奈良 県 参議院 選挙。 奈良県の選挙|政治山

参議院議員一覧

奈良 県 参議院 選挙

開票速報一覧・記事の見方• は当選。 候補者名の右に「特定枠」とあるのは、特定枠での当選。 開票途中での当選者は、朝日新聞社の判定による。 得票の少ない候補を当選とする場合がある。 政党の獲得議席数が先に決まるため、 がついた候補者の数と一致しない場合がある。 集計途中では、比例区の政党と候補の得票の合計が政党得票総数と一致しない場合がある。 選挙区の数値は、上段が得票数、下段が得票率。 選挙区での政党の略称は、自民(自由民主党)、公明(公明党)、立憲(立憲民主党)、国民(国民民主党)、共産(日本共産党)、維新(日本維新の会)、社民(社会民主党)、れいわ(れいわ新選組)とし、その他は諸派とした。 ブラウザーや端末によって正しく表示されない場合があります。

次の

参議院選挙2019奈良県選挙区の開票結果速報と情勢出口調査|立候補者の当落予想も|議会議員選挙や市長選挙の開票速報・開票結果・立候補者の情勢・当選者出口調査を配信|選挙結果速報ニュース

奈良 県 参議院 選挙

概要 [ ] 参議院議員の任期は6年で、3年ごとに総定数の半数が改選される(、)。 の定数は、選出議員 148名と選出議員 100名の計 248名で構成される(ただし2022年の選挙までは選挙区147名と比例代表98名の計245名)。 選挙区選出議員 148名の半数 74名と比例代表選出議員 100名の半数 50名の計 124名が、3年ごとに交互に改選されていくという仕組みである(2022年改選組は選挙区が73名、比例代表が48名である。 また、で一斉に失職するとは異なり、参議院には解散がない。 このため、が行われている場合でさえ非改選組の参議院議員(参議院議員の半数)がに存在し得ることになり、第3条「の召集の決定を要求するには、いずれかの議院の総議員の4分の1以上の議員が連名で、議長を経由してに要求書を提出しなければならない。 」などの規定により何らかの非常事態の場合に非改選組の参議院議員だけでもたる国会を機能させ得るようになっている。 任期 [ ]• で選出された議員の任期/(28年) - (4年)• で選出された議員の任期/(令和元年) - (令和7年) 会派別所属議員数 [ ]• 2020年(令和2年)5月21日現在。 各会派の議員数のカッコ内は、女性議員で、内数。 名 所属政党 議員数 2022年7月25日任期満了 2025年7月28日任期満了 比例 選挙区 合計 比例 選挙区 合計 自由民主党・ 112名 無所属2名 114 19 20 5 38 5 58 10 18 3 38 6 56 9 立憲・国民.・社民 32名 22名 2名 無所属4名 60 18 12 3 20 7 32 10 12 3 16 5 28 8 公明党 28 5 7 0 7 3 14 3 7 1 7 1 14 2 日本維新の会 16 3 3 1 3 1 6 2 5 0 5 1 10 1 日本共産党 13 5 5 2 1 0 6 2 4 1 3 2 7 3 1名 無所属1名 2 0 1 0 0 1 0 1 0 0 1 0 れいわ新選組 2 1 0 0 0 2 1 0 2 1 1名 無所属1名 2 0 0 1 0 1 0 0 1 0 1 0 無所属 2 2 0 0 0 0 2 2 2 2 正副議長各1名 4名 6 3 0 3 1 3 1 1 1 2 1 3 2 合計 0 245 56 48 11 73 17 121 28 50 10 74 18 124 28 総定数 0 245 48 73 121 50 74 124 選挙区選出議員 [ ]• 2020年(令和2年)5月21日現在。 無所属で別に所属会派がある場合「/」の後に所属会派を表記。 単に無所属としている議員は「各派に属しない議員」扱いとなる。 選挙区 任期満了年 議員氏名 (定数6) 2022年 (令和4年) (自由民主党) (国民民主党) (立憲民主党) 2025年 (令和7年) (自由民主党) (立憲民主党) (自由民主党) (定数2) 2022年 (令和4年) (国民民主党) 2025年 (令和7年) (自由民主党) (定数2) 2022年 (令和4年) (国民民主党) 2025年 (令和7年) (国民民主党) (定数2) 2022年 (令和4年) (無所属/自由民主党・国民の声) 2025年 (令和7年) (立憲民主党) (定数2) 2022年 (令和4年) (自由民主党) 2025年 (令和7年) (無所属) (定数2) 2022年 (令和4年) (無所属/立憲・国民.新緑風会・社民) 2025年 (令和7年) (無所属/立憲・国民.新緑風会・社民) (定数2) 2022年 (令和4年) (国民民主党) 2025年 (令和7年) (自由民主党) (定数4) 2022年 (令和4年) (自由民主党) (無所属/立憲・国民.新緑風会・社民) 2025年 (令和7年) (自由民主党) (立憲民主党) (定数2) 2022年 (令和4年) (自由民主党) 2025年 (令和7年) (自由民主党) (定数2) 2022年 (令和4年) (自由民主党) 2025年 (令和7年) (自由民主党) (定数8) 2022年 (令和4年) (自由民主党) (公明党) (無所属) 2025年 (令和7年) (自由民主党) (立憲民主党) (公明党) (日本共産党) (定数6) 2022年 (令和4年) (自由民主党) (自由民主党) (無所属/立憲・国民.新緑風会・社民) 2025年 (令和7年) (自由民主党) (立憲民主党) (自由民主党) (定数12) 2022年 (令和4年) (立憲民主党) (自由民主党) (公明党) (日本共産党) (自由民主党) (立憲民主党 ) 2025年 (令和7年) (自由民主党) (公明党) (日本共産党) (立憲民主党) (日本維新の会) (自由民主党) (定数8) 2022年 (令和4年) (自由民主党) (公明党) (立憲民主党) (自由民主党) 2025年 (令和7年) (自由民主党) (立憲民主党) (公明党) (日本維新の会) (定数2) 2022年 (令和4年) (国民民主党) 2025年 (令和7年) (立憲民主党) (定数2) 2022年 (令和4年) (自由民主党) 2025年 (令和7年) (自由民主党) (定数2) 2022年 (令和4年) (自由民主党) 2025年 (令和7年) (自由民主党) (定数2) 2022年 (令和4年) (自由民主党) 2025年 (令和7年) (自由民主党) (定数2) 2022年 (令和4年) (立憲民主党) 2025年 (令和7年) (自由民主党) (定数2) 2022年 (令和4年) (立憲民主党) 2025年 (令和7年) (国民民主党) (定数2) 2022年 (令和4年) (自由民主党) 2025年 (令和7年) (自由民主党) (定数4) 2022年 (令和4年) (自由民主党) (無所属) 2025年 (令和7年) (自由民主党) (国民民主党) (定数8) 2022年 (令和4年) (自由民主党) (立憲民主党) (公明党) (国民民主党) 2025年 (令和7年) (自由民主党) (国民民主党) (立憲民主党) (公明党) (定数2) 2022年 (令和4年) (立憲民主党) 2025年 (令和7年) (自由民主党) (定数2) 2022年 (令和4年) (自由民主党) 2025年 (令和7年) (無所属/碧水会) (定数4) 2022年 (令和4年) (自由民主党) (立憲民主党) 2025年 (令和7年) (自由民主党) (日本共産党) (定数8) 2022年 (令和4年) (自由民主党) (日本維新の会) (公明党) (日本維新の会) 2025年 (令和7年) (日本維新の会) (日本維新の会) (公明党) (自由民主党) (定数6) 2022年 (令和4年) (自由民主党) (公明党) (日本維新の会) 2025年 (令和7年) (日本維新の会) (公明党) (自由民主党) (定数2) 2022年 (令和4年) (自由民主党) 2025年 (令和7年) (自由民主党) (定数2) 2022年 (令和4年) (自由民主党) 2025年 (令和7年) (自由民主党) (定数2) 2022年 (令和4年) (自由民主党) 2025年 (令和7年) (自由民主党) (定数2) 2022年 (令和4年) (自由民主党) 2025年 (令和7年) (自由民主党) (定数4) 2022年 (令和4年) (自由民主党) (国民民主党) 2025年 (令和7年) (国民民主党) (自由民主党) (定数2) 2022年 (令和4年) (自由民主党) 2025年 (令和7年) (自由民主党) (定数2) 2022年 (令和4年) (自由民主党) 2025年 (令和7年) (自由民主党) (定数2) 2022年 (令和4年) (自由民主党) 2025年 (令和7年) (自由民主党) (定数2) 2022年 (令和4年) (自由民主党) 2025年 (令和7年) (無所属/碧水会) (定数6) 2022年 (令和4年) (国民民主党) (自由民主党) (公明党) 2025年 (令和7年) (自由民主党) (公明党) (立憲民主党) (定数2) 2022年 (令和4年) (自由民主党) 2025年 (令和7年) (自由民主党) (定数2) 2022年 (令和4年) (自由民主党) 2025年 (令和7年) (自由民主党) (定数2) 2022年 (令和4年) (自由民主党) 2025年 (令和7年) (自由民主党) (定数2) 2022年 (令和4年) (国民民主党) 2025年 (令和7年) (無所属) (定数2) 2022年 (令和4年) (自由民主党) 2025年 (令和7年) (自由民主党) (定数2) 2022年 (令和4年) (自由民主党) 2025年 (令和7年) (自由民主党) (定数2) 2022年 (令和4年) (無所属/沖縄の風) 2025年 (令和7年) (沖縄社会大衆党) 比例代表選出議員 [ ]• 2019年(令和元年)10月23日現在。 2022年(令和4年)7月25日任期満了 自由民主党・国民の声(20) 公明党(7) 立憲・国民.新緑風会・社民(12) 日本共産党(5) 日本維新の会(3) みんなの党(1) 2016年(平成28年)改選時 - 19、11、7、5、4、1、1 2025年(令和7年)7月28日任期満了 自由民主党・国民の声(18) 立憲・国民.新緑風会・社民(12) 公明党(7) 日本維新の会(5) 日本共産党(4) れいわ新選組(2) みんなの党(1) 各派に属しない議員(1) 2019年(令和元年)改選時 - 19、8、7、5、4、3、2、1、1 脚注 [ ] [].

次の

選挙区・比例代表別議員一覧:議員情報:参議院

奈良 県 参議院 選挙

選挙特設ページ• 2020年7月5日投開票 都知事選のニュースはこちら。 2019年7月21日投開票 ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的に• 2019年4月 亥年選挙がスタート。 候補者の顔ぶれや開票速報、企画連載も。 2017年10月22日投開票 自民、公明両党で定数の「3分の2」を維持し、与党が大勝。 2017年7月2日投開票 小池氏支持勢力が過半数、自民は過去最低を大きく下回る23• 2016年7月31日投開票 小池百合子氏が増田氏や鳥越氏ら破り、女性初の都知事に• 2016年7月10日投開票 憲法改正に前向きな「改憲勢力」、参院全体で3分の2を超す• 2015年11月22日投開票 大阪知事に松井氏、大阪市長は吉村氏。 ともに「大阪維新の会」公認• 2015年4月 投票率、各地で最低更新 無投票も増加、空洞化示す• 2014年12月14日投開票 自公大勝、3分の2維持 「アベノミクス」継続へ• 2014年2月9日 舛添要一氏が細川護熙元首相らを破る• 2013年7月21日 自公が圧勝、過半数を獲得。 衆参の多数派が異なる「ねじれ」状態が3年ぶりに解消• 2013年6月23日投開票 自公が全員当選、民主は第4党に転落• 2012年12月16日投開票 自公320議席超、民主は壊滅的敗北。 安倍政権が誕生• 2012年12月16日投開票 石原氏が突然の降板 都知事選に猪瀬直樹氏が初当選.

次の