終末 の ワルキューレ 最新 話 ネタバレ。 終末のワルキューレ【第35話】最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

終末のワルキューレ1巻あらすじと感想を徹底考察【ネタバレ含む】

終末 の ワルキューレ 最新 話 ネタバレ

終末のワルキューレ【第30話】のネタバレ ジャックがワイヤーを使って建物を登っていくと、ヘラクレスはジャックを叩き落とそうとします。 落ちたジャックが鉄柵の先端に突き刺さると、無理やり鉄柵を引きぬいたジャック。 ヘラクレスはジャックに逃げ場はないと言うと、ジャックはマントを武器にします。 建物を倒してヘラクレスにぶつけたジャック。 すると、瓦礫の中から出て来たヘラクレス。 ジャックはヘラクレスの色を見て、母親は偽物だったと思います。 ヘラクレスを自分の思い通りに染めたいと妖し笑うジャックの挑発をヘラクレスは真っ直ぐに受け止めるのでした。 アンの願い その子供は誰にも愛してもらえていなくて、教わることもなかったと。 アンは 部屋中に残された血の跡に驚き、 本と酒を残すと肩を落として部屋から出て行きながら、 せめて、神には愛してもらいたいと願ったのでした。 終わりが近づくヘラクレスとジャックの戦い まっすぐに 強い光を宿した眼で自分を 染めるように言うヘラクレス。 脇を押さえながら立ち上がったジャックは、 ふたりで一番のフィナーレを飾ろうと言います。 苦難には負けない闘う神のヘラクレスと、 霧の何人もの命を奪う鬼のジャック・ザ・リッパー。 命を懸けた光と影の対決に 終わりが近づいてきているのには、 観客の神たちと人間たちの目から見ても明らかでした。 皆が見守る中、じっと睨み合っていたヘラクレスとジャック。 ヘラクレスが 一歩前に進むと、 ジャック・ザ・リッパーの方も落ちていた手ごろな瓦礫を武器と盾として手に持ち、 今回の試合が始まってから初めて一歩前に進みます。 ヘラクレスとジャック、 接近するとそのまま戦い始めます。 ヘラクレスはこぶしをジャックは武器を振りきり、何度も打ちあいます。 予期しなかったそんな戦い方に、観客の神たちも人間たちも言葉をなくしてしまいます。 何度も何度もうちあうヘラクレスとジャックの凄まじい戦いが繰り広げられます。 ヘラクレスが片腕で戦っていたことで、 何とか互角に戦えていたのでした。 ヘラクレスのこぶしがジャックの腹部に入ると、ジャックはそのまま後ろに吹き飛ばされてしまいます。 吹き飛ばされてたおれたジャックは荒い息のままゆっくりと立ち上がります。 ジャックがまだ立ち上がったことに観客の神たちと人間たちは驚いてしまいます。 時間が迫るヘラクレスとジャックの戦い トールも立ち上がったままヘラクレスとジャックの戦いを歯ぎしりをしながら見守っていました。 こぶしを構えて立っていたヘラクレスに向かって、 時間が迫っているから、ジャックを早くたおすように怒鳴るのでした。 殴りかかってきたヘラクレスのこぶしを避けていくジャック。 そんなジャックの行動を見たトールは、 時間を稼いでいるのかと臆病者だと怒るのでした。 しかし、戦いを見ていたロキは、ジャックのおなかから出ている 血の量から、 ジャックに残された時間もあと少しだと言います。 ロキはそれなのに 時間を稼ごうとしているようなジャックの行動に、 それなら 近付くような戦い方はしないはずだと。 ロキは ジャックの狙いが何か疑うようにモニターを見つめていました。 ジャックの狙い 何度も何度も殴りかかってくるヘラクレスのこぶしを避けていくジャック。 位置と間の両方もベストだと、ジャックは手を伸ばすとシャツの袖口からとんがった鉄が出て来ます。 それが 暗器かとロキは驚きます。 ジャックはヘラクレスの右の脇の下のヘラクレスが 見にくい位置から、 体を少し降ろしながらヘラクレスの頭を狙うジャック。 しかし、鉄の先端は ヘラクレスの頬をかすめただけでした。 ジャックの顔に当てたこぶしを力一杯ジャックの顔を殴るように振り抜いたヘラクレス。 ジャックはまた、吹き飛ばされてしまいます。 その様子に実況も 裏拳が入ったと叫ぶのでした。 ロキはジャックが隠し持っていたのは、ジャックのお腹に刺さった鉄柵を袖の中に入れていたことに呆れます。 ジャックを気遣う女の存在 白目でたおれているジャックにダメだったことを残念がるロキ。 モニターで見ていた人間たちも ジャックの終わりかと。 男が人の命を奪ってきたような男はその程度だと。 人間の希望には最初から無理だったと。 酒を飲んでいたアンが、愚痴っていた男に 自分で神さまと戦えと言うと、 酔ったアンは 「あの子」はひとりで戦っているのだとモニターを見上げます。 アン文句を言うと、アンも言い返すのでした。 すると、観客の一人が静かにするように言って、 何かが聞こえてくると怒鳴ります。 ジャックの異変 すると、たおれていたジャックは ロンドン橋が落ちたという歌を歌い始めます。 その光景に驚いてしまう観客たち。 折れた鉄柵を杖にして 立ち上がったジャック。 ジャックが立ち上がったことに観客たちももりあがります。 ジャックは夜空を見上げて軽く手を広げます。 私の愛する人と口にしたジャックはフラフラと歩きだします。 そのジャックの様子からジャック異変に気が付くのでした。 >>漫画終末のワルキューレ全対戦結果のネタバレ考察予想はこちら! 終末のワルキューレの単行本をすぐに無料で読む 以上、終末のワルキューレ【第30話】のネタバレをご紹介しましたが、やっぱり絵があって最新話を読んだ方が面白さは全然違ってきますよ。 U-NEXTを使えば終末のワルキューレの単行本を今すぐ無料で読むことができます。 終末のワルキューレを絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください! 31日間無料お試し期間がありますし、登録直後に600ポイントもらえますので。 また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください! 終末のワルキューレ【第30話】の感想と考察 ヘラクレスとジャックの戦いもいよいよ終わりが近づいていました。 もうどちらも大きな技は使えないってかんじですね。 観客も神たちも目を離せないってかんじで、見ていますね。 ジャックが子供時代に出会ったアンも出てきて、唯一ちゃんとジャックの味方なようですね。 そして、立ち上がったジャックの様子が変です。 戦いもいよいよでこのあとどうなるのか気になります。 次回も楽しみです。 次回の終末のワルキューレ【第31話】に続きます。 まとめ 以上、終末のワルキューレ【第30話】のネタバレ・感想を紹介しました。 漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。 無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!.

次の

ハイキュー!!【396話】最新話ネタバレ確定&感想|繋げ!ロメロの叫び

終末 の ワルキューレ 最新 話 ネタバレ

佐々木小次郎VSポセイドン、ついに決着!天下最強の剣士VS天上最強の槍使いの闘いの行方は!?さらに第四回戦開戦!人類最悪の殺人鬼「ジャック・ザ・リッパー」VS鋼の勇者「ヘラクレス」!正義と悪の頂上決戦を見逃すな!! 目次 第19話 燕が見た深淵(月間コミックゼノン9月号) 第20話 正義vs悪 第21話 紳士の条件 第19話 燕が見た深淵 戦乙女フリストは『震える者』と『脅かす者』の二つのチカラが同居する唯一のワルキューレ。 佐々木小次郎はこれまで戦ってきた歴戦の剣豪たちの剣術を完全に模倣してポセイドンに対抗する。 武蔵の二天一流や富田流の小太刀。 柳生新陰流の水の如き足さばきや一刀流の破壊力。 ポセイドンに少しずつ攻撃がヒットしてくる。 武蔵は真似や模倣ではなく小次郎の魂に剣豪が宿っていると話す。 海のゼウスと畏怖されるポセイドンが傷だらけに。 ついに成るか神殺し! 人類側が神殺しに期待を持つ中、不気味な笑みとともに「驕りが過ぎる」とポセイドンが本気を出す!神速のトライデントが小次郎に当たる。 小細工なしの力勝負。 小次郎は千手無双を繰り出すが、来るとわかっていても躱しきれない。 ポセイドンの必殺技『四十日四十夜の大洪水(メデューサ・アロペ・デーメテール)』が小次郎を襲う。 地球全土を飲み込む大洪水のごとき突きの嵐が一気に形勢を逆転させる。 残像がまるでドームの様に広がる。 ドームの中で荒れ狂うのは斬撃の嵐。 小次郎は(ここまでか…)と諦めかけるが、人類側の応援が小次郎を奮い立たせる。 剣に生きる者たちは本能で『佐々木小次郎の本領はここからだと』知っていた。 そしてついに暗い海の深淵の底へ人類の切っ先が届いた瞬間、小次郎の能力『千手無双』が進化し、神羅万象すら読む『萬手無双』が発動。 ポセイドンの超神速の攻撃を満身創痍の小次郎がゆっくり躱す。 数万手先までポセイドンの動きを読んでいる小次郎に攻撃は全く当たらない。 ポセイドンの懐まで掻い潜った小次郎は二天岩流奥義『双燕斬虎万刃撩乱(そうえんざんこばんじんりょうらん)』でポセイドンの右腕を斬り飛ばす。 無表情のまま斬られた右腕を左腕で受けとめ、左腕で攻撃するが小次郎は左腕も斬り飛ばす。 なおもポセイドンはトライデントを口で受けとめ諦めないが、小次郎が胴を真っ二つに斬りトドメを刺す。 人類初の勝者は、最強の敗者だった!!!! 第20話 正義vs悪 人類側の1勝2敗で迎える第四回戦が始まる前に神々が集まり、ついに神々も人類が強いことを認める。 ゼウスが「ギリシャの借りはギリシャに返させてくれんかのう?」と言って自信をもって選ぶ神とは… 闘技場内の回廊を歩いているブリュンヒルデの前にギリシア神話の英雄ヘラクレスが現れ次に出場するのは自分だと宣言する。 北欧とギリシャとはいえ、お互い半神半人のためヘラクレスを「お兄様」と呼ぶほど二人は仲が良い。 人類の終末に本心では反対しているヘラクレスは、神代表の一人として完膚なきまでに勝つと言いながらも、その上で人類救済を申し出るのが狙い。 ロキからは「相変わらずどっちの味方なのかわからない」と言われると「いつも正しい者の味方だ」と話す。 次の対戦相手を事前に知りうることができブリュンヒルデは内心ほくそ笑む。 そしてヘラクレスの対戦相手だけは最初から決めていたと言い、誰なのか聞くゲルに対して「クソ中のクソのゲボカス野郎」と嫌悪感を露にしてまで選ぶ人間とは…。 舞台はこれまでで最大の規模となり、再現されたのは19世紀イギリスロンドン。 ここで引き離されたくない人類側は百年前のイギリスを震撼させた殺人鬼ジャック・ザ・リッパーを選ぶ! イギリス史上最悪の連続殺人犯の素顔が晒される。 神側はギリシア神話の英雄ヘラクレスが登場! 第21話 紳士の条件 観客席には『シャーロック・ホームズ』シリーズ作者のアーサー・コナン・ドイルがジャックを複雑な心境で見つめる。 ジャックは神器錬成として鋭利で巨大な大バサミを振り回す。 試合開始直後、ジャックがいきなり敵前逃亡。 驚きながらも追いかけたヘラクレスが見たのは紅茶の時間(ティータイム)を楽しむジャックだった。 接近するジャックの目の前にはピアノ線のような罠が張られており、「くだらん!」と外すと周囲から一斉にナイフがヘラクレスを襲う! 二重三重に張られた罠だが、人器(人が作った道具)ではヘラクレスの強靭な肉体をかすり傷一つつけることはできない。 またしても敵前逃亡するジャック。 追いかけてきたヘラクレスの棍棒を大バサミで受けとめるが、粉々に粉砕されてしまう! 壁際に追い詰められたジャックは苦し紛れにナイフ(人器)を投げる!先程と同じように弾くかと思われたが、ナイフは深々とヘラクレスに刺さった!? 巨大な大バサミが神器だと言ったのはジャックの嘘。 本物は腰につけている『神器を創出する袋』そのものだった。 卑怯な手を使うジャックにゲルは「なぜ、あんな奴を選んだのか?」とブリュンヒルデに質問すると「人間が唯一神に勝っているのは『悪意』だ」と答える。 ジャックの底知れぬ悪意が善なる最強神を穿つと信じる。 ***感想・評価・考察***.

次の

ハイキュー!!【396話】最新話ネタバレ確定&感想|繋げ!ロメロの叫び

終末 の ワルキューレ 最新 話 ネタバレ

『終末のワルキューレ』前話 28 話のあらすじは・・・ ヘラクレスは最後の御業でケルベロスと融合して肉体を強化。 ジャックと猛攻し合う。 途中でジャックの策で神器化した建物の崩壊に巻き込まれるも、難なく生還。 そしてとうとうヘラクレスとジャックの決着が始まる…。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 アンは血だらけになった部屋を見て、神様くらいはあの子を愛して欲しいと願った。 両雄は向き合う。 「2人で、最高の終幕に致しましょう」 そう、この戦いに幕引きが近づいているのは誰の目にも明らかだ。 ヘラクレスとジャックは互いに全身。 互いに互角だが、この激しい肉弾戦はヘラクレスの片腕が無い事で辛うじて均衡が保たれていた。 終わりは確実に近づいていたのだ。 ジャックの不意打ち ヘラクレスの紋章は全身に広がり、このままでは時間がない。 にも関わらず、ジャックは今度は避けてばかりだ。 時間稼ぎか…? そう漏らすアレスだが、ロキは違うと言う。 ジャックの出血量では彼の時間も残り僅かなのだ。 時間稼ぎをしたいだけなら接近戦はそもそもしないはず。 ロキはジャックが何を狙っているのか気になる。 ……ジャックが狙っていたのはタイミング。 片腕一本のヘラクレスは殴る際に隙が生まれる。 当たるか…!? 否、紙一重でヘラクレスに躱され、逆にカウンターの拳を喰らう。 それはジャックの顔面にめり込み、ジャックは10メートル近く吹っ飛ばされる。 完全に策も費え、白目を剥いて倒れるジャック。 これで終わりか…。 観客たちは所詮ただのさつ人鬼だから……と侮蔑の言葉を送る。 だが一人だけジャックの擁護に付く者が………アンだ。 アンは彼が自分たちには出来ない、『たった独りで神に立ち向かう』という勇気ある戦いをしていると言う。 ……と、何か聞こえる。 ジャックの『ロンドン橋落ちた』の歌い声だ。 そして…なんと立ち上がった!! ただしフラフラだが。 ヘラクレスはそんな彼の姿勢を「強いな……」と賞賛。 ジャックは歌いながらヘラクレスに向かっていく。 かつてそれはまだ幼く、街を明るい笑顔で歩いていたジャックを思い出させる…。 ヘラクレスの目の前まで来る。 勝負ありだ。 ジャックは倒れるが、ヘラクレスは心の中で彼を賞賛。 お前は本当によくやった。 技名は『Dear GOD』。 ヘラクレスに捧げるための技だ。 最後にしてやられた。 実はジャックの手袋には自分の血を塗り込んであり、それを神器化したのである。 しかし、ヘラクレスは致命傷を負わされているにも関わらず、その希望の感情に一転の曇りもない。 ジャックはその面では自分の敗北を認める。 最期にヘラクレスはジャックを抱擁。 いついかなる時も、人間を愛しているのだと…。 そしてヘラクレスの肉体は崩壊を始める。 殴る力は失ったが、抱きしめる力は残っていたのだ。 怒鳴った事をヒルデに詫びつつ、後の事は任せると言って、彼は散っていった………。 最後に残されたジャックは呟く。 最後の意地と策でジャックが勝利したようです。 そういえば、前話の感想で『ジャックが神器の手袋でジャックに触れたが何かのフラグでは』と記述しましたね。 それ自体は外れましたが、『素手でヘラクレスを殴れば済む話』という記述のフラグは回収されたようです。 そして残念ながら『ヘラクレスの勝利』という予想は外れました。 しかし、それでも見ていて気持ちのいい最後だったと思います。 (ついでにヘラクレスの勝利より確実に人類存続への道が近づきました) これで【人類2vs2神】と同点になりました。 次の試合は誰と誰が戦うのでしょうか…? 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 をお送りしました。 漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】 まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の