土 アビ上限。 【グラブル】リミテッドレオナ(SSR/土属性)のキャラクター性能情報&評価、全体的にクリティカル特化の印象、2アビはカイムでコピーも可能、リミ武器「八幡薙刀」は進境(大)、神威(中)!

【グラブル】カイムのサポアビは終末4凸マグナでも強いのか?

土 アビ上限

タイム・オン・ターゲット編成の組み方 編成キャラを銃or弓得意で統一する タイム・オン・ターゲットはパーティー内の銃・弓得意キャラの数によって攻撃回数が変化します。 数が多ければ多いほど攻撃回数が増えます。 銃・弓得意キャラが1人もいない場合 サブも含めて銃・弓得意キャラが1人もいない場合は攻撃回数は1回のみでダメージも100万程度しか与えられないが・・・ パーティー全員を銃or弓得意キャラにすると 攻撃回数が6回に増えてダメージが6倍に増えます。 サブ枠も含めて銃or弓得意で統一させる必要あり サブ枠の1人を銃得意のマリーから銃or弓得意でないキャラに変えると・・・ 攻撃回数が1回分減ってしまいます。 強化アビを持たない銃or弓得意キャラを編成しよう タイム・オン・ターゲット編成はフルオート機能を使って自動でアビリティを発動させることで快適にイベントを周回することができます。 アビ1発でVHボスを倒せるのでと違って奥義硬直の影響を受けないのが最大のメリット。 フルオートのアビ使用の優先順位は 1. 強化アビリティ(黄色) 2. 弱体アビリティ(青色) 3. 攻撃アビリティ(赤色) となっており、「タイム・オン・ターゲット」は 弱体アビリティ枠なので、 強化アビリティを持たない銃or弓得意キャラを編成することで 開幕にタイム・オン・ターゲットを自動発動させることができるようになります(フルオート使用時) 強化アビを持たない銃or弓得意キャラであればRキャラやSRキャラでも問題ありません。 対象選択タイプの強化アビ持ちキャラなら編成してもOK 例えば黒騎士(銃得意)のような対象選択タイプの強化アビリティ持ちであれば編成しても問題ありません(フルオートで発動しない為) ハウンドドッグのLB タイムオンターゲットのダメージを上げるためにアビリティダメージの2枠に振って、さらにランク230で取得できるアビダメ上限アップも欲しいところ。 ランク275で取れる2つ目のアビダメ上限アップまではなくても大丈夫だと思います(私自身もまだそこまでランク上がっていません) スポンサーリンク VHワンパンに必要な装備(マグナ) アビ上限装備が重要 アビ上限が非常に重要になってくるので、アビ上限付きのオメガか終末はほぼ必須。 ハウンドは銃得意なので渾身・アビ上限のオメガ銃が一番理想だが、武器種に関しては剣や槍など銃以外でも妥協可能です(装備次第)。 火属性 一応マグナ編成でもTOTワンパンできましたが、 VHのHPが650万に増えた影響でハードルは一気に上がっています。 終末5凸は当然としてプラス全振りした上でアストラル(4凸でもOK)を入れて、さらにサブ石にミカエルやベリアルもないとかなり難しいと思います。 ただし終末5凸は必須で最終ムーンと3凸ガブリエルも入っています。 アビ上限を上げられるブレグラ報酬武器「 クラリオン」はハウンドのメインにも持たせられるので、TOT編成において非常に優秀な武器です。 必須とまでは言えないものの、TOT編成においてオメガ銃はやはり重要なパーツの一つであることは間違いないです。 メイン武器はサイドストーリーの「プラチナ・スカイ」で入手できる マシン・ボウが理想。 マシン・ボウは3凸までしかできませんが、上記のスキルのおかげで4凸のマイムール・ヴィジョン(バアル銃)や裁きの鳴雷(ウォフ銃)メイン時よりダメージが大きく上がります。 【熱闘!真夏のフードファイト!ワンパン動画】.

次の

【最終上限解放】風SRキャラ「ミュオン」、光SR「アーミラ」の性能・評価 SSR武器「梵天添甲」、召喚石「キュベレー」も最終上限解放

土 アビ上限

古参な割にイベントも別ver. もない不遇な存在、メルゥ。 サイズ感に問題がある戦闘SDの刷新を望んでいる人も多そうだ。 姉のネモネ共々なかなか魅力的な娘なのでそろそろ動きがあってもいい。 今年はフィーエやクリス様という取り残された人々に光が当たっているので運営だってメルゥを意識せずにはいられないはず。 アビリティ内容的にはウールヴヘジン・ベルセルクを彷彿とさせるラインナップなので、そうした個人技方向に伸びていきそうな気がする。 土版イングヴェイにしてしまうのが最も簡単そうだが、それだと土バザラガと被りすぎている。 今のアビリティ内容で独自性を出すのは難しい。 メルゥが解放されるとしたら、相棒のさっちゃんが現状では空気なので、それを絡めた大改変になりそうだ。 天変地異により制御不能な気候変動に見舞われている惑星Aurigaを舞台に、表面的にはケンタウルスやオーク、エルフが登場する典型的ファンタジックな世界観…かと思いきや、その深部は深く寝られたSF設定で構成されている。 太古の宇宙移民船の不時着者の末裔、古代文明の実験生物兵器の生き残り、自立意思を持ったマザーコンピュータ教団、森羅万象を司る謎の通貨金属Dust。 登場する各文明は個性豊かながらよくバランスが取れており飽きさせない。 また有志による日本語化パッチも公開されているようだ。 音楽に関しては、Endlessシリーズを通じて楽曲を提供しているフランスの作曲家FlybyNoによる珠玉の傑作を始めとする数々の名曲が、滅びゆく惑星Aurigaの美しさと儚さを余すところなく表現している。 Endless LegendはAmazon等では実質的に取り扱っていないのでで購入することになる。 上の画像のリンク先はサントラ。 ただしSteamのゲームファイルの中には320kbpsのmp3サントラが入っているため、ゲームは不要だがサントラだけ欲しいという人でなければあまりメリットがない。 Europa Universalis IV あまりにも圧倒的なスケールとボリュームを誇る歴史シミュレーションゲームの金字塔Europa Universalis 4。 ヴァルナの戦いで東欧の雄ハンガリー・ポーランド連合軍を破ったオスマン帝国が、古代ローマの名残コンスタンティノープル1都市を残しバルカン半島のキリスト教圏に影響力を広げることとなった1444年11月に始まり、ヨーロッパ全土を巻き込み革命の嵐を吹き起こしたナポレオンが没する1821年までのおよそ400年間がプレイ期間となる。 たった400年…とcivlizationシリーズの6000年と比べると矮小に見えるかもしれないが、Europa Universalis 4は時間の進行が1日ずつのRTSなので非常に長い。 その上、この歴史区間に登場する全世界のあらゆる勢力、ネイティブアメリカンの一部族から神聖ローマ帝国領内の一領主、歴史の表舞台から姿を消して久しいアイユーブ朝のサラディンの末裔までプレイ可能で、かつユニークな特性やイベント、実績を備えている。 日本列島だけを見ても、1444年スタートでは京都を領する足利将軍家が応仁の乱を前にして既に勢いを逸しており、有力守護大名の細川・山名を筆頭に30もの大名が天下を窺っている。 製作者の情熱には頭が下がる思いだ。 ただしあまりにも膨大なボリュームに付随する大量のDLCは悪名高く、全て揃えるとなると投資額がかさむ。 優に1000時間は遊べるゲームなので本体もDLCものセール期に少しずつ買い足していくのが良いだろう。 Civilization IV 文明育成ゲームCivilizationシリーズは現在のところ最新作が である。 しかし中毒性の強さでいえば間違いなくCivilization4に軍配が上がる。 プレイヤーはいずれかの文明の指導者として紀元前4000年から紀元2050年までの間に世界を制覇する、宇宙開拓に成功する、文化力を極めるなどの方法で世界一を目指す。 特筆すべきはライバルとなるAI指導者たちの豊かな個性と作曲家John Adams氏の現代音楽の哀感にある。 AIがまるで中に人が入っているかのように振る舞いプレイヤーを追い詰めてくる様は気持ちのいいプレッシャーだ。 今作は主題歌「」がグラミー賞を受賞したことでも名を上げたが、そればかりではなくJohn Adams氏の音楽にも惹きこまれるものがある。 ぜひ等で視聴して欲しい。 また有志によるMOD は独自のファンタジー世界としての完成度が高い。 ちなみにSteamのダウンロード版は30ドル以下で入手可能なので英語に堪能な方はそちらがお得かもしれない。 Arcanum: Of Steamworks and Magick Obscura Arcanumは日本での知名度は決して高くないがスチームパンクRPGでは間違いなく傑作と呼べる。 ゲームの構造としては初代Diablo型の操作性だがDiabloとは対照的に極めて物語性が強く、また選択肢と行動選択による自由度が高い。 プレイヤーは世界を救うことも、盗賊になることも、ろくに喋れない愚か者として過ごすことも出来る。 豊富な文章量を読み解くには長編小説以上に骨が折れるが大学生程度の英語力があるならばぜひ辞書を片手にプレイして欲しい。 ただし発売から10年以上が経過しておりグラフィック、操作性の面では昨今のゲームに遠く及ばない(とはいえグラフィックは世界観を表現するには十分機能しているが)。 あくまでも濃密なストーリーを楽しむ嗜好の方におすすめしたい。

次の

【グラブル】 十二神将マキラの最終上限解放実装 土属性の編成に一石を投じる事ができるか・・・?

土 アビ上限

はい、についてです。 今回は6周年で追加されたジョブのランバージャックで、共闘の最終階層にいるを土マグナ編成でフルオート討伐できたので、編成について書きたいと思います。 ランバージャックの強いと思った点 アビリティ 「木こりのうた」「落葉焚き」の2つが強いと感じました。 あと地味にダメージも入ってありがたいです。 落葉焚きに関しては、バリアの数値も高く、攻防累積UPのバフは落葉焚きが解除されても残るのでかなり強いです。 高揚効果で奥義を撃ちやすくなるのもかなり良いですね。 リミなし編成 キャラについて 主人公 アビは、木こりのうた、ソウルピルファー、ディスペル、落葉焚きです。 メインに楽器を装備しているのと木こりのうたの攻防累積DOWNが入りやすいようにソウルピルファーを入れています。 それとこの編成だと ミゼラブルミストと同じ効果量のアビを持ってるメドゥーサがいるので、ディスペルを入れています。 3アビはフルオートでは使用してくれません。 バフが味方全体に攻撃、防御、連続確率UPとかなり強く、刻印も自身で供給できるので、実質クリティカル確率も上げてくれています。 1アビが土の刻印を供給しつつ、味方全体に土属性攻撃UPと水属性ダメージカットが5ターンと長いのが特徴です。 2アビが攻防DOWNと毒、土の刻印を1つ消費してスロウと弱体成功率UPも追加されます。 このアビがあるので、主人公からミゼラブルミストは外しています。 3アビが カウンターと土属性追撃で、土の刻印を1つ消費して効果を全体化します。 とメドゥーサで土の刻印を供給しつつ3アビを全体化して被ダメを抑えたり、敵への与ダメを上げる狙いがあります。 1アビで自身を強化、2アビで自身の奥義ゲージマイナス30して味方全体に10ずつ配布、3アビで敵のドライブゲージを吸収して奥義ゲージに変換、奥義効果で味方全体に土属性攻撃UPや自身に連続攻撃確率UP、サポアビで奥義ゲージ上昇量も上がっています。 全空最強の十天衆という名に恥じないキャラだと思います。 ただ、今までのフルオートだと2アビの使用間隔が1ターンで毎ターン奥義ゲージを配布し続けるキャラで(一応それでも奥義が撃てないということは無いのですが)やや冗長な感じでした。 ですが、 ランバージャックの「木こりのうた」とは相性は良く、味方が累計3回アビを使用すると発動するデバフの効果を誘発しやすいと感じました。 暗闇や HP回復目的で入れています。 フルオートだけで考えると他のキャラと比べて、一段落ちる性能かなという印象です。 2アビ3アビが回復アビなのでフルオートでは使ってくれず、4アビも回避をするとHPを回復してくれますが、敵対心が上がるわけではなので不安定な点が、目についてしまいますが、普段使いで考えるとやはり配布キャラとは思えないくらい便利な性能です。 このキャラに関していえば、2アビで2ターン確定TA、3アビでターン経過なしで自分だけ通常攻撃、サポアビで黒猫棒術時に確率で味方全体をランダムな強化効果でサポートがあるのも強いです。 ゼノウォフ琴の 奥義効果が味方全体のHP回復と活性効果でフルオートだとかなり必要な効果となります。 メインの編成だとHP回復手段が少ないので プラスを振るのは推奨となります。 また、HPに不安がある場合、ユグ剣を4凸ゴブロ刀に変えてもう少しHPを盛るのもいいと思います。 参考動画 リミあり編成 キャラについて 季節限定キャラを多く採用してみました。 この編成が最速というわけではなく、どのキャラもフルオートでオススメだよ!っていうPR的な感じです。 主人公 アビは、木こりのうた、ソウルピルファー、ミゼラブルミスト、落葉焚きです。 マギサ(クリスマス)が ディスペルを持っているので、ミゼラブルミストを入れています。 マギサ(クリスマス) 1アビで土属性キャラに土の刻印を付与、幻影効果(1回)、ガード、再生と防御性能がかなり高いです。 2アビでダメージ、ディスペル、自分に土の刻印を付与とディスペルはあると便利ですし、自分だけですが刻印を稼ぎやすくなっています。 奥義効果で2アビが発動するので、奥義にディスペルが付いているようなものです。 個人的には、 10ターン目以降の3アビが何度も使える全体ウェポンバーストのようなものなので、とにかく魅力的ですね! たのしい!!! 他のアビや奥義効果、サポアビについても相当強いです。 1アビでダメージ、 味方全体のHP回復、 3ターンの間ターン終了時に救命射撃(1アビと同等の効果、消去不可)を行います。 このアビは ダメアビ扱いなのでフルオートでも使用してくれます。 2アビで 3ターンの間、特殊強化(攻防UP、連続攻撃確率UP、弱体成功率UP)、火力支援Lvが1以上の時、与ダメージ上昇となっており、 攻防UPと連続攻撃確率UPは消去不可となっています。 奥義効果で暗闇と味方全体の弱体効果を1つ回復で地味ですが、あるとありがたい効果になっています。 サポアビで攻撃開始時に瀕死状態の味方がいると自分は確定TAと回復性能UP、 奥義使用時に救命射撃の効果時間を2ターン延長し、火力支援Lvが上昇(最大Lv2)します。 奥義回転が良いとずっと救命射撃が続き毎ターンHP回復ができるので、フルオートがかなり安定します。 バフが基本消去不可なのも強みです。 毎ターン刃鏡を消費、ターン終了時に刃鏡0で解除(最大3ターン)します。 2アビでダメージ、 味方全体の防御累積UP(永続、消去不可)、刃鏡を1つ展開します。 3アビで敵全体の水属性攻撃DOWN、最大CT増加、刃鏡を1つ消費し2ターン命中率DOWNを追加します。 奥義効果で2ターン2アビが発動します。 まず何に目が引くかと言えば不可侵海域ですね。 展開中は味方全体への弱体効果は防げないものの、ダメージはすべて引き寄せることができ、かつ各ダメージは最大1500になるので、そうそう自身も落ちません。 あと地味に防御累積UPが消去不可なのも強みです。 参考動画 さいごに まず、リミなし編成に関しては、最初は回復手段が欲しくて、1年生チームをメインに入れていたのですが、回復力やアビの内容に少し力不足を感じ、サブに下げることにしました。 (できれば、1年生チームは敵対心が上がると、もう少し効率よく回避ができて、HP回復に貢献できるかなっという印象でした。 ) そこから結構編成には悩み、色々キャラを眺めていたら、土の刻印があったので、その方向で編成を考えました。 そうして、白虎牙杖を入れて3番目にメデゥーサを配置して敵対心も上げて、壁になってもらおうと思ったのですが、今度は被弾しすぎて早く落ちすぎることがあり、安定しなかったので最終的に今の形に落ち着きました。 長かった・・・。 白虎牙杖は、3番目に配置された土属性キャラの敵対心が上がるので、うまい感じで使いたかったのですが力及ばすでしたね。 何かしらで使えそうなので頭の片隅には置いておきたい武器です。 次にリミあり編成に関しては、マキラを持っていないのでフルオートで使えそうなキャラを雑に入れた感じになっています。 限定キャラって強いね! ざっくり見た感じ土は、HP回復手段を持っているキャラが季節限定に多い気がしますね。 それと動画ようにAndApp版で録画しようと思ったのですが、 AndApp版ではフルオートが成立しませんでした。 録画のソフトも起動していたことももあるかもしれませんが、ブラウザ版に比べると少し動作が遅い感じがして、そのせいでデバフ切れがたまに起きている印象でした。 AndApp版の設定や各マシンや端末の環境にもよりますが、フルオートは環境にも依存しそうですね・・・・・・。 udukiryujin.

次の