小栗旬 濡れ場。 小栗旬、沢尻エリカとの濡れ場は「役者失格」 ムードに飲まれ触れず : 映画ニュース

沢尻エリカが小栗旬との濡れ場シーンで「もっとこいよ」と胸の内を明かす

小栗旬 濡れ場

若い頃から大人気の小栗旬!史上初の情熱大陸2週ぶっちぎりで特集を組まれるなど、20代では敵なしという感じでした。 年を重ねるにつれていい感じの色気が出てきて、 これまでにドラマ・映画と山ほど出演作がありますから…これは濃厚なラブシーンの数々が見れるんじゃないかと期待したところ…結構少ないんですね。 子役の頃から芸能界で頑張ってきてることと、舞台を主戦場としていた時期があることも影響しているのでしょうか。 いずれにしても人気が高いから様々な役どころをこなしているのはすごい! 最近では太宰治の自伝をベースにした「人間失格」が随分と話題になり、残念ながら容疑者となってしまった沢尻エリカから「もっと来い!」などと要求されるなど、どうやらラブシーンは苦手な印象も受けてしまいます。 それでも!がっつりな濡れ場こそ「人間失格」しかありませんけど、キスシーンはそこそこ期待できるのでご紹介しましょう。 人気俳優なだけあってお相手も豪華な面子が揃っています。 もしかしたら新しい小栗旬の魅力を発見できるチャンスかも。 モノマネでおなじみになった「ま〜きの!」のセリフが飛び出すドラマももちろんラインナップに含まれているので、最後までじっくりご覧ください! 小栗旬の濡れ場やキスシーンが見れる映画・ドラマ5選 1. 何しろ「イケメンパラダイス」と題名につけるぐらいですからね。 その期待は裏切りません! このドラマではキスシーンをふた通り楽しむことができます。 1 つは男性同士のキス!しかもそれが小栗旬と生田斗真なのだから腐女子の皆さんは当時ノックアウトされたんじゃないでしょうか。 今からでも遅くはありません!ノックアウトされてください。 シチュエーションとしては誤爆キスなんですが、このシーンにはエピソードがあり、なんとリハを含めて 12回もキスをしたんだとか …。 まあ実際に見れるのはたった 1回だけなんですけどね。 もう 1 つのシーンは堀北真希とのキスです。 激しさこそないものの、最終的に男と女として向き合うという展開になっており、ここまでヤキモキしていた気分を一気に解放してくれる胸キュンシーンです。 長く熱い感じですから、相当気持ちがこもっているのが想像できますね。 ちなみに台湾・韓国でも映像化されていて、アジア圏では絶大な人気を誇ると言っていいでしょう。 物語はアメリカ育ちの主人公(女)が、自分の憧れる高飛び選手に会いたい一心で帰国するところから始まります。 しかし!憧れの人は男子高校に通っており、寮生活をしている …。 そこで男装をして入学するわけなんですね。 念願叶って同じクラス、しかも寮でも同部屋となり、男だらけの中に女の子ただ 1人なわけですからトラブルが起きないわけがありません! 憧れの人の身近な存在になることができた主人公ですが …彼は高飛びを止めていたのが最大のトラブルの始まりでした。 周りは男しかいない、そして高飛びをやめてしまった憧れの人と次々に巻き起こる騒動に注目です! 2. 地上波で小栗旬のラブシーンが見れるのは貴重ですが、こんなにも激しいヤツは他にないんじゃないでしょうか。 お相手になっているのは多部未華子。 しかもシチュエーションが軽いNTRという興奮する要素が詰まっています。 小栗旬は日系人ながらも、日本と戦争を繰り広げるアメリカの翻訳モニターという役柄なんですね。 生まれ育ったアメリカと、両親の故郷である日本との間で悩まされ、神経をボロボロにされていきます。 そこで…以前から惹かれていた友人の恋人が唯一の癒しになっちゃうわけです。 徐々にお互いに惹かれあっていることに気づき、濃厚なキス!頭をがっちりホールドしながらグイグイ舌を入れていきます。 そして多部未華子も負けじとこれに応える感じ。 放送当初はネットでも凄まじい話題になり、キスシーンの効果音?がBGMに聞こえるといわれるほどでした。 これには小栗旬の奥さんである山田優も嫉妬するんじゃないの?と心配されるほど濃厚なシーン…。 二つの祖国の簡単なあらすじ 原作は山崎豊子の同名小説です。 ロサンゼルスのリトルトーキョーと呼ばれる場所で、新聞記者と働く小栗旬は、ある日強制収容所に送られることになります。 時代は第二次世界大戦の真っ最中。 日系人はすべてスパイだ!というむちゃくちゃな論理からこうした差別が堂々と行われていたんですね。 そこで日系アメリカ人として、アメリカ・日本、どちらに忠誠を誓うのかを迫られるわけです。 結局翻訳家としてアメリカ側につき、終戦後は原爆調査官として広島へ行くことになるんですが…。 第二次世界大戦の内情から、極東国際軍事裁判などすべて史実に基づいたストーリーになっているので万人受けこそしないものの、骨太の作品であることは間違いありません。 衝撃的なラストシーンにも注目! 3. ちょっとセリフは臭いけど、小栗旬になら言われてみたい!と思う女性ファンもたくさんいるんじゃないでしょうか。 場面は小栗旬が仕事でブラジルに行く前に起こります。 「夏井真琴!僕はお前のことが好きだ」と叫んでキスとするのですが…まあ様になっていますよね。 ちなみにその相手役になっているのは石原さとみで、「マジでこの2人付き合ってるんじゃないか!?」と疑った人も少なくないそう。 キスシーンとしては結構軽めなので、これで終わりなのか…とがっかりしてしまうかもしれません。 しかし!「いくら僕でも1万8590キロ離れているとキスが出来ないからだから今しとく」とか言い出し、2回目もあるから不意打ちを食らってしまった人も多いでしょう。 濃厚なキスシーンはセリフがなく貪り合う!みたいな感じが定番になっていますけど、これはセリフに絡めながらキスをするという具合に仕上がっているので、小栗旬ファンが最も楽しめるキスシーンと言えるかもしれません! リッチマン&プアウーマンの簡単なあらすじ 若くしてIT企業の億万長者社長の仲間入りを果たした小栗旬は、タイトル通りのリッチマンを演じています。 対するヒロインの石原さとみは東大卒というキレもの、高学歴でありながらも全然就職できないプアウーマンという役どころ。 まるで真逆な生活を送る様は、「プリティーウーマン」の現代版とも言われており、当然ながら価値観の違う2人は衝突を繰り返すことになります。 出会いは石原さとみがインターンシップで小栗旬の会社で働き始めることがきっかけ。 ただ…彼は社員の解雇を1通のメールで済ませるほど冷徹な感じなので、爽やかな役を求めている人は唖然としてしまうかもしれません。 しかし、そんな中でも「男のかっこよさ」や現代人が抱える悩みなどを上手く表現していて、共感できる部分はたくさんあるでしょう。 だって未だにモノマネされるぐらいですからね。 メインキャストは松本潤であるものの、小栗旬の役柄にも相当支持する声が集まりました。 どちらかといえばさわやか系の恋愛模様が繰り広げられており、その中でも抜群の存在感を発揮しています。 さあ問題のキスシーンですが…相手はヒロインの井上真央。 この人はよりによって、小栗旬の友人でもある松本潤と両想いなんですよね。 小栗演じる花沢類は一見、ボーッとしているようでいてかなり頼り甲斐のある男。 そんな彼が突然ヒロインへの想いを爆発させます。 といっても大人しめではありますが。 驚くヒロインに対して「だってしょうがないじゃん。 したかったんだから」で終わり。 これにが全国の女性が拍手喝采&小栗旬の家族が「花沢類はあんたじゃない!」というクレームがつくというオチ。 ヒロインを取り合う強力なライバル&味方として深く視聴者に印象付けました。 花より男子の簡単なあらすじ もはや女性には説明の必要がないほど人気のある少女漫画が原作になっています。 連載は1992年〜2004年とすでに連載が終わって時間が経っている漫画ではあるものの、ファンが絶えないようですね。 物語は超金持ちしか通わない学校に入学した一般家庭に育ったヒロインが、様々なトラブルに巻き込まれていくというもの。 冒頭は小栗旬を含め、F4と呼ばれるメンツからいじめにあうんですね。 それでも学校を仕切るF4に負けない主人公は、徐々に彼らの信頼を勝ち取っていき、親密な関係になっていくという展開。 その中で松本潤が演じる道明寺と惹かれ合うのですが、この2人が素直になれない性格なのであっち行ったりこっち行ったりと、なかなかハッピーエンドになりません。 それをわかっていて気持ちが抑えきれない小栗旬に注目してください! 5. しかも相手が3人もいるんですからね…。 まずは クレームを出された沢尻エリカとのラブシーン。 撮影初日に行われたらしく、胸を触らない小栗旬に対して沢尻エリカからは「もっと来いよ!」とダメだし。 愛人役である沢尻エリカとのラブシーンですが、どんなシーンに仕上がっているかというと…だいぶ解放的なセックスしてます。 ダイニングテーブルやお風呂の中といった感じで、「死ぬ気で恋をしよう」などと、妻がある人とは思えない…。 続いては妻役の宮沢りえ。 こちらは愛人役の2人とは異なり、大人しめ。 まあ夫婦なんですから仕方がないでしょう。 自宅の玄関先で行為に及びますが、優しいジェントルマンといった雰囲気。 最後に二階堂ふみとのラブシーンですけど…これが一番激しいです。 彼女自身も裸になっていますし、最後まで描かれているのは二階堂ふみとの行為だけ。 全編にわたって濡れ場シーンが存分に織り込まれている上に、思わず女性がうっとりしてしまうようなセリフと、セクシーなかすれ声で囁く小栗旬はこれまでにない魅力を放っています。 ダメ男に恋する女の気持ちがわからない!という人もこれを見ればわかるはず!? 人間失格 太宰治と3人の女たちの簡単なあらすじ 自殺未遂の常連(女性も道連れ)、そして薬物中毒、さらには精神的な病などとても「走れメロス」などを書いた人と思えない太宰治の自伝をベースにした物語です。 そこまで史実に忠実というわけではないものの、映画に出てくる登場人物にはモデルがいて、太宰自身も女にはだらしなかったので大きく外れていることはないようです。 小栗旬が演じるのはもちろん太宰本人であり、その私生活のめちゃくちゃぶり、主に女性関係を中心に玉川上水で自殺を遂げるところまで作品は描いています。 まあ、なんとなく雰囲気で察してる人も多いのでしょうが、この映画での小栗旬はかなりクズ男になっています。 子供をあやすシーンも一瞬出てきますけど、本当に一瞬…。 ただ…狂気に走っていく小栗旬演じる太宰も怖いんですけど、相手になっている3人の女も十分怖いです…。 まとめ いかがでしたか。 意外にラブシーンは少なく、さわやか系が多いのでイメージを崩されることはないから安心してみることができますね。 どちらかというと「素敵な台詞」を交えてのキスシーンを堪能できますから、あのロートーンボイスと不意打ちキスにキュンキュンしたい人は、ぜひ小栗旬で楽しんでください!.

次の

人間失格(映画)動画を無料視聴する方法!小栗旬主演で過激シーン満載?|movie

小栗旬 濡れ場

映画『人間失格』公式サイトより 新元号が「令和」に決まり、世間も盛り上がっているが、一部では新時代で最初に脱ぐ女優は誰かにも注目が集まっている。 業界関係者の間で、艶演技が加速していきそうな女優の筆頭と目されているのが二階堂ふみだ。 最近は主演映画『翔んで埼玉』が大ヒット。 4月スタートのドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系)でも、KAT-TUN・亀梨和也との共演が話題を呼んでいる。 二階堂はまだ24歳と若いが、出演映画作品ではたびたび裸になって艶演技を披露。 『私の男』(2014)、『この国の空』(15)、『蜜のあわれ』(16)、『SCOOP!』(同)では濡れ場を演じたり、全裸バックショットがあったりした。 そして、昨年、女優生命をかけて臨んだのが、映画『リバーズ・エッジ』だった。 「ヌードシーンで、ついにEカップの全貌を露わに。 2度にわたって乳首をさらしました。 まだ熟れていないハリのある乳房や、ツンと上を向いた乳首は絶品そのもの。 興行的には惨敗し、二階堂も『もう裸はいいかな』と漏らしていたといいますが、新たな本格派女優の誕生を感じさせてくれました」(映画ライター) そんな二階堂は9月公開の映画『人間失格』でも、再びヌードになる可能性が高いという。 「監督の蜷川実花は性と死を描くことをテーマにしています。 今作では主演の小栗旬との濃厚なカラミが予定されているようで、二階堂が全裸になって巨尻や乳首を再び解禁するのではと目されています。 また、同じ所属事務所のピエール瀧が逮捕されたことで、事務所も二階堂に穴埋めを期待したいはず。 これから脱ぎ仕事のオファーが続々と来るのでは」(同) 平成と令和の2つの時代をまたいでの乳首出しとなれば、新時代を代表する女優の有力候補となるだろう。

次の

映画『銃』のフル動画の無料視聴方法!日南響子のヌード濡れ場!拳銃を拾ってしまった大学生の理性が崩壊!

小栗旬 濡れ場

若い頃から大人気の小栗旬!史上初の情熱大陸2週ぶっちぎりで特集を組まれるなど、20代では敵なしという感じでした。 年を重ねるにつれていい感じの色気が出てきて、 これまでにドラマ・映画と山ほど出演作がありますから…これは濃厚なラブシーンの数々が見れるんじゃないかと期待したところ…結構少ないんですね。 子役の頃から芸能界で頑張ってきてることと、舞台を主戦場としていた時期があることも影響しているのでしょうか。 いずれにしても人気が高いから様々な役どころをこなしているのはすごい! 最近では太宰治の自伝をベースにした「人間失格」が随分と話題になり、残念ながら容疑者となってしまった沢尻エリカから「もっと来い!」などと要求されるなど、どうやらラブシーンは苦手な印象も受けてしまいます。 それでも!がっつりな濡れ場こそ「人間失格」しかありませんけど、キスシーンはそこそこ期待できるのでご紹介しましょう。 人気俳優なだけあってお相手も豪華な面子が揃っています。 もしかしたら新しい小栗旬の魅力を発見できるチャンスかも。 モノマネでおなじみになった「ま〜きの!」のセリフが飛び出すドラマももちろんラインナップに含まれているので、最後までじっくりご覧ください! 小栗旬の濡れ場やキスシーンが見れる映画・ドラマ5選 1. 何しろ「イケメンパラダイス」と題名につけるぐらいですからね。 その期待は裏切りません! このドラマではキスシーンをふた通り楽しむことができます。 1 つは男性同士のキス!しかもそれが小栗旬と生田斗真なのだから腐女子の皆さんは当時ノックアウトされたんじゃないでしょうか。 今からでも遅くはありません!ノックアウトされてください。 シチュエーションとしては誤爆キスなんですが、このシーンにはエピソードがあり、なんとリハを含めて 12回もキスをしたんだとか …。 まあ実際に見れるのはたった 1回だけなんですけどね。 もう 1 つのシーンは堀北真希とのキスです。 激しさこそないものの、最終的に男と女として向き合うという展開になっており、ここまでヤキモキしていた気分を一気に解放してくれる胸キュンシーンです。 長く熱い感じですから、相当気持ちがこもっているのが想像できますね。 ちなみに台湾・韓国でも映像化されていて、アジア圏では絶大な人気を誇ると言っていいでしょう。 物語はアメリカ育ちの主人公(女)が、自分の憧れる高飛び選手に会いたい一心で帰国するところから始まります。 しかし!憧れの人は男子高校に通っており、寮生活をしている …。 そこで男装をして入学するわけなんですね。 念願叶って同じクラス、しかも寮でも同部屋となり、男だらけの中に女の子ただ 1人なわけですからトラブルが起きないわけがありません! 憧れの人の身近な存在になることができた主人公ですが …彼は高飛びを止めていたのが最大のトラブルの始まりでした。 周りは男しかいない、そして高飛びをやめてしまった憧れの人と次々に巻き起こる騒動に注目です! 2. 地上波で小栗旬のラブシーンが見れるのは貴重ですが、こんなにも激しいヤツは他にないんじゃないでしょうか。 お相手になっているのは多部未華子。 しかもシチュエーションが軽いNTRという興奮する要素が詰まっています。 小栗旬は日系人ながらも、日本と戦争を繰り広げるアメリカの翻訳モニターという役柄なんですね。 生まれ育ったアメリカと、両親の故郷である日本との間で悩まされ、神経をボロボロにされていきます。 そこで…以前から惹かれていた友人の恋人が唯一の癒しになっちゃうわけです。 徐々にお互いに惹かれあっていることに気づき、濃厚なキス!頭をがっちりホールドしながらグイグイ舌を入れていきます。 そして多部未華子も負けじとこれに応える感じ。 放送当初はネットでも凄まじい話題になり、キスシーンの効果音?がBGMに聞こえるといわれるほどでした。 これには小栗旬の奥さんである山田優も嫉妬するんじゃないの?と心配されるほど濃厚なシーン…。 二つの祖国の簡単なあらすじ 原作は山崎豊子の同名小説です。 ロサンゼルスのリトルトーキョーと呼ばれる場所で、新聞記者と働く小栗旬は、ある日強制収容所に送られることになります。 時代は第二次世界大戦の真っ最中。 日系人はすべてスパイだ!というむちゃくちゃな論理からこうした差別が堂々と行われていたんですね。 そこで日系アメリカ人として、アメリカ・日本、どちらに忠誠を誓うのかを迫られるわけです。 結局翻訳家としてアメリカ側につき、終戦後は原爆調査官として広島へ行くことになるんですが…。 第二次世界大戦の内情から、極東国際軍事裁判などすべて史実に基づいたストーリーになっているので万人受けこそしないものの、骨太の作品であることは間違いありません。 衝撃的なラストシーンにも注目! 3. ちょっとセリフは臭いけど、小栗旬になら言われてみたい!と思う女性ファンもたくさんいるんじゃないでしょうか。 場面は小栗旬が仕事でブラジルに行く前に起こります。 「夏井真琴!僕はお前のことが好きだ」と叫んでキスとするのですが…まあ様になっていますよね。 ちなみにその相手役になっているのは石原さとみで、「マジでこの2人付き合ってるんじゃないか!?」と疑った人も少なくないそう。 キスシーンとしては結構軽めなので、これで終わりなのか…とがっかりしてしまうかもしれません。 しかし!「いくら僕でも1万8590キロ離れているとキスが出来ないからだから今しとく」とか言い出し、2回目もあるから不意打ちを食らってしまった人も多いでしょう。 濃厚なキスシーンはセリフがなく貪り合う!みたいな感じが定番になっていますけど、これはセリフに絡めながらキスをするという具合に仕上がっているので、小栗旬ファンが最も楽しめるキスシーンと言えるかもしれません! リッチマン&プアウーマンの簡単なあらすじ 若くしてIT企業の億万長者社長の仲間入りを果たした小栗旬は、タイトル通りのリッチマンを演じています。 対するヒロインの石原さとみは東大卒というキレもの、高学歴でありながらも全然就職できないプアウーマンという役どころ。 まるで真逆な生活を送る様は、「プリティーウーマン」の現代版とも言われており、当然ながら価値観の違う2人は衝突を繰り返すことになります。 出会いは石原さとみがインターンシップで小栗旬の会社で働き始めることがきっかけ。 ただ…彼は社員の解雇を1通のメールで済ませるほど冷徹な感じなので、爽やかな役を求めている人は唖然としてしまうかもしれません。 しかし、そんな中でも「男のかっこよさ」や現代人が抱える悩みなどを上手く表現していて、共感できる部分はたくさんあるでしょう。 だって未だにモノマネされるぐらいですからね。 メインキャストは松本潤であるものの、小栗旬の役柄にも相当支持する声が集まりました。 どちらかといえばさわやか系の恋愛模様が繰り広げられており、その中でも抜群の存在感を発揮しています。 さあ問題のキスシーンですが…相手はヒロインの井上真央。 この人はよりによって、小栗旬の友人でもある松本潤と両想いなんですよね。 小栗演じる花沢類は一見、ボーッとしているようでいてかなり頼り甲斐のある男。 そんな彼が突然ヒロインへの想いを爆発させます。 といっても大人しめではありますが。 驚くヒロインに対して「だってしょうがないじゃん。 したかったんだから」で終わり。 これにが全国の女性が拍手喝采&小栗旬の家族が「花沢類はあんたじゃない!」というクレームがつくというオチ。 ヒロインを取り合う強力なライバル&味方として深く視聴者に印象付けました。 花より男子の簡単なあらすじ もはや女性には説明の必要がないほど人気のある少女漫画が原作になっています。 連載は1992年〜2004年とすでに連載が終わって時間が経っている漫画ではあるものの、ファンが絶えないようですね。 物語は超金持ちしか通わない学校に入学した一般家庭に育ったヒロインが、様々なトラブルに巻き込まれていくというもの。 冒頭は小栗旬を含め、F4と呼ばれるメンツからいじめにあうんですね。 それでも学校を仕切るF4に負けない主人公は、徐々に彼らの信頼を勝ち取っていき、親密な関係になっていくという展開。 その中で松本潤が演じる道明寺と惹かれ合うのですが、この2人が素直になれない性格なのであっち行ったりこっち行ったりと、なかなかハッピーエンドになりません。 それをわかっていて気持ちが抑えきれない小栗旬に注目してください! 5. しかも相手が3人もいるんですからね…。 まずは クレームを出された沢尻エリカとのラブシーン。 撮影初日に行われたらしく、胸を触らない小栗旬に対して沢尻エリカからは「もっと来いよ!」とダメだし。 愛人役である沢尻エリカとのラブシーンですが、どんなシーンに仕上がっているかというと…だいぶ解放的なセックスしてます。 ダイニングテーブルやお風呂の中といった感じで、「死ぬ気で恋をしよう」などと、妻がある人とは思えない…。 続いては妻役の宮沢りえ。 こちらは愛人役の2人とは異なり、大人しめ。 まあ夫婦なんですから仕方がないでしょう。 自宅の玄関先で行為に及びますが、優しいジェントルマンといった雰囲気。 最後に二階堂ふみとのラブシーンですけど…これが一番激しいです。 彼女自身も裸になっていますし、最後まで描かれているのは二階堂ふみとの行為だけ。 全編にわたって濡れ場シーンが存分に織り込まれている上に、思わず女性がうっとりしてしまうようなセリフと、セクシーなかすれ声で囁く小栗旬はこれまでにない魅力を放っています。 ダメ男に恋する女の気持ちがわからない!という人もこれを見ればわかるはず!? 人間失格 太宰治と3人の女たちの簡単なあらすじ 自殺未遂の常連(女性も道連れ)、そして薬物中毒、さらには精神的な病などとても「走れメロス」などを書いた人と思えない太宰治の自伝をベースにした物語です。 そこまで史実に忠実というわけではないものの、映画に出てくる登場人物にはモデルがいて、太宰自身も女にはだらしなかったので大きく外れていることはないようです。 小栗旬が演じるのはもちろん太宰本人であり、その私生活のめちゃくちゃぶり、主に女性関係を中心に玉川上水で自殺を遂げるところまで作品は描いています。 まあ、なんとなく雰囲気で察してる人も多いのでしょうが、この映画での小栗旬はかなりクズ男になっています。 子供をあやすシーンも一瞬出てきますけど、本当に一瞬…。 ただ…狂気に走っていく小栗旬演じる太宰も怖いんですけど、相手になっている3人の女も十分怖いです…。 まとめ いかがでしたか。 意外にラブシーンは少なく、さわやか系が多いのでイメージを崩されることはないから安心してみることができますね。 どちらかというと「素敵な台詞」を交えてのキスシーンを堪能できますから、あのロートーンボイスと不意打ちキスにキュンキュンしたい人は、ぜひ小栗旬で楽しんでください!.

次の