蚊 に 刺され やすい 人 特徴。 蚊に刺されやすい人「7つの条件」。服装は?血液型は?

蚊に刺されやすい人の特徴は?血液型や体質が関係ある?

蚊 に 刺され やすい 人 特徴

スポンサーリンク 蚊に刺されやすい人の特徴はあるのか 蚊に刺されやすい人の特徴は、こんな人です! ・体温が高い人 ・汗をかきやすい人 ・肥満傾向の人 ・お酒を飲む人 ・運動した後の人 蚊は、 二酸化炭素や 汗から出てくる乳酸に反応しているとされており、二酸化炭素の濃度と温度のわずかな差を探知して、そこに近づいてきます。 感知範囲は3~6メートルと結構広め。 上記にあげたような、体温の高めの方、汗をかきやすい方、代謝の良い方は、二酸化炭素や乳酸が体から多く出ており、運動後や肥満傾向の方は、 吐く息の量が多くなり蚊をおびき寄せやすくなります。 お酒を飲まれる方は、 体の中でアルコールが分解されるときに二酸化炭素が発生するので、刺されやすい傾向にあります。 汗をかきやすい人は、 汗がダラダラ流れ出ている時よりも、じんわりとにじみ出ている時に蚊が寄ってきます。 その他では、化粧品などに含まれている一部の化学薬品も蚊を引き寄せると言われています。 スポンサーリンク 蚊に刺されやすい人は血液型も関係あり? 蚊に刺されやすい特徴の一つに、血液型がO型の人は刺されやすい!と耳にしたことありませんか? この噂の真意はいかに?というところですが、 一部の研究者では、 「O型の人が分泌する成分が他の血液型に比べて蚊を引き寄せやすい」 という実験結果の報告がされているようです。 人の血を吸うのは交尾後の産卵を控えたメスのみで、普段は花の蜜を吸って生きています。 O型の血液は花の蜜と成分が似ていると言われています。 花の蜜と成分が似ているO型の人に寄ってきているという考えもあるようです。 しかし、血液型は関係ないと唱える研究者もいたり…。 血液型原因説は、正しいか正しくないか、未だ科学でもハッキリとわからないところが現状のようです。 蚊に刺されやすい人は〇〇の菌が多い 血液型説では賛否両論ありますが、これだけは確かにわかっていることがあります。 それは、 「足の裏の常在菌」 どうやら刺されやすい人は足の裏の常在菌の種類が非常に多いそうです。 ただし菌が多いから足が臭い…!というわけではないとのこと。 なんとこの事実を発見したのは高校生の男の子。 自分の妹がすごく蚊に刺されやすいので、妹の体の何に反応して蚊が集まるのか実験していたところ、靴下に反応して、盛んに血を吸おうとしていたのを発見したそうです。 しかし、刺されやすさと足のニオイは関係ないとわかり、足の裏の菌を培養してみたところ、常在菌の種類が多いことが判明しました。 世界的にもすごい発見だったそうで、以前テレビ番組で取り上げられた時もかなりの反響を呼びました。 足の裏は非常に汗をかきやすく、さらに靴や靴下を穿いているために通気性が悪くなり、菌が繁殖するための元になる垢や角質も多いため常在菌が増殖しやすいです。 どうやらこの常在菌が出す化学物質に、蚊を引き寄せる成分があるのではないか?ということのようです。 また蚊は腕よりも 足に惹かれる傾向があります。 おそらくこの常在菌が関係していると考えられます。 外出前に足の裏を綺麗にしておくだけで、蚊に刺される頻度が大幅に減るとの結果も! 是非試してみてくださいね。 まとめ 蚊に刺されやすい人の特徴で関係があるのではないか?と思われるものをご紹介しました。 意外なのが、足の裏の常在菌多さで刺されやすいか刺されにくいかが変わるという事! 常在菌が多いからといって、不潔なわけではありませんが、足の裏を洗って菌を少なくすることで、もう蚊の集中攻撃を食らわずにすむかもしれません。 >> >>.

次の

蚊に刺されやすい人の特徴と体質!ブヨやアブにも刺されやすいぞ!

蚊 に 刺され やすい 人 特徴

同じ場所にいても、何箇所も蚊に刺される人もいれば、一箇所も刺されてない人もいます 人の体から血を吸い、かゆみでイライラさせる夏の蚊は、どうにも不快な存在です。 ところで、「O型の人」「太っている人」「黒い服を着ている人」「お酒を飲んでいる人」などは、蚊に刺されやすいといわれますが、これらは本当のことでしょうか? 本来、蚊は花の蜜や草の汁などを吸って生活しています。 ところが5~10月の産卵期になると、卵に栄養を与えるために、メスだけが人や動物から血を吸うようになります。 この産卵期のメスは、人や動物が発するさまざまな成分に反応して、吸血のターゲットを感知して寄ってくるのです。 蚊を引き寄せるものとして、人や動物が呼吸するときにはき出す二酸化炭素、熱 体温 、汗などはよく知られています。 また蚊の色覚は白と黒のみで、暗くて濃い色を好んで寄っていきます。 このような習性から、「汗をかいている人」「体温の高い人」「黒など濃い色の服を着ている人」は、蚊のターゲットになりやすいといえます。 なお、都市伝説のような「O型の人は蚊にさされやすい」という説は、実は本当のことのようです。 ただし、はっきりした理由は不明です。 一部の実験で、4つの血液型の中で、O型の分泌する成分が蚊を引きつけやすいという結果はありますが、その成分が何かは解明されていません。 蚊に刺されやすいのはどんな人? 蚊のターゲットになる条件、「二酸化炭素」「熱(体温)」「汗」「血液型がO型」から、刺されやすい人をさらに具体的に見てみましょう。 また体温が上がれば発汗も促されるので、さらに蚊を引きつけます。 呼吸数も増えるので、はき出す二酸化炭素の量が増えると、蚊を引きつける条件がすべて整うため、蚊にとって絶好のターゲットになります。 また肥満の人は汗をかきやすいため、格好のターゲットといえるのかもしれません。 とくに妊娠後期はお腹で肺が圧迫されるので、呼吸数が増えて二酸化炭素の量も増えるので、蚊に感知されやすくなるようです。 生きている以上、呼吸をしないわけにはいきませんし、体温や汗も自分で調節するのはむずかしい。 となれば、蚊に刺されるのは仕方がないと、諦めるしかないのでしょうか……。 蚊に刺されないための対策法・簡単にできる蚊避け 体質を変えることはできませんが、蚊が寄ってきにくくし、来ても刺されにくくする対策はできます。 まず、自宅の庭やベランダには、蚊の産卵場所になる水たまりができないように、空き缶やバケツなどを放置しないこと。 またベランダや玄関に虫除けグッズを置いておくと、蚊が家の中に侵入しにくくなります。 外出時には、明るい色の服を着て、肌の露出を控えること。 草地や木陰などに行くときは、ゆったりとした薄手の長袖や長ズボンを着用しましょう。 肌が出ているところには、虫除けスプレーで対処します。 裸足にサンダル履きの場合は、足元へのスプレーも忘れずに。 また、汗の臭いで蚊を引きつけないように、こまめに拭きとりましょう。 ちなみに、蚊の種類によって、吸血する時間帯が異なります。 一般にみられる蚊のうち、アカイエカは夕方から夜にかけて、ヒトスジシマカ 通称ヤブ蚊 は昼から夕方にかけて吸血します。 2014年の夏は、約60年ぶりに発生した、ヒトスジシマカが媒介するデング熱が社会問題になりました。 蚊に刺されることは、かゆみや腫れが起こる不快な症状だけでなく、このように感染症になる危険もあります。 できるだけ蚊に刺されないように注意をして、毎日を快適に過ごしましょう。 (監修:美と健康ガイド・(皮膚科・皮膚外科医)).

次の

赤ちゃんや子供も!蚊に刺されやすい人の5つの特徴

蚊 に 刺され やすい 人 特徴

そこで今回は、蚊の 雑学を話しつつ、刺されやすい人の 特徴をいくつか紹介していこうと思います。 O型の人が刺されやすいって本当なの!? 蚊は人が発する 分泌液で人を識別するのですが、A型・B型・O型・AB型と4種類ある血液型の中で、 O型が蚊が好むとされています。 あるチームが行った研究によると、A型の人よりもO型の人は約 2倍近く刺されやすいデータが出るほど。 という事は、O型が蚊に刺されやすいという噂は本当だと言っても良いでしょう。 しかし、何故蚊はO型を好むのかという科学的根拠はないそうです。 刺された後に腫れる理由は? 蚊に刺されると、患部がプクプクと腫れますよね。 そして腫れた部分が痒くなるはずです。 注射を刺されても腫れないのに、何故蚊に刺されたらこういった症状が表れるのか?? それは、、蚊の『 唾液』が深く関係しているんです。 蚊は人や動物を刺すときに唾液を出します。 そして、その唾液には2つの作用があります。 蚊に刺されやすい人の特徴 蚊が好む色の服を着用している 蚊が好む色があるのをご存知でしょうか?? どんな色を好むのかと言いますと、蚊は『 暗い色』つまり、黒色に反応しやすいと言われています。 蚊は目が悪く、 白と 黒の2つの色しか識別できないため、必然的に濃い黒色を好むのではないかと言われています。 黒はどんな色とも合わせやすいので、コーディネートで取り入れられる事が多いと思います。 暗い色の服を着てはダメとは言いませんが、蚊に刺されやすいなと感じた時は 明るい色 の服装で過ごすのが良いかもしれません。 体臭の強い人 先程も話しましたが、蚊は2つの色しか識別出来ないほど 目の悪い生き物です。 目が悪い分、『 嗅覚受容体 』というセンサーを使い、匂いを感知して獲物を探します。 そのセンサーに感知されやすいのが人間の 体臭。 夏には多く 汗をかくと思いますので、代謝が良い人は特に注意です。 汗の染み込んだ服は蚊にとっては最高の獲物ですからね。 これから蚊に多く刺されないためにも、暑い日は タオルを常備し、頻繁に汗を拭きとるよう心がけましょう。 ビールをよく飲む人 ビールをよく飲む人は蚊に刺されやすいんです。 理由は至って簡単で、ビールを飲むことで体温が上がり、 二酸化炭素が多く放出されるからです。 また、ビールを飲んだ後に吐く 息も蚊にとっては好みの匂いだと言われています。 しかし、蚊に刺されやすいからビールを控えろと言うのも無理だと思うので、蚊が多く出現する時期はなるべく外での飲酒は控えるようにしてください。 また、バーべーキューなどであれば、 虫よけ効果のある塗り薬 を事前に塗っておくなどの対策をしてから飲酒を楽しむようにしましょう。 刺された時に試してほしい対処法 一番手っ取り早いのは、市販されている『 ムヒ』を塗ることでしょう。 しかし、ムヒを購入していない家庭も多くあると思うので、自宅で簡単に出来る対処法をいくつか紹介します。 患部を冷やす 刺された箇所を冷やすことで 一時的に痒みを止める事が出来ます。 これは、脳が痛みよりも冷たさを優先して感知するため、一時的に痒く感じなくなります。 しかし、冷却するだけだと直ぐに痒さがぶり返してきますので、冷却後に違う処置を行うようにしましょう。 患部を密閉する 刺された箇所に 絆創膏を貼りましょう。 絆創膏が無い場合は セロハンテープで代用可 痒くなる原因は蚊の唾液だという事実をお話しましたが、唾液の痒み効果は 空気に触れることによって発症するのです。 ですので、空気に触れないようにすれば痒みが収まるというわけです。 しかし、石鹸であれば何でも良いといったわけではなく、『 アルカリ性 』の石鹸で洗うようにしてください。 何故かと言うと、蚊の唾液は 酸性で生成されているため、アルカリ性と混ぜることで 中和します。 中和してしまえば唾液の痒み効果が薄まり、患部の痒みが徐々に抑えられていくというわけです。 刺された 直後に洗ってあげると痒みを抑える効果が増大するらしいので、自宅で刺された場合は直ぐに処置するようにしましょう。

次の