楽天イーグルス 前身。 楽天誕生までの歴史

産総研:東北楽天ゴールデンイーグルスのヘルメットに玉虫塗ナノコンポジットが採用

楽天イーグルス 前身

国立研究開発法人産業技術総合研究所【理事長 中鉢 良治】(以下「産総研」という)【研究部門長 古屋 武】 蛯名 武雄 首席研究員らは、宮城県指定伝統的工芸品「」を製作する有限会社東北工芸製作所【代表取締役 佐浦 康洋】 以下「東北工芸製作所」という らと共同で工芸品の活用範囲を広げる含有保護層を開発した。 この保護層を付与した玉虫塗は、5カ月に亘る太陽光暴露試験でも色褪せない耐久性があり、さらに、ウレタン樹脂と比べて表面硬度が2段階向上し、傷がつきにくいことが特徴である。 この保護層を付与した玉虫塗ナノコンポジットで塗装したヘルメットは、株式会社楽天野球団【代表取締役社長 立花 陽三】 以下「楽天野球団」という の東北楽天ゴールデンイーグルス 以下「楽天イーグルス」という の選手用ヘルメットとして2020シーズンより正式採用が決定した。 このヘルメットは1月29日 水 から31日 金 まで東京ビッグサイト 東京都江東区 で開催される新機能性材料展2020にて展示される。 図1 玉虫塗ナノコンポジットの構成 左 と玉虫塗ナノコンポジットを付与したヘルメット 右 開発の社会的背景 漆器は国際的に高く評価されている工芸品であるが、市場が縮小傾向にあり、その再興が重要な問題である。 また漆器に限らず塗料は一般に表面が柔らかく傷がつきやすい、紫外線によって色が褪せるなどの問題を持っている。 粘土などの細かな無機粒子を均一に樹脂と混合すると樹脂と無機粒子のネットワーク構造が形成され樹脂の硬度が上がる。 実際に、漆と無機粒子の混合によって堅牢な漆器が製作されているが、この場合塗料には透明性は要求されず、無機粒子が漆中にナノメートルレベルで均一混合することは求められない。 一方、無機粒子が樹脂中にナノメートルレベルで均一混合すると、無機粒子と樹脂の界面で可視光が散乱せず透明なコンポジット材料にできる。 多くの色の塗料に対して適用できることから、透明性をもち、かつ簡単なプロセスによりさまざまな形状の製品に使用できる保護層の開発が求められていた。 研究の経緯 産総研は粘土と樹脂からなるナノコンポジット膜の研究開発で多くの実績がある。 東北工芸製作所と産総研はJST復興促進プログラムシーズ顕在化タイプ、ハイリスク挑戦タイプ 復興促進型 によって宮城県伝統的工芸品である「玉虫塗」の表面にこのナノコンポジット膜を保護層として付与し、保護層の高い硬度により玉虫塗を傷つきにくくして、高耐久食器として製品化していた。 しかし、保護層を硬化するために紫外線をあてるプロセスを必要とし、そのため製造できる製品の大きさや数は紫外線炉の大きさに制限され、同時に生産性が劣るという問題があった。 また、紫外線を全体に均一にあてなければならず、硬化できているかが外観では分からないため、複雑な立体形状の製品への適用が難しいという問題があった。 さらに、塗布作業を行う場所から紫外線炉に入れる作業の途中で埃が表面に付着する場合があり、良品比率が低下するという問題もあった。 そのため、紫外線をあてずに硬度を上げる保護層塗料と製造プロセスの開発が求められていた。 今回、地元の伝統的な技法である玉虫塗に興味を持った楽天野球団からヘルメットへの応用を提案された東北工芸製作所が試作を開始し、産総研と開発したナノコンポジット保護層の採用を決めた。 共同で試作評価を進め、透明性が高く、表面硬度も高い保護層用塗料を特定し、そのコーティングプロセスも開発した。 本研究の成果を適用することで十分な外観・性能を有するヘルメットの製作に成功した。 なお、この開発は、ものづくり中小企業製品開発補助金 仙台市 による支援を受けて行った。 研究の内容 今回、玉虫塗ナノコンポジットをヘルメットに適用するため、東北工芸製作所と産総研が種々の組成の保護層用塗料を比較評価し、透明ウレタン樹脂に透明な粘土であるを添加したものを採用した。 ウレタン樹脂に混ざりやすくするため、有機物で合成スメクタイトの表面を覆ったを用いた。 ウレタン樹脂の硬化には、加熱・紫外線照射などの硬化プロセスは適用しなかった。 ウレタン樹脂への分散性が不十分だと粘土がだまになり、これが白い粒として認められ美観が損なわれる。 三種類の有機化粘土を含む粘土素材を候補とし、添加量の最適化を行ってウレタン樹脂と混合した。 図2は種々の粘土素材と混合したウレタン樹脂からなる保護層の光学顕微鏡像である。 粘土素材Aを添加した場合は大きなだまが観察され、粘土素材Bを添加した場合は、粘土素材Aほどではないが大きなだまが観察された。 一方、粘土素材Cを添加した場合は、粘土素材を添加しない場合と区別がつかない程度までだまの発生を抑えられた。 これは粘土素材Cのウレタン樹脂への分散性が優れていることを示す。 ガラス板上に保護層を付与しその透明性を評価したところ、粘土素材の種類によらずは高い値を示した一方で、は、粘土素材A、B、Cの順に小さくなった。 ヘーズは小さいほど外観がクリアであることを示し、粘土素材Cを添加した場合は、ウレタン樹脂そのものの値に近かった。 硬さについてで評価したところ、粘土素材を添加しないウレタン樹脂の表面硬度はFであったが、粘土素材Cを添加すると、表面硬度は2Hまで二段階向上した。 だまが発生した粘土素材AやBよりも添加効果が高いことから、粘土素材Cの高い分散性が表面硬度の向上にも寄与することが示唆された。 以上のように、だまが発生せず表面硬度を上げられる粘土素材とその添加量を見いだした。 東北工芸製作所はこの材料を玉虫塗の保護層としてスプレー塗工で付与できることを確認するとともに、さまざまな立体形状の製品に適用できる製造プロセスを確立した。 これにより、十分な外観・性能の玉虫塗ナノコンポジットヘルメットを製作することができた。 このヘルメットは5カ月間に亘る屋外での太陽光暴露試験を行い、色褪せがないことを確認した。 また、玉虫塗ナノコンポジットヘルメットは楽天イーグルスの選手用ヘルメットとして2020シーズンより正式採用が決定した。 「銀粉」を撒き、その上から「染料」を加えた透明な漆を塗り上げる。 宮城県指定伝統的工芸品であり鮮やかな色と輝きが特徴である。 ケイ素と酸素からなる4面体シートとアルミニウム、鉄、マグネシウムなどの金属元素と、酸素と水酸基からなる8面体シートが重ね合わさり、厚さ約1 ナノメートルの単位結晶となる。 着色の原因になる不純物を含まないため無色透明である。 また、水やプラスチックに非常に細かいレベルで分散させることができる。 産総研の前身である東北工業試験所は、昭和50年代にこの合成スメクタイトの工業的製造法を開発した。 100%に近いほど材料の光透過性が高い。 ここでの透過光は材料をまっすぐ透過した光と拡散して透過した光の両方を含む。 透明材料の曇り具合を判断するのに用いられ、この数値が大きいほど白濁して見える。 お問い合わせ.

次の

東北楽天ゴールデンイーグルスのヘルメットに玉虫塗ナノコンポジットが採用

楽天イーグルス 前身

オリックスバファローズの記事でご紹介した2004年公式戦の最中に表面化したオリックスブルーウェーブと近鉄バファローズの合併と、それに伴う球界再編問題。 選手会の強い要望で2リーグ12球団維持が決定。 これに伴い、楽天とライブドアの2社が名乗りを上げ、最終的に楽天が承認されました。 新規参入は54年の高橋ユニオンズ以来、実に50年振りです。 最初の課題は選手の確保でした。 この時に用いられたのが分配ドラフトという方式です。 まず、外国人選手などいくつかの条件以外の25選手をオリックスが合併前のオリックス・旧近鉄選手の中から優先保有し、それ以外の選手をオリックスと楽天が交互に指名獲得しました。 しかし、これだけでは長いシーズンを乗り切れません。 他球団から戦力外となった選手や無償トレードなどで選手を確保し、楽天は初年度の戦いに臨みました。 初代監督には中日ドラゴンズなどで活躍した田尾安志が就任しました。 球団は、かつてヤクルトスワローズ(現東京ヤクルト)を常勝軍団に導いた野村克也を監督に招聘します。 野村は就任1年目こそ2年連続最下位に終わりますが、翌2007年は4位にチームを押し上げます。 原動力となったのは、田中将大と山﨑武司です。 05年夏の甲子園の優勝投手である田中は、ドラフトで4球団競合の末、楽天に入団。 1年目からローテーションの一角を担い、チーム唯一の2ケタ勝利11勝を挙げ、球団初の新人王のタイトルを獲得します。 中日に入団し、オリックスに移籍していた山﨑は04年オフに戦略外通告をされていました。 しかし、田尾の要請で楽天に入団すると、野村の指導で再び開花、これも球団初の本塁打王と打点王を獲得しました。 山﨑は史上3人目のセ・パ両リーグ本塁打王の記録保持者でもあります。 野村監督最終年の09年は、球団初の2位に躍進します。 クライマックス・シリーズ(CS)に進出し、3位の福岡ソフトバンクホークスを降しますが、北海道日本ハムファイターズに敗れ、日本シリーズ出場の夢は断たれました。 CS開催前に、球団は野村の退団を発表していました。 試合終了後、楽天ナインはもちろんファイターズナインからも胴上げをされ、野村はグラウンドを去りました。

次の

東北楽天ゴールデンイーグルス

楽天イーグルス 前身

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 楽天は17日、9月に買収を発表した台湾のプロ野球チームの名前を「楽天モンキーズ」に改めたと発表した。 年内に運営会社の全株式を取得する予定で、2020年シーズンから新チーム名で台湾プロ野球リーグに参入する。 球団運営会社の会長には、日本のプロ野球、東北楽天ゴールデンイーグルスとサッカーJ1、ヴィッセル神戸の両運営会社で社長を務める立花陽三氏が就任する。 台湾で楽天は08年にネット通販事業を始めた。 クレジットカードや電子書籍の事業も展開しており、オンライン銀行サービスも20年の開始に向けて準備している。 楽天モンキーズの前身となる球団は台湾の桃園市に本拠地を置き、04年シーズンに台湾プロ野球に参入。 台湾シリーズで7回の優勝経験を持つ。 (村井七緒子).

次の