 それでも、日常的に使いたい!と思われる方は、危険ポイントに注意して使用してくださいね。 安全性などを考えると、日常的に除菌や消毒目的なら、アルコールスプレーや、次亜塩素酸水がおすすめですよ。 母に、いろいろな情報を伝えたところ、後日、クエン酸スプレーを買ってきました。 クエン酸スプレーでは、除菌などに効果的なのでしょうか? それについても後日記事をかいていきたいなとおもいます。

次の