次希美ブログ。 加藤涼の告白を売名行為に?前田希美のブログが炎上し、批判殺到…

「フジワラノリ化」論 第7回 辻希美 「モー娘。」を剥いだママさんの強度 其の五 まとめ:「辻ちゃん」が「辻さん」になる日

次希美ブログ

目下、「炎上女王」のイメージがすっかり定着した感のあるタレントの辻希美。 後は~サラダと卵焼きと鯖の塩焼きだよ~」と綴り、肉じゃがの写真をアップ。 しかし、写真の色味が、にんじんとじゃがいもにしっかり火が通っていないように見えてしまったせいで、その旨を指摘するコメントが殺到してしまった。 その2日後の28日のブログ記事では、夕食であるチキンカレーとブロッコリーサラダの写真を公開。 今度の写真では実に美味しそうに見えるが、ネット上には「一週間前もカレーだったよね」「カレーを食べる頻度高すぎでしょ」「先週の金曜にもカレー作って、確か次の日もお鍋いっぱいにカレー残ってたよね」との指摘を受けるなど、日々の献立にもチェックが入ってしまっている。 「当初こそ、辻は『夫がイケメンで羨ましい』『元アイドルだけあってかわいい』『おバカタレントなのに自分より幸せそう』などと、本当に妬みの対象になっていました。 しかし、そんな重箱の隅を突いたような批判も、辻にしてみれば、それによってブログのアクセス数が稼げていることも事実で、あながち悪い状況でもない。 バッシングしている人たちも、その行為が辻の収入に繋がっていて、つまりは辻の生活を支えていることはわかっているはずです。 それでも、日々のウサを晴らすために、ネット上では普段は決して口にしないような汚い言葉で辻を批判する。 その互助関係は「あなたのこと嫌い(と言いたいからブログは更新してね)」「何書いても批判されちゃうんです(アクセスが稼げてるからOKだけど)」といった具合だろうか。 辻にしてみれば、内心ウハウハといったところ? (田中康).

次の

辻希美、自ら「自己満」と自虐の七夕料理が“ホントに自己満”の低評価!

次希美ブログ

2012年2月29日のブログによると、太陽さんはこの日、ランチを食べに行った。 長女も連れており、「これ美味しい~」と喜んでいたそうだ。 妻のタレント辻希美さん(24)も一緒にいたかどうかは不明だ。 ところが、この店のホームページには、「お子様のご入店は小学生以上とさせて頂きます」と書かれている。 ネット上では、このことが知られると、それはいいのかと批判が起こり、シェフのブログのコメント欄にも、芸能人だから特別扱いしたのかなどと異論が相次いだ。 その結果か、太陽さんのブログから娘を連れたことを記した一文が削除され、記事のタイトルからも店名がなくなった。 シェフブログのコメント欄も閉鎖され、関連は不明だが、友人らだけが見られる記事が「皆様へ」のタイトルで3月2日に更新された。 太陽さんはこの日夜に、同じ番組で一緒に旅をした店主がいる東京都内の日本料理店で妻と長女の3人でディナーを食べたこともブログで報告している。 太陽さんと希美さんのブログでは、「おまかせコース」で子ども用の料理を特別に用意してもらったことを写真付きで明かした。 すると、店主のブログにも特別扱いを疑問視するコメントが相次ぎ、それを受けてなのか、すべての人に笑顔で帰ってもらうようにしていると説明する記事が2日にアップされた。 太陽さん所属事務所スカイコーポレーションのマネージャーは、取材に対し、ブログは本人に任せきりで騒ぎを知らなかったとしながらも、次のように説明した。 「迷惑をかけないようにやっています」 「プライベートのことまではよく分かりませんが、杉浦は最近は時々、知っている外食の店に行っているようです。 ほかのお客にはなるべくご迷惑をかけないようにやっていると思いますが、いろんな意見はあると思っています」 一般客とは違う別室で食事していた可能性などはあるが、分からないようだ。 イタリアンレストランは、2012年3月5日は定休日で取材できず、日本料理店のスタッフは、「本業とは関連がありませんので、取材はお断りさせていただきます」と話した。 ただ、小さな子どもでも入店は可能で、「おまかせコース」では子ども向けの料理を作ることもあるという。 日本でも、高級レストランなどでは、小さな子どもは入店お断りとしているところもあるようだ。 神奈川県内のあるカフェでは、10歳以下の子どもは遠慮してもらっているとホームページでうたってある。 スタッフは、「景色をみながらゆったりするところですので、ほかの客から苦情がありました。 テラスがあり危ないのと改装して声が響くようになったこともあります」と説明する。 杉浦太陽さんらの子連れ入店については、「親が子どもの面倒を見てもらえば、絶対ダメということはないと思いますが、芸能人の方は影響力がありますのでもっと慎重であってもいいのでは」と話した。 東海地方のあるリゾートホテルでは、レストラン入店は小学生以上にしている。 広報担当者は、「静かに召し上がっていただくためで、席数が少ないこともあります。 宿泊も以前はそうでしたが、あまりにも子連れの希望が多いため今はやっていません。 うちは芸能人でも同じ扱いで、一切分け隔てることはないです」と言う。 読売新聞社サイトの投稿コーナー「発言小町」では、「なぜどこへでも子供を連れてくるの?」というトピックに、500本以上のレスがついており、賛否両論があるようだ。

次の

辻希美 夫杉浦太陽にハロウィーンは「ミイラになって!」→落ち着きのない人だなあ

次希美ブログ

2012年2月29日のブログによると、太陽さんはこの日、ランチを食べに行った。 長女も連れており、「これ美味しい~」と喜んでいたそうだ。 妻のタレント辻希美さん(24)も一緒にいたかどうかは不明だ。 ところが、この店のホームページには、「お子様のご入店は小学生以上とさせて頂きます」と書かれている。 ネット上では、このことが知られると、それはいいのかと批判が起こり、シェフのブログのコメント欄にも、芸能人だから特別扱いしたのかなどと異論が相次いだ。 その結果か、太陽さんのブログから娘を連れたことを記した一文が削除され、記事のタイトルからも店名がなくなった。 シェフブログのコメント欄も閉鎖され、関連は不明だが、友人らだけが見られる記事が「皆様へ」のタイトルで3月2日に更新された。 太陽さんはこの日夜に、同じ番組で一緒に旅をした店主がいる東京都内の日本料理店で妻と長女の3人でディナーを食べたこともブログで報告している。 太陽さんと希美さんのブログでは、「おまかせコース」で子ども用の料理を特別に用意してもらったことを写真付きで明かした。 すると、店主のブログにも特別扱いを疑問視するコメントが相次ぎ、それを受けてなのか、すべての人に笑顔で帰ってもらうようにしていると説明する記事が2日にアップされた。 太陽さん所属事務所スカイコーポレーションのマネージャーは、取材に対し、ブログは本人に任せきりで騒ぎを知らなかったとしながらも、次のように説明した。 「迷惑をかけないようにやっています」 「プライベートのことまではよく分かりませんが、杉浦は最近は時々、知っている外食の店に行っているようです。 ほかのお客にはなるべくご迷惑をかけないようにやっていると思いますが、いろんな意見はあると思っています」 一般客とは違う別室で食事していた可能性などはあるが、分からないようだ。 イタリアンレストランは、2012年3月5日は定休日で取材できず、日本料理店のスタッフは、「本業とは関連がありませんので、取材はお断りさせていただきます」と話した。 ただ、小さな子どもでも入店は可能で、「おまかせコース」では子ども向けの料理を作ることもあるという。 日本でも、高級レストランなどでは、小さな子どもは入店お断りとしているところもあるようだ。 神奈川県内のあるカフェでは、10歳以下の子どもは遠慮してもらっているとホームページでうたってある。 スタッフは、「景色をみながらゆったりするところですので、ほかの客から苦情がありました。 テラスがあり危ないのと改装して声が響くようになったこともあります」と説明する。 杉浦太陽さんらの子連れ入店については、「親が子どもの面倒を見てもらえば、絶対ダメということはないと思いますが、芸能人の方は影響力がありますのでもっと慎重であってもいいのでは」と話した。 東海地方のあるリゾートホテルでは、レストラン入店は小学生以上にしている。 広報担当者は、「静かに召し上がっていただくためで、席数が少ないこともあります。 宿泊も以前はそうでしたが、あまりにも子連れの希望が多いため今はやっていません。 うちは芸能人でも同じ扱いで、一切分け隔てることはないです」と言う。 読売新聞社サイトの投稿コーナー「発言小町」では、「なぜどこへでも子供を連れてくるの?」というトピックに、500本以上のレスがついており、賛否両論があるようだ。

次の