はじめ の 一歩 ネタバレ 1299。 【はじめの一歩】1299話(25号)ネタバレと感想

【はじめの一歩】1299話(25号)ネタバレと感想

はじめ の 一歩 ネタバレ 1299

漫画はじめの一歩最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 ちなみに1297話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はまずこちらから。 これからはじめの一歩 のネタバレを含む内容をご紹介します。 はじめの一歩【第1298話】は読めませんが、 U-NEXTで今すぐに週刊少年マガジンの2020年22・23号が無料で読めます。 *はじめの一歩が電子書籍で配信をしていないため。 はじめの一歩【第1298話】のネタバレ 前回のあらすじ 千堂とアルフレド・ゴンザレスの試合が2R目へと移行する中、一歩を殴り倒した死神という顔を強く求める千堂。 そこで千堂はボクシングではなく喧嘩を始める。 腕をグルグル回し威嚇するや、1R目と同様に大振りの拳を振り回す。 見た目だけだと1R目と同じであり、ラッキーを狙っての行動だと思うゴンザレス。 だが、その考えは大きな間違い。 ゴンザレスのカウンターを前に千堂は更に踏み込で躱す。 カウンターに臆せず更に踏み込むという行為に背筋を凍らせる一歩とゴンザレス。 反対に顔色が変わったゴンザレスを見た千堂は、凶悪な笑みをうかべて更に猛進する。 千堂の圧が増す中、防御の上からであるが、千堂の拳が命中し始めた。 大きく後退して防戦一方となる試合を控え室のモニターで見ていたリカルド。 リカルドは、千堂の行動を明確に理解していた。 その上で、試合前に1の力を積みかさねるのがベストと語った自らの考えを間違いだと認めるのだった。 【間違えたのは千堂かゴンザレスか】 ゴンザレスをコーナーに追い詰めた千堂は、逃がさないとばかりに拳を振るう。 型のないパンチを理不尽にして 無邪気だが、圧倒的破壊力を持つ。 ソレを前にすれば恐怖を覚え、後手に回されれしまう。 だからこそゴンザレスはコーナーから逃げれない。 まるで獣の狩りを思わせる千堂を 狡猾にして残忍と評価するリカルド。 そんな男を前にして取るべき選択は、 開始直後から全火力を放出した先制による残滅しかない。 荒ぶる虎を前に ゴンザレスが間違えたと思うリカルド。 一方でゴンザレスのセコンドは、 千堂こそが間違えたと断じる。 千堂が振るう左拳に対して 左のショートアッパーで迎撃するゴンザレス。 顎を突き上げられてたたらを踏んで後退する千堂。 強烈な一撃を食らって口から血を流す千堂だが、何とか体勢を整える。 【アルフレド・ゴンザレスという男の本質】 その様子を見ながらゴンザレスのセコンドは心内で呟く。 分かっていないのは千堂の方だ。 幼き頃、 ストリートチルドレンのリーダーだったゴンザレス。 ボクシングという居場所を得ても出自からくる荒々しさは鳴りを潜めなかった。 プロとなり、死神と呼ばれ始めた矢先に リカルドと戦い敗北。 激情がダメならばと 技術戦を挑んだ二度目も敗北。 ゴンザレスは獰猛さも技術力も世界レベルだったが、如何せんバランスが悪すぎた。 しかし、一歩と戦うことで ソレらが正しく融合した。 【豹変するゴンザレス】 千堂を後退させたゴンザレスだが、依然としてコーナーを背負ったまま。 苛立つ千堂が拳を振り上げようとしたその時、 突如、豹変するゴンザレス。 ガードを解き、怒りに染まった顔で千堂に飛び掛る。 ボクシングではなく 喧嘩勝負で勝てると考えた千堂こそ間違い。 ゴンザレスが本能のままに左拳を振り上げ、大きく斜め下に振り下ろす。 千堂の 招待状を受け取った瞬間だった。 だが、千堂は豹変したゴンザレスを恐れることなく、寧ろ満面の笑みをうかべる。 死神となったゴンザレスを待っていたと突撃する千堂。 対してゴンザレスは 怒りに染まりながらも、的確なカウンターを放つ。 千堂の拳をカスほどに軽いと跳ね除け、左拳の強打を見舞う。 途端に押し返し始めたゴンザレスを見て、 豹変したと絶句する一歩だった。 漫画はじめの一歩最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 U-NEXTを使えば週刊少年マガジン2020年22・23号もそうですが好きな漫画を1巻分電子書籍で今すぐ無料で読むことができます。 好きな漫画を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください! 31日間無料お試し期間がありますし、登録直後に600ポイントもらえますので。 また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください! はじめの一歩【第1298話】の感想と考察 遂に死神の顔を見せたゴンザレスですが、果たして千堂の間違いなのでしょうか。 ストリートチルドレンはギャング、もとい日本風だと不良に近い言葉。 千堂も大阪に名を轟かせた不良であり、つまりは不良対決。 ゴンザレスが狂気を見せるならば、千堂も狂気を以って戦えば勝機はあると感じます! 次回のはじめの一歩【第1299話】掲載の週刊少年マガジン発売日は5月20日になります! まとめ 以上、はじめの一歩【第1298話】のネタバレ・感想を紹介しました。 漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。 無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!.

次の

『はじめの一歩ネタバレ』1298話考察 一歩さん、もう気軽に休載できないらしいwww

はじめ の 一歩 ネタバレ 1299

漫画はじめの一歩最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 ちなみに1297話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はまずこちらから。 これからはじめの一歩 のネタバレを含む内容をご紹介します。 はじめの一歩【第1298話】は読めませんが、 U-NEXTで今すぐに週刊少年マガジンの2020年22・23号が無料で読めます。 *はじめの一歩が電子書籍で配信をしていないため。 はじめの一歩【第1298話】のネタバレ 前回のあらすじ 千堂とアルフレド・ゴンザレスの試合が2R目へと移行する中、一歩を殴り倒した死神という顔を強く求める千堂。 そこで千堂はボクシングではなく喧嘩を始める。 腕をグルグル回し威嚇するや、1R目と同様に大振りの拳を振り回す。 見た目だけだと1R目と同じであり、ラッキーを狙っての行動だと思うゴンザレス。 だが、その考えは大きな間違い。 ゴンザレスのカウンターを前に千堂は更に踏み込で躱す。 カウンターに臆せず更に踏み込むという行為に背筋を凍らせる一歩とゴンザレス。 反対に顔色が変わったゴンザレスを見た千堂は、凶悪な笑みをうかべて更に猛進する。 千堂の圧が増す中、防御の上からであるが、千堂の拳が命中し始めた。 大きく後退して防戦一方となる試合を控え室のモニターで見ていたリカルド。 リカルドは、千堂の行動を明確に理解していた。 その上で、試合前に1の力を積みかさねるのがベストと語った自らの考えを間違いだと認めるのだった。 【間違えたのは千堂かゴンザレスか】 ゴンザレスをコーナーに追い詰めた千堂は、逃がさないとばかりに拳を振るう。 型のないパンチを理不尽にして 無邪気だが、圧倒的破壊力を持つ。 ソレを前にすれば恐怖を覚え、後手に回されれしまう。 だからこそゴンザレスはコーナーから逃げれない。 まるで獣の狩りを思わせる千堂を 狡猾にして残忍と評価するリカルド。 そんな男を前にして取るべき選択は、 開始直後から全火力を放出した先制による残滅しかない。 荒ぶる虎を前に ゴンザレスが間違えたと思うリカルド。 一方でゴンザレスのセコンドは、 千堂こそが間違えたと断じる。 千堂が振るう左拳に対して 左のショートアッパーで迎撃するゴンザレス。 顎を突き上げられてたたらを踏んで後退する千堂。 強烈な一撃を食らって口から血を流す千堂だが、何とか体勢を整える。 【アルフレド・ゴンザレスという男の本質】 その様子を見ながらゴンザレスのセコンドは心内で呟く。 分かっていないのは千堂の方だ。 幼き頃、 ストリートチルドレンのリーダーだったゴンザレス。 ボクシングという居場所を得ても出自からくる荒々しさは鳴りを潜めなかった。 プロとなり、死神と呼ばれ始めた矢先に リカルドと戦い敗北。 激情がダメならばと 技術戦を挑んだ二度目も敗北。 ゴンザレスは獰猛さも技術力も世界レベルだったが、如何せんバランスが悪すぎた。 しかし、一歩と戦うことで ソレらが正しく融合した。 【豹変するゴンザレス】 千堂を後退させたゴンザレスだが、依然としてコーナーを背負ったまま。 苛立つ千堂が拳を振り上げようとしたその時、 突如、豹変するゴンザレス。 ガードを解き、怒りに染まった顔で千堂に飛び掛る。 ボクシングではなく 喧嘩勝負で勝てると考えた千堂こそ間違い。 ゴンザレスが本能のままに左拳を振り上げ、大きく斜め下に振り下ろす。 千堂の 招待状を受け取った瞬間だった。 だが、千堂は豹変したゴンザレスを恐れることなく、寧ろ満面の笑みをうかべる。 死神となったゴンザレスを待っていたと突撃する千堂。 対してゴンザレスは 怒りに染まりながらも、的確なカウンターを放つ。 千堂の拳をカスほどに軽いと跳ね除け、左拳の強打を見舞う。 途端に押し返し始めたゴンザレスを見て、 豹変したと絶句する一歩だった。 漫画はじめの一歩最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 U-NEXTを使えば週刊少年マガジン2020年22・23号もそうですが好きな漫画を1巻分電子書籍で今すぐ無料で読むことができます。 好きな漫画を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください! 31日間無料お試し期間がありますし、登録直後に600ポイントもらえますので。 また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください! はじめの一歩【第1298話】の感想と考察 遂に死神の顔を見せたゴンザレスですが、果たして千堂の間違いなのでしょうか。 ストリートチルドレンはギャング、もとい日本風だと不良に近い言葉。 千堂も大阪に名を轟かせた不良であり、つまりは不良対決。 ゴンザレスが狂気を見せるならば、千堂も狂気を以って戦えば勝機はあると感じます! 次回のはじめの一歩【第1299話】掲載の週刊少年マガジン発売日は5月20日になります! まとめ 以上、はじめの一歩【第1298話】のネタバレ・感想を紹介しました。 漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。 無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!.

次の

【最新話】はじめの一歩 第1299話ネタバレ!千堂の原点|漫画ネタバレ|漫画晴れ

はじめ の 一歩 ネタバレ 1299

千堂武士VSアルフレド・ゴンザレスは2ラウンド目突入。 1ラウンド目はゴンザレスにパンチが当たらず、序盤から1ラウンド終了まで完全にサンドバッグ状態だった。 いや、サンドバッグ状態というのは言い過ぎかな。 だって別にそんなにパンチ受けてるわけじゃないもん。 …と、強がってみたものの、誰が見ても千堂が負けてる。 口から血は出てたし、ダメージ受けてるよなーって感じ。 一方ゴンザレスは…マジで無傷なんじゃね? ただそれでも千堂に期待してしまうのは、ボコボコにされていないという感じと、千堂なら何かやってくれるという期待、そしてんだけど、あの強みがあるからね…。 あとはその強みが、ゴンザレスとどうマッチングしてくれるのか。 …ごめん、C++使ったことないや。 千堂のターン始まる ゴンザレスは1の力で追い込んでいき、千堂は5以上出してる…最初から全力で突撃していく千堂と、パワーはあるんだけども冷静に確実に相手を仕留めていくスタイルのゴンザレス。 千堂のパンチが1発でもまともに当たれば終わり…と感じるが、それをさせてくれないのがゴンザレス。 実際、一歩もそれに近い感じはある。 ただ、一歩と千堂で一番大きく違うところは、その予想できない動き…一歩とは違いある意味でセオリー通りや教えの通りの動きをしないところ。 一歩もびっくりの千堂の力 …そう、これが千堂なんですよ!前回は千堂の強みとして、修正力と言ったけども、本編だと 適応力。 正確には 野生の勘と合わせての危機回避能力と言ったほうが正しいか。 気づけば2ラウンド目、千堂が完全にゴンザレスを押し込んでいた。 千堂、勝てるか!? 見たか!これが千堂や!千堂なめんなよこのやろこんちくしょうべらぼうにてやんでェ!一歩の優等生っぷりのような感じで考えてたかしらんけど、ハポンがどーたらこーたら思ってたかしらんけど、千堂なめんなよ! ゴンザレスの戦い方は、冷静沈着。 しっかり相手の動きをチェックして、確実な一手も最小限に近い力で相手を仕留めようとしている。 スタミナ配分とか、底を見せないとかいろいろあるけども、この戦い方は長期戦になればなるほど厄介。 一方千堂は、常に全力パワーで相手をぶっ飛ばそうとしている。 基本的には攻めて攻めての繰り返しだけど、野生の勘と適応力で試合中どんどん厄介になっていく。 厄介な状況でパワーそのままだとか思ったら選手から見たらもう地獄やで!そしてゴンザレスはもう地獄味わってるで! ただ…ただ不安なのは、 ゴンザレスがまだまともに被弾してないことなんですよね。 死神モードになる前、冷静な状態のゴンザレスですら、まだ対応してきそうな気がして…。 そりゃ世界最強一歩手前の戦いですからね!ゴンザレスもまだまだ底が見えないって…。

次の