ようこそ 実力 至上 主義 の 教室 へ 2 年生 編。 ようこそ実力至上主義の教室へ2年生編2巻 全学年を巻き込んだ無人島試験が始まる!! 感想/ネタバレ

「ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編 第1巻」感想 2年生開始。新キャラ登場に早速の特別試験!目が離せないスタートダッシュ

ようこそ 実力 至上 主義 の 教室 へ 2 年生 編

「ようこそ実力至上主義の教室へ」の二年生編第2巻より質問です。 夏休みに行われる無人島での特別試験は、理事長代理の介入によって行われる試験なのですか? もしそうだとしたら、なぜ 彼は生徒にグループを作るために十分な時間を与えたのでしょうか? 綾小路くんを退学させようとしているのなら、当日に行わせた方が策を講じられることもないので、綾小路くんとホワイトルーム生が同じグループに入る可能性は高くなりそうな気がするんです。 今後は、ホワイトルーム生が綾小路くんに介入できるチャンスを増やすため、学年合同のグループ試験が多くなると思っています。 みなさんのご意見お聞かせください 補足みなさんの回答、ご意見ありがとうございました。 【理事長代行の介入はあるか】 特別試験には月城の介入があると思います! 【なぜ時間を与えたのか】 作中で「月城も自由に全てを決められる訳では無いだろう」という予測を綾小路がしていました。 綾小路が相談を持ちかけた茶柱や真嶋に関しては、特に月城への警戒が強いことでしょう。 よって、見かけ上平等にするために、このような仕組みにしたのかと考察します。 また、無人島試験となってはいますが、細かい内容や島に着いてから組むグループ分けの条件までは発表されていません。 そういったことから、対策はしにくいものだと判断したのかも知れません。 また、質問者さんが 「綾小路くんとホワイトルーム生が同じグループに入る可能性は高くなりそうな気がするんです。 」 とおっしゃっていますが、出発前のチーム分けでは、同学年の人としか組めませんね。 神崎のように、ホワイトルーム出身ではないか? と言われている人もいますが……。 1年生に確実に1人はホワイトルームからの刺客がいるようですので……。

次の

「ようこそ実力至上主義の教室へ」の二年生編第2巻より質問です。夏休み...

ようこそ 実力 至上 主義 の 教室 へ 2 年生 編

作品を購入する• 電子版• 紙書籍 あらすじ紹介 高度育成高校での2度目の春を迎えた綾小路達Dクラス。 待ち受けるは試験だけではなく、個性的な新1年生達。 中学時代龍園と悪名を二分した宝泉和臣、同じ中学出身を名乗り櫛田に接近する八神拓也、気分屋で綾小路を引っ張り回す天沢一夏。 そして4月最初の特別試験は1、2年生がペアとなる筆記試験。 ペアの合計点が基準を下回れば2年生のみ退学となる。 さらに南雲が各生徒の能力を表示する新アプリを実装。 それが全生徒に公開されたため学力の高い生徒に人気が集中。 2年Dクラスは苦境に陥る。

次の

【ようこそ実力至上主義の教室へ】2年生編・第1巻(12巻)の主な内容や感想などの情報まとめ

ようこそ 実力 至上 主義 の 教室 へ 2 年生 編

初期の頃からずっと一貫して同じ印象。 2年になってもあんまり変わってなかった。 あとは急激に変化したとかでなく、これまでの積み重ねが成長に繋がっている、とじわりと感じられた。 鈴音や須藤とかを見ていて特に。 クラス内部分裂のリスクは限りなく低くなった、と見ていいのかな。 今の所は。 ヤバい奴だらけな1年生 話が進むに連れて加速度的に危機感が増して行く。 まだ2年生編1巻目なのに……。 でも、一見極大のヤバさを言動で誇示している宝泉って、分かり易い分だけ清隆には御しやすい存在なのかも。 おそらく見せない奴の方が余程ヤバい。 2年生になったから本気出す 清隆があえて能力を隠さなくなったのも、1年生時とは少し違って見えた点か。 既刊感想:、、、、、、、、、、、、、.

次の