グリード スター ウォーズ。 ハンが先に撃った

『スター・ウォーズ』、レイの父は「〇〇の失敗作」だった! 小説から明らかになる6つの驚きの真実まとめ

グリード スター ウォーズ

経歴 初期の人生 に属するグリードの故郷では、が最も名誉ある職業とされており、様々な部門ごとに毎年1回最も優れた賞金稼ぎが表彰されていた。 ただ1つ不名誉な行為とされていたのは、発見したお尋ね者を放置し、余計な犯罪を積ませて賞金を吊り上げることである。 こうした卑劣な行為にはローディアの評議会も難色を示していたのだ。 も多くの人々から尊敬される偉大な賞金稼ぎの1人だった。 だが、当時はローディアが最も野蛮だった時代でもあり、氏族間の流血の争いが絶え間なく続いていたのである。 著名な賞金稼ぎであるグリードの父も、冷酷な率いる好戦的なのたちにとって格好の標的とされていた。 やがてグリードの父は惨殺され、家族の財産も全て奪われてしまう。 それでもチャッツァ氏族の気勢は衰えず、ナヴィックはグリードの属するのローディアンを皆殺しにすると宣言したのだった。 平和的なテツー氏族のローディアンたちではナヴィックの軍勢に太刀打ちできず、危機を察知したグリードの母は故郷から逃走することを決心する。 彼女は当時3歳だった幼いグリードを抱きかかえ、2人の兄と、その他の多くの仲間たちと共に銀色に輝く3隻の巨大宇宙船で故郷を飛び立った。 その後、第2の故郷を求めてをさまよう宇宙船の中で、ニーラはグリードの弟となるを出産した。 やがて彼らはついに名も知らぬジャングルの惑星を発見し、平穏な暮らしに戻ることができたのだった。 若き日のグリード この新しい惑星で成長したグリードに本当の故郷に関する記憶はなく、彼はこの惑星を故郷だと信じたまま15歳を迎えることになる。 そして彼がいつものように弟のキーダックと遊んでいると、ノック叔父が山の洞窟の中に入っていく姿が見えたのだった。 叔父の後をつけた2人は洞窟の中で3隻の巨大な宇宙船を発見した。 2人はこのことを母に話し、初めて自分たちの悲劇的な運命を知らされたのである。 そして1ヶ月後、を殺したが部下を引き連れてついにこの惑星にやって来た。 彼らはテツー氏族の移住者たちを次々と虐殺し、グリードらは再び宇宙へと逃走することを余儀なくされた。 ノックがたびたび宇宙船を点検していたのもこのときに備えてのことだったのだ。 3隻のうち1隻はすぐに破壊されてしまったが、ノックの操縦するはにある宇宙港衛星まで逃走することができた。 彼らの新しい生活はナー・シャダーのので始まり、グリードはここで一人前の青年へと成長していったのである。 タトゥイーンへの移住 の機先を制したグリードとその仲間たち やがてグリードの家族はへ移住することになった。 この砂漠ので過ごす間に、グリードは気性の荒さで知られるようになる。 の32年前、彼はで優勝した若きの不正を訴え、このの少年と殴り合いの喧嘩となったが、によって仲裁された。 このとき友人のは彼に、野蛮なことを続けているといつか痛い目に遭うと警告している。 最終的にケチな犯罪者となったグリードは、ので多くの時間を費やすようになり、有名になることを熱望する他の小悪党たちと共に賭けゲームに明け暮れていたのだった。 中もグリードはに留まっていた。 あるとき彼はへ向かい、仲間の傭兵の手を借りて、男爵の2人の娘、とを誘拐する。 の書記長とその息子はローディアンの賞金稼ぎを追ってにたどり着き、グリードにでチェ・アマンウェを解放するよう促したのだった。 そして彼らがチェ・アマンウェの拘束されているに到着すると、グリードはたちを裏切り、酒場の客たちとの銃撃戦が開始される。 だが、ローディアンは真っ先にその現場から逃走したのだった。 帝国の時代 後のある日、グリードは再びに戻ってきた。 彼は雑踏の中で2人の賞金稼ぎ、とに遭遇する。 彼らはのお尋ね者である腐敗したスパイス検査官を殺害したが、同じ賞金を狙っていたと呼ばれる恐ろしいサイボーグに襲われていたのだ。 偶然居合わせたグリードは背後からゴームを仕留めることに成功し、結果的に2人の命を救うことになる。 このとき彼らからに賭けられた賞金のことを聞いたグリードは、偶然にもコレリアン地区の同じレベルに反乱軍が隠れていたことを知っており、に密告したのだった。 名のある賞金稼ぎは自分専用の船を持っていなければならない。 グリードもこの賞金で自分専用の海賊船(既に名前はと決めていた)を手に入れることを熱望していたのである。 しかし、ゴアの弟子となって賞金稼ぎの修行に励んでいたグリードは、すぐに自分の過ちに気づくことになる。 密告を受けた帝国軍は反乱軍の隠れ家に対して激しい攻撃を行い、コレリアン地区の4分の1を瓦礫の山と化したのだ。 グリードと2人の賞金稼ぎはその直前に宇宙船で脱出することができたが、賞金欲しさのために家族の死を招いてしまったことは、グリードにとって深い悲しみとなるのだった。 ヤヴィン・ヴァシリカと最期 でを監視するグリード の直前、グリードは小型を借り、の探求に乗り出した。 彼自身は本領を発揮できていないが、で最も偉大なであると自負していたのである。 その後、3人はへと辿り着き、グリードとゴアはに雇われた。 ローディアンのハンターは冷酷で、安い賃金でよく働き、そして失敗したときはにとって最高の餌となる。 そのため、ジャバは彼らのことを大変気に入っており、グリードにとってもジャバの下で働くことは賞金稼ぎとしての能力を高めるのに最適の方法だったのだ。 やがて、グリードはジャバからへの借金の取り立てを命じられた。 奇しくも彼はナー・シャダーで一度ソロと出会っており、屈辱を味わわされたことがあったのだ。 そのとき愛機となる予定だったを見ていたグリードは、どうしてもが欲しくなり、偶然見つけたから盗み出したのだった。 しかし、彼はに捕まってしまい、そのときソロにランコアの皮製ジャケットを奪い取られたのである。 グリードはそのときの屈辱を決して忘れてはいなかった。 にを向けるグリード のでソロを待っていたグリードは、運良く彼が1人になったのを確認した。 もちろんチューバッカも遠くから2人に目を光らせていたが、グリードはそんなことに気づくはずもなかった。 それでも彼は用心のためゴアに後方支援を依頼し、ソロの胸元にを突き付けると、ジャバからの借金の返済を要求した。 しかし、ゴアにはグリードに勝ち目がないことは十分に分かっており、当然手助けをするつもりもまったくなかった。 彼はかねてからグリードの命を狙うナヴィックの部下、とに買収されていたのである。 そして、先に相手を仕留めたのはやはりソロだった。 グリードはテーブルの下にブラスターを握ったソロの利き腕が隠れていることにも気づいておらず、簡単に返り討ちにされてしまったのである。 未熟な賞金稼ぎの短い一生はこうして終わりを告げたのだった。 グリードの最期 グリードはその社会的不適合性から、叔父であるをはじめとする多くの人々によって「あまり有望でない」と思われていた。 そのための時代までに、彼はというものに対する感覚を身に付け、自分の行動を形作ったのである。 この変化はグリードがに懸けられた賞金を追ったときさらに明確となった。 彼はどこへ行けば情報を得られるか、そしてどうすれば任務を遂行できるかを知っており、に対する仕事を請け負ったときには、その自信を加速させていたのである。 彼の興奮しやすい性格はなりを潜め、不満を漏らすこともほとんどなくなっていた。 だが、グリードは暗い小道でに先に銃を向けられるなど、初歩的なミスを繰り返してもいた。 彼は、周囲にまったく注意を払わず、神経質で臆病であり、自信過剰だと囁かれ、しばしば不満を漏らしていたのである。 グリードは戦闘時にを使用していた。 登場エピソード• 外部リンク•

次の

『スター・ウォーズ』、レイの父は「〇〇の失敗作」だった! 小説から明らかになる6つの驚きの真実まとめ

グリード スター ウォーズ

Rodian 一般的な情報 原住惑星 言語• 平均身長 1. 5~1. 7 m 皮膚の色 緑色(大部分)、青色、紫色 目の色 黒色(個体差あり) 特徴 複眼、円盤型のアンテナ、頭部の棘、吸盤の付いた指 著名な個体• [非表示] ローディアンは、のに原住する爬虫類型種族である。 顔の形と皮膚の色に強い特徴のあるローディアンは、故郷のジャングルにおける厳しい生活で培った暴力的な文化で悪名を轟かせている。 彼らはの至るところでや犯罪者として認識されているが、ローディアンは単なる純粋な暴漢というわけではない。 ローディアの人々はの上級社会でよく見かける芸術家、機械工、政治家も多く排出しているのだ。 生態と外見 ローディアンはに属するの出身の、複眼にバクのような鼻、緑色の皮膚をした種族である。 彼らの背中には頭骨まで1本の棘々しい隆起が走っており、指は長くしなやかで、先端には吸盤が付いている。 ローディアンには外見的な個体差が限られた範囲でしか存在しないため、他種族がそれぞれのローディアンを識別することは非常に難しい。 大多数のローディアンは暴力と死に取り付かれている。 彼らの多くはローディアの伝説的な武器業者の巨大工場で懸命に働きつつ、それにロマンを抱いており、その後、水で戻したプロテインを食べるために家に戻るという生活を繰り返している。 より一層熟練したハンター、すなわち望むならを離れる権利を勝ち取った者たちは、暴力に関してより実践的な存在であり、彼らは職と名声の中にそれを見出している。 また、より知的なローディアンは暴力の哲学的な一面にも関心を抱いており、彼らは殺人を行いこそするが、事前にその行動に関する本質を考慮するのだ。 歴史 ローディアンの氏族間戦争 惑星の歴史はローディアンたちが自らの生き方をどのように、そしてなぜ考えているのかを多く説明してくれる。 あらゆる文明種族が進化の最中に行うのと同じように、無力で小さな体だった彼らの祖先は道具と武器を発達させた。 しかし、ローディアは生命に溢れる人口の密集した熱帯惑星だったため、ローディアンたちに農業技術を向上させる必要はなかったのである。 その代わりに彼らは必要な食料を狩り、狩猟活動は文化の一部となって、勇敢な偉業やその技能に名誉を重んじるようになった。 しかし、やがてこの惑星にいた巨大肉食獣の大部分が狩りによって滅ぼされ、狩猟への挑戦的要素がなくなると、ローディアンたちはお互いに狩猟し合うようになったのである。 小規模な戦争の口述として始められ、何世代も続けられた一連の武術大会によって、ローディアンは暴力的な生活を永続させることができた。 の最初のがローディアに着陸したときも、彼らはがその行為の停止を呼びかけるまで彼らを捕らえ、殺していた。 彼らは肉食獣を狩る古典的手法を再現できると考えていたのである。 ローディアンの、 外界人たちの手助けによって、ローディアンたちは無限の宇宙を狩猟場にすることも可能になった。 グランド・プロテクターの先見の明の結果、ローディアンたちの中では名誉ある職業となり、毎年、「ベスト・ショット」(ほぼ常に相手を殺した場合のみ)、「最長の追跡」(しばしば距離と時間に対して)、「最も悪名高い捕獲」、「最短の捕獲」、「最も困難な狩猟」などのカテゴリーにおいて賞が与えられた。 こうした制度も初期の頃は、多くの発展途上の星系で法的に行われてきた措置に似ていたが、特筆すべき点はローディアンは一般大衆の利益のためではなく、スポーツとして狩猟を行うということである。 ローディアンたちは賞金稼ぎの装いで主催の「大コンテスト」に参加するため宇宙へ進出するときも、スポーツではなく法の施行に参加しているのだということを理解していなかった。 そのためローディアンの賞金稼ぎは、しばしば獲物にさらに多くの罪を犯させ、最終的に捕らえたり殺したときの価値を高めて故郷での地位をより向上させる「水増し」逮捕を行っていたのである。 社会と文化 ローディアンの、 ローディアンの文化に関心を寄せている学者の多くはその暴力的な面だけに注目しているが、には単なる死や破壊以上に有益なものが存在している。 というのも、驚くべきことにローディアンたちはで最も古くから続く印象的な習慣の1つを持っているのだ。 彼らは繁殖能力より先に殺傷能力を発展させ、他の多くの種族と同じようにその歴史の中で時間を費やしてきた。 結果として、惑星ローディアはローディアンたちの絶滅こそが最も適切となる時代に直面したのである。 この事態を食い止めようと、のはローディアンの暴力的な傾向を健全な方向、すなわちローディア劇文学の古代芸術へと注ぎ込む活動を展開した。 こうしたエキシビジョンは単純な見世物試合として始まったが、劇作家たち、すなわち脚本と演出の両方を担当するローディアンたちは、戦いがより大きな全体要素として与えられれば劇の効果が大きくなるということを発見し始めていた。 徐々に劇の内容は暴力がそうであったのと同じくらいの注目を受けるようになったのである。 ローディアンの劇文学は比較的暴力的ではあるが、あらゆる種族の大部分の人々に感動的な反応を与える典型的な感情と状況を扱っている。 そのため、現在でも銀河系全域で高く評価されているのだ。 ローディアンの劇文学における最も興味深い点の1つは、彼らが暴力に栄光を与えている一方で、多くので描写されるような暴力の完全な効果を示しているということである。 そのため、ローディアン以外の人々(出来の良い内容ならローディアンさえも)はその衝撃に圧倒されてしまう。 テクノロジー ローディアンは武器の製造に集約された重工業技術を持っている。 でのテクノロジーの発展は、こので栄えローディアンたちの狩猟能力の発達を促した野生動物たちを着実に滅ぼし、結果としてローディアンたちは食料の大半を輸入に頼らなければならなくなった。 ローディアンは科学技術の促進を武器の分野に集中させており、エレガントでなく、効率的でもなくても、おそらくで使われている有用な武器の大部分は彼らの手によるものである。 銀河系におけるローディアン 、 ローディアンは頻繁に全域を旅し、しばしば悪名高い犯罪者や賞金首、あるいはその両方となって戻ってくる。 さらに、彼らは自由契約の職を選ぶことで有名である。 ローディアンのはのや犯罪王などに雇われ、銀河系全域で働いている。 彼らは他の賞金稼ぎより安い賃金で働くが、その内容は平均よりも上である。 ローディアンは銀河系のいたるところにいるが、に属するで劇団の活動を行っている者を除けば、ローディア以外でお互いに近接して生活していることは希である。 彼らは他のローディアンの怒りを触発する危険を冒すまでもなく、既に十分な危険に身をさらしていると決め付けているのだ。 登場エピソード• 外部リンク•

次の

ローディアン

グリード スター ウォーズ

経歴 初期の人生 に属するグリードの故郷では、が最も名誉ある職業とされており、様々な部門ごとに毎年1回最も優れた賞金稼ぎが表彰されていた。 ただ1つ不名誉な行為とされていたのは、発見したお尋ね者を放置し、余計な犯罪を積ませて賞金を吊り上げることである。 こうした卑劣な行為にはローディアの評議会も難色を示していたのだ。 も多くの人々から尊敬される偉大な賞金稼ぎの1人だった。 だが、当時はローディアが最も野蛮だった時代でもあり、氏族間の流血の争いが絶え間なく続いていたのである。 著名な賞金稼ぎであるグリードの父も、冷酷な率いる好戦的なのたちにとって格好の標的とされていた。 やがてグリードの父は惨殺され、家族の財産も全て奪われてしまう。 それでもチャッツァ氏族の気勢は衰えず、ナヴィックはグリードの属するのローディアンを皆殺しにすると宣言したのだった。 平和的なテツー氏族のローディアンたちではナヴィックの軍勢に太刀打ちできず、危機を察知したグリードの母は故郷から逃走することを決心する。 彼女は当時3歳だった幼いグリードを抱きかかえ、2人の兄と、その他の多くの仲間たちと共に銀色に輝く3隻の巨大宇宙船で故郷を飛び立った。 その後、第2の故郷を求めてをさまよう宇宙船の中で、ニーラはグリードの弟となるを出産した。 やがて彼らはついに名も知らぬジャングルの惑星を発見し、平穏な暮らしに戻ることができたのだった。 若き日のグリード この新しい惑星で成長したグリードに本当の故郷に関する記憶はなく、彼はこの惑星を故郷だと信じたまま15歳を迎えることになる。 そして彼がいつものように弟のキーダックと遊んでいると、ノック叔父が山の洞窟の中に入っていく姿が見えたのだった。 叔父の後をつけた2人は洞窟の中で3隻の巨大な宇宙船を発見した。 2人はこのことを母に話し、初めて自分たちの悲劇的な運命を知らされたのである。 そして1ヶ月後、を殺したが部下を引き連れてついにこの惑星にやって来た。 彼らはテツー氏族の移住者たちを次々と虐殺し、グリードらは再び宇宙へと逃走することを余儀なくされた。 ノックがたびたび宇宙船を点検していたのもこのときに備えてのことだったのだ。 3隻のうち1隻はすぐに破壊されてしまったが、ノックの操縦するはにある宇宙港衛星まで逃走することができた。 彼らの新しい生活はナー・シャダーのので始まり、グリードはここで一人前の青年へと成長していったのである。 タトゥイーンへの移住 の機先を制したグリードとその仲間たち やがてグリードの家族はへ移住することになった。 この砂漠ので過ごす間に、グリードは気性の荒さで知られるようになる。 の32年前、彼はで優勝した若きの不正を訴え、このの少年と殴り合いの喧嘩となったが、によって仲裁された。 このとき友人のは彼に、野蛮なことを続けているといつか痛い目に遭うと警告している。 最終的にケチな犯罪者となったグリードは、ので多くの時間を費やすようになり、有名になることを熱望する他の小悪党たちと共に賭けゲームに明け暮れていたのだった。 中もグリードはに留まっていた。 あるとき彼はへ向かい、仲間の傭兵の手を借りて、男爵の2人の娘、とを誘拐する。 の書記長とその息子はローディアンの賞金稼ぎを追ってにたどり着き、グリードにでチェ・アマンウェを解放するよう促したのだった。 そして彼らがチェ・アマンウェの拘束されているに到着すると、グリードはたちを裏切り、酒場の客たちとの銃撃戦が開始される。 だが、ローディアンは真っ先にその現場から逃走したのだった。 帝国の時代 後のある日、グリードは再びに戻ってきた。 彼は雑踏の中で2人の賞金稼ぎ、とに遭遇する。 彼らはのお尋ね者である腐敗したスパイス検査官を殺害したが、同じ賞金を狙っていたと呼ばれる恐ろしいサイボーグに襲われていたのだ。 偶然居合わせたグリードは背後からゴームを仕留めることに成功し、結果的に2人の命を救うことになる。 このとき彼らからに賭けられた賞金のことを聞いたグリードは、偶然にもコレリアン地区の同じレベルに反乱軍が隠れていたことを知っており、に密告したのだった。 名のある賞金稼ぎは自分専用の船を持っていなければならない。 グリードもこの賞金で自分専用の海賊船(既に名前はと決めていた)を手に入れることを熱望していたのである。 しかし、ゴアの弟子となって賞金稼ぎの修行に励んでいたグリードは、すぐに自分の過ちに気づくことになる。 密告を受けた帝国軍は反乱軍の隠れ家に対して激しい攻撃を行い、コレリアン地区の4分の1を瓦礫の山と化したのだ。 グリードと2人の賞金稼ぎはその直前に宇宙船で脱出することができたが、賞金欲しさのために家族の死を招いてしまったことは、グリードにとって深い悲しみとなるのだった。 ヤヴィン・ヴァシリカと最期 でを監視するグリード の直前、グリードは小型を借り、の探求に乗り出した。 彼自身は本領を発揮できていないが、で最も偉大なであると自負していたのである。 その後、3人はへと辿り着き、グリードとゴアはに雇われた。 ローディアンのハンターは冷酷で、安い賃金でよく働き、そして失敗したときはにとって最高の餌となる。 そのため、ジャバは彼らのことを大変気に入っており、グリードにとってもジャバの下で働くことは賞金稼ぎとしての能力を高めるのに最適の方法だったのだ。 やがて、グリードはジャバからへの借金の取り立てを命じられた。 奇しくも彼はナー・シャダーで一度ソロと出会っており、屈辱を味わわされたことがあったのだ。 そのとき愛機となる予定だったを見ていたグリードは、どうしてもが欲しくなり、偶然見つけたから盗み出したのだった。 しかし、彼はに捕まってしまい、そのときソロにランコアの皮製ジャケットを奪い取られたのである。 グリードはそのときの屈辱を決して忘れてはいなかった。 にを向けるグリード のでソロを待っていたグリードは、運良く彼が1人になったのを確認した。 もちろんチューバッカも遠くから2人に目を光らせていたが、グリードはそんなことに気づくはずもなかった。 それでも彼は用心のためゴアに後方支援を依頼し、ソロの胸元にを突き付けると、ジャバからの借金の返済を要求した。 しかし、ゴアにはグリードに勝ち目がないことは十分に分かっており、当然手助けをするつもりもまったくなかった。 彼はかねてからグリードの命を狙うナヴィックの部下、とに買収されていたのである。 そして、先に相手を仕留めたのはやはりソロだった。 グリードはテーブルの下にブラスターを握ったソロの利き腕が隠れていることにも気づいておらず、簡単に返り討ちにされてしまったのである。 未熟な賞金稼ぎの短い一生はこうして終わりを告げたのだった。 グリードの最期 グリードはその社会的不適合性から、叔父であるをはじめとする多くの人々によって「あまり有望でない」と思われていた。 そのための時代までに、彼はというものに対する感覚を身に付け、自分の行動を形作ったのである。 この変化はグリードがに懸けられた賞金を追ったときさらに明確となった。 彼はどこへ行けば情報を得られるか、そしてどうすれば任務を遂行できるかを知っており、に対する仕事を請け負ったときには、その自信を加速させていたのである。 彼の興奮しやすい性格はなりを潜め、不満を漏らすこともほとんどなくなっていた。 だが、グリードは暗い小道でに先に銃を向けられるなど、初歩的なミスを繰り返してもいた。 彼は、周囲にまったく注意を払わず、神経質で臆病であり、自信過剰だと囁かれ、しばしば不満を漏らしていたのである。 グリードは戦闘時にを使用していた。 登場エピソード• 外部リンク•

次の