ヘリウム ガス 不足。 窒素で風船は浮かびません。間違った使用方法だと危険です。まずは信頼のおける専門店の風船屋へ

ヘリウム危機、背景には需要増と供給減

ヘリウム ガス 不足

近年、ヘリウムガスの供給不足および価格の高騰が問題となっております。 直接イオン源DARTでもイオン化用ガスとして通常はヘリウムガスを使用しており、ヘリウムガスに代わるイオン化用ガスが喫緊の課題です。 今回は、アルゴンガスや窒素ガスなどの代替ガスでも感度を損なうことなくイオン化が可能な追加オプション、もしくは新製品をご紹介いたします。 揮発性成分を高感度分析 新大気圧イオンソースSICRIT+窒素ガス 独自のフロースルー構造の放電技術で 効率的なイオン化を実現 SICRITはフロースルーソフトイオン化技術を有したイオンソース。 MSの試料導入部に直接取り付けられるよう設計され、独自の形状のコールドプラズマを使用して導入部へ引き込まれた分子をイオン化します。 プラズマは導入部直前で生成するため、透過率ひいては感度が大幅に向上します。 また、SICRITはLCおよびGCへの接続が可能です。 DARTと同様に前処理不要で測定でき、固体からレトロネーザルアロマまで高い汎用性とアクセシビリティを持ちます。 今までのイオン源よりも導入しやすい価格で提供いたします。 詳細はお問い合わせください。 製品名、仕様は変更となる可能性がございます。 エーエムアールではヘリウムガス供給問題におけるイオン源用イオン化ガスでヘリウムガスに代わる代替ガスのご提案、製品のご紹介をしております。 お客様のご要望やサンプル、目的に合わせたソリューションに合わせてご提案いたしますので、ぜひ弊社までご相談くださいませ。

次の

ヘリウムガス不足の現状,今後の展望,省ガス化および回収技術

ヘリウム ガス 不足

2013年09月28日 09時00分 ヘリウムの世界的供給不足は今後も続き、25年後には枯渇する危険性も By ヘリウムガスといえば、宙に浮かぶバルーンや吸い込むと声が高くなる"ドナルドダックボイス"がすぐに思い浮かぶほど身近な気体ですが、半導体製造や医療機器でも使用される重要な材料でもあります。 しかし、現在ヘリウムは世界的な供給不足の状態にあり今後、その傾向がいっそう強まる危険性があるようです。 Global helium shortage in prospect as US reservoir in line to close next month Science theguardian. com Earth's helium reserves 'will run out within 25 years' Mail Online National Helium Reserve - Wikipedia, the free encyclopedia は、水素に次いで軽く化学的に極めて安定で、かつ沸点が最も低い物質であるなどの特長を持つため、浮揚用ガスや冷却剤などの工業材料として広く活用されています。 ヘリウムは水素に次いで宇宙で2番目に豊富な元素ですが、地球上では大気にわずか0. 0005%しか含まれておらず空気中からの採取は極めて困難であるため、一般的には天然ガスの産出時の副産物として採取し精錬されます。 ヘリウムの貯蔵量はアメリカが最も多く、全世界の貯蔵量の約3分の1を備蓄し、全世界の商用ヘリウム生産量の約80%を占めています。 アメリカにおけるヘリウムは、テキサス州アマリロの米国連邦ヘリウム貯蔵庫に備蓄されています。 1925年に開業したこの施設は、当時、飛行船用のガスを供給する目的で運用されていましたが、やがてソ連との冷戦が激化し宇宙開発競争が進むなか、アメリカ政府により戦略的にその備蓄量は増大されました。 しかし、冷戦が終結した1990年代にアメリカ政府の負債が増大するのに伴い、過大に備蓄されていたヘリウムを一部を除きすべて民間企業に売却する法律 Helium Privatization Act of 1996 が制定され、2015年に備蓄分をすべて売り切り米国連邦ヘリウム貯蔵庫は閉鎖されることが決定しています。 仮に米連邦議会がこの施設の延命を決断しなければ、10月7日にアメリカ政府によるヘリウムの産出は終了する予定です。 By ヘリウムの精製・販売をする業者は米国連邦ヘリウム貯蔵庫の閉鎖を見越して価格をすでに上げ始めています。 MRIの製造にヘリウムを使用するGEヘルスケアによると、昨年には1リットル当たり8ドルだった加圧液体ヘリウムのスポット価格は25ドルから30ドルに急騰しているということで、ノーベル物理学賞を受賞したコーネル大学のロバート・リチャードソン教授はパーティー用のバルーンが一つ65ポンド 約1万円 になると予想しています。 アメリカ政府の決定によりヘリウムの供給が先細りしているのに対して、新興国でのヘリウム需要は増大の一途であり、現在ヘリウムの供給量は需要量とほぼ一致しており供給余力がない状況です。 新興国の需要は増加する一方 このため世界のヘリウムプラントで事故やストライキによる供給不安が起こるとヘリウムはとたんに供給不足に陥ります。 例えば、昨秋、エクソンモービル社の持つ世界最大のヘリウムプラントの定期修理が長引き再稼働が遅れたため日本国内のヘリウム供給不足が発生しました。 東京ディズニーランドではバルーンの販売を2012年11月21日以来停止中 急成長するアジアを中心とした新興国の製造業のヘリウム需要は今後も増大し、その量は2030年までに年間3億立方メートルになると予想されています 2012年の生産量は約1. 8億立方メートル。 また世界のヘリウム埋蔵量は約70億立法メートルであり、 現在のペースで消費されれば計算上では25年後には枯渇することになります。 何十年も前からずっと「あと40年で枯渇する」と言われ続けている石油と同様、ヘリウムも枯渇が懸念されつつも技術の進歩により"延命"されるのか、今後の行方に注目です。 ・つづき.

次の

窒素で風船は浮かびません。間違った使用方法だと危険です。まずは信頼のおける専門店の風船屋へ

ヘリウム ガス 不足

ヘリウムガスは、バルーンを膨らませるのに使われる、パーティーグッズストアおなじみのアイテムです。 空気より軽く、不燃性であるため、バルーンを浮かばせるのに用いられます。 近年、そんなヘリウムガスが世界規模で不足しており、メディアで大きく報じられています。 実は、ヘリウムガスが活躍しているのはパーティーグッズ業界だけではありません。 医療や工業など、幅広い分野においてなくてはならない重要な物質なのです。 そのヘリウムガスが不足していることで、日本におけるヘリウムガスの輸入コストは、今や10年前のおよそ3倍にまで上昇。 さまざまな業界でヘリウムガス不足による問題が起きています。 そもそもヘリウムガスとはどのようなものか、そしてなぜ不足しているのか。 今後の見通しも含め、今報道されているヘリウムガス不足問題の現状を説明したいと思います。 医療や研究など多方面で使用されるヘリウムガス ヘリウムガスは、無色・無臭・無毒であり、不燃性の安定した気体です。 加えて空気より軽いという性質があります。 かつてバルーンには水素が使われていましたが、空気と混ざると燃えやすい性質を持っていました。 そのため、現在では不燃性のヘリウムガスがバルーンに使われており、ほかにも広告用バルーン、気球、飛行船など幅広いシーンで採用されています。 しかし、ヘリウムガスが活躍するのはバルーンだけではありません。 これはあらゆる物質の中でも最低の沸点であることから、ヘリウムガスは「不燃性の優秀な冷却剤」としても重宝されているのです。 MRI等の医療機器の冷却、半導体の製造における冷却などがその一例で、ほかにも研究開発、ロケットの燃料タンクの清掃、自動車のエアバッグ、深海探索など多方面で用いられています。 画像はイメージです。 日本におけるヘリウムガスの入手経路 日本で使われているヘリウムガスは、全て海外から輸入されています。 ヘリウムガスは大気中にごくわずかしか含まれない気体であり、大気中から抽出することは非常に困難です。 そのため、精製方法としてはヘリウムガスの濃度が高い天然ガスから抽出するのが一般的です。 しかし、このような天然ガスが取得できる井戸は地球上にごく一部しかなく、残念ながら日本には存在しません。 現在、ヘリウムガスが採取できるのは、アメリカ、カタール、アルジェリア、ポーランド、ロシアなどの限られた国のみ。 バルーンで親しまれているヘリウムガスですが、実は地球上ではわずかしか取れない天然希少資源なのです。 現在、日本におけるヘリウムガスの輸入先は、世界最大のヘリウムガス産出国であるアメリカが約60%、カタールが約30%となっています。 しかし、昨今のヘリウムガス不足に伴い、日本への供給にも大きな影響を及ぼしています。 要因1. 【アメリカ】ヘリウムガス生産量の減少 第一次世界大戦および第二次世界大戦の折、アメリカではヘリウムガスが防空気球に使用する気体として重宝され、ヘリウムガスの生産・貯蓄が積極的に進められてきました。 その結果、今日ではアメリカは複数の天然ガス井戸を有する世界最大のヘリウムガス生産国に成長しています。 しかし、戦争が終わり1990年代に入ると、アメリカにおけるヘリウムガスの重要性は低下し始めます。 加えて、ヘリウムガスの採取できる天然ガスの井戸の中には枯渇するものも出てきたうえ、ヘリウムガスの貯蓄はコストがかかることもあって、アメリカのヘリウムガス採取量は減少しつつあります。 もともと天然ガス採取の際の副産物として産出されるようになったヘリウムガスですが、このシェールガスにはヘリウムガスがほとんど含まれていません。 従って、アメリカにおけるシェールガス開発が進むほど、ヘリウムガスの産出量は減少していく可能性があるのです。 要因2. 【アメリカ】世界最大のヘリウム貯蔵施設の民営化とオークションの実施 世界で採取されているヘリウムガスのうち、アメリカのテキサス州にある政府管理下のヘリウム貯蔵施設、ワイオミング州のExxonMobil(エクソンモービル社)、そしてカタールのラスラファン工業地区の3ヶ所で全体の採取量の約75%を占めています。 その中でも世界最大のヘリウムガス供給源なのがテキサス州のヘリウム貯蔵施設なのですが、アメリカ政府はこの施設を2021年の9月までに完全民営化することを決定しました。 さらにこのオークションで、民間のガス販売企業であるAir Products(エアプロダクツ社)がヘリウムガスを買占めを行ったために、これまで日本がヘリウム貯蔵施設から輸入していた分のヘリウムガスの調達が困難に。 日本のヘリウムガス不足に拍車をかける形となりました。 【カタール】周辺国との国交断絶に伴うヘリウムガス輸出コストの上昇 カタールは、アメリカに次ぐヘリウムガス生産量を誇るアラビア半島の国です。 しかし、2017年にサウジアラビアをはじめとする周辺国がカタールに対し、「テロ組織への支援やイランとの親密な関係」を理由に国交断絶を表明。 カタールは、ヘリウムガスの輸出ルートを変更せざるを得なくなり、否応なしに輸出コストの上昇となったわけです。 またこのような情勢悪化の中、今後の供給の不安定さも指摘されています。 要因4. ヘリウムガスの採取・貯蔵に伴うコストの問題 要因1の項目でも少し触れましたが、ヘリウムガスの抽出および貯蔵にはかなりのコストがかかります。 もともと天然ガスとして採取したものからヘリウムガスを抽出するには、天然ガスから精製・分離する必要があり、その分余計なコストと手間がかかることになります。 またヘリウムガスは沸点が非常に低いため、貯蓄しその状態を維持するのにもコストがかかります。 加えて非常に軽い気体なので一度大気中に放出されるとたちまち霧散し、再度回収するのは非常に困難です。 これらのことから、「ヘリウムガスを生産してもコストに見合わない」と感じる企業は少なくないようです。 要因5. 世界規模で拡大し続けるヘリウムガスの需要 一方で、ヘリウムガスの需要は世界規模で拡大し続けています。 中でも半導体の生産に力をいれている中国でヘリウムガスの需要が急速に増加。 アジアを中心にヘリウムガスの需要が増え続けていることで、ヘリウムガスの高騰や、ヘリウムガスを必要とする一部の研究が滞るといった自体が発生しています。 Party City ヘリウムガスにおける今後の展望 現在、報道されているヘリウムガス不足は「需要の拡大に対し、ヘリウムガスの産出量が追いついていない」状態によるものです。 これまでヘリウムガスは、あくまで天然ガス採掘の際の副産物として偶発的に発見され、採取されてきたものでした。 しかし、世界的なヘリウムガスの需要拡大を受け、各国でヘリウムガス生産量拡大を目標とした新プロジェクトが進められています。 ロシアでは、すでに東シベリアで産出されるヘリウムガスの精製を進めており、2021年より国外への輸出を開始する見込みです。 またカタールでも2020年には第3プラントが、そして将来的には第4プラントの稼働も見込まれており、今後ヘリウムガス産出量が増加することが予想されてます。 アメリカでも、ヘリウムガスの新ソースを確保するためのプロジェクトが複数進められており、専門家の間でも2020年以降はヘリウムガス不足問題は改善に向かうだろうと考えられています。 あわせてご覧ください。 世界的なヘリウムガス不足に対する当社およびAnagramブランドの取り組みについてもご覧ください。

次の