杉浦太陽 ウォーターボーイズ。 初代「ウォーターボーイズ」集結! 妻夫木聡の結婚祝う /2016年8月25日 1ページ目

杉浦太陽「初代ウォータボーイズのメンバーで妻夫木結婚おめでとう会!!」玉木宏、妻夫木聡とスリーショット: J

杉浦太陽 ウォーターボーイズ

2001年の映画『ウォーターボーイズ』は、静岡県の高校水泳部を舞台とした物語。 モデルとなったのは埼玉県立川越高校の水泳部で、シンクロ公演は実際に1988年から文化祭の演目で行われていたそうです。 撮影の前から1ヶ月以上もシンクロの練習をする必要があったため、2ヶ月以上スケジュールが取れる無名の若手俳優をキャスティングすることになったとか。 しかしそれが功を奏して、むしろ実力ある若手が注目される機会となりました。 部員がたった一人という唯野高校水泳部。 そこへ美人の教師・佐久間が顧問として着任したことで、なんと部員が30人に!しかし実は、佐久間が教えようとしたのはシンクロナイズドスイミング。 ほとんどが恐れをなして逃げ出す中、部長の鈴木や元バスケ部員の佐藤たち5人が残り、学園祭でのシンクロ公演に向けて練習する羽目になります。 映画版『ウォーターボーイズ』の主人公・鈴木智を演じたのは妻夫木聡。 福岡県出身、1980年12月13日生まれの俳優です。 1997年、アーケードゲーム「ザ・スタアオーディション」のオーディションイベントで、第1回グランプリを獲得して芸能界入り。 1998年のテレビドラマ『すばらしい日々』で俳優デビューを飾りました。 映画では『ジョゼと虎と魚たち』の恒夫役、『どろろ DORORO』の百鬼丸役などで高い演技力が評価され、主演を務めたドラマ『ブラックジャックによろしく』や『オレンジデイズ』は高視聴率を記録。 2009年にはNHK大河ドラマ『天地人』で主役の直江兼続を演じ、国民的知名度を得て、日本を代表する俳優の一人となりました。 近年でも主演作には枚挙に暇がなく、2017年には『愚行録』、『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』でそれぞれ主演を務めました。 アフロヘアーから坊主へと髪型が変わっていった佐藤勝正を演じたのは玉木宏。 愛知県出身、1980年1月14日生まれの俳優です。 芸能界入りのきっかけは高校2年生の頃。 スカウトされて業界入りすると、1998年のドラマ『せつない』で俳優デビューを飾りました。 高視聴率を記録した『のだめカンタービレ』では、主人公・のだめ憧れの先輩・千秋真一を好演。 映画では東野圭吾原作『変身』の成瀬純一役や、『真夏のオリオン』の倉本孝行役での演技が高評価を得ています。 2015年のNHK連続テレビ小説『あさが来た』では、主人公・白岡あさの夫となる新次郎役を演じて話題となりました。 私生活では、2018年に女優の木南晴夏と入籍しています。 2018年の映画『悪と仮面のルール』では主演を務め、悪に染まる主人公・久善文宏を演じました。 また、2019年5月公開の映画『空母いぶき』に、護衛艦「はつゆき」艦長の瀬戸斉明役で出演します。 主人公であるシンクロ同好会のリーダー・進藤勘九郎を演じていた山田孝之。 ドラマでは内気でおとなしい少年という役どころでしたが、その後、まったく異なるイメージの役をこなす幅広い役者へと変貌を遂げています。 2007年の映画『クローズ』では屈強な肉体を持つ不良役、2009年の映画『MW-ムウ-』では犯罪にも関与する神父役を演じて一気に演技の幅を広げます。 2008年にスタートした主演ドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズでは、代表作の一つといってもいいほど勇者キャラクターが定着しました。 2018年には2本の映画と1本のドラマに主演しています。 長澤まさみとW主演した『50回目のファーストキス』では主人公の大輔、佐藤健と共演した『ハード・コア』では埋蔵金探しを生業にしている平成のアウトロー・権藤右近を演じました。 ドラマ『dele』では菅田将暉とW主演を務め、車椅子での演技にも挑戦しています。 明るいムードメーカー・立松憲男を演じていたのが森山未來。 ダンサーでもある彼は、その後も数々のヒット映画に主演するなどして活躍しています。 2004年の映画『世界の中心で、愛をさけぶ』では主人公の松本朔太郎を演じ、数々の映画賞を受賞。 2010年にはドラマ『モテキ』に主演し、翌2011年に再び主人公を演じた映画版『モテキ』は興行収入22億円の大ヒットとなりました。 2013年には芥川賞受賞作を原作とした映画『苦役列車』に主演し、本作でも日本アカデミー賞をはじめとする国内の映画賞を受賞しました。 2018年の大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』では、物語の狂言回しとなる美濃部孝蔵役を務めています。 頭が切れる生徒会長・田中昌俊を演じていたのが瑛太。 その後もドラマ、映画に定期的に出演しており、その顔を見ない年はありません。 ドラマでは2014年の『若者たち2014』に佐藤暁役で出演。 映画版『ウォーターボーイズ』の主人公を演じた妻夫木聡と兄弟役となり、ファンの間で話題になりました。 NHK大河ドラマには2008年の『篤姫』に小松帯刀役、2018年の『西郷どん』に大久保利通役で出演。 その存在感を十分にアピールしました。 映画では2016年に話題作『64 -ロクヨン-』や『殿、利息でござる! 』に出演。 続いて2017年には『ミックス。 』で新垣結衣と共演、2018年の『友罪』では生田斗真と共演しています。 プライベートでは2010年に歌手の木村カエラと結婚し、一男一女を授かっています。 また、弟の永山絢斗も俳優として活躍中です。 軽音部のギター弾き・星山を演じたのが星野源。 元々、2000年から実際に音楽活動をしており、2010年のソロデビュー後にその人気は大爆発。 音楽アーティストとして作詞作曲も精力的に行い、武道館を満員にするなどの大活躍を続けています。 俳優業はもちろんのこと、他にもエッセイスト、映像プロデューサーなど多方面で才能を発揮。 2012年に始まったコント番組『LIFE! ~人生に捧げるコント~』では内村光良と共演し、さまざまなコントキャラクターを演じています。 2012年にはくも膜下出血と診断されましたが、2度の手術を経て復帰。 2016年にはNHKの大河ドラマ『真田丸』で、徳川秀忠を演じています。 2017年、大ヒットドラマとなった『逃げるは恥だが役に立つ』に出演。 新垣結衣演じる主人公・みくりと契約結婚を交わす津崎平匡役で、さらなる人気に火がつきました。 勘九郎の親友で、シンクロの最後のメンバーとして加入した安田孝を演じたのは田中圭。 初めてドラマ主演を務めたのは、2009年の『ホームレス中学生2』。 それまでにもそれ以降も、見ない時期がないほど年に何本もの作品に出演していたものの、主演俳優ではなく名バイプレイヤーといった立ち位置にありました。 転機が訪れたのは2016年の単発ドラマ『おっさんずラブ』で、主人公の春田創一を演じたこと。 好評を得た本作が連続ドラマとして放送された2018年、社会現象を起こすほどの大ヒット・大ブレイクを果たしました。 2018年にはドラマ5本、映画3本に出演。 2019年はドラマ『あなたの番です』で主演を務めることに。 また、劇場版『おっさんずラブ』の公開も決定しました。 テレビドラマ版の第2弾で、続編として翌年2004年に制作されました。 「2」となっているものの、実際には第1弾ドラマの直接的な続編ではなく、リメイク版といえます。 2004年7月6日から9月21日にかけて、フジテレビ系で全12回が放送されました。 平均視聴率は前作を上回る16. 映画版に登場したシンクロメンバーの早乙女聖 金子貴俊 が、臨時教師として出演しました。 9割以上が女子生徒である元女子校を舞台とした、新たなシンクロ男子たちが主人公。 転校生の水嶋泳吉は教師の早乙女に勧められて、シンクロ部を立ち上げることに。 しかし姫乃高校では女子が権力を握り、シンクロ部は練習場所の確保にすら苦労します。 主人公の水嶋泳吉を演じた市原隼人。 1987年生まれ、神奈川県出身の俳優です。 2001年の映画『リリイ・シュシュのすべて』の主人公・蓮見雄一役で、鮮烈なデビューを飾りました。 もちろん『ウォーターボーイズ2』でも人気になりましたが、より名前が売れたのは人気漫画のドラマ化作品『ROOKIES』の安仁屋恵壹役だったのではないでしょうか。 その後はドラマ『猿ロック』、映画『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』と、ヤンチャなイメージそのままの役が続き、人気はどんどん上がっていきました。 きわめつけは、映画『極道大戦争』のヤクザバンパイアの影山亜喜良役。 そんなチョイ悪な雰囲気の役が多い中、映画『ホテルコパン』の海人祐介役では心に傷を負った元中学教師役を見事に演じ切りました。 プライベートでは2014年にモデルの向山志穂と結婚し、第1子となる女児が誕生しています。 いい加減な性格の川崎仙一役を演じたのは、双子イケメン役者として注目される斉藤慶太。 斉藤祥太の弟で、写真では左です。 双子といえば、あだち充の名作漫画『タッチ』。 その実写化として話題になった映画版『タッチ』に出演し、大きな話題になりました。 その後もドラマや映画に出演し、双子そろって活躍。 2009年の映画『鴨川ホルモー』に三好兄弟役として、双子で出演。 同年の『風が強く吹いている』でも1年生の駅伝ランナーの兄弟役で、兄の城太郎を演じました。 2018年11月公開の映画『ギャングース』には、海老名兄弟役として再び双子で出演しています。 またこの年、10年の交際を経て2歳年上の一般女性と結婚。 兄の祥太にも祝福されたそうです。 2年生で生徒会の書記。 名前とは逆に学校一女らしい男、岩田巖男を演じたのは小池鉄平です。 15歳の時にジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリを受賞して芸能界入りしただけあり、三十路を迎えた今でも年齢を感じさせません。 血縁関係はないものの、俳優の京本政樹は父方の親戚。 血縁関係がないとは思えないくらい、二人とも顔が整っていますね! 2002年にウエンツ瑛士と結成したデュオ「WaT」では、数々の新人賞を受賞。 絶大な人気を誇っていましたが、惜しまれつつ2016年2月に解散しています。 映画やドラマにもコンスタントに出演しつつ、舞台にも力を入れています。 2018年にはドラマ『覚悟はいいかそこの女子。 』に柾木隆次役で出演し、同年の映画版でも同役を演じました。 舞台では、2019年4月に主演作『キンキーブーツ』の再演が決まっています。 本作品のヒロイン、吹奏楽部部長矢沢栞を演じたのは石原さとみです。 1986年12月24日生まれの東京都出身。 第27回ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを受賞しています。 その後、朝ドラ『てるてる家族』のヒロイン・岩田冬子役に抜擢された事をきっかけに一気に知名度が上がりました。 CM女王として名高い他、映画、ドラマ、舞台など幅広い活躍をしています。 2003年には『わたしのグランパ』で日本アカデミー賞新人俳優賞、2006年には『北の零年』で同優秀助演女優賞を受賞と、その実力は世間の折り紙つき! 2016年には『シン・ゴジラ』に、米国特使のカヨコ・アン・パターソン役で出演し、流暢な英語を披露しています。 近年はテレビドラマを中心に大活躍しており、特に主演を務めた2018年の『アンナチュラル』と『高嶺の花』では、異なるタイプの芯の強い女性、三澄ミコトと月島ももを演じて好感を得ました。

次の

ウォーターボーイズ

杉浦太陽 ウォーターボーイズ

この項目では、映画について説明しています。 バンドについては「」をご覧ください。 2003年のテレビドラマについては「」をご覧ください。 2004年のテレビドラマについては「」をご覧ください。 2005年のテレビドラマについては「」をご覧ください。 ウォーターボーイズ 監督 脚本 矢口史靖 製作 宮内正喜 平沼久典 塩原徹 製作総指揮 出演者 音楽 田尻光隆 撮影 長田勇市 編集 配給 公開 2001年9月15日 上映時間 91分 製作国 言語 興行収入 9. 2億円 『 ウォーターボーイズ』(WATER BOYS)は、 に公開された。 監督は。 成り行きからでを発表することになった男子高校生の奮闘と友情を描く青春コメディ。 転じて「シンクロナイズドスイミングに挑む男子生徒達」を指すこともあるが、語自体はが作った造語である。 にはにより『』と題して映画の2年後を舞台としたが製作された。 この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2018年5月)() (現在の)が舞台。 部員は 鈴木智()ただ一人という廃部寸前の唯野(ただの)高校部に、美人教師・ 佐久間恵()が顧問に着任した途端、部員が30人に激増。 ところが、佐久間が本当に教えたかったのは、なんとだった。 恐れをなした多くの部員たちは逃亡。 しかし取り残された部長の鈴木、何事も中途半端な元バスケ部員の 佐藤()、筋肉を付けたいガリガリのダンス少年・ 太田()、カナヅチ克服と水の力学の解明を目指すガリ勉・ 金沢()、ちょっと女の子っぽい 早乙女()の5人は泣く泣く学園祭に向けてシンクロをやる羽目に。 しかし佐久間は突如、によるを引き起こしてしてしまう。 さらに学校のプールは、男子がシンクロを行なう事をバカにしたバスケ部により、釣りぼりとして使われる事になり、周囲からバカにされまいと5人は急にやる気を見せだした。 既にプールに放たれていた魚を捕まえ、オカマバーの ママ()など地元の商店街から協力を得ながらも、予行演習で全くシンクロらしい演技もできず、水泳部の責任者・ 杉田()を怒らせてプールの使用を禁止されてしまう。 学園祭の発表は絶望的になる中、鈴木は予備校で桜木女子高の空手少女・ 木内静子()と出会い、一目惚れ。 勿論、学園祭でシンクロをやる事は言えるはずもなかった。 ある日、木内と訪れた水族館で、見事に泳ぎ回るのショーに触発された鈴木は怪しげなイルカの調教師・ 磯村()に頼み込み、離れかけていた佐藤たちと共に水族館や海でシンクロの練習(実はいい様にこき使われているだけ)に鍛えられて、見事に上達していく。 ある日、海で練習していた所にが駆けつけてきた。 練習を海で溺れていると勘違いした人による通報だったが、これが話題を呼んでテレビ報道されるまでに至り、多くの住民をはじめ唯野高全体も惹きつけて、シンクロは正式に実施されることが決まり、大勢の生徒によって演じられることとなって勢いを増した。 それでも、水族館練習中に発覚した早乙女が前々から佐藤に恋をしていたという真実、自分が学園祭にシンクロをやるのだと木内に明かせない鈴木と、部員二人の心は迷っていた。 だが学園祭前日、学内でボヤ騒ぎが発生してしまい、消火のために消防隊はプールの水を用い殆ど使い切ってしまった…。 登場人物 [ ] 主要人物 [ ] 鈴木 智 演 - 唯一の水泳部員。 スピードを競う競泳に限界を感じ、部活を辞めようとした矢先にシンクロと出会う。 気が弱く流されやすい。 佐藤 勝正 演 - 当初はアフロヘアーだったが、予行演習中にカセットデッキを叩き壊したため火花が頭に飛び散ったのが原因で髪の毛が焼けてしまい、以降丸刈りになる。 後に2003年のドラマ版『』に登場している。 早乙女聖 演 - 幼少の頃から、佐藤に好意を抱いていた。 後のドラマ版では告白をしたが見事に振られたとのこと。 卒業後教員免許を取得し、2004年のドラマ版『』では世界史担当の臨時教師兼シンクロ部顧問として登場している。 太田 祐一 演 - 貧相な身体を嫌い、日焼けしてマッチョになれるという思いからシンクロ部に入る。 金沢 孝志 演 - ガリ勉高校生。 論理的な考えで、むしろややこしい一面があるが、素直で潔い一面もあり、弁償を要求されたときに「実際にはもっと高いです」と自分に都合の悪いことも素直に白状した。 木内 静子 演 - 空手少女。 鈴木が一目惚れした。 伊丹 弥生 演 - 女子高の文化祭実行委員。 プールの水がなくなるというハプニングが発生したとき、女子高のプールの使用を申し出、危機を救った。 佐久間 恵 演 - シンクロを鈴木達に提案した張本人である女性教師。 男子校に赴任することに躊躇しており、赴任当初はそれが原因でクラスに馴染めずにいたが、生徒たちに励まされて自信を取り戻す。 しかし産休で居なくなってしまう。 佐藤同様後に2003年のドラマ版『』に登場している。 杉田 演 - 水泳部の顧問。 当初は部員のシンクロに難色を示していたが、最終的には揃いのパンツを用意するなど好意的になった。 尾崎校長 演 - 磯村 演 - やや怪しげな水族館のイルカ飼育員。 練習のため水族館を訪れたメンバーをナメていたが、次第に認めるようになった。 喫茶バー「ともしび」 [ ] ママ 演 - チィママ 演 - その他のシンクロ参加者 [ ] バスケ部 [ ]• 吉田 - その他 [ ]• 中村 -• 小林 -• 和菓子屋主人 -• 和菓子屋のおかみさん -• 肉屋の女 -• 佐久間恵の夫 -• 女性キャスター -• 男性キャスター -• 警備員 - 、• 客のおばさん - 、、• ビデオの筋肉男 - 、、• 水族館の女の子 -• 女の子の父 -• レスキュー隊員 -• 公園の野次馬 -• 火事場のおじさん - 、• エキストラ - ロケ地となった牧之原市の市民、他近隣学校の在校生が参加。 スタッフ [ ]• 脚本・監督:• エクゼクティブプロデューサー:• プロデューサー:、、• 水泳指導: 製作 [ ] 男子高校生たちが、に挑む青春活劇で、モデルはのの水泳部が実際にから文化祭の演目として行っているシンクロ公演。 、プロデューサーが『』()で放送された川越高校水泳部のを見て映画化を着想。 後に監督が加わり、50mの屋外プールで部員全員で繰り広げるインパクトのあるシンクロ演技とその背景にある文化祭に訪れる近隣の女子高生にモテたいという不純な動機の面白さに、「これは映画にすべきだ」として 、の映画化に至った。 撮影の1か月以上前からシンクロの練習を開始する必要があることから売れている俳優をキャスティングすることはできず、まるまる2か月以上スケジュールが空いている若手の俳優のみを募集して、当時まだ無名だったやらがキャスティングされた。 撮影開始後も内の学校のプールに拘束されて連日シンクロの練習を続け、シンクロ漬けの日々を送った。 作品の評価 [ ] 劇場公開から徐々に口コミと地方キャンペーンで話題となり、結果的に大ヒット映画となった。 当初は少数の映画館のみの上映だったが、全国各地での地道なキャンペーンと独特の宣伝展開で劇場数が増え、最終的には上映劇場100館、上映期間は6ヶ月を越える。 この現象は映画業界で話題になり、それ以降同じような映画が乱立した。 の普及と時期と重なり、以降の邦画復活のきっかけを作った。 本作のヒットを受け、にがテレビドラマ化。 映画スタッフがドラマ製作に参加することにより、映画の世界観を壊さずドラマ化に成功し、高視聴率を記録。 この「映画から連続ドラマ」という連動は、その後他局にまで影響を与えることになる。 この後フジテレビは、パート2()、スペシャル版()と制作し、完結した。 また、同じスタッフで映画『』(2004年)が製作され、映画『ウォーターボーイズ』の倍以上のを記録した。 映画・ドラマのヒットにより全国で「シンクロブーム」が起こり、高校を中心に男子シンクロ部が設立されるなど大きな影響を与えた。 映画のモデルになった川越高校水泳部のドキュメンタリーが『』()や『』()で放送され、同校の文化祭は約3万人()もの入場者数を記録するまでになった。 歴史 [ ]• - 映画『ウォーターボーイズ』公開。 - - テレビドラマ『』放送。 フジテレビのイベント「」にて「ウォーターボーイズショー」開催。 - - テレビドラマ『』放送。 「お台場冒険王」にて「ウォーターボーイズショー 2」開催。 2004年9月21日「第1回全国高校ウォーターボーイズ選手権」放送(優勝校は)。 2004年「あの感動がよみがえる! ウォーターボーイズ 2 完全密着130日! 涙と友情の最終回スペシャル!! 」放送。 2004年 - 映画『』公開。 ・ - テレビドラマ『』放送。 「お台場冒険王」にて「ウォーターボーイズショー 05」開催。 2005年「第2回全国高校ウォーターボーイズ選手権」放送(優勝校は鈴鹿工業高等専門学校)。 受賞歴 [ ] 作品賞• 第75回 日本映画ベストテン第8位• 第56回 日本映画優秀賞• 第44回 日本映画ベストテン• 第23回 日本映画ベストテン第2位• 優秀作品賞 個人賞• 第25回 日本アカデミー賞• 優秀監督賞・優秀脚本賞()• 優秀主演男優賞・新人俳優賞()• 最優秀音樂賞(・)• 優秀録音賞()• 優秀編集賞()• 第39回 映画新人賞(妻夫木聡)• (旧:、)• 唯野高等学校の校舎、桜木女子高校のプール• 唯野高校のプール• 、、、市内店舗等• 榛原郡• (旧:榛原郡)• ・ サウンドトラック [ ]• 2001年8月22日発売、、UPCH-1096• 音楽:・冷水ひとみ・田尻光隆 etc シンクロで使用された曲 [ ]• DIAMOND HEAD()• 歌劇「」より ()• あなたのとりこ()• オンリー・ユー()• ()- エンディング曲としても使用 出版 [ ]• MAKING OF WATER BOYS(2003年・)• MAKING OF WATER BOYS 2(2004年・ワニブックス)• ウォーターボーイズ・オフィシャルブック(2004年・)• 『映画監督はサービス業です。 テレビドラマ [ ] 『 』と題して、系で2003年7月1日から9月9日まで放送された。 続いて『 』が2004年7月6日から9月21日まで、『 』が2005年8月19日と20日に放送された。 インタビュアー:. 2018年5月11日閲覧。 関連項目 [ ]• - 同監督の作品• - 同じプロデューサーチームの作品• - 同じプロデューサーチームの作品• - 同じプロデューサーチームの作品• - 同コンセプトの作品• - プロデューサー• - プロデューサー• - 男性シンクロチームの活躍を描いた映画• - 男性シンクロチームの活躍を描いた映画 外部リンク [ ]• - WEB 資料室• シンクロコーチ不破央らによるシンクロチーム• - (英語)• - (英語).

次の

ウォーターボーイズ

杉浦太陽 ウォーターボーイズ

解説 ひょんなことから、文化祭でシンクロナイズドスイミングを発表することになってしまった男子高校生たちの奮闘と友情を描いた青春コメディ。 監督・脚本は「アドレナリンドライブ」の矢口史靖。 撮影監督に「藤田六郎兵衛・笛の世界」の長田勇市があたっている。 主演は、「富江 re-birth」の妻夫木聡、「X'mas eve」の玉木宏、『太陽は沈まない』の三浦哲郎、『仮面ライダーアギト』の近藤公園、「死者の学園祭」の金子貴俊。 第75回本誌日本映画ベストテン第8位、第56回毎日映画コンクール日本映画優秀賞、第44回ブルーリボン賞ベストテン、第23回ヨコハマ映画祭第2位、日本映画ペンクラブ会員選出5位、第25回日本アカデミー賞最優秀音楽賞&新人俳優賞(妻夫木聡)ほか(優秀作品賞、優秀監督賞、優秀脚本賞、優秀男優賞(妻夫木聡)、優秀編集賞、優秀録音賞)受賞、ゴールデンアロー賞映画新人賞(妻夫木聡)受賞、第11回日本プロフェッショナル大賞特別賞受賞、日本芸術文化振興会芸術団体等基盤整備事業作品。 2001年製作/91分/日本 配給:東宝 ストーリー 廃部寸前の唯野男子高校水泳部。 部員は、根性無しの3年・鈴木ただひとり。 ところが、そんな水泳部の顧問に美人新任教師の佐久間先生が就任したことから、たちまち部員が28人に膨れ上がったが、佐久間先生の目的は男子のシンクロナイズドスイミング部を作ることだったのだ! 結局、残ったのは鈴木と、いい加減な性格の元バスケ部の佐藤、ガリガリのダンス少年・太田、秀才だがカナヅチの金沢、なよっちい早乙女の5人。 しかも、佐久間先生が勝手に文化祭に参加することを申請してしまった為に、彼らは後に引けなくなってしまう。 そんな矢先、頼りの佐久間先生が突然の産休。 これ幸いと5人は文化祭参加を辞退しようとするが、周囲の陰口に鈴木が奮起。 夏休み、水族館のイルカショウの調教師・磯村の厳しい(?)指導の下、5人の合宿が始まった。 新学期に入ると、5人のことがテレビで話題になって部員の数も増え、彼らは本格的な練習に入る。 しかし文化祭前日、学校で小火騒ぎが発生。 プールの水が消火に使われて、注水に時間を取られてしまう。 このままでは、発表会の時間に間に合わない。 その時、近所の桜木女子高校の文化祭委員が特別にプールを貸してくれると申し出てくれた。 こうして、沢山の観衆が見守る中、ウォーターボーイズたちは見事な演技を披露することに成功するのであった。 2.矢口史靖監督のプロットが冴え渡っているなあ・・、とシミジミ・・。 ・釣り堀プールからの、金魚掬いシーン。 そしてそのまま、水族館でアルバイトの流れ。 (大袈裟かな?) <矢口史靖監督の練り込まれた脚本の凄さを再認識するとともに、公開当時に全く気が付かなかった事が、沢山盛り込まれていた作品。 男子高校生達が「シンクロナイズドスイミングをやろう!」と言った時点で完全にギャグです(非現実です)。 「お馬鹿、青春スポーツコメディー」 といった映画。 童貞卒業、女子更衣室を覗く・・・・・・・といったH系はなし。 5人のダメダメくんたちが、高校生 最期の夏に、晴れの舞台でシンクロナイズドスイミングをやって人気者になるストーリー。

次の