フォレスター アドバンス 燃費。 フォレスターアドバンスの評価、評判、口コミは?実燃費はどの位??

新型フォレスターアドバンスとプレミアムを比較!あなたはどっち派?

フォレスター アドバンス 燃費

今回はフォレスターを持っている場合に、税金や保険などで年間でどれくらいの維持費がかかるのか計算してみました。 なお、他の車種と比較するとフォレスターの維持費はで190位、で29位、で106位、で11位となっています。 ハイブリッドが気になる方向けにはも書いていますので、よろしければそちらもご覧ください。 フォレスターの維持費の内訳 フォレスターの維持費の内訳として今回は• 自動車税• 重量税• 自賠責保険• 任意保険• ガソリン• 駐車場 にかかる費用をそれぞれ計算してみます。 フォレスターの自動車税額 まずは自動車税を計算してみます。 自動車税の金額は排気量ごとに決まっていて、2020年度の自動車税額はこのようになっています。 排気量 自動車税額 660cc以下 10,800円 1000cc以下 25,000円 1000cc〜1500cc 30,500円 1500cc〜2000cc 36,000円 2000cc〜2500cc 43,500円 2500cc〜3000cc 50,000円 3000cc〜3500cc 57,000円 3500cc〜4000cc 65,500円 4000cc〜4500cc 75,500円 4500cc〜6000cc 87,000円 6000ccより大きい 110,000円 この税額表をもとにフォレスターの排気量と自動車税をグレードごとにまとめるとこのようになります。 グレード 排気量 自動車税 ツーリング 2500cc 4. 35万円 アドバンス 2000cc 3. 6万円 詳しくは、の記事をご覧ください。 なお、フォレスターの自動車税はで222位、で38位、で134位、で18位となっています。 スポンサーリンク フォレスターのグレード グレードによって税金や燃費が変わってきたりするので、ここでフォレスターの2種類の主要グレードの重量、燃費、価格を見ていきます。 なお、フォレスターのカタログ燃費はWLTCモードなので、実燃費も同じくらいになります。 ツーリング ツーリングの排気量は2500cc、重量は1520kg、燃費は13. このグレードはフォレスターのベースグレードですが、安全装備アイサイトやSRSエアバッグ&SRSカーテンエアバッグなどが標準装備となっています。 アドバンス アドバンスの排気量は2000cc、重量は1640kg、燃費は14. このグレードはフォレスターのハイブリッド版で、アイサイトセイフティプラスやドライバーモニタリングシステムなどが標準装備となっています。 フォレスターの人気グレード フォレスターはツーリングが人気のあるグレードです。 グレードにこだわりのない方はツーリングを中心に読んでいただくとよいかと思います。 スポンサーリンク フォレスターの自動車税の減税 フォレスターのアドバンスはグリーン化特例の燃費基準をクリアしています。 グリーン化特例の燃費基準をクリアしているグレードの場合、2021年3月31日までに購入すると翌年の自動車税が安くなります。 グリーン化特例&エコカー減税の燃費基準は車両重量ごとに決まっていて、フォレスターの場合はこのようになっています。 燃費基準 達成度 減税 16. グレード 燃費基準 減税 ツーリング 未達成 減税なし アドバンス +12% 50%減税 ただし、減税されるのは購入の翌年の自動車税だけで、それ以外の年は通常の自動車税を支払うことになります。 フォレスターの通常の自動車税と、減税が効く2年目の自動車税はこのようになります。 グレード 自動車税 通常 自動車税 2年目 ツーリング 4. 35万円 4. 35万円 アドバンス 3. 6万円 1. 8万円 グリーン化特例とエコカー減税の期限 今のグリーン化特例は2021年3月31日までが期限となっています。 2009年に初めてグリーン化特例とエコカー減税が導入されてから毎年延長されていますが、今回が最後になるかもしれません。 また、これまでも延長の時に燃費基準や減税額が変わってきたので、次回も制度が変わってフォレスターの減税額が減ったり減税がなくなる場合もあります。 もし2021年3月31日以降に新車を購入する予定なら、その時点での減税の制度がどうなっているかは注意しておきましょう。 自動車重量税の計算方法 自動車税に続いて自動車重量税を計算してみます。 自動車重量税は車両重量ごとに決まっていて、0. 5トンごとに4,100円ずつ増えていきます。 ただし、2021年4月30日までに燃費基準をクリアしているエコカー減税対象車を新車登録した場合は0. 5トンごとの税額が2,500円になります。 さらにエコカー減税対象車なら購入時に支払う3年分の自動車重量税が減税になります。 重量税の減税額は燃費基準の達成度ごとに決まっていて、それぞれこのようになっています。 2020年燃費基準と重量税の減税額 燃費基準の達成度 重量税の減税 達成 25% +10%達成 25% +20%達成 50% +30%達成 50% +40%達成 免税 +50%達成 免税 +90%達成 免税 フォレスターのグレードごとの燃費達成度と重量税の減税効果はこのようになります。 グレード 燃費基準 減税 ツーリング 未達成 減税なし アドバンス +12% 25%減税 フォレスターの自動車重量税 フォレスターのグレードごとのエコカー減税の有無と重量税はこのようになります。 グレード エコカー減税 重量税 ツーリング なし 1. 64万円 アドバンス あり 1万円 また、フォレスターはエコカー減税対象グレードの場合は購入時に支払う3年目までの自動車重量税が減税になります。 グレードごとの3年目までの減税幅と重量税はこのようになります。 グレード 減税 重量税 ツーリング 減税なし 1. 64万円 アドバンス 25%減税 7500円 なお、フォレスターの重量税はで210位、で34位、で117位、で17位となっています。 スポンサーリンク 13年目以降の自動車重量税 エコカーではない場合は新車購入時からの年数が13年、18年を超えると自動車重量税が高くなってしまいます。 税額は13年以上18年未満の場合は0. 5トンあたり5,700円に、18年以上の場合は6,300円になります。 フォレスターの場合は13年以上18年未満で2. 28万円に、18年以上で2. 52万円になります。 フォレスターの自動車税と重量税の合計 次はグレードごとに自動車税と重量税の合計額を見ていきます。 フォレスター ツーリングの自動車税と重量税 自動車税 重量税 合計 初年度〜13年目 43,500円 16,400円 59,900円 14〜18年目 43,500円 22,800円 66,300円 19年目〜 43,500円 25,200円 68,700円 フォレスター アドバンスの自動車税と重量税 自動車税 重量税 合計 初年度 36,000円 7,500円 43,500円 2年目 18,000円 7,500円 25,500円 3年目 36,000円 7,500円 43,500円 4年目〜 36,000円 10,000円 46,000円 フォレスターの保険 税金に続いて保険の費用も計算してみます。 保険には加入が必須となる自賠責保険と、種類を自分で選べる任意保険があります。 自賠責保険については新車購入時に3年分39,120円を、車検の度に2年分27,840円をまとめて払います。 1年あたりにすると1〜3年目は13,040円、4年目以降は 13,920円となります。 任意保険については年齢制限や保障内容などにもよるのですが、平均的には年間約6. 5万円ほどとなっています。 フォレスターの車検費用 税金・保険に続いて車検費用も計算してみます。 車検については検査手数料の印紙代が1800円かかります。 あとは車検基本料がかかるのですが、この費用はディーラーや車検業者など、どこに頼むかによって結構変わってきます。 平均的には4万円程度なので、今回は車検基本料は4万円として計算してみます。 合計すると車検費用は 検査手数料 1800円 + 車検基本料 4万円 = 4. 18万円 となります。 車検は2年に1回なので、年間のコストとしては半分の2. 09万円となります。 また、当たり前ですが新車購入時は車検は不要なので、車検費用がかかるのは4年目以降になります。 車検について詳しく知りたい方はもご覧ください。 スポンサーリンク フォレスターのガソリン代 ガソリン代は、年間1万キロ走った場合で計算します。 フォレスターのグレードごとの燃費はこのようになっています。 なお、フォレスターのカタログ燃費はWLTCモードの計測となっているので実燃費も同じくらいになります。 グレード 燃費 ツーリング 13. ガソリン価格については、リッター135円で計算します。 この燃費とガソリン代で1万キロ走った時のグレードごとのガソリン代はこのようになります。 グレード ガソリン代 ツーリング 10. 2万円 アドバンス 9. 64万円 駐車場の費用 駐車場を借りている場合などは駐車場の賃料もかかってきます。 月極駐車場の賃料の全国平均は8000円なので、年間だと 8000円 x (12ヶ月 + 更新料 1ヶ月)= 10. 4万円 となります。 スポンサーリンク フォレスターの年間維持費 これまで計算した自動車税、重量税、保険、車検、ガソリン代、駐車場の費用を足すとフォレスターの年間の維持費が計算できます。 車の平均保有年数の8年間の平均額でグレードごとの年間維持費を計算するとこのようになります。 フォレスター ツーリングの維持費は年間35. 8万円 内容 費用 自動車税 4. 35万円 重量税 1. 64万円 自賠責保険 1. 36万円 任意保険 6. 5万円 車検費用 1. 31万円 ガソリン代 10. 2万円 駐車場代 10. 4万円 合計 35. 8万円 フォレスター アドバンスの維持費は年間33. 5万円 内容 費用 自動車税 3. 38万円 重量税 9062円 自賠責保険 1. 36万円 任意保険 6. 5万円 車検費用 1. 31万円 ガソリン代 9. 64万円 駐車場代 10. 4万円 合計 33. 5万円 なお、フォレスターの維持費はで190位、で29位、で106位、で11位となっています。 スポンサーリンク フォレスターとハリアー、RAV4、エクストレイル、CX-5、CX-8を比較 次はフォレスターとよく比較される、、、、の燃費や年間の維持費やガソリン代、税金なども調べてみました。 なお、車の平均保有年数の8年間の平均で計算しています。 まず、車種ごとの燃費・維持費・価格はこのようになります。 車種 燃費 維持費 価格 フォレスター(ガソリン) 13. 8万円 286万円 14. 5万円 316万円 11. 9万円 300万円 15. 1万円 384万円 15. 7万円 289万円 20. 7万円 351万円 11. 6万円 305万円 14. 1万円 262万円 17. 5万円 294万円 12. 4万円 295万円 15. 2万円 383万円 フォレスターとそれぞれの車種のコストの違いは以下のようになります。 フォレスター ハイブリッドとフォレスターのコスト比較 差額 価格 316万円 +29. 7万円 ガソリン代 9. 29万円 ハリアーとフォレスターのコスト比較 差額 価格 300万円 +14. 4万円 ガソリン代 12. 1万円 +1. 83万円 自動車税 3. 64万円 0円 年間維持費 36. 9万円 +1. 08万円 ハリアー ハイブリッドとフォレスターのコスト比較 差額 価格 384万円 +98. 5万円 ガソリン代 9. 22万円 自動車税 3. 02万円 年間維持費 33. 64万円 RAV4とフォレスターのコスト比較 差額 価格 289万円 +2. 75万円 ガソリン代 8. 35万円 自動車税 3. 64万円 0円 年間維持費 33. 1万円 RAV4 ハイブリッドとフォレスターのコスト比較 差額 価格 351万円 +65. 5万円 ガソリン代 6. 67万円 自動車税 3. 02万円 年間維持費 30. 1万円 エクストレイルとフォレスターのコスト比較 差額 価格 305万円 +18. 6万円 ガソリン代 11. 8万円 +1. 53万円 自動車税 3. 64万円 0円 年間維持費 36. 6万円 +7823円 エクストレイル ハイブリッドとフォレスターのコスト比較 差額 価格 330万円 +43. 9万円 ガソリン代 9. 2万円 ガソリン代 9. 64万円 0円 年間維持費 34. 73万円 CX-5 ディーゼルとフォレスターのコスト比較 差額 価格 294万円 +7. 7万円 ガソリン代 6. 62万円 自動車税 3. 27万円 年間維持費 30. 29万円 CX-8とフォレスターのコスト比較 差額 価格 295万円 +8. 8万円 ガソリン代 10. 9万円 +6598円 自動車税 4. 35万円 0円 重量税 1. 64万円 0円 年間維持費 36. 4万円 +6598円 CX-8 ディーゼルとフォレスターのコスト比較 差額 価格 383万円 +96. 8万円 ガソリン代 7. 95万円 自動車税 3. 27万円 年間維持費 31. 62万円 人気の記事• 自動車税は排気量や車種ごとに計算していますので、自分に合った金額計算の記事をご覧ください。 話題ワード•

次の

【スバル フォレスター 新型試乗】「e

フォレスター アドバンス 燃費

「下取りは、一括査定サイトに!」 ディーラーでは30万円の下取りが、 買取業者では80万円になることもよくあります。 その秘密は、 「買取業者同士で、競争してもらう」 こと!! 一括査定サイトを使うだけで、最大5000社の下取り会社が、あなたの車の買取価格を競ってくれるので・・・ 買取価格が大幅にUP!! スバルの5人乗り人気クロスオーバーSUV、フォレスター。 2018年夏には 5代目となる新型のフォレスターが発表され、大きな話題になりました。 今回は、全部で4つあるグレードのスペックや装備、燃費性能などを比較してみました。 結論から申し上げますと、 フォレスターの新型のおすすめは『アドバンス』です。 では、なぜ、フォレスター新型のおすすめが、アドバンスなのか・・・ どこがお勧めポイントなのか、その理由をご紹介します。 subaru. jpg アドバンスをおすすめする理由の1つは、その燃費の良さです。 アドバンスの燃費がどれくらいいいのでしょうか。 新型フォレスターの燃費をグレード別に比較してみました。 新型フォレスターでは、一般的に使われる燃費の目安であるJC08モード燃費のほかに、より実燃費に近いWLTCモードでの燃費性能も測定されているので併せて確認していきたいと思います。 subaru. jpg 新型フォレスター、JC08モード燃費比較 ・ツーリングモデル 14. 4~14. 5L 水平対向4気筒 直噴DOHCエンジン ・プレミアムモデル 14. 4~14. 5L 水平対向4気筒 直噴DOHCエンジン ・X-ブレイクモデル 14. 4~14. 5L 水平対向4気筒 直噴DOHCエンジン ・ アドバンスモデル 18. 0L 水平対向4気筒 直噴DOHC+モーターエンジン 新型フォレスター、WLTCモード燃費比較 ・ツーリングモデル 13. 5L 水平対向4気筒 直噴DOHCエンジン ・プレミアムモデル 13. 5L 水平対向4気筒 直噴DOHCエンジン ・X-ブレイクモデル 13. 5L 水平対向4気筒 直噴DOHCエンジン ・ アドバンスモデル 14. 0L 水平対向4気筒 直噴DOHC+モーターエンジン こうして見てみると、 アドバンスの燃費が一番優れていることが分かりますね。 subaru. jpg 新型フォレスターでアドバンスがおすすめの理由の2つ目が、その安全性能です。 フォレスター新型アドバンスのみに搭載された装備 新型フォレスターには、運転支援システム「アイサイトver. 3」と「歩行者保護エアバッグ」が全車で標準搭載されています。 しかし、アドバンスだけには「ドライバーモニタリングシステム」と「車両接近通報装置」という装備の搭載が可能になっています。 アドバンスモデルだけが、搭載できる装備の特徴を見てみましょう。 ドライバーモニタリングシステムとは スバル初の乗員認識技術が、「ドライバーモニタリングシステム」です。 専用カメラで、ドライバーをモニタリングし、 居眠りやわき見運転への注意喚起を行ってくれるという画期的なシステムなんです。 もしもの時の為に、こういった装備があるというのは非常に心強いですね。 車両接近通報装置とは 運転中に接近した歩行者に対して、『車が近付きましたよ!』と知らせることができる警報装置です。 近年、EVモード搭載車やフルハイブリッド、電気自動車や燃料電池車など、走行音の静かな車が増えていますよね。 走行が静かなことは、メリットでもあるのですが、歩行者が気づきにくいというデメリットもあります。 ドライバー目線では、歩行者が車に気づいてくれるので、嬉しい装備ですね。 一方の歩行者に対しても車が接近していることがわかるので、危険な目に遭う可能性が低くなります。 このシステムは、運転手にも歩行者にも安心な装備と言えます。 <スポンサードリンク> アドバンスのコストパフォーマンス アドバンスがおすすめの3つ目の理由が、コストパフォーマンスです。 グレードごとの価格を比較していくと、アドバンスがお買い得なグレードであることが明白です。 新型フォレスターのグレード一覧 ・ツーリングモデル 2. 5L 水平対向4気筒 直噴エンジン 281万円 ・プレミアムモデル 2. 5L 水平対向4気筒 直噴エンジン 302万円 ・X-ブレイクモデル 2. 5L 水平対向4気筒 直噴エンジン 292万円 ・ アドバンスモデル 2. ツーリングモデル ツーリングモデルは、新型フォレスターの一番スタンダードなモデルです。 そのままでも十分素晴らしい車なのですが、いわゆる何も付いていない状態なので、少々勿体ない感は否めません。 プレミアムモデル プレミアムモデルは、新型フォレスターのハイグレードモデルです。 標準装備として、3段階温度調整機能付きのシートヒーターや、8ウェイパワーシートなどの上級装備搭載されています。 X-ブレイクモデル X-ブレイクモデルは、ツーリングモデルにアクティブさを際立たせたモデルです。 各所に専用のアクセントカラーが施され、専用内装色も用意されています。 また、X-ブレイクモデルのみ、シートに撥水加工が施されています。 より冒険心を掻き立てるデザインで、SUVらしい一台と言えますね。 アドバンスモデル アドバンスモデルは、新型フォレスターのハイブリッドモデルです。 水平対向4気筒エンジン+モーターのハイブリッドシステム 「e-BOXER」を搭載。 そして、スバル初の乗員認識技術 「ドライバーモニタリングシステム」を唯一搭載するグレードです。 標準装備もプレミアムと同等のものが搭載されており、非の打ちどころがありません。 アドヴァンスグレードの特徴 アドバンスはプレミアムと同等の上級装備を搭載。 さらにその上、ドライバーモニタリングシステムが唯一搭載されるグレードであるという点も見逃せません。 スバル初のマイルドハイブリッドシステム搭載によりパワーも2. 5Lエンジンに劣らないことなども加味すると、かなりのお得感があります。 車両本体価格も300万円台前半と 車格を考えれば本当に割安だと思います。 新型車種を 「50万円」も安く購入する裏技とは?• 「新型車種は…ちょっと高い…」• 「頭金のお金が …」• 「ボーナス払いもなしでいければ…」• 「値引き交渉が苦手だし…」• 「ディーラーを回るのは大変…」• 「売り込まれそうで心配だ…」• 「でも、最安値で手に入れたいし…」 などなど、悩みは尽きませんよね。 そんな、あなたに、ピッタリの裏ワザをご紹介します! 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! ディーラーでたった30万円だった下取り価格が、 買取業者では「80万円」になることも 多々あります。 その秘密は・・・ 業者同士で、競争してもらうこと!! 一括査定サイトを使うことで、 下取り会社最大5000社が あなたの車の買取価格を 競ってくれるので、 結果的に 値段が吊り上がります!!.

次の

総額はいくら?フォレスター アドバンスの値引きと総価格をシミュレーション

フォレスター アドバンス 燃費

フォレスターとは?アドバンスって? フォレスターはとプラットフォームを共有するで、かつてはインプレッサの特別仕様車として販売されていた「インプレッサ グラベルEX」の後継車種となっています。 初代モデルは1997年に誕生し、現行モデルは2018年にフルモデルチェンジが実施された5代目となっています。 出典: 現行モデルの特徴としては、5代目インプレッサから採用が始まった「スバル グローバル プラットフォーム」がフォレスターにも採用されており、操舵応答性や操縦安定性が大幅に向上しました。 また、エンジンが一新されており2500cc水平対向4気筒エンジンと、フォレスターでは初設定となる2000cc水平対向4エンジンにモーターを組み合わせたである「e-BOXER」が採用された アドバンスというグレードが登場しました。 その為、初代モデルから設定されていた2000ccと2000ccは廃止されています。 安全装備に関しては、先代モデルにも装備されていたver3の機能に加えて、アイサイト・ツーリングアシストを全車に標準装備することで、全車速でハンドル・アクセル・ブレーキを自動制御してドライバーの負担軽減している他、乗車認識技術であるドライバーモニタリングシステムを用意し、居眠り運転を検知するなどドライバーが安全な走行が出来るようにサポートを行います。 スポンサーリンク フォレスター(アドバンス含む)の評価は? スバル フォレスターの口コミ評価(良い点・悪い点)について紹介します。 出典: フォレスター(アドバンス含)の良い評価 スバル最新の安全装備を搭載 フォレスターには衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)であるアイサイトver3の他にも、全車速域でアクセル・ブレーキ・ステアリング操作の自動制御を行う「ツーリングアシスト」を全モデルに標準装備しています。 また、一部グレードにはダッシュボード中央に設置されたマルチファンクションディスプレイにカメラを設置し、ドライバーの脇見運転や居眠り運転を検知すると警告を発する「ドライバーモニタリングシステム」を採用するなど、スバル最新の安全装備を搭載しています。 新型プラットフォームによる優れた走行性能 フォレスターにはスバルが採用を進めている新型プラットフォームが採用されており、従来モデルと比較して大幅に走行安定性や操縦性が向上しています。 フォレスター(アドバンス含)の悪い評価 代わり映えしないエクステリアデザイン フォレスターは先代モデルのキープコンセプトとなっており、エクステリアデザインに大きな変更がありません。 ターボモデルの廃止 初代モデルからフォレスターの大きな特徴であった2000ccターボエンジンの設定が現行モデルから廃止されています。 スポンサーリンク フォレスターがおすすめな人は? スバル フォレスターをおすすめしたい人を紹介します。 出典: 最新の安全装備を備えた車が欲しい人 近年のスバルはアイサイトを中心とした先進の安全技術の採用を進めていますが、現行モデルのフォレスターでは最新バージョンのアイサイトの他にも、アイサイト・ツーリングアシストやドライバーモニタリングシステムを用意するなど、スバルが有している安全装備を満載した車となっています。 その為、最新の安全装備を備えた車を探している人には現行型フォレスターをオススメします。 スバルのハイブリッドモデル(アドバンス)が欲しい人 現行型フォレスターにはスバル車として唯一となるハイブリッドモデルであるアドバンスが設定されています。 このハイブリッドモデルは「e-BOXER」と呼ばれ、旧型に搭載されていたパワーユニットを改良したものとなっていますが、エンジンを搭載していることを主張するかのように回転数が上下するスポーティーなものとなっています。 その為、燃費を追求するハイブリッドモデルではなく運転を楽しさを追求したハイブリッドモデルとなっています。 運転しやすいクロスオーバーSUVが欲しい人 現行型フォレスターは直線基調のエクステリアデザインとなっており、車幅やボンネットの先端が分かりやすくなっています。 その為、運転しやすいクロスオーバーSUVを探している人にはフォレスターをオススメします。 スポンサーリンク フォレスター(アドバンス含む)の口コミは? スバル 新型フォレスターの口コミを紹介します。 フォレスターの良い口コミ1 新しい車を購入するなら安全装備が充実した車にしたいと考えていました。 新型フォレスターなら最新型のアイサイトを中心として、スバルが持っている安全装備が満載されているので、万が一の時の安心感が違います。 フォレスターの良い口コミ2 新型フォレスターはスバル最新のプラットフォームが採用されていることもあり、重心が高く安定性に劣るクロスオーバーSUVでありながらスポーティーカーを運転しているかのような操縦安定性があります。 また、運転している時に感じるのが運転席からの視界の良さで、カーブを曲がる時などに歩行者が見やすい点も気に入っています。 フォレスターの良い口コミ3 最近ではモデルチェンジの度にボディサイズが大きくなる車が多いですが、新型フォレスターはほぼ同サイズを維持していて、大柄過ぎない点が気に入っています。 フォレスターの悪い口コミ1 フォレスターといえば2000ccターボエンジンによる強烈な加速性能と、マニュアルトランスミッションの設定が大きな特徴でしたが、新型フォレスターからは廃止されておりフォレスターの個性が薄まってしまった点が残念です。 フォレスターの悪い口コミ2 新型フォレスターは先代モデルのキープコンセプトで、デザインに大きな変更がなく、中身は一新されているのに新鮮さに欠ける点が気になります。

次の