ありがたい限り 類語。 「ありがたい」を上司に使う場合の敬語表現【ビジネスマナー】

有り難いお言葉の使い方|ありがたいお言葉への御礼の返し方

ありがたい限り 類語

「ありがたい」とは?意味や漢字は? 「ありがたい」とは感謝の気持ちを持っている状態を意味する 「ありがたい」とは感謝の気持ちを持っている状態を意味します。 コミュニケーションにおいて感謝の気持ちを相手に対して表すことは、良好な関係性を築くことに繋がります。 「ありがたい」という言葉を使いこなすことで、様々な人とのコミュニケーションが良い形で取れるようになることでしょう。 人が誰かから感謝されるということは、多くの人が生き甲斐の一つだと言えるかもしれません。 家族が感謝してくれる、恋人が感謝してくれる、友達が感謝してくれる、同僚が感謝してくれるということが生きるモチベーションに繋がっているはずです。 それを形に表すのが「ありがたい」という言葉なのです。 「ありがたい」の漢字は「有難い」 「ありがたい」の漢字は「有難い」と書きます。 これは「想像できない」という意味合いから、受けた行いに対して「想像ができないくらいうれしい」ということを表している表現になっているのです。 だからこそ漢字では「有難い」と書き、それが感謝を表す言葉として使われるようになったのです。 ちなみに現代においても「有難い」という漢字の表現も決して間違いではないのですが、何か漢字で書く特別な意図がない限りは基本的にひらがなで「ありがたい」と表記するのが一般的になっています。 もしもビジネスにおける書類に漢字で記すと修正を受ける可能性が高くなっているので基本的にはひらがなで書きましょう。 この表現については感謝の気持ちが強い時に使われる表現になります。 そのため、あまりに多用すると感謝の気持ちが伝わらなくなってしまうリスクがありますので、ここぞという時だけの使用に留めましょう。 感謝の気持ちの度合いだけで言えば「有難い限りです」という表現は最上級の言葉になります。 そのためここぞという時に「ありがたい限りです」を使うと深い感謝の気持ちが伝わりやすい表現です。 ここから感謝の気持ちを伝える他のワードのパターンも紹介していきますのでそちらも参考にしながら使い分けていってください。 ここまで期待を裏切り続けてきた私に対してこんなにも温かくアドバイスをいただけるなどと思ってもいませんでした。 本当に有難きお言葉です。 今後はご期待に添えますように心を入れ替えて精進して参ります。 この言い回しは先述の2つの比べると非常に使いやすい言い回しです。 ビジネスのシーンにおいては使わない日がないくらいの表現かもしれません。 ビジネスにおいて多用されている非常に重要な表現と言えます。 ビジネスにおいて「ありがたく存じます」という言葉は依頼事項の後に使う表現になります。 似たような表現には「幸いでございます」という表現がありますが、ビジネスメールにおいては依頼をするシーンは非常に多くなっているので使う機会は断然多くなります。 ビジネスに欠かせない表現になるので覚えておきましょう。 明日までにご返信いただけましたらありがたく存じます。 ご多忙のところ恐縮ではございますが、何卒よろしくお願いいたします。 この言い回しは、いい提案をもらった時の返答として使う言葉になります。 例えばビジネスパーソンとして引き抜きの話を受けて好条件をいただいた時の返答として使うことは十分にあり得る表現です。 この言い回しは前向きなニュアンスを感じさせる表現ではあるものの、はっきりと「YES」を相手に伝えない点で非常に使い勝手のいい言葉になります。 例文のように返事を保留したい時に相手方のメンツを潰さないようにうまく切り抜けるために使うこともできます。 覚えておくといつか役に立つ表現です。 私のようなものをお誘いいただくなんて、本当にありがたいお話です。 今の会社も20年勤めていますので、そちらにも筋を通したいので来週にもう一度お話できたらうれしいです。 この言葉はその場に身を置いている状態で使うのではなく、一旦その場を離れて振り返った時や、第三者的に、客観的な視点で見る時に使う言葉になります。 比較的使用頻度が高い表現であると言えます。 「ありがたいことです」という言い回しも「ありがたい言葉です」という言い回しと同じように、その話に関して完全に肯定している表現ではありません。 しかしながらポジティブなニュアンスをしっかり出しつつも冷静な視点を残している表現になりますので、賢明なビジネスパーソンであれば駆使したい表現になります。 この度はプロジェクトを無事完遂させることができました。 これもひとえに関係者各位の努力の賜物と認識しております。 厚く御礼申し上げます。 この表現は「ありがたく存じます」という表現と同じように使える表現であり、ビジネスのシーンにおいてよく見かける言い回しです。 取引先や目上の方に何かを依頼する際に「お願いいたします」と言い切るよりも「お願いできましたら幸いでございます」とワンクッション置くことで柔らかく感じる言い回しになりますので、相手方も気持ちよく依頼を引き受けることができるでしょう。 お忙しい中恐れ入りますが、本日中に資料のご共有をいただけましたら幸いでございます。 未完成でもかまいませんので一度資料の方を確認いたしたく存じます。 何卒、よろしくお願いいたします。 感謝の気持ちを示す文章を作る際には、微妙な表現の違いを言い換え表現も駆使しながら出すことができます。 「ありがたい」という言葉だけでは表現できないものを相手に伝えることができるようになるのです。 「ありがたい」という言葉を文章の中で繰り返すことで、語彙力の不足が露呈した感謝の気持ちが伝わらない文章だと相手方が感じてしまう可能性があります。 せっかくメッセージを送ってもそうなってしまっては本末転倒です。 「先日の件に関してとてもありがたい気持ちで一杯です。 どんなに素敵な文章で感謝を述べたとしても、気持ちが込められていなければ、その文章で相手方に感謝が伝わることはないでしょう。 感謝を伝えるにはまずは気持ちが一番大切です。 それに類語や言い換え表現も含めた言葉遣いのテクニックが伴えばスマートに気持ちを伝えることができるのです。 下記の関連記事も参考になるかと思いますので、この記事と併せて参考にしてみてください。

次の

「ありがたい」を敬語で使うには?ビジネスメールに便利な類語も紹介

ありがたい限り 類語

日常生活において、「ありがたい」や「助かります」は、絶対に使用してはいけない言葉ではありません。 相手によっては、良い印象を受ける場合もあります。 しかし、ビジネスシーンにおいては、注意が必要です。 敬語には、尊敬語、丁寧語、謙譲語の三つがあります。 この三つを上手く使いこなせる人こそ、人間関係を円滑にできること間違いなしです。 正しく敬語を使って、より仕事ができる人になりましょう。 フォーマルなイメージではない 「ありがたい」とは、良い事や物に恵まれて感謝したい気持ちです。 感謝の気持ちを表すのには十分だと考える方もいるでしょう。 それでは、「ありがたい」を丁寧語の「ありがたいです」にしてみましょう。 「ありがたいです」は受け取る側が上司や先輩のときは、違和感を感じさせてしまう場合があります。 敬語表現として「ありがたい」が、くだけすぎているからです。 他の言葉と一緒に使うなら問題なし 「ありがたい」を文末に使用するケースが増えています。 本来「ありがたい」は形容詞なので、後に「お言葉」や「お気持ち」などをつけて使用すると良いでしょう。 「ありがたい」をそのまま文末に使用すると、とてもくだけた表現になってしまい、相手に不快感を与えてしまう恐れがあります。 敬語表現として、「ありがたい」は本来はふさわしくないからです。 「ありがたい」と伝えたい時の敬語表現6つ 「〇〇さんのおかげです」と伝えることで、「ありがたい」の気持ちを相手にわかってもらうことができます。 「〇〇さんのおかげです」のおかげは、「お陰」と書き、神仏や人から受けた恩恵の意味があります。 敬語で大切なのは、円滑な人間関係を築くためのコミュニケーションツールであることを心がけることです。 「〇〇さんのおかげです」と口にすることで、「ありがたい」気持ちを素直に伝えることが可能となります。 表現2:ありがとうございます 「ありがたい」気持ちを伝えるとき、素直に「ありがとうございます」と言うことも大切です。 ・~していただいたおかげで無事に完了致しました。 本当にありがとうございます。 ・~していただき、本当にありがとうございます。 ・新規取引にあたり、多大なお力添えをいただきまして、誠にありがとうございます。 ありがとうございました。 表現3:感謝の気持ちでいっぱいです 「ありがたい」の言い換え表現に、「感謝の気持ちでいっぱいです」があります。 「~していただき、感謝の気持ちでいっぱいです。 」などと使うことができ、「ありがたい」という気持ちをストレートに伝えることができます。 言葉によるコミュニケーションは、人間関係を円滑にするためにはなくてはならないですが、使い方を間違えると、相手を不快にしてしまうことがあります。 言葉の意味を正しく理解して使うことが必要でしょう。 表現4:幸甚に存じます 幸甚は「こうじん」と読み、非常に幸いであるという意味です。 「甚」は「はなはだしい」とも読み、たいへん・非常にという意味があります。 プライベートな会話ではなく、ビジネス文書などによく使われる言葉です。 「ありがたい」と伝えたい場面で使われることが多いでしょう。 例えば、「セミナーにご参加いただけましたら、幸甚です。 」と使うことで、とても改まった印象になります。 表現5:恐れ多いです 「恐れ多いです」は「ありがたい」気持ちを伝えたいときにも使えるたいへん便利な言葉です。 「恐れ多いです」とは、身に過ぎたことで、恐縮する気持ちをあらわすフレーズです。 例えば、「会長に直接いらしていただけるとは、恐れ多いことです。 」と使うことができます。 表現6:お礼申し上げます 「お礼申し上げます」は「ありがたい」気持ちを丁寧に伝えたい時に使うとよいフレーズです。 「お礼申し上げます」とは、相手に感謝の意を伝える・お礼を言うことです。 例えば、何かを手伝っていただいたお礼の言葉として、「~していただき、お礼申し上げます。 」と使うことができます。 敬語を正しく話したいあなたにおすすめの本 「すべらない敬語」は「ありがたい」の敬語表現などを正しく話せるように、的確なアドバイスをしてくれる1冊です。 要人でも敬語の使い方ひとつで敬遠されたり、敬語を使わなくても愛される人もいます。 おのおのが立場をわきまえ、適切な敬語を使うことが人から好かれるきっかけになることを、この本が教えてくれています。 敬語は正しく使用して初めて、相手との距離を縮めることができます。 この本でそれを学んでいきましょう。 ビジネスメールで「ありがたい」を使用する際、どのような敬語表現にするのがよいのでしょうか。 以下の例文を参考にしてみてください。 「お土産をいただき、お心遣いに感謝いたします。 」、「この度は迅速な手配に、心よりお礼申し上げます」など、かしこまった文章で送ると印象がよいでしょう。 状況2:手紙 手紙で「ありがたい」を敬語表現で伝えたいときは、あまりかしこまらずに、相手に合った言葉遣いで書きましょう。 「ありがたい」を伝える手紙は、メールと同じ要領で綴っていきます。 目上の人には、かしこまった挨拶の次に「ありがたい」の敬語表現を続けます。 友人・同僚には日頃の話言葉でかまわないでしょう。 「ありがたい」気持ちを伝える機会が遅れたら、そのお詫びの言葉を書き添える気遣いも忘れないようにしてください。 状況3:目上の人・取引先に直接 「ありがたい」はくだけた場など、状況によっては使える時もありますが、目上の人や取引先に使用するのは避けた方がよいでしょう。 「ありがたい」は文末ではなく、文の途中もしくは後ろに名詞を付けると使用可能になります。 例えば、「私の企画を採用していただきましたこと、ありがたく、心より感謝いたします。 」、「貴社からのご厚意、ありがたくお受けさせていただきます。 」などと使うことができます。 「ありがたい」の敬語表現で感謝を伝えよう そもそも、ありがたいとは「枕草子」の「ありがたきもの」では、過ごしにくいといった意味で用いられています。 しかし、中世になり仏の慈悲など貴重で得難いものを自分は得ているということから、宗教的な感謝の気持ちをいうようになり、近世以降、感謝の意味として一般に広がりました。 感謝の伝え方はさまざまです。 その場その場の状況に合わせて、適切で心のこもった敬語表現で「ありがたい」と感謝の気持ちを伝えましょう。 謝意を表明したい時の敬語表現 「ありがたい」などの感謝の気持ちではなく、迷惑や不利益を掛けたことをお詫びするために、謝意を表明したい時の敬語表現もさまざまあります。 謝意を表明したい時は、「ごめんなさい」「すみません」などの軽い表現ではなく、「申し訳ありませんでした」などかしこまったフレーズを使いましょう。 例えば「御社に多大なご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございませんでした。 」、「この度の不手際を陳謝いたします。 」などがあります。

次の

「有り難い」の意味と使い方・敬語・類語・語源・反対語

ありがたい限り 類語

気になる項目をクリック• 1.「助かります」は目上の人には失礼 仕事を助けてもらった時によく使う「助かります」という言葉を、相手の年齢に関係なく使っていないでしょうか。 一見失礼ではないようにも感じられますが、どういった場合に使うべき言葉なのか、詳しく見ていきましょう。 1-1.「助かります」は丁寧語なので目上の人には失礼 「助かります」は「助かる」の丁寧語です。 丁寧語は聞き手に対してに述べる敬語で、相手に対して敬意を表して話すときに使われます。 そのため、「助かります」を普通に会話で丁寧に話すときに使うのは問題ありませんが、 自分より立場の高い 目上の 方や上司に対して使うことは失礼です。 「助かります」は自分と同位である人、もしくは目下の人と会話をする際に使うようにしましょう。• thank you:人に対して感謝する• appreciate:行為に対して感謝する(thank youより丁寧)。 依頼にも使える 感謝の「助かります」には「thank you」と「appreciat」のどちらも使うことが可能です。 依頼の「助かります」に使えるのは「appreciate」だけです。 では順に見ていきましょう。 5-1.感謝:thank you、appreciate thankは人に感謝する表現なので、必ずyou(あなた)やhe(彼)などの人をつけて「thank+人」の形で使います。 また、感謝の内容を表現したいときは「thank+人 for+内容」と人のあとに「for+内容」をつけます。 (アドバイスしていただけると助かります。 ) まとめ ついビジネスの場で使ってしまいがちな「助かります」は、丁寧語ですが目上の方や上司に対しては失礼になります。 お礼を言う場合には、「ありがとうございました」「御礼申し上げます」「心より感謝申し上げます」を使います。 相手に対して依頼する場合には、「幸いです」「お願いできますでしょうか」「していただけないでしょうか」「幸甚に存じます」を使いましょう。 また上司に「助かったよ!」と言われたときに、どう返事をすればいいのか思い浮かばず、笑って済ませたりしてしまいがちです。 この場合には、御礼の場合は「とんでもございません」、依頼された場合は「かしこまりました」が正しい返事です。 相手のことを敬う場合には、「助かります」は安易に使わないように注意しましょう。

次の