ホーム パーティー 手 土産。 大人が知っておきたい!ホームパーティーの服装と手土産の値段 ~ワインのマナー・ゲスト編~|OTONA SALONE[オトナサローネ]

ホームパーティーの手土産マナー|上手な選び方とおすすめ5選

ホーム パーティー 手 土産

Photo by on 友人や親戚、会社の上司の自宅に招待してもらい、手料理やお酒が振る舞われるホームパーティー。 そして、ホームパーティーに欠かせないものといえば、 「手土産」です。 手土産には、ホームパーティーを盛り上げる役割があります。 ですが、初めてホームパーティーにお呼ばれした方は、どんな手土産を持っていこうか迷ってしまうのではないでしょうか。 今回、そんな方のために、 ホームパーティーで絶対に喜ばれるおすすめの手土産15選をご紹介いたします。 ホームパーティーの手土産を選ぶポイントにも注目しながら、みんなに喜ばれる、おしゃれな手土産を用意しましょう! ホームパーティーの手土産を選ぶときの3つのポイント 手土産に主菜はNG!手軽な副菜やデザートを選ぼう Photo by on ホームパーティーといえば、主催者であるホストが、自宅でメインとなる手料理を振舞ってくれます。 そのため、手土産として、 主菜となる食べ物(ご飯もの・肉のかたまりなど)を持っていくのは控えましょう。 メインの食材よりも目立つ手土産を持っていってしまうと、ホストが時間をかけて準備してくれたせっかくの手料理も色褪せてしまいますからね。 また、ホストに 「ホームパーティーで何が出てくるのか」を聞いておくことも、手土産を選びやすくなるポイントの一つです。 ホストに聞くというのは、お呼ばれした側としては失礼な行為に思うかもしれませんが、ホームパーティーの準備を協力したい、という意思表示にも取れますので、全然失礼ではありません。 事前に聞くことで、ホームパーティーを盛り上げられる手土産を準備できること間違いなしだね! ホームパーティーの手土産には、個包装で日持ちするものが喜ばれる せっかく美味しい料理やデザートを手土産として持っていたのに、食べるまでに時間がかかったり、みんなに食べてもらえなかったりすると残念ですよね。 手土産として持っていく食べ物は、 一つ一つが小分けで包装されていてすぐに食べられるものを選びましょう。 例えば、ホールのケーキだと、人数分に切り分けたり、お皿を用意する必要があります。 また、加熱が必要なものなど、その場ですぐに食べられないものは、ホストの手間を取らせてしまうことになります。 ホームパーティー初心者さんには、少しハードルの高い手土産だと思いますので気をつけましょう。 また、手土産として持っていく食べ物は、 日持ちのするものを選びましょう。 生菓子など賞味期限の短いものは、ホストに迷惑がかかる可能性があります。 食べきれずに余った場合でも、 持って帰って食べれるように、日持ちのする手土産を選ぶことをおすすめします。 最近では、個包装になっているものもあるから、手間いらずで配れて、余ったらみんなで持ち帰ることもできて一石二鳥だね! 手土産を買う前に、参加者の人数は必ずチェックしよう Photo by on ホームパーティーの手土産を選ぶときに、「何を買うか」だけでなく、 「どれくらい(量)買うか」も気をつけるポイントの一つです。 用意した手土産が人数分なかったときは、せっかくのホームパーティーも気まずい雰囲気になってしまいます。 もし、当日までどれくらいの人数が参加するか不明の場合は、 多めに手土産を持っていくことをおすすめします。

次の

ホームパーティーの時の友人からの手土産について。

ホーム パーティー 手 土産

ホームパーティで喜ばれる「手土産」とは? ホームパーティーに招かれたとき、 どのくらいの人数で、どんな方が来るのかは把握しておくのがベスト。 手土産の量が多すぎると、余ってしまいホストの方を困らせてしまうことも。 また、逆に少ないとみんなでシェアできないなんてこともあります。 「適切な量」を考えならが、選んでみてください。 さらに喜ばれるポイントとしては、手土産をお渡しするときにやいただくときに、 その商品のポイントを伝えると、よりその場が盛り上がります。 例えば「実は、今だけ限定のお味なんです。 」「お客さんからの要望が多くて商品化したんです。 」など。 ちょっとしたストーリがあると、 きちんと選らんだという「特別感」を感じます。 話のネタにもなり、みなさんでより楽しくパーティーを過ごせますよ。 手土産選びでおさえておきたいポイント 1)簡単に出せること ホームパーティーの主旨や主催者(ホスト)との間柄にもよりますが、 箱のままでもテーブルに並べられたり、ちょっと盛り付けるだけの手間がかからないものがおすすめです。 ホストの方は、ゲストを迎えるために色々と準備をしているはず。 更に手間をかけてしまうものは避けましょう。 例えば、 オシャレな缶に入ったナッツは、そのままテーブルに置けるので簡単ですね。 他もに、箱入りのサンドイッチ系も、そのままでもOK。 どうやってみんなで食べるか、という点も考えて選びましょう。 友人同士や、気軽な女性同士のホームパーティーであれば、そこまで気を遣わなくてもいいですが、主催者側を思いやる気持ちを忘れずにいましょう。 2)参加者同士でかぶらない気配り 事前に参加者同士で連絡先を取れるのあれば、それぞれ どんなものを手土産にするのか、事前に確認しておくのがおすすめです。 当日になって手土産がみんなデザートだった!なんてことが無いようにしたいですね。 ざっくりとでもいいので、 「おつまみ系」「デザート系」「ドリンク系」など、それぞれ分担するのもありです。 3)その場の全員が楽しめるもの せっかくの手土産、その場の全員で楽しくシェアしたいですよね。 子供も一緒にシェアする場合は、子供が苦手な辛い物、苦い物は避けるのが無難です。 おつまみ系は、大人用に辛いものやクセが強いものでもいいですが、デザートなど子供が喜ぶものは、全員が楽しめるものがおすすめです。 また、 日持ちするものであれば、翌日以降もホストの方に楽しんでいただけるので、少し多めにしても大丈夫です。 気軽につまめる「フィンガーフード」 お酒との相性抜群!手が止まらないおいしさのおつまみ お酒との相性が良い定番のおつまみと言えば、やはりナッツでしょう。 ピーナッツ、アーモンド、カシューナッツの3種を、ほんのりと煙でいぶした「燻製ナッツ」は、ナッツのおいしさに、くん製独特の風味が加わって、とてもぜいたくな味わいに仕上がっています。 そのままはもちろん、砕いてサラダのトッピングにするなど料理のアクセントとしてなど、幅広く使うことができるのもうれしいですね。 チーズと一緒に食べると、くん製チーズのような風味に変化しますよ。

次の

大人が知っておきたい!ホームパーティーの服装と手土産の値段 ~ワインのマナー・ゲスト編~|OTONA SALONE[オトナサローネ]

ホーム パーティー 手 土産

Photo by on 友人や親戚、会社の上司の自宅に招待してもらい、手料理やお酒が振る舞われるホームパーティー。 そして、ホームパーティーに欠かせないものといえば、 「手土産」です。 手土産には、ホームパーティーを盛り上げる役割があります。 ですが、初めてホームパーティーにお呼ばれした方は、どんな手土産を持っていこうか迷ってしまうのではないでしょうか。 今回、そんな方のために、 ホームパーティーで絶対に喜ばれるおすすめの手土産15選をご紹介いたします。 ホームパーティーの手土産を選ぶポイントにも注目しながら、みんなに喜ばれる、おしゃれな手土産を用意しましょう! ホームパーティーの手土産を選ぶときの3つのポイント 手土産に主菜はNG!手軽な副菜やデザートを選ぼう Photo by on ホームパーティーといえば、主催者であるホストが、自宅でメインとなる手料理を振舞ってくれます。 そのため、手土産として、 主菜となる食べ物(ご飯もの・肉のかたまりなど)を持っていくのは控えましょう。 メインの食材よりも目立つ手土産を持っていってしまうと、ホストが時間をかけて準備してくれたせっかくの手料理も色褪せてしまいますからね。 また、ホストに 「ホームパーティーで何が出てくるのか」を聞いておくことも、手土産を選びやすくなるポイントの一つです。 ホストに聞くというのは、お呼ばれした側としては失礼な行為に思うかもしれませんが、ホームパーティーの準備を協力したい、という意思表示にも取れますので、全然失礼ではありません。 事前に聞くことで、ホームパーティーを盛り上げられる手土産を準備できること間違いなしだね! ホームパーティーの手土産には、個包装で日持ちするものが喜ばれる せっかく美味しい料理やデザートを手土産として持っていたのに、食べるまでに時間がかかったり、みんなに食べてもらえなかったりすると残念ですよね。 手土産として持っていく食べ物は、 一つ一つが小分けで包装されていてすぐに食べられるものを選びましょう。 例えば、ホールのケーキだと、人数分に切り分けたり、お皿を用意する必要があります。 また、加熱が必要なものなど、その場ですぐに食べられないものは、ホストの手間を取らせてしまうことになります。 ホームパーティー初心者さんには、少しハードルの高い手土産だと思いますので気をつけましょう。 また、手土産として持っていく食べ物は、 日持ちのするものを選びましょう。 生菓子など賞味期限の短いものは、ホストに迷惑がかかる可能性があります。 食べきれずに余った場合でも、 持って帰って食べれるように、日持ちのする手土産を選ぶことをおすすめします。 最近では、個包装になっているものもあるから、手間いらずで配れて、余ったらみんなで持ち帰ることもできて一石二鳥だね! 手土産を買う前に、参加者の人数は必ずチェックしよう Photo by on ホームパーティーの手土産を選ぶときに、「何を買うか」だけでなく、 「どれくらい(量)買うか」も気をつけるポイントの一つです。 用意した手土産が人数分なかったときは、せっかくのホームパーティーも気まずい雰囲気になってしまいます。 もし、当日までどれくらいの人数が参加するか不明の場合は、 多めに手土産を持っていくことをおすすめします。

次の