溶連菌 大人 うつる。 大人もかかる溶連菌の症状・検査・治療について

溶連菌感染症は大人でもうつる?症状は風邪に似ているから注意が必要!

溶連菌 大人 うつる

今日は、溶連菌感染症をテーマにしていきます^^ 溶連菌感染症という言葉ですが、あまり聞きなれない 方も多いかと思います。 子供がいる人は割と聞いたことがある人もいると思いますが、 子供に多い病気です。 でもこの病気、子供だけではなく大人でも感染する病気 なのです。 しかも、再発する可能性もあるのです。 溶連菌は、窓をあけない秋~春先に感染するとされていますが、 夏に感染することもあるのです。 今日は、溶連菌の知識を身について、予防・対策をしましょう。 溶連菌感染症の症状とは? 溶連菌感染症とは、化膿を起こしやすい連鎖球菌が 原因となって現れる症状のことをさします。 溶連菌への感染によって起こる症状としては、 急性咽頭炎や扁桃腺炎のような のどの痛みや腫れ、発熱を伴う症状があらわれます。 他には、頭痛や腹痛、嘔吐や、舌が赤くなるイチゴ舌 の症状が現れます。 他には、溶連菌がつくりだす毒素によって 症状が起こることもあり、 その場合、免疫アレルギー性疾患である猩紅熱として 高熱に襲われることもあります。 また、溶連菌に感染して気をつけなければならないのは、 合併症です。 合併症で起こりやすいのは、 リウマチ熱 や、 急性糸球体腎炎 です。 なので、処方された抗生物質をきちんと 飲み切ることが大切です。 高熱が続くようでしたら、再度 病院にいった方が良いでしょう。 大人に感染すると? 溶連菌は子供がかかりやすい病気ですが、 大人へも感染します。 感染経路としては、 飛まつ感染や経口感染が多いです。 なので、予防としては、マスクの着用や手洗い・うがい で予防することができます。 小さいお子さんをもつ方は、 子供が保育園や幼稚園で溶連菌に感染し、 自分にうつってしまうということもあるようです。 しかし大人は免疫力があるので、 感染したとしても自然治癒することが多いのですが、 免疫力が低下していると、 感染しやすいです。 sponserd link 溶連菌は大人の場合、風邪のような症状が起り、 頭痛や微熱、喉の痛みにおそわれます。 なので、風邪かな?と思って放置してしまうのですが、 溶連菌感染症の場合は、きちんと治療をして抗生物質を 飲まないと、症状がどんどん悪化して、 合併症を併発する可能性もあるので、 注意が必要です。 まわりに溶連菌に感染した人がいたら、 風邪だと思って放置せずに、病院にいって 診察をうけましょう。 治療法は? 溶連菌は、大人も子供でも抗生物質で治すことができます。 抗生物質を服用すれば、 2~3日でのどの痛みが軽減され、 熱も下がってきます。 ただ、症状が治ったからといって、 処方された抗生物質をきちんと飲まないと、 再発することもあります。 溶連菌は 合併症が一番怖いので、 きちんと抗生物質を守って摂取して、 治すようにしましょう。 まとめ 溶連菌感染症にかからないためには、 日頃から予防をすることも大切です。 万が一、お子さんが溶連菌に感染してしまったら、 タオルや食器を分けて、 自分自身も溶連菌に感染しないように 気をつけることが大切です。 自然治癒すると思わずに、きちんと 抗生物質を飲んで治すようにしましょう。 Sponsord Link.

次の

溶連菌の発疹はいつからいつまで?大人は?かゆみの対処法を解説

溶連菌 大人 うつる

もくじ• 溶連菌感染症は同僚にうつるのか!? 条件は主に3つ!• 人が多く集まる、換気の悪い場所にいる• 溶連菌保菌者が近くにいる• 自分の です。 溶連菌は保菌者がする咳やくしゃみからの 飛まつ感染で、人から人にうつります。 健康な大人なら感染しませんが、 風邪気味の人、 疲れていて身体が弱っている人は感染してしまいます。 同僚や上司の体調、分かりますか? 明らかに風邪気味の人は分かるかもしれませんが、疲れているかどうかはそこまで把握できないもの。 会社に溶連菌を広めてしまうリスクは十分に考えられるため、溶連菌に感染してしまったら 仕事をお休みするのは避けられないですね! あとあと 「お前の溶連菌がうつって苦しい思いしたんだよ・・・!」 という因縁をつけられないためにも、症状が落ち着くまでは 家で安静にしていましょう! では、何日ぐらいのお休みが妥当なのでしょうか!? スポンサーリンク 溶連菌にかかったら、これくらいは休んでおきたい! 溶連菌感染症は、完治するまでに 2週間から1か月ほどかかります! ただし、のどの痛みなどの 症状自体は、 数日で良くなる場合が多いです。 処方された薬(菌を殺す抗生物質)を飲み始めると、だいたい 2日目ぐらいで 感染のリスクは大幅に下がるようです。 なので、もし症状が軽いようならば、 最短2~3日のお休みで仕事には復帰できると思われます! 症状は人それぞれなので、お医者さんに確認をしてみるのが一番確実ですね! ちなみに私の弟が20代で溶連菌に感染しました。 その時の感想は・・・ 「インフルエンザのほうがまだマシ! 1週間動けなかった・・・」 とのことなので、重症になると、大の大人でも寝込んでしまう病気のようです・・・。 きちんと治療しないと、 合併症を引き起こしてしまう厄介な病気のため、風邪の時以上に体調に気を遣う必要がありますね! 溶連菌感染症の詳しい症状や治療法については、こちらの記事が参考になります。 <追記!!> 体調を崩すと、健康のありがたさが身に沁みますよね! これからの体調管理に役に立つ情報を、まとめてみました! 学校ではこんな扱いになっている! もともとは子供がかかりやすい病気である、溶連菌感染症。 学校では、どのような扱いになっているのでしょうか? 出席停止のケースも!? 溶連菌感染症は、「学校保健法の第3種」という分類に入っています。 どういうことかというと、 「症状によっては、 医師の許可が出るまで 出席停止になる場合がある」 「学校に診断書を出さなければ ならない場合がある」 ということです。 第3種に分類されるその他の病気は、• 流行性嘔吐下痢症• とびひ• 細菌性赤痢 などがあります。 インフルエンザは、1つ上の階級の第2種です。 つまり、 インフルエンザほどうつらないけど できるなら登校してこないで~という扱いになっていますね! は、風邪に似ているので軽く見られるケースがあるようですが、やはり「人にうつってしまう」ということを、頭に入れておく必要がありそうですね! まとめ 溶連菌感染症は 学校では出席停止の対象になっていて、 大人でも飛まつ感染でうつってしまう! ということが分かりましたね! 症状は人によって違いますが、たとえ軽くても 2~3日は家で安静にしておいたほうが良さそうです! 「仕事のスケジュールが狂う~」 「同僚に迷惑をかけてしまう~」 「仕事がたまってしまう~」 と頭を抱えてしまいそうですが、そんな時は気分を変えましょう!! 「仕事のために生きているんじゃない! 生きていくために仕事をしているんだ!」 と。

次の

溶連菌感染症(人食いバクテリア)はどんな症状?子供だけでなく大人にもうつる?

溶連菌 大人 うつる

溶連菌感染症 大人の場合はこんな症状 大人が溶連菌感染症にかかった場合、特に多く見られる症状は、発熱と喉の痛みです。 舌に赤い発疹のできる『イチゴ舌』と呼ばれる症状も溶連菌感染症の特徴ですが、この症状が見られるのは、多くの場合子供です。 子供が重症になると、発疹は体にも現れます。 イチゴ舌の症状が出ている子供と接した場合は、溶連菌感染症への感染が疑われます。 子供に多い病気なので、お子さんをお持ちの方や、多くの子供と接するお仕事をされている方は、特に感染のリスクが高いといえるでしょう。 その他の症状としては、頭痛、嘔吐、下痢、倦怠感があります。 感染してから2日から5日の潜伏期間を経て、突然症状が現れます。 くしゃみや咳などによって飛沫感染するので、家庭や学校、職場、人混みなどでうつることが多い病気ですが、大人の場合、普通の風邪だと思って、溶連菌感染症とは気付かぬまま治ってしまうことも多いです。 溶連菌はありふれた菌で、大抵の場合、免疫力の高い大人でしたら、感染しても大した症状は現れません。 しかし、疲労などで免疫力が低下している時には、大人でも重度の症状に陥ることがあるのです。 溶連菌感染症が特に流行するのは、夏と冬です。 喉の痛みや倦怠感などがあり、普段の風邪とは違うなと不安があったら、医師の診察を受けましょう。 これは、職場などの周囲の人にうつさないための配慮でもあります。 溶連菌感染症の治療法はどのようなもの? 溶連菌感染症の治療には抗生物質が用いられます。 抗生物質の薬を服用することで、2日もすれば症状はかなり和らぎます。 しかし、症状が和らいだからといって、薬を飲むのをやめてはいけません。 1週間から10日程は服用を続けましょう。 これは、病気の再発防止・完治のためだけではなく、溶連菌急性糸球体腎炎やリウマチ熱などの病気に繋がらないようにするためでもあります。 溶連菌感染症が重症の場合、そうした合併症まで引き起こす恐れがあるのです。 楽になったからといって素人判断はせず、薬は医師の指示通りに服用することが重要です。 また、抗生物質を服用することで、副作用として下痢症状が現れる場合があります。 抗生物質によって溶連菌が駆逐されるだけではなく、害のない腸内細菌までもが影響を受けてしまうからです。 下痢症状がひどい場合には、医師に相談してください。 溶連菌感染症の検査は、喉についている菌を綿棒で採取して調べるだけですので、簡単に終わります。 スポンサードリンク 溶連菌感染症に大人がかかった場合 出勤はいつからできるの? 溶連菌感染症にかかった場合には、周りの人に感染させないためにも外出は控えなければいけません。 ちなみに、溶連菌感染症の完治には2週間から3週間かかります。 では、2、3週間も出勤を控えなければいけないのかといいますと、そんなことはありません。 抗生物質を服用してから24時間程で溶連菌感染症の感染力はなくなります。 ですから、薬を飲んでから1日か2日経てば、出勤しても問題はないのです。 大人の場合でしたら、最低でも診察を受けた日と、その翌日は休む必要がありますね。 また、溶連菌感染症と診断された場合、お勤め先によっては出勤許可証明書が必要な所もありますので、確認しておいて下さい。 まとめ 溶連菌は、免疫力の高い大人なら大して恐れる必要のない菌ですが、疲労などで体の抵抗力が低下している時には感染・発症してしまい、普通の風邪以上の辛い症状に見舞われてしまいます。 しかし、抗生物質を服用することで症状はすぐに治まりますので、ひどい喉の痛みなどがあって、溶連菌感染症ではないかと思ったら、すぐに医師の診察を受けましょう。 症状が和らいでも、薬はきちんと飲み続ける必要がありますので、気をつけて下さいね。

次の