今年 の ノーベル 化学 賞。 ノーベル化学賞(1902年)

傷ついた君を治してあげる ―2015年ノーベル化学賞発表!DNA修復のメカニズムの解明―

今年 の ノーベル 化学 賞

1902年のノーベル化学賞は、プリンと糖の研究業績により、Hermann Emil Fischerが受賞した。 フィッシャー(Hermann Emil Fischer) 1852. 9~1919. 15 ドイツの化学者 生体構成物質の構造の解明と合成が生涯にわたる彼の研究テーマであった。 1881年にはカフェイン、尿酸および関連物質の研究をはじめ、最初のヌクレオチドが合成された1914年まで続けられた。 1900年までにプリンをはじめとする約130の誘導体の構造決定と合成を行っている。 1884年からは糖類の研究をはじめ、1891年までに、の立体仮説から考えられるグルコースの立体異性体16個のうち13個を合成により確認し、立体化学説を実証した。 これに関連して考案されたフィッシャー投影式は現在でも広く利用されている。 また、糖を分解する酵素についても研究し、1894年には酵素と基質が鍵と鍵穴のような関係にあると予測した。 1899年からはタンパク質の研究をはじめ、アミノ酸の分離と合成、ポリペプチド合成などの研究を行った。 門下生の一人にビタミンの研究で知られる鈴木梅太郎がいる。

次の

【時事問題】2019年までの日本人ノーベル賞受賞者一覧と問題

今年 の ノーベル 化学 賞

今年も日本人ノーベル賞受賞者が誕生した。 10月9日、スウェーデン王立科学アカデミーは2019年のノーベル化学賞受賞者を発表。 今年は旭化成名誉フェローの吉野彰氏(73)ら、3名が受賞した。 受賞理由は「リチウムイオン電池の開発」。 スマホやノートパソコンなど、今や私たちの生活に欠かせないこの発明は、いかにして生まれたのか。 実はにおいて、評論家の立花隆氏が吉野氏のもとを訪ねたルポを掲載していた。 吉野氏の受賞を記念して、同記事の全文を特別公開する。 吉野氏は、しばらく前から次の日本人ノーベル賞最有力候補者として、名前があちこちであげられている。 何をした人なのかというと、リチウムイオン電池を開発した人である。 電池といえば、ちょっと前まで一般の人が知る電池は、昔ながらの乾電池と鉛蓄電池(自動車用)、それに時計用の水銀電池ぐらいだった。 最近急に多くの人が使いはじめたのが、リチウムイオン電池(携帯電話もスマホもカメラもノートパソコンもその他もろもろの携帯電子機器のたぐいすべてがそうだ)。 といって、ノーベル賞のほうは、まだ決ったわけではないし、リチウムイオン電池が生まれる過程には多くの人がかかわってきたから、ノーベル賞委員会の見立てによって、具体的な受賞者の名前に多少のちがいが出てくるかもしれない。 しかし吉野氏の名前がリストから脱けることがあろうとは思えない。 グローバル・エネルギー賞(ロシア)、チャールズ・スターク・ドレーパー賞(アメリカ)など、ノーベル賞に並ぶ賞を吉野氏はすでに次々受賞している。 現在使われている形のリチウムイオン電池の原型を開発したのが、吉野彰氏であり、その基本的仕組みも、基本的製造上のノウハウも、すべて特許にしてしまったので、旭化成は、かつては東芝と共同出資の会社を作って自ら電池を製造販売していたが、いまは電池に関してはもっぱらライセンス商売と基幹部品の製造販売で儲けている。 com 先日、日本経済新聞社が、毎年恒例の「主要商品・サービスシェア調査」を発表した。 リチウムイオン電池の項を見ると、1位がパナソニック、2位がサムスンSDIと世界的電機メーカーである。 しかし、基幹部品のリチウムイオン電池向けセパレーターでは旭化成が圧倒的トップシェアを保持している。 セパレーターというのは、電池の中で電解液という化学反応の中心的担い手の陰(マイナス)極側と陽(プラス)極側がまじり合うのを防ぐためにさし込まれているプラスチック製境界板のこと。 このセパレーターには、ナノメートル単位の微細な穴が無数に空いており、その穴を通して特定のイオンが通過したり、通過しなかったりする。 それがうまくいかないとリチウムイオンが結晶となって析出し、ついには過熱して発火する。 デル社のノートパソコン発火事故、サムスンのスマホ発火事故、ボーイング787の発火事故など、リチウムイオン電池関連の発火事故のほとんどはこのセパレーターの不具合に起因している。 つまりリチウムイオン電池の生命線はこのセパレーターにある。 ここが技術的に最もむずかしく、利益率も高い。 旭化成はそこをしっかり今も自分の手で握っている。

次の

ノーベル化学賞(1902年)

今年 の ノーベル 化学 賞

目 次• 日本人のノーベル賞受賞者一覧 1949年 湯川秀樹(ゆかわ・ひでき) 物理学賞 1965年 朝永振一郎(ともなが・しんいちろう) 物理学賞 1968年 川端康成(かわばた・やすなり) 文学賞 1973年 江崎玲於奈(えさき・れおな) 物理学賞 横浜薬科大学長 1974年 佐藤栄作(さとう・えいさく) 平和賞 1981年 福井謙一(ふくい・けんいち) 化学賞 1987年 利根川進(とねがわ・すすむ) 医学生理学賞 米マサチューセッツ工科大教授 1994年 大江健三郎(おおえ・けんざぶろう) 文学賞 2000年 白川英樹(しらかわ・ひでき) 化学賞 筑波大名誉教授 2001年 野依良治(のより・りょうじ) 化学賞 理化学研究所フェロー 2002年 小柴昌俊(こしば・まさとし) 物理学賞 東京大特別栄誉教授 2002年 田中耕一(たなか・こういち) 化学賞 島津製作所シニアフェロー 2008年 南部陽一郎(なんぶ・よういちろう) 物理学賞 2008年 小林誠(こばやし・まこと) 物理学賞 高エネルギー加速器研究機構特別栄誉教授 2008年 益川敏英(ますかわ・としひで) 物理学賞 名古屋大特別教授 2008年 下村脩(しもむら・おさむ) 化学賞 米ボストン大名誉教授 2010年 鈴木章(すずき・あきら) 化学賞 北海道大名誉教授 2010年 根岸英一(ねぎし・えいいち) 化学賞 米パデュー大特別教授 2012年 山中伸弥(やまなか・しんや) 医学・生理学賞 京都大教授 2014年 赤崎勇(あかさき・いさむ) 物理学賞 名城大終身教授 2014年 天野浩(あまの・ひろし) 物理学賞 名古屋大教授 2014年 中村修二(なかむら・しゅうじ) 物理学賞 米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授 2015年 梶田隆章(かじた・たかあき) 物理学賞 東京大教授 2015年 大村智(おおむら・さとし) 生理学・医学賞 北里大特別栄誉教授 2016年 大隅良典(おおすみ・よしのり) 生理学・医学賞 東工大栄誉教授 2018年 本庶 佑(ほんじょ・たすく) 生理学・医学賞 京都大学客員教授 2019年 吉野彰(よしの・あきら) 化学賞 旭化成名誉フェロー 2017年は石黒一雄氏が文学賞を受賞されましたが、国籍はイギリスとなります。 2020年の日本人受賞者候補予想は? 「物理学賞」候補者 細野 秀雄氏 東京工業大学教授 鉄系の超電導体を発見して、リニアモーターカーに代表される超電導技術に革命をもたらした人物 十倉 好紀氏 理化学研究所 創発物性科学研究センター センター長 強磁性、強誘電性などを同時に複数有する物質である、新しい マルチフェロイック物質を発見。 中沢 正隆氏 東北大学 電気通信研究所長 世界中の高速光ファイバー通信網を支える、 エルビウム添加ファイバー増幅器を開発。 大野 英男氏 東北大学電気通信研究所教授 磁石の性質を持つ半導体を開発。 香取 秀俊氏 東京大教授 300億年に1秒しかずれないという、高精度な時計 「光格子時計」を開発。 「生理学・医学賞」候補者 水島 昇氏 東京大学大学院医学系研究科教授 世界初、生きている細胞内で オートファジー現象を可視化。 小川 誠二氏 東北福祉大学特任教授 病院で診断に使われる MRI装置の基本原理を発見。 森 和俊氏 京都大学大学院理学研究科教授 小胞体内変性タンパク質の検出と、その修復によるメカニズムを独自に発見した人物 坂口 志文氏 大阪大学特別教授 制御性T細胞と、転写因子Foxp3の特性と機能に関する発見をした人物 竹市 雅俊氏 理化学研究所多細胞システム形成研究センター特別顧問 細胞同士をくっつける物質 『カドヘリン』を発見。 「化学賞」候補者 前田 浩氏 崇城大学DDS研究所の特任教授・熊本大学名誉教授 がん治療における高分子薬物の 血管透過性・滞留性亢進効果の発見をしました。 2016年トムソン・ロイター引用栄誉賞を受賞しました。 松村 保広氏 国立がん研究センターの先端医療開発センター新薬開発分野長 同じく、がん治療における高分子薬物の 血管透過性・滞留性亢進効果の発見をしました。 2016年トムソン・ロイター引用栄誉賞を受賞しました。 飯島 澄男氏 名城大学終身教授 炭素で構成されており、ダイヤモンドの2倍の硬さをもち、アルミニウムの半分の軽さで、銅の1000倍も電気を通しやすい特徴をもっていると言われる、 「カーボンナノチューブ」を発見した人物 新海 征治氏 九州大学高等研究院特別主幹教授 機械のような機能を分子にも持たせようという概念の 分子機械のパイオニアです。 北川 進氏 京都大学大学院工学研究科教授 地球温暖ガスの二酸化炭素を効率よく吸着する 『多孔性金属錯体』の合成方法発見。 藤嶋 昭氏 東京理科大学学長 鏡の曇りどめなど幅広く使われている、 酸化チタン光触媒で医療機器の衛生面の向上。 春田 正毅氏 首都大学東京教授 金は触媒に使えないという常識を覆し、 新たな触媒の世界を切り開く。 遠藤 章氏 東京農工大特別栄誉教授 コレステロールを下げる薬である 「スタチン」の主成分となる物質を発見。 「経済学賞」候補者 清滝 信宏氏 プリンストン大学経済学部教授 住宅などの資産価値の下落という出来事が経済活動全体に及ぼす影響を、3つの数式を使って表現した 清滝-ムーアモデルを発表。 「文学賞」候補者 村上春樹氏 谷崎潤一郎賞を受賞した「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」や「海辺のカフカ」など有名な作品を書いており、ノーベル文学賞の最有力候補といわれ続けている。 今年の受賞者 みんなの予想は! ノーベル賞とは?ノーベル賞の由来 ダイナマイトを発明したアルフレッド・ノーベルが、その発明で得た財産を、 平和・学術に貢献した人に提供するという遺言をもとに創設されました。 元々は採掘などで役に立ち、便利なもののはずであったダイナマイトが兵器として人間を殺傷する道具としても使われるようになったことに対し、発明者であるノーベル自身も心を痛めていたという話もあります。 賞金はいくら? ノーベルの遺言によって設立され、1901年から毎年授与されている賞です。 スウェーデン・アカデミー、スウェーデン王立科学アカデミー、カロリンスカ研究所、ノルウェー・ノーベル委員会が主催となり、様々な学術部門や平和にといった分野で顕著な貢献を残した人物に贈られます。 ノーベルの命日である12月10日に メダル、賞状、賞金(1000万スウェーデン・クローナ=約1億円)が贈られます。 ノーベル賞の種類 物理学、化学、医学・生理学、文学、平和の5部門でしたが、 1969年からスウェーデン銀行の寄付により 経済学の部門でも授与されるようになりました。 よって ノーベル物理学賞 ノーベル化学賞 ノーベル医学・生理学賞 ノーベル文学賞 ノーベル平和賞 ノーベル経済学賞 の6部門になります。 共同研究など複数人による業績が受賞する場合、1度に3人までが同時に受賞することができます。 この場合、 受賞者の貢献度によって賞金が分割されるとのことです。 平和賞のみ団体での受賞が認められており、過去には赤十字や国境なき医師団が受賞しています。 最近、「日本の憲法9条にノーベル平和賞を」という話題を小耳にはさみますが、 上記の通り原則として個人に与えられるものなので残念ながら戴くことは難しそうです。 受賞者をどのように決めるのか 受賞の選考は 物理賞、化学賞、経済学賞の3部門ではスウェーデン王立科学アカデミーが、 医学生理学賞はカロリンスカ研究所が、 平和賞はノルウェー・ノーベル委員会が、 文学賞はスウェーデン・アカデミー がそれぞれで行っています。 ただ、その選考過程は受賞の50年後に公表されるそうで、その詳細は我々はまったく触れることはできません。 トムソン・ロイターは論文引用数などのデータをもとに、独自にノーベル賞候補者を挙げていますが、発表当日に最終選考が行われるということもあり予想は大変難しいそうです。 なお、平和賞についてはスウェーデンではなくノルウェー国会(ノルウェー・ノーベル委員会)によって選定されるそうですが、その理由は諸説ありはっきりしていません。 どの方がノーベル賞をとってもおかしくない功績をのこしていますので、発表が楽しみですね。 ノーベル賞候補者を予想して、ぜひコメント欄に書いてみてください!.

次の