立ち 仕事 足 の 痛み。 立ち仕事で足が痛い人に、店員がおすすめするスニーカーとその選び方|HSPの繊細革命

かかとが痛いのは病気のサイン!?疲労蓄積が原因じゃないかも

立ち 仕事 足 の 痛み

毎日あまりにも痛みがひどいと、 「もしかして何か悪い病気なのかも?」と不安になることもありますよね。 しかし、簡単な方法で効率的に筋肉をつけることによって、腰痛や足の痛み、膝の裏が痛い症状が格段に楽になるんです! そこで今回は、 立ちっぱなしで腰痛や足の痛み、膝の裏が痛いあなたが楽になれる筋トレ対策法を、口コミを交えてご紹介します。 膝の裏が痛い時にはやはり筋トレをすることで、痛みを緩和する効果が得られます。 やり方はとても簡単。 これを5回ほど繰り返すと良いです。 立ちっぱなしで腰痛や足の痛み、膝の裏が痛い時こそ隙間時間の筋トレが効果的な理由とは? 長時間立ちっぱなしでいると血液のめぐりが悪くなったり筋肉がこわばったりして、腰や足に負担がかかって痛みが出てしまいます。 これを解決するには 隙間時間にでも筋トレを行って血行を良くし筋力をつけることが大切です。 私が立ちっぱなしの仕事をしていた時のこと、思わぬハプニングがあり右足の付け根を骨折してしまいました。 そのあと療養してしっかり治したつもりだったのですが、立ちっぱなしの仕事を続けているとどんどん痛みがひどくなり、挙句の果てに腰痛まで患うようになってしまったんです! 「どうしたらこの痛みが楽になるだろう…」 「ちょっとした隙間時間に痛みをとる方法が見つからないかな?」 と思っていた時に見つけたのが 「筋トレ」でした。 筋トレといっても何も大げさなものではなく、少し足を上げ下げしたり力をこめたりするだけでいいんです。 これをやるだけで、あれだけ痛かった腰痛や足の痛みが劇的に楽になり、やはり筋力をしっかりつけることは痛みの改善につながるんだなと感じたわけです。 あなたが隙間時間に筋トレを行うだけで…• 足の痛みやむくみがすっきり取れて、ウィンドウショッピングでモデルのように軽快に歩くことができる• 腰痛が楽になればシャキッと背筋が伸びるので、タイトなワンピースが似合うようになる• 洗濯や買い物をするときに足が痛くてたまらなかったが、スタスタと歩けるようになる• 飲食業で料理を運ぶときに足が痛くて素早く動けなかったけれど、お客さんの呼びかけにすぐに答えられるようになる• 毎日の料理も腰や膝が辛くなくなり、楽しく食事を作ることができる• 洗濯や買い物で足がつらくて動きたくなかったが、ツラさも無くなりカラダを動かしたくなる 立ちっぱなしで腰痛や足の痛み、膝の裏が痛い原因!貧血や吐き気、しびれがあったら病気なの? 飲食店やスーパーやコンビニなどのサービス業だと、長時間立ちっぱなしのことって多いですよね。 そんな仕事についていると職業病のように 「腰痛、足の痛み、膝の裏が痛い」などの症状に見舞われます。 その原因についてと、 痛みのほかに吐き気や貧血、足のしびれがあった場合は病気なのかどうかについて解説していきます。 立ちっぱなしで腰痛や足の痛み、膝の裏が痛いのは血の巡りが悪いことが原因だった! 長時間立ちっぱなしの仕事が終わった後、何となく足が冷たく感じたりダル重な症状が出たりすることってありませんか? それは 血流が悪くなってしまう事で起きるのです! 血の巡りが悪くなると筋肉がこわばり腰痛になりやすいのです。 また、 血液やリンパ液、水分などが足にたまりやすくなることで、むくみが生じて足が痛くなってしまうんですね。 特に寒い季節に立ちっぱなしの仕事をしていると、 更に血の巡りが悪くなってむくみがひどくなり膝の裏まで痛くなってしまうのです。 また、 股関節の筋肉が固くなることにより痛みが生じることもあります。 日ごろから運動不足で筋力が低下していると、血液を心臓に送り出すポンプの役割が弱まってしまい、血液の循環が悪く痛みを生じる原因となりやすいのです。 立ちっぱなしで貧血や吐き気が起こるのはなぜ? 立ちっぱなしで腰痛や足の痛みを感じるだけではなく、急にふらふらして貧血のような状態になったり、ひどくなると吐き気を催したりすることもあります。 こんな症状が出ると 「もしかして悪い病気になってしまったのかも?」ととても心配になりますよね? 立ちっぱなしの状態が続くことで、血圧が急激に下がり脳に血液が送られなくなり貧血状態に 「起立性低血圧」があります。 起立性低血圧は立ちっぱなしでいるとき以外にも、 急に立ち上がったときにフラフラしてめまいを感じたり、立ちくらみを起こしたりします。 その他にも血流が足りなくなることでめまいや吐き気が起こる 「血管迷走神経反応」があります。 血管迷走神経反応とは、 立ちっぱなしでいることにより過度のストレスや強い痛みを感じたりする時に起きます。 血管が拡張し血圧が急激に下がってしまうことにより、 脳に十分な血液が送られなくなってしまうのです。 こちらは更に酷くなると意識消失や痙攣などが起こる可能性もあるので注意が必要です。 これらはいずれも 自己判断は禁物です! 気になる症状がある場合は必ず医師の判断を仰ぐようにしましょう。 立ちっぱなしで足のしびれがある場合は危険なの? 「立ちっぱなしの仕事が終わった後にようやく椅子に座れた!」と思ったら、 「急激に足がジンジンしびれてきた…」 こんな症状が現れたら 「下肢静脈瘤」を疑う必要があります。 下肢静脈瘤は、長時間立ちっぱなしでいることによって足の静脈に血液がたまり、それがこぶのように膨らんでしまう病気です。 血管が青く浮き上がって見える、ボコボコしているなどの症状が見られたら下肢静脈瘤を疑ってみる方がいいでしょう。 この場合、着圧ソックスやストレッチ、筋トレで症状を和らげることができても、改善は難しいのでやはり 病院への受診をおすすめします。 私も立ちっぱなしの仕事が終わった後に腰痛、足の痛み、しびれなどで辛い時がよくありました。 そんな時は脚を下にしている立ちっぱなしの姿勢はもちろん、座っている状態でも痛みやしびれが取れないことに不安を覚えんたんです…。 その時は横になることで徐々にしびれが引いていきましたが、筋力低下も原因なのかなと考えることもあったんです。 そんな時にすべての悩みを解消してくれたのが、 筋トレでした。 立ちっぱなしで腰痛や足の痛み、膝の裏が痛いあなたの辛い悩みは筋トレが解消します! 日常的に立ちっぱなしの仕事をしていて、貧血や吐き気、しびれがある場合は、まず 病院を受診して医師の判断を仰ぐ方が先決です。 しかし、腰痛がある、足の痛みや膝が痛いという場合、 簡単な筋トレで症状が緩和する可能性もあります。 筋トレをすることで血流がよくなり、立ちっぱなしの仕事でこわばってしまった筋肉をほぐすこともできますし、もちろん筋肉をつけることもできます。 立ちっぱなしの消費カロリーはどれくらい?おにぎり5個分も消費できる!? 立ちっぱなしで仕事をしていると確かに腰痛や足の痛み、膝が痛いという悩みにつらい思いをしますが、立ちっぱなしってそんなに悪いことではないんですよ。 例えば、 体重50kgの女性が8時間立ちっぱなしの労働をする場合、800kcal消費することになります。 ただし、ほとんど立っているだけで動かなければ、もう少し低い消費カロリーとなるでしょう。 例えばこの800kcalをおにぎりのカロリーに変えると、 梅おにぎり4~5個分 1個分約173kcal となります。 立っているだけでこれだけのカロリーを消費できるのであれば、すごいことですよね! イギリスのチェスター大学で行われた実験では、 一日3時間立つ時間を増やすだけで1年間3. 5kg体重を減らすことができるそうです。 立っているだけでダイエットできるならデメリットだけではないともいえますよね。 立ちっぱなしで腰痛や足の痛み、膝の裏が痛い人のリアルな口コミを徹底チェック! それでは実際に、立ちっぱなしで腰痛や足の痛み、膝の裏が痛い人の口コミを見ていくことにしましょう。 腰痛がひどいと仕事終わりでも歩くのが大変なので、家に帰りつくまでがつらいんですよね。 レジの仕事やってた時思ったけど、動けず立ちっぱなしって本当にしんどくて、足の関節やられてくるし、座れないから片足ずつ曲げて痛み取るしかない。 それに比べたら今はちょっと動ける余裕があるから良いけど、飲食店の方が動き回れるから正直もっと楽なんだよね。 足の痛みは膝の裏だけではなく関節に問題があるというのも納得です。 イベントのお仕事は立ちっぱなしで動きっぱなし、重い荷物を持つこともあるでしょうから本当に大変そうです。 例えば関節に問題があって足が痛くなると、普通に歩くだけではなく階段の上がり降りもつらくなるし、重い荷物を持つとさらに負荷がかかって仕事に支障が出てしまいますよね。 立ちっぱなしで腰痛や足の痛み、膝の裏が痛いと感じる原因は血の巡りの悪さや筋力不足• 長時間立ちっぱなしで貧血や吐き気、しびれが起こったときは自己判断せずに病院を受診• 立ちっぱなしの消費カロリーはおにぎり5個分、立っているだけでもダイエットできる• 立ちっぱなしの仕事は飲食店だけではなくイベント系もあり、共通して腰痛や足の痛みに悩んでいた• 隙間時間にできる筋トレで、立ちっぱなしから来る腰痛や足の痛み、膝の裏が痛い症状を緩和 立ちっぱなしの仕事をしていて、毎日のように腰痛や足の痛み、膝の裏が痛いなどの症状があると、もう転職したくなりますよね? 私もそんな思いをしてきたので、転職したくてもできないし、自分のできる範囲で何とかしないとならない状況もよくわかります。 そんな時に痛みを緩和してくれてこの仕事を続けていっても大丈夫だと思わせてくれたのが、隙間時間に簡単にできる 筋トレです。 本当につらい思いをしているあなたにはぜひ、足の上げ下げなどの簡単筋トレを試してみてほしいと思います。 【Web限定】立ちっぱなしで腰痛・足の痛み・膝の裏が痛いなどのカラダの不調で困っているあなただけに初回限定のお試し価格を実施中! 立ちっぱなしで腰が痛い、足や膝が痛いと言う方のために、当店のホームページを見ていただいて初回予約された方限定(1日1名様限定)に、 通常1万円のコースが初回のみ2980円で受けれるサービスを行っています。 こちらから今すぐご予約!.

次の

立ちっぱなしで腰痛や足の痛み膝の裏が痛い人の筋トレ対策法!消費カロリーはおにぎり5個分!

立ち 仕事 足 の 痛み

ツボの場所は、足の指を曲げた時に足裏が凹んでいる場所です。 ゴルフボールなどを踏みながらツボを刺激すると楽です。 土踏まずに貼って寝ると足裏のコリに効果あります。 冷えや血流が悪くなると固くなりますので、 足を柔らかくするようにストレッチをしてほぐしましょう。 ただし、痛みが酷い時はしないほうが良いです。 立ち仕事で足が痛いのは靴が原因? 一日中立ちっぱなしの仕事はどうしても足裏に負担がかかり、 痛みがでてきます。 上記でもお伝えしたことや、それ以外でも痛みの症状によって 様々な原因が考えられますが、 その中でも、立ち仕事で一番関係するのが靴かもしれません。 靴は足を守るものですが、ファッションとしての役目もあり、 ファッション重視で足に合わない靴をはいていたりすることで 足裏に必要以上の負担がかかってしまいます。 どうしても接客業などはスニーカーを履けない事があり、 女性ならヒールやパンプスなどが多いでしょうし、 男性なら革靴などが多いと思います。 そんな方の為の解消法としては、 アーチをしっかり支える中敷きを作るか購入して敷きましょう。 、 アーチを支える事ができればかなりトラブルは改善されます。 どちらにしても、自分の足に合う靴を履く事が大切だと思います。

次の

立ち仕事で足の裏が痛くてたまらない

立ち 仕事 足 の 痛み

工場での業務の中でも、とくにライン作業の場合は一日中立ちっぱなしであることが多いと思います。 その際に悩まされるのが、腰痛はもちろん、足の痛みではないでしょうか。 この記事では、立ち仕事で足が痛くなる対策と対処法や原因、立ち仕事に慣れる方法まで、立ち仕事による足のトラブルを解消方法をご紹介します。 立ち仕事の負担を軽減するには「血液の循環を正す」ことが大切 立ち仕事による足の痛みを軽減させるには、 血液の循環を正常にすることが第一と言えます。 正常にするためには、仕事中でも行えるいくつかの方法があります。 仕事中や仕事の休憩時間には、かかとを上げ下げをしたり、台座などを足元に用意し、数分間隔で乗せる足を変えたりするだけでも効果があります。 少し不自然かもしれませんが、背筋を伸ばして正しい姿勢で作業するように努めましょう。 特に「足裏が痛い」という方にはおすすめです。 \ 立ち仕事の求人を探している方へ / 工場の立ち仕事で足が痛くなる原因とは? 工場の立ち仕事では身体的な「痛み」が問題です。 代表的なのが腰痛ですが、足が痛くなったり重く感じたり、むくんだりすることが多々あるようです。 これを放置していると、足底腱膜炎で手術を要する場合も。 また、むくみが定着すると脂肪になってしまうこともあるというから、特に女性にとっては困り者ですよね。 そもそも、なぜ動かしてもいないのに足が痛くなるのでしょうか。 それは 同じ姿勢で足を動かさないことにより血液や水分が足に溜まってしまい、下半身の血流が悪化してしまうことに要因があると言います。 また、立ちっぱなしの状態が続くと筋力が低下し、その結果足の痛みにつながることもあるようです。 特に重たい物を持ちながら作業するライン作業においては、足が痛くなることに加え、足の筋肉痛などの現象も顕著であるようです。 その背景にあるのは、私たちの体は心臓の働きによって常に血液が循環し、上から下に下りてきた血液はふくらはぎの筋肉の作用により再び心臓に送り返されてその状態を正常に保っていることにあります。 ずっと立ちっぱなしでいるとふくらはぎの筋肉の作用が弱くなってしまい、その結果、血液の循環がおかしくなり、下に下りてきた血液が足でストップされることによって、足の痛みを引き起こします。 つまり、足が痛くなるキーポイントは、工場でのライン作業ではもっともスタンダードとも言える「立ったまま」「同じ姿勢」。 工場で勤務する以上は、避けては通れない職業病のひとつと言えます。 立ち仕事に慣れるには? 足が痛くなってから対処する、痛くなる前に対策することももちろん有効ですが、もっともシンプルなのが、「立ち仕事に慣れる」ことではないでしょうか。 それまで座り仕事だった方がこれから立ち仕事を始める際には、早く立ち仕事に慣れてしまった方が足の痛みも無縁でいられるかもしれません。 そのためには、 日ごろから適度な運動やストレッチを心がけておくことが良いでしょう。 筋力の低下が足を痛くする要因のひとつなら、それに負けない筋力をつけた上で立ち仕事に挑めば、さほど足のトラブルには見舞われないはずです。 また、立ち仕事に慣れるには、足の痛みを慢性化させないことも大きなポイントです。 血行を良くする効果がある入浴やマッサージを行い、その日の痛みをその日のうちに解消するように努めれば、「立ち仕事の辛さ知らず」となり、慣れるのも容易なことでしょう。 立ち仕事に慣れるのは個人差がありますが、一般的には1週間もあれば慣れてくると考えられています。 「立ったまま」「同じ姿勢」の改善+「慣れ」で、立ち仕事だって怖くない 何かと敬遠されがちな立ち仕事ですが、工場におけるライン作業では避けては通れない道です。 立ち仕事による体のトラブルを避ける方法を実践して慣れてしまえば、座り仕事の方が立ち仕事よりキツイ、という声もあるほど。 辛い腰や足の痛みに耐えながら仕事を続けることは難しいことだし、放置すると悪化するのみ。 そこを逆の発想で、立ち仕事に慣れる工夫をしてみてはいかがでしょうか。 これにより、仕事の幅もグッと広がるはずです。

次の