腕 に 赤い 斑点 かゆく ない。 痒くない湿疹がお腹や腕にできる4大原因と対処法!赤い斑点やポツポツの正体とは?

皮膚の赤い斑点は病気?かゆみがあるなしでの7つの原因と対処法!

腕 に 赤い 斑点 かゆく ない

手や腕にかゆみのある赤い斑点が出る原因はダニである可能性が! 手や足に赤い斑点ができる原因の一つとして考えられるのが「ダニ」です。 ダニに噛まれると、噛まれた箇所には赤い斑点のような跡がつき、強いかゆみが1週間近くあります。 特に布団などにダニが生息していて、就寝中に噛まれてしまうことが多いようです。 症状は就寝中に噛まれたからといって、起床後すぐにあらわれるわけではありません。 噛まれた日の夕方ないし翌日の朝に症状があらわれてきます。 また、ダニは皮膚の柔らかい部分を噛む習性があるので、腕の皮膚の柔らかい部分にかゆみと赤い斑点がある場合はダニを疑っていいでしょう。 ダニに噛まれないためには、布団などにダニが生息しやすい環境を作らないことが大切です。 ダニがいる疑いがある布団はまず乾燥機にかけましょう。 その後、ダニの死骸を掃除機で吸い取ると効果的です。 今は、布団専用クリーナーも販売されていますので、そういったものを使うのもいいでしょう。 手や腕にかゆみのない赤い斑点が出る原因1〜老人性血管腫 手や腕に赤い斑点があるもの、かゆみがない場合はいくつかの疾患が考えられます。 その一つが「老人性血管腫」です。 老人性血管腫は次のような原因と特徴、予防法があります。 老人性血管腫が発症する原因 老人性血管腫は、赤いほくろのような形をしています。 ただ、実際にはほくろではありません。 発生する原因は、皮膚のなかの毛細血管が広がり異常に増殖するためです。 それにより、ほくろ状の赤い斑点を生じるようになるのです。 加齢により発症しやすくなりますが、実際には思春期前後の若年層にも発症することがあります。 老人性血管腫の特徴と予防法 老人性血管腫は顔や胸、背中によく出ます。 放置していても特に悪化することはありませんので、無理に治療する必要もありません。 しかし、特に女性の方は事前に予防して発症しないようにした方がいいと思われるでしょう。 そのためには、日頃からの対策が必要です。 この疾患は、 紫外線を多く浴び炎症を繰り返すことで発症しやすくなります。 そのため、紫外線対策をしっかり行ったり、入浴時にゴシゴシと洗って皮膚を痛めないようにしたり、入浴後はしっかり保湿したりするなど、皮膚を傷つけず保護することが大切です。 手や腕にかゆみのない赤い斑点が出る原因2〜血小板減少性紫斑病 かゆみのない赤い斑点の原因の二つ目が、 血小板減少性紫斑病です。 血小板減少性紫斑病には、次のような原因と症状があります。 血小板減少性紫斑病が発症する原因 血小板減少性紫斑病は、免疫の異常によって、血を止める働きをする血小板が減少して出血しやすくなる疾患です。 どのようにして免疫異常が起こるのかははっきりわかっていません。 血小板減少性紫斑病は、急性型と慢性型の2つに分けられます。 急性型の場合は、風邪などをきっかけに発症することが多く、多くの場合自然に治癒します。 この急性型は、 小児が発症することが多いです。 一方、慢性型の場合は、 成人が発症することが多いです。 血小板減少性紫斑病の症状 出血しやすくなることから、手足にあざができやすくなります。 また、ひどくなると、鼻血や歯ぐきからの出血、血尿なども出てくるようになります。 女性の場合は、出血量が多くなり鉄欠乏性貧血になることもあります。 手や腕にかゆみのない赤い斑点が出る原因3〜毛嚢炎 かゆみのない赤い斑点の原因の三つ目が 毛嚢炎(もうのうえん)です。 毛嚢炎には次のような原因と症状があります。 毛嚢炎が発症する原因 毛嚢炎は毛穴の中にある毛包が傷つき、ブドウ球菌に感染して起こる皮膚疾患です。 ブドウ球菌は、人間の体内に常に生息する菌ですが、毛穴の傷ついた箇所に侵入することによって発症します。 汗をかきやすい夏場に多く発症する疾患です。 毛嚢炎の症状 症状としては次のようなものがあげられます。 毛穴の上に赤くブツブツとした突起物ができる• 中央部分にニキビのような白い膿が見えることがある• 軽度ではかゆみや痛みはないが、重度になると発熱や痛みがある• 炎症が悪化すると化膿することがある 軽度の場合は自然治癒することが多いですが、重度になると発熱などがあるため病院を受診することをおすすめします。 手や腕に赤い斑点があらわれる疾患以外の原因とは? 手や足に赤い斑点が出るのは疾患以外にも次のような原因が考えられます。 原因その1:飲酒 アルコールを摂取することにより、皮膚に赤いまだら状の斑点があらわれることがあります。 これは、体内に取り込まれたアルコールにより血行が促進され、血管が拡張されて皮膚に浮き上がってくるために起こります。 また、お酒を飲むと肝臓によりアルコールの毒素が処理されますが、肝臓はアルコール以外にも毒素を処理しているため、その機能の限度を超えてしまうと毒素が血液中に流れ出してしまいます。 体には異物を排除する免疫機能があり、血液中に流れ出した毒素を排除しようとこの機能が過剰に反応することにより斑点があらわれることもあります。 原因その2:内出血 皮膚の下の血管が破れ、血液がしみ出てくることにより起こります。 打撲などと違い痛みを感じることはなく、いつの間にかできているということが多いです。 原因その3:アレルギー アレルギーの中でも特に薬物アレルギーでは赤い斑点があらわれることがあります。 薬物アレルギーには様々なタイプがあり、風疹のような赤く小さな斑点が全身に見られるものもあれば、日光が当たる部分だけ赤くなる光線過敏症などがあります。 重症化すると、発熱とともに大きな赤い斑点が全身に見られたり、水ぶくれを作ったりします。 薬物が原因であると気づかないこともあり、命の危険にさらされることもあるので注意が必要です。

次の

皮膚の赤い斑点は病気?かゆみがあるなしでの7つの原因と対処法!

腕 に 赤い 斑点 かゆく ない

赤い斑点がかゆくない場合は別の原因が考えられます。 病気の可能性も。 内出血で紫斑が出る病気は、特殊な貧血や白血病も含まれます。 風邪などを引かないように、発熱がないように注意して下さい。 今は都合悪く、多くの病院が休みです。 詳しい検査が出来ない所が多いです。 スポンサーリンク 痒みや痛みなどの症状がなく、また20代から30代と比較的多忙な年齢層の女性によく見られるので、症状が出ても放置しがちになってしまいます。 赤い斑点以外の症状はありませんが、内出血を起こしていたり、あまりに症状が治らない場合は受診しましょう。 ダニは噛む場所も皮膚の弱い場所を選びます。 噛み易いふくらはぎや、腕の内側などです。 噛まれた場合は、皮膚科に行って塗り薬を貰う方が早いです。 放って置いても数日したら治りますが、かゆみが酷いので我慢が出来なくなります。 血尿とかはでてませんでしたが、ひどいとステロイドや血液製材も使わないといけない病気です。 また腎臓を悪くすることもあります。 今日明日は絶対安静にし、月曜日すぐにでも受診をおすすめします。 露出していない箇所を刺されている場合、それはダニに刺されているのかもしれません。 脇腹〜腕の内側、お腹〜股を刺されている場合、ダニの可能性が非常に高いです。 特に、寝ている時、長袖・長ズボンのパシャマを着て寝ていていても刺されます。 スポンサーリンク おすすめ記事• スポンサーリンク.

次の

腕の湿疹はかゆくない?原因【ストレス・ダニなど】対策は?

腕 に 赤い 斑点 かゆく ない

記事の内容• 痒くない湿疹が体にできる原因や潜む病気 「赤い斑点模様がいくつかできている」「ポツポツ・ブツブツが出来ている」のに痒くない、という時に考えられる原因や病気にはどのようなものがあるのでしょうか。 ニキビ• 毛包炎(カミソリ負け)• 単純性紫斑病 原因1:ダニ 掃除や手入れを怠っていると布団やカーペットなどにダニが繁殖してしまいす。 虫だから寒い時期には繁殖しないか、というとそうでもありません。 人のいる室内の温度や湿度、また人肌の温度は、ちょうどダニが好む環境です。 そのため、 家の中は年中ダニが繁殖しやすいと考えてよいでしょう。 ダニにかまれると、痒みを感じる場合もありますが、小さい斑点が出来て赤くなるだけで、痒みを感じないケースもあります。 ダニの生息する場所などを考えると 全身にできる可能性のある湿疹です。 原因2:ニキビ ニキビというと顔に出来やすいというイメージですが、背中や首などにも出来ます。 普段、ニキビなどができないタイプの人であっても、体調不良などによって一時的に免疫力が低下していると、「少し放置しておいたタオルで顔や体を拭いた」などでもニキビができる可能性があります。 ニキビの場合、痒みはなく、痛みも感じない人が多いようです。 そのため、 顔や首、背中あたりに自覚症状のない湿疹ができたら、ニキビの可能性があります。 原因3:毛包炎・剃刀負け これはいわゆる『 カミソリ負け』のことです。 カミソリなどによって肌が傷ついてしまった状態で、そこに細菌が繁殖することで起こります。 ここで感染する細菌は常に皮膚に存在しているもので、普段は皮膚による防御機能が働いていて、このような炎症は起きないのですが、免疫が低下していたり、カミソリ後のように皮膚が傷ついている状態の時に、細菌が入り込んできて悪さをする、というわけです。 赤いポツポツができるのが特徴で、軽度の場合は痛みや痒みを感じません。 原因4:単純性紫斑病 これは 20代の女性に多い症状です。 手足、特に足の皮膚にできる赤い斑で、 盛り上がったりしこりなどは無く、痒み・痛みもほとんどありません。 詳しい原因はまだ不明ですが、 過剰なストレスを感じたり、 月経時になりやすいと言われています。 スポンサーリンク 赤い斑点やブツブツがお腹や腕・背中にできた時の対処法 次は、上の項目で挙げた原因や病気への対処法を見ていきましょう。 ダニの場合 この場合、何よりもまずしなければいけないのは『 布団のお掃除をする』ことです。 カーペットなどにも生息していますが、人肌に温められて適度な湿度のある布団は、ダニにとって最適の環境です。 長時間、肌に触れるものですから、布団のお手入れを怠っていると、寝るだけで湿疹ができてしまうことになります。 まずは、布団を清潔にして、部屋の掃除も怠らないようにしましょう。 ニキビの場合 ニキビの場合、毛穴に皮脂など老廃物が溜まってしまい、肌の衛生状態が悪くなっているので、まずは、 清潔を保ってあげることが一番の対処法です。 『 洗顔後は必ず、すぐに保湿』『 ビタミンを意識した食事』『 清潔な寝具で寝る』の3点にちゅういすることで、いくらかは改善されるでしょう。 ニキビができやすい体質の人は、『 枕カバーは1日に1回変える』くらいでちょうど良いと思います。 毛包炎(カミソリ負け)の場合 この場合も、ニキビと同様に、 一番大切なのは肌を清潔に保つことです。 カミソリの後は、保湿をきちんと行い、清潔なタオル、枕カバーや布団カバーを使うようにしましょう。 単純性紫斑病の場合 これは、 原因がまだ解明されていない症状なので、効果的な対処法や治療法はまだありません。 ただ、 ストレスが大きな原因として考えられているので、できるだけリラックスできる環境を整えてあげることが一番の対処法です。 また、できた斑点は、 自然に治るケースがほとんどです。 長期間、斑点がひかない場合は、お近くの皮膚科を訪ねてみてください。 痒みのない湿疹にも注意を払って! 痒みや痛みのない湿疹は、どうしても気付きにくいですし、気付いた時には湿疹がだいぶ広がっていたりするケースも多いようです。 基本的には、皮膚の清潔を保ってあげることで自然に治る場合が多いので、日頃から肌に触れるものやお部屋は綺麗に保っていきましょうね。 関連記事:.

次の