剣 盾 サニーゴ 育成 論。 【ポケモン剣盾】サニーゴ(ガラル)の進化と入手方法【ソードシールド】|ゲームエイト

【ポケモン剣盾】サニーゴ(ガラル)の育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

剣 盾 サニーゴ 育成 論

「ちからをすいとる」でHPを回復しつつ攻撃を下げ、「おにび」や「ナイトヘッド」のダメージで相手を倒す、耐久ポケモンらしい戦い方を行います。 体力を回復する手段「ちからをすいとる」との相性バッチリとなります。 対面した特殊アタッカーに対応するための技。 悪タイプの特殊アタッカー以外なら対応できる。 特殊攻撃特化の相手にめっぽう弱いところを補助できる技です。 サニーゴ ガラル の役割と立ち回り 少ない弱点を活かす受けポケモン 「サニーゴ ガラル 」は、 高い防御と特防のステータスと「しんかのきせき」によって、多くのポケモンの攻撃を耐えることができます。 またゴーストタイプのため弱点が少なく、大ダメージを受けにくいのも特徴です。 物理アタッカーに非常に強い 「サニーゴ ガラル 」は、「ちからをすいとる」や「おにび」など攻撃を下げる事ができる技を覚える、物理アタッカーに非常に強いポケモンです。 現在の環境で多く見られる、「ドラパルト」や「ミミッキュ」といった物理アタッカーの攻撃も受ける事ができます。 サニーゴ ガラル の対策 受けとしての能力を発揮させない 「サニーゴ ガラル 」は受ける能力に優れている反面、攻撃能力はそれほど高くありません。 そのため 「」で「おにび」などの補助技を封じたり、「」で「しんかのきせき」を使えなくすることが、ガラルサニーゴの対策として有効です。 レンタルパーティは 育成不要で戦える代物なので、ぜひ活用してみてください。 関連記事 新ポケモンの育成論一覧.

次の

【ポケモン剣盾】ガラルサニーゴの育成論と対策

剣 盾 サニーゴ 育成 論

今回の育成論はガラルです。 基本データ No. 222 分類 さんご 英語名 Corsola タイプ ゴースト H60 A55 B100 C65 D100 S30 高さ 0. 6m 重さ 0. 鬼火と高速回復技による受け 「ちからをすいとる」によりA下降と高速回復を同時に行える点、鬼火によってさらに高い物理耐久を得ることができる点で、高い対面性能を発揮する。 特性との 長期戦前提の物理受けと「」と相性抜群。 また、環境に多いこだわり系に対して強く出られるのも強み。 「」により特殊方面にも強く出られる 高速回復技が相手のAに依存している点、鬼火はCに影響しない点で、通常、特殊アタッカーにはそれほどの耐久力を発揮しない。 そこでこの技を採用することにより特殊方面にも強く出られるようになる。 調整意図 能力値 HB:性格込み252振り。 確定数がギリギリなため 特性・持ち物 特性は「」で確定。 受けとの相性のよいため。 持ち物は「進化の輝石」で確定。 物理、特殊の両面において高い耐久力を得られる。 特化珠 ダイホロウ 65. 6% 確2• 同シャドークロー38. 4% 確2• 同かげうち 23. 1% 乱4• 特化ドラパルト 46. 同ダイホロウ 68. 2% 確2• 陽気ウオノラゴン エラがみ 49. 特化ガラル つららおとし 34. 特化ドラパルト 50. 同眼鏡 75. 8% 確2• 特化ヒトム 眼鏡オーバーヒート 62. 特化ウォットム 眼鏡 52. 特化 眼鏡 58. HC252チョッキストリンダー オーバードライブ 35. 無振りでも十二分な物理受け性能 ちからをすいとるを持っているので、物理特化しなくても確定一発を取られなければ耐えられる。 ゴースト単という優秀なタイプのおかげで積まれなければB無振りでも物理で乱数一発をとれるはほぼいない。 調整意図 能力値 HD:のダイアーク確定耐え調整 B:余り 持ち物・特性 持ち物は「」で確定。 はたきおとすやスカーフのトリックには要警戒。 特性は「」で確定。 相手のメインウエポンを封じられる。 技構成 確定技 コンセプト。 特殊アタッカーに打って次につなげられる。 ちからをすいとる 物理アタッカー対面の1ターン目の様子見に使える。 壁張り後に特殊アタッカーに打って全快して相手の後発アタッカーに備える。 選択技 かちからをすいとるをした後に打て。 後発の負担を減らせる。 おにび 物理無振りでもこれがあれば相手物理アタッカーを機能停止に追い込める。 中途半端なアタッカーにはやおにびの後にこれを連打してれば勝てる。 の化けの皮を剥がすことも可能。 被ダメ 物理耐久• 特化ドラパルトのダイホロウ() 乱数一発(93. 特化珠ックスのダイアーク() 乱数1発(90. 特化眼鏡ックスなしの 低乱数2発(62. 特化ポットデスの 乱数2発(44. 特化、サニゴーンの眼鏡。 確定2発(69. 8) 有利な相手 特殊アタッカー全般 一致弱点持ち特殊アタッカーも壁張りだけなら受けられる。 ただしは特化珠ダイアークで30%で落ちる。 ポットデスはからやぶしてくる可能性が高いので壁で相殺できる。 物理アタッカー全般 ちからをすいとるスタートで大体対応できる。 一致弱点持ちもキツイのはと珠持ちドラパルト程度。 不利な相手• 相手の起点、先鋒耐久• 、はたきおとす等メタポケ 相性のいい 害悪型 アンコール宿木身代わり搭載。 史上最悪の害悪コンビ。 の苦手な耐久ポケ、起点作り、積みポケに有効。 に確1技を持ってるドラパルトを一致ふいうちで後出しで狩れる。 タスキを持てばダイホロウを受けて負けん気でックスも確定1発。 ックス全抜きエース 耐久が弱くともでサポート+ックスで耐えられる。 ドラパルトなどがオススメ。 高耐久かつ弱点の少ないタイプ• 高速再生技と鬼火の組み合わせ• 鬼火とちからをすいとるによる圧倒的な物理流し性能• のろいによる後続エースへの起点作り役 調整意図 能力値 H:奇数。 砂霰毒や呪い等の定数ダメージ意識 A:いばるによる混乱のダメージ対策で最低 B:11n D:余り 特性・持ち物 「」で確定。 30%の確率で受けた技を出せなくする。 弱点が少なく硬いに非常にマッチする。 持ち物は「」で確定。 防御と特防を1. 5倍にする。 技構成 ステロ撒きとしての採用なので確定。 交代せざるを得なくなると噛み合い、サイクル戦を優位に進める。 ちからをすいとる 相手のA実値分HPを回復し、Aランクを1段階下げる。 この技が無いと物理に役割を持てないので確定。 おにび 命中は85と低いが当たれば物理技主体のを機能停止に追い込める。 や竜舞ドラパルトに刺さる。 のろい 自分のHPを半分削る代わりに相手を呪い状態にする。 役目を終えた後に自主退場しつつ相手を交代せざるを得ない状況に追い込める。 被ダメ• ウオノラゴンようきがんじょうあごエラがみ 50. ドラパルト珠ダイホロウ 85. 同 確定2発 69. 同1度吸い取ったダイホロウ シャドークロー 46. 同シャドークロー 2耐え 38. 同じゃれつく 25. 同かげうち 25. それを半減でき、特殊耐久が高いとは相性が良い。 また、が苦手とする格闘はには出てきづらくお互いを補完し合う。 弱点保険持ちックス積みエース 鬼火を撒いた上で弱点技を受けさせることができればも合わせて全抜きを狙える。 上記にを持たせたはタイプ相性的にも噛み合うので向いている。 あくに耐性があり、一致ダイナックルやかるわざもある、ダイジェットとわるだくみが使えるトケギッスも効果的。 高火力先制技持ち やのろいで大きく削れたを華麗に処理できる。 ばけのかわで必ず舞え一致でかげうちを撃てる 、いかくを持ちに同じくサイクルに強い鉢巻、一致ふいうち使いのオーロンゲ、がオススメ。 スカーフ高火力 積まなくても一掃が見込めるため相性も良いです。 エラがみウオノラゴン、ごりむちゅうがオススメ。 苦手な相手 ウオノラゴン 火力指数最強のウオノラゴンはいくら等倍とはいえ受からない。 対面からならちからをすいとるで間に合うが、後出しができない ドラパルト 一致弱点に後出しは効かない。 ただ、もし以外だった場合は対面からちからをすいとる入れ、一旦有利な後続に引くことで体力満タンの状態で有利対面を作れる。 そして、ステロダメージを蓄積させられる。 採用率トップのにをされると後出し不可能。 対面からなら受けきれる。 ックスは向こうがようきでもいじっぱりでもHPが136以上残っている状態からであればちからをすいとる連打で回復が追いつきAダウンBダウンの相殺分込みでダイホロウを3耐え。 舞っていないをックスさせるのは向こうも割けたい。 鬼火がある分若干こちらが優勢である。 これで紹介を終えます。 KOKUBANLEMON.

次の

【ポケモン剣盾】ガラガラ(アローラ)の育成論

剣 盾 サニーゴ 育成 論

その後、相手の攻撃をダウン 解説 相手の攻撃をダウンさせつつダウンさせた数値に応じて回復を行います。 持ち物が固定となってしまうサニーゴのメイン回復ソースであり、耐久を更に保証させる技でもあります。 耐久性が一気に増すので確定となる技です。 相手の能力変化の影響を受けるので、攻撃を上げる積み技持ちにも多少有効です。 ほのお 変化 威力 0 命中 85 PP 15 効果 相手を「やけど」にする 解説 相手の攻撃を下げつつ毎ターンダメージを与えられます。 ダメージを与えつつ耐久を保証させる技なので役割に噛み合っており、優秀な技です。 ゴースト 特殊 威力 — 命中 100 PP 15 効果 自分のレベルと同じ固定ダメージを与える 解説 攻撃性能が非常に低いサニーゴの安定したダメージソースです。 高い火力が期待できるというわけではありませんが、相手によって確定数がはっきりとわかるので先々の動きを決めやすくなります。 エスパー 変化 威力 0 命中 — PP 20 効果 自分の「とくぼう」を2段階アップ 解説 特殊耐久も安定させたいという場合に有用な技です。 相手物理アタッカーの交代際に使用出来ると場持ちがよくなり、特殊物理共に非常に高い耐久になります。 輝石サニーゴの持ち物候補 効果 進化前のポケモンに持たせると「ぼうぎょ」と「とくぼう」が1. 5倍になる 解説 進化前であるサニーゴの防御、特防を1. 5倍に出来ます。 これにより耐久を高め、強力な運用が可能になります。

次の