オスグット シュラッター。 ●膝関節疾患の番外編 ~オスグットシュラッター病について~

オスグット病の診断|画像診断・病期分類・鑑別診断を細かく解説! 目指せスポーツドクター目指せスポーツドクター

オスグット シュラッター

オスグッド・シュラッター病とは? オスグッドは10代前半の子供に見られる膝の障害で、主にスポーツをやっている方に多いです。 基本的にはオーバーユースと言われていて、ジャンプやキック動作など、大腿四頭筋に負担のかかるスポーツをやっていると発症します。 競技的にはサッカーやバスケット、バレーボールなどに多いですが、膝や太もも周りに負担のかかる競技であれば、どなたでも発症する可能性があると言えます。 私もサッカーをやっていたのでオスグッドになっていましたが、周りでも半数くらいは膝に痛みを抱えていたため、結構よく見られるスポーツ障害ではないかと思います。 オスグッドの原因や症状に関しては、こちらのページで詳しくまとめてありますので参考にしてみてください。 オスグットの治し方とは? オスグットを改善させる際には、いくつか大切なポイントがありますので、解説したいと思います。 大腿四頭筋の柔軟性を改善させる オスグッドを改善させるには、やはり大腿四頭筋の柔軟性を取り戻す事が大切です。 ここが柔らかくなってくれれば、膝下を引っ張る力も弱くなりますので、症状は自然と緩和されていきます。 緩める方法としては、個人で行うならもも前のストレッチで良いと思いますが、これだけではなかなか緩んでくれないのが、オスグットの大変な所です。 疲労で固くなっているだけでしたら、すぐに筋肉は回復するのですが、運動のし過ぎだったり、腰や骨盤、もも周りの神経にまで影響が出ている方は、問題が複雑になっている可能性があります。 もし自分でケアしても柔軟性が改善されないなら、簡単な問題ではありませんので、自分でどうこうするより、一度当院にご相談ください。 腰の歪みを整える 腰の歪みも、オスグットの症状を回復させるための重要ポイントですので、忘れずにチェックしておきましょう。 腰は基本的には、適度に歩いて体の柔軟性を保っておけば、そこまでひどくなる事はありません。 ですが、日頃から座り過ぎが多かったり、体の使い方や姿勢の悪い方は、かなり腰が歪んでいると思われますので、注意する必要があります。 個人で出来る事としては、こちらのページにまとめてありますので、合わせて参考にしてみてください。 施術で腰を整えるときは、関節がどのように歪んでいるのか、股関節や下半身の筋膜はどう影響しているのかなどを見ながら、時間をかけて把握していきます。 太ももの負担を減らそう 太ももの負担を減らす方法としては、一つは運動量を減らすことです。 これはどのようなスポーツをやっているかにもよるのですが、やっている競技自体が太ももに負担をかけるようなら、練習はセーブしないといけませ。 また、トレーニングで大腿部を鍛えるようなものがあるなら、オスグットになっている時は症状の悪化に直接つながりますので、今は止めておいた方が良いです。 実際、中学生くらいまでは筋力を鍛えるよりも、コーディネーション能力を高めた方が良いと思いますので、周りが筋トレをしているからと言っても、無理する必要はありません。 コーディネーション能力とは、目や耳などから入ってきた情報を、脳で処理して瞬時に体に適切な指示を出し、動かす能力のこと。 もう一つが、テーピングやバンドなどを使用して、膝にかかる負担を減らす方法です。 オスグットは膝の曲げ伸ばしを繰り返していると、どうしても脛骨に負担がかかります。 テーピングを使用して、少しでも負担が減ってくれれば、膝を引っ張る力も弱まりますので、症状の改善に役立つのです。 また、今はオスグッドやジャンパー膝用のバンドも販売されていますので、合わせて使用を検討してみると良いと思います。 体の使い方を見直そう スポーツをやっていると、どうしても自分なりの「癖」ができてしまいます。 これは仕方のない部分でもありますが、体の使い方に偏りが生まれてしまうと、足に対する負担が増大してしまいますので、注意が必要です。 特に片足に重心をかける事が多かったり、片側を多く使うようなスポーツの方は、それが体の習慣となっていますので、負担が均等にかからなくなります。 コンディションが良ければ、それでもなんとかなってしまうものですが、ちょっとでもバランスが崩れたりすると、影響を受けてしまうのです。 そのため、競技上どうしようもない方もいるかもしれませんが、オスグットを改善させる際は、体の状態を整えると同時に、使い方も修正してあげる必要があります。 1人で修正するのは難しいと思いますので、その際は指導してもらってる先生に確認したり、当院のような所にご相談いただければと思います。 オスグットにストレッチやマッサージは有効? ストレッチやマッサージには、筋肉を緩める効果があります。 これらを行うことによって、大腿四頭筋が緩んでくれれば、症状の緩和につながる可能性がありますので、有効な方法の一つではあります。 ですが、先程も少し書いた通り、基本的にオスグッドの症状がひどくなってしまった方は、簡単には筋肉が緩みません。 これだけで症状を改善させるのは難しいので、施術と併用しながら、症状を緩和させたり、予防や疲労を溜めないために行ってあげるのが良いかと思います。 実際にアプローチしていく際は、ただもも前をストレッチするだけでは効果が限定的ですので、足だけではなく、臀部や骨盤周りなど、広い範囲で行ってあげてください。 アイシングはやった方がいい? アイシングは日本整形外科学会のホームページでも、予防の手段として紹介されてます。 個人的には、そこまでアイシングを重要視していませんが、炎症を抑える作用がありますので、気になる時は行ってあげると良いと思います。 特に、オスグッドは脛骨粗面の部分に熱を持つことがありますので、症状がひどくなって炎症が起きているようなら、アイシングで冷やしてあげてください。 ただ、これだけでオスグッドを改善させるのは難しいと思いますので、合わせて体を整えたり、運動量のコントロールが必要になると思います。 よくあるご質問 大人でも膝下が痛くなる場合は? オスグッドは成長期の骨が引っ張られる事で起こりますので、基本的に子供にしか起こりません。 ですが、大人でもスポーツ等で足を酷使していると、膝下の骨の部分に痛みを引き起こしてしまうことがあるのです。 このような場合、成長期にオスグッドになっていた方は、オスグッドの後遺症として痛みが出ている場合があります。 そうではない方の場合は、オスグッドではなく、膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)と呼ばれるスポーツ障害の可能性があります。 膝蓋靭帯は膝のお皿から脛骨にくっついていますので、ジャンプ動作等で膝蓋靭帯が伸ばされると、骨が引っ張られてしまい、炎症を起こしてしまうのです。 トレーニングはどうすればいい? オスグッドの症状が出ていても、ある程度は体を動かす事ができるため、そのまま運動してしまう方もいるかもしれません。 ですが、太ももや膝に負担のかかる動作は、症状を悪化させますので、止めておいた方が賢明だと思います。 特に大腿四頭筋の筋肉トレーニングやジャンプ動作、キック動作などは、膝に直接負担をかけてしまいますので厳禁です。 再発してしまった場合は? オスグッドが一度良くなってから、再発してしまった場合は、今かかっている負担に対して、体が耐えきれなくなっている可能性があります。 まずは負担をコントロールする事が大切ですので、今行っている運動や日頃の生活状況から、何が膝にダメージを与えているのかを、分析してあげる必要があります。 それが運動による負荷だったら運動量をセーブしないといけませんし、座り過ぎが多くて腰に負担がかかっているなら、膝に悪影響が出ないように、腰の歪みを整えなくてはなりません。 また、同時に大腿四頭筋の柔軟性は失われている事が予想されますので、施術や自己ケアを行う事で、筋肉を緩めてあげる必要があります。

次の

オスグット病とは|発育期の膝の痛みを引き起こす原因とは? 目指せスポーツドクター目指せスポーツドクター

オスグット シュラッター

これは、そもそも成長痛という言葉の定義が明確に定められていない点もありますが、オスグッドは脛骨粗面への牽引が要因となって脛骨の一部が剥がれてしまったり、大きく隆起し変形してしまうことがあるれっきとした骨の障害であるためです。 オスグッドで子供が痛みを訴える場所は、膝のお皿 膝蓋骨 がある下の部分から脛の付着部位である脛骨粗面にかけての比較的狭いエリアが中心です。 炎症の症状によって痛みを感じる範囲は膝周り全体に及ぶケースもありますが、実際に炎症や骨の剥離、そして剥離した骨の遊離が発症するのは脛骨粗面から膝蓋骨にかけてのエリアであることをまず把握しておきましょう。 発症年齢に関しては男女差はありますが、男子の場合は16歳程度まで、女子の場合は14歳~15歳程度までの期間に9割以上の子供がオスグッド病の症状が治まり日常生活やスポーツ活動に復帰することが可能です。 しかし、オスグッドと成長痛は、その症状の発症原因から区別して認識する事が大切です。 成長痛は、現在の医学では明確に原因が解明されていない障害のひとつです。 【オスグッド病の発症原因】 オスグッド病の発症原因は、骨の成長と、筋肉などの組織の成長が関与していると考えられております。 【オスグッドバンドとは?】 小学生や中学生の男子のバレーボールやバスケットボール、サッカーなどの大会の会場では、オスグッド病を発症した子供が、膝の周りに特殊なバンドをはめて試合をしているケースをよく見かけます。 あのバンドはオスグッドバンドと呼ばれる装具で、大腿四頭筋と膝蓋腱の牽引作用の働きを提言させる効果をもつオスグッド専用の装具です。 【オスグッド病の症状の特徴】 オスグッド病を発症した歳の症状の特徴についてチェックしていきましょう。 オスグッド病の治療では基本的に手術療法を行う事はありません。 近年の医療では、できる限り幼少期における治療において手術療法は負担が大きいため保存療法や装具療法で治療をしていくのが基本となっているためです。 肩こり症は、医学的な正式名称ではありませんが、多くの人の悩みの原因である非常に多発する病気のひとつです。 【リハビリとストレッチのポイント】 オスグッドの治療、応急処置後の流れを順に見ていきましょう。 治療開始後炎症が治まり始めたら、軽いリハビリを開始します。 このリハビリ期には幾つかのポイントを抑えながら優先順位を明確に定めた上でリハビリを遂行していくことが大切です。 【指導者が把握すべきこと】 小学校や中学校のクラブ活動の顧問の方の場合は、この成長期に発症しやすい障害について正しい知識を把握しておくことは非常に大切です。 オスグッド病は症状を発症していても、骨折などと異なりある程度動くことも可能な疾患です。 その為、症状が激しく悪化してしまうまで、運動を継続させてしまうケースも考えられる範囲です。

次の

オスグッド・シュラッター病に対するリハビリテーションとは?

オスグット シュラッター

1.オスグッド・シュラッター病とは 骨がまだ成長していない10~15歳に多い疾患です。 膝のすぐ下にある脛骨粗面という部分に痛みや腫れ、骨隆起が認められジャンプやボールを蹴る動作で痛みが起こります。 放置していると脛骨粗面部の骨が剥離することもあります。 サッカーやバレー、バスケットボールなどの膝に負担のかかりやすい競技に多くみられます。 この部位に炎症が起こることによって痛みが起こります。 悪化すると安静時にも痛みがあります。 主にジャンプや蹴る動作、階段昇降時に痛みを感じやすいです。 3.オスグッド・シュラッター病の原因 ジャンプやボールを蹴るような、繰り返す膝の屈伸動作により脛骨粗面部に牽引力がかかります。 そのため炎症や骨軟骨の隆起や剥離などが起こります。 さらに、本疾患の好発年齢である10~15歳は骨がまだ成長しておらず、ほとんどが軟骨で出来ています。 そのため繰り返しの牽引力などの外力に弱いという特徴があります。 練習量の増加などの様々な要因が重なり本疾患が発症します。 これを尻上がり現象といいます。 オスグットシュラッター病以外の疾患でも陽性とこともあります。 原因となる動作やスポーツの中止を指導します。 ・アイシング 運動後は炎症部位を冷やします。 ・固定 膝の動きを制限するために包帯やテーピング、サポーターなどで軽度固定をします。 ・物理療法 低周波・温熱などの機器を用いて筋の弛緩を促します。 ・ストレッチ 炎症が強い初期にはストレッチはしません。 主に予防として太ももの前にある筋肉(大腿四頭筋)を伸ばします。 ・薬物療法 痛みが強い場合は炎症を抑える内服薬や注射をします。 その他にも塗り薬や湿布でも炎症を抑えるようにします。 シャワーなどで行う場合は冷えないように注意しましょう。 専門家の人に相談しましょう。 主に太ももの前にある大腿四頭筋という筋肉を伸ばします。 この筋肉の力はお皿を介して脛骨粗面部まで伝わります。 そのため太ももの前に突っ張った感じがある人はお風呂上りなどにストレッチを指導します。 7.オスグッド・シュラッター病の鑑別疾患 圧痛部位と症状や検査から診断は容易ですが、同じようなメカニズムで起こる疾患は多数あります。 症状が悪化している場合では剥離骨折の有無が重要となります。 これらの滑液包に炎症が起こると膝の周りに痛みが起こります。 別名膝蓋靭帯炎・大腿四頭筋腱炎と呼ばれます。 オスグットシュラッター病と同じメカニズムで起こりますが、骨には異常がなく腱や靭帯の炎症が主となります。 脛骨粗面の内側に付く3つの筋肉(半腱様筋・薄筋・縫工筋)の牽引力によって痛みが起こります。 脛骨粗面部よりやや内側に圧痛があります。 膝蓋骨の下端部に牽引力がかかり痛みが起こります。 こちらの疾患もメカニズムは同じです。 8.オスグッド・シュラッダー病の予後と後遺症 予後は良好です。 原因となる動作やスポーツの中止により自然治癒します。 しかし休息が足りなくなれば再発、または剥離骨折なども起こります。 骨化が完了する約18歳以降になれば痛みなども治まります。 JR環状線桜ノ宮駅より徒歩8分。 東洋医学を正しく研究・理解・実践・普及し、世界を治す。 219• 142•

次の