納骨 は いつ。 「納骨」とは? 納骨の仕方や費用・服装などについて

【納骨式】納骨の時期・準備・お布施・香典・費用・納骨袋・お供え物・お花

納骨 は いつ

納骨の時期 納骨の時期に決まりはない 火葬した後の遺骨は一般的にはお墓へ埋葬することになります。 納骨に関しては法律上の規制はなく、基本的にはいつ納骨を行っても問題ありません。 遺骨の取り扱いで決まりがあるのは、墓地への埋葬や納骨堂への収蔵は法律で認められた墓地・霊園に限るということのみなので、手元に置いておく分には何も問題はありません。 四十九日法要と同時に納骨することが多い 納骨の際は菩提寺の住職に「 納骨式」という法要を行ってもらいます。 納骨式は一般に他の法要と一緒に行う事が多く、最も多いのが忌明けまで後飾りで自宅に遺骨を安置し、忌明けとなるまでにお墓を用意して同時に納骨式を済ませてるというものです。 お墓が用意できない場合は一周忌を目安に 故人がなくなってすぐにお墓が用意できない場合は、百ヶ日、あるいは一周忌を目安に納骨するようにします。 三回忌を過ぎると次の法事まで期間があくので、やはり早めに準備はしておいたほうがよいでしょう。 なお、お墓を用意するのが困難な場合はや納骨堂、あるいはといった選択肢もあります。 で墓石の購入についても触れているので参考にしてみてださい。 納骨式の準備 菩提寺と相談して納骨式の日程を決める 菩提寺の住職と相談することは以下のとおりです。 納骨式の日取り どの法要と同時に行うか• 卒塔婆が必要かどうか、値段• 新しくお墓を立てる場合、開眼法要のお願い• お斎に参加するかどうか 宗派によっては卒塔婆が不要な場合もあるので確認しておきます。 また、お布施と違って価格も決まっていることが多いので確認しておきましょう。 新しくお墓を建てる場合は、お墓に魂を入れる 開眼法要 魂入れ・入魂式 もする必要があります。 また、お斎に参加するかどうかを確認して、参加しないようであれば 御膳料も準備しておきます。 なお、納骨式単体で行う場合は、親族や故人とごく親しかった人達だけで行うことが多く、別途お布施とお斎を用意しておきます。 石材店に墓誌の戒名彫り・石蓋開けなどの手配 墓地を借り、墓石を購入しておくことはもちろんですが、納骨式までに墓石に戒名をほっておくことが必要です。 また、墓石の納骨室に石蓋開けが必要な場合は石材店にお願いしておきます。 必要なもの• 埋葬許可証• 認め印• 供花・供物・卒塔婆• 僧侶へのお布施・お車代・御膳料• 石材屋への寸志 納骨式に必要な、「遺骨」「遺影」「埋葬許可証」「認め印」「供花・供物」などを用意します。 僧侶へのお布施 また、納骨式の法要を単体で行う場合は別途 お布施と お車代 寺院以外で行う場合 が必要で、 お斎 会食 の手配 僧侶が辞退されるなら「 御膳料」 も用意しておきます。 四十九日法要など、他の法要と同時に行う場合はそちらと合わせます。 石材屋への寸志の用意 石屋さんへ「寸志」 心づけ・チップ をお渡しすることもあります。 金額は様々意見がありますが、寸志を渡す場合は石材店の工賃は別途支払っているので、作業員へ数千円渡すことが多いようです。 卒塔婆、板塔婆 卒塔婆の意味 お墓に行くと文字が書かれた長い木の板をよく見かけると思いますが、卒塔婆、または板塔婆といいます。 卒塔婆に書かれている文字は、表は仏教の宇宙観を示す空・風・火・水・地を意味する梵字と、経文、戒名などを書きます。 下部や裏面には建立する人の名前や日付などを入れます。 卒塔婆を立てる意味 卒塔婆の目的は故人の 追善供養のために用いられます。 追善供養とは亡くなった人のために生きている人が行う善行のことで、毎日の供養や年忌法要も追善供養です。 卒塔婆を立てることによる追善供養を塔婆供養といいますが、塔婆供養は法要やお彼岸やお盆の時期に卒塔婆を建てます。 そして最初の塔婆供養は多くの場合、納骨式に行うのです。 卒塔婆は何本建てるか 卒塔婆の習慣は地域や宗派により違いもあります。 また、浄土真宗などは追善供養という考えはないのでそもそも卒塔婆が必要ありません。 宗派によって違いがあるので、納骨式の前に菩提寺に確認をとっておきましょう。 卒塔婆はいつまで建てるか 卒塔婆を建てる期間は特に定まっていませんが、卒塔婆は木製で古くなりますし、法事の度に増えていくので、定期的にお寺や霊園に お焚き上げしてもらうことになります。 卒塔婆の費用 卒塔婆の費用は一般に一本2,000円〜10,000円程度です。 お布施と違って、一本あたりの値段が決まっている場合が多いので菩提寺に確認してみるとよいでしょう。 お寺に渡すときは一般に お布施とは別に包みます。 塔婆料や卒塔婆料と表書きをして、全員分をまとめて渡すようにしましょう。

次の

納骨はいつ行うのが常識?一般的に多い納骨おすすめの時期を5つ紹介

納骨 は いつ

宗教による違い 結論から言えば、納骨の時期は「いつでもいい」というのが解答です。 納骨の時期には明確な決まりはありませんが、四十九日法要を目安に行うのが一般的です。 お墓を新規に購入する場合は、四十九日までにお墓の準備が整わないことが多いです。 そのため、お墓を新しく建立される方は、一周忌のタイミングで納骨を行う方が多いです。 経済的、精神的理由で納骨が難しい方もいらっしゃるでしょうが、区切りをつける意味でも、納骨は早めに済ませてしまいましょう。 また、遺骨をいつまでも自宅に置いておくと、急用、急病で自分が管理できない状態になったときに不便です。 また宗教によって納骨の時期の考え方が違う場合があります。 ここでは宗教別で納骨の時期について解説します。 浄土真宗 西本願寺を本山とする浄土真宗本願寺派では、納骨の時期の決まりはありません。 一般的には四十九日、あるいは一周忌に納骨される方が多いですが、遺骨を手元に置いておいて、納得のいく供養方法をじっくり考えることもできます。 また、火葬後、そのまま納骨してしまう地方もあります。 お墓の準備ができていない場合は、一時的にお寺で預かってくれるところもあります。 真言宗 真言宗は弘法大師によって高野山金剛峯寺に開かれた仏教の宗派です。 納骨の時期は特に決まりがなく、納骨してあげたいと思い立った日で大丈夫です。 納骨する場所はお墓が望ましいのですが、無い場合などは納骨堂のあるお寺に収めることも可能です。 納骨料はお寺によって違うので、納骨したいと思ったらまずお寺に相談してみましょう。 浄土真宗大谷派 浄土真宗の宗派の一つ、真宗大谷派は東本願寺を本山とする宗教法人です。 浄土真宗大谷派での納骨の時期は、特に決まりはありませんが四十九日法要後(三十五日の場合もあり)に納骨する方が多いですが、法要の日でなくとも家族が集まれる日に行うこともできます。 また分骨して御本山に納骨する場合は、一周忌や三回忌法要が過ぎていても問題ありません。 総本山への納骨の方法は各お寺に問い合わせてください。 浄土宗 浄土宗は法然を宗祖とし、ご本尊は阿弥陀如来の日本の仏教宗旨の一つです。 浄土宗での納骨の時期ははっきり決まっているわけではありませんが、一般的には四十九日法要と併せて行うことが多いです。 地域によっては火葬後、すぐ納める場合もありますし初七日から四十九日の間に納めることもあります。 納骨式には卒塔婆や埋葬許可証なども必要ですので、菩提寺の和尚さんによく相談をされてから納骨の時期を決めた方が良いでしょう。 神式 神道(神式)は、日本の固有の神々を信仰する多神教です。 神式の納骨の時期は、火葬後にすぐ納めるのが一般的です。 遺骨を自宅に持ち帰った場合は、十日祭から忌明けの五十日祭までの間の都合の良い例祭の日を選んで行います。 神式では納骨の際には埋葬祭という儀式が行われます。 その時は、埋葬許可証のほか玉串や榊、銘旗、塩、米などが必要ですので、よくわからない時は神職に尋ねてみましょう。 永代供養の場合 先祖のお墓に納骨しない 納骨といっても、必ずしも家のお墓に入る必要はありません。 永代供養という供養方法があります。 永代供養とは、家のお墓に入らず、お寺や神社に供養をお願いする供養方法です。 一定期間の供養ののち、お願いしたお寺や神社が共同墓地や合祀墓に埋葬してくれるので、後継者にお墓管理の負担がかからないのが特徴です。 また、家のお墓が遠い、そもそもお墓の後継者がいないなどの理由から、永代供養を選ぶ方も少なくありません。 費用や、供養してくれる期間、埋葬方法はお寺や神社によって異なりますので、問い合わせてみてください。 節目の時期に行う お盆に 納骨の時期に決まりはないので、お盆など節目の時期に行うのもいいでしょう。 お盆は親戚が集まり、みんなで故人を見送ることができるいい機会ですが、お盆はお寺や神社の繁忙期です。 宗教者の方が来られない場合があるので、注意しましょう。 納得のタイミングで 本人の意向 生前の本人が、死後、自分の骨をどのようにして欲しいか希望を述べていたのならなるべく本人の意向を尊重しましょう。 家族で話し合う 故人が亡くなって悲しいのは一人だけではありません。 自分の一存で決めてしまうのではなく、家族全員の意見が一致するまで話し合って納骨のタイミングを決めましょう。 納骨の時期のまとめ カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

納骨はいつまで?49日から、お供えや服装の準備

納骨 は いつ

納骨の準備(決めること) 項目 解説 日程を決める 納骨をいつ行うのか、遺族が相談して決めます。 例えば忌明けの法要(四十九日の法要)を行う場合には、同日に行う、別途日を改めて行うなども相談します。 なお、四十九日までの日数を数える場合には亡くなった日も含めて数えます。 場所を決める 忌明けの法要と納骨式を同日に行う場合には、それぞれの宗教の決まりに従い、寺、教会、神社などで行います。 忌明けの法要とは別の日に納骨式を行う場合には、例えば四十九日法要は自宅で、納骨式はお寺で行う等、場所を分けるケースも多いようです。 故人の遺志や宗教に合わせて納骨式の場所を決めますが、 最終的には菩提寺や教会、神社などとも相談して決定することをおすすめします。 墓地、霊園、納骨堂など、施設によっては納骨式を行う場所に制限がある場合もありますので必ず確認をしてください。 寒冷地では雪解けの頃まで納骨式を延ばす地方もあります。 また、新規にお墓を用意する場合、お墓の手配が間に合わないこともあります。 納骨までの間、遺骨を自宅で供養したり、納骨堂に期限付きで納めるケースもあります。 新しいお墓を用意した場合には、開眼供養あるいは開眼法要という儀式を行います。 普通は納骨式と同じ日に行うこともできますのでお寺に相談してみてください。 納骨の準備(手配すること) 項目 解説 料理の手配やレストランの予約 納骨式のあと会食がある場合は、料理の手配やレストランの予約等を行います。 寺院等によっては食事の施設を持っていることもあります。 お茶、お菓子などについても配慮します。 寺、教会、神社などへの連絡 寺、教会、神社などに連絡し、用意するものと費用を確認します。 宗教ごとに納骨の際の儀式があり、必要な準備も異なりますので事前に確認しておきましょう。 寺・神社・教会などへの謝礼の他に、線香、花、玉串などの用意が必要なこともあります。 お寺の場合には、卒塔婆(読み=そとば)が必要かどうかも確認します。 納骨堂、霊園、墓地などへの連絡 納骨堂、霊園、墓地管理会社に納骨する旨を伝え、用意するものと費用を確認します。 新しくお墓を用意する場合には、上記以外に墓石業者・石材店にも日程を伝えます。 納骨の準備(確認したいこと、準備するもの) 項目 解説 埋葬許可証 死亡届を市町村役場に提出すると「火葬許可証」と一緒に、「埋葬許可証」が発行されます。 納骨を行う場合には埋葬許可証を持参します。 案内状 四十九日の法要と合わせて納骨式を営む場合には、四十九日の案内状にその旨を記載することがあります。 通夜葬儀への参列のお礼の挨拶も合わせて載せると丁寧です。 忌明けの法要とは別の日に、「納骨式」だけを行う場合には、近親者だけで済ませることが多いため書状での案内状は用意せず電話連絡だけのことも多いようです。 納骨の準備(確認したいこと、準備するもの)つづき 項目 解説 お布施・謝礼 お寺、教会、神社などへの謝礼を用意します。 下記に宗教別のお礼・謝礼の目安をご紹介します。 仏教 当日僧侶に渡す謝礼は「御布施」「お布施」または「御経料」として3万円〜10万円くらい。 一般的には3万円くらいです。 納骨に際してはお寺によっては金額を決めているところもありますので予約の際に確認しましょう。 都市部ではより高額となることもあります。 奉書紙に入れるのが丁寧な形ですが市販の白い封筒でも可です(白封筒の場合には郵便番号の欄がないものを使います。 また、二重封筒はNG)。 薄墨ではなく濃い墨で書きます。 墓地や納骨堂まで僧侶に出向いてもらう場合には、「お車代」も必要になります。 5,000円、10,000円などのキリのよい金額を包みます。 会食を予定したにも関わらず僧侶が出席を辞退した場合には「御膳料」として5,000円〜20,000円くらいを用意するのがマナーです。 もしお墓を新しく用意した場合には「開眼供養」「開眼法要」も行います。 この場合の謝礼も用意しなくてはなりません。 謝礼の表書きは「御礼」「御開眼式御礼」「開眼式御礼」「入魂御礼」などです。 金額は3万円〜10万円くらい。 お寺によっては金額を決めているところもありますので予約の際に確認するようにします。 納骨式のお礼と一緒にお渡しするときは、中身を同額にするか、開眼供養の謝礼の方を多めにするのが慣例のようです。 上記以外に、お寺に渡す費用としては「墓地使用料」「管理費」もしくは「管理料」、更に必要に応じて「永代供養料」などがあります。 特に新しく墓地を契約する場合には区画の広さ、位置、向きなどに応じて10万〜数十万円(都市部の方が高くなります。 また、公営墓地の方が安価な傾向があります。 )、永代供養料として数百万円が必要なケースもあります。 さらにプラスして石材店に支払う墓石料(30万円〜200万円程度)が必要となります。 事前に必ず確認をして下さい。 最近は、様々な形の供養の仕方を選べるお寺も増えているようです。 遺族の供養の仕方、お墓の継承者の有無などによって比較的安価な「永代供養簿」「永代供養塔」などもあり比較的安価です。 納骨の準備(確認したいこと、準備するもの)つづき 項目 解説 お布施・謝礼 つづき キリスト教 納骨の際に教会に渡す謝礼は「教会納骨堂使用料」「教会墓地使用料」または「手数料」「墓地献金」などとして教会ごとに金額が決められています。 予約の際に必ず金額を確認しましょう。 一般的には10万円〜20万円程度から利用できるところがあるようです。 地域によって異なり都市部は更に高額となる傾向があるほか、当日の使用料や、管理料なども別途必要な場合があります。 現金を包む際には白封筒を使用することができます。 郵便番号の欄があるものや二重封筒はNGです。 当日聖職者に渡す謝礼は「御礼」。 金額の目安は3万円程度です。 墓地や納骨堂まで聖職者に出向いてもらう場合には、「お車代」も必要になります。 5,000円、10,000円などのキリのよい金額を包みます。 納骨の準備(確認したいこと、準備するもの)つづき 項目 解説 お布施・謝礼(つづき) 神道 納骨の際に神社に渡す謝礼は「納骨堂使用料」「墓地使用料」または「手数料」「管理費」などとして神社ごとに金額が決められています。 予約の際に金額を確認しましょう。 一般的には10万円〜20万円程度から利用できるところがあるようです。 地域によって異なり都市部では更に高額となる傾向があるほか、当日の墓地使用料なども別途必要な場合があります。 新しく墓地を用意する場合、神社によっては永代供養料を含めた墓地や納骨堂の費用は数十万から数百万円になるケースもあります。 当日神職に渡す謝礼は「御礼」。 金額の目安は3万円程度です。 白封筒を使用することができます。 郵便番号の欄があるものや二重封筒はNGです。 墓地や納骨堂まで神職に出向いてもらう場合には、「お車代」も必要になります。 5,000円、10,000円などのキリのよい金額を包みます。 [骨壷と納骨袋について] 大変細かいことなのですが、意外と重要なのは実際にお墓に納める時の埋葬の仕方です。 ざっと挙げるだけでも 「骨壷に入れて埋葬」 「骨壷から出して、納骨袋に入れて埋葬」 「骨壷から出して土に撒く」 などの方法があります。 それぞれの宗教宗派または地方によっても風習が異なるだけでなく、埋葬先が納骨堂なのか、墓地なのか、あるいは永代供養塔なのか等によっても異なってきます。 骨壷のまま納める場合でも骨壷のサイズに制限や決まりがあったり、納骨袋で納める場合でもその大きさに制限や決まりがあったりします。 必ず納骨式の前に墓地、霊園、寺院、神社、教会などに確認をしておきます。 なお、納骨袋については自作するご遺族もおられるようです。 普通は白い木綿の晒しなどを使いますが、「祭りが大好きだったおじいちゃんに木綿のさらしの手ぬぐいで納骨袋を手作りしました」等、遺族としても心がこもった供養ができそうですね。 化学繊維はNGです。 木綿の晒し(晒し=さらし)、木綿の手ぬぐいなど土に還る材料を使います。 宗教ごとに納骨の際の儀式があり、必要な準備も異なりますので事前に確認しておきましょう。 下記は必要な場合と不要な場合があります。 お酒(缶ビール)などを供えることを禁止している墓地もあります。 仏教…数珠(念珠)、お線香(火をつけるためのマッチ、ロウソク)、お供えするお花、お供え物 他に用意するものとしては花鋏(ハサミ。 お花をお供えする時に花の高さをそろえたり、不要な葉を切るためのもの)やゴミを持ち帰るための袋など。 お寺や墓地によっては、水桶や柄杓(=ひしゃく)などは墓地で借りることができます。 キリスト教…お花など。 神道…玉串などの用意が必要なこともありますが、お供え物の種類や数が神社によって異なります。 米、塩、酒などを用意するように指示されることがあります。 お寺や神社、教会によって用意するものを指定されることがあります。 事前に必ず確認します。

次の