ノア マイナーチェンジ 2020。 2020年4月新型ヴォクシー&ノア マイナーチェンジ!搭載エンジン・装備・価格は?

新型ノアのフルモデルチェンジ予定2020年発売情報!内装、エンジン

ノア マイナーチェンジ 2020

次期型ノアは2021年11月にTNGAプラットフォームを採用し登場か 2021年11月に発表する可能性が高い新型ノアの予想CG 現行ノアのグリルをシャープにしたエレガンスなデザインが特徴 トヨタ・ノアの次期型が、TNGAプラットフォームを採用して、低重心ボディの剛性に優れたミニバンとして2021年11月頃に登場するとの噂が浮上しています。 エスクァイアやヴォクシーと統合するという情報もありましたが、ヴォクシーとノアは継続販売、エスクァイアが廃止される可能性が高いとのこと。 一時はノアに統合する、もしくはヴォクシーに統合する、という噂もありましたが、それぞれの車種でイメージが出来上がっているため、2車種とも継続販売することでユーザーを取り込む作戦なのかもしれません。 新型ノアのパワートレインはレクサスUXと共有し、2Lダイナミックフォースエンジンを搭載。 燃費性能を大幅に向上し、セレナe-POWERのようなライバル車種と競合する見込みです。 安全装備についても、最新式のトヨタ・セーフティ・センスを搭載するでしょう。 また、GRスポーツが新設定される可能性もあります。 2021年にフルモデルチェンジが行われて誕生する新型ノアは東京オリンピックとコラボするかもしれない ノアは過去のモデル周期から2021年に4代目へフルモデルチェンジすると予想される 2021年にフルモデルチェンジが行われて誕生する新型ノアは、東京オリンピックとコラボレーションする記念アクセサリーパーツを販売するなどのキャンペーンを行うかもしれません。 2001年11月にタウンエースノアの後継車として誕生した「ノア」は、これまでに2回のフルモデルチェンジを行いました。 初代モデルが誕生してから5年7ヶ月後に2代目モデルが誕生し、2代目モデルが誕生してから6年7ヶ月後に3代目モデルが誕生しました。 過去2回のケースを参考とすると、ノアのフルモデルチェンジの周期は6年~7年と推測されます。 6年周期と設定すれば、次のフルモデルチェンジのタイミングは2020年ですが少し遅れて2021年に登場すると考えます。 2020年に東京で開催されるオリンピックは各企業にとっては絶好のビジネスチャンスです。 同大会の「ワールドワイドオリンピックパートナー」であるトヨタは、メインスポンサーである強みを活かして2020年に発表、2021年に市販化する新型ノアの商品力を強化するために、関連CMを放映するなどのキャンペーンを行う可能性は高いです。 ノアのフルモデルチェンジ年表 2001年11月 初代ノア誕生 2004年8月 マイナーチェンジで後期型へ 2007年6月 2代目ノア誕生 2010年4月 マイナーチェンジで後期型へ 2014年1月 3代目ノア誕生 2017年7月 マイナーチェンジで後期型へ 2021年 4代目ノア誕生? 新型ノアは世界最高レベルの熱効率を実現する2. 0Lエンジンをハイブリッドシステムに組み合わせてクラスNo. 1の低燃費を目指す 新型ノアは、2017年にフルモデルチェンジが行われて誕生した10代目カムリも導入する「ダイナミックフォースエンジン(Dynamic Force Engine)」をハイブリッドシステムに組み合わせます。 2021年に誕生する可能性がある 4代目ノアに搭載される新開発の2. 0Lのダイナミックフォースエンジンは、世界初のレーザーピットスカートピストンなどの最先端技術を搭載することで、世界最高レベルの熱効率40%を実現します。 新型ノアのハイブリッド車は、同エンジンにトヨタのハイブリッドシステム(THS2)を進化させて組み合わせて、新開発の無段変速機を搭載させるなどして、ライバル車である日産のセレナ(e-Power)の26. 3代目ノア(現行モデル)とライバル車の燃費比較 燃費(JC08 モード) ノア ハイブリッドモデル 23. 現行モデルのノアの安全システムは、レーザーレーダーと単眼カメラをセンサーとする「トヨタセーフティセンスC」です。 同予防安全システムと、ライバル車であるセレナやステップワゴンが搭載する安全システムを比較すれば見劣りしてしまいます。 家族を乗せて走行する機会の多いミニバンにとって、安全システムの充実は消費者の購買意欲を刺激するためには重要です。 そのため、新型ノアはフルモデルチェンジを行う際には、第2世代のトヨタセーフティセンスを搭載して予防安全性能を強化すると考えられます。 第2世代のトヨタセーフティセンスと、現行ノアが搭載するトヨタセーフティセンスCを比較すれば、パッケージングされるPCSは対車両に対する作動域が広げられ、歩行者や自転車に対しても自動ブレーキシステムが作動します。 第2世代では、LTA(レーントレーシングアシスト)やRSA(ロードサインアシスト)などの新機能も加わり走行中の安全性は大幅に強化されます。 トヨタは 第2世代のトヨタセーフティセンスを2018年より順次導入する事を宣言しているため、4代目ノアへの搭載は確実だと考えられています。 4代目ノアは新型「無段変速機(CVT)」を搭載して更なるスムーズでストレスのない走りを実現する 2021年の 4代目ノアは、トヨタの先進技術を導入して完成させる新型「無段変速機(CVT)」を搭載して更なるスムーズでストレスのない走りを実現するかもしれません。 トランスミッションの基本性能は「伝達効率」「エンジン高効率領域での動作性」「高応答変速」です。 新型CVTは発進用ギヤを採用し・プーリーを小型化するなどして、それら基本性能を向上すると考えられます。 新型CVTを搭載することで、従来型のウィークポイントであった発進時のショックは解消され、変速がスムーズとなりシームレスな加速が実現されます。 また 機械損失が減少するために、従来型CVTよりも6%もの低燃費が達成されます。 フルモデルチェンジで誕生する4代目ノアは新プラットフォームTNGAを採用してミニバンのデメリットを改善するか 2021年フルモデルチェンジによって誕生する新型ノアは、4代目プリウスから採用されているトヨタの次世代プラットフォーム「TNGA Toyota New Global Architecture 」を導入して、高速域で車体がブレやすいというミニバンのデメリットを改善するかもしれません。 2015年12月9日に発売を開始した4代目プリウスから採用するTNGAは、個別開発ではなく、一体開発を行って全体最適を目指すというスローガンを掲げ完成されたプラットフォームです。 2015年12月9日にTNGAを初めて導入した新型プリウスを、旧型と比較すれば「低重心化」「高剛性化」「静粛性の向上」「居住空間の拡充」などが実現されました。 新型ノアもTNGAの基で開発される事で同様のメリットが期待されます。 特に 低重心化は、車高のあるミニバンのデメリットであるスピードが出ている状態であれば、横風に弱く揺れやすいという特徴を改善するのに効果的です。 2021年にフルモデルチェンジによって誕生する新型ノアは「シーケンシャルウィンカー」を装備か 2021年にフルモデルチェンジによって誕生する新型ノアのエクステリア最大の変更点は、流れるように美しくLED光が点滅する「シーケンシャルウィンカー」の標準装備が考えられます。 2017年7月にビッグマイナーチェンジを行ったノアは、シンプルなデザインで圧倒的な存在感を発揮する大型フロントグリルを採用するなど、エクステリアの魅力を大幅に向上させました。 4代目ノアと現行モデルを比較すれば、エクステリアにおいてはさほど大きな違いはないと予想されます。 フロント部での大きな変更点は、新型ノアがシーケンシャルウィンカーを装備すると考えられていることです。 2016年12月に新登場したC-HR、2017年6月にマイナーチェンジを行って誕生したハリアーは「シーケンシャルウィンカー」を装備しています。 トヨタは今後も安全性の向上とエクステリアの魅力アップに貢献する同ウィンカーを装備する車を拡大させていく方針です。 新型ノアはオットマンを標準装備して居住空間を拡げると考えられる 2021年にフルモデルチェンジが行われて誕生する新型ノアは、乗員の快適性を向上するためにオットマンを標準装備して居住空間を拡げると考えられています。 ノアは家族にとって最も身近なファーストクラスのような乗り心地を目指して、内装に力を入れているミニバンです。 現行モデルはオプション設定で、オットマンを追加装備する事が可能です。 足をゆったりと伸ばしての乗車は疲れにくさに繋がります。 オットマンを利用すれば、自分の足を最もリラックスできて疲れにくい状態とする事ができます。 新型ノアは室内での快適性をさらにアップするために、オットマンを標準装備すると考えます。 居住空間が広いほど、パーソナルスペースは拡がるため各人のリラックス度は向上します。 ミニバンは大人数で乗車する機会の多い車であるため、居住空間の広さも消費者心理に影響を与えます。 ノアの現行モデルとライバル車の居住空間を比較すれば、優位性があるとは言えないのが現状です。 そのため、TNGAの基で開発される新型ノアはそのメリットを活かして居住空間を拡げる可能性があります。 4代目ノアは寒冷地のユーザーの期待に応えてハイブリッド車でも4WDをラインナップか 4代目ノアは、北海道や北陸地方など寒冷地で暮らすユーザーの期待に応えてハイブリッド車でも4WDをラインナップする可能性があります。 現行モデルのガソリン車は2WDと4WDの駆動方式をラインナップしていますが、ハイブリッド車は2WDのみです。 ボディが大きくて車両重量のあるミニバンを、冬でもストレスなく運転を行うためには4WDが理想的です。 寒冷地では燃料代が節約できるハイブリッド車を希望しながらも、冬の運転の事を考えると4WD走行が可能なガソリン車を選んでしまうケースが多くあります。 そのため 新型ノアのハイブリッド車に4WDもラインナップすれば、寒冷地を中心として新たな顧客を獲得することが出来ます。 新型ノアは最大のライバル「セレナ」に対抗して自動運転レベル2をクリアする運転サポート技術を搭載するかもしれない 2021年にフルモデルチェンジによって誕生する4代目ノアで、最も注目されるのが自動運転技術を採用するかどうかです。 ノア最大のライバルは、ミニバン市場で圧倒的な販売台数を誇る日産のセレナです。 セレナはミニバンクラス最高の低燃費を実現する「e-Power」や、部分的自動運転を可能とする「プロパイロット」を装備します。 トヨタは自動運転に関しては慎重姿勢を貫いていますが、レクサスのフラッグシップセダン「LS」では世界初の自動操舵回避支援システム、後方歩行者対応自動対向ブレーキ、自動車線変更支援など 自動運転レベル2をクリアする運転サポート技術を確立しています。 自動運転とは表現はしてはいないものの、レベル2をクリアする技術力を既に持っているトヨタが、ミニバン市場で強力なライバルであるセレナに対抗するために、新型ノアに同等のあるいはそれ以上の運転サポート技術を搭載する可能性は十分にあります。 ノアがヴォクシーに統合する可能性が浮上 フルモデルチェンジに合わせて新型車になる可能性も ノアの次期モデルが兄弟車のヴォクシーに一本化されるという情報があります。 これは2019年から始まる販売店集約により車種整理を行うことから、違うチャンネルで販売する同じ車(ヴォクシー・ノア・エスクァイアやアルファード・ヴェルファイアなどのこと)を統合する、ということです。 ノアの場合は販売数の多いヴォクシーに統合される可能性があり、エスクァイアも同時に統合されます。 時期は2021年のフルモデルチェンジのタイミングで行われると予想でき、車種名の違う新型車として販売する可能性もあるでしょう。 2021年にフルモデルチェンジが予想されるノア現行モデルの画像6枚 ノア X ノア X ノア X ノア X ノア X ノア X 2021年にモデルチェンジを行って誕生する新型ノアは家族でもっとドライブに行きたくなる車 2021年にフルモデルチェンジで行って誕生する新型ノアは、室内空間がさらに快適となって安全性が飛躍して走りの魅力もアップする、家族でもっとドライブに行きたくなる車です。 第2世代のトヨタセーフティセンスにパッケージングされる「ロードサインアシスト」は、初めて行く場所では見落としがちな道路標識をモニターに表示して知らせてくれます。 ダイナミックフォースエンジンと新タイプの無段変速機によって実現される走りの魅力と安定感は、運転をもっと楽しくします。 ミニバンクラスNo. 1の低燃費を実現する4代目ノアは、経済的な車でもあるので家族でもっとドライブに行きたくなる気持ちを後押しします。

次の

最新情報|新型ヴォクシーがフルモデルチェンジ!4代目の発売は2020年の夏!統合して残るのは?燃費は向上間違いなし!デザインに大きな変更点あり!?|IKETEL

ノア マイナーチェンジ 2020

ノアのマイナーチェンジ(一部改良)は2020年4月27日に実施してグレード体系を見直し ノアがグレード体系を見直すなどのマイナーチェンジ(一部改良)を2020年4月27日に予定。 トヨタモビリティ統合により兄弟車のノア・ヴォクシー・エスクァイアが統合する、という噂もあるなか、実施するのはターゲットユーザーが被らないようにするグレード体系の見直しになります。 マイナーチェンジ(一部改良)でノアのグレードは「Si」「G」「X」「ウェルキャブ」の4つに ノアのマイナーチェンジ(一部改良)で一番の変更点はグレードの体系の見直しです。 今回の改良はヴォクシーもエスクァイアも同時に行われ、ミニバン3兄弟でユーザーの被りがないようグレードを調整するのが主な目的のようです。 ノアのグレードは「Si(特別仕様車のWxB、GRスポーツも設定)」「G」「X」「ウェルキャブ」の4つ、ヴォクシーのグレードは「ZS(特別仕様車の煌、GRスポーツも設定)」、エスクァイアは「Gi(特別仕様車のブラックテーラードも設定)」に変更されます。 また2021年のフルモデルチェンジによりヴォクシーとエスクァイアがノアに統合する、という噂もありますが、ヴォクシーとノアが残りエスクァイアが消滅するという情報もあります。 2021年のフルモデルチェンジはまだ先なので今後情報が入り次第紹介します。 ノアの一部改良でディスプレイオーディオの標準装備はなくオートライトを標準装備 ノアの2020年4月27日のマイナーチェンジ(一部改良)でカローラやクラウンなどに搭載するディスプレイオーディオを標準装備するという情報もありましたが、今回は見送られたようです。 主な変更点はオートライトを標準装備すること、グレード体系の見直し、燃費基準をJC08モードからWLTCモードに見直し、ハイブリッドエンブレムの廃止になります。 2019年1月7日に実施したノアのマイナーチェンジの内容を紹介 トヨタカローラが販売するミニバンのノアは、ヴォクシーとエスクァイアの兄弟車であり5ナンバーの標準ボディ、3ナンバーのエアロボディを持つ車です。 2017年7月にはマイナーチェンジを行い、ガラッと印象を変えたフェイスリフトを実施しています。 2017年9月にはスポーティモデルのGRスポーツ、11月24日には特別仕様車のSi WxBが登場。 2019年1月7日にはインテリジェントクリアランスソナーを標準装備し、発進時や駐車時に安全性が増すアップデートが行われ、特別仕様車のWxB2を設定しました。 2019年1月7日に行われるノアのマイナーチェンジ内容をチェックしてみましょう。 新型ノアは2019年1月7日にマイナーチェンジが行われインテリジェントクリアランスソナーを装備・プリクラッシュセーフティも昼間の歩行者に対応 特別装備満載で前回のWxBと同じようにお得な仕様になったノアWxB2 トヨタのインテリジェントクリアランスソナーはパーキングブレーキサポートを搭載した優れもので、前後に8つ装着したソナーで障害物などを検知し、音で障害物との距離を教えてくれたり、ペダルの踏み間違い・シフトの入れ間違いなどでエンジンやハイブリッド出力を抑制し暴走や衝突を回避してくれる可能性が高くなります。 トヨタのミニバンの中で、すでにインテリジェントクリアランスソナーを装備しているのは高級ミニバンのアルファード・ヴェルファイアや、コンパクトミニバンのシエンタに搭載されています。 インテリジェントクリアランスソナーを装備していれば、急いでいる時のシフト間違いやアクセルをグッと踏んでの急発進で危険がせまった時にソナーが感知しブレーキアシストやエンジン出力の抑制により事故の可能性を下げてくれます。 また自動ブレーキのプリクラッシュセーフティシステムが昼間の歩行者を検知できるものにグレードアップします。 この一部改良のマイナーチェンジで、インテリジェントクリアランスソナーと進化したプリクラッシュセーフティが標準装備になるため改良前よりも数万円の値上がりしました。 新型ノアに特別仕様車のWxB2が設定されロアグリルのピアノブラック塗装などが行われ価格は全体的に数万円アップする 2019年1月7日に発売を開始した新型ノアは特別仕様車のWxB2を新しく設定しました。 2になって変わる部分はロアグリルのピアノブラック塗装などで、エクステリアに大きな変化はありません。 ノアWxB2の特別装備• バックドアガーニッシュ(スモークメッキ)• リヤコンビネーションランプガーニッシュ(スモークメッキ)• アウトサイドドアハンドル(メッキ)• WxB専用エンブレム(ハイボスカル製)• ロアグリルピアノブラック塗装• 専用シート表皮(合成皮革+ファブリック・ホワイトステッチ・消臭機能付き)• インサイドドアハンドル(メッキ)• ドアトリムオーナメント(合成皮革)• ワンタッチスイッチ付きデュアルパワースライドドア• インテリジェントクリアランスソナー• 6スピーカー• ワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドア• リアオートエアコン ノアWxB2には従来設定されている特別装備のほかに、ロアグリルピアノブラック塗装とインテリジェントクリアランスソナーの標準装備が入ります。 ですが、標準装備品が増えるため車両価格がソナー分値上がりしています。 モデリスタから2列5人乗り仕様で自由にスペースを活用できるコンプリートカー「ノアMU」が発売 ノアMUは2列5人乗りで空間を広く使えるためアウトドアなどを楽しむユーザーにぴったり 2列5人仕様のノアMU(マルチユーティリティーの略称)がモデリスタのコンプリートカーとして2019年1月のマイナーチェンジで追加されました。 ノアは3列シートミニバンのため全てが乗員のための空間になっていましたが、今回の2列5人乗り仕様の追加で余分なスペースを荷物の収納に使ったり、車中泊のスペースに使うことができます。 専用フロアやハンガーフック、床下収納など専用の架装装備が充実していて、ロッドホルダーやサイクルホルダー、エアスリープマットなどもオプションで用意されています。 ノアMU(マルチユーティリティ)の販売価格一覧 グレード 駆動方式 販売価格 北海道地区の販売価格 ノア MU X 2WD 2,671,920円~ 2,739,960円~ 4WD 2,877,120円~ 2,945,160円~ ノア MU Si 2WD 2,924,640円~ 2,992,680円~ 4WD 3,119,040円~ 3,187,080円~ ノア MU Si WxB2 2WD 3,018,600円~ 3,043,440円~ 4WD 3,213,000円~ 3,237,840円~ 2017年7月3日に行われたトヨタ新型ノアのマイナーチェンジ情報 トヨタの5人~8人乗りミニバンであるノアが2017年7月3にマイナーチェンジします。 大きな迫力あるエクステリアと乗り降りしやすいスライドドアが特徴のノアは、同じトヨタから販売されるヴォクシーやエスクァイアと兄弟車となっています。 マイナーチェンジするタイミングも同じなのでエクステリアやインテリアの好みで車を選んでも良いでしょう。 エクステリアやインテリアやパワートレインなど2017年のマイナーチェンジでどこが変わったのか、ノアの進化を確認しましょう。 新型ノア HYBRID Si(2WD)の諸元 全長 4,710mm 全幅 1,735mm 全高 1,825mm 室内長 2,930mm 室内幅 1,540mm 室内高 1,400mm ホイールベース 2,850mm 最低地上高 160mm 最小回転半径 5. 5m ボディカラー 全7色 乗車人数 7名 燃費 23. エクステリアの変更• 新色ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレークの追加• 内装の質感向上・専用内装装飾の追加• オプティトロンメーターの変更 となっています。 パワートレインの変更はありませんでした。 特にエクステリアは大幅な変更がされています。 新型ノアはマイナーチェンジで押し出しが強く迫力ある上質なエクステリアに進化 全面に押し出されたフロントマスクが特徴的な新型ノアのヘッドライトにはオートレベリング付きのBi-Beam LEDヘッドランプとLEDクリアランスランプが採用されています。 幅があり立体感のあるメッキグリルはノアのイメージをより都会的に表現しています。 「精悍さ」を表現した新型ノアのリアビューもシンプルながらスタイリッシュな雰囲気漂うものに変更されています。 兄弟車であるヴォクシーやエスクァイアと比較すると特徴が少なかったノアですが マイナーチェンジすることで上質なラグジュアリーミニバンに進化しました。 新型ノアは全7種類のカラー展開 メーカーオプションのカラーもよく似合う 新型ノアのボディカラーは全7色で展開します。 ホワイトパールクリスタルシャイン、ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク、ブラッキッシュアゲハガラスフレークはメーカーオプションで32,400円となっています。 柔らかく上質な印象のあるカラーリングは新型ノアの人気内装色となるでしょう。 2015年7月9日にフルモデルチェンジしたシエンタがミニバン販売台数でトップを走り続けている状況ですが、ホンダのフリードが2017年にマイナーチェンジする可能性が浮上したことでミニバン市場に変化が起こるかもしれません。 自動運転技術のプロパイロットを搭載しているセレナ、販売台数を独走中のシエンタ、これから進化をする可能性があるフリードによる、三つ巴のミニバン市場の今後の動向に注目しましょう。 セレナ S(2WD)の諸元 全長 4,690mm 全幅 1,695mm 全高 1,865mm 室内長 3,170mm 室内幅 1,545mm 室内高 1,400mm ホイールベース 2,860mm 最低地上高 160mm 最小回転半径 5. 5m ボディカラー 全12色 乗車人数 8名 燃費 15. 2015年7月9日のフルモデルチェンジにより販売台数を大きく伸ばし、人気車種の仲間入りとなりました。 樹脂パーツを随所に使われた個性的なフロントマスクとカラフルなカラー展開は、若い世代のファミリー層から絶大な支持を集めました。 両面スライドドア、豊富なシートアレンジなどミニバンの性能も十分なのですが、さらに クラス最高レベルの27. ミニバンの快適な居住性、個性的なデザイン性、環境にやさしいエコな性能を求める方にお勧めの車種となっています。 シエンタ HYBRID G(2WD)の諸元 全長 4,235mm 全幅 1,695mm 全高 1,675mm 室内長 2,535mm 室内幅 1,470mm 室内高 1,280mm ホイールベース 2,750mm 最低地上高 145mm 最小回転半径 5. 2m ボディカラー 全14色 乗車人数 7名 燃費 27. マイナーチェンジの噂も聞こえる中、販売台数を伸ばす人気車種です。 車幅の狭い道路や、駐車場にも止めやすい丁度良いサイズのミニバンのため、 女性からの支持も高いのが特徴です。 内装は高級感のあるブラック、大人の雰囲気を味わえるモカ、プレミアムな印象を与えるベージュなど、4種類のシートから選択できます。 年代問わず乗り続けられる飽きのこないインテリアも魅力の車種となっています。 フリード HYBRID B(2WD)の諸元 全長 4,265mm 全幅 1,695mm 全高 1,710mm 室内長 3,045mm 室内幅 1,455mm 室内高 1,275mm ホイールベース 2,740mm 最低地上高 135mm 最小回転半径 5. 2m ボディカラー 全14色 乗車人数 6名 燃費 27. スポーティなイメージのヴォクシー、ラグジュアリーなイメージのエスクァイアと比較してキャラクターが強調され難かったノアは販売台数もヴォクシーより少ない結果でした。 しかし今回のマイナーチェンジに より強い個性を手に入れ、3兄弟の中でもトップレベルの洗練されたエクステリアとなっています。 新型ノアは兄弟車や強力なライバルがいるミニバン市場にどのような影響を与えるのか注目しましょう。

次の

2020年4月新型ヴォクシー&ノア マイナーチェンジ!搭載エンジン・装備・価格は?

ノア マイナーチェンジ 2020

もくじ• 新型ノアのフルモデルチェンジ予定の最新情報について まず新型ノアのフルモデルチェンジ予定の主な変更点がこちらになります。 ノアのチェンジ点• パワートレインを搭載• プラットフォームを採用• 安全システムの追加• グレードの追加 少し方向性を変更しぎみの次期ノアは、最新のTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)に対応したパワートレインによる最新エンジン搭載する予定で、こちらにはハイブリットにも使用される予定。 そして同じくTNGAではプラットフォームを改良中で軽量や室内の拡大、そして安全装備の増加などを計画していますね。 まず最初にノアのボディサイズから見ていきましょう!! 新型ノアのボディサイズと現行型と旧型との違い 基本的にプラットフォームを共用するトヨタのととともに、トヨタ・ミニバン部隊の中核を担うのがノア。 新型ノアがフルモデルチェンジを計画して、この中にTNGAプラットフォームを採用しています。 なので、もしかしたらボディが大きく変更する可能性がありますね。 ただ、今の段階で「全長が長くなる!いやいや全幅が短くなる!」とは言えないのが現状。 ちょっと過去を振り返ってみると、現行型から旧型、初代のボディサイズを見ると、このようなボディサイズとなっています。 新型ノアの現行型モデルとの違い 現行型ノアのエンジンとしてはガソリン車に2リットル直列4気筒DOHC(3ZR-FAE型)、そしてハイブリッドに1. 8リットル直列4気筒DOHC(2ZR-FXE)が搭載されていますが、フルモデルチェンジにより新しいエンジンが搭載される予定。 この新作エンジンが「TNGA」パワートレインとして開発中の「Dynamic Force Engine」で、ガソリン車とハイブリッドに搭載予定。 新作エンジンのダイナミックフォースエンジン 現行型ノアに搭載されているガソリン車(2リットル直列4気筒DOHC:3ZR-FAE型)は、燃費とパワーを両立したバルブマチック仕様で、低中速のトルクはしっかり出ているし、高回転側も気持ち良く回ってくれます、よね? 現行型ノアの車両積載量は1560~1730kgに達するのですが、この重い重量で、7~8人(約500kg)を乗せても、ラクラクに走ってくれます。 ただ、峠道などの坂道は生体不足。 トランスミッションが無段変速車のCVTと言いながら、ハイブリッドよりエンジンとの対話感があるのは間違いない。 現行型ノア:パワートレインスペック エンジン種類 直列4気筒DOHC 型式 3ZR-FAE型 最大トルク 14. 現在のところ2. 5リットルのエンジンはトヨタカムリに搭載済みで高評価を受けています。 ただ、新型ノアには2. 0リットルが搭載予定で、現在のところ開発が進行中。 まだまだ未知な部分が多いのですが、まず新型ノアに搭載予定のダイナミックフォースエンジンはトヨタのTNGAが性能や搭載車を改めて開発中の最新エンジン。 日本だけでなく世界トップレベルの「高効率、低燃費、出力、熱効率」を徹底的に追求すると同時に、低回転から高回転まで全域でトルクを向上させることを新型エンジンシリーズ。 新型ノア:パワートレインスペック エンジン種類 直列4気筒2. 0L直噴エンジン 最大トルク 20. 8リットル直列4気筒DOHC(2ZR-FXE)です。 現行型ノア:パワートレインスペック エンジン種類 直列4気筒DOHC2. 1kgf・m 総排気量 1797cc 駆動方式 FF ミッション CVT このエンジンは、新型では搭載されず、先ほどお話した「ダイナミックフォースエンジン2. 0リットル」が詰め込まれると見通されています。 また、電気モーターなどハイブリッドシステムも新開発となり、トヨタプリウスに採用されている小型・軽量・低損失化技術を継承されています。 たとえば、ノアに採用と体の電気モーターは、加速時にエンジンの回転数を下げるて、それと一緒に電池からの電力を高め、リニアで伸びのある加速感が実現させているんですね。 このようなモーターの様々な利便性を高めるニーズに応えることで、燃費効率につながってきます。 モーターはエンジンのアシストがあるので、市街地走行では不足はないが登り坂や高速道路の合流などではエンジン回転数が跳ね上がるため、ちょっと非力に感じてしまう。 現行型ノアのハイブリットでも非力な部分があったかもしれませんが、新型ではこの部分をカバーしてくれるはず! 変速機は、通常エンジン仕様がCVT、ハイブリッドが遊星ギヤを使った無段動力分割機構による電気式無段変速機を採用。 駆動方式は、ガソリン車仕様で「FF、4WD」を選び分けられるが、現時点ではハイブリッドの4WDは無く「FF」だけとなります。 新型ノア:パワートレインスペック エンジン種類 直列4気筒DOHC2. 0リットル 型式 2ZR-FXE 最大トルク ・エンジン 18. 6kgm ・モーター 109ps 新型ノアの安全装備トヨタセーフティセンスは何がすごいの? 旧型ノアのウィークポイントは運転支援システムでした。 グレードには低速用のプリクラッシュブレーキやレーンデパーチャーアラートなどが設置されていましたが、新型ノアは大きく変貌しています。 先進安全装備に関してですが、予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)」がさらに改良されると見ています。 新型では、この先進安全装備がさらに進化されると見ています。 それくらい高機能ということにも言えますよね! トヨタセーフティセンスでは、単眼カメラ(単眼光学式カメラ)とミリ波レーダー方式を用いたセンサーが備わっています。 また、速度調整や距離もさらに細かく設定されているんですね。 「そうなりますね」 新型ノアではさらに安全装備がグレードアップされると見ているためにかなり楽しみ! 新型ノアの外装「3ナンバーは迫力満点」 トヨタ新型ノアの外装は、現行モデルで迫力をアップしたデザイン。 トヨタの「Mクラスミニパン三兄弟 ノア、ヴォクシー、エスクァイア 」の中で、最もおだやかで、温かみのある顔つきをしていたのがノアだったのですが、2017年7月のマイナーチェンジで外装デザインが一新。 これがまた迫力感たっぷりで一段上。 エアロ仕様は16インチのタイヤを履き、標準グルマは15インチ。 新型ノアの内装評価「インパネ、スピードメーター」 新型ノアの内装は、一段上にレベルアップし、いつでも見やすいスピードメーターが設計され、ちょっとした装備が備わっていますね。 もう一段階上の内装 トヨタ新型ノアの内装は、現行モデル時に行われたマイナーチェンジ時で質感のアップによりワンランク上の上質な素材感と洗練された内装ができあがっていますね。 シートの仕様が2パターン選ぶことが可能。 2列目ベンチシートに3人が乗れ3列目に3人が乗れる合計る8人が乗れるタイプと、2列目がキャプテンシートの7人乗りが用意されています。 新型ノアのインテリア上部は、助手席側がフラットではなく、奥から手前にかけて湾曲状になっています。 最近では、このような湾曲状が増えていますね。 現行型と造形は同じですが、印象は大きく変わっているのがわかります。 現行型ノアで人気グレード「G」に設置される専用インテリアカラー「フロアマージュ(チーズ色?)&ブラウン」は、明るくモダン的な雰囲気を醸し出してくれるインパネ。 いつでも見やすいスピードメーター 新型ノアのインパネの運転席側にはメーター類が設置されており、この中身としては丸型リングを採用した自発光式アナログメーター。 この自発光式アナログメーターは、夕方や夜間になど車内が暗い状態でもメーターパネルないがクッキリト見えやすいように画面内の文字や針がが浮き上がるように自発光式メーターが内蔵されています。 メーター内の中央には、スピードメーター、左側に油圧計、右側にHVの出力、回生系はガソリンエンジン車では回転計になります。 インパネ中央にはインフォメーションディスプレイが設置されており、4. 2インチ、メーカーオプションのカーナビは8インチディスプレイとなっています。 デザインや内装の質感など、好みに応じて選び分けるといったところだ。 ちょっとした装備がうれしい ちょっとしたことなんですが助手席の前に用意されているオープントレーがウレシイ! 助手席に座る人がスママフォなどを気軽に載せることができ、置くところが平らではなく若干ですが手前にゆるい段差でできているために、走行中でも物が落ちにくい設計となっています。 新幹線の座席でテーブルを使った小技が、ノアにも利用されています。 助手席の背面部分が折りたたみ式のテーブルを標準に装備しています。 あくまでも、テーブルと言っても物を乗せるだけでなく、走行中に飲み物をこぼさないように、ペットボトルやコップが2本分固定できるようになっています。 ダッシュボードに逃げが設けられており、1列目シートの幅を確保しつつギリギリまで前方にスライドができるようになっています。 新型ノアの乗り心地や座り心地の良い所と悪い所 次男坊のノアは長男からの教えをよく受けています!ヴォクシーからの指導を受けて徹底研究しており、見晴らしの良さや3列目席の広さ、室内の静かさなどは、後発のライバルにも遜色はない。 乗り降りがラクでスムーズ• 前席シート(運転席、助手席)は視野も良く乗り心地も快適• 2列目3列目シートの座り心地が良好 乗り降りがラクでスムーズ 新型ノアの乗り降りに関してですが、 足を乗せるステップ位置が前後ともに低めのため、乗り降りはスムーズに行えるはず。 ステップの高さ 前ドア 380mm 後ドア 355mm 後ドアにつきましては、前から後ろになるにつれてゆるい下り坂のように低くなるような工夫もうけられています。 しかも、もう一段階(約100mm)低くステップが設置されているので、より乗り降りがスムーズ。 それから、上にも目を向けてみると、運転者と助手席の斜め前方視界のなかに入る前側柱(Aピラー)から屋根(ルーフ)にかけて若干低めに設計されています。 2列目、3列目のスライド量が多く3列目の乗り降りもスムーズに行えるはず。 前席シート(運転席、助手席)は視野も良く乗り心地も快適 新型ノアの前席シートの座り心地についてですが、ゆったりとした落ち着いた独自のシートの色合いが、ドライビングにつながってくれます。 また、座面位置の高さの影響でアイポイントは高く、ボンネットも認識しやすいので車両感覚はつかみやすく、遠く遠くまで見渡すことができます。 ただし、斜め横に目を向けるとAピラーが若干太めなので視界に注意が必要。 ドライビングポジションを調節するためのチルト&テレスコピック、ハイとアジェスターも設置されています。 2列目3列目シートの座り心地が良好 新型ノアの2列目では、現行型と同じように、2タイプのベンチシートとキャプテンシートを選ぶことができます。 2列目ベンチシートは3人乗りで合計で8人が可能、キャプテンシートは2列目に肘置きのアームレストが設置されるために2人乗りの合計で7人乗り。 いちばん後ろまでスライドさせれば、コタツが置けそうなスペース 「確かに」 しかも、突き詰めていくとガソリン車とハイブリット車でもシートの座り心地が微妙に変わるんですよね。 ベンチシートとキャプテンシートの座り心地は幾度同じなんですが、ガソリン車は2列目に座った際に、1列目席の下に足がすっぽり入るが、ハイブリッド車になると1列目席の下にバッテリーが詰め込まれるために若干ですが振動が起こりやすいんですね。 3列目席は手抜きされがちが多いのですが、新型ノアは、大人が長時間、座っていられる快適性を確保。 3列目シートは6対4分割のベンチシートになるため、シートの中央部分にはスペースがあるので間に座る人は多少は気になるかもしれませんが、短い時間ならば我慢でき大人3人が収まるはず。 あと頭上の余裕も十分。 2列目と比べて座席や足回りは短いのですが、それでも十分に座ることができるはず。 一番うしろの3列目シートの背もたれを倒さない状態で「高さ1240mm、横幅980mm、奥行きが約400mm」となります。 特にポイントになるのが、3列目の背もたれを倒さすに約400mmの奥行きが確保できることで、しかも床面下にもスペースが設けられているため、靴などを収納することが可能。 3列目は5対5分割式シートで真ん中で分割して倒せるシートになっており、両サイドに跳ね上げる格納式タイプ。 なんだか面倒臭そうに思われるかもしれませんが、このノアの格納式はワンタッチであっとうまに間に荷室を広げることができるので非常に便利。 3列目を格納すると奥行きは約1225mmになります。 ガソリン車はウォークスルーが可能で、この機能としては2列目シートと3列目シートの背もたれを水平に倒すことになります。 1列目シートからリヤドアまでの距離が約2800mm程度の距離なので、人が寝転んだり、大きな物を詰め込むことも可能。 長役物を収めることができます。 しかし、最新パワートレインやプラットフォーム、安全装備などの大幅な改良や追加により価格上昇はまぬがれないと見ています。 現行型モデルのグレードで一番低いので2,466,720円、高いので3,269,160円となっていますが、それぞれのグレードに5~10万ほどプラスされると想定されています。 「市街地を中心に使うならハイブリッド車がオススメですね。 新車両価格は比較的高めですが、2~3年ほど乗るなら、燃費面を考えてハイブリッドを選びたいところで、その後に売却したとしてもノアは人気車種のために、高値で売れるはず。 」 また、ハイブリッドの低燃費メリットは加減速の多い市街地ほどに現れるはず。 ただ、2列目はキャプテンシートで乗車定員は7人のみとなります。 平日は街乗りで、週末は長距離ドライブが好きなら違和感の少ないガソリン車がオススメ。 燃費は高くなりますが、その分新車両価格は安い。 高齢者比率が高まるこれからの時代のファミリーカーとして、大いに選ばれるべき存在で、安全装備のトヨタセーフティセンスも最廉価版に標準。 現行型ノアの中で一番価格が低いのがグレード「X」(ガソリン車)で246万円からとなっています。 「ガソリン車の場合はエンジンは2. 0リットル直4だけですが、オプションにサプペンションやリアなど選ぶことができます」 もしスピードをある程度選びたいなら、グレード「Si」がおすすめ。 ただし、マニアックにノアでスピードを重視しても、そもそも最初から安い車種など考えるべきではないかと、、、、ボディとサスペンショングを強化したといっても、高速道路では路面形状や横風で少し不安定になることもあるはず。 いろいろとオプションを追加していると、結果的に300万年代を超えてしまうことも・・・。 確かに、ノア一台であらゆる願望を満たせるかもしれませんが、追求しすぎると霧がありませんよね、、、。 最低限選びたいのは4WDくらいですかね。 新型ノアの燃費「現行型はヴォクシーとエスクァイと同じ」 トヨタ新型ノアの燃費は、 エンジン、ハイブリッドシステム、トランスミッションと、すべてを新世代とするパワートレインにより大幅に改善することになります。 現行型ノアの燃費につきましては、エンジン車で約16. ちなみに、トヨタの三兄弟のヴォクシーとエスクァイアの燃費がこちらになります。 現行型ノアの燃費 現行ヴォクシー 現行エスクァイア ハイブリッド FF 23. というか、それはそうですよね?エンジンやモーター、プラットフォームが同じ物で設計されているため、当然のように燃費も類似になりますよね。 新型ノアにつきましては、最新エンジン(Dynamic Force Engine(2. 0L)が開発中のために、 今の段階ではJC08モード燃費などは行われていませんが、現行型に搭載されているエンジンより低燃費が期待されています。 また、プラットフォームも最新型(TNGA)を実行中で軽量化を計画中のために、これまた燃費に大きく関係してきますよね。 新型ノアの発売日は2020年? トヨタ新型ノアのフルモデルチェンジ発売日は、2020年が予定されています。 マイナーチェンジが行なわれる新型ノアの発売日につきましては、現在のところはっきりと分かっていない部分が多いのですが、1つだけ言えるのが東京オリンピックと同じ年の2020年が予定されています。 初代 2001年~2007年 発売日 2001年11月16 マイナーチェンジ 2004年8月17日 2代目 2007年~2014年 フルモデルチェンジ 2007年6月27日 マイナーチェンジ 2010年4月27日 3代目 2014~ フルモデルチェンジ 2014年1月20日 マイナーチェンジ 2017年7月3日 新型ノアのしめ言葉 新型ノアのフルモデルチェンジの予定を見てきました。 ただ、まだまだ、まだまだ未知な道路状態で、わからない部分が多いのがげんじょうでありまして、新型ノアで新たに切り替わる予定のエンジンやプラットフォームも気になるところですが、明確なところもまだまだわかっていないところが多い。 新作エンジンには、ガソリン車だけでなくハイブリッドにも搭載されるために、スピードの伸び具合だけでなく燃費などにも気になるはず。 オープンにされていない、というか、オープンにできないのかも、、、。 ノアの最新情報が入り次第、記載していければと思います。 今回の記事があなたの車選びの一助となれば幸いです。

次の