安い 電気。 【2020年最新】一人暮らしにおすすめの電力会社と選び方!電気代が安い5社比較

安い!価格重視で選ぶメンズ電気シェーバーの人気おすすめランキング5選|Besme [ベスミー]

安い 電気

2016年の電力自由化以降私達は自由に電力会社を選ぶことができるようになりました。 そして、もちろん多くの読者諸君が望んでおられるように、電気料金が安い電力会社と契約することもできます。 しかし、電力会社を乗り換えた人たちの口コミを見てみると「電気料金が高くなった」みたいな口コミも見られますね。 これはごく自然なことで、よく比較せずに電力会社を乗り換えてしまうと、電気料金が高くなってしまうことは屡々あります。 今回は、福岡県を中心とした九州電力が送電を行うエリアで利用可能な電気料金を比較すると共に、どの電力会社で契約すれば最も電気料金を安く抑えることができるのかを検証していきたいと思います。 電気料金を比較する前に 電気料金を比較する前に、まずは電気料金が決定する仕組みについて解説しておきたいと思います。 電気料金は託送料(送電網利用料)や燃料費をもとに綿密に計算された結果算出されていますが、基本的に皆さんがチェックしておきたいのは「電気量料金」というものです。 もし、これまで電気料金を乗り換えをしたことがない場合は、「どれくらい電気を使ったか」で料金が変動する「従量電灯」というプランで契約されているはずです。 九州エリアで言えば一般的な家庭は「B」、事業者は「従量電灯C」という契約になっていると思います。 これらの電気料金プランでは「三段階料金」と呼ばれる独特の料金の仕組みとなっており、電気を使用すればするほど料金単価が上がっていきます。 引用: 九州電力圏内では、最初の120kWhまでの料金単価は1kWhにつき17. 19円、120kWh~300kWhまでは22. 69円、これを超過するものは25. 63円の料金単価となります。 19円で電気量料金は2,062円となります。 63円で電気量料金は7,684円となります。 消費電力は3倍なのに電気料金は約3. 7倍になっていますね。 この三段階料金は多くの電力会社で採用されています。 そのため、以下ではこの3段料金に則って料金単価を比較していきたいと思います。 九州エリアの電力会社の料金単価を比較してみた さて、電力会社は電力自由化以降かなりの数に増えています。 厚生労働省が公開している「電力需給速報」によると、2018年現在電力会社は500社以上あることがわかります。 ということで、本項では代表的な電力会社をピックアップして比較させていただく。 言い訳はこのあたりにしておいて、一覧にすると以下の通り。 19円 22. 69円 25. 63円 ハルエネでんき 17. 19円 22. 69円 25. 12円 Looopでんき 24. 00円 24. 00円 24. 00円 シンエナジー 16. 98円 17. 48円 19. 98円 HTBエナジー 16. 28円 21. 50円 24. 30円 あしたでんき 22. 50円 22. 50円 22. 50円 楽天でんき 16. 20円 20. 90円 23. 37円 はなカメくんでんき 20. 44円 20. 44円 20. 44円 niftyでんき 17. 13円 22. 14円 22. 90円 丸紅新電力 16. 20円 20. 90円 23. 37円 ミツウロコでんき 19. 13円 19. 25円 22. 91円 auでんき 15. 91円 21. 00円 23. エネインフォもそう思います。 まぁ何にせよピンとこないと思うので、一体どれくらい安くなるのかについて検証していきたいと思います。 九州電力から乗り換えてどれくらい安くなるのか検証してみた さて、検証するためにはある程度の軸が必要になるのだが、ここでは誠に勝手ながら以下のようなパターンを組ませていただいた。 夫婦二人暮らし(1ヶ月の消費電力250kWh)• 小規模な商店(1ヶ月の消費電力500kWh)• 中規模の飲食店(1ヶ月の消費電力2,000kWh) この中から皆さんが一番どの電気料金が近いのかを確認してみてください。 確認の方法は、毎月電力会社から届いている検針票を見ればOKです。 引用: さて、前置きが長くなってしまったが、早速どれくらい安くなるのか比較してみましょう。 比較してみると、シンエナジーなどは安いでしょうか。 シンエナジーは神戸に本社を置く会社で再生可能エネルギーの発電などにも積極的な良い電力会社です。 一方口コミで人気のLooopでんきは少しばかり高いでしょうか。 料金だけでなく他の要因も考慮してみよう さて、先程「Looopでんきは基本料金が無料」と言いましたが、他にも各電力会社独自の特典があったりします。 例えば niftyでんきはインターネット回線の「 nifty光」や格安SIM「Nifmo」とセットで契約することでセット割引を受けることができます。 他にもHTBエナジーは毎日2時間だけ電力が無料で使用できる時間帯があったり、楽天でんきは複数店舗の電気の状況をひと目で管理できたりと直接料金とは関係のない特典まであったりします。 上記で比較した結果、結局1ヶ月の電気代は大きく変動したとしても数千円ですが、特典をうまく利用すれば数千円以上の価値になることだって考えられます。 流石に碧血丹心なエネインフォ編集部としても、「朝6時に起床する場合の人はこっちの電力会社が安くて、朝8時に起きる人はこっちの電力会社が安い」とか、「複数店舗を経営していて店舗間の距離が10km以上の場合はこちらの電力会社がおすすめ」なんて細かすぎる比較はできないので、ここから先は当サイトの無料相談窓口までお問い合わせいただくなり、各電力会社について調査するなりして検討していただきたい。 まとめ 九州電力エリアで電気量料金が最も安いのはシンエナジーという結果になった。

次の

電気代が安い除湿機のおすすめ7選!つけっぱなしでも節電で安心♪

安い 電気

2016年の電力自由化以降私達は自由に電力会社を選ぶことができるようになりました。 そして、もちろん多くの読者諸君が望んでおられるように、電気料金が安い電力会社と契約することもできます。 しかし、電力会社を乗り換えた人たちの口コミを見てみると「電気料金が高くなった」みたいな口コミも見られますね。 これはごく自然なことで、よく比較せずに電力会社を乗り換えてしまうと、電気料金が高くなってしまうことは屡々あります。 今回は、福岡県を中心とした九州電力が送電を行うエリアで利用可能な電気料金を比較すると共に、どの電力会社で契約すれば最も電気料金を安く抑えることができるのかを検証していきたいと思います。 電気料金を比較する前に 電気料金を比較する前に、まずは電気料金が決定する仕組みについて解説しておきたいと思います。 電気料金は託送料(送電網利用料)や燃料費をもとに綿密に計算された結果算出されていますが、基本的に皆さんがチェックしておきたいのは「電気量料金」というものです。 もし、これまで電気料金を乗り換えをしたことがない場合は、「どれくらい電気を使ったか」で料金が変動する「従量電灯」というプランで契約されているはずです。 九州エリアで言えば一般的な家庭は「B」、事業者は「従量電灯C」という契約になっていると思います。 これらの電気料金プランでは「三段階料金」と呼ばれる独特の料金の仕組みとなっており、電気を使用すればするほど料金単価が上がっていきます。 引用: 九州電力圏内では、最初の120kWhまでの料金単価は1kWhにつき17. 19円、120kWh~300kWhまでは22. 69円、これを超過するものは25. 63円の料金単価となります。 19円で電気量料金は2,062円となります。 63円で電気量料金は7,684円となります。 消費電力は3倍なのに電気料金は約3. 7倍になっていますね。 この三段階料金は多くの電力会社で採用されています。 そのため、以下ではこの3段料金に則って料金単価を比較していきたいと思います。 九州エリアの電力会社の料金単価を比較してみた さて、電力会社は電力自由化以降かなりの数に増えています。 厚生労働省が公開している「電力需給速報」によると、2018年現在電力会社は500社以上あることがわかります。 ということで、本項では代表的な電力会社をピックアップして比較させていただく。 言い訳はこのあたりにしておいて、一覧にすると以下の通り。 19円 22. 69円 25. 63円 ハルエネでんき 17. 19円 22. 69円 25. 12円 Looopでんき 24. 00円 24. 00円 24. 00円 シンエナジー 16. 98円 17. 48円 19. 98円 HTBエナジー 16. 28円 21. 50円 24. 30円 あしたでんき 22. 50円 22. 50円 22. 50円 楽天でんき 16. 20円 20. 90円 23. 37円 はなカメくんでんき 20. 44円 20. 44円 20. 44円 niftyでんき 17. 13円 22. 14円 22. 90円 丸紅新電力 16. 20円 20. 90円 23. 37円 ミツウロコでんき 19. 13円 19. 25円 22. 91円 auでんき 15. 91円 21. 00円 23. エネインフォもそう思います。 まぁ何にせよピンとこないと思うので、一体どれくらい安くなるのかについて検証していきたいと思います。 九州電力から乗り換えてどれくらい安くなるのか検証してみた さて、検証するためにはある程度の軸が必要になるのだが、ここでは誠に勝手ながら以下のようなパターンを組ませていただいた。 夫婦二人暮らし(1ヶ月の消費電力250kWh)• 小規模な商店(1ヶ月の消費電力500kWh)• 中規模の飲食店(1ヶ月の消費電力2,000kWh) この中から皆さんが一番どの電気料金が近いのかを確認してみてください。 確認の方法は、毎月電力会社から届いている検針票を見ればOKです。 引用: さて、前置きが長くなってしまったが、早速どれくらい安くなるのか比較してみましょう。 比較してみると、シンエナジーなどは安いでしょうか。 シンエナジーは神戸に本社を置く会社で再生可能エネルギーの発電などにも積極的な良い電力会社です。 一方口コミで人気のLooopでんきは少しばかり高いでしょうか。 料金だけでなく他の要因も考慮してみよう さて、先程「Looopでんきは基本料金が無料」と言いましたが、他にも各電力会社独自の特典があったりします。 例えば niftyでんきはインターネット回線の「 nifty光」や格安SIM「Nifmo」とセットで契約することでセット割引を受けることができます。 他にもHTBエナジーは毎日2時間だけ電力が無料で使用できる時間帯があったり、楽天でんきは複数店舗の電気の状況をひと目で管理できたりと直接料金とは関係のない特典まであったりします。 上記で比較した結果、結局1ヶ月の電気代は大きく変動したとしても数千円ですが、特典をうまく利用すれば数千円以上の価値になることだって考えられます。 流石に碧血丹心なエネインフォ編集部としても、「朝6時に起床する場合の人はこっちの電力会社が安くて、朝8時に起きる人はこっちの電力会社が安い」とか、「複数店舗を経営していて店舗間の距離が10km以上の場合はこちらの電力会社がおすすめ」なんて細かすぎる比較はできないので、ここから先は当サイトの無料相談窓口までお問い合わせいただくなり、各電力会社について調査するなりして検討していただきたい。 まとめ 九州電力エリアで電気量料金が最も安いのはシンエナジーという結果になった。

次の

電気代とガス代はどちらの方が安いの?お得にすることは出来る?

安い 電気

関連記事• 具体的な節約額は? では、具体的にいくら節約できるのでしょうか。 金額の目安は以下の通りです。 今回は世帯人数ごとの標準的な使用量(総務省統計などから)で、関西電力から新電力に乗り換えた場合をシュミレーションしてみました。 世帯人数 現在の 年間電気代 年間削減額 乗り換え先 1人世帯 44352円 -2317円 2人世帯 100428円 -11902円 3人世帯 115272円 -15803円 4人世帯 131148円 -19976円 傾向として使用量が多い世帯ほどお得額・お得率が大きくなります。 地域や電気の使用状況(特に使用量)によってお得になる額が変わるので、まずはシュミレーションをしてみてください。 関連記事• 逆に高くなるケースもある 乗り換えで 逆に値上がりするケースもあるので注意が必要です。 特に値上がりの可能性が高いのは「一人暮らし世帯」と「オール電化住宅」です。 以下の記事に詳細をまとめたので、こちらもあわせてご覧ください。 平均よりも大量の電気を使う家庭でシミュレーションした結果を宣伝している会社が多いので、標準的な使用量のご家庭ではそうならないことがほとんどです。 詳細記事 乗り換えることで、値上がりする2つの「条件」を説明してます 新電力が安いカラクリは? 電力会社を新電力に 乗り換えるだけで、電気料金が安くなります。 ですが、新電力に乗り換えても停電が増えたりすることはありませんから、今までと全く変わりなく電気を使うことができます。 では、どんなカラクリがあるのでしょうか?• 関連記事• 新電力の電気料金が安い理由はこうです。 「総括原価方式」ではない 今までの電力会社は、 かかった費用を積み重ねて電気料金を決める「 総括原価方式」という方法を取っていました。 かかったコストはそのまま消費者に負担させることが出来ますし、地域独占で守られているおかげで、電気料金が高くなっても客を他社に奪われることはありませんでした。 よって、高コスト体質が染み付いていたと指摘されています。 電力会社と言うと社員の給料が高いイメージがありますが、厚生労働省の統計によると業種別で最も平均年収が高いのが電力会社を含む「電気・ガス・熱供給・水道業」です。 人件費一つとっても、 今までの電力会社は高コスト体質でした。 新電力は違います。 品質が全て同じなら、勝負出来るのは価格くらいです。 01円でも電気料金を安くするために、血の滲むような努力をしてコスト低減に努めているのです。 3段階制料金プラン 日本の電気料金プランは、使う量に応じて 単価が上がっていく「3段階制」を採用していました。 たくさん使えばお得になっていきそうですが、実はその逆で たくさん使うと割高になるように設定されています(オイルショックがきっかけ) 新電力各社はここに注目しています。 これまで割高だった、 3段階制の一番上の料金単価を大きく引き下げることで、 使用量の多い家庭の電気料金がこれまでよりお得になるようなプラン設定をしています。 元々の料金単価がかなり高く設定されていたので、値下げをするのは難しい話ではありません。 自由化前の電力各社は、3段階制料金の3段階目で利益の大部分を確保していたと言われています。 逆に、1段階目は割安であるため利益はほぼ出ません(もしくは赤字) その証拠に、新電力各社も1段階目の料金の値下げにはなかなか踏み込めていません。 関連記事• 新電力を知るための記事•

次の