妊娠 48歳。 48歳はどんな年?48歳の芸能人と48歳で出産や転職をした人のエピソード

48歳はどんな年?48歳の芸能人と48歳で出産や転職をした人のエピソード

妊娠 48歳

48歳で高齢出産した戸川昌子さん 今でこそ芸能人・有名人の高齢出産は当たり前のようになっていますが、実はいまから数十年前に48歳で高齢出産した芸能人の方がいらっしゃいます。 その方は推理作家及びシャンソン歌手として有名な戸川昌子さんです。 なんと出産時の年齢は48歳。 今現在は80歳を越えてらっしゃるので いまから30年以上も前に高齢出産をされたのです。 当時は相当なニュースとなったことでしょう。 戸川昌子さんと言えば前述のとおり推理作家及びシャンソン歌手として有名ですね。 著書である「大いなる幻影」は1962年に第8回江戸川乱歩賞を受賞した戸川昌子さんの代表作として有名な一冊ですね。 そんな戸川昌子さんですが、なんと実は、 父親がわからないそうです。 それほどに 同時進行で2~3人とのお付き合いをしていたとのことですから、当時から奔放な人生を歩んでいたんですね。 妊娠に気付いたのが5カ月くらいたってから そう、そんな奔放な人生を歩んで自由な恋愛をしていたので、なんと妊娠に気付いたのが5カ月くらいたってからだったそうです 笑 最初は生理が来ないなぁ・・・生理上がっちゃったと思っていたそうですがおかしいと思って検査を受けたら妊娠していたのです。 このエピソードだけでも凄さが伝わってきますね。 そんな戸川昌子さんですが、息子さんのシャンソン歌手であるNEROさんに未来を託して現在は各地でシャンソンを始めとするイベントを企画しているそうです。 いつまでもお元気でさらに奔放自由に生きていって欲しいですね。

次の

現実問題として何歳まで自然妊娠できますか?

妊娠 48歳

正直言って「びっくり」も入っています。 43才での出産ですよね? 今は高齢出産が珍しくないですが、子どもとの年齢差はずっと43才のままです。 当たり前 特に子どもが幼稚園などに行きだすと、周りのお母さんの年齢とはかなり違うことを実感するでしょう。 従妹が叔母が41才の時の子どもでした。 上のきょうだいたちとは一回り離れていましたね。 やはり幼稚園や学校などの行事に母親が来ると、目立ってイヤだったと言っていました。 「おばあちゃんみたい」と言われたりしたそうです。 小さい子は思ったままを口にしちゃいますからね。 でも今の時代「見た目」はいくらでも変えることができるから、そんなに心配はいらないかもしれないですが、身体の中や体力的なことは歳相応だと思います。 やっぱりお腹の赤ちゃんの健康状態や産後の体力回復などは、20代30代初めの出産とは全く違ってくると思います。 赤ちゃんの前にまず自分の体調、健康ですから。 ユーザーID: 9594054927• ありますよ。 私も昨年42歳で自然妊娠、出産しました。 一人目から年数が開いての妊娠も同じです。 トピ主さんの不安な気持ちがとてもよく分かります。 ちなみに我が家は可能ならもう一人授かりたいとの思いが夫婦にありました。 賛否両論あるとおもいますが・・・私は13週の時に胎児スクリーニングを受けました。 7〜8万ほどだったかな。 高齢なのでいろいろなリスクを考えたからです。 妊娠中も母体・胎児に問題はなく、分娩もスルスルおりてきて大安産でしたよ。 奇跡のように来てくれた赤ちゃん、ただただ可愛いです。 上の子もよく面倒を見てくれるのでとても助かっています。 私の体力は確実に落ちていますが、それでも精神的に落ち着いて、穏やかな気持ちで育児できるのは年を重ねたからかな。 あ、どうしたら体力温存しながら手抜きできるのか、必然的に思いつくのが上手くなったからかも(笑) 私の周囲では40歳を超えて高齢出産される方、何人かいらっしゃいます。 みなさん元気な赤ちゃんを出産されています。 会うと「お互いに健康で長生きしようね 」です(笑) どうかトピ主さんと赤ちゃんが元気に、無事に出産を迎えられますように。 応援しています!!!!! ユーザーID: 4634633303• 年齢があいているとはいえ、2人目さんなんですよね? 42歳の初産で自然妊娠ならまだしも、別に驚く事でもないと思いますよ。 私は1人目の出産が33歳、しばらくずーっとできずに40歳で妊娠、41歳で出産しました。 確かにビックリしましたし、不安もありましたが驚くほど順調に過ごすことができ、元気な子が生まれました。 実は35歳で一度流産しており、こればかりは赤ちゃんの生命力と母体の体質によるんだなぁと思いました。 私の周りには45歳で2人目を出産された方もいます。 ただ、産まれてからの体力の違いは実感していますね。 疲れの抜けにくい事!今は2歳の暴れん坊ですが1人目ほどリカバリーがききません… 子どもが昼寝すると一緒にしっかり体を休めながらぼちぼちやっています。 上の子は9歳。 本当に助けになりますよ。 産まれるとどうしても下の子に合わせたペースになってしまい色々と我慢させてしまうので 産まれるまでに沢山行きたいところやしたい事など子どもとの時間をできるだけ取りました。 もうそれなりの年なのであからさまな赤ちゃん返りはありませんが「下の子が寝てる間にケーキ食べよう!」とか「一緒にゲームしよう!」と言うと嬉しそうにしてくれます。 どうぞ無理をなさらずにお体を大事にしてくださいね。 ユーザーID: 0458210384• 曽祖母が明治時代に おめでとうございます。 実は私は43歳で初産、夫はその時は50歳でした。 結婚が遅かったのでこれでも普通な感じで。 とても元気な子で順調に育ちましたので、 トピ主さんは全く気にせず元気な子を産んでください。 年齢がいってるので育児がしんどいかと心配していましたが、 その分、経済的余裕があり、 特に夫の年収だけで余裕で暮らせるので、 お金の心配もなくゆったり育児ができました。 夫が、年齢経験から来る余裕で手伝ってくれたり 鷹揚な観点で守ってくれたり、 姑の干渉をシャットアウトしてくれたので、 子育てもあせらず随分気持ちが助かりました。 その子もまもなく高校生です。 本当に心配なことは医者に念入りに相談してください 根拠もなくいい加減な事を書いてる人がいるので惑わされないように。 ユーザーID: 2140481929.

次の

出産年齢のリミットについて|出産マナー&育児情報|出産内祝い.JP

妊娠 48歳

私だって、まだまだ大丈夫よね」と、なんとなくホッとしていませんか? でも、高齢出産は本当に誰にでも可能なんでしょうか。 そもそも、女性はいったい何歳まで産めるのでしょうか。 妊活・出産のタイムリミットを考えます。 1980年代は、30歳以上が「高齢出産」とされていた 日本人の晩婚化、晩産化が進んでいるといわれても、それが当たり前になっているミレニアル世代にはピンとこないかもしれません。 まずは、こんなデータから。 1980年当時、女性の平均初婚年齢は25. 2歳、第1子出生時の母親の平均年齢は26. 4歳でした。 80年代といえば、ミレニアル世代のママ世代が結婚・出産した時期です。 現在の日本産婦人科学会の定義では高齢出産(高年初産)は35歳以上ですが、当時は30歳以上が高齢出産とされていました。 20代半ばで結婚・出産して、そのあとに1〜2人子どもを産んで30歳前後、という人が多かったのでしょう。 平均初婚年齢と出生順位別母の平均年齢の年次推移(内閣府「平成29年度版少子化社会対策白書」より) それから35年後の2015年、女性の平均初婚年齢は29. 4歳、第1子出生時の母親の平均年齢は30. それぞれ約4歳上昇しました。 かつてなら高齢出産と言われた年齢で、1人目を産んでいるわけです。 女性は生まれた時点で卵子の数は決まっている 年齢が高くなると妊娠しにくくなることを、多くの女性はなんとなくわかっていることでしょうが、実際、妊娠はいつまで可能なのでしょうか。 閉経直前まで妊娠・出産できるかといえば、そういうわけではありません。 日本人の平均閉経年齢は約50歳。 その数年前には、妊娠できる能力は衰えているといいます。 女性は生まれた時点で卵巣にある卵子の数が決まっていて、それが時間とともにどんどん減って、やがて閉経を迎えます。 では、卵子がなくならなければ妊娠できるのか、というとそうではなく、卵子も加齢によって質が衰えるので、妊娠の可能性も下がります。 加齢によって卵巣をはじめとする臓器の機能も低下し、子宮内膜症や子宮筋腫などのトラブルの可能性も高くなる。 妊娠・出産に不利なことが増えていくのです。 いつまで妊娠できるかは個人差が大きく、自分が何歳まで産めるのかを知る方法は今のところありません。 ART妊娠率・生産率・流産率 2015(日本産科婦人科学会 ARTデータブック2015年版より) 35歳、体外受精などで出産できたのは18% このデータから、妊娠して実際に妊娠できるまでにはいくつもハードルがあることがわかります。 ART(体外受精や顕微授精など高度な不妊治療)を受けても、実際に出産までいたる割合は、 35歳で18. 4%、45歳で0. 9%なのです。 いかがでしょうか。 意外に低いと感じた人も多いのではないでしょうか。 ただし、これはあくまでARTを受けた人のデータで、自然妊娠や人工授精からの出産数は含まれませんので注意が必要です。 高齢では流産の可能性が高くなる もうひとつ注目しておきたいのが流産率。 35歳では20. 1%、40歳では34. 6%、45歳では63. 2%と、年齢とともに流産率は上がります。 年を重ねるほど、妊娠しにくく、流産の可能性が高まります。 40代で自然妊娠する人はたくさんいますから、妊娠・出産を必要以上に不安に思ったり、あきらめることはありません。 でも、「40歳になっても不妊治療をすれば産める」というのは、誰にでもあてはまるものではないと考えたほうがよさそう。 妊娠の確率だけでなく、人の身体の状態はそれぞれ違うし、妊娠はパートナーも関係することだからです。 シリーズ「妊活の教科書」の記事一覧•

次の