沖 ドキ トロピカル モード 移行。 沖ドキトロピカル モード移行率完全解析【設定判別考察付き】

モード移行抽選:沖ドキ!

沖 ドキ トロピカル モード 移行

・はじめに。 私は沖ドキは打つ。 もちろんメインではないが全く打たないのではない。 専業で沖ドキを打つのはあまりいないと思う。 沖ドキは時間効率が悪いという意見があるがそれは本当なのだろうか? 沖ドキは環境や状況にはよるが十分に勝てる台ではある。 理由については以下説明する。 天国に入ればボーナスの連荘が32ゲーム以内に期待できるというゲーム性。 モードAからはモードBに上がりやすく、モードBからは天国に上がりやすい。 モードAから天国もあるが10パーセント程度。 天国の連荘後はまたモードAからスタートするということになる。 ここでのポイントは天国に行くまでモードが下がらないということだ。 つまりモードBからモードAにはいかないということ。 今、どこのモードにいるかの判断が難しく、モードBを捨ててしまうのがもったいないため、止めにくくなるということが、沖ドキの難しい部分。 ここが沖ドキの魅力でもあるし、毛嫌いする人はする部分である。 ビッグであれば200枚程度、レギュラーであれば90枚程度。 通常はビッグ対レギュラーが6:4の割合だが、天国以上であれば7:3となる。 継続率には設定差があり、偶数なら65パー、奇数なら75パーで連荘する。 さらに、ドキドキモードと超ドキドキモードが存在する。 ドキドキであれば80パーループ、超ドキドキであれば90パーでループする。 沖ドキは基本的に初期の継続率のみで出玉を増やすというタイプの台。 パチンコのような感覚に近い。 継続率とボーナスの枚数から、天国であったとしても1000~2000枚程度の出玉が作りやすい。 天国以上であればさらに出玉は期待できる。 平均的にみて、一回の天国での出玉は750枚。 バジリスク絆は520枚程度 凱旋では850枚程度。 そう考えれば、1回当たりの天国での期待枚数は多い方の機種と考えられる。 2)ボーナス中の設定差が基本的にない また、ボーナス中の設定差が偶奇の継続率の差くらいしかない。 厳密にいえば、ボーナス中と天国32ゲーム内のチェリーとスイカの解除率に差がある。 このため高設定の方がフリーズしやすい。 ナビ回数とか絆でいえば絆高確のテーブルが冷遇されているとかいうことはない。 3)起爆するトリガーが現実的である 天国以上のドキドキ、超ドキドキに現実的にいく。 モードAからの当たりは1パー程度、確定チェリー確定役で5パー程度、中段チェリーで25パー程度、ドキドキモードに移行する。 ポイントは、モードBで当たった時である。 モードBからであれば、通常の当たり方でも、奇数であれば8~10パー、偶数であれば8パー程度、スイカで当たれば15~20パー程度、確定役確定チェリーであれば25パーでドキドキモードに移行する。 確定役は8192分の1、スイカは3~5パーで解除する。 これらは十分に現実的な数字であるといえる。 ドキドキに入れば2000から3000枚程度はざらに出る。 さらに超ドキドキモードがある。 これは、中段チェリー 約32000分の1 の2分の1、確定役解除の5パー、スイカ解除の1パーなど。 低設定でも誤爆が狙えるような台である。 起爆するトリガーが現実的である。 特に、専業では沖ドキを全く打たないという人は多い。 その理由としては、 1)コインもちが悪い 沖ドキはコインもちが非常に悪い。 凱旋以下である。 唯一設定差がある共通ベルが低設定だと少ないため、低設定はさらに回らない。 天井狙いするにも非常にリスクが高いからである。 同じリスクをかけるのであれば凱旋などで勝負した方が効率がいいという考え。 2)モードがわからない 沖ドキはモードBから天国への移行を狙うという台。 モードAからは基本的に10パー程度でしか天国に移行しない。 このため、モードBにピンポイントに絞ってそこだけを狙い撃つという形にしたいが、何スルーしていようがモードBであるという確証がない。 モード監禁型の台であるが、マドまぎやサラ番のようにゾーンがあるタイプのものではないため、当たったゲーム数から判断することもできない。 同じようにモードがあるバジ絆と比べても、テーブルがあるわけではないため当たり方などからモードBを外見から判断することができない。 これらのことからモードBを狙って打つことができないため、ハイエナに不向きであるとする考え方。 3)設定狙いが不向きである 沖ドキは設定で出すというよりは一撃で出す部類の台。 設定看破のポイントがボーナス確率と共通ベルの確立、スイカやチェリーでの解除率やモード移行率である。 しかし、共通ベルを見るためにはかなり打たないといけないし、共通ベルのみで判別することは現実的に厳しい。 ボーナス確率で判断するのがまだ現実的ではあるが、沖ドキはここの確率が暴れやすいことで有名。 コインもちが悪いため、判別するために回すということをやるだけで、数万円は軽く負けてしまう。 設定看破にリスクが高い台である。 機械割りも低く、高設定でのメリットが低い。 このため設定狙いをするということであれば、高設定が狙いやすく設定の入りやすい機種、バジリスク絆や番長3や鏡などやジャグラーを狙った方が効率的であるとする考え。 ・沖ドキを打たない人の意見をまとめると 沖ドキはコインもちが悪く、天井までのリスクが高い台。 そのリスクを冒してまで打つなら凱旋などで勝負した方が効率的である。 モードがわかりにくいためハイエナにも不向きである。 機械割りの低さから設定狙いには不向きの台である。 チャンスモードに移行した場合、ボーナス確率が合算で65分の1~85分の1に変わる。 天井が200ゲームになる。 チャンスモード後は15パー程度で天国以上に移行する。 そして、チャンスモード後天国に行かなかった場合はモードBにしか飛ばないという特徴がある。 このためチャンスモードを狙うことが有効ではある。 チャンスモードはボーナス確率の関係上、比較的早いゲーム数で当たりやすい。 このため、50ゲーム以内で当たることが多い。 朝一50ゲーム程度をカニ歩いて打って行って、チャンスモードを探すというやり方がある。 しかし、これは有効な方法とはいいがたい。 理由としては、 1)リセットであるという確証がない リセットをかけた後でないとチャンスモードにいかない。 このため据え置かれた場合は狙うこと自体が不可能。 仮に、50ゲームで当たったとしてもそれがチャンスモードでの当たりなのか、通常で前日の据え置きからの当たりなのか確実に判断することはできない。 それが極端に早い1ゲームや数ゲームの当たりだとしても同様である。 沖ドキの合算ボーナス確率は200分の1程度なので早い当たりも可能性としては全然ある。 2)確率的な問題 リセット後のモードの振り分け モードAが約57パー 33パーでチャンスモード 残り約10パー程度がモードB つまり半分以上、約60パー近くがモードAからスタートすることになる。 モードAからは当たっても天国に行きにくいためそこを打つとなると期待値がマイナスになる。 という考え。 3)さらに初当たりを取っていく必要がある 仮にチャンスモードで当たった場合にそこで天国に飛ばすというよりは、モードBを経由してそこで当てて天国に飛ばすのが現実的である。 低設定であれば沖ドキは500ゲームハマることもざらにある。 ここで2万以上の投資をする必要があるため危険となる。 ・沖ドキのチャンスモード狙いのリスクについてのまとめ 沖ドキはリセット後チャンスモードに移行するが、リセット後でないと行かない。 リセットでない場合はリスクになる。 リセットだとしてもその確率は3分の1程度しかない。 そのためモードAを打つ可能性の方が高い。 チャンスモードで当たったとしても次のあたりまで自力で追っていくのはコインもちの悪さからリスクになる。 2)スルーを重ねている台を打つ、天国へ上がるまで打ち続ける 天国以降をしていない台を狙って打つということ。 スルー狙いをしている人は一時期に減ったがいるにはいる。 沖ドキではモードAからモードBへ奇数であれば25パー 設定差なく奇数なら一律 、偶数であれば36パー程度 設定差あり で移行する。 このため、天国へ移行していない、天国へのスルーを重ねている台を打てば、モードBの滞在率が高く、天国へ移行させやすい。 とする考え。 しかし、この考え方は間違えていると考える。 理由としては、 1)奇数である可能性が高くなる。 奇数であれば25パーでしか基本的にモードBへ移行しない。 逆を言えば65パーでモードAがループするということになる。 モードAからモードBへ約25パー天国へ約10パードキドキへ数パー 65パーであれば、別に10スルーしていても不思議ではないだろう。 モードBから打ったとしても50パーでしか天国に飛ばない。 50パーであればそこでスルーを重ねる可能性も十分ある。 2)低設定の可能性がます 偶数であったとしても、モードBへの移行率に設定差がある。 このため何スルーもしているような台は設定2の可能性が高くなる。 低設定であれば、ボーナス確率が低いため、ハマりやすくなる。 沖ドキのコインもちの悪さから低設定を打ち続けるのはリスクが高い。 3)モードBの滞在率 モードBで当たった場合天国に移行する可能性の方が高い。 スロットでは薄い可能性については考慮しない方がいい。 薄い可能性の方まで考慮してしまうと、収取が付かなくなる。 つまりスルーを重ねているということはモードAがループしているという考え。 モードBスタートや引き戻しからモードBというモード移行があるが、スルーを重ねているということは最初にモードBスタートでないと考える。 このため、仮に3スルーしていたとしても、 BBBというような移行ではなく、AAAかAABの二択であると考える。 つまり何スルーしていてもモードBの確率は2分の1程度。 引き戻しからの移行については後術する。 スルー回数を狙うということはさほどモードBをピンポイントで狙うことに有効ではないという考え。 ・沖ドキのスルー狙いについてのリスクのまとめ 沖ドキは奇数であればモードBへの移行率が25パーしかなく、モードBから天国も50パー程度しかない。 このため10スルー程度であれば現実的にするためそれを追うのはリスクが高い。 偶数であったとしても設定差のある部分なのでスルーを重ねている台は低設定である可能性が高い。 モードBの滞在率からどこから打っても2分の1程度の確立でしかない。 沖ドキは食える台とは言わないが、勝てる台ではある。 その具体的な狙い方について。 1)朝2狙い 上記のチャンスモード後のモードB狙いの応用。 他者にチャンスモードを当てさせてその後のみを1回のみ打つというもの。 具体的な打ち方は ・朝一の初当たりが200ゲーム以内で当たっていて、その後当たりがない台。 朝一の初当たりはなるべく早いものが良い。 目安としては50ゲーム以内。 そういう当たり方をしている台でなおかつなるべくはまっている台があれば、打ち始めて1回当たりを引いてそこで天国に飛んでも飛ばなくても32ゲームで止める。 例、朝一35ゲームで当たりそのあと600ゲームはまっている台。 ここでのポイントは、 1)チャンスモードでの当たりでない可能性もある。 早い当たりだといってチャンスモードのものでない可能性も十分ある。 ジャグラーはチャンスモードというものが存在しないが、朝一の当たりは比較的早いものが多い。 オカルトではあるが、スロットやパチンコは朝一リセットや電源オンオフした後は早く当たりやすいものである。 このため、モードAの可能性も考慮して1回のみ打つということを推奨。 ここで同時点滅がでればモードB確定のため、天国に上がるまで打ち続ける。 高速やスロー点滅、スイカで当たりの場合は次回まで1回のみ追う 2)なるべくハマりの台を打つ 設定がまだ不明な段階である。 このため低設定の打ち変えの可能性も十分にある。 チャンスモード後だと判断しても、浅いゲーム数から打ち始めた場合、リスクになる。 そこではまってしまった場合天国に入ったとしてもマイナスになる可能性が高い。 設定面やモードAの可能性も考えたなるべくはまっている台で投資を抑える。 例えば、前日3スルーで閉店している台で、当日朝一30ゲームで当たったとする。 当日の30ゲームの当たりがチャンスモードであれば、モードB確定 据え置きだとしても4スルーから打つことになるのでモードBの可能性が上がる。 どちらを狙うべきか。 狙いべきかどうか。 理由としてはスルーするほど最初にモードBだった可能性が減るからである。 こういう台であれば特に浅いゲーム数から狙うのは危険である。 ・朝2狙いのまとめ 朝一50ゲーム程度を目安に早いゲーム数で当たっている台はチャンスモードで当たった可能性が高い。 このためモードBを打てる可能性が高いためねらい目となる。 しかし、はまる可能性もあるため、なるべくハマっている台から打って投資を抑える必要がある。 モードAで当たった可能性も考慮して1回のみ当てて止める。 2)引き戻し後狙い 天国やドキドキの後、引き戻しというモードに移行する。 モード移行率は、奇数で8パー、偶数で17パー程度。 ドキドキであれば保障モードを経由して引き戻しにいくのが20パー程度ある。 引き戻しで当たった場合、奇数なら33パー、偶数なら50パーでモードBに移行する。 ここがねらい目となる。 スルー狙いはする人が多いが引き戻し後は狙う人が少ない。 パッと見は1スルーであるため放置されることが多い。 深いハマりの台も落ちている可能性がある。 具体的に言えば、天国での連荘が終わった後、33-80ゲーム目安で当たっているような台。 実は、引き戻しはビッグで当たっているものの方がモードBへの移行率が高い 通常の当たりで言えばレギュラーの方が若干モードB以降率が高い ・例 天国連荘後、35ゲームで当たりその後600ゲームハマっている台。 もちろんいかに早いゲーム数であれど、通常での当たりの可能性もあるし、 天国のあたりの中に引き戻しが含まれている可能性がある。 設定1の場合、 通常のボーナス合算が240分の1、引き戻し中は102分の1。 32ゲーム内に当たる可能性もある。 例、天国最後のあたりが30ゲームだったとしてその30ゲームが引き戻しの可能性もある。 極端なことを言えば、10ゲームでも2ゲームでもその可能性がある。 また、天国後に4パー程度でモードBからスタートする可能性もある。 1スルーであればモードBスタートも一応フォローする形にはなる。 ・引き戻し後狙いのまとめ 連荘後の引き戻し後はモードB移行率が高い。 そのため、引き戻しの後を狙うのはスルーを重ねている台を狙うよりもモードBを狙いやすいともいえる。 しかし1スルー目が引き戻しかどうか判断するのが難しいという欠点もある。 このためなるべくハマっている台から打ってリスクを抑える。 3)ハマり台狙い これらは単体というよりはチャンスモード後や引き戻し後などと組み合わせることでさらに有効になる。 具体的なねらい目としては、2スルー以上で650ゲーム。 0スルーか引き戻し以外の1スルーであれば700程度。 650ゲームや700くらいあれば比較的安全に狙っていけるが、現実的になかなかそれくらいのハマりの台は落ちていない。 このため、ある程度は妥協する必要がある。 スルー回数によって多少あがる。 何度も当たりを取るということであれば、リスクの方がリターンよりも高い。 だから1台を打ち続けるということは限界効用的に間違いである。 3スルーしていようが10スルーしていようが1回で飛ばなければ止めるのが正しい判断。 なぜかといえば、自分が打ち始めた時にモードBでなかったと考えるからである。 モードB=天国に飛ぶ。 天国に飛ばなければモードBを打てなかったと考える。 もちろん自分の当たりによってモードBに移行した可能性もあるが、それは25パーか36パーしかない。 薄い方を引いたと考えた方が後腐れない。 天国に自力で飛ばすというよりはハマり台を拾って天国に飛べばラッキー。 飛ばなければやめて、次のハマり台を狙うのが賢い立ち回り。 極端なことを言えば、 どこから打っても50パーセントでしか天国に飛ばないと考え、それであれば少しでもリスクを抑えるためにハマり台を優先して狙うと考える。 ハマり台を打ってそこで飛ばなければ止める。 そうではなく、さらに上がるまで打つとなれば0ゲームから打たないとけない 32ゲームから打つのでではなく、0ゲームの時点で天国に移行していないのを32ゲーム分打たされたということになる。 自分が打って飛ばなかったのであれば次に天国に飛ぶ可能性としては、偶数であっても36パーを引いてさらに63パーを引くというもの。 そう考えるとスルー回数に固執する必要はなくなる。 朝一のチャンスモードの後を狙うというもの。 チャンスモード後であればモードBが確定するためその後を狙っていく。 モードAで当たった可能性もあるためリスクを抑えるためにハマり台を狙う。 ハマりのゲーム数は650くらいを目安にして妥協しても400代。 朝2でスルーしている台があったとしても基本狙わない方が無難。 狙うとしたら650ゲーム程度から。 朝2の後3スルー4スルーしている台があったとしても同様。 2)引き戻し後狙い 天国の後の引き戻しはモードBの移行率が高い。 通常のあたり方だと、奇数なら25パー、偶数なら36パー程度しかモードBに移行しないが、引き戻しの後だと奇数なら33パー、偶数なら50パー程度モードBに移行する。 ここがねらい目となる。 しかし、天国後なるべく早く当たっている台を狙ったとしても、引き戻しで当たったかどうかは確定しないし、天国中に引き戻しで当たっている可能性もある。 ハマり台と合わせて考えることでリスクを軽減できる。 沖ドキのコインもちの悪さや低設定を打つ場合のボーナス確率からリスクが高い。 そのため、一回当たりを取って飛ばなければ止めるという打ち方が基本になる。 朝2や引き戻し後からモードBを狙って当たりを取っていくが、浅いゲーム数からだと、リスクが高い。 このため600を目安にして打ち始めるゲーム数を考慮する必要がある。 そのため専業が特に狙ってはこない可能性が高い。 ここがポイントになる。 甘い台が落ちていることが多い。 沖ドキは台の性質から打ち続けることを強いられることが多いため、一般的な打ち手であれば、止めずにある程度のゲーム数を自ら打ったり、つっぱしたりという打ち方をしてくれるため、思わぬゲーム数で止めてくれることが多い。 バジリスク絆や凱旋や聖闘士星矢などであればイベントや一般の営業日でもライバルの多い台である。 しかし沖ドキは張り付いて狙ってくるような専業はほとんどいない。 専業が狙わない=打ち手が一般客である。 このことがプラスになる。 2)設定が甘く使われることもある ホールによって沖ドキの扱いが異なるのが特徴である。 具体的に言えば、奇数ベースか偶数ベースかということがホールによって大きな違いがある。 ここで狙うのは偶数をベースとしているホールである。 奇数の方が75パーでループするためよさそうに見えるが実はそうではない。 奇数であればモードBからでも天国移行が50パーになってしまうのでリスクが高い。 偶数であれば天国に行きやすいということに加えて、最大の狙いとしては、モードB滞在からのドキドキモード以上を狙うということ。 そのためモードBに行きやすい偶数の方が有利であると考える。 設定が入れやすいというのも特徴の一つ。 設定を入れてもそこまで露骨にわからないのと、バジリスク絆のような台に設定を入れるよりも店側のリスクが少ない。 設定変更をしてくるようであれば、朝2を狙う機会も増える 3)ライトユーザーが多い。 一般客が多いのが特徴の台。 理由は台の出玉スペックというよりは、仕様である。 ジャグラーのような感じで打つ人が多い。 1000円で当たることもあるからだ。 ボーナス絵柄をそろえる必要もない。 連荘するというわかりやすい出方をする。 このため普段AT機を打たないような老人などが打つことが多いのが沖ドキの特徴になっている。 必然的に温い打ち手が多くなる。 4)時間効率の良さ 沖ドキは時間効率が悪いから打たない。 という意見を耳にすることがある。 しかしそれは間違いである。 時間効率が悪いというイメージは、打ち出してから天国に上げるということを前提にしてるからである。 当たって天国に飛ばない場合次当たるまで打ってさらにその次も… こういう打ち方であれば時間がかかるのは当たり前である。 ハマり台を打ち飛ばなければ止めるという方法であれば、時間効率は良い方の台となる。 600ゲームから回せば400ゲーム以内に必ず当たりが来るからだ。 勝てる台か勝てない台かといわれれば勝てると答える。 しかし、食える台かといわれるとハイとは言えない。 安定するようなスペックの台ではないからだ。 しかし、ねらい目をしっかり持つことで打てる台も増えるため、収支をプラスにしていくことは可能な台ではある。 ・一言でいうと 沖ドキは朝2か引き戻し後か2スルー以上の600を目安にして打って32で止めれば、打てる台である。

次の

沖ドキ!トロピカル/完全版!モード移行率解析 通常Aからの天国移行が重要!

沖 ドキ トロピカル モード 移行

通常A・・・基本のモード。 通常B・・通常Aより天国移行率が高い。 チャンス・・・設定変更後にのみ移行振り分けあり、 次回は通常B以上。 引き戻し・・・滞在時は自力当選率がアップ。 保証・・・ドキドキ以上から移行し、 32G以内の連チャンが確定。 天国・・・ 32G以内の連チャン確定。 ドキドキ・・・ 32G以内の連チャンが80%以上のループ。 超ドキドキ・・・ 32G以内の連チャンが約90%でループ。 モードはこの全8種類となっており、基本はモードの転落はなく各モードそれぞれ特定小役からの解除は次回モード移行率が優遇されているといった仕様となっています。 モード別の概要を把握したら次はモード移行率について見て行きましょう^^ モード移行率解析 各契機別のモード移行率を網羅した結果結構長くなってしまったんですが御覧ください(苦笑) 中には右カッコ内に数値が書かれているものもありますが、そちらは設定差のある振り分けで設定6数値となっています(基本数値は設定1数値)。 通常A滞在時特定小役で解除できなかった場合は同モードループ率が64. 06%、天国以上の振り分けは約11%となっていますが、スイカでの解除は通常B以上の振り分けが高く天国以上の振り分けも20%を超えてきます。

次の

沖ドキ!トロピカル 天井,設定判別,解析,打ち方まとめ

沖 ドキ トロピカル モード 移行

通常A・・・基本のモード。 通常B・・通常Aより天国移行率が高い。 チャンス・・・設定変更後にのみ移行振り分けあり、 次回は通常B以上。 引き戻し・・・滞在時は自力当選率がアップ。 保証・・・ドキドキ以上から移行し、 32G以内の連チャンが確定。 天国・・・ 32G以内の連チャン確定。 ドキドキ・・・ 32G以内の連チャンが80%以上のループ。 超ドキドキ・・・ 32G以内の連チャンが約90%でループ。 モードはこの全8種類となっており、基本はモードの転落はなく各モードそれぞれ特定小役からの解除は次回モード移行率が優遇されているといった仕様となっています。 モード別の概要を把握したら次はモード移行率について見て行きましょう^^ モード移行率解析 各契機別のモード移行率を網羅した結果結構長くなってしまったんですが御覧ください(苦笑) 中には右カッコ内に数値が書かれているものもありますが、そちらは設定差のある振り分けで設定6数値となっています(基本数値は設定1数値)。 通常A滞在時特定小役で解除できなかった場合は同モードループ率が64. 06%、天国以上の振り分けは約11%となっていますが、スイカでの解除は通常B以上の振り分けが高く天国以上の振り分けも20%を超えてきます。

次の