背景 透過 パソコン。 【背景透過】これはすごい!!一瞬で背景を透過できる♪ 魔法のようなツール(フリーソフト)

【背景透過】これはすごい!!一瞬で背景を透過できる♪ 魔法のようなツール(フリーソフト)

背景 透過 パソコン

こちらのページの割と下の方に、 このように、 好みに応じてダウンロードできるリンクがあります。 私は 【単体版】手軽に透明png 1. 164bit版 をクリックしてダウンロードしました。 zip というファイルがダウンロードされるので、任意の場所に 解凍します。 exe というファイルがあります。 インストールというか、ダウンロードして解凍したらすぐに使えるようになりました! ロゴ画像の背景を透過してみる 手軽に透明png. exe をダブルクリックして起動します。 このような画面になります。 透過したい画像を ドラッグ&ドロップするか、 ファイル>開く でファイルを開きます。 この画像の 背景にある白の部分を透過したいです。 そのためには、 塗りつぶしモード をクリックした状態で、 透過したい部分をクリック、 すると 背景が透過されました。 このソフトの優れたところはこれを フィニッシュ ボタンをクリックすることで、 縁のギザギザをきれいに取ってくれるところです!! あとは、 ファイル>名前を付けて保存 をクリックして、任意の名前を付けてPNGファイルを保存します。 とっても簡単にきれいに透過することができました。 写真の背景を透明化してみる たとえば こんな感じの jpeg写真の背景を透明化する方法です。 背景は 茶色ですが1色ではないので先ほどの塗りつぶしをしても、 ほとんど透明化されません。 そこで、 誤差許容度 をいろいろ変えてみて、 ある程度おおざっぱに透明化されるようにしてみます。 この場合、 誤差許容度を 41 にして、 塗りつぶし をクリックするとこのぐらいの範囲が透明になります。 あとは、 このように 大きく残っているところをクリックしていって このぐらい消します。 これ以上クリックして消すのは面倒なので、 色選択モード をクリックして、 残っている部分をクリックします。 すると、 1回のクリックでだいたいこのぐらい消えます。 残っている濃い色の部分をクリックすると、 ほぼだいたい透明化できた気がします。 背景模様を 緑にして見てみると、 まだ若干残っている感じがするので、 拡大倍率 を 300% にして 消しゴム を使って、 消していきます。 最後に、 フィニッシュ をクリックして 縁のギザギザもきれいになりました。 透過するだけ!というこの 専門のソフトなら透過する!という単一の機能だけなので適当にボタンを選んで使うだけで簡単に、背景を透過させることができます。

次の

PDFファイルに変換すると印影の背景が透過されない

背景 透過 パソコン

スポンサードリンク エクセルで画像の背景の透過 エクセルで写真や画像を挿入できますが、その 挿入した写真や画像の背景を透過して透明にしたい場合あります。 挿入した写真や画像の背景を透過して透明にする方法です。 調べたのでメモしておきます。 透過の設定で下図のように画像の背景が透過するようになります。 画像の背景の透過設定 画像の背景の透過設定方法ですが、 2種類あります。 1つ目のやり方は、簡単にできますが、うまく背景が透過にならない場合あります。 2つ目のやり方は、少し手間がありますが、1つ目で透過できない場合も透過するよう設定できます。 1つ目:背景の透過色を設定する 2つ目:背景の削除を設定する 1つ目のやり方:背景の透過色の設定 1.挿入した 画像をクリックして選択状態にし、メニューの 「書式」タブをクリック。 2.「書式」タブの中の 「色」をクリック。 3.表示したメニューで 「透過色を指定」をクリック 4. 画像の背景部分をクリックして、透過色を設定します。 5.画像の背景部分を透過色に指定した結果です。 背景は透過できましたが、背景の色と若干異なる影の部分が残りました。 背景と影の部分、すべて透過したい場合は、2つ目のやり方を試してください。 2つ目のやり方:背景の削除を設定する 1.挿入した 画像をクリックして選択状態にし、メニューの 「書式」タブをクリック。 2.「書式」タブの中の 「背景の削除」をクリック 3.下図のようになり、 「赤紫の部分」が透過になる部分です。 表示する範囲 保持する領域 を マウスで大きさを調節します。 範囲を調整したら「背景の削除」タブの 「変更を保持」をクリック 4.背景の削除した結果になります。 画像の背景が透過になりました。 背景を削除する部分の追加 2つ目のやり方で、 背景を削除する部分を追加する手順です。 例えば、画像の金魚鉢の中の「水草」を透過する設定してみます。 1.「背景の削除」タブの 「削除する領域としてマーク」をクリックして、画像の「水草」部分をクリックします。 2.「削除する領域としてマーク」で、「水草」をクリックすると、「丸の-」記号が付きます。 1つのマークでは透過設定の「赤紫色」にならない場合あるので、「水草」部分をいくつかクリックして、マークを付けます。 3.3つマークを付けて、「赤紫色」になりました。 同様にして隣の水草もマークをつけて「赤紫色」にします。 最後に、「背景の削除」タブの 「変更を保持」をクリックします。 4.「水草」部分が、透過になりました。 画像の下にある青の図形をずらしました。 「水草」部分が透過になっています。 画像背景の透過の設定例1 2つ目のやり方で、画像の背景の透過設定の例1です。 左側は、元画像。 右側の画像の背景を透過設定します。 1.表示する範囲 保持する領域 を調節して、犬全体にします。 2.犬の手のあたりが、透過設定の「赤紫色」でないので、「削除する領域としてマーク」で、透過設定を追加します。 3.その他に、犬のお腹のあたりが、「赤紫色」の透過設定になっているので「保持する領域としてマーク」で透過しないようマーク(丸の+)します。 透過の設定を追加、解除した結果が、下図です。 最後に「変更を保持」をクリック。 4.透過の設定した結果です。 画像背景の透過の設定例2 印鑑の画像を透過設定する例です。 右側の画像の背景を透過設定します。 1.「背景の削除」設定したところ、「赤紫色」部分がうまく設定がされていないので、手動でマークを追加して透過設定します。 2.印鑑画像の白い部分を透過設定の「赤紫色」にするため、「削除する領域としてマーク」の「丸のー」マークします。 表示したい印鑑の赤い部分を、「保持する領域としてマーク」の「丸の+」マークをしていきます。 3.マーク追加終わり、透過設定の「赤紫色」部分が下図のようになりました。 最後に「変更を保持」をクリック。 4.透過設定の結果です。 透過設定されています。 印鑑の画像の下にある青色の図形をずらしました。 印鑑の画像の背景が透過しています。

次の

2/3 背景を透明化するフリーソフト「Giam」 [パソコンソフト] All About

背景 透過 パソコン

スポンサードリンク エクセルで画像の背景の透過 エクセルで写真や画像を挿入できますが、その 挿入した写真や画像の背景を透過して透明にしたい場合あります。 挿入した写真や画像の背景を透過して透明にする方法です。 調べたのでメモしておきます。 透過の設定で下図のように画像の背景が透過するようになります。 画像の背景の透過設定 画像の背景の透過設定方法ですが、 2種類あります。 1つ目のやり方は、簡単にできますが、うまく背景が透過にならない場合あります。 2つ目のやり方は、少し手間がありますが、1つ目で透過できない場合も透過するよう設定できます。 1つ目:背景の透過色を設定する 2つ目:背景の削除を設定する 1つ目のやり方:背景の透過色の設定 1.挿入した 画像をクリックして選択状態にし、メニューの 「書式」タブをクリック。 2.「書式」タブの中の 「色」をクリック。 3.表示したメニューで 「透過色を指定」をクリック 4. 画像の背景部分をクリックして、透過色を設定します。 5.画像の背景部分を透過色に指定した結果です。 背景は透過できましたが、背景の色と若干異なる影の部分が残りました。 背景と影の部分、すべて透過したい場合は、2つ目のやり方を試してください。 2つ目のやり方:背景の削除を設定する 1.挿入した 画像をクリックして選択状態にし、メニューの 「書式」タブをクリック。 2.「書式」タブの中の 「背景の削除」をクリック 3.下図のようになり、 「赤紫の部分」が透過になる部分です。 表示する範囲 保持する領域 を マウスで大きさを調節します。 範囲を調整したら「背景の削除」タブの 「変更を保持」をクリック 4.背景の削除した結果になります。 画像の背景が透過になりました。 背景を削除する部分の追加 2つ目のやり方で、 背景を削除する部分を追加する手順です。 例えば、画像の金魚鉢の中の「水草」を透過する設定してみます。 1.「背景の削除」タブの 「削除する領域としてマーク」をクリックして、画像の「水草」部分をクリックします。 2.「削除する領域としてマーク」で、「水草」をクリックすると、「丸の-」記号が付きます。 1つのマークでは透過設定の「赤紫色」にならない場合あるので、「水草」部分をいくつかクリックして、マークを付けます。 3.3つマークを付けて、「赤紫色」になりました。 同様にして隣の水草もマークをつけて「赤紫色」にします。 最後に、「背景の削除」タブの 「変更を保持」をクリックします。 4.「水草」部分が、透過になりました。 画像の下にある青の図形をずらしました。 「水草」部分が透過になっています。 画像背景の透過の設定例1 2つ目のやり方で、画像の背景の透過設定の例1です。 左側は、元画像。 右側の画像の背景を透過設定します。 1.表示する範囲 保持する領域 を調節して、犬全体にします。 2.犬の手のあたりが、透過設定の「赤紫色」でないので、「削除する領域としてマーク」で、透過設定を追加します。 3.その他に、犬のお腹のあたりが、「赤紫色」の透過設定になっているので「保持する領域としてマーク」で透過しないようマーク(丸の+)します。 透過の設定を追加、解除した結果が、下図です。 最後に「変更を保持」をクリック。 4.透過の設定した結果です。 画像背景の透過の設定例2 印鑑の画像を透過設定する例です。 右側の画像の背景を透過設定します。 1.「背景の削除」設定したところ、「赤紫色」部分がうまく設定がされていないので、手動でマークを追加して透過設定します。 2.印鑑画像の白い部分を透過設定の「赤紫色」にするため、「削除する領域としてマーク」の「丸のー」マークします。 表示したい印鑑の赤い部分を、「保持する領域としてマーク」の「丸の+」マークをしていきます。 3.マーク追加終わり、透過設定の「赤紫色」部分が下図のようになりました。 最後に「変更を保持」をクリック。 4.透過設定の結果です。 透過設定されています。 印鑑の画像の下にある青色の図形をずらしました。 印鑑の画像の背景が透過しています。

次の