ポッキー アンチ。 アンチポッキーM40X誕生!?

アンチポッキーM40X誕生!?

ポッキー アンチ

腰抜かすほどに超絶軽量軽快超高感度で、まるでキツツキが木をつつくように超高速でネコリグを長時間「叩ける」ロッド。 長年の酷使で超高速シェイクをキープできなくなった自分の右手首右肘でも、このロッドだけは昔と同じくらいに高速ビートを維持できた。 元はアジングロッドのブランクスを改良したもの。 右から2番目がそうだが、他のロッドと比べても一目瞭然。 バスロッドとしては常識はずれの超細身のバット、そしてティップの先まで高弾性。 まあ、三原のRRRアンセムも常識はずれのバットの太さですけど…まさにその対極的存在。 スキニーイール3インチ、4インチを叩かせたらまさに凶器的存在。 ティップまでビシッとした高弾性で、ネコリグを絶え間なく「叩く」感覚で痙攣したかのように泳がせられる。 まるで「ネコリグ」が規則正しい痙攣で「シャッド」に変身したような感じ。 フィネスの極みのようで、実は使い手のフィジカルがモノを言う攻撃的なロッドです。 実際の映像はDVD「TOP SECRET」でふんだんに見れます。 ただ、このロッドの決定的弱点は、あっさり「折れる」こと…。 それこそナベに貸したら、感動のあまり?ブルーギルとのファイトで見事に真っ二つに折ってしまう始末…。 酷い時はネコリグを思いっきり投げた瞬間に3ピースロッドに…。 ノンキー抜き上げて、空中で手で掴もうとしたらまた3ピースロッドに…。 それがポキポキ「ポッキーロッド」と命名された所以です。 試合でもフッキングからファイトまで、常に神経質なくらい優しく扱わなければいつ折れるか不安で一杯。 昨年の遠賀川戦では何度、いいようにボートの下に潜られたことか。 潜られた挙句にはボートの反対側でジャンプするし…。 フッキングも思いっきりできないので、口の硬いデカいやつほどジャンプバレも多かった。 でも、そこまで気を使っても、その超高感度さ、高弾性ならではの高速「叩き」性能は捨てられなかった。 常にスペアを3本は積んでいたほど溺愛していたロッドでもある。 しかしながら、ポッキーを折れなくする物理的解決策がない事は、自分も青木も解っていた。 EGのロッド工場で強度測定を何度もしたが、EGの販売基準強度には遠く及ばなかった。 しかし、昨年冬、思わぬところからその物理的問題解決の糸口が見えた。 超高弾性超高靭性、世界最先端カーボン技術の結晶、「M40Xナノアロイ」の出現がポッキーを劇的進化させた。 使い慣れた高強度高弾性「T1100Gナノアロイ」をティップセクションに、ベリーからバットに超高弾性高靭性M40Xをコンバートするまさかの超高弾性スピニング。 ベイト仕様の超戦闘的カーボンを敢えてフィネス極まるスピニングに投入するという世界初の試み。 その試みは自分の予想を遥かに上回った。 M40Xのフィネススピンへの投入は、スピニングロッドの世界感がひっくり返るほどの衝撃を受けた。 同時にM40X、T1100Gは、「フィネスなロッドにこそ実はその性能を最大限に活かせるのではないか」と言う事実に気が付いた。 テムジン時代に渇望した「折れない、粘る超高弾性ロッド」の実現が、再び自分の中で湧き上がってくるのを感じぜずにはいられなかった。 コンバットスティックの、自分のロッドの、スタイルの原点である「高弾性ロッド」、20年を経てようやくカーボン技術がその原点に追いついてきた。 超高弾性、それは即ち「テムジン」の復活なのだ。 インスピラーレで長年培ったT1100Gを、アンチポッキーの「芯」として採用。 ベリーからバットをM40Xで包み込む超攻撃的カーボンレイアウト。 33トンの張りを持つ高弾性ティップは、ソリッドティップのサイトホーク、アンセムに匹敵する繊細で強いティップを可能にした。 チューブラー特有の腰の強さが、ソリッド特有の「もたれ感」「にぶさ」を排除し、まさに超高感度な「叩けるティップ」を実現させた。 繊細なティップに、竿先のブレを最小限にする極小マイクロトルザイトガイドを必要最低限の数でティップに載せている。 敢えてガイド数が増えるジグザグガイドは今回見送っている。 その理由は、ガイド数が増えれば増えるほど、逆にロッドは張りが消えマイルドになっていくからだ。 高弾性の「張り」を最大限活かすには、ガイドは軽く、小さく、尚且つ少ない方が高弾性カーボン本来の張りが残る。 スレッドの樹脂を増やせば増やすほど、超低レジンピュアカーボンに不純物を大量に塗るのと同じ事なのだ。 完璧な高弾性の張りを活かすなら、アンサンド、アンチラッピング(無塗装)、ガイド数最小が必須である。 T1100Gの張りがあって粘る特性を、最大級に活かすには今現在、このセッティングがベストかもしれない。 ただ、さらに「芯」にM40Xを採用すればどうなるのか、既に噂されているカーボン技術の究極とされる「トレカM50X」は実在するのか。 2020年は自分の原点でもある超高弾性高強度フィネスロッドの劇的進化の年になるかもしれない。 と言う事で、本来はまだ居るはずのない自宅に篭って5日間。 今頃、遠賀川予選が終了しているはずなのにと思いつつ、暇に任せて長文記事。 試合用に買い溜めしていたマイ非常食も毎日食べると底を突いてきましたが… やっぱり、アタリ少なすぎるんちゃうんけっ…なにが走る!キョロちゃん缶やねん、 まったく当たらんから「秘密のルアー缶」なんて自分で作るハメになったんやんけ… と愚痴りたくなる毎日です。 チョコボール無限に当たらん位に、コロナもあたらん事を祈りますわ。

次の

実況者レトルトと信者のアンチスレ

ポッキー アンチ

「 ヒカキンってなんか受け付けないわ」「 ヒカキンがうざいと感じるのは自分だけ?」「 日本一だけど自分は認めない」など、ヒカキンアンチと呼ばれる人々は決して認めることなく、ヒカキンの良い部分さえも否定する傾向が見られます。 アンチよりも信者が圧倒的に多いユーチューバーでもあるヒカキンは、人気者だからこそ一定のアンチがついてしまうとも言える現状があり、この辺りは流石は日本一のユーチューバーといったところです。 ヒカキンが嫌われる理由は明確であり、これは本文中でしっかりと述べることにしますが、「 ヒカキンは大人に嫌われやすい」傾向があることが分かっていて、心理学の知識を使うことでその理由も解いていきます。 また逆に信者の怒りの声も紹介することによって、「ヒカキンがどれだけ好かれている人物なのか?」という事実も知ることができます。 あなたがこの記事を読むメリットは、「ヒカキンアンチのリアルな声を知れること」「嫌いと思う人に多い意見を知れること」「信者の怒りの声を知れること」の3つです。 タップできる目次• ヒカキンが嫌われる理由 大人気ユーチューバーであるヒカキンが嫌われる理由は、「人気だからこそのアンチが増える」ことが原因であって、どの世界にも人気者にアンチはつきものです。 ヒカキンの場合、人気な割にはアンチが非常に多いユーチューバーでもあるため、ヒカキン信者やファンの方々は胸を張って「 ヒカキンはアンチが少ない」と言えることでしょう。 一方で一定のアンチから言わせると、ヒカキンは 「偽善者である」とか「子供騙しだ」など、ヒカキンが気に食わないことを理由に様々な粗探しをしています。 もう一度言いますが、ヒカキンは人気の割にはアンチが少ないユーチューバーで間違い無いので、そこだけは勘違いしないようにしておきたいものです。 ちなみにヒカキンは日本一のユーチューバーであるのに対して、「ヒカキン嫌い」とのグーグルでの年間検索ボリュームが1000件程度であり、これは有名人にしては非常に少ない数値となっています。 ヒカキン嫌いな人に多い意見 完全に偽善者である ヒカキンアンチや嫌いと思う人に最も多い意見であり、ヒカキンを最も叩きやすい要素でもある偽善者疑惑は、昔から多くのアンチにネットで叩かれることで、信者やファンの心が傷ついてきた過去があります。 偽善者とは「自分の気持ちは関係なく、外面は良い人を演じる」ことでありますが、西日本豪雨に100万もの募金を自らしただけに収まらず、視聴者の方にも募金を呼びかける姿勢は賛否が分かれる結果となりました。 ファンや信者にとっては「見習うべき素晴らしい行為」と高く評価した一方で、アンチや嫌いな人は 「偽善行為だ」「有名人は名前を伏せて募金している」と主張することで、一時期話題を集めたのです。 ヒカキンの募金活動は確かに素晴らしい行いですし、子供や大人にとっても悪影響のない素晴らしい動画となったわけですが、アンチにとっては「ヒカキンが絶賛されること」が気に食わなかったようで、ネット上で暴れる人もしばし見られたほどです。 ヒカキンを認めたくない人が口にする、「有名人は名前を伏せて募金している」などの主張は確かに間違ってはいませんが、やはり「 やらない善よりやる偽善」です。 もしもヒカキンが偽善者であったとしても、彼ほどの実力と影響力を持つ人が紹介するからこそ募金額も一気に集まり、被災者にとっては多くの恩恵を受けることに繋がっています。 偽善者に対して嫌いな感情やうざい感情を抱くのは普通のことですが、ヒカキンの場合は「いい人の印象を与える」だけの効果に収まり、 「不幸話が好き」「自己満足の為の偽善」などの特徴が含まれないため、偽善者と断定するには難しいものがあります。 動画がつまらない 「動画がつまらないのに人気の理由が分からない」と感じる人は、ヒカキンを認めることができない人であることに加えて、子供騙しな動画を上げ続ける配信者などと低評価する傾向が見られます。 こちらについては、そもそも面白いかどうか?は個人の感性にもよるものなので、世界中全ての人が面白いと思う動画を作ることは不可能です。 ヒカキンの場合、特に子供受けが良い動画を作っているため中学生以上の年代になれば、つまらないと評価する人が増えてしまいますし、何より つまらないのと思うのに対して人気があることが、アンチにとっては受け入れがたい事実なのです。 人は誰でも気に食わない存在や嫌いな人物が人気者である事実を目の当たりにすると、「なんでこんな奴が人気なの?」と頑なに認めようとはせずに、悪い部分ばかりが目立ってしまう心理が働きます。 ヒカキンが嫌いな人も全く同じ心理が働いていて、本来であれば高評価できるような素晴らしい動画であっても、 少しでもつまらないと感じる部分があればそれが全てと思い込み、自分にとって都合のいいように解釈してしまうのです。 こうした心理状態になっていけば、自分がどれだけネットでヒカキンを認めない発言をしていようが、周りはヒカキンを高評価する意見ばかりに溢れてしまうことで、やがてうざいという感情が芽生えてしまいます。 動画がつまらないと感じる人はヒカキンの動画を徹底してスルーすることが重要で、 嫌いだという感情を持ち続ける限りは相手の存在を気にしている証拠ですから、その感情が消えるまでのスルースキルを身につけてください。 成功者でムカつく ヒカキンは紛れもない成功者であり、年収は3億とも4億とも言われるほどの稼ぎがあります。 そんなヒカキンだからこそムカつく感情が芽生え、「自分でもできそうな動画なのに!」と思い込むことが、うざいという感情に繋がることも。

次の

ポッキーには「最高に上品に見える食べ方」があった!アレンジレシピもご紹介

ポッキー アンチ

概要 [ ] 本シリーズは、海洋冒険家「」の子孫を自称するプロの「 」(愛称: ネイト)の冒険を描いたシリーズである。 プレイヤーはネイトを操り、世界を股に掛けた大冒険に繰り出し、財宝を巡って様々な悪の組織と対決しながら、歴史や秘宝、伝説の古代都市の謎を解明してゆく。 シリーズクリエーターのによるメインシリーズ4作とスピンオフ1作、によるスピンオフ1作の、計6作からなる。 「Un-Charted 地図にない 」とは日本語で「未知の領域」を意味する。 世界的な人気シリーズであり、第1作『』の発売から3年余りでアワード受賞数は300を超え、当時点でのシリーズ世界累計出荷数は2作合わせて800万本を超えていた。 以降、シリーズへの注目が強まり、『』は初日の出荷数が380万本を超え 大ヒットとなった。 その直後には、PS Vitaのロンチタイトルである『』も発売され、専用のメインリーズ4作目『 』が2016年5月10日に発売された。 (詳細はにて) アンチャーテッドシリーズでは、全てのフィールドがシームレスに繋がっている。 PS3の能力を活用した高度なグラフィック、自然の表現、光源処理、水面の表現などは、PS3タイトルの中でも高いレベルに位置する。 プレイ中は体力ゲージやマップなどの画面表示を廃し、装備中の銃器や残弾数、照準といったものも戦闘時以外は表示されない。 カットシーンとプレイ画面の両方で高品質のグラフィックを実現しており、シームレスに展開する物語や快適なゲームプレイでプレイヤーと主人公の一体感を高めている。 演出やストーリーは多くのアドベンチャー映画を意識しており、プレイヤーがコントローラーを手放せない、先の展開が気になるようなストーリーになっている。 開発 [ ] アンチャーテッドはアクションアドベンチャーのジャンルをクラシックでありながら、現代の解釈で表現している。 30年代のマチネのシリーズ物に見られるギリギリでの脱出やハラハラな展開を参考にし、これらの要素を拾って21世紀向けにどう組み直せるか考え始めたのがアンチャーテッドの誕生のきっかけである。 ノーティードッグは一大スタジオでありながら、仕切りの少ない小規模なスタジオの雰囲気を保っており、上下関係などは存在せず常に社員同士で意見交換が行われている。 ゲームプレイの改善を目的とした上の駄目だしも少なくはなく、この環境はクオリティーの高いゲームを制作する秘訣であるという。 また、ゲームだけではなく、アートの世界でも痕跡を残そうとするノーティードッグの「流儀」に従い、アンチャーテッドではあらゆる細部まで拘り作り込まれていることが確認できる。 高度なグラフィック処理はノーティードッグの独自のエンジン開発が実現している。 『UC2』からは物理エンジンにが採用されている。 全作の開発にはモーションキャプチャーテクノロジーが利用されており 、登場キャラクターの動きを人間のものと合わせることができ、スムーズに開発が進むメリットがある。 また、役者の表情もカメラで読み取っているので、キャラクターにリアルで自然な表情が生み出されている。 『UC』は開発期間が短く、PS3のの計算能力の約3割しか使用していなかったが、『UC2』は開発期間は長く、より高度なエンジンを作り上げる余裕があったといい、結果として『UC2』ではPS3の計算能力の9割以上は使用しているという。 『UC3』では、より完成度の高いマルチプレイヤーモードを追求し、様々な部分がオンライン向けのつくりに組み直されている。 シリーズ作品 [ ] 以下、記載がない場合は日本国内の日程。 メインシリーズ [ ] PS3, Uncharted: Drake's Fortune に発売されたシリーズ第1弾。 フランシス・ドレイクの残した手帳を手に入れた主人公ネイトが、や遺跡、古城を舞台に伝説の財宝「」を求める冒険を描く。 本作のリアルなグラフィックは当時のPS3タイトルラインアップの中では高いレベルに位置するとされる他、多くのアドベンチャー映画を意識した演出やストーリーは王道的な展開が多く、キャッチコピーは「PLAYする映画」。 世界累計出荷数は2014年1月時点で469万本。 現在、本作のストーリーを原作とした実写映画化がにより企画されている。 (詳細は「」を参照) PS3, Uncharted 2: Among Thieves に発売されたシリーズ第2弾。 ネイトは仲間と一緒にの消えた船団が鍵を握っていた「」を求めて冒険に出る。 新しい舞台は、、などの地域。 これにより、アンチャーテッドの名が世界に広く知らされるようになる。 また、本作で新たにオンラインモードが導入されている。 PS3, Uncharted 3: Drake's Deception に発売されたシリーズ第3弾。 ネイトは相棒サリーとともに、もが求めていたとされる幻の古代都市「」を探しに世界中を飛び回る冒険に出る。 舞台は、、、などの地域。 全世界の初日での出荷数は380万本を超える 大ヒット作である。 2014年1月時点の累計はで625万本。 本作もより洗練されたオンラインモードを搭載しており、17日間にわたって北米で開催されたマルチプレイオープンベータテストでは150万人以上が参加した。 吹替版では敵役の声優としてが登場する。 日本でのでは、の主人公として著名なが出演した。 PS4, Uncharted 4: A Thief's End に発売されたメインシリーズ4作目にして最終作。 今作では、結婚を機にトレジャーハンターを引退していたネイトが死んだはずの兄サムと再会し、彼と共に幼少期から夢見ていた海賊王ヘンリー・エイブリーの財宝を求め、再び世界一周の旅に乗り出す。 それは彼がこれまで経験した冒険で最大のスケールとなり、体力の限界、決意、そして最終的には愛する者を救うために彼がどこまで犠牲にできるかが試される。 今作はシリーズで初めてPS4でリリースされ、グラフィックのリアルさは過去3作を超えるレベルとなっている。 また、過去作ではプレイ中にカットシーンが挿入される形でストーリーが進むことが多かったが、今作ではプレイ画面とカットシーンの切り替えがほとんどなく、プレイ画面上でシームレスにストーリーが進行するようになった。 また、一部のマップはのように感じられるほど広いエリアになっており、ストーリーの進行が1本道でありながらも、そのエリア内を自由に探索できるようになっている。 スピンオフ作品 [ ] PS Vita, Uncharted: Golden Abyss シリーズ初となる携帯ゲーム機専用の作品。 にのローンチタイトルとしてハード本体と同時に発売された。 ノーティードッグの監修のもとが開発を担当した。 フロントタッチパネルと背面タッチパッド、などPS Vitaの新機能を活用している。 2011年の「PlayStation Meeting」では、開発段階のものがPS Vitaのデモストレーションに使われた。 時系列は『UC』のストーリーの前という設定で、ネイトがプロのトレジャーハンターへと成長する冒険が描かれる。 舞台は中央アメリカ、かつて多くのたちが実在すると信じていた伝説の黄金都市「シボラ」を探検する。 PS Vita本体自体の売上台数が伸び悩む中、世界累計出荷数は2014年1月時点で112万本 を超えている。 PS4, Uncharted: The Lost Legacy PlayStationExperience 2016で発表された、『海賊王と最後の秘宝』の追加エピソード。 DLCであるが、2017年9月14日に単体のパッケージおよびダウンロードソフトとしても発売された。 主人公は2作目『黄金刀と消えた船団』と3作目『砂漠に眠るアトランティス』に登場したトレジャーハンターのクロエ・フレイザーで、ネイトは登場しない。 また、『海賊王と最後の秘宝』で敵役として登場したナディーン・ロスが、クロエの冒険のパートナーとして再登場する。 舞台は、『海賊王と最後の秘宝』から半年後のスリランカとインド。 古代からインドで崇拝される神「」の折れた牙を模した秘宝「ガネーシャの牙」を巡り、インド各地の関連の遺跡を冒険する。 コレクション作品 [ ] アンチャーテッド コレクション PS4 に発売されたコレクション作品。 PS3にて発売された『エル・ドラドの秘宝』『黄金刀と消えた船団』『砂漠に眠るアトランティス』の3作品を、PS4でリマスターしたもの。 PS3版の第2作・第3作にあったオンラインマルチプレイモードは収録されていない。 小説 [ ] Uncharted: The Fourth Labyrinth (英語) にアメリカでより発売されたクリストファーゴールデン作のアンチャーテッドシリーズに基づいた英語の小説。 日本語通訳版の発売予定はないが、輸入本 は購入可能。 本作ではネイトがのを閉じ込めるために作られたとされるのを探す冒険に出る。 出版元によるとこの冒険はであり、ゲームストーリーの継続性を傷つけないように意図しているという。 デル・レイ・ブックスはやなどの他のゲームの小説も作っている。 モーションコミック [ ] Uncharted: Eye of Indra (英語) より4部に分けられて順次公開されたアンチャーテッドシリーズに基づいたモーションコミック。 『UC』の前編である。 言語は英語。 ネイト、サリー、エレナ、エディーの他にも新しい登場人物の ダニエル・ピンカートンと リカ・ラジャが初登場する。 『UC2』ではこのふたりのマルチプレイ用追加スキンが存在するが、国内では未配信。 実写映画 [ ] この節にはに関する記述があります。 記述内容は映画の公開によって変更されることがあります。 ( 2014年2月) 制作中 現在、で、『UC』のストーリーを原作とした実写映画がにより製作されている。 監督はが務め、最新の脚本はとが進めている。 映画の舞台は世界中に渡る国際的なものとなる予定で 、ゲームの内容を踏襲しながらも独自の要素を盛り込み、物語も「単なるゲームの焼き直し」ではないオリジナルのストーリーになるとしている。 撮影は2015年初頭に開始される計画で 、全米公開予定日は2016年6月10日に決定している。 これは元々『アメイジング・スパイダーマン3』の全米公開予定日だったが、同作の2018年への公開延期に伴い本作がその穴を埋める形となる。 キャスティングはまだ決定していないものの、スタジオ側はの起用を希望しているという。 これに至るまで2度の監督による降板が起こっている。 当初の2009年6月、コロンビア映画がアンチャーテッド映画の制作が企画されていたことを明かし、とがプロデュースすることを発表。 同年8月、監督は ()が担当し、主演はマーク・ウォールバーグが演じると発表。 ところが脚本が原作から大きく離れたものだったため、スタジオが難色を示していた。 結局、O・ラッセルは映画制作から降板。 主演俳優と脚本も没となった。 その後、コロンビア映画はラッセルの代わりとなる新しい監督として脚本家のを受け入れ 再始動するも、2012年8月にバーガーが何らかの理由で制作から降板。 後に、脚本家のコーマック&マリアンヌ・ウィバーリーが採用される。 そして2014年2月、セス・ゴードンが監督の座を受け入れた。 同年11月、『ハートロッカー』で脚本賞を受賞したマーク・ボールが3週間かけて脚本の仕上げを行うことが伝えられ 、現在に至る。 『』のカケルや『』のクレイトスなど、歴代の代表的な人気キャラクターがステージ上で共に戦う。 ゲームシステムは『』などのものと似ている。 本作では、アンチャーテッドシリーズの主人公ネイトと相棒サリーが登場しおり、『UC3』に登場した輸送機をモチーフとしたステージも用意されている。 ゲームシステム [ ] 本シリーズのシステムは、3Dアクションとの要素を組み合わせたものであり、ジャンプ、泳ぐ、つかむ、登る、飛び越る、ロープを使うなどのアクションを駆使して進めていく。 ステージには武装した敵兵がおり、銃撃戦やステルスキル等で倒せる。 武器の種類は豊富であるが、一度に持てるのはハンドガン系の武器1つとロングガン系の武器1つ、グレネード4つだけである。 これらの武器は、あらかじめマップに置いてあるものを拾ったり、倒した敵が落とした武器を拾って補充できる。 マルチプレイヤーモード [ ] マルチプレイヤーモードは、『UC2』から導入され、協力と対戦の2つのモードがある。 協力モードでは、最大3人のプレイヤーが仲間と銃撃戦などを伴うミッションを達成する。 ケガをしたり、敵にやられると仲間に救助を求める。 対戦モードでは、最大10人のプレイヤーが各5人の2チームに分かれて対戦する。 最も基本的なデスマッチモードでは2チームに分かれ、ヒーローか敵のいずれかとして活躍して、相手チームを倒していく。 敵に倒されると5秒後に復活できる。 相手を倒していくとポイントを獲得でき、レベルアップする。 レベルアップすることで、キャラクターのコスチュームやブースター 獲得した金で購入する能力強化スキル などの制限を解除できる。 登場人物 [ ] メインシリーズ UC、UC2、UC3、UC4 全作に登場するキャラクターはネイト 主人公 とサリー、エレナである。 『UC:GA』ではエレナは登場しない。 アンチャーテッドシリーズでの悪役は初めて登場した作品で倒されるため、それぞれ一つの作品にしか登場しない傾向があるが、マルチプレイモードではマッチに使用するアウトロースキン 敵キャラクター として選ぶことができ、『UC3』のミニミッションでは過去の悪役が再登場する場合もある。 メインキャラクター [ ] - 声:(少年期:) メインシリーズ全作 UC、UC2、UC3、UC4 とUC:GAに登場。 本作の主人公。 歴史の謎を紐解くプロのトレジャーハンターで愛称は「 ネイト」。 海洋冒険家「」の子孫を自負しており、首に下げたリングは彼の遺品で、彼の格言「偉業も小さな一歩から」と彫られており、ネイトのモットーとなっている(『UC3』ではその入手経緯も判明するなお『UC4』ではストーリー上所持していない)。 考古学の豊富な知識と優れた洞察力を持ち、わずかな証拠から歴史の謎を紐解く。 皮肉屋だがユーモアに溢れ、危険な状況でも軽口をたたく余裕を失わない。 その身体能力は優秀で、銃火器の扱い、格闘術の腕は一流。 反面危険な場面でも熱中したり突っ走る点があり、サリー達から窘められる事も多々ある。 財宝そのものよりも歴史の謎(特にドレイク卿の足跡)を解き明かす事に命をかける、根っからの「冒険野郎」。 ビクター・サリバン - 声: メインシリーズ全作 UC、UC2、UC3、UC4 とUC:GAに登場。 ベテランのトレジャーハンターで愛称は「 サリー」。 ネイトとは彼が子供時代からのパートナーであり、元海軍で師匠でもある。 多方面に多額の負債を抱えており金には少々汚い。 喋りがうまく、未だに若い女性を口説くことも。 現在は年齢的に力仕事などはネイトに任せているが、冒険家としての腕、知識は衰えていない「抜け目ない男」。 だがネイトは「嘘はついても仲間は決して裏切らない」と絶大な信頼を寄せている。 『UC2』ではスナイパーライフルでの狙撃も披露する。 エレナ・フィッシャー - 声: メインシリーズ全作 UC、UC2、UC3、UC4 に登場。 アドベンチャー番組「アンチャーテッド」の司会を務めているジャーナリストで、『UC』ではその縁で出演者のネイトについて行き命懸けの冒険をする事に。 『UC2』以降はフリージャーナリストとして世界中を股に掛けて行動している。 少々頑固で奔放な性格だが、その行動力はネイトに引けをとらない。 女性ながらに銃や乗り物の扱いにも長けており、また古代建築などの知識も豊富である。 ネイトの良きパートナーとして数々の活躍を見せる。 『UC2』で『UC3』でが話せることが判明。 他に何ヶ国語話せるかは不明。 クロエ・フレイザー - 声: UC2、UC3、UC:LLに登場。 プロのトレジャーハンターでネイトの元彼女。 女性であることを武器にし、情報収集や策略を企てるのが得意。 またその身体能力もネイトに引けを取らない。 どこか掴み所のない奔放な性格である。 サブキャラクター [ ] 複数のゲームでは登場しないキャラクター。 それぞれの詳細は各キャラクターの登場するゲームのページを参照。 『UC』の登場人物 詳細は「」を参照• ナディーン・ロス - 声 :• サミュエル・ドレイク - 声 :• アサーブ - 声 :• ミーヌ - 声 : 登場する武器 [ ] ピストル [ ] セミオートピストル• UC, UC:GAに登場 ゲーム序盤から多く手に入る武器。 『UC』での初装備でもある。 初期装備品ながら意外と高性能。 欠点は弾数の少なさと撃つ時の反動。 UC2, UC3, UC:GA ゲーム序盤から多く手に入る武器。 『UC2』での初装備でもある。 初期装備品ながら意外と高性能。 欠点は弾数の少なさと撃つ時の反動。 クロエの愛用するものにはスライドにドクロと赤い花びらの模様が入っている。 UC, UC2, UC:GA ゲーム終盤で多く手に入る。 PM-9mmの強化版で欠点だった弾数と反動も改善されている。 UC, UC2, UC:GA 当たればほぼ1発(高難度の場合2発)で倒せる強力武器。 しかし、敵の手に渡っているときは1発でも喰らえば死亡ないし瀕死になる厄介な武器。 反動が大きすぎるのが欠点。 レーザーサイト付き。 エディーはこれの黄金銃を愛用してる他、フリンも終始使用している。 UC2 ゲーム中盤で手に入る武器。 ゲーム中わずかしか使うチャンスが無い。 チベット探検隊が使っていたとされる旧式の武器で性能は悪い。 UC2 非殺傷武器で序盤のみ使える。 極端に射程が短いため接近しないと届かない上、一発毎にリロードが必要。 UC3 ゲーム中盤から登場。. 45ディフェンダーと比べた場合、射撃時の反動が少ない、連射が効く、装弾数が多いといった特徴を持ち、これといった短所がないバランスの取れた武器。. 45ディフェンダーやサイレンサーの上位武器。 『UC3』における92FS-9mmといった所。 UC3 初期装備武器。 ゲーム序盤から登場。 シリーズを通して登場したにサイレンサー()を装備したもの。 射撃時の反動が少なく、軽装備の敵を2発で倒せ、何より発砲音が無いので比較的扱いやすい武器。 短所は装弾数の少なさと、その用途から扱える場面はごく一部に限定される。 これが登場する関係上からかサプレッサー非装着型の92FS-9mmは『UC3』では使用できない。 フルオートピストル• UC, UC2, UC:GA フルオート連射可能。 全弾消費時の威力は高いが、弾の消費も早い。 UC3 ゲーム中盤から登場。 威力は低いものの他の武器にはない圧倒的な連射性能を持つ。 弾幕を張ることで突撃してくる敵の牽制や、複数の敵に囲まれたとき突破するのに向く。 比較的手に入れやすく、接近戦においては優れた性能を誇る。 短所は射撃時の反動が大きいため、長距離射撃には不向き。 UC3 ゲーム中盤から登場。 3連射方式のピストルであり、Arm Microに比べて射撃時の反動が少ない。 一度の射撃で三発撃ち込むので敵を素早く倒せる。 短所は装弾数が他のピストルと同じであるため弾切れを起こしやすく、Arm Microのように弾幕を張るには不向き。 UC, UC2, UC3, UC:GA こちらも非常に強力で1、2発で仕留めることが可能。 その分入手回数は少ない。 シリーズ通してサリーが愛用しており幾度か失うにも関わらずその度新調するのか必ずこの銃を持っているのは彼なりの拘りがあると思われる。 Mag 5 UC3 ゲーム終盤で登場。 射撃時の反動が比較的少なく、ほぼ一撃で軽装備の敵が倒せるリボルバー式ピストルとしてはバランスの取れた武器。 UC3 ゲーム中盤から登場。 他のピストルにはない特徴としてスコープを標準装備しており、狙撃銃感覚で扱える。 レーザーサイトを用いて狙ってくる敵が必ず所持しているため、リボルバー式ピストルの中では一番手に入れやすい。 UC4 ライフル [ ]• UC, UC2, UC3, UC:GA 両手持ち武器としては前半戦で多く手に入る。 弾数は多いが威力、集弾率、リロード性能が低い。 UC, UC2, UC:GA アサルトライフル上位版。 集弾率が大きく改善されているが、リロードは相変わらず遅い。 UC, UC2 Micro-9mmよりさらに攻撃力と装弾数が上がった上位版。 『UC』では終盤戦で多く手に入り『UC2』でも特定のチャプターでのみ旧式の銃として投棄されていた物を拾える。 UC3 ゲーム終盤から登場。 過去シリーズでお馴染みだったに相当する。 AK-47やKAL7の上位武器。 AK-47やKAL7と比べた場合、フルオート射撃時の反動が少ない、手に入れやすく、これといった短所がない扱いやすい武器。 UC3 ゲーム中盤から登場。 AK-47を小さくしたモデル。 短所は威力はM9・G-Mal・FAL SSと同等でありながら、が無いためか射撃時の反動が大きいため、使いこなすには少しコツがいる。 アサルトライフル(スコープ付き)• UC2, UC:GA 連射はできないが威力は高い。 3連射方式でが付いている為それを用いた精密射撃が可能なため、中距離や遠距離にいる敵をピンポイントで射撃する場面で威力を発揮する。 UC3 を装備した3連射方式のアサルトライフル。 フルオート射撃は出来ないものの、ダットサイトを用いた精密射撃が行なえ、3連射方式のため射撃時の反動が少ない、装弾数が多い、手に入れやすいなどこれといった短所がないバランスの取れた武器。 UC3 マルチプレイにのみ登場。 前作にも登場したダッドサイトを装備したアサルトライフル。 ダットサイトを用いた精密射撃が可能。 前作のFALとは勝手が違いこちらはセミオート射撃となっていて威力がある分、弾数が少ない。 扱いには慣れが必要。 UC, UC2, UC3, UC:GA 軽装備兵士を一発で倒すことのできる最強の銃。 ズームも可能。 レーザーサイト付き。 UC3 長距離射撃特化のスナイパーライフル。 威力と一発撃つごとに再装填が必要な手動装填式ながら次弾射撃までの間隔がセミオート式のDragon Sniperと遜色なく、狙撃銃としては随一の高性能を誇る。 ショットガン・重火器・その他 [ ]• UC, UC2, UC:GA 接近戦では無類の強さを誇るが、集弾率の悪さから遠距離ではパフォーマンスが大きく低下する。 1発ごとに排莢のため連射も不可。 UC, UC2, UC3, UC:GA ゲーム後半で手に入るショットガン。 集弾率が向上し、ある程度の距離までなら威力を維持できるようになる。 UC3 中折れ式ダブルバレルのショットガン。 接近戦において強力な武器。 短所は装弾数が圧倒的に少なく、特性から遠距離射撃には不向き。 『UC2』ではラザレビッチも愛用しているがプレイヤーは使用できない。 Pistole UC2, UC3 ソードオフ元折二連ショットガンである。 前記の物とは形状が異なりハンドガン扱いである。 UC, UC:GA ゲーム中わずかしか使うチャンスが無いが、威力は絶大。 爆風は貫通効果もあるため、壁に隠れてる敵も倒すことができる。 『UC:GA』では、放物線を描いて飛ぶ様になった。 UC2, UC3 M79とほぼ同じ武器だがRPGの登場に際して性能が修正されリボルバー式になり連続射撃が可能になった他、射程が短くなり放物線を描いて飛ぶ様になった。 GP32-BND UC:GA ハンドガンタイプのグレネードランチャー。 威力や性能はM79に似ており、見た目はPistoleに似ている。 UC2, UC3, UC:GA 威力は最大。 だが持てる弾数が少なく、入手回数も少ない。 特定の敵はこれを使わないと倒せないほか、特定イベントを進めるためにも必要になる。 UC2, UC:GA 高火力だが重く移動の速度が落ちる他、初弾発射までタイムラグがあるため隙が大きい。 背中には背負えないため、他の武器に切り替えるとその場に投げ捨てることになる(再度拾うことは可能)。 また、持ったままエリア移動はできない。 UC3 ゲーム終盤で登場。 固定銃座を除き唯一の機関銃。 短所として所持している間は移動速度が大幅に低下してしまうが、それ以外では威力・装弾数・連射性能等、トータルで非常に強力な武器である。 背中には背負えないため、他の武器に切り替えるとその場に投げ捨てることになる(再度拾うことは可能)。 また、持ったままエリア移動はできない。 固定銃座 UC, UC2, UC3, UC:GA 装甲板との一体型やジープやトラックに搭載された物等数種類が存在し圧倒的な火力を誇るが背後ががら空きになる為後ろからの攻撃と接近されると弱い他、側面からの攻撃のにも無防備。 『UC2』のみ、イベントの時に使用する物以外は有限になっている。 クロスボウ UC2 極一部のキャプチャーでのみ使用可能で銃に比べ威力は高いが、1発ずつリロードをしなくてはいけないという欠点がある他そのリロードも遅い。 UC, UC2, UC3, UC:GA 最大4コ持つことができる。 効果範囲は見た目以上に狭い。 『UC2』では銃を構えながら真正面へ投擲できたり、『UC3』では投げ返すことが可能になった。 アイテム• UC2, UC3 防御用の盾。 使用中は、移動速度が極端に遅くなり、ハンドガンしか使えなくなる。 『UC3』では背中に背負う武器の代わりに背中に背負える様になった。 ガスボンベ UC2, UC3 可燃性気化ガスが入ったタンク。 撃つと爆発する。 運んで投げることが可能。 用語 [ ] アンチャーテッドシリーズのストーリーでは、実在した冒険家や伝説が話題とされることが多い。 人物 [ ] 実在したイングランド出身の、海軍提督。 などで活躍し、エリザベス一世によるスペイン貿易船への多大な「公認海賊行為」によって巨万の財宝を得、イギリス人初となる世界一周を成し遂げている。 その航海で得た宝はエリザベス1世に献上されたが、実はフランシス卿が献上せず残しているお宝があるとされており、ネイサンは『UC』や『UC3』などでその謎や宝を追っている。 また、フランシス卿が死去した際、鉛の棺に納められ海中に沈められたとされる。 この棺は現在も見つかっていないが、『UC』でネイトが見つけたところからアンチャーテッドシリーズのストーリーが始まる。 生涯子供がおらず子孫は断絶したとされているが、ネイトは彼の隠された子孫を名乗っている。 『UC2』のストーリーに関わる。 24年間、全行程15,000kmの旅をして宝を得て帰ってきた、「」等でも有名な実在した冒険家。 ゲームでは、「マルコ・ポーロの日記」が秘宝「」を探す手がかりとなる。 で書かれており、その内容は、マルコ・ポーロが率いた船団のうち、詳細な記録のない消えた13隻の船を示唆するものである。 『UC:GA』のストーリーに関わる。 のでシボラを発見したと言いコンキスタドールのシボラ探検のきっかけを作った。 作中ではシボラを発見していて、そこである秘密を知ったため同行したコンキスタドールを殺害してシボラの存在を隠したとされる人物。 『UC4』のストーリーに関わる予定。 17世紀の海賊で、巡礼を終えから本国へ帰るの皇帝の船を捕まえ膨大な財宝をてにいれた、あだ名の一つとして海賊王ともよばれた。 また作中では彼の財宝は何億ドルもの価値があるとされていて、ネイサンは過去にエイヴリーの財宝を探し一度は断念したが、『UC4』では再びエイヴリーの財宝を探す冒険にでる。 伝説都市 [ ] 『UC』のストーリーで語られる、に伝わる黄金郷にまつわる伝説で、エルドラドは「黄金の人」の意味。 作中では黄金郷ではなく、前述の黄金の人に関連した豪華絢爛な像となっている。 そして手に入れようとしたものには呪いがかかるという。 『UC』はこの「エル・ドラドの秘宝」を巡り物語が進行していく。 『UC2』に登場する。 シャングリラは、の作家がに出版した小説『』に登場するチベットの未知の地域にある理想郷()の名称。 シャンバラは、に登場し雪の積もった山々の奥深くにあって何億もの町があるとされる伝説の王国の名称。 作中ではそこにある"生命の樹"の樹液はそれを飲んだ者を不死身にする力があるとされる。 ラザレビッチが追っていた財宝はこの樹であった。 『UC3』に登場。 円柱が数多く立ちならびが建設し、によって滅ぼされたとされる。 「」やなどの古代の書物などにも登場し 映画『』のなど、著名な冒険家が追い求めたとされる幻の古代都市。 ネイトとサリーがこの幻の都市を探しに世界を飛び回る壮大なアドベンチャーが繰り広げられる。 別名「アラム・オブ・ザ・ピラーズ」「円柱のイラム」。 強大な軍事力を背景に世界の覇権を握ろうとしたものの、ギリシャ神話の神の怒りに触れて海中に沈められたとされている。 「神に滅ぼされた幻の古代都市」という共通点から「砂漠のアトランティス」にこの語句が含まれる。 『UC:GA』に登場。 伝説上の黄金都市。 やと同様、のたちや人植民者によってに実在すると信じられ、探険が数多く行われた。 ネイトたちはこの黄金都市を探す。 『UC4』に登場。 に17世紀の海賊達が作ったとされる伝説の都市。 などの著名な海賊が関わったとされており、当時としては珍しい民主主義の都市だった。 経過 [ ] 特に記述がない場合、発売日は国内のものとする。 2006年• 5月08日 で『UC』を初公表。 2007年• 11月15日 『UC』の体験版が配信開始。 12月06日 『UC』が発売。 2008年• 12月03日 『UC2』を初公表。 2009年• 6月25日 が『UC』を原作とした実写映画の制作を初公表。 9月03日 『UC』PlayStation3 the Best版が発売。 10月15日 『UC2』が発売。 2010年• 1月29日 『UC2』の体験版が配信開始。 2月18日 『アンチャーテッド TWIN PACK』が発売。 2月18日 『UC2』が『AIAS : Game of the Year 2009』を受賞。 10月12日 『UC2』Game of The Year Editionがアメリカで発売。 12月09日 『』で『UC3』を初公表。 2011年• 1月27日 『PlayStation Meeting 2011』で『UC:GA』を初公表。 6月28日 『UC3』のマルチプレイヤーオープンベータテストがアメリカで開始。 7月14日まで• 7月29日 『UC3』の3DPVが、国内9つの映画館で、上映前に公開。 8月12日まで• 8月25日 『UC2』PlayStation3 the Best版が発売。 9月29日 『UC3』のとのコラボキャンペーンCMがアメリカで放送開始。 10月03日 『アンチャTV ~超冒険的新感覚テレビ~』がで放送開始。 10月27日まで• 10月19日 出演の『UC3』のテレビCMが国内で放送開始。 11月02日 『UC3』が発売。 オリジナルDUALSHOCK3 同梱版も含む• 12月15日 ハリソン・フォード出演の『UC:GA』のテレビCM放送開始。 12月17日 『UC:GA』が発売。 12月27日 『UC:GA』の体験版が配信開始。 2012年• 8月28日 『UC3』Game of The Year Editionがアメリカで発売。 2013年• 3月14日 『UC3』PlayStation3 the Best版が発売。 10月10日 『UC:GA』PlayStation Vita the Best版が発売。 11月14日 ニューヨークの発売イベントにて『UC4』が発表 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• SCEJ. 2015年10月16日閲覧。 2014年1月29日閲覧。 13-11-15. 11-11-17閲覧。 VGChartz Ltd. 2014年1月11日. 2014年1月29日閲覧。 VGChartz Ltd. 2014年1月11日. 2014年1月29日閲覧。 VGChartz Ltd. 2014年1月11日. 2014年1月29日閲覧。 2011年8月4日. 2014年1月29日閲覧。 2011年10月19日. 2014年1月29日閲覧。 VGChartz Ltd. 2014年1月11日. 2014年1月29日閲覧。 Yahoo! 映画 2014年7月25日. 2014年9月10日閲覧。 [ ]• 2014年11月20日. 2014年11月21日閲覧。 2014年9月10日閲覧。 EAA!! 2014年7月20日. 2014年9月10日閲覧。 Choke Point 2014年7月24日. 2014年9月10日閲覧。 2009年6月26日時点のよりアーカイブ。 2009年6月26日閲覧。 2009年6月26日閲覧。 Zeitchik, Steven 2010年3月3日. 2010年5月5日閲覧。 movies. ign. com 2010年10月8日. 2011年9月27日閲覧。 [ ]• Sneider, Jeff 2011年5月26日. Variety. [ ]• Joseph, Matt 2011年7月18日. Wegotthiscovered. com. 2011年9月27日閲覧。 シネマトゥデイ 2014年2月9日. 2014年2月9日閲覧。 Deadline 2014年2月4日. 2014年2月9日閲覧。 2015年1月24日閲覧• (2009年6月26日時点の) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の