マグナス サミュエル ソン。 9

トム・ヒドルストン

マグナス サミュエル ソン

マグナス・サミュエルソン 生誕 1969-12-21 (50歳) 職業 農家, アスリート, 俳優 身長 2. 00m 6 ft 6. 75 in. 体重 150 kg 330 lb. 肩書き ワールド・ストロンゲストマン 配偶者 Kristin Samuelsson 子供 David Samuelsson 公式サイト - (2014年9月4日アーカイブ分) マグナス・サミュエルソン(Magnus Samuelsson、 - )は、出身の。 各国の怪力コンテストでタイトルを総なめにし、人類屈指の力持ちとして知られる。 1998年に最高峰たるワールド・ストロンゲストマンで優勝し、世界中に勇名を轟かせた。 本職はであるが、現在はとして劇や映画にも起用されることがある。 上肢の筋力に関しては、と並び世界でも一二を争うと言われる。 およそ50回の怪力コンテストに出場し、ほぼ全てにおいて上位入賞。 名実ともに90年代後半以降のストロングマンを代表する人物である。 その怪力を端的に表すものとして、世界で5人しか閉じることができなかったIRONMIND社の""を小指抜きで閉じてみせたという逸話がある。 幼少時より農作業で鍛えられていたが、やがて2メートル150キロ(最盛期)の巨体に成長、各種コンテストで頭角を表すようになる。 はじめで名を馳せ、地元スウェーデンで十数年間無敗、青年期にはすでに欧州の大会を総なめにしていたが、ワールド・ストロンゲストマンとしてのキャリアは1995年から。 同大会のアームレスリングでの腕を折る(故意ではなく、ネイサンが姿勢を誤って自滅したもの)など鮮烈なデビューを果たし 、以降十四年連続で決勝進出。 アームレスリングの他にはタイヤフリップ(300~600kgのタイヤをめくり続ける競技)やアトラス・ストーンズ(100〜160kgの石球を担いで走る競技)を得意としており、幾度か当時の世界記録を更新、その偉業を称えて「石の王」の名で呼ばれる。 なお、人格面では非常に快活で礼儀正しいことで知られており、実力と相まって大会には多くのファンが訪れる。 妻のクリスティンも過去二度の国内ストロンゲストウーマン優勝者であり、公私にわたってマグナスを支え続けている。 各部サイズ [ ] 胸囲:149cm ウェスト:104cm 上腕囲:61cm 脚注 [ ].

次の

チンパンジーの握力は300Kg以上!人を食う凶暴な動物だった…

マグナス サミュエル ソン

軍事用のマイクロ・チップを搭載したアクション・フィギュアが、人間相手に大立ち回りを演じるファンタジー・コメディ。 監督は「マチネー 土曜の午後はキッスで始まる」のジョー・ダンテ。 製作総指揮は「ディープインパクト」のウォルター・F・パークス。 脚本は『ボディ・チェンジャー』(V)のギャビン・スコット、「マウス・ハント」のアダム・リフキン、「マスク・オブ・ゾロ」のテッド・エリオットとテリー・ロッシオ。 撮影は「陪審員」のジェミー・アンダーソン。 音楽は「ザ・グリード」のジェリー・ゴールドスミス。 出演は「ワグ・ザ・ドッグ ウワサの真相」のキルスティン・ダンスト、フィギュアの声優には「追跡者」のトミー・リー・ジョーンズほか豪華キャストが参加した。 監督 出演キャスト 不思議な魅力の青年によって愛に飢えた人々が癒されていく様を描いたハートフル・ドラマ。 監督は「追跡者」の個性派俳優ロバート・ダウニー・Jr. (本作にも出演)の実父で独自の作風で知られるロバート・ダウニー。 脚本はダウニーと彼の妻で難病のALS(ルー・ゲーリッグ病)で36歳の若さで亡くなったローラ・リニーの共同で、本作は彼女に捧げられている。 撮影はジョゼフ・モンゴメリー。 音楽はダニロ・ペレズ。 出演は「アリッサ・ミラノの堕落の園」のアリッサ・ミラノ、「デッドマン・ウォーキング」のショーン・ペン、「Mr. マグー」のマルコム・マクドウェル、「アウトブレイク」のパトリック・デンプシーほか。 監督 出演キャスト 殺人事件の容疑者になった少年を軸に揺れ動く家族の姿を描くサスペンス。 ロゼリン・ブラウンのベストセラー小説『判決前夜』(邦訳・新潮文庫)を「羊たちの沈黙」「陪審員」のテッド・タリーが脚本化。 監督には「運命の逆転」「死の接吻」のバーベット・シュローダーがあたった。 製作は「死の接吻」のスーザン・ホフマン、エグゼクティヴ・プロデューサーはロジャー・バーンバウムとジョー・ロス、撮影はシュローダーとは「運命の逆転」以来コンビを組むルチアーノ・トヴォリ、音楽は「セブン」のハワード・ショア、美術はスチュアート・ワーツェル、編集はリー・パーシーがそれぞれ担当。 出演は「マディソン郡の橋」のメリル・ストリープと「ロブ・ロイ ロマンに生きた男」のリーアム・ニーソン、「リトル・オデッサ」のエドワード・ファーロングほか。 監督 出演キャスト 17歳の少年が、身に起こる出来事を通して、少し大人に成長する過程を、36時間の中に捉えた青春物語。 製作は「蜘蛛女のキス」「モナリザ」などで知られるアイランド・ピクチャーズの社長で、「ダウン・バイ・ロー」の製作を手がけたラッセル・シュワルツ。 監督は自伝的な原作「さよならのキスもしてくれない」の著者で、脚本も手がけているウィリアム・リチャート。 撮影はジョン・J・コナー、音楽はエルマー・バーンスタインが担当。 出演は「スタンド・バイ・ミー」のリヴァー・フェニックス、「天国の門」のポール・コスロ、メレディス・サレンジャー、アン・マグナソン、マシュー・ペリー、ロアンヌ、60年代のフォークシンガー、ドノヴァンの娘のアイオン・スカイほか。 監督 出演キャスト.

次の

世界の怪力な男達!野獣の様なパワーを持つとはこういう事だ

マグナス サミュエル ソン

受賞 男優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門) 『』 新人賞 2008年『』 その他の賞 キャリア初期はの舞台『』(2007年)と『 ()』(2008年)に出演。 『シンベリン』での演技で ()を受賞し、また『』での ()の演技でも同賞にノミネートされた。 のとしてキャスティングされると世間の注目を集めるようになり 、同役での出演は『』(2011年)、『』(2012年)、『』(2013年)、『』(2017年)、『』(2018年)、『』(2019年)まで続く。 2011年にはを受賞し、にノミネートされた。 当時はほかに監督の『』(2011年)、『』(2011年)、の『』(2011年)、2012年ののシリーズ『』『』、ロマンティック・ヴァンパイア映画『』(2013年)などに出演した。 2013年末から2014年初頭にかけて、での舞台『』でタイトルキャラクターを演じ、 () ()を受賞した。 2015年には監督の『』、監督の『』に出演し、伝記映画『』では問題を抱えたカントリー・ミュージック歌手のを演じた。 生い立ち トーマス・ウィリアム・ヒドルストンはにロンドンので生まれた。 母のダイアナ・パトリシア・ヒドルストン(旧姓サーベイズ)はアートマネージャーおよび元舞台マネージャーで、父のジェームズ・ノーマン・ヒドルストンは物理化学者。 父はの出身で 、母は出身。 妹のエマも女優で、姉のサラはインドのジャーナリスト。 母方の家系を辿ると、彼は副提督(海軍中将) ()のおよび、実業家の初代 ()のにもあたる。 ヒドルストンはで育ち、のちに近郊の村に移住した。 7歳の時に ()に入学し、1年後にオックスフォードの ()に転校した。 両親は12歳の時に離婚している。 『』紙のインタビューでは、彼は両親の離婚について「この出来事によって、人間の弱さへの理解という点で私はより思いやりを持てるようになったと思いたい」と語っている。 13歳の時、ヒドルストンはで寮生としての生活を始めた。 のに進学し、でダブル・ファースト(最優等)の成績を得た。 ケンブリッジでの2期目に、彼は芸能プロダクションのハミルトン・ホデルの、ロレイン・ハミルトンによる舞台『』に出演した。 に進学し演技を学び、2005年に卒業した。 を卒業後、ヒドルストンは ()の初長編監督映画『 』(2006年)でオークリーを演じ、初めての映画出演を果たした。 妹のエマもバッジ役としてこの映画に出演した。 彼をこの映画にキャスティングしたキャスティング・ディレクターのルーシー・ビーヴァンは「彼にはとてつもない信頼があった」と述べている。 ヒドルストンは ()の劇団 ()の舞台『 The Changeling』(2006年)と『』(2007年)で主演を務めた。 後者の演技で彼はの ()を受賞した。 劇場での出演が続き、 ()の演出によるの『オセロ』(2008年)ではととの共演のもとキャシオーを演じ 、の演出による、ウェスト・エンド地区でのリバイバルとなるの『 ()』(2008年)ではリヴォフを演じた。 2006年、ヒドルストンはのドキュメンタリー『 Galapagos Island』でボイスオーバーを務めた。 2007年には ()の『 』でもナレーションを務めた。 ヒドルストンはホッグの2作目の長編映画となる『 ()』(2010年)では主役のエドワードを演じた。 彼のテレビ出演のクレジットは他に、BBCの刑事ドラマ『』(2008年)でのマグナス・マーティンソン、『 』(2006年)でのビル・ヘーズルディーン、BBCのコスチュームドラマでテレビ映画の『 』(2008年)でのジョン・プランプター、BBCのドラマ・シリーズ『 』(2009年)でのウィリアム・バクストンがある。 2007年、彼はやなどが載る英国俳優リストに加わり、長期の医療ドラマ『 』にゲスト出演した。 2011 - 2014年:ブレイク での『』のニューヨーク・プレミアにて(2012年4月) ヒドルストンは、2011年のの映画『』のの演技でよく知られている。 彼はこの映画の監督のと以前に『イワーノフ』と『刑事ヴァランダー』で仕事を共にしており、今作のオーディションにも招待された。 ヒドルストンはブラナーについて、「ケン(ケネス)には人生を変える影響があった。 彼は幹部陣に『私を信用してください。 トムをキャスティングしてくれれば、彼は結果を出します』と言ってくれた。 その影響は莫大で、私ができることの範囲を完全に変えた。 ケンがブレイクさせてくれたんだ」と述べている。 また当初は、彼はの役のオーディションを受けていた。 「私は当初はソーを演じるオーディションを受けた。 私は背が高く髪がブロンドで古典的な訓練を受けてきたので、古典的なキャラクターであるといったソーの型に適していると考えていた。 私のオーディション中、これは完全にマーベルと彼らの広い心のおかげだが、彼らは面白い何かを感じ取ってくれた。 何かしらの気質を彼らが気に入ってくれたんだ」。 キャスティング・ディレクターはヒドルストンに増量のため6週間の猶予を与えると、彼は厳格な食事を続け、20ポンドの筋肉を身に付けた。 最終的にブラナーは彼がとして適していると判断し、彼をロキにキャスティングした。 映画雑誌の『』は、ヒドルストンのロキとしての演技を「史上最高の映画キャラクター(Greatest Movie Character of All Time)」の19位にランク付けしている。 2010年11月、ヒドルストンは、、、らとともにの舞台『 』に出演し、若い女の子のプルーデンスを演じた。 この舞台は南アフリカの子供たちが直接経験したことを様々な俳優が再解釈し演じるという一度限りの舞台だった。 2011年、ヒドルストンはが脚本・監督を務める映画『』で小説家のを演じた。 続いて、1982年の ()の小説を原作とする、監督の映画『』でキャプテン・ニコルズを演じた。 同年、ドラマ映画『』でパイロットのフレディ・ペイジを演じ、と共演した。 2012年、彼は『』でのロキを再演した。 を演じるとの共演シーンの撮影中、監督のは戦う二人が十分にリアルに見えないと言った際、ヒドルストンはヘムズワースに自分を本当に殴るよう伝えた。 「私はクリスに言ったんだ。 『おい、本当に殴ってくれ。 保護しているから大丈夫だ』。 彼は『本気か?』と。 私は『そうだ、これで良く見えるようになる。 さあやってくれ』と」。 また彼は2011年に『 the Ancient Egyptian Book of the Dead』で、2012年ににて詩『 iF Poems』『 The Love Book』で、それぞれボイスオーバーを務めた。 2012年はにも出演し、シェイクスピアの作品群を原作とするシリーズ『』の一篇『』と『』でを演じ、を演じると共演した。 のちに同シリーズの一篇『』では王のとしても出演した。 2013年、ヒドルストンは『』でロキを再演し 、その後 の映画『』ではととの共演のもとを演じた。 2013年12月から2014年2月にかけてで行われた、 ()の演出によるの舞台『』で、ヒドルストンはタイトルキャラクターを演じた。 2014年にはこれが世界的に生放送された。 『』誌のデヴィッド・ベネディクトは彼について「焼け付くような演技」と称賛した。 彼は2014年の映画『』ではグレート・エスカポとしてカメオ出演した。 2015年 - 現在:様々な役 ヒドルストンは監督のゴシック・ホラー映画『』で、降板したに代わって主演を務めた。 この映画は2014年2月からトロントで撮影が開始し、2015年10月に公開された。 彼はの ()を原作とする監督の映画『』(2015年)ではロバート・ラングを演じた。 にて(2016年7月) 2014年1月、ヴィランをテーマに英国俳優をフィーチャーしたの新モデルの広告キャンペーン「 Good to be Bad」で、ヒドルストンはジャガーのイメージキャラクターを務めた。 「 Rendezvous」と題された最初のキャンペーンのコマーシャルではとと共演しており、で初めて上映された。 2014年4月、ヒドルストンは続いて「 The Art of Villainy」と題されたキャンペーンのコマーシャルにも出演した。 こちらはのプロモーションで、YouTubeで公開された。 しかしビデオに関して「無責任な運転を奨励している」として ()が苦情を受けた。 はこの広告に関して、車が駐車場を出る時に「少し加速した」が、撮影には警察が出席しており制限速度に違反していないことを確認していると述べたが、ASA(イギリス広告基準局)の裁定でコマーシャルは中止された。 2014年には、ヒドルストンが1994年の伝記を原作とする2015年の伝記映画『』でカントリー・ミュージック歌手のを演じることが発表された。 この映画はが監督を務め、 ()のスペシャル・プレゼンテーション部門で初披露された。 この映画は2016年により公開された。 ヒドルストンは ()監督の2015年のドキュメンタリー『 』でナレーターの一人を務めた。 ヒドルストンは、のスパイ・探偵ものの ()を原作とした2016年のテレビ・ミニシリーズ『』でジョナサン・パインを演じた。 このシリーズはとの共演で2015年春に撮影が開始され、とで放送された。 2017年、ヒドルストンはの映画『』に出演した。 この映画はが監督を務め、に公開された。 また、2017年に公開された『』では再びロキを演じ 、続く『』(2018年)、『』(2019年)にも同役で出演した。 2019年からにかけて ()で上演された、 ()が演出を務めるの舞台『 』のリバイバルで主演のロバートを演じた。 進行中の企画 2018年、ヒドルストンが再演するロキを中心としたマーベルの新たなミニシリーズが、ディズニーの新たなストリーミング・サービスで製作される計画が発表された。 また、彼は『』シーズン2への主役の続投についても交渉中となっている。 ほかに、製作・監督によるのコミック・ミニシリーズ『 』の映像化作品への出演や、監督によるの『』の映像化作品へのタイトルキャラクターとしての出演が予定されている。 にて(2015年) ヒドルストンはロンドン北西部の ()に住んでいる。 また彼は英国を拠点とする慈善団体「」のためにカードのデザインとサインをした有名人の一人(ほかに、、 ()などがいる)。 このキャンペーンは「Stampin' Up! UK」社が始めたもので、カードは2014年5月にでオークションに出品された。 彼はの英国大使を務めている。 2013年初頭には飢餓と栄養失調への見識を深めるためを訪れ 、2015年初頭と2016年末には進行中のにおける国中の大勢の子供たちの命についてリポートを行うため南スーダンを訪れた。 また、ヒドルストンはを自称している。 2018年2月には「」ムーブメントの英国版「Justice and Equality Fund」の寄付者の一人となった。 また彼は、映画、ゲーム、テレビなどの業界でチャンスを与えられなかった人々への機会の提供を図る「イルミネーティング・」キャンペーンの大使でもある。 ヒドルストンはかつて、2008年の『』のうちの1話で共演した女優 ()と交際し、関係は2011年後半まで続いた。 2016年には、ヒドルストンは歌手のと数か月交際した。 『』のジャパン・プレミアでのヒドルストン(2017年) 英国の大衆文化において最も著名な俳優の一人で、ヒドルストンは ()が2017年に発表した英国で最も影響力のある人物にリスト入りした。 2015年、彼はの最初の公式大使に任命された。 2016年には、英国を拠点とする男女の有名人の尻を対象に大衆がノミネートを選ぶ英国の娯楽賞 ()を受賞した。 ほかにも複数の賞でスタイリスト賞やベストドレッサーにも選ばれている。 『』誌の ()は彼の実生活での人物像を「スーツを着ることを許された唯一の顔と体を持つ、心の美しい本の虫」と表現した。 『』の監督のとコミック・ライターのは彼を「地球上で/あなたが出会う中で、最も良い人物」と評し、デル・トロはさらに「良い人物と外見が良いだけの人物の間の壁を彼は破壊した」と加えた。 ケネス・ブラナーは、『』でキャシオーを演じるヒドルストンを初めて見たときに彼がの完全な自然主義的な話者であることがはっきり分かったと述べた。 『』紙の ()は、ヒドルストンの重要な演技の質は甘い悲しみと輝く怒りを組み合わせられる能力で、彼はひとしきり激烈に怒りながらも強烈な憂鬱を抱えた猛烈な知性を演じることができると評した。 ヒドルストンは『』での役のための準備に5週間近く費やし、映画のサウンドトラックのうち7曲を演奏した。 その際、彼はについては、自身にとって役に立つほど簡単にはできないと述べている。 『』紙のドミニク・キャベンディッシュはヒドルストンが偉人を演じる優れた才能を持っていると評し、『』紙のポール・テイラーは彼の演技の幅がかなり無制限になってきていると評している。 『』誌のデヴィッド・フィアーは、トム・ヒドルストンは『』、『』、『』のようなオールドスクールものを演じるスターと、や『』で見られるような予測不可能で不明瞭な奇人を演じる彼という2つの側面があることを述べ、またこれはヒドルストンが1つの特定の役に定着することを拒んでいるからと指摘している。 日本における人気 日本においては トムヒの愛称で知られ、役としての愛称 様とともにメディアにおいても使用される。 2015年に雑誌『』と映画チャンネルのが共同開催した英国男優の人気投票「英国男優総選挙2015」では、ヒドルストンはを抑え第1位を獲得した。 『SCREEN』、イマジカBS、の共同開催となった翌年の「英国男優総選挙2016」ではに次ぎ第2位となった。 ヒドルストンは2017年3月に『』のプロモーションで初来日し、、とともに『』への生出演や、でのジャパン・プレミアへの登壇を行った。 このプロモーションでの取材で、好きなに『』をはじめとする作品を 、作品では『』『』を挙げている。 2018年には「」のゲストとして2度目の来日を果たし、同イベントで撮影会やサイン会を行った。 フィルモグラフィ 映画 年 作品名 役名 備考 吹き替え 出典 2006 Oakley 2010 エドワード (吹き替え版なし) 2011 Thor Midnight in Paris War Horse ニコルズ大尉 The Deep Blue Sea フレディ・ペイジ (吹き替え版なし) 2012 The Avengers ロキ 平川大輔 2013 Only Lovers Left Alive アダム (吹き替え版なし) Thor: The Dark World ロキ 平川大輔 2014 Muppets Most Wanted グレート・エスカポ The Pirate Fairy 声の出演 2015 I Saw the Light 平川大輔 High-Rise ロバート・ラング Crimson Peak トーマス・シャープ 2017 Kong: Skull Island ジェームズ・コンラッド Thor: Ragnarok ロキ 平川大輔 2018 Early Man ヌース卿 声の出演 Avengers: Infinity War ロキ 平川大輔 2019 Avengers End Game テレビ 年 作品名 役名 備考 吹き替え 出典 2001 Lord テレビ映画 Phone Operator テレビ映画 Toby Sherrifmuir テレビ映画 2002 テレビ映画 2005 テレビ映画 2006 Capt. 2016年6月13日時点のよりアーカイブ。 2012年4月30日閲覧。 Mosley, Charles; Peter Hinton; Hugh Peskett; Roger Powell December 2003. Burke's Peerage; 107th edition. 4006. 2016年3月15日. の2016年4月20日時点におけるアーカイブ。 2012年5月18日時点のよりアーカイブ。 2012年4月17日閲覧。 Whedon. com 2012年1月3日. 2012年3月6日時点のよりアーカイブ。 2012年5月7日閲覧。 2014年6月11日. 2014年7月15日時点のよりアーカイブ。 2014年8月13日閲覧。 2016年1月24日. 2018年5月21日閲覧。 2012年4月15日時点のよりアーカイブ。 2012年5月6日閲覧。 18 August 2016 at the.. The Guardian. Retrieved 13 March 2017• 2014年1月14日. 2015年2月14日時点のよりアーカイブ。 2015年3月4日閲覧。 Stewart, Thomas. Mens Fashion Magazine. 2014年3月13日時点のよりアーカイブ。 2014年3月12日閲覧。 Godwin, Richard 2013年10月18日. 2014年4月2日時点のよりアーカイブ。 2014年3月12日閲覧。 The Daily Telegraph. 2014年3月17日時点のよりアーカイブ。 2014年3月12日閲覧。 RADA. 2014年3月12日時点のよりアーカイブ。 2014年3月12日閲覧。 Sulcas, Roslyn 2013年11月6日. New York Times. 2015年2月25日時点のよりアーカイブ。 2019年6月9日閲覧。 Olivier Awards 2008年3月9日. 2014年3月26日時点のよりアーカイブ。 2014年3月26日閲覧。 Nightingale, Benedict 2007年12月5日. London. の2011年6月15日時点におけるアーカイブ。 2010年5月25日閲覧。 Clapp, Susannah 2007年12月9日. The Guardian London. の2008年1月18日時点におけるアーカイブ。 2010年5月25日閲覧。 Hamilton Hodell Talent Management. 2013年7月30日時点のよりアーカイブ。 2013年4月16日閲覧。 Gardner, Sally. The Red Necklace. Retrieved 17 April 2012. Film Doctor 2015年3月18日. 2015年3月28日時点のよりアーカイブ。 2015年3月27日閲覧。 2014年3月12日時点のよりアーカイブ。 2019年6月9日閲覧。 Singh, Anita 2012年4月8日. 2012年4月11日時点のよりアーカイブ。 2012年4月12日閲覧。 Leader, Michael 2012年4月25日. Den of Geek!. 2012年4月30日時点のよりアーカイブ。 2012年5月7日閲覧。 Weintraub, Steve 2010年12月10日. Collider. 2012年8月14日時点のよりアーカイブ。 2012年6月25日閲覧。 Empire. Bauer Consumer Media. 2013年8月22日閲覧。 The Crossed Cow 2010年11月16日. 2013年12月27日時点のよりアーカイブ。 2014年2月17日閲覧。 McDaniel, Matt 2012年5月2日. Yahoo!. 2012年5月16日時点のよりアーカイブ。 2012年5月15日閲覧。 iLiterature. 2013年9月23日時点のよりアーカイブ。 2013年9月16日閲覧。 if Poems. 2013年6月8日時点のよりアーカイブ。 2012年4月12日閲覧。 プレスリリース , BBC, 2011年11月24日 , の2011年12月30日時点におけるアーカイブ。 , 2012年7月20日閲覧。 Eisenberg, Eric 2012年1月9日. Cinema Blend. 2012年4月11日時点のよりアーカイブ。 2012年4月12日閲覧。 Roxborough, Scott 2012年1月30日. 2012年5月1日時点のよりアーカイブ。 2012年4月12日閲覧。 London 24. 2013年10月23日時点のよりアーカイブ。 2019年6月9日閲覧。 BBC. 2013年9月5日時点のよりアーカイブ。 2019年6月9日閲覧。 Benedict, David 2013年12月17日. 2014年1月24日時点のよりアーカイブ。 2019年6月9日閲覧。 Vlessing, Etan 2013年10月25日. The Hollywood Reporter. 2013年10月27日時点のよりアーカイブ。 2019年6月9日閲覧。 Taylor, Drew 2013年10月25日. Indie Wire. 2013年11月10日時点のよりアーカイブ。 2019年6月9日閲覧。 Child, Ben 2013年9月9日. The Guardian. 2017年3月5日時点のよりアーカイブ。 2019年6月9日閲覧。 Barraclough, Leo. 2014年2月5日時点のよりアーカイブ。 2014年2月5日閲覧。 2014年5月1日. 2014年5月6日時点のよりアーカイブ。 2014年5月7日閲覧。 On Location Vacations 2014年7月17日. 2014年7月20日時点のよりアーカイブ。 2014年7月21日閲覧。 Jaguar USA. 2015年1月15日時点のよりアーカイブ。 2015年1月15日閲覧。 Vanity Fair 2014年1月28日. 2015年1月15日時点のよりアーカイブ。 2015年1月15日閲覧。 Variety 2014年10月6日. 2015年2月7日時点のよりアーカイブ。 2015年1月15日閲覧。 The Guardian 2014年7月16日. 2015年1月15日時点のよりアーカイブ。 2015年1月15日閲覧。 Variety. 2015年8月18日閲覧。 Hammond, Pete 2015年10月16日. 2015年10月16日閲覧。 2015年4月22日. 2016年4月22日時点のよりアーカイブ。 2015年5月1日閲覧。 BBC 2015年1月12日. 2015年2月14日時点のよりアーカイブ。 2015年3月4日閲覧。 The Hollywood Reporter 2014年10月30日. 2015年3月9日時点のよりアーカイブ。 2015年3月4日閲覧。 Fleming, Jr, Mike 2014年9月16日. Deadline Hollywood. 2014年9月16日時点のよりアーカイブ。 2014年9月16日閲覧。 Yamato, Jen 2014年12月12日. Deadline Hollywood. 2014年12月13日時点のよりアーカイブ。 2019年6月9日閲覧。 Breznican, Anthony 2015年10月15日. 2015年10月18日時点のよりアーカイブ。 2015年10月16日閲覧。 Babbage, Rachel 2014年11月1日. Digital Spy. 2014年11月1日時点のよりアーカイブ。 2014年11月2日閲覧。 www. whatsonstage. com. 2019年1月25日閲覧。 Petrakovitz, Caitlin 2018年11月8日. CNet. 2018年11月9日閲覧。 Harp, Justin 2019年1月19日. Digital Spy. 2019年2月11日閲覧。 theplaylist. net. 2019年2月11日閲覧。 The Hollywood Reporter. 2019年2月11日閲覧。 2016年8月27日時点のよりアーカイブ。 2019年6月9日閲覧。 2016年11月17日時点のよりアーカイブ。 2019年6月9日閲覧。 Rebecca Pocklington 2014年5月6日. Mirror Online. 2014年5月7日時点のよりアーカイブ。 2014年5月7日閲覧。 Harpers Bazaar 2013年3月7日. 2014年6月6日時点のよりアーカイブ。 2014年6月3日閲覧。 www. unicef. org. 2019年1月4日閲覧。 Elle 2014年10月27日. 2015年3月20日時点のよりアーカイブ。 2015年5月1日閲覧。 2019年1月4日閲覧。 www. bafta. org 2018年10月24日. 2019年1月25日閲覧。 2018年9月20日閲覧。 Brooks, Xan 2011年11月25日. the Guardian. 2018年9月20日閲覧。 The Independent. 2018年9月20日閲覧。 Goldberg, Taffy Brodesser-Akner,Nathaniel 2017年2月14日. 2018年9月20日閲覧。 The Telegraph. 2017年1月21日. の2017年2月11日時点におけるアーカイブ。 British Film Institute. 2018年12月21日閲覧。 2019年6月9日閲覧。 Bayley, Leanne. Glamour UK. 2019年3月16日閲覧。 2019年3月16日閲覧。 Brodesser-Akner, Taffy 2017年2月14日. 2019年3月16日閲覧。 www. vulture. com. 2019年3月16日閲覧。 lee, stan 2011年5月3日. therealstanlee. 2019年3月16日閲覧。 Jeffery, Morgan 2016年5月20日. Digital Spy. 2019年3月15日閲覧。 Billington, Michael 2017年9月1日. The Guardian. 2019年3月15日閲覧。 Bowman, Sabienna. Bustle. 2019年3月15日閲覧。 Kosin, Julie 2016年3月29日. Harper's BAZAAR. 2019年3月15日閲覧。 Cavendish, Dominic 2019年3月14日. The Telegraph. 2019年3月15日閲覧。 The Independent 2019年3月14日. 2019年3月16日閲覧。 Fear, David 2016年4月19日. Rolling Stone. 2019年3月15日閲覧。 映画ナタリー 2015年8月19日. 2019年6月9日閲覧。 シネマトゥデイ 2016年6月8日. 2019年6月9日閲覧。 フロントロウ 2018年11月30日. 2019年6月9日閲覧。 映画ナタリー 2018年11月30日. 2019年6月9日閲覧。 シネマトゥデイ 2017年3月23日. 2019年6月9日閲覧。 ホミニス 2019年1月8日. 2019年6月9日閲覧。 映画ナタリー 2015年10月28日. 2019年6月9日閲覧。 2019年6月9日閲覧。 2019年6月9日閲覧。 2019年6月9日閲覧。 シネマトゥデイ 2017年3月16日. 2019年6月9日閲覧。 ELLE 2017年3月24日. 2019年6月9日閲覧。 映画ナタリー 2018年11月7日. 2019年6月9日閲覧。 映画ナタリー 2018年12月2日. 2019年6月9日閲覧。 Entertainment Weekly. 2013年8月9日. の2013年8月12日時点におけるアーカイブ。 2013年8月13日閲覧。 Aardman. com. 2016年10月21日時点のよりアーカイブ。 2016年10月20日閲覧。 The Hollywood Reporter. の2016年10月21日時点におけるアーカイブ。 2016年10月20日閲覧。 2011年11月22日. 2015年5月10日時点のよりアーカイブ。 2015年3月17日閲覧。 2013年9月11日. 2015年4月16日時点のよりアーカイブ。 2015年3月17日閲覧。 Radio Times 2014年6月10日. 2015年3月18日時点のよりアーカイブ。 2015年3月17日閲覧。 Boston. com 2010年1月9日. 2015年5月6日時点のよりアーカイブ。 2015年3月17日閲覧。 Rotten Tomatoes. 2015年6月22日時点のよりアーカイブ。 2015年3月17日閲覧。 Crushable 2012年. 2014年11月1日時点のよりアーカイブ。 2015年3月17日閲覧。 シネマトゥデイ 2017年5月25日. 2019年6月9日閲覧。 The Sun. 2017年3月8日. 2018年9月19日閲覧。 Collura, Scott 2016年10月8日. IGN. 2016年10月12日時点のよりアーカイブ。 2016年10月12日閲覧。 Collider. 2018年11月8日. 2018年11月9日閲覧。 The Independent. 1999年8月27日. の2016年12月20日時点におけるアーカイブ。 2016年12月10日閲覧。 Smith, Alistair 2005年12月14日. 2014年2月3日時点のよりアーカイブ。 2012年6月27日閲覧。 The Stage 2012年2月10日. 2014年9月3日時点のよりアーカイブ。 2014年8月27日閲覧。 Sulcas, Roslyn 2017年8月1日. The New York Times. 2017年8月1日閲覧。 Bowie-Sell, Daisy 2018年11月15日. whatsonstage. com. 2018年11月15日閲覧。 Brown, Mark 2018年11月15日. the Guardian. 2018年11月15日閲覧。 Official London Theatre. 2008年3月9日. の2015年9月24日時点におけるアーカイブ。 2015年8月5日閲覧。 Connors, Adrienne 2008年4月27日. の2014年11月9日時点におけるアーカイブ。 2014年11月8日閲覧。 WhatsOnStage. com. の2016年12月2日時点におけるアーカイブ。 2016年12月1日閲覧。 Groom, Holly 2009年5月17日. The Sunday Times. 2018年8月23日閲覧。 awfj. org. 2018年8月9日閲覧。 Boucher, Geoff 2011年9月7日. 2015年7月2日時点のよりアーカイブ。 2011年9月7日閲覧。 O'Hara, Helen 2012年3月26日. Empire Online. 2013年10月30日時点のよりアーカイブ。 2014年3月26日閲覧。 London Evening Standard. 2014年3月26日時点のよりアーカイブ。 2014年3月26日閲覧。 BAFTA 2012年1月. 2014年3月26日時点のよりアーカイブ。 2014年3月26日閲覧。 saturnawards. org 2012年7月26日. 2012年6月26日時点のよりアーカイブ。 2012年7月27日閲覧。 On The Red Carpet 2012年7月22日. 2014年3月26日時点のよりアーカイブ。 2014年3月26日閲覧。 David, Jessica 2012年5月29日. 2012年6月1日時点のよりアーカイブ。 2012年5月30日閲覧。 Nick. com 2013年. 2013年3月25日時点のよりアーカイブ。 2014年3月26日閲覧。 MTV 2013年. 2014年3月26日時点のよりアーカイブ。 2014年3月26日閲覧。 Empire Online. 2014年2月7日時点のよりアーカイブ。 2014年3月26日閲覧。 Denham, Jess 2014年4月13日. の2014年4月18日時点におけるアーカイブ。 2014年5月30日閲覧。 Johns, Nikara 2014年2月25日. Variety. の2014年2月28日時点におけるアーカイブ。 2014年4月14日閲覧。 London Evening Standard. 2014年12月2日時点のよりアーカイブ。 2014年12月1日閲覧。 WhatsOnStage. com. の2016年12月22日時点におけるアーカイブ。 2017年4月11日閲覧。 chlotrudis. org. 2017年3月5日時点のよりアーカイブ。 2016年10月12日閲覧。 Variety. 2015年11月4日時点のよりアーカイブ。 2015年11月3日閲覧。 Evening Standard. 2015年12月23日時点のよりアーカイブ。 2015年12月22日閲覧。 2016年9月26日時点のよりアーカイブ。 2016年9月22日閲覧。 2016年7月17日時点のよりアーカイブ。 2016年7月14日閲覧。 2016年9月3日時点のよりアーカイブ。 2016年8月31日閲覧。 Lincoln, Ross A. 2016年11月14日. Deadline. の2016年11月14日時点におけるアーカイブ。 2016年11月14日閲覧。 2016年12月3日時点のよりアーカイブ。 2019年6月9日閲覧。 What' s on TV. 2016年8月12日. の2016年10月8日時点におけるアーカイブ。 2016年10月7日閲覧。 The Hollywood Reporter. の2016年12月13日時点におけるアーカイブ。 2016年12月12日閲覧。 Awards, National Television. www. nationaltvawards. com. 2016年10月13日時点のよりアーカイブ。 2016年10月12日閲覧。 The Hollywood Reporter. 2017年1月5日閲覧。 Nugent, John. Empire. 2017年3月20日時点のよりアーカイブ。 2017年3月19日閲覧。 Awards, Teen Choice 2017年6月19日. TeenChoiceFOX. 2017年6月20日閲覧。 Evans, Greg 2018年6月22日. Deadline. 2018年6月22日閲覧。

次の