冷凍 ほうれん草。 ほうれん草の冷凍保存方法とレシピをご紹介【写真付きで解説!】

ほうれん草の冷凍保存方法とレシピをご紹介【写真付きで解説!】

冷凍 ほうれん草

1Lに対し塩小さじ1を入れて沸かし、ほうれん草を根元から入れ、茎だけを30秒ゆでる(やけどに注意)。 全体を湯に沈め、15秒程度で裏返し、さらに15秒たったら引き上げる。 冷凍する場合は、解凍調理時の加熱を考慮して10秒ほど短くし、茎が太めのものや葉が硬めのものは少し長めにゆでる。 湯を沸かす時間が短縮できます。 直径26cmの深めのフライパンなら一度で1束(約200g)を茹でられます。 葉先がフライパンから出るなら葉先を曲げて収める。 冷凍する場合は、解凍調理時の加熱を考慮して10秒ほど短くする。 さらにビタミンCなどの水溶性の栄養素が逃げにくいのもメリット。 塩をまぶすと水が出てアク抜きになる。 2 電子レンジで加熱し、全体を混ぜる ほうれん草1束(約200g)なら600Wで3分、100gなら2分加熱する。 加熱後すぐに全体をよく混ぜ合わせ、余熱で火の通りを均一にする。 冷凍する場合は、解凍調理時の加熱を考慮して10〜20秒ほど短くする。 混ぜ終えたらボウルから取り出して冷ます。

次の

ほうれん草の冷凍保存方法と保存期間【野菜の冷凍保存法】|お料理まとめ

冷凍 ほうれん草

使う時に便利なカットにしておきます。 おすすめは、ザク切りです。 しっかりと水気を切り、1度に使う分だけ小分けにしてラップで包み、フリーザーバッグなどの密閉容器に入れ冷凍保存します。 生のままであれば、しっかりと水気を切ってフリーザーバッグに入れれば、固まらずに冷凍もできます。 アクが気になる場合は、短めに下茹でして冷水でさっと色止めし、しっかりと水気を切って冷凍します。 下茹でして冷凍したものは、若干筋っぽくなります。 冷凍ほうれん草のおすすめ調理法 <生のまま冷凍した場合> 30秒~1分ほど茹でてからおひたしにしたり、冷凍のまま炒め物や煮込み料理にも使用できます。 すぐに火が通るので生より便利です。 <下茹でした場合> 冷凍したまま、炒め物・煮込み・スープ系料理に使用できます。 電子レンジで解凍して、おひたしにも。 生のまま冷凍したものよりは、水っぽくなります。 保存期間 およそ1カ月を目安に使い切りましょう。 おすすめレシピ 『かぼちゃとほうれん草の豆腐グラタン』 飴色ほうれん草が早く仕上がります。 こちらもオススメ 関連リンク•

次の

ほうれん草の冷凍保存方法と保存期間【野菜の冷凍保存法】|お料理まとめ

冷凍 ほうれん草

こんにちは、料理講師をしているRikoです。 年中出回っているほうれん草は、おひたしや煮物、お味噌汁や鍋の具材など何にでも使えてとっても便利。 ほうれん草の冷凍保存方法• 冷凍したほうれん草の活用法 について詳しくお伝えしますね。 冷凍の仕方にもちょっとしたコツがあるんです。 ほうれん草の冷凍保存方法は? ほうれん草を冷凍する場合、以下の2つの方法があります。 生のほうれん草を冷凍• 茹でたほうれん草を冷凍 それぞれのやり方を詳しく説明しますので、ぜひ参考になさってくださいね。 それを踏まえて、さっそく冷凍してみましょうね。 ほうれん草をきれいに洗って水気を切ります• 根元の硬い部分は少しだけ切り落とします• 3~4㎝ 長さの食べやすい大きさに切ります• ざるに移してもう一度水分をよく拭き取ります• 冷凍用保存袋に入れなるべく空気を抜いて閉じます• 凍ったまま調理します では、もう一度画像付きで説明しますね。 ほうれん草をきれいに洗って水気を切ります 根元の硬い部分は少しだけ切り落とします 3~4㎝ 長さの食べやすい大きさに切ります ざるに移してもう一度水分をよく拭き取ります 冷凍用保存袋に入れなるべく空気を抜いて閉じます 上手く冷凍できましたか? ほうれん草は茎の部分に土が溜まりやすいので、丁寧にきれいに洗いましょうね。 そして、その茎は栄養がたっぷり、甘くて美味しいので、捨てる部分は少しにしてなるべく残しましょう。 また水気はしっかりと拭き取ってから冷凍しましょう。 水分が残っている状態だと霜がつきやすく、ほうれん草が傷みやすくなるんです。 金属製のバットを使うと 急速冷凍できるので、美味しさも長持ちします。 栄養の損失も抑えられるので、 素早く冷凍する! ということは 重要ポイントです。 ではさっそく見ていきましょう。 ほうれん草をきれいに洗います• 硬めに茹でて冷水にとり、水分をしぼります• 3~4㎝ 長さの食べやすい大きさに切ります• できるだけ水分をしぼり、小分けにしてラップで包みます• 冷蔵庫で自然解凍、または凍ったまま調理します では、もう一度画像付きで説明しますね。 ほうれん草をきれいに洗います 硬めに茹でて冷水にとり、水分をしぼります 3~4㎝ 長さの食べやすい大きさに切ります できるだけ水分をしぼり、小分けにしてラップで包みます 冷凍用保存袋に入れて、金属製のバットにのせて冷凍庫へ入れます 上手く冷凍できましたか? 先にもお伝えしましたが、ほうれん草は茎の部分に土が溜まりやすいので、丁寧にきれいに洗いましょうね。 ギュッと水分をしぼった後に茎は少しだけ切りましょう。 冷凍しない場合の生のほうれん草の保存期間は、冷蔵で 約1週間~10日です。 あくまでも目安で、ほうれん草の状態や保存の仕方によっても変わってきます。 傷んでいる葉っぱなどが混ざっていると、全体的に傷みが早くなったりしますしね。 そして、 冷凍しない場合の茹でたほうれん草の保存期間は、冷蔵で 2~3日です。 茹でた場合はあまり日持ちしないので、早めに食べましょうね。 味や食感を比べてみると、冷凍した生のほうれん草は風味が劣ります。 解凍をすると、くたっとしてしまい、茹でたときのような状態になるんです。 良く言えば、火通りはいいんです。 すぐに食べる分は冷凍せず、食べられない分は迷わず冷凍をする、という方法が 上手く使いこなせるコツだとも言えそうですね。 では次に、美味しく上手に冷凍するために、ほうれん草の選び方についても見ていきましょう。 ほうれん草の上手な選び方 ほうれん草は、葉先がピンと張っていて緑が鮮やかで濃いもの。 根元はふっくらとしていて、鮮やかなピンク色のものを選びましょう。 どんどん使わなければ勿体ないですよね。 なので、私がやっている簡単な使い方を少しだけご紹介しますね。 お味噌汁に入れる• スープに入れる• ベーコンと炒める• 厚揚げや薄揚げと煮びたしにする• すき焼きに入れる• スムージーにする 生の冷凍ほうれん草は、必ず凍ったまま調理してくださいね。 そしてすぐに火が通るので、いずれの調理も短時間でサッと仕上げてくださいね。 お味噌汁に入れるのが我が家の定番。 味噌を溶く直前に凍ったまま入れます。 ほうれん草のおひたし• ほうれん草のゴマ和え• ほうれん草の白和え• 茶碗蒸しやうどんの具材として• お弁当に便利! 茹でた冷凍ほうれん草は自然解凍をしてから、もう一度水分をしぼって使いましょう。 お弁当に使う場合は、前日に冷蔵庫へ移しておくといいですよ。 アイデア次第で何にでも合わせられちゃうので、どんどん使ってくださいね。 おわりに いかがでしたか? ほうれん草の冷凍保存方法をお伝えしました。 最後にもう一度まとめてみましょう。 ほうれん草をきれいに洗って水気を切ります• 根元の硬い部分は少しだけ切り落とします• 3~4㎝ 長さの食べやすい大きさに切ります• ざるに移してもう一度水分をよく拭き取ります• 冷凍用保存袋に入れなるべく空気を抜いて閉じます• ほうれん草をきれいに洗います• 硬めに茹でて冷水にとり、水分をしぼります• 3~4㎝ 長さの食べやすい大きさに切ります• できるだけ水分をしぼり、小分けにしてラップで包みます• 冷蔵庫で自然解凍、または凍ったまま調理します 生の場合と茹でた場合の冷凍は、どっちもあると便利なんですよね。 私の場合は、どっちかというと生のほうれん草を冷凍するほうが多いかな。 最後までお付き合いいただきありがとうございました。

次の