鼻 詰まり 解消 ツボ。 鼻づまりを治すツボ|足を揉んで鼻を通す方法

鼻づまりの原因と解消法!一瞬で治すツボや方法は?食べ物や飲み物は?

鼻 詰まり 解消 ツボ

ワンコの鼻づまりは可哀想ですよね。 うちの子はたまに鼻は垂れますが(笑)今のところ詰まってはいないようです。 この記事にもありますが、人間同様に色々な要因が考えられます。 うちの子を病院に連れて行った時に先生に言われたことは、鼻水も人間同様に種類があるのでそれを見分けるのも重要なポイントだそうです。 透明で水のような鼻水は結露のようなもので、体温調節をするにあたり必要な場合もあるのであまり重く考えなくても大丈夫とのこと。 いわゆる鼻づまりになると苦しい仕草をしたり、詰まったものを出そうとしてくしゃみが増えるなどのいつもと違う様子が見られます。 水を飲む度にカッ、カッ・・というように苦しそうであれば鼻が詰まってるかもしれません。 近年多く見られるのはワンコの「花粉症」だそうです。 いわゆるアレルギー症状で鼻づまりになることも多いとのこと。 空気清浄機や加湿器などでお部屋を綺麗にし、ワンコにとっても快適に過ごせる空間作りは大切なことの一つです。 うちの場合は歯周病からも考えられるので口腔管理を注意されました。 口腔内のことなのに?と不思議に思いましたが、ワンコの場合、口腔内から菌が入りそれが鼻腔や脳にまで達し、ひどくなれば死に至る恐ろしいことだということを皆さんにも知っていて頂きたいと思います。 人間の風邪やインフルエンザなどは移らないといいますが、ワンコもデリケートな生き物です。 もし家族が罹患したときは出来るだけ接触を避けた方がいいでしょう。 これからの季節はウイルスが蔓延していますし、乾燥する時期からの花粉が飛んでくる季節には特に気をつけてあげたいですね。 愛犬が苦しんでいる様子を見ると辛いですね。 ウチの子はまだ鼻づまりになったことはありませんが、今年10歳になってだんだん高齢化も進んでくるので心配です。 もし、今後鼻づまりになってしまった時にすぐに対処できるように事前に準備しておく必要があるなと感じました。 加湿器や人間の赤ちゃん用の吸引器は用意しておきたいですね。 また、鼻づまりの原因をできるだけ取り除く努力をしたいです。 老化の進行は私ではどうすることもできませんが、部屋を常に綺麗に保ったり、アレルギーに気を配ったり、歯磨きをして歯周病予防をするなど心がけたいです。 いずれにせよ、鼻づまりが酷い場合は病院でちゃんと診てもらう必要があるでしょうから獣医さんに症状を説明できるように鼻水の状態を把握しておくと良いでしょう。 鼻水の形状はネバネバでしたか?それともサラサラしていましたか?色は透明、白っぽい、黄色、緑色など犬の健康状態によってさまざまです。 もちろん動物病院には早期の時点で診察してもらい、抗生剤と消炎剤の投薬で様子を見ましたが全く改善されず、さらに抗生剤の種類を変え様子をみましたが、さらに悪化。 まともに睡眠をとることもままならなくなりました。 原因を探すには全身麻酔での精密検査が必要となるため、高齢犬なので、リスクも大きく決断できずにいます。 8ヶ月程前に脾臓摘出手術もしており、これ以上体に負担をかけさせたくないと思っていたのに、また辛い思いをさせていて息苦しいです。 気休めにしかなりませんが、今は緩和ケアに切り替え、自宅では消炎剤のみの投薬、加湿器 加熱式 とベビー用の鼻水吸入器で鼻水をとり かなり難しいです 、3日に一度動物病院へ行きネブライザーを受けています。 それも全て気休めにしかなりませんが、出来るだけ楽に眠れるようにしていきたいと思っています。

次の

【鼻づまりを改善】鼻が詰まるメカニズムと簡単に解消する3つの方法を医師が解説|ケンカツ!

鼻 詰まり 解消 ツボ

アレルギー性鼻炎の症状と言えば くしゃみ、鼻水、鼻づまりですが なぜか寝る時になると、一番気になるのが・・・ 鼻づまりです。 私はここが、本当に硬くなっているんですよね。 ある程度柔らかくなれば、反射区に入りますので 足の親指側面をギューッと押して下さい。 痛いけど、我慢です!! 次に、副甲状腺の反射区を揉み込みます。 足裏の土踏まずの上に、骨がありますよね。 その骨のふくらんでいる、外側の辺りです。 骨の中に、指や棒を入れるような感覚で押します。 アレルギー性鼻炎や、花粉症がひどい方は ここはかなり痛いと思います!! 気持ち悪くならない程度からはじめ だんだん強く押せるようになって下さい。 副甲状腺は骨のふくらみの外側でしたが くしゃみは骨のふくらみの内側です。 ここも同様、骨の裏側に指や棒を入れるように押します。 いまいち場所がわからない???という方は 棒を使った方が、わかりやすいかもしれません。 まず、土踏まずの上にある丸型の骨を確認し 丸の下(骨のきわ)に沿って、棒を動かしてみて下さい。 外側、内側共に、やけに痛い部分や硬い部分があるハズです。 そこが反射区、いわゆる「ツボ」と呼ばれる部分です。 硬い部分がほぐれていくと、鼻づまりやくしゃみも改善されますよ。 最後に補足で、目が痒い時の反射区を。 目の痒みや炎症を抑えたい場合は、副腎を揉み込みます。 足の人差し指と中指の間を、まっすぐに真ん中に下ろしていき 副甲状腺の骨のふくらみの上から、横に引いた線がぶつかる辺りです。 慣れてくると、だんだん自分で「ここだ」 とわかるようになってきますので 夜の鼻づまりに苦しんでいる方は、ぜひ試してみて下さいね。

次の

【鼻づまりを改善】鼻が詰まるメカニズムと簡単に解消する3つの方法を医師が解説|ケンカツ!

鼻 詰まり 解消 ツボ

東洋医学では、鼻は呼吸器官である肺と関係すると考えられており、鼻づまり対策に肺に繋がるツボを押すことも多いといいます。 「尺沢 しゃくたく は肘を曲げてできるシワの内側、腱のすぐ外側にあるツボで、肺や鼻を潤し、鼻の通りが解消される効果が期待できます。 免疫のバランスを戻すのに効果があり、この尺沢は押してみると痛みを感じる人が多い部位です。 痛気持ちいいくらいに『ぐうっ』と10秒1セットを5回くらい押してみてください。 手の甲、親指と人差し指の骨が交差するところになる合谷 ごうこく は様々な効果が期待できる万能のツボですが、呼吸器官全体を整える機能も持ちます。 ツボ押しも迎香単独でやるよりも、この合谷を併用すると良いでしょう。 同じく10秒1セット5回ぐらい、強めに押してあげるといいですね」 瀬戸先生 組み合わせると効果的なツボ 飲み会で冷たいビールをたくさん飲んだり、アイスクリームを食べた後など、鼻づまりが強くなったりするように、胃腸が弱ると、免疫力のバランスが崩れて花粉症の症状がひどくなってしまいます。 「胃腸を労 いた わるツボとして代表的なのが足三里 あしさんり。 膝のお皿を同じ側の人差し指と親指で囲み、中指をまっすぐ伸ばしたところにあります。 同じく10秒1セットで5回くらい押してあげてください。 胃の辺りをカイロで温めておくのも有効です」 瀬戸先生 ツボは単独でも効きますが、組み合わせて使うとより効果が発揮されると言います。 「印堂や迎香を押しても効果がない場合、呼吸器官全体を整える尺沢や合谷も合せてやると『気』の通りがよくなって鼻づまりが解消されることもあります。 直接関係ないと思われそうな足三里を押すのも、身体全体の体力を上げ、他のツボを効きやすくします。 またお灸を使うとその熱がツボの奥に響いて、ツボの力をより一層引き出してくれますのでおすすめです。 ただし、印堂や迎香など顔のツボへのお灸の使用は控えてください」 瀬戸先生 辛い鼻づまりが気になるとき、ツボを押すだけで症状が改善したりするものです。 ぜひ自分で押すだけでなく、人と押し合ったりして試してみてください。

次の