小麦粉 ピザ 生地。 自家製ピザの作り方(自家製ピザ生地レシピ)

モチモチ派?サクサク派?人気のピザ生地レシピ20選

小麦粉 ピザ 生地

最近は、宅配ピザに冷凍ピザなど様々なスタイルで楽しむことができるピザですが、自分で作って食べてみたいと思ったことはありませんか? 自分でこねてトッピングをして焼いて・・・きっとおいしいだろうけれど、大変そうで手が出せないという人も多いことと思います。 出来立ての手作りピザを自宅で楽しむ贅沢、味わいたくてもハードルが高いイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。 普段は宅配や冷凍食品でピザを楽しんでいる人にとっては特に難しそうに感じることもあるかもしれませんが、中には発酵なしで焼くことができるレシピもあるなど、初心者にも優しい料理でもあります。 今回は、ピザを作る工程でも特に難しいイメージの強い、生地の作り方について使用する粉の種類や発酵時間など詳しくご紹介していきます。 ピザ生地に使われる粉は小麦粉? パンやお菓子作りに欠かせない小麦粉。 実は小麦粉にはグルテンの含有量によって3つの種類があることを知っていますか? 小麦粉には、 薄力粉、中力粉、強力粉の3種類があるのです。 薄力粉 ケーキ作りやお好み焼き、てんぷらの衣など日常的に使われることが多い小麦粉が「薄力粉」です。 グルテンというたんぱく質の量が3種類の中で最も少なく、含有量が8. 5%以下のものを指します。 3つの小麦粉の中で最も粘性が低いため、てんぷらの衣など、さっくりした食感が好まれる料理に使用されています。 うどん以外にも、ドーナッツやかりんとうなどのお菓子作りにもよく利用されている小麦粉です。 中力粉がないときは、薄力粉と強力粉を1:1の割合で混ぜ合わせることで代用可能なので、中力粉が手に入らない場合や中力粉が少量だけ必要な場合にも覚えておくと便利です。 逆に薄力粉や強力粉の変わりに中力粉を代用することも可能ではありますが、膨らみが足りないなど思うような仕上がりになりにくいので、注意しましょう。 粘性が強いため、もっちりとした食感が好まれるパンやパスタづくりに重宝しますが、スポンジケーキなど使用するとボソボソとした固い食感に仕上がってしまいます。 強力粉の中でも品種によって含有量が変わため、もちもちした食感が良いか、さっくりとした食感が良いかによって選ぶ強力粉が変わってきます。 他の材料は薄力粉50gに対してドライイースト5グラム、塩3g、ぬるま湯150g、オリーブオイル大さじ1を混ぜ合わせましょう。 グルテンは、こねればこねるほど出てくる特徴があるので、伸ばしたり、叩いたりしながら、十分にこねるようにしましょう。 この時、生地が乾燥しないように濡れた布巾やラップをかけることを忘れないようにしましょう。 少し固めのナポリ風ピザ生地 <材料> ふわふわピザ生地と同じ。 強力粉と薄力粉の割合は1:1になるように準備をします。 オーブンの温度もふわふわピザ生地よりも設定温度を低め、焼きあがるまでの時間もやや短めにします。 発酵なしで作るサクサククリスピーピザ生地 <材料> 強力粉 薄力粉 水 ベーキングパウダー 強力粉と薄力粉が1:1になるようにします。 強力粉、薄力粉が100gに対し、水150ml、ベーキングパウダー10gとなります。 生地が固くなりやすいため、めん棒などを使用して少しずつ伸ばすようにしましょう。 発酵方法と確認の仕方 発酵の方法 生地をこねたあとの発酵方法についてご紹介していきます。 こね終わった生地は、丸くまとめて表面が滑らかになるようにします。 乾燥しないように、濡れ布巾やラップをかけて置いておきます。 発酵時間は季節や室温によって異なるため、目安を認識しておくことが重要です。 人差し指に強力粉をまぶして生地の中央に指をさします。 指を抜いて穴がすぐにふさがってしまう場合は発酵不足となるため、もう少し置いておく必要があります。 逆に穴が小さくならなければ発酵が十分にできたサインにもなります。 生地そのものの大きさが2倍に膨らむこともサインになりますので、大きさを見てからフィンガーテストで確認をするといいでしょう。 注意点 ・薄力粉を混ぜる場合は、均等に混ぜ合わせるため、乾いた状態で粉同士を混ぜてから他の材料を入れるようにしましょう。 ・焼きあがり時間は、オーブンやトースターの機種によって変わります。 チーズのとろけ具合などを見て調整してください。 ・フライパンで焼くことも可能ですが、ピザは上からの熱も重要なポイントとなるため、できるだけオーブンやトースターを利用して焼くと美味しく作ることができるでしょう。 まとめ 小麦粉に種類があることを知らない人も少なくありません。 それぞれの小麦粉の特性を理解し、応用することで自分好みのピザ生地を見つけていく過程も楽しめるのではないでしょうか。

次の

糖質オフの大豆粉ピザレシピが簡単で美味しい

小麦粉 ピザ 生地

ドライイーストは夏場は1~1. 5gでよいです。 気温で量を調整して下さい。 水は氷水を用意します。 手ごねだと特に、手の温度で生地の温度が上がり、イーストが活発になりすぎて発酵が進み過ぎてしまいます。 小麦粉を混ぜるタイミングで小麦粉の温度でも水の温度が上がるので、キンキンに冷えた水に氷が浮かんでる状態から始めましょう。 粉を投入したらちょうど氷が溶けてなくなる程度の氷の量を目指しましょう• ナポリピッツァは生地にオリーブオイルは入れません。 が、オリーブオイルは生地が伸ばしやすくもなるので、家庭のピザであれば20~30g程度入れてもよいかもしれません。 順番に説明していきます。 ピザ生地の仕込み:材料の混ぜ合わせ 水に塩を溶かす ほぼ見えなくなるまで溶かしきります。 塩は冷水にでもしっかり溶けます。 ピザ粉の投入 一気に全部入れてはいけません! まず最初に6,7割分のピザ粉を投入します。 これはダマになるのを防いで均等に混ぜるため。 序盤はピザ生地へ体温が伝わりにくいように、スプーン等で混ぜるのがオススメ。 手も冷たいですから。 ドライイーストの投入 ドライイーストを冷水に溶かしたものを投入。 冷水だと溶けづらいですが、ぬるま湯に溶かすとその時点で一気に発酵が進んでしまいます。 キンキンに冷えている必要はないので冷水になるべく溶かして下さい。 溶けきらないと思いますが、塊が多少残る位で大丈夫です。 残りの粉を投入 残りの粉は2,3回に分けて投入しましょう。 手ごね ある程度スプーンで捏ねたら回らなくなってくるので、手で捏ねます。 殴るではなく拳で押してはまとめる。 の繰り返しです。 10分も経たずにこんな一纏まりの生地になると思います。 ここから10分程度手のひらで潰しては纏めるを繰り返します。 疲れる。 目的はダマがなく、均等にする事なので、手触りで判断して下さい。 コネればコネるほど美味しくなるわけではありません。 一枚分量に小分けする利点• 一枚ずつ同じ量のピザが焼ける。 生地を丸く仕込むことで、伸ばした時にそのまま丸く伸びる。 発酵した生地の塊から一枚分をちぎるとき、生地を潰してしまい、せっかく発酵で生地内に含んだ空気が逃げてしまう。 最初から切り分けて発酵させることでこれをを防ぐ。 生地を丸める 小分けにした生地を丸めます。 これが意外と難しい。 ここで真ん丸に仕込めるかどうかで、焼き上がりが丸くなるかどうかを左右します。 欲しい質量に切り分けたら、一点のおへそにグイグイ生地を端から押し込んでいきます。 そうすると外側の生地の表面が伸ばされ、デコボコのない面が広がっていきます。 おへそに入れていくだけでもかなり丸い状態までもっていけます。 ピザ生地の二次発酵でのポイント ピザ生地は半日以上掛けてゆっくりじっくり発酵させることで美味しい生地が出来上がります。 ここまでの過程で生地の温度が上がらないように頑張りましょう! 蓋のできるケースで保管しますが、サイズ感で無印のポリエチレンケースがすごくちょうどいいです。 120グラム程度の生地が4つほど入ります。 ここからは気温により保管場所を変えますが、冬場であれば、そのままキッチンに放置でよいでしょう。 夏場は冷蔵庫でじっくり発酵させるのがオススメです。 12時間~15時間程度が理想の発酵時間。 ちなみに夜11時に仕込み終わり、翌朝6時の様子がこちらです。 いい感じに発酵が進んでますが、実際焼くのが昼食時の為、このまま外に置いておくと過発酵になりそうなので、10時迄は一旦冷蔵庫へ。 焼く前の状態がこちら。 ピザ生地の伸ばし方 ピザ生地の伸ばし方はこちらで詳しく解説しております。 参考になれば。 一般の方が伸ばすのであればローマピザのように麺棒で伸ばすのが一番上手くいくと思います。 伸ばしについてはちゃんとやろうとすると経験が必要なので、今回はあまり詳しく説明しませんが、生地内の発酵で含まれた空気をなるべく潰さないのが最大のポイント。 空気を含んだままの状態で焼き上げることで、しっかりとした食感の生地になります。 ピザのパフォーマンスで、空中でクルクル回したりしますが、あれは生地内の空気を潰さずに遠心力で伸ばす意味もあるのです。 そばやうどんの仕込みのように、麺棒で潰しながら伸ばすような感覚とはちょっと違います。 あとは耳の部分にはなるべく触らない。 潰れると焼いたときにキレイに耳が膨らみません。 麺棒だと無理ですが、ローマピザの場合はカリカリの耳が売りなので気にせず潰しましょう。 生地を伸ばすときは、大理石の上で伸ばすのが理想的です。 人工大理石のプレートは案外安いので、本気を出すなら買ってみましょう。 粉が飛び散るのでなるべく大きめの方がいいです。 伸ばすときは、大理石に打ち粉 余った小麦粉でよい を振って伸ばしていきますが、生地に過剰についた打ち粉は焼いた時に苦味の原因になります。 伸ばした後には生地から粉を落とすのも美味しく焼くポイントです。 伸ばしたらすぐ焼く! ピザ生地は、伸ばした時点から急激に劣化していきます。 表面積が増えることで乾燥、発酵が急激に進む事が原因ですが、生地を伸ばしたら2分以内に窯に入れる事を意識するといいピザが焼きあがります。 そのためには、オーブンの温度、ソース、チーズの準備は完璧にしておきましょう。 理想を言えば、生地を伸ばし始めるところから1分後にはオーブンに入っていると最高ですが、家庭のキッチンでそれをやるのは中々難しいかもしれません。 おいしいピザ生地の仕込みのまとめ 長時間の発酵、小分けの仕込み、仕込み中はなるべく手の温度を伝えない事。 等のポイントを抑えることで、食感がイタリアンに近づいていきます。 生地の温度が高いとイーストが活発になりすぎて過発酵してしまうため、夏場は小麦粉も冷やした状態から始めることをオススメします。 家庭のキッチンでも本格ピザにチャレンジして頂けると幸いです。 の作り方はこちらに記載してます。 モッツァレラチーズやプチトマトも事前の仕込みが必要です。 東京の美味しいピザ屋を紹介しています。 極上のピザを食べてからその味を目指すのも目標が明確になって良いですね。 ちなみに今の僕は元プロ状態です。 また職人に戻るつもりですが。。。 生地が余ったから勿体ないので食パンを焼いてみました。 以上、『プロが教える美味しい本格ピザ生地の作り方。 お店のピッツァのレシピを真似して仕込んでみよう! 』でした。

次の

【楽天市場】TOMIZ cuoca(富澤商店・クオカ)ピザ用小麦粉 カプート サッコロッソ タイプ00 / 1kg:富澤商店 楽天市場店

小麦粉 ピザ 生地

大き目のボールに中力粉の約半分量とドライイーストを入れて混ぜ、水、塩、砂糖を加えて指でよく混ぜ合わせる。 [1]にオリーブオイルを加えて混ぜ、残りの中力粉も加えてざっと混ぜてまとめる。 生地を台の上に取り出してべたつきがなくなるまで、もむようにこねる。 生地が耳たぶくらいの柔らかさでなめらかになるまで「こねる、たたきつける」動作を繰り返す。 最後はたたいてきれいに丸める。 (ここまでで約15分。 生地を少し切り取って、両手で広げてみて、薄い膜のようになったらできあがり。 油(分量外)をぬったボールに丸めた生地を入れ、ラップをかけて約40分~60分暖かい場所において発酵させる。 (生地が2倍にふくらむのが目安。 発酵が終わったら指に粉をつけて生地に差し込み、指のあとが残れば良い状態。 ボールから出して軽く押してガス抜きをしてから2等分し、丸めてラップをかけて20分間休ませる。 その後、麺棒で少しのばしてから、手で押して全体を5mmの厚さまで伸ばし、端から1cmのところを指で押してくぼませる。 生地の上にピザソースをぬり、好みの具をのせて最後にピザ用チーズをのせる。 約220度のオーブンで焼く。

次の