時候の挨拶 7月。 「時候の挨拶」「季節の挨拶」の書き方とビジネス例文!月別も紹介

時候の挨拶 7月上旬~下旬 書き出しと結び|カジュアル・ビジネス

時候の挨拶 7月

7月の時候の挨拶の基本 陽射しが強くなり、暑さも本格的になる7月は、女郎花月、七夕月、涼月という名前も持っています。 また、土用波、入道雲、夕涼み、タなぎなど、美しい言葉が多い季節です。 7月の時候の挨拶にも7月らしい季節を表す言葉を添えてお手紙を書きましょう。 改まった漢語調の挨拶 時候の挨拶は「~の候」「~のみぎり」という形で使います。 その後には「ご清栄のこととお慶び申し上げます」などの言葉が続きます。 盛夏 仲夏 猛暑 大暑 炎暑 酷暑 向暑 灼熱 炎熱 驟雨(しゅうう) 目的別で時候の挨拶をまとめました ここでは時候の挨拶を使用するシーン別でよく使われるご挨拶を例文としてまとめて見ました。 7月の丁寧な時候の挨拶 定番 上旬、中旬、下旬 時候の挨拶と言われるものは数多く美しい挨拶の例文を集めてみましたが、その中でもよく使われる定番の7月の時候の挨拶を集めてみました。 馴染みの深いものは手紙を受け取る側にとっても気持ちが伝わりやすいことも多くあるため7月の時候の挨拶を添える時に使っていきたいものです。 上旬 中旬 下旬 盛夏のみぎり、皆様にはますますご健勝のことと 心からお喜び申し上げます。 猛暑到来となりましたが みなさま、お元気でお過ごしでしょうか。 梅雨明けを知らせる白南風が吹き、 いよいよ本格的な夏がやってきましたね。 時折の驟雨が暑さ厳しい日々に 一時の涼を残してくれるこの頃です。 驟雨(しゅうう)…夕立のこと。 白雨 はくう ともいう ビジネスでのご挨拶で使える7月の時候の挨拶 ビジネスでのご挨拶は7月のご挨拶や現代ではメールなどでも送られることがあります。 季節の気候に合わせるほか、日本の季節をあらわあす節気に合わせ手のご挨拶などもご紹介します。 時期:上旬・中旬・下旬 節気・季語:盛夏 例文: 拝啓 盛夏の候 貴社におかれましては益々ご清栄のことと心よりお慶び申し上げます。 解説 7月の下旬のころの二十四節気の大暑のころの時候のご挨拶に使いたい例文です。 結婚式の案内状・招待状で使える7月の時候の挨拶の例文 知人へのお礼に使える7月の時候の挨拶の例文 普段からお世話になっている知人にお手紙を書く際に使いたい7月にふさわしい時候の挨拶の例文を紹介しています。 酷暑の候、お変わりなくご活躍のことと、お喜び申し上げます。 先日は、いろいろと御馳走になり、誠にありがとうございました。 いろいろ良くしてくださったお店のご主人様にもくれぐれもよろしくお伝えください 後略。 かしこ 先輩への手紙に添えたい7月の時候の挨拶の例文 拝啓 暑さいよいよ厳しき折り、いかがお過ごしでしょうか?我が家は猛暑に負けじと、冷えたビールを飲みながら、涼を得る日々です。 先日も主人と一献傾けながら、先輩の話になりました。 しばらく御無沙汰しているので、近々ぜひお会いしたいなと思っております。 夏休みのご予定はいかがでしょうか?もしよろしければ、どこかでお食事をご一緒していただけませんか? 後略 少し改まった7月の時候の挨拶 お手紙を書く相手との関係の上でお客様であったり、尊敬する方への季節のご挨拶の時などに使いたい7月の時候の挨拶の例文を集めてみました。 例年にない猛暑の日が続きますが いかがおしのぎでいらっしゃいますか? いよいよ梅隔も明け 木立の緑がますます色濃く感じられる この頃です。 どこからともなく聴こえてくる風鈴の音に 夏の粋を感じる頃となりました。 お暑い日が続きますが お変わりありませんか? 日ごとに陽射しも強くなり 木陰の恋しい季節となりました。 白鳥座のほのかな光を見ながら この子紙を書いています。 通り過ぎたと思った梅雨が また一戻ってきたような 雨模様のこの頃です。 夕顔の花咲く 過ごしやすい夏の夕べに 一筆申し上げます。 盛夏の候、暑さに負けずご活躍のことと 拝察致します。 午後になると蝉時雨が シャワーのように、家の中に注ぎ込みます。 今年の夏は、いかがお過ごしですか? 仲夏のみぎり、ご機嫌いかがですか? 我が家では、子供が大切に育ててきた 朝顔に花がつきました。 夕暮れとともに聴こえてくる 盆踊りの太鼓の音。 裏の細道に咲くおしろい花。 夏が来たのだなあと、実感するこの頃です。 じっとり汗ばむ季節となりました。 体調のほうはいかがでしょうか? お伺い申し上げます。 暑中お見舞い申し上げます。 皆様にはお健やかにお過ごしのことと お慶び申し上げます。 先日の祖母の初盆には いろいろお心配りをいただき まずはお礼申し上げます。 親しい人への7月の時候の挨拶 普段から親しい人へ向けてお手紙を書く際にふさわしい少し肩の力を抜いた7月の時候の挨拶にふさわしい例文を集めてみました。 やっと梅雨が明けましたね。 いよいよ夏!!ロマンティックな恋の季節です。 青い空と入道雲の季節がやってきました。 お元気ですか? 例年にない厳しい暑さが続いていますが 夏バテなどしていませんか? 真っ黒に日焼けした子供達と すれ違うことが多くなりました。 本格的な夏ですね。 チリンチリンと鳴る風鈴の音に 日本の夏を感じるこの頃です。 「今年こそは彼氏をゲット!!」。 七夕の短冊にこの言葉を書いて3年目。 でも、今年の夏は恋の気配を感じています。 夕立を待って空を見上げる日々ですね。 花火の夜には浴衣を着て、 土用の日にはうなぎを食べ、 UVケアも怠らず、 しっかり夏を楽しんでいます。 ダイエットも完了!!新しい水着も買い、 今年は久しぶりに夏の海に 出かけて行こうと思っています。 盆踊りの季節になりましたね。 都会の猛暑の中で暮らしていると 涼しい川風の吹く田舎が懐かしくなります。 暑気払いを口実に、 ビアガーデンに足が向くこの頃です。 お元気ですか。 夏休みの予定はもう立てましたか? 例年にない熱帯夜続きで ちょっぴりへトヘトですが なんとか頑張って暮らしています。 この暑さをものともせず 花壇のひまわりが元気に咲き乱れています。 セミの声に負けないように ビール片手にカラオケで 歌いまくる日々です。 七夕の夜にあなたを思い出しました。 お幸せにお過ごしですか? もうすぐ夏休みですね。 この夏こそはぜひ ご家族で遊びに来ませんか? 7月時候の挨拶の結びの言葉 少しずつ暑さが厳しくなる頃、健康や体調を気遣う言葉で結ぶのが一般的です。 また、来る夏休みの出会いを願う言葉で結んでみてもいいでしょう。 7月の丁寧な時候の挨拶の結びの言葉 いよいよ激しい暑さに向かいます折り ご自愛のほどお祈り申し上げます。 炎天に負けず 元気な夏をお過ごしください。 ご壮健で盛夏を乗り切られますよう 心よりお祈り申し上げます。 盛夏のみぎり、どうぞ素晴らしい夏を 過ごされますよう、お祈りしています。 蝉時雨に包まれるこの頃 お元気で素晴らしい日々をお過ごしください。 親しい方への7月の時候の挨拶の結びの言葉 この夏が素晴らしいものになるように 天の川にお祈りしておきます。 夏休みにはぜひ、こちらにお出かけくださいね。 冷えたビールと美味しい枝豆を用意して お待ちしています。 酷暑で食も細くなりがちですが 栄養はしっかりとって 元気に夏を乗り切ってください。 すいかやかき氷の食べすぎにはご注意を。 陽射しの強い日は、日傘も忘れずにね。 夏風邪にも負けないようにね。 7月の歳時記 七夕 七夕とは、牽牛星と織女星が7月7自の夜、年に1度だけ、天の川を渡って出会える…という古代中国のロマンティックな伝説。 この日、願いごとを書いた短冊を笹に飾ると、思いが叶うといわれています。 年に1度、祈りをこめて空を見上げるのも風流ですよね。 お盆 7月13日から15日までが旧盆です。 お盆の入りには迎え火をたいたり、ナスやキュウリを馬に見立てたお供え物で、祖先の霊や故人を家の中にお迎えします。 仏壇にも豪華なお供え物をするのが一般的。 お盆の終わる15日には、霊が冥土に帰れるように、送り火をたいたり、仏檀に備えた供物を川や海ヘ流します。 これを精霊流しといい、九州では伝統行事として、今も盛大に行なわれています。 お中元 6月下旬からデパートや商店のお中元売り場に活気が出ます。 中元とは、旧暦の7月15日のこと。 お中元は、この日までに送るのがマナーです。 それ以降は「暑中見舞い」とするほうがいいでしょう。 配達で届けるなら、前もって挨拶状を出しておきましょう。 土用丑の日 土用とは、立春・立夏・立秋・立冬の前の18日聞のこと。 夏の土用の入りは7月20日頃です。 この土用の丑の日を「土用丑」として、夏バテしないようにうなぎを食べます。

次の

時候の挨拶 7月(文月:ふみづき)

時候の挨拶 7月

「時候の挨拶」「季節の挨拶」とは? 「時候・季節の挨拶」は季節の移り変わりを表現する礼儀文 「時候の挨拶」「季節の挨拶」とは、季節感を大切にしてきた日本における、手紙の冒頭に用いる礼儀文のことをいいます。 「時候・季節の挨拶」には「漢語調」と「口語調」の2通りがある 「時候・季節の挨拶」には「漢語調」と「口語調」の2通りがあります。 「漢語調」は例えば春であれば「陽春の候(ようしゅんのこう)」というように季節を表す言葉に「の候」をつけます。 「候」とは暑さ寒さなどからみた季節を表す言葉です。 「口語調」は例えば夏であれば「毎日暑い日が続いておりますが」というように話し言葉で季節感を表します。 漢語調の挨拶は格調高く文書を作成したい時に使い、ビジネス文書でよく使われます。 口語調の挨拶は一般的には個人間の手紙に使われますが、ビジネスでも例えば顧客に対してソフトで親しみやすい文書を送りたい時などに使うこともできます。 ここでは漢語調の時候・季節の挨拶を使う場合について説明します。 口語調の時候・季節の挨拶については月別の記事で紹介していますので、あとで紹介するリンク記事を参考にしてください。 「時候・季節の挨拶」を使うビジネスレターの書き方 「拝啓」から始まり「敬具」で終わるのが一般的 プライベートな手紙では「時候・季節の挨拶」から手紙を書きだすことが多いようですが、ビジネスの手紙や公的な手紙の場合は「拝啓」から始めて次に「時候・季節の挨拶」を入れ、「主文」のあとに「結びの言葉」を入れ、「敬具」で終わるのが一般的です。 手紙は「前文」「主文」「末文」の大きく3つで構成されます。 「時候・季節の挨拶」のあとに「繁栄を喜ぶ言葉」と「感謝の言葉」を入れる ビジネスレターの場合は、「拝啓」「時候・季節の挨拶」を書いたら、そのあとに「繁栄を喜ぶ言葉」と「感謝の言葉」を入れるのが一般的です。 ここまでが「前文」です。 「繁栄を喜ぶ言葉」は「貴社ますますご繁栄のことと心からお喜び申し上げます。 」などで、「感謝の言葉」は「平素は格別のご厚情を賜り、厚くお礼申しあげます。 」などがよく使われています。 「前文」のあと「本文」に入ります。 本文は「さて、」「つきましては、」という言葉から始めるのが一般的です。 結びの言葉は「指導を願う言葉」または「繁栄を祈る言葉」+「締めくくりの言葉」 本文を書き終えたら、結びの挨拶の「末文」に入ります。 末文では「指導・愛顧を願う言葉」または「繁栄を祈る言葉」を書き、そのあとに「締めくくりの言葉」を書きます。 「指導・愛顧を願う言葉」は「今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 」などで、「繁栄を祈る言葉」は「末筆ながら貴社の一層のご発展をお祈り申し上げます。 」などがよく使われています。 「締めくくりの言葉」は「まずは書中にてお知らせいたします。 」などが一般的です。 またこの時、前文と末文で同じ言葉が重ならないように注意します。 「時候・季節の挨拶」を使うビジネスレターの型(例文) 「時候・季節の挨拶」を使うビジネスレターの型の例文を紹介します。 〇〇で示した季節ごとの挨拶は次に紹介するリンクの記事で月ごとに紹介しています。 「新緑の候」「歳末の候」などのように季節に応じた言葉を書きます。 拝啓 〇〇の候、貴社ますますご清栄のことと心からお喜び申し上げます。 平素は格別のご厚情を賜り、厚く感謝いたしております。 さて、(主文) つきましては、(主文) 今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 まずは書中にてお知らせいたします。 「繁栄を喜ぶ言葉」の慣用表現• 貴社にはますますご繁栄のことと心よりお喜び申し上げます。 貴社にはご清栄の段、何よりと存じます。 〇〇様にはいよいよご健勝にてご活躍のこととお喜び申し上げます。 「感謝の言葉」の慣用表現• 平素はご支援を賜り厚くお礼申し上げます。 平素は格別のご高配をいただき心から感謝申し上げます。 平素はご愛顧を賜り心からお礼申し上げます。 「指導・愛顧を願う言葉」の慣用表現• 今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 これからも一層のお引き立てをくださいますよう、伏してお願い申し上げます。 今後におきましても変わらぬご高配を賜りたく、心からお願い申し上げます。 「繁栄を祈る言葉」の慣用表現• 末筆ながら貴社の一層のご発展をお祈り申し上げます。 末筆ながら貴社のますますのご活躍を心からお祈り申し上げます。 末筆ながら貴社の一層のご繁栄を心より祈念いたします。 「締めくくりの言葉」の慣用表現• まずは書中にてお知らせいたします。 まずは取り急ぎご案内申し上げます。 まずは取り急ぎご挨拶申し上げます。 「時候・季節の挨拶」月ごとの例文 1月から12月までの月ごとの「時候・季節の挨拶」を使った例文は次の記事を参考にしてください。 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 まとめ 「拝啓」から始めて「敬具」で終わり、さらに「時候・季節の挨拶」も入れたビジネス文書は、格調が高く相手に丁寧な印象を与えることができます。 また「前文」「本文」「末文」と構成を考えて作成することで、必要な要件を簡潔にまとめることができます。 ビジネス文書にも季節を取り入れる日本文化の「型」が生きていますので、ぜひ取り入れてみてください。

次の

【時候の挨拶】7月上旬の言葉と例文まとめ!!梅雨明け季節にピッタリの挨拶まとめ

時候の挨拶 7月

盛夏の候/仲夏の候/真夏の候/酷暑の候/極暑の候/甚暑の候/猛暑の候/炎暑の候/大暑の候/烈暑の候/三伏の候/小暑の候/ 7月の季語の読み方ですが、候は「こう」と読みます。 盛夏の候は「せいかのこう」。 以下、仲夏(ちゅうか)真夏(まなつ)酷暑(こくしょ)極暑(ごくしょ)甚暑(じんしょ)猛暑(もうしょ)炎暑(えんしょ)大暑(たいしょ)烈暑(れっしょ)三伏(さんぷく)小暑(しょうしょ) 季語を使った七月の時候の挨拶は、私的文書では「盛夏の候、いかがおしのぎですか」「酷暑の候、ますますご清勝のこととお喜び申しあげます」、ビジネス文書の場合は「猛暑の候、貴社ますますご隆盛のこととお喜び申しあげます」などと書き出します。 ・ 盛夏の候、いかがお過ごしでしょうか。 ・ 昨今の炎暑、いかがおしのぎですか。 ・ 夏空に雲の峰がひときわ高く立つころとなりました。 ・ 梅雨も明け、暑さも一段と増してまいりました。 ・ 海山の恋しい季節を迎えました。 ・ 連日の暑さにすっかり閉口しております。 ・ 寝苦しい毎夜を迎えています。 ・ いよいよ酷暑を迎える季節となりました。 ・ 暑さも耐えがたい毎日が続いています。 七月の手紙の書き出しは、季節を伝える時候の挨拶文を持ってきて、先方の安否を気づかう言葉を添えます。 「連日しのぎがたい暑さが続いていますが、いかがお過ごしですか」「梅雨も明け、いよいよ夏到来。 ごきげんいかがですか」など。 ビジネス文書の場合は、冒頭部分には季節の挨拶は不要です。 時候の挨拶(の候)のあと、すぐに用件(本文)に入ります。 「酷暑の候、貴社ますますご隆盛のこととお喜び申しあげます。 さて、このたび~」など。 時候の挨拶も省略して「時下ますますご発展のこととお喜び申しあげます」などとしてもかまいません。 結びの挨拶文例(7月) ・ 酷暑の候、お元気でお過ごしください。 ・ 暑さの折からくれぐれもお体をお大事に。 ・ 厳しい暑さが続きますが、楽しい夏をお過ごしください。 ・ 寝苦しい夜が続いています。 くれぐれもご自愛ください。 ・ うっとうしい毎日ですが、お体を大切にお過ごしください。 ・ きびしい暑さにもめげず、つつがなくお過ごしください。 ・ 草木も生気を失う日が続いております。 ご自愛専一に。 七月の手紙の結びは、季節の言葉を入れたあと「くれぐれもお体をお大事に」「元気でお過ごしください」などの挨拶文を添えます。 「炎暑しのぎがたい日が続いております。 ご自愛専一に。 」「海山の恋しい季節、お元気でお過ごしください。 」といった感じでまとめます。 ビジネス文書の場合は文末には季節の挨拶は入れません。 用件を述べたたあと「まずはご連絡まで」「とり急ぎご照会申しあげます」「以上よろしくお願いいたします」などの言葉で結びます。 7月の手紙の挨拶文(初旬・中旬・下旬) 時候の挨拶は、月の前半・月の後半とか、初旬・中旬・下旬などと、使い分けなくても大丈夫です。 7月なら「猛暑の候ますますご清祥のこととお喜び申しあげます」と、書き出しに、7月の季語を使った「の候」を入れておけば問題ありません。 初旬・中旬・下旬と使い分けて、7月の季節感を出したい場合は、7月に行なわれる行事や雑節などを織り込んで、次のような書き出しにします。 7月の別名や昔の呼び名(和風月名) 7月の昔の呼び名(和風月名=わふうげつめい)を季語に使って手紙の書き出しに入れると、ひと味違った季節感のある挨拶文になります。 7月の代表的な和風月名は「文月」。 読み方は「ふみづき」。 意味は、書物(文=ふみ)を夜風にさらす月(つき)という風習が転じたもの。 このほかにも諸説あります。 7月の別名には次のような呼び名があります。 愛逢月(あいおうづき)秋初月(あきはづき)女郎花月(おみなえしづき)首秋(しゅしゅう)上秋(じょうしゅう)七夕月(たなばたつき)棚機月(たなばたづき)桐月(とうげつ)桐秋(とうしゅう)七夜月(たなよつき)否月(ひづき)親月(ふづき・ふみづき)相月(ふみづき)文被月(ふみひろげつき)書被月(ふみひろげつき)迎鐘(むかいつき)愛合月(めであいつき)孟秋(もうしゅう)蘭月(らんげつ)蘭月(らんしゅう)流火(りゅうか)涼月(りょうげつ) 7月:外国語の呼び方 7月は英語では「July」(ジュライ)と言いますが、語源は、エジプトの太陽暦をもとにユリウス暦を制定した古代ローマの政治家・ジュリアス・シーザーの生まれた月にちなんでつけられたものと言われています。 今日はソフトクリームの日。 小学生のとき上野科学博物館の地下食堂で食べたソフトクリームの味が忘れられない今日この頃。 いかがお過ごしですか。 今日はかき氷の日。 連日の猛暑日でこちらは毎日がかき氷の日となっています(笑)夏バテなどしていませんか。 今年も娘と入谷朝顔市に行ってきました。 今日と明日は浅草寺のほおずき市ですね。 五年前に家族で行きましたが、あまりの人の多さに、早々と帰ってきました。 お中元のお礼はがき文例<7月> 7月に、お中元をいただいたお礼のはがきを作りました(上記の写真)。 礼状なので前文は省略。 季節の挨拶は結びの言葉だけに入れました。 礼状の書き出しに時候の挨拶を入れないのは、うれしさのあまりに時候の挨拶をを忘れてしまいました、という意味あいがあります。 お礼のはがきを書く手順としては、最初にお礼の言葉を述べたあと、いただいた品物の具体的な感想を書いて、季節の挨拶を添えて(7月の場合は「厳しい暑さが続きますが、くれぐれもご自愛ください」など)、最後に「まずはお礼まで」と書いて結びます。 はがきの文面は以下のとおり。 実際は縦書きで印刷しました。

次の