冷やし中華 発祥。 冷やし中華発祥の地で味わう!仙台おすすめ店6選

冷やし中華の日の由来と面白い雑学、7月7日の今日は何の日?

冷やし中華 発祥

やあやあ、仙台在住の鷹h氏()だよ。 仙台に住んでいるとどうしても気になることがあります。 それはやたらと「 仙台発祥」を主張したがる気質。 特に冷やし中華食べてるとすぐに言うんだよね。 あとはフィギュアスケートとか、炉端焼きとかね。 仙台発祥のモノ多すぎじゃない?? 宮城・仙台にはご当地発祥のモノがあるとされていますが、その中には意外なものや、本当なの??とかなり疑問符がつくものまで!! …とはいえ、日本全国を見渡せば、ご当地発祥のモノって多く存在します。 国産ガラス発祥の地は大阪だったり、国産コーヒー発祥が長崎だったり、日本のトライアスロン発祥の地は茨城だったりね。 当時の人々が生存しているわけではないので、真偽の程は分かりません。。。 今回は、そんな宮城・仙台発祥だとまことしやかにウワサされているものについて調べてみたので、メモしておこうと思います。 - sponsored link - 引用元: 仙台市博物館の入り口に「五色沼」と呼ばれる小さな池があります。 ここに、五色沼の南縁に 男女ペアのスケーターの像と「フィギュアスケート発祥の地」と 書かれた碑が建っています。 本当かなと思って調べてみると、 「五色沼」は 元・青葉城五色沼が造られた江戸時代は小氷期にあたり、少なくとも戦前までは現在よりも気温が低かったため、冬期に五色沼は凍結していた。 そのため、五色沼は仙台市のスケートの中心地として賑わった。 現在は、厳冬期に一部に薄氷が張るものの、人がのるには不充分であり、スケートをすることは出来ない。 明治以降、日本各地にスケートが伝わったが、五色沼では、• 1890年(明治23年)頃、仙台在住の外国人がスケートを始めた。 1897年(明治30年)頃、米国人デブィソンが子供達にフィギュアスケートを教えた。 1909年(明治42年)頃、(旧制)第二高等学校( 地図)の生徒が、ドイツ語教師ウィルヘルにフィギュアスケートの基本を習った。 引用元: 日本ではじめてスケートが行なわれたのは札幌で、1877年(明治10年)札幌農学校のアメリカ人教師ブルックスが紹介したのが発祥だと言われています。 しかし、フィギュアスケートとなると、1890年の仙台が発祥のご様子。 フィギュアスケートとは、スケートですべって幾何学模様を正確に描くという意味のようです。 よくよく考えてみると、本田武史選手、荒川静香選手、田村岳斗選手、荒井万里絵選手などなど、仙台からはフィギュアスケートのオリンピック選手が次々と誕生していますね! これらの選手を育てたのが長久保裕コーチで、彼らが練習を重ねていたのが泉区にあるアイスリンク仙台(旧オレンジワン泉、コナミスポーツ泉・スケートリンク)です。 引用元: 県外の人に宮城・仙台のイメージについて尋ねると、「 牛タン!」と回答されるほど有名な牛タングルメ。 私も仙台出身ですが、これには結構違和感があります。 仙台人って牛タンを良く食べてる、と思われがちですが、全然常用食ではなく、むしろほとんど食べることがないです。 むしろ 旅行で来てる人のほうが余裕でたくさん食べてます。 飲食店由来のわりと最近の名物で、地元のおじいさんおばあさんだと余り食べたことがない人も結構いるはず。 調べてみると、やっぱり昔から地元で愛されてきた食べ物ではなく、牛タンが食べられるようになったのは戦後のこと。 だって、仙台で食べている牛タンって 大体アメリカ産かオーストラリア産だもんね。 発祥当時は闇市(現在の仙台朝市)で屋台営業をしていて、そこでは単に「牛焼肉」として売られていて牛のベロであることをお客に伏せていたそうです。 他の地域では牛のベロは捨てていたんでしょうね。。 当初、地元ではそれほど人気のある食べ物ではなかったものの、仙台への転勤者や旅行者の間でその美味しさが評判になったことや、テレビやラジオなどでヘルシーな食べ物と紹介されたことで、全国的な知名度を獲得していったそうです。 涼拌麺 リャンバンメン 、今から七十年以上も前、初めて世に出た冷やし中華はこう名付けられました。 当店「龍亭」の創業者四倉義雄の資料によると「昭和十二年、全国の業界に先駆けて、涼拌麺を開発し…」という記録が残されております。 当時の中華料理店では、現代とは違い冷房などもなく、油っこく熱いというイメージの中華料理は敬遠されがちで、夏場の売り上げ減はとても厳しく深刻なものでした。 そこで、暑い中でも食べて頂ける冷たい麺料理の開発に取り組んだのです。 夏バテ防止に栄養のバランスを考え、野菜をふんだんに使い、食欲増進に酸味を加え、試行錯誤の末に考案されたのが《涼拌麺~冷やし中華》でございます。 しかし、東京の神田神保町にある明治39年創業の老舗中華料理店「」にも冷やし中華・元祖説がある様子。 龍亭は昭和12年に夏に客足が遠のく対策で作ったそうですが、揚子江菜館は昭和8年に上海料理の涼拌麺とざるそばをヒントに作り、盛り付けは富士山をイメージしたそうです。 年代は揚子江菜館の方が古いですが、戦前の古い話ですし一概に決めらつけられないのが元祖説の難しいとこ。 まあ、どっちが元祖であっても冷し中華は素晴らしい発明!「龍亭」は今も営業中で、冷やし中華を1年中食べることができます。 引用元: みんな大好き回転ずし。 回転寿司も仙台発祥であるらしいとの説が。 機械は大阪発祥だが、店は仙台発祥? によれば、回転寿司の正確な歴史とされているものは以下の通り。 大阪の立ち喰い寿司店経営者・白石義明が、ビール製造のベルトコンベアをヒントに、多数の客の注文を低コストで効率的にさばくことを目的として「コンベヤ旋廻食事台」を考案し、1958年、大阪府布施市(現・東大阪市)の近鉄布施駅北口に最初の回転寿司店である「元禄寿司」(元禄産業株式会社)を開いた。 「コンベヤ旋廻食事台」は、1962年12月6日に「コンベヤ附調理食台」として白石義明の名義で実用新案登録(登録第579776号)されている。 西日本で店舗展開していた元禄寿司に対して、宮城県の企業(現在のジー・テイスト「平禄寿司」)が東日本での元禄寿司の営業権契約を獲得し、一号店の誕生から10年後の1968年、仙台市に元禄寿司のフランチャイズ店が開店した。 元禄産業によると、これが「東日本で初めての回転寿司店」だという。 1970年に開催された日本万国博覧会に元禄寿司が出展し表彰されると一気に知名度が高まり、従来の寿司店の高級化傾向に対し、廉価さ、手軽さ、会計の明朗さで大衆客のニーズをとらえた。 1975年には、北関東の元禄寿司フランチャイズ事業者(元気寿司の前身企業)が郊外への出店を始め、これが郊外型店舗が増加するきっかけとなった。 1970年代以降、元禄寿司のフランチャイズは全国的に広まり最盛期には200店を超えた。 さらに、1978年に「コンベヤ附調理食台」の権利が切れると、現在の大手となる企業など新規参入が相次ぎ競争が激化。 また元禄寿司をフランチャイズ展開していた企業も、自前の店名ブランドを掲げ独立していった。 東日本において「回転寿司は仙台発祥」説が根強いのは、白石氏の特許が切れるまでの20年間、日本に回転寿司は元禄寿司しかなく、東日本の人にとって元禄寿司は仙台の会社だったからということですね。 1991年(平成3年)(1989年頃との説もある)、仙台市の歓楽街である国分町のショットバー「サウサリートカフェ Sausalito Cafe 」のバーテンダー・黒澤亮一が、酒の苦手な常連の女性客のためにつくったのが最初とされている。 この女性客が、当時流行していたレゲエミュージックのファンだったため「レゲエパンチ」と命名された。 その飲み口の良さや簡便な製法がうけ、国分町の飲食店の間に広まった。 若者の間に爆発的に広がったのは、1990年代後半の(ダンス)クラブブームの時で、踊ってのどが渇いたところでバーで頼む飲み物として市民権を得た。 すなわち、汗をかいたからといって安易にビールを飲むと腹が張ってだぶついてしまい、一晩中踊るような時には都合が悪いが、レゲエパンチならそのようなことはなかったからである。 このような背景もあって、地元仙台では、短期間のうちに非常に知名度の高い飲み物となった。 引用元: 独特の風味が特徴で、好む人を選ぶ上級者向けの珍味と思われがちな「 ホヤ」。 宮城の人は全国でもホヤを日常的に食べると思っているきらいがあります。 ホヤ食自体の歴史は古く、約1000年前の平安時代前期から愛されていたという記述も残っているほどですが、養殖は、約120年前、宮城県の唐桑村(現気仙沼市唐桑町)で始まりました。 ホヤを表す漢字は、「海鞘」「保夜」「火屋」「老海鼠」「火焼」など豊富にあり、日本人にとって古くから親しまれてきた食材だということをうかがい知ることができます。 宮城県は、ホヤの生産量が全国トップ(シェア約80%)、さらに消費量も全国トップを誇ります。 鮮度が良いものは甘みがあり爽やかな味わいで、海そのものを食べているかのようです。 鮮度が悪いとちょっと癖が強すぎて食べにくいんだけどね。 流通網と鮮度保持技術の発達で、広い範囲で鮮度の良いホヤを味わうことができるようになっています! 引用元: これは完全な郷土料理ですが、「 はらこめし」ってどれくらい全国の知名度があるんでしょうか。 「はらこ飯」の「はらこ」はその名のごとく「鮭の腹子」のこと。 秋から冬にかけ宮城県沖で水揚げされる「天然秋鮭」を使った宮城県の郷土料理です。 作り方は鮭の身を甘辛く薄味で煮込み、その煮汁でごはんを炊き、最後に炊いたごはんを丼にのせ、その上に柔らかく煮込んだ鮭の身と、この子供であるイクラをのせます。 まさに鮭だけを使った鮭の親子丼が「はらこ飯」です。 これは本当に美味い! 江戸時代、鮭の漁が盛んな宮城県亘理町に時の領主「伊達政宗」が訪れた際、地元の人々が鮭とイクラを使った「はらこ飯」を献上したところ、大変美味な味に驚いたと言われています。 以来、はらこ飯は宮城県亘理町の郷土料理として発展しました。 仙台に来たら是非一度食べてもらいたい一品です。

次の

冷やし中華にマヨネーズ・そのルーツと理由を探る!

冷やし中華 発祥

夏に食べたいものといえば、冷たいものやさっぱりとしたものでしょう。 なかでも『冷やし中華』は、夏バテで食欲が減退していても食べてしまうものです。 夏の風物詩ともいえる冷やし中華は、いつどこで生まれたのでしょうか。 意外と知らない、冷やし中華の誕生と歴史について解説します。 冷やし中華は日本発祥の麺料理? 冷やし中華は名前に『中華』が付くので、中国生まれの料理だと思う人も多いようです。 実は日本生まれの料理で、発祥とされるお店も国内にあります。 冷やし中華の発祥について、詳しく見ていきましょう。 元祖は仙台の龍亭説が有力 冷たい喉越しと程よい酸味が特徴的な冷やし中華は、日本で生まれた料理です。 その元祖は、宮城県仙台市にある中国料理店『龍亭』が有力だとされています。 龍亭の冷やし中華誕生は、昭和12年の夏にまでさかのぼります。 東北といえど夏は暑く、中国料理は熱いイメージがあるため売り上げは低下していたそうです。 仙台七夕のお祭りと重なるその時期、観光客を呼び込み売り上げを伸ばす『打開策』として考案されたのが、冷やし中華でした。 当時はキャベツやニンジンなどの野菜をのせたシンプルなものでしたが、少しずつ改良され、さまざまな具材をのせた現在のスタイルへと変化していきました。 こうして、冷やし中華は夏の食べ物として受け入れられ、近年ではさらに『冷たい麺料理』のバリエーションが増えています。 なかでも隣にある山形県の『冷やしラーメン』や『ざる中華』などが有名です。 同時期に神保町の揚子江菜館でも提供 同じ時期に、神田・神保町の『揚子江菜館』でも冷やし中華が提供されています。 冷やし中華といえば、玉子や野菜、ハムなどさまざまな具を放射状に盛られたイメージが強いでしょう。 この盛り方の元祖は、『揚子江菜館』の『富士山盛り』だといわれています。 同時期に似たようなものが複数生まれることは珍しくなく、どちらを元祖とするかは判断が難しいところです。 いずれにしても、冷やし中華の発祥が日本であることに変わりはありません。 西日本では冷麺と呼ぶこともある 西日本の一部の地域では、冷やし中華を『冷麺』と呼ぶことがあります。 冷麺は、もともと朝鮮半島の冷たい麺料理を指すもので、そば粉や小麦粉を原料に作られた弾力ある麺が特徴の『韓国冷麺』もその一つです。 西日本ではこのような『冷たい麺料理』を総じて『冷麺』と呼んでいるそうです。 そのため、全く違う特徴を持つ冷やし中華も冷麺と呼ばれており、驚く人もいるかもしれません。 冷やし中華がポピュラーになった経緯 仙台や神保町で考案された麺料理が、ここまで全国的に広がったのはどうしてでしょうか。 冷やし中華がポピュラーになった経緯をまとめてみます。 全国への普及は戦後から 昭和12年ごろに日本で生まれた冷やし中華ですが、全国への普及は戦後から始まったとされています。 戦前は物資に乏しかったことから、具材が少なく盛り付けもシンプルなものでした。 戦後には物流や野菜の供給も豊かになり、細切りにした具材を放射状に盛り付けるスタイルがすでに確立されていたようです。 家庭向け商品の登場で人気が拡大 全国への普及を後押ししたのは、家庭向け冷やし中華の販売です。 1960年、仙台にある製麺会社『だい久製麺』が家庭用の冷やし中華『元祖だい久 冷やし中華』を販売しました。 当時は画期的だった生麺と液状のタレがセットになった商品で、手軽に食べられると消費者の心を掴みます。 宮城県下ではブームになるほどの人気ぶりだったようです。 これまで『涼拌麺』や『冷やしそば』『冷やし中華そば』など統一されていなかった呼び名も、発売を機に『冷やし中華』と呼ぶのが主流になりました。 冷やし中華の定義や地域性はある? 現在では日本全国で食べられる冷やし中華ですが、その内容は地域によって差があります。 ベースのタレが違ったり、マヨネーズをかけたりする地域もあるようです。 しょうゆと酢ベースのタレが多数派 冷やし中華は、『しょうゆと酢ベースのタレ』がベーシックなものでした。 最近はさまざまなタレが使われていて、店舗によってオリジナリティあふれる冷やし中華も登場しています。 とはいえ、元祖ともいえる『しょうゆと酢ベースのタレ』は王道の味です。 冷やし中華といえば『甘酸っぱさ』をイメージする人も多く、広く圧倒的な支持を得ています。 マヨネーズをかける地域もある 少数派ではありますが、冷やし中華にマヨネーズをかける人もいます。 福島を中心とした東北から北関東、愛知が中心の東海圏、北陸などではマヨネーズをかける人が多いようです。 「マヨネーズをかけるかどうか」で、定期的にネット上で議論を呼んでいるのも、根強い人気があることを思わせる食べ方です。 ゴマダレや中華風などアレンジも豊富 冷やし中華は、タレを変えるだけで手軽に味を変えられます。 ベーシックに飽きたら、ゴマダレや酢を入れないしょうゆダレなども試してみましょう。 また、ひと手間加えることでアレンジの幅も広がります。 例えば、酢の代わりにレモン汁を使うとフルーティーなタレの完成です。 他にもトマトやアボカドなど好みの野菜を添えたり、パクチーなどの薬味を変えることで、味も雰囲気もガラリと変わります。 さまざまなアレンジを試して、自分好みの味を見つけましょう。 構成/編集部.

次の

冷やし中華にマヨネーズ!名古屋発祥の味はコンビニでも常識!?

冷やし中華 発祥

揚子江菜館の名物「五色涼拌麺」1,510円。 ほかに涼麺は「坦々冷麺」1,030円、「三冷麺」1,290円と3種のラインナップ。 文・写真/秋山都 6月を迎え、学生諸君も夏の制服へと衣替えする季節となった。 夏らしい日が続くと食べたくなるもの、それが「冷やし中華」である。 私たちが当たり前のように食べているこの「冷やし中華」だが、実は本場中国にはない、日本のオリジナル料理なのだ。 ではその起源は、どこにあるのか? 「冷やし中華はうちの二代目が始めました」と教えてくれたのは、東京・神田神保町で中華料理店『揚子江菜館』の四代目、沈松偉さんだ。 この店こそ、全国の「冷やし中華」発祥の店というわけだ。 時は昭和8年、二代目の主人が日本の暑い夏にうんざりして、近所の日本蕎麦屋「神田まつや」(神田淡路町)に通いつめていた。 注文はいつも「もりそば」。 サッと茹で上げた生蕎麦を冷水にとり、きりりと引き締めたら、つゆに素早くくぐらせて口へ。 スルスルと食べ終わる「もりそば」は見た目にも涼しく、食べて汗をかくこともない、夏にうってつけのメニューだった。 「冷たい麺をウチでもやってみよう」。 実はそれまでも汁なしのまぜ蕎麦をまかないで食べていたというが、商品となれば話は別。 どうしたらお客の心をひきつける冷麺ができるのか。 実に200回以上の試作を繰り返して、現在の揚子江菜館の冷やし中華を特徴づけている、少し甘めのツユのレシピが出来上がったという。 冷やし中華のハイライトといえば、美しい具の盛り付けにある。 全体像は富士山をイメージしており、白い糸かんてんで「雪」を、黒いチャーシューで「春先に雪が溶けて顔をのぞかせた土」を、緑のきゅうりで「新緑」を、茶色のたけのこで「秋の落ち葉」を、そして錦糸卵で「空にたなびく雲」を表現。 五色揃って、実に色あざやかな一皿となっている。 一般的な冷やし中華の具といえば、きゅうり、チャーシュー、タマゴ、さらにかまぼこくらいがお決まりだが、さすが元祖、充実の内容だ。 しかしお楽しみはまだこれから。 錦糸卵をかきわけると、中にはうずらの卵と肉団子が。 ほかにエビ、しいたけ、きぬさやも加わり、「五色涼拌麺」と言いながら、実際は十目の具が揃う豪華版となっている。 この冷やし中華は、名物「上海焼きそば」とともに、作家の故・池波正太郎さんに愛されたメニューでもある。 池波さんはこの冷やし中華を日本酒で一杯やりつつ食するのがお気に入だったとか。 なるほど、平日の昼下がりに「揚子江菜館」に出かけてみると、池波作品を愛読しているであろうオトナたちが、ゆっくりと一杯やりつつ麺類や一品料理を楽しんでいるのが印象的だ。 元『東京カレンダー』編集長。 谷中・根津・千駄木の地域メディアであるrojiroji(ロジロジ)主宰。

次の