ベビーカー 防寒。 ベビーカーの防寒グッズ9選!冬の寒さ対策におすすめ

【楽天市場】\レビュー特典あり/【最新モデル】 エルゴ 防寒 ベビーホッパー ウインター マルチプル ダウンカバー メランジチャコール / ネイビー / グレー【抱っこ紐 防寒】【ベビーカー 防寒】【マルチプルダウン カバー】【ダウン90%使用】【即納】:BrilliantBabyブリリアントベビー

ベビーカー 防寒

寒い時期の赤ちゃんとのおでかけは防寒対策が大事! 特にベビーカーでの外出時は、どんな方法で赤ちゃんを寒さから守ってあげたらいいのか、悩みますよね。 ひざ掛けやブランケットをかけてあげる?それとも防寒ケープやカバーのようなものを利用する?筆者(4歳男児ママ)も当時は頭を抱えた覚えがあります。 そこで、ベビーカーの防寒対策についてリサーチしたところ、先輩ママたちが愛用しているベビーカー用の防寒具は、大きく5種類のアイテムに分けられることが分かりました。 各種アイテムのメリット・デメリットを確認&比較して、自分に合ったベビーカー防寒アイテムをみつけましょう! フットマフや多機能ケープなど、おすすめのベビーカー防寒具もご紹介しますfので、ぜひ参考にしてくださいね。 ベビーカーの防寒はカバー系or着せこみ系の2択 ベビーカーの寒さ対策はベビーカーや赤ちゃんにブランケットやケープなどをかける「カバー(覆う)系」か、赤ちゃん自身にアウターなどを着せる「着せこみ系」かに分かれます。 カバー系はブランケット的なものから、多機能ケープ、フットカバーと、かなり種類が豊富。 着せこみ系は主にジャンプスーツなどが人気です。 ベビーカーの防寒で人気のアイテム 世のママたちはどんなアイテムで、ベビーカーの赤ちゃんを寒さから守っているのでしょう?リサーチの結果見えてきた、先輩ママのベビーカー寒さ対策アイテムはこちら! 1. フットマフ 赤ちゃんをすっぽり包み込む(足部分のみをカバーするタイプもあり)、まるで寝袋のような形の防寒具です。 ベビーカーの仕様(A型・B型)によって取り付け出来るもの、出来ないものもあるので、購入の際には確認が必要です。 マルチ(多機能)ケープ マルチケープは抱っこ紐にもベビーカーにも使えるマルチなカバーで、ママからも大変人気が高い防寒グッズです。 抱っこ紐とベビーカーでの2WAY仕様は当たり前、さらに多くの機能性を兼ね備えたケープも多数登場しています。 抱っこ紐やベビーカーのメーカーから出ている専用ケープもありますが、メーカーを問わずに使用できるものもアリ。 ジャンプスーツ トップスとズボンが一体化した、「オールインワン」・「つなぎ」タイプのアウターなら、お腹が出たりする心配もないので冬でも安心。 撥水加工を施したものや、内側がフリースやボアになったもの、ダウンなど、素材によって防寒力に差が出るので、季節や地域・お出掛け時間などを考慮して選ぶのがよさそうです。 ブランケット 限られた期間、限られた季節のみの使用だからこそ、お家にあるもので代用したい!とりあえず、毛布やブランケットで寒さを防ぐというママも少なくはないですよね。 それも全然ありだと思います。 落下やめくれ防止にクリップや留め具があると便利です。 ちなみにブランケットを使って、フットマフやケープを自作してしまうママも意外と多いです。 レインカバー&重ね着 すっぽりとベビーカーを覆ってくれるレインカバーは、風もシャットアウトしてくれるので意外に防寒性も悪くないです。 赤ちゃんに厚手(暖かめ)のアウターを着せたり、ブランケットとのW使いで冬を乗り切るママも。 レインカバーは多くのママがお持ちのアイテムだと思うので、こんな利用方法もありですね。 各ベビーカー防寒アイテムの良いところ・悪いところ一覧 先輩ママたちも使っている防寒具がわかったところで、各アイテムのメリット・デメリットも見てみましょう。 一覧を参考に、自分の性格やライフスタイルにあった防寒具が選べるといいですね。 Rody(ロディ)ベビーカー用ダウンスリーピングバッグ フットマフの中でも人気が高いのがこちら。 実際に筆者も街なかでこのフットマフを使っているママ&ベビーに遭遇したことがありますが、とっても暖かそうでした(グースフェザーとダウン配合なので、暖かくないはずがない!)。 ファスナーが観音開きにパカっと大きく開く点も、乗せおろしの負担が減るのでママにはありがたいポイント。 コレ以外と重要です!• 素材:グースフェザー80%、ダウン20%• 対応ベビーカー:3点式、5点式ベルトでA・B型(マクラーレン、エアバギー使用可)• 洗濯機で丸洗いOK!乾燥機もOK• 参考価格:6,134 円(税込) 2. Air Buggy(エアバギー) ダウンフットマフ ベーシックライン 高級感漂う「 Air Buggy(エアバギー)」のフットマフ。 エアバギー以外の一部ベビーカーでも使用可なので要注目です! 内側はたっぷりやわらかなボアで赤ちゃんを包み込み、中材にはダウンとフェザーを使用。 縦に開くファスナーだけでなく、横に開く足出しファスナーもあるので、足だけ外に出すなんてことも可能(靴が汚れているときや背が伸びてきたときにも便利)。 もちろん 観音開きもOK。 足出しファスナー下にはドローコードも付いているので、赤ちゃんの身長に合わせて、多少の長さ調整も出来ますよ。 機能的!• 素材:(表地)ポリエステル100%(裏地)ポリエステル100%(中材)ダウン70%、フェザー30%• が参考になります。 参考価格: 11,000円 税込 3. NAPOLEX(ナポレックス)ディズニー ベビーカーフットマフ やや角ばったフォルムのフットマフ。 上半身まですっぽり覆うタイプというよりは、やや下半身メインの防寒構造になっています。 ファスナーがセンター開きではなく、サイドからぐるりと開く点も特徴的。 前カバーは取り外しが出来るので、室内に入って暑くなった場合などは、外して様子を見るというママも多いようですよ。 便利! 内側はフリース素材で暖かく、外側は想像以上にしっかりした生地という口コミが複数見られました。 お手頃価格な点も心惹かれますね。 素材:ポリエステル• 対応ベビーカー:3点式、5点式シートベルトのベビーカーに対応しているため、ほとんどのベビーカーで使用可能• 参考価格:3,780円 税込 4. ベビーカー用 着ぐるみフットマフ 人気のキャラクターにすっぽりくるまれる、見た目にも楽しい着ぐるみフットマフ。 雨の日のおでかけに便利な撥水加工が施されています(水洗いで撥水効果がおちるのでご注意を)。 内側はフリース素材で中綿入りなのでポカポカ。 すれ違う人の視線を釘付けにしてしまいそうな、可愛らしいベビーカー防寒具です。 これで2000円でお釣りが来るのはすごい!• 素材:ポリエステル100%• 対応ベビーカー:A型・B型ベビーカー、バギー対応• 参考価格:1,980円 税込 ベビーカー防寒カバー【マルチケープ】おすすめ4選 つづいて人気のマルチケープをピックアップ。 口コミ評価が高いものを厳選してご紹介します。 エルゴベビー社公認 ウインター・マルチプルカバー 楽天で大人気のマルチプルカバーがこちら。 それもそのはず、愛用ママも多い人気の抱っこ紐メーカー「 エルゴベビー社」公認の高機能防寒ケープなのです(エルゴの抱っこ紐はもちろん、他ブランドの抱っこ紐でも使用は可能)。 スナップベルトが付いているので、ベビーカーへの装着も問題なし。 防寒の肝となる生地(素材)ですが、内側には保温力に優れた中空糸ボアを採用。 口コミでも「軽くて暖かい!」「取り付けが簡単!」という声が目立ちました。 仕様:エルゴベビー抱っこ紐(エルゴ以外にも対応)、ベビーカー兼用• 参考価格:8,532 円(税込) 2. まさかの8WAY! ダウンブランマフ 信じられますか?これ、 8通り(!)も使い方がある「抱っこ」&「ベビーカー」カバーなんです。 「ブランケット本体」と「フード」、「バッグ」のセットなので、これらを組み合わせて使用すると以下の使い方が可能に。 ブランケット(ブランケット本体)• フットマフ(ブランケット本体+バッグ)• 抱っこ(ブランケット本体+フード)• おんぶ(ブランケット本体+フード)• おくるみ(ブランケット本体+フード)• スリーピングバッグ(ブランケット本体+フード)• ママバッグ(バッグ)• 横抱っこ(特に使用方法記載なし) ダウン90%、フェザー10%なので軽くて暖か、見た目もとても高級感があります。 そして、内側の赤ちゃんに触れる部分は オーガニックコットン。 細やかな配慮がママには嬉しいですね。 フットマフは長さが調整できるので、赤ちゃんの成長にも対応できますよ。 参考価格:10,998 円(税込) 3. BuddyBuddy(バディバディ)ダウン4wayケープ 2種類の「抱っこ(縦・横)」と「おんぶ」、そしてベビーカーに使うことが出来る4WAYケープ。 正直、マルチケープ界(?)において、抱っことおんぶ、ベビーカーに使用できるのは標準装備になりつつありますが、その中でも筆者がこのケープを選んだのには理由があります。 ケープのセンターに入った切れ目に注目! このセンタースリットがあるおかげで、ベビーカーに使用する際に赤ちゃんの足をくるりんと包み込むことが可能に。 マルチケープはめくりあがりやすい点がネックですが、このように足を包み込んでしまえば、その心配もありません。 防寒性もばっちりです! そしてダウンとフェザーを使用して5000円以下というのは、かなりお買い得。 素材:(表地)ポリエステル100%(裏地)ボアフリース(中わた)ダウン80%、フェザー20%• 参考価格: 4,980円 税込 4. スマートダッカー付き キルティング ママコート(産前産後兼用 ) 「え?ママコート?ベビーカーカバーの話じゃなかったっけ?」そう疑問に思ったママもいらっしゃるかもしれないですね。 こちら「抱っこ紐&ベビーカーカバー」としても使える『ダッカー』が付いた「ママコート」なんです。 ダッカーはファスナーでコートに装着可能。 抱っこ紐、ベビーカーカバーとして使用する際は日本製の強力クリップを使ってセッティング。 ダッカーは赤ちゃんの足をしっかり包み込むポケット型で、裾が袋状になっているので、寒さからしっかりガードします。 生地はやや薄手なので、お住まいのエリアによっては寒く感じる場合も。 などを参考にするのがよさそうです。 素材:カラーによって異なるので詳細は商品ページでご確認ください。 参考価格:11,058円(税込) ベビーカー防寒カバー【ジャンプスーツ】おすすめ3選 「寒さ対策」兼「ベビーの愛らしさを愛でる」のにもってこいのジャンプスーツをご紹介します。 フードにお耳付きなので赤ちゃんのかわいさが一層引き立つデザインです。 注目すべきはあんよ部分。 ちっちゃなあんよもくるんとしっかり包み込んでくれる、あったか仕様になっています。 男の子にも似合うもあり。 素材:(表地)ポリエステル100% (裏地)綿100%• お出かけする日の気温などに応じて、ポリエステルタフタとフリース、どちらの面を表に出して着るか調整できるので便利ですよ。 手元・足元は、くるんと折り返してカバーしてあげる着方もできますし、伸ばして靴を履かせてあげる着こなしもOK。 機能性抜群です。 色違いのはチェック柄で、上品な雰囲気に。 素材:ポリエステル100%• ママ・パパもダッフルコートで決めて、家族でリンクコーデしても楽しそうです。 フード部分やポケット部分にはチェック生地があしらわれていて、さりげないオシャレ感を漂わせています。 肝心の防寒性はというと、内側はあったかモコモコのボア生地。 中綿入りなので保温性も文句なしです。 ただし、今回は単なるブランケットではなく、ベビーカー用に特化したスペシャルなブランケットをお届けします。 COCO WALK ココウォーク シープボアブランケット おくるみ的な使い方をする、赤ちゃんを包み込むタイプのブランケットです。 通常のスクエアタイプのブランケットと違って、足部分をしっかりくるんであげられます(足先もしまってあげられます)。 それにベビーカーやバギーのベルトも留めやすいですね。 ブランケットの弱点である「めくりあげ」、「足バタバタ赤ちゃんの攻撃に弱い」という点もカバーできますよ。 BREEZE ブリーズ らしい元気なカラー&可愛いアニマルモチーフで、冬のお出かけも楽しくなりそうです。 馬のたてがみなども表現されていて、おしゃれで上品な仕上がりになっています。 コンパクトにたためるので持ち歩きにも便利ですし、ギフトとしても喜ばれそう!• 参考価格:3,564円 税込 ベビーカー防寒カバー【レインカバー】おすすめ12選(別記事) ベビーカー用のレインカバーは以下の記事でチェックすることをおすすめ。 「防寒」「防風」機能がすぐれたレインカバーなどを紹介していますよ。 ベストな防寒グッズを見つけて冬のベビーカー外出を乗りきろう! 寒い冬のベビーカー外出を乗りきるために、防寒グッズは必須です! ぜひ「これぞ!」という最強防寒アイテムを見つけて、赤ちゃんを寒さから守ってあげてくださいね。 ママ自身も風邪などひかれぬよう、ぬくぬくにしてお出かけしてくださいね。

次の

ベビーカーの防寒対策はどうする?冬に役立つ防寒グッズをご紹介|mamagirl [ママガール]

ベビーカー 防寒

他社の製品で使ってみました。 2歳を超えても足先まで十分入りました。 だっこ、おんぶ、どちらでも問題なく使えます。 2歳を超えても足先まで十分入りました。 だっこ時に両サイドからハンドウォーマーのポケットに手が入れられてポカポカ ボアになっています。 おんぶ時にフードが外れると、他者に手伝ってもらわないとフードを被せ直す事は容易には出来ません。 おそらくどの製品も同じたと思いますが。 生後6ヶ月の子どもに使用しています。 初めは、フリースのブランケット2枚重ねで対応していましたが、12月下旬から流石に寒そう~。 ベビーカーでお昼寝しちゃうと、体が冷え切っていました。 それから朝・夕方の上の子の送迎の際も、ママコード(中棉のコート)だけでは、だんだん寒くなり、 ママコードの中にこのダウンをはおっています。 赤ちゃんがもちろん、私もあったかいです。 ベビーカー専用のフットマフなども検討しましたが、ベビーカー・抱っこ紐両方で使えるので便利! 外出先でお昼寝した時に使ったり、授乳ケープ代わりにしたりと、色々な用途で使えるので、大活躍しています。 それに、軽いけど、ダウンがしっかり詰まっていてあったかい! 大きさもあるし、ベビー時期が過ぎでも、自転車に乗る時にかけてあげたり、ひざかけにしたりと、長く使えそうです。 買ってよかったです。 1歳の子供に使っています。 ベビーカーはグレコのシティライトRアップです。 5点ベルトにもちゃんと通せてずれ落ちることはありません。 畳む際も装着したまま可能ですが、ちょっともこっとしてしまいますので畳んだ座椅子の谷側にぐっと押し込んでいます。 ベビーカーが黒なので合わせて黒色が欲しかったのですが在庫がないようで、男の子ということもありブルーにしました。 ライトブルーなので女の子でも使えそうです。 隙間風防止カバーはもう少しコンパクトに出来なかったかなぁ?とちょっとだけ不満です。 足元カバーを外せるのは便利です。 成長して伸長が伸びたら外して足を出せます。 これもカバーの紛失予防のために、完全に取り外すのではなくチャックを開けるだけで靴を履いたままの足が出せるようになっていればいいのになと思いますが、とにかくお手頃な価格に満足しています。 洗濯できるのも清潔を保てていいですね。 上の子を自転車でお迎え行くのにベビー用アウターの大量のボタンを一つずつ閉めるが面倒で購入しました。 部屋着のまま抱っこひも、その上に着けるだけなんで簡単で期待通りです。 ネイビーと迷って、ブラックを購入。 黒いゴミ袋に見えちゃうか心配だったけど、よーくみるときじにヘリンボーンの型押しがあって高級感あります。 安っぽいカサカサし音もしません。 縫製も丁寧。 フリースも柔らかくてあったかいです。 ビョルンのone+airに使いました。 サイズはどーんとデカイ。 身長171なのですが腰丈くらいかと思いきや膝と股の中間くらいまできます。 ビョルンだから??それとも下がってくんの?? そのうち見慣れるんでしょうがブラックだし存在感ありすぎの印象です。 保証書的なものが入ってないのでマイナス1です。 ベビー用品は品質大事。 ついてないのはありえない。

次の

冬のベビーカー防寒対策はブランケット?ケープ?おすすめ13商品

ベビーカー 防寒

ベビーカーの防寒対策は大丈夫? 秋も深まると段々と肌寒く感じる日も増え、冬が近づいているのを感じる日も多くなります。 冬場のベビーカーでのお出かけは、寒さで赤ちゃんに風邪をひかせてしまわないか心配ですよね。 体温調節の苦手な赤ちゃんにとって、防寒対策をしてあげることはとても大事です。 その一方で温度調節はしにくいので、赤ちゃんが汗をかいていないかなどをこまめに確認してあげてください。 フットマフにはベビーカーに取り付けるだけでなく、抱っこ紐につけて使用できるものなどもあるので、デザイン・機能ともに自分に合ったものを探してみてくださいね! なおフットマフを選ぶ際には、必ず 使用しているベビーカーに取り付けられるものかを確認しましょう。 なかにはA型ベビーカー専用・B型ベビーカー専用というものもあります。 ベビーカーカバー ベビーカーカバーは防寒だけの用途でなく、 雨風・UV・花粉などの対策もできるので人気です。 ただし視界が狭いものや窓の部分の透明度が低いものだと閉塞感があるためか、赤ちゃんがぐずってしまうことがよくあるので、視界の広いタイプのものがおすすめです。 また、フットマフ同様、ベビーカーカバーもハンドルタイプが対応していない場合もあるので、確認してから購入するようにしましょう。 ベビーカークッション ベビーカーに装着できるクッションで保冷剤がついているタイプのものは、夏は冷やして、冬は湯煎で温めて、1年中赤ちゃんが快適に過ごすことができて便利です。 ただし、大人のカイロでもわかるとおり、温まりすぎて汗をかいてしまうということもあるので、注意してみてあげましょう。 クッションはベビーカーだけでなくチャイルドシートにも装着可能。 取り外して抱っこ紐に装着することもできます。 手洗い可能な素材でできたものだと、清潔に保てるので一層おすすめです。 もこもこベビーカーシート 先に紹介した保冷剤つきのクッションだと温まりすぎて汗をかいてしまうことがあるので、暑がりの子にはふわふわのファーのベビーカーシートがおすすめです。 シートが多少ずれてしまうという短所はありますが、冷えやすいベビーカーの背中部分がふわふわポカポカになるので防寒になります。 チャイルドシートや子どものせ自転車にも取り付け可能なので、ベビーカーを使わなくなっても長く使用できて便利です。 ジャンプスーツ 手足がすっぽりと包まれるジャンプスーツは手足を自由に動かすことができるので、赤ちゃんがストレスを感じずに寒い日にも公園などで遊ぶことができます。 見た目も可愛いので人気のジャンプスーツですが、防寒対策はバッチリな一方、屋内に入ったときには脱がせてあげるなど気配りが必要です。 ブランケット ブランケットは洗濯を重ねると素材の質感が悪くなるなんてことがありがちですよね。 赤ちゃんに使用するものは清潔さを保つためにも洗濯は必須なので、素材のしっかりとしたものを選ぶようにしましょう。 ベビーカーの幅や長さにあったベビーカー専用のものを購入するのがおすすめです。 ブランケットはお昼寝の際にかけたり、おくるみとしてつかったり、大人のひざかけとして使用することもでき、使い勝手が良いので便利です。 赤ちゃんが動くとずり落ちてしまう煩わしさは、ブランケットクリップを購入すれば解決しますよ。 アフガン アフガンとはおくるみのことです。 ローランでも『』の記事で紹介したとおり、出産祝いのプレゼントとして人気ですが、防寒対策にも活躍してくれます。 着せられるタイプのアフガンだと、ベビーカーにのせるのもラクラクで便利です。 ただし月齢によってサイズが違うので購入の際には注意しましょう。

次の