がん保険 一時金 いくら。 がん保険の診断給付金(一時金)は必要? 最適な金額はいくら?|楽天保険の総合窓口

【FP監修】生命保険料はいくらが相場?月額平均を複数のデータから徹底検証|楽天生命保険

がん保険 一時金 いくら

がんになったときの治療費はいくら? 全日本病院協会の『』によると、主要ながんの平均入院治療費と治療費自己負担額は以下のようになっています。 8日 29万2,518円 結腸がん 15. 4日 24万8,457円 直腸がん 18. 7日 33万6,489円 肺がん 14. 1日 22万7,571円 乳がん 12. 9日 22万9,449円 このデータは高額療養費制度を利用した後の「自己負担額」の平均です。 健康保険には、手術や入院などにより、1ヶ月の自己負担額が一定を超えないように、高額療養費制度というものがあります。 高額療養費制度は負担上限が決められており、自営業の国民健康保険でも、会社員の健康保険でも利用できる制度です。 もちろんがんの治療も給付対象です。 高額療養費制度は、健康保険が適用される3割負担(70歳以下)で算出された治療費が自己負担限度額を超えたら支給されます。 がん治療の入院日数は18. 7日間 さて、がんになったときの金銭的なダメージは「がん治療を受けている期間の給与がもらえない」ことですよね。 ではここで「がん治療の入院日数」を見ていきましょう。 下記のデータをご覧ください。 こちらは、厚生労働省の『』を抜粋したもので、各年度時点のがん治療における平均入院日数を示しています。 平成11年には平均で40. 1日間と1ヶ月以上がん治療で入院するのが平均でしたが、10年後の平成20年には平均23. 9日間まで短くなりました。 そして平成26年では18. 7日と、がん治療のための入院日数は短期化している傾向にあります。 しかし、このように入院日数が短期化しているとはいえ、入院している期間、給与が支給されないのは非常に大きなダメージです。 2-1. 仕事ができなくなったら傷病手当金を活用する 会社員や公務員の場合、がんになって仕事ができなくなっても傷病手当金を活用すれば、ある程度カバーすることができます。 連続3日間欠勤すれば、4日目から傷病手当金が支払われます。 期間は1年6ヶ月です。 傷病手当金の受給要件• 業務外の事由による病気やケガによる療養の休業であること• 仕事に就くことができないこと• 連続3日間を含み4日以上の仕事に就けなかったこと• 休業期間に給与の支払いがなかったこと 自営業の人など国民健康保険に加入している場合は傷病手当金はありません。 建設業などが加入する国民健康組合が運営するものであれば、傷病手当金が受け取れます。 健康保険対象外の出費 健康保険の対象外の全額自己負担となる内容には以下のものがあります。 チェックしておきましょう。 食事療養費の負担分• 病室でのテレビ代• 先進医療の技術料• 薬価基準収載前の承認医薬品の投与• 先進医療の治療費はどれくらい? 4-1. 先進医療とは? 厚生労働大臣が定める高度な医療技術を用いた療養のことで、健康保険等の適用が検討されている技術でもあります。 ただし、この先進医療の治療は厚生労働大臣が定める医療施設で行われる場合に限られ、先進医療にかかる治療費は全額自己負担となります。 平成30年9月現在では、93種類の先進医療があります()。 先進医療の治療は、主にがん治療において高額になるケースが多くなっています。 4-2. 先進医療の治療費はどれくらいかかるの? 先進医療を使用すると、技術料が保険適用外になるので、先進治療費は全額自己負担となります。 通常の診療・検査・投薬・入院料等については、保険適用になります。 先進医療の技術料は、先進医療を受ける病院や種類によって異なります。 たとえば、総医療費100万円、うち先進医療に係る費用(技術料)が20万円だった場合、その20万円は全額が自己負担となります。 残りの80万円(診察・検査・投薬・入院料)は公的な保険の適用範囲となり、高額療養費制度を利用することができます。 結果、自己負担となる費用は最終的に以下の通りです。 先進医療の費用(技術料):20万円• 自由診療になると全額自己負担 5-1. 自由診療とは? 健康保険等を使用せずに治療を受けることを「自由診療」といいます。 がん治療に有効な治療は、世界中で開発されていますが、国内で認められない抗がん剤などを使う治療法に対しては、健康保険等が適用されません。 その場合、先進医療にも該当しないため、自由診察で治療を受けることになります。 しかも一連の治療で、健康保険等を適用する治療との併用は認められていません。 本来ならば健康保険が適用されるはずの治療費が全額自己負担になってしまいます。 5-2. 保険診療と自由診療の違いとは? 保険診療は、健康保険が適用になる通常の治療のことで、通常自己負担は3割(70歳以下)で高額療養費制度により上限から超えた部分は払い戻しが受けられます。 自由診療は健康保険が適用にならず、全額自己負担になる治療で、本来健康保険が適応される治療も含めすべて全額自己負担となります。 自由診療が適用になる場合には、医師から説明があります。 この記事では、がんの治療費について5つのポイントについて説明いたしました。 がんに限ったことではありませんは、病気やケガをした時は、公的医療保険制度をフル活用することが大切です。 高額療養費制度を使えば、1ヶ月の自己負担は大きく減らすことができます。 傷病手当金では、治療期間が長くなり、収入が減少したときでも、一定の保障を受けられます。 とはいえ、がんになると健康保険がきかない先進医療や自由診療という治療を選択する場合もあるでしょう。 そういった経済的なリスクをカバーしたい場合は、がん保険はとても有効な手段になります。

次の

がん保険の選び方〜通院給付金と一時金どちらを重視するか〜

がん保険 一時金 いくら

Contents• がん保険の診断一時金がもつメリットとは? がん保険の典型的な商品であるアフラック「生きるためのがん保険Days1」は、以下のような保障内容になっています。 (主契約)• 診断給付金(診断一時金)• 入院給付金• 他にもあります。 手術・放射線治療特約• 抗がん剤・ホルモン療法特約• 特定保険料払込免除特約• がん先進医療特約• 女性がん特約 など 公式サイト: この商品は治療の種類ごとに給付金を受け取ることができるので、さらに一時金を受け取る必要があるのかと考える人もいるでしょう。 診断一時金が他の保障と大きく違うのは、以下の2点です。 まとまった金額である• がんと診断確定された時点で受け取れる 入院給付金や通院給付金は1日1万円程度、抗がん剤治療の保障なら月10万円程度ですが、診断一時金は50~300万円程度のまとまった金額で契約します。 また、他の保障が治療を終えてからでないと受け取れないのに対し、診断一時金はがんと診断確定された時点で受け取れます。 がんは種類が同じであってもどんな治療をするかというのはケースバイケースなので、治療内容で受け取れる給付金が変わらないほうが安心です。 加えて診断一時金があることで最低限の受け取れる金額が確定するため、がんと診断されて落ち込んでいるときに気持ちの支えになる効果が期待できます。 がん保険は診断一時金のみで加入しても問題ない 前項で紹介した商品はがん保険の典型的なものですが、がん保険は診断一時金のみで加入するというのも1つの考え方です。 プロの中にはこの方法を支持する人も多くいます。 たとえば以下のようながん保険に加入していると仮定します。 10日間入院して手術を受け、その後3カ月間、抗がん剤治療を受けるために通院(月1回)したとしましょう。 診断一時金:50万円• 入院給付金:入院1日につき1万円• 通院給付金:通院1日につき1万円• 手術・放射線治療特約:1回10万円• 診断一時金50万円については診断確定時に受け取り、残り53万円はあとから受け取ることになります。 仮に診断一時金100万円のみで加入していれば、診断確定時に100万円を受け取っておしまいです。 給付金を請求する手間も1度で済むのでラクです。 抗がん剤治療は退院後に1年近く続くこともあるので、診断確定時で給付金を受け取るだけでは不安に感じるかもしれません。 しかし診断一時金を少し高めの金額に設定しておけば、保険診療の治療である限りはそれほど問題ないでしょう。 この点は以下で解説します。 がんの治療にかかる費用はどのくらい? がんの診断一時金をいくらにするべきか判断するためには、実際にがんにかかるとどのくらいの費用がかかるのかということを知らなければなりません。 そこで、健康保険の使える保険診療のみで治療を行った場合の典型的な例を紹介します。 入院にかかる医療費 がんの治療は10日程度入院し、退院してから抗がん剤治療を再発予防のために数カ月行うというパターンが多いようです。 抗がん剤治療は長ければ1年近く続きます。 がんの治療法は民間療法もありますが、そうしたものに手を出さないと仮定して考えてみましょう。 東京都中央区にある聖路加国際病院のホームページに掲載されている例を引用すると、がんで入院したときの治療費の目安は以下のとおりです(3割負担として掲載されていたものを10割に換算した病院ベースでの金額です)。 肺がん(平均入院日数7日)・・・約200万円• 胃がん(平均入院日数10日)・・・約170万円• 大腸がん(平均入院日数12日)・・・約130万円• 乳がん(平均入院日数3日)・・・約90万円• 子宮がん(平均入院日数9日)・・・約130万円 引用元: いずれも高額なので高額療養費制度を利用することができます。 高額療養費制度を利用する場合、自己負担する金額は年齢や所得によって変わります。 69歳以下の場合、自己負担額は以下のように計算します。 つまり、病院で170万円の医療費が発生しても、自己負担する金額は約9万円程度になるということです。 あくまでこれは年収が500万円程度の人の話なので、自身の場合はどうなるのか把握しておいてください。 入院したときの総費用は、これに加えて諸雑費(コインランドリー代、見舞いに来る人の交通費など)や差額ベッド代もかかります。 仮に1日5000円なら10日で5万円なので、合計して約14万4000円ということになります。 通院でかかる医療費 がんの治療費が詳しく解説されている「がん治療費. com」というサイトには、胃がんで手術を受けた後、再発予防のために6週間の抗がん剤治療を9コース(9クール)続ける例が掲載されています。 この場合の治療費は1コースあたり約9万4000円で、9コースの総額は約85万円となります。 引用元: この場合は1回あたりの医療費が高額ではないため高額療養費制度は利用できません。 以上、入院費用の自己負担額が約14万4000円、通院費用が約25万3800円なので、合計すると約40万円となります。 実際にかかった医療費のデータ アフラックが過去、がんにかかった経験のある人(593人)に対して治療費全般に関わる費用(総額)がいくらだったかを尋ねたアンケート結果があります。 その結果は以下のとおりでした。 引用元: これを見ると、100万円程度以下におさまっている人が全体の6割ですが、それ以上かかっている人も約4割いるということが読み取れます。 高額な医療費がかかっている理由として最も可能性が高いのは自由診療を利用したことです。 健康保険の使えない抗がん剤や治療法を利用すると、その費用は全額が自己負担になります。 たとえば海外では承認されていて国内で未承認の抗がん剤を使う場合、月に100万円を超える治療費がかかることもあります。 先進医療として有名な重粒子線治療を利用する場合、がんの種類や症状によって健康保険が使える場合とそうでない場合があります。 健康保険が使えれば高額療養費制度があるので自己負担額はそれほど高額にはなりませんが、そうでなければ300万円くらいの費用がかかります。 データにはこうしたケースも含まれていると考えられるので、がんの治療費は意外なほど安く済むこともあれば、高額なケースもあるということです。 がん診断一時金はどう決めるべきか 保険診療だけで治療を終えるつもりなら、それほど高額な治療費にならないこともあることは以上で解説したとおりです。 しかしアフラックのアンケート結果もふまえ、想定外の費用が生じることも考慮して、治療費は100万円くらいあると安心ではないでしょうか。 そうすると、入院給付金や通院給付金、抗がん剤治療給付金などの保障も得られるがん保険なら診断一時金を50万円とし、診断一時金のみのがん保険を選ぶなら100万円にするのが1つの目安になります。 それでも不安なら診断一時金を増額すると良いでしょう。 なお、健康保険がきかない治療法を利用する可能性を残しておきたいのであれば最低限、先進医療特約は付加しておきましょう。 また、自由診療全般を保障の対象としたいのであれば、自由診療も保障してくれる商品を選択することが必要です。 自由診療を保障してくれる商品はセコム損保の「メディコム」、SBI損保の「SBI損保のがん保険 自由診療タイプ」、チューリッヒ生命の「終身がん治療保険 プレミアムDX」がありますので検討してみてください。 各商品については以下の記事で解説しています。 関連記事: 関連記事: 関連記事: まとめ がん保険は一時金以外の保障がある商品のほうが多いので、診断一時金が必要なのかどうか、いくらにしたら良いか悩むのは当然です。 保険料をおさえて最低限の保障がほしいなら診断一時金のみで加入できる商品にし、保険金額を50~100万円にするのが良いでしょう。 しっかり備えたいのであれば診断一時金を200万円くらいにすれば良いです。 なお、がんは再発する可能性の高い病気です。 がん診断一時金は再発にも対応している商品とそうでないものがあるので、できれば再発にも対応した商品を選びましょう。

次の

価格.com

がん保険 一時金 いくら

入院保証金• 入院時に病院に収める保証金、治療や入院費用に充てられ、退院時に精算します。 保証金が不要な病院もありますが、収める場合は5-10万円程度になります。 家族分を含めた病院までの交通費• セカンドオピニオンを受けるための費用• 自由診療の治療費• 一時的に減収した場合の生活費• サプリメントなど健康食品の費用• 定期検診代• ウィッグ代• 入院時の差額ベッド代• 入院時の食事代 診断給付金は、給付条件が診断時点なので、治療前に受け取ることができます。 入院や通院など後払いの給付金と比べ、がんと診断されて精神的にも不安ながん罹患者の経済的不安を軽くするありがたい保障とも言えるでしょう。 公的保険が使えないがん治療にかかる費用 治療や治療に伴う費用は、がんの種類や病期によりさまざまです。 診断給付金の使い途にできる公的保険が適用されない全額自己負担になる費用をみていきます。 自由診療の費用 自由診療という言葉を耳にしたことがあるでしょうか? 自由診療とは、公的保険を使わずに受ける診療のことです。 厚生労働省が認めていない治療法や薬を使った治療を受けるため、本来ならば公的保険が適用される治療を含めて費用は全て自己負担となります。 この場合、高額療養費制度も使うことができず、唯一可能なのは確定申告で医療費控除の適用を受けることですが、がんの最新治療や薬は高額になることが予想されます。 具体的な治療法には以下が挙げられます。 体幹部定位放射線治療 (一部疾患に保険適用もあり)• 免疫治療• 国内未承認の抗がん剤治療 これらの治療費用は100万円以上かかることが想定されます。 診断給付金ですべてを賄うのは厳しいかもしれませんが、診断給付金が治療費の足しにはなります。 外来リハビリの費用 3大治療といわれる手術・放射線治療・抗がん剤治療を順調に終え、経過観察となった場合、治療費の負担は軽減していきます。 しかし、医学的治療とは別に、リハビリテーションなどを行い日常生活の質(QOL)を改善する必要が出て来るため、新たな費用がかかることになります。 最近、メディアでも取り上げられましたが、がん治療で退院後の「外来リハビリ」の必要性が挙げられています。 外来リハビリの費用は一部を除き公的保険の適用外になります。 例えば、以下のようなリハビリテーションやトレーニングが挙げられます。 肺がん・咽頭がん 呼吸リハビリテーション 咽頭がん・食道がん 嚥下トレーニング どのくらいの頻度で通院するかにもよりますが、1回数千円として「仮に毎週通うと最低月1万円以上の出費になります。 長期間のリハビリテーションが必要になった際には、診断給付金を使っても良いでしょう。 診断給付金の保障内容は各社さまざま 診断給付金の使途のイメージはつかめたかと思いますので、がん保険の診断給付金について各社のがん保険パンフレットから比較してみましょう。 診断給付金は、100万円• 50歳以上だと保険料負担を考えて50万円の診断給付金もあり• 上皮内がんの診断給付金は、同額保障• 診断給付金は、2年毎に無制限 パンフレット上では、診断給付金が50万円・100万円の掲載になっていますが、実際には200万・300万に保障額をあげることができる商品もあります。 ただし、保障額を上げるとその分保険料も上がります。 またパンフレットで診断給付金50万円・100万円がクローズアップされているのは、一般的に多くの人が加入する保障額である、ということを読み取ることができます。 診断給付金は無制限にもらえた方がいいの? 最近のがん保険では、回数無制限に診断給付金がもらえるものが多くなっています。 ただし、回数が無制限といっても2年に1回、3年に1回、あるいは入院を伴う、など条件が付いています。 2年や3年という期間を設けている、ということは「がんの再発」の期間を考慮してのことだと思われます。 再発率の高いがんは? がんの再発率は、がんの種類や病期の他に、どのような手術や処置をしたかにより大きく異なります。 それらを考慮した再発率のデータをみていきましょう。 (参考:) 再発する確率が高いがんは以下になります。 肝がんの罹患が多くなるのは45歳以上の男性と65歳以上の女性• 食道がんの罹患が多くなるのは40歳以上の男性• 膵臓がんの罹患が多くなるのは50歳以上の男性と55歳以上の女性• 胃がんの罹患が多くなるのは40歳以上の男性 40歳以上の男性は、回数無制限の診断給付金を検討した方が良いかもしれません。 まとめ 診断給付金は、がんの治療法が変化していく中でも、現在のところは非常に使い勝手の良い保障だと言えます。 給付のタイミングが診断確定時なので、治療開始前に受け取ることができて、また使途が限定されていないのもメリットが大きいです。 標準的な診断給付金は100万円であり、保険料とのバランスを考えると50歳以上の人は50万円を検討した方が良いかもしれません。 また、40歳以上の男性は、再発率の高いがんに罹患する可能性が高いので無制限にもらえるタイプのがん保険を検討してみることをおすすめします。

次の