ハムスター 食べ物。 ゴールデンハムスターの好きな食べ物と嫌いな食べ物の話。

ハムスターの下痢の原因と対処方法・治し方・関係する食べ物・元気・薬

ハムスター 食べ物

ハムスターに食べさせた方がよいもの ハムスターが喜んで食べてくれてなおかつ健康にも良いものを紹介します。 カイワレだいこん おすすめ食材。 栄養価が高く、何度か採取できるのでコスパも良好。 味が強いので食べない子もいるかも? 豆苗 えんどう豆の発芽野菜。 我が家では料理で使った後にほったらかしにして増やしたものを与えてます。 栄養価も高く、柔らかくて嗜好性は抜群ですが意外と糖質が多いので与えすぎには注意が必要。 かぼちゃ 甘くてハムスターも大好き。 栄養価も抜群なので是非おやつに取り入れたい野菜です。 カロリーが高いので与えすぎて太らせないように注意しましょう。 キャベツ 食物繊維と栄養価が高い。 いつも冷蔵庫入ってるので重宝します。 かぶの葉 かぶの根を与える必要はありませんが、葉っぱは栄養は豊富です。 だいこんの葉 こちらも根には栄養が無くメリットがありません。 葉っぱをあげましょう。 さつまいも 甘くてハムスターの好物。 与えすぎて糖質過多にならないようにしましょう。 とうもろこし 甘くて食感も良いのでおやつにしている飼い主も多いのでは? 生でも茹でてもいいですが缶詰は控えた方がいいかもしれません。 にんじん 我が家のハムスターのおやつです。 栄養価も高く適度な甘みがあり食いつき抜群。 茹でるとさらに甘みアップで入れ食い。 パセリ 超栄養豊富野菜。 カルシウムが多いので与えすぎに注意。 ブロッコリー 我が家のハムスターの副菜。 人間にもハムスターにも高栄養価でがん予防にもなる。 オレンジ 糖分と水分が多いので少量与えてください。 元気が無い時のエナジードリンク感覚。 キウイフルーツ こちらもハムスターのエナジードリンク。 パワーアップ!与えすぎると下痢するよ。 いちご 水分が多いのでドライフルーツのいちごがいいかも。 食いつき抜群。 ハムスターに与えない方がいいもの 食べ過ぎると健康に良くないが少量ならあげてもいいものを紹介します。 小松菜 栄養価は高いが、シュウ酸が含まれていて、カルシウムも多すぎ。 与えすぎると内臓系にダメージを与える可能性があるので少量ならOK。 ちんげん菜 こちらも栄養価は高いがシュウ酸がデメリット。 冬瓜(とうがん) 栄養価低いのでわざわざ与えるメリットはありません。 トマト 青い実や、葉には中毒を起こす可能性がある。 熟れていてもリスクを犯してまで与える必要は無いでしょう。 オクラ ネバネバしているものは明らかにダメ。 ハムスターが上手に食べれません。 カリフラワー ブロッコリーが良いならカリフラワーも良さそうだがシュウ酸が豊富でNG。 きゅうり 水分が多いのでダメ。 脱水している時などは少量与えてもいいかも。 春菊 総合力は高いが、カルシウムとシュウ酸が多くて残念。 ミルワームにあげましょう。 セロリ 匂いが独特で、食べるハムスターもいないとは思いますが、シュウ酸がデメリット。 水菜 若干発がん性物質が含まれる。 茹でてしっかり絞れば食べさせれないことは無いが、茹でたら栄養素も抜けるので利なし。 白菜 薄くて緑の部分は与えれますが白い部分は水分が多くてNG。 ピーマン この手の形の野菜は微量の有毒成分がある。 ただ栄養価は抜群なので極少量なら与えていいかも。 感のいいハムスターは食べません。 ほうれん草 栄養満点だけどやっぱり葉物はシュウ酸とカルシウムの高さがデメリット。 もやし 水分多めで栄養低め、食感はいいので食べてくれるハムスターはいるかも。 レタス ザ・栄養少ない野菜。 特に与えるメリットはありません。 グレープフルーツ 酸っぱいから多分食べない。 食べても水分取りすぎます。 スイカ 小学校の頃カブトムシに与えて痛い目に会いましたよね?下痢するのでやめてください。 パイナップル ハムスター用の乾燥パイナップルとか売ってあるけど、生は消化酵素が多いからダメなんです。 ぶどう 皮を剥いてあげれば、少量与えていいです。 皮はタンニンを含むので毒です。 我が家のハムスターは近づけた瞬間グエーッって顔を背けます。 みかん オレンジに比べて水分が多いので残念。 でも甘くて美味しいので好きなハムスターも多いはず。 桃 熟した実なら与えれないこともないですが、未完熟な実とタネはアミグダリンという毒があるのでリスクを犯してまで与えるメリットありません。 柿 タンニンが豊富で有名。 完熟して甘くなったものならタンニンは少ないけど、デメリットが多い。 栗 タンニンを含んだ渋皮を剥いて茹でればOK。 手間をかけてまで与える必要なし。 さくらんぼ 未完熟なものと種に強烈な毒がある。 やめとけ 梨 未完熟なものと種に毒があるし、水分多すぎ。 バナナ ベチャベチャ系で食べにくい。 頬袋に張り付きそうで怖い。 マンゴー アレルギーを起こす危険性あり、ドライフルーツならOK。 メロン 水分多いし、贅沢。 りんご 熟してないものと種に毒性あり。 熟したものはおやつ程度に少しだけ。 ハムスターに与えてはいけないもの 少量でも危険な、ハムスターにとって毒となる食べ物。 ねぎ 言わずと知れた危険野菜。 中毒成分があり、命の危険も。 玉ねぎ 上に同じく、中毒で死にます。 アスパラガス 実はネギや玉ねぎと同じユリ科なんです。 中毒起こします。 銀杏 中毒を起こし、痙攣や嘔吐などの後死に至ります。 じゃがいも 芽や葉にソラニンという中毒成分が含まれる。 これは人間も同様。 生姜 刺激が強いのでそもそも食べないとは思いますが、刺激強すぎて内臓にダメージ。 なす 種に中毒成分のソラニンが含まれます。 ごぼう タンニンが含まれており、消化器や内臓にダメージを与える。 唐辛子 カプサイシンで胃腸にダメージ。 鳥は大丈夫なのが不思議。 どんぐり 好きそうなので拾ってきて食べさせたい気持ちもわかりますが、タンニンが多くて危険。 にら ネギ系の野菜と同様に中毒成分が含まれています。 芽キャベツ 実はキャベツと芽キャベツは別の野菜。 キャベツが良いならと考えがちだが危険野菜。 腫瘍ができるんだって! モロヘイヤ ネバネバしてるし、毒があるし、カルシウムも多くて全然ダメ。 レンコン ネバネバしてるし、タンニンが含まれます。 にんにく 即死級の毒性。 流石に臭くて食べないとは思うが、、、 ミョウガ にんにくと同様の毒性を持つので絶対与えないでね。 わらび 実はユリ科。 毒性があり腎障害となります。 アボカド ペルジンという中毒成分があり、ハムスターには猛毒。 びわ 桃系果物にはアミグダリンという中毒物質が含まれる。 絶対に与えてはならない。 杏 こちらも桃系。 ダメです。 梅 与えることはないと思いますが、これも桃系の毒果物。 加工品など人間の食べ物は絶対に与えないで わざわざ言うことではないかもしれませんが、人間が食べる加工品はあくまで人間用です。 チョコートやクッキー、コーヒーや乳製品など、与えると命に関わるものばかりです。 また、ご飯やパスタ等の粘り気のあるものは頬袋の中にくっ付いて取り出せなくなる可能性があり、頬袋が腐って炎症を起こし、穴が空いてしまいます。 美味しいものを分け与えたい気持ちはわかりますが、それはハムスターにとっては毒を食わされているようなものです。 絶対にハムスターに与えないようにしましょう。 また、食べ物に関しては命に関わるシビアなところなので、この記事を鵜呑みにせず。 他にもしらべてみてください。 随時更新していきますのでおかしな部分がありましたら、コメント欄やツイッターなどで訂正お願いします。 ゴールデンハムスター用のおすすめペレットはこちら サクサク系でおすすめのペレットは下記のジェックス ハムスタープレミアムフード ゴールデン専用。 元気なハムスターにおすすめのガリガリ系ペレットは下記のフィード・ワン ハムスターフード ハードタイプ。

次の

ハムスターに食べさせたら危険な食べ物!

ハムスター 食べ物

ハムスターのエサ種類 ハムスターは雑食性で何でも食べます。 しかし偏ったエサはやはり栄養バランスが悪くなり健康にも影響します。 ハムスターのエサにはいろいろありますが、ペレットを主食に野菜、穀類、の他にも動物性のタンパク質が必要になります。 これらの物をバランス良く与えましょう。 ペレット ペレットとは、人工的につくられたエサです。 ペレットには半生の物や乾燥した固形のタイプがあります。 半生は傷み易いので長期保存には適していません。 乾燥した固形の場合は日持ちが良く、しかも硬い事でハムスターの歯が伸びすぎるのを防いでくれます。 基本的に栄養バランスを考え凝縮されてるのでこれを主食に他にもいろいろハムスターに与えましょう。 ハムスターは意外と好き嫌いがあるので食べてくれない事もありますが、慣れさせれば食べてくれます。 栄養成分ですがタンパク質16%、脂肪5%、繊維12%以上を目安に選ぶと良いと思います。 野菜 ハムスターにとって野菜も主食の一つです。 野菜の水分があれば、給水器の水を飲まなくても平気な場合があります。 野菜をあげる時は水でよく洗いましょう。 農薬がついてると良くないですからね。 洗ったあとは水分を拭き取るなりして水気をとりましょう。 そして食べやすい大きさに切ってあげましょう。 ハムスターが両手で持てる位が良いと思います。 これらは少なめにあげましょう。 種子 ハムスターにとって種子は嗜好品でありとても喜んで食べます。 しかしカロリーがとても高いので、与えすぎると肥満になりますので、分量には気をつけて与えましょう。 ヒマワリの種、ピーナッツ、アーモンド、クルミ、ピスタチオ等 野草・牧草 自然界では普通に生えているので公園など探せば野草は手に入ります。 必ず必要ではないですがたまには与えても良いと思います。 また何が付いているか分からないので与えるときは水で洗いましょう。 ハコベ、タンポポ、クローバー、ナズナ、オオバコ、アルファルファ、チモシー等 動物性タンパク質 2~3日に一回動物性タンパク質のエサをあげましょう。 ごく少量で問題ないです。 ゆで卵の白身、煮干、チーズ、小動物用のミルク、ヨーグルト、豆腐、ゆでた鶏肉、ドッグフード、キャットフード、ミルワーム等 煮干やチーズ等をあげる場合は塩分の少ない物を選びましょう。 果物 果物は等分が多いのであげ過ぎには気をつけましょう。 あげる時はもちろん新鮮な物を選び、水洗いして与えましょう。 りんご、メロン、ぶどう、イチゴ、バナナ、パイナップル等 果物の中にはハムスターにとって有害な物もあるのであげないようにしましょう。 サプリメント ハムスター用のビタミン剤やミネラル剤が市販されています。 ハムスターの健康を保つ効果があるので、与えても良いと思います。 液状と固形などいろいろありますが、どれでも問題は無いです。 食べてはいけない物 ハムスターにとって有害な食べ物は結構人間の身近な物が多いので気をつけましょう。 また食べて良いものでもあげ過ぎると健康に良くないので糖分と塩分には気をつけましょう。 食事の与え方 エサの与え方 ハムスターのエサの与え方は一日一回夕方に与えましょう。 なぜ夕方かというと、ハムスターは夜行性なので調度起きた頃にエサを食べるからです。 与えるものは基本はペレットにしましょう。 ペレットは毎日夕方に新しいのと取り替えましょう。 水分も毎日取り替えましょう。 野菜や果実は翌朝になってまだ残ってら捨てましょう。 またカロリーの高い種子類は2~3日に一回与えれば大丈夫です。 同じように動物性タンパク質も2~3日に一回で大丈夫です。 逆に与えすぎると肥満の原因になります。 人間と同じように肥満なハムスターは健康に良くなくいろんな病気の原因にもなりやすいので気をつけましょう。 ハムスターの 一日の食事の量は体重の5~10%が目安です。 ゴールデンハムスターなら ペレット10~15グラム 水10~30ミリリットル これに野菜や果物、動物性タンパク質等を少し添えます。 ドワーフハムスターなら ペレット3~4グラム 水5~8ミリリットル これに野菜や果物、動物性タンパク質等を少し添えます。 ドワーフハムスターの場合大きすぎるペレットは砕いてあげた方が食べやすくなります。 ハムスターの中にはあまり水を飲まない固体もいますが、野菜や果物から水分を取ってるので心配はいりません。

次の

ハムスターの寿命が延びた!なにを食べさせたら寿命と老化を伸ばせるのか?

ハムスター 食べ物

【目次】ハムスターの餌やりの方法と与えていい食べ物まとめ! ペレット 15~20%のたんぱく質と4~5%の脂肪を含む、ハムスターの主食です。 ペレットには半生タイプと固形タイプがあります。 固形タイプは傷みにくく長期保存が可能で、硬いためかじって食べることで歯の伸び過ぎの予防にもなります。 ハムスターは餌をため込む習性があるため、あればあるだけ食べてしまいます。 1日の適量である体重の20%を守って与えるようにしましょう。 大人のゴールデン・ハムスターの場合は約10~15g、大人のドワーフハムスターの場合は約5gが適量です。 主食であるペレットと一緒に、新鮮な水も常に用意してください。 ペレットの交換 固形タイプのペレットは腐りにくいので、毎日交換する必要はありません。 ハムスターは食べ物の少ないところに住み、餌を効率よく溜めるためにほお袋を進化させた動物です。 そのため、餌が少ないと思うと必要以上に巣箱などに溜め込もうとします。 また、巣箱などに溜めてある餌を飼い主が捨てたりしてしまうと、餌を盗まれたと思うことがあり、ハムスターとの関係が悪くなることもあります。 それを防ぐためにも、数日間は減った分だけ継ぎ足し、常に餌が入っている状態にしましょう。 餌入れの掃除は、たまに除菌ができるウェットティッシュで拭いてあげる程度で大丈夫です。 ハムスターが入ってしまう大きさの餌入れの場合は、汚れるのが早いためこまめに清掃するようにしてください。 水の交換 夏は水が腐りやすいので、出来れば1日2回ほど水を入れ替えます。 基本的に夜行性のハムスターですが、暑いと昼間も起きて水を飲むので、夏は朝と夕方に交換するのが良いでしょう。 冬も1日1回は交換してください。 水を交換する際、給水器をしっかりすすぎましょう。 ときどき、ほ乳瓶を消毒する薬品で消毒してください。 野菜 野菜もハムスターの主食ですが、栄養バランスの優れたペレットを主食として与える場合、カロリーを摂りすぎないように野菜は副食として考えます。 よく洗い、ハムスターが手で持ちやすい大きさに切って、1日に2~3枚ほど与えます。 与えて良い野菜 ほうれん草、小松菜、カボチャ、にんじん、キャベツ、キュウリ、大根、さつまいも、ジャガイモ、大豆、えんどう豆など。 与え過ぎに注意するべき野菜 トマト、レタス、キュウリなど水分の多い野菜は、与え過ぎると下痢をすることがあるため注意が必要です。 果物 ハムスターの好物ですが、糖分が多いので与え過ぎには注意してください。 与える場合はおやつ程度に考え、数日に1回、少量を与えましょう。 与えて良い果物 りんご、メロン、ぶどう、イチゴ、バナナ、パイナップルなど。 野菜、果物の交換 キャベツのように腐りにくいものを除いて、傷みやすい生野菜、果物を残した場合はこまめな交換が必要です。 傷みにくい乾燥野菜を与えることも出来ますが、生野菜や果物からも水分補給をするので、出来れば乾燥野菜は避けてください。 鮮度は落ちますが、残したキャベツなどはジッパー付きビニール袋に入れて、冷蔵庫で保存すると1ヶ月くらいは持ちます。 野菜用の餌入れは大きいため、ハムスターが中に入ってしまいます。 餌を交換するたびに洗うか、除菌用が出来るウェットティッシュで拭いてあげましょう。 野草 必ず与える必要はありませんが、与える際はおやつ程度にたまに与えるのが良いでしょう。 あらかじめよく洗って与えてください。 与えて良い野草 ハコベ、タンポポ、クローバー、ナズナ、オオバコ、アルファルファ、チモシーなど。 たんぱく質 ハムスターは本来、昆虫や爬虫類などを食べてたんぱく質を摂ります。 少量の動物性たんぱく質を2~3日に1回与えましょう。 塩や醤油などの味付けは必要ありません。 与えて良いたんぱく質 ゆで卵の白身、煮干、チーズ、小動物用のミルク、ヨーグルト、豆腐、ゆでた鶏肉、ドッグフード、キャットフード、ミルワームなど。 種子 ヒマワリの種に代表されるように、種子もハムスターの好物です。 ただし、カロリーが高いため与え過ぎには注意してください。 与えて良い種子 ヒマワリの種、ピーナッツ、アーモンド、クルミ、ピスタチオなど。 サプリメント ハムスター用のビタミン剤やミネラル剤が販売されています。 液状や固形など様々な種類があるので、用途に合わせて適量を与えましょう。 ハムスターに与えてはいけない食べ物 人間には無害でも、ハムスターにとって有害な食べ物が多数あります。 下記の食べ物は与えないようにしてください。 玉ねぎ、長ネギ、ニラ、ニンニク 玉ねぎにはげっ歯目の赤血球を破壊する成分が含まれています。 長ネギ、ニラ、ニンニクもハムスターには刺激が強いため与えないでください。 チョコレート チョコレートに含まれるテオプロミンとカフェインによって、腎臓障害や神経症を引き起こすことがあります。 摂取しすぎると、心不全を起こして命を落としてしまうこともあります。 アボガド 実、種、茎、枝すべてに有毒成分が含まれており、食べると、けいれん発作や抗うつ、呼吸困難、肝障害を引き起こすことがあります。 ウメ、モモ、ビワ、アンズ 種の中に含まれるアミグタリンを摂取すると、呼吸困難や心臓麻痺を引き起こすことがあります。 その他、与えてはいけない植物 チューリップ、スズラン、ヒガンバナ、ポトス、ゴムの木、ベゴニア、ツツジ、キョウチクトウ、サツキ、ツツジ、シダ、カラジューム、クリスマスローズ、ジンチョウゲ、ディフェンバギア、オシロイバナ、ヒヤシンス、アジサイ、アイリス、アヤメ、ショウブ、スズラン、アサガオ、スイセン、ポインセチアなど。 いずれも、ハムスターにとって有毒な成分が含まれています。 以上ハムスターの餌についてご紹介しました。 正しく健康的な餌やりで、末永く一緒に過ごしたいですね。

次の