下半身むくみサプリ。 下半身のむくみをサプリメントでスッキリ解消!980円の効果とは?

下半身むくみは病気?その原因と解消するためのコツ

下半身むくみサプリ

デスクワークの仕事を初めて数年…特に食べる量が増えたわけでもないのに、なぜかおしりや太ももがブクブク太っていってる…足もむくみやすくなったし、上半身はあんまり変わらないのになんで~!!!! そんな風に悩んでいるOLさん…以外と多いんですよね。 実はこの「水分」がむくみの原因なんです! 塩分をとりすぎる食事を繰り返すと、その分、水分を取るようになり、むくんでしまいます。 この慢性的なむくみが頑固なセルライトへと変わるのです。 坐骨とは骨盤の一番下の部分にある骨で、ここが広がってしまうと足の付け根が外側に張り出してお尻や太ももが太く見えたり、O脚やガニ股の原因にもなります。 また、ふくらはぎの冷えにもつながり、 むくんでしまいセルライトへの生成の手助けをしてしまうのです。 筋肉が少ないと基礎代謝が下がり結果むくみを引き起こしセルライトとなり下半身が太くなってしまうのです。 下半身だけにがぎりませんが、女性は男性より筋肉量が少ないので脂肪がつきやすいのです。 猫背になってダラーとした態勢を何時間もしていてそのせいで、冷え性やむくみを引き起こしていたんだと思うとちょっとゾットしますよね… 座り方だけではなかった!デスクワークで下半身太りになってしまう原因 デスクワークをしているとトイレに行く以外は立ち上がる事も少なく、何時間も座りっぱなしになってしまうことがありますよね。 しかもオフィスは足先が冷えるという最悪な状態。 血行が悪くなって肩こり腰痛はもちろん気づかないうちに 足はめちゃくちゃむくんでいるんです! 「私はそんなに寒くないかもー」っと思っているあなた!試しにお尻や太ももふくらはぎを触ってみてください。 首などに比べてひんやりしていませんか?それが血行の悪くなっている証です。 また、デスクワークで座りっぱなしだと、もちろん坐骨を広げる原因になってしまいます。 しかもPCとにらめっこしていると無意識に姿勢が悪くなり、前かがみな猫背になってしまいますよね。 極めつけが立ち仕事の人に比べて、筋肉を使う量もすくなくなり代謝が低くなってしまうんです。 宿泊で旅に行くときは、5スターホテルだったり、ご飯がおいしかったり、露天風呂が貸切で借りられたり、の素敵なお宿に泊まっていきたい所には惜しむ事なくお金を使って自由に旅しています。 たまに企業さんからの依頼で実費がかからずに施設を利用させてもらう事もあります。 こんな私ですが、この旅メディア【おひとり女子旅】をスタートさせるまでは高卒でプチ鬱の激務OLでした。 毎日4時間睡眠で、朝から晩間で仕事をして休日は疲れて家でダウン…心も体も患って、プチ鬱状態。 顎関節症や胸に謎のしこりができたり、月に一回熱が出てお腹が痛くて動けなくなるほどでした。 その為もちろん大好きな旅もできずにいました。 それをきっかけに、どうせ終わったも同然の人生なら好きな事だけして生きて行こう!そう思って旅を仕事にする勉強を始めながらこの旅メディア【おひとり女子旅】を開設しました。 旅メディア【おひとり女子旅】のおかげで、ただの高卒根暗のプチ鬱OLだった私は、「憧れです!」と言ってもらえるファンを持つ旅人に変わり、セミナーや講座を開けるまでになりました。 企業さんからもタイアップの依頼がきて、収入を得ながら大好きな旅ができるようになりました。 ただ、私が旅を仕事にした方法は、何も私だからできた事ではありません。 正直勉強して行動さえすれば誰でも叶えられる生き方なのです。 OLをしながらでも、働き方を変えて好きな時に旅をしながら安定した収入も稼げるし、有名人でもないのに人にあこがれられるような自由な旅人になる事だってできます。 なんの資格も持っていなくても企業さんからお仕事を依頼していただく事だってできます。 これは本当に知っているかいないか、行動したかしないかだけ… 私は今、自分の人生を生きています。 ただ、足りないのは、今の私の感動を共感できる仲間。 同じような旅女子がいないんです。 だからもっと、私の様に旅を通じて豊かになる女子を増やしたいと思いました。

次の

下半身のむくみをサプリメントでスッキリ解消!980円の効果とは?

下半身むくみサプリ

下半身むくみとは? お化粧 むくみの悩みは特に女性に多く、起床時や仕事明けなどにむくみの症状を感じることが多くあります。 中でも下半身のむくみは慢性的な症状になりやすく、下半身デブや下半身太りな状態になってしまいスキニーパンツ、スカートやデニム、ズボンなどコーデに悩む原因ともなりおしゃれを十二分に楽しめない状態にもつながります。 そんな悪影響の多い下半身むくみは下半身に水分が多く停滞してしまうことが主な原因と言われており、長時間の同じ姿勢や血行不良、冷え性などが大きな影響を与えて下半身むくみといった症状につながります。 また、女性はホルモンバランスの乱れ、運動不足、塩分摂取の多い食生活、心臓病などの内臓の病気などの影響もうけますのでむくみの症状はこうした症状や習慣の表れとも考えられますし、血液やリンパの流れが良くない状態や長時間の同じ姿勢、立ちっぱなしや座りっぱなしなどに日々注意する必要があります。 では、下半身むくみの解消法にはどのような方法があるのでしょうか? 下半身むくみの解消法の基本!ストレッチとマッサージ むくみの症状解消の定番の方法としてあげられるのがマッサージです。 マッサージをすることでリンパの流れを良くし、血行促進効果などで全身を活発にすることもむくみの解消法のひとつです。 原因のひとつでもある長時間の同じ姿勢は全身の血行悪化につながりますので体中がこってしまい、肩こりや腰痛などにもつながりますので緊張状態が長く続かないような環境づくりや、定期的な運動、ストレッチなどを取り入れる習慣を持つことが重要です。 ストレッチは意外と重要な運動で、簡単な動きでも日々継続的に行うことで下半身むくみ以外にもさまざまな効果をうみますし、寝起きのストレッチや朝一のストレッチでは体を睡眠時の緊張からほぐすことはもちろんですが、精神面でのリラックスや生活リズムの構築、体を眠りから醒ます効果など実にさまざまです。 ストレッチの簡単なやり方と肩甲骨、骨盤 ハーフ、首、腰の柔軟 ストレッチ ストレッチはポール、マット、ストレッチボードなどのグッズもありますし、こうした器具が無くてもできるのがストレッチの魅力ですが、下半身むくみの解消に効果的なストレッチは下半身を重点的に動かすことです。 血行悪化がむくみのひとつの原因ですが、下半身はふくらはぎの働きが大きく血流に関わっており、このふくらはぎを刺激することでもむくみ解消につながります。 右足で左のふくらはぎを、左足で右足のふくらはぎを軽くマッサージするだけでも十分な効果が得られますし、ストレッチボードや階段などを活用してふくらはぎを伸ばす運動を行なうことでも血行促進効果は得られます。 マッサージで下半身むくみの解消!そのやり方とは? マッサージも最近はさまざまな器具が売り出され、自動マッサージ機やマッサージチェアなどの普及も広がっており、こうした便利なマッサージグッズや機器があるのであれば使わない手はないでしょう。 本格的なマッサージではオイルやクリームなども必要になってきますが、あまりにも本格的ではやることが難しくなりますので、下半身むくみの解消であれば定番のマッサージ方法でも十分な効果が得られます。 重要なのは継続することで、特に運動不足な生活習慣を送っている方や太り気味の方はリラックス効果も得られ十分な血行促進につながるマッサージの継続は必須です。 やり方はふくらはぎを中心にマッサージを行い、筋肉の動きを活発化させるむくみの解消法が基本で第二の心臓と言われるふくらはぎの働きを活発化させることでむくみの解消のみならず、冷え性の改善、疲労回復、脂肪燃焼など幅広い効果が得られます。 下半身むくみはふくらはぎのマッサージでも大きな効果が得られますので、先に紹介した方法や手でもみほぐすなどのマッサージを行ないましょう。 ツボを刺激して下半身むくみを解消!ツボの場所と効果を確認 体調不良 肩こりや腰痛などの症状改善にも効くとされるのがツボを刺激する下半身むくみの解消法で、ツボは人体のさまざまな部分に存在し血液の流れを正したり凝りをほぐしたりの効果があります。 下半身むくみは下半身の血行悪化、長時間の同じ姿勢や運動不足などを原因とする場合が多いですので、ここの血流を良くするツボを刺激することで症状改善や解消につながります。 膝下のむくみが習慣的になっており、夕方になるとむくんでしまって仕方が無い方も多くいますが、そうした時に簡単に行えるのが膝裏のツボを刺激する方法です、膝裏には動脈が流れており、ここを刺激することで下半身の血行促進につながります。 動脈を軽く抑え、数秒後に離すだけでも十分に効果が得られますし、むくみの原因ともなる冷え性の症状改善法としても有効な方法です。 湧泉(ゆうせん)は土踏まずの上付近にあるツボ 足裏はさまざまなツボがあることで知られますが、下半身むくみに効果的なツボも存在します。 湧泉(ゆうせん)がむくみに効くとされているつぼで、足裏の中央、土踏まずのやや上の辺りにあるツボで、ここを刺激することで血液の循環を良くし、内臓機能の向上などに効果を持ちます。 湧泉(ゆうせん)は万能のツボとも言われますので、下半身むくみのみならず、肌荒れや冷え性、利尿作用や老廃物の排出など、日常的に刺激する習慣を持つと健康管理全般に役立ちます。 湧泉(ゆうせん) 承間(しょうかん)、委中(いちゅう)は膝裏、ふくらはぎのツボ 承間(しょうかん)はふくらはぎのふくらみの部分にあるツボで、足のむくみや腰のだるさなどに効果を持つツボです。 承筋と承山の中央に位置し、ふくらはぎ全体を刺激することで、承筋、承山、承間(しょうかん)をまんべんなく刺激できますので、下半身むくみ対策におすすめのツボです。 また、委中(いちゅう)は膝裏にあるツボで腰痛などにも効果をもち、むくみ以外にも背中や膝の痛み、こむら返りなどにもよいとされるつぼです。 承間(しょうかん)、委中(いちゅう) 天窓(てんそう)は顔のむくみに効果のあるツボ 下半身むくみとは違いますが、悩みの多い顔のむくみに効果的なツボが天窓(てんそう)です。 天窓(てんそう)は首にあり、耳のラインと喉仏のラインが交差する点が天窓(てんそう)になります。 簡単に刺激できるツボですので、顔のむくみを感じた際や予防に刺激するといいでしょう。 天窓(てんそう) 漏谷(ろうこく)、太谿(たいけい)はふくらはぎ、足首のツボ 漏谷(ろうこく)は三陰交と呼ばれるツボのやや上に位置するツボで、顔や足のむくみ、消化不良、冷え性などの症状に効果を持ちます。 ふくらはぎにあるので刺激しやすいので、定期的に漏谷(ろうこく)を刺激する習慣を持つことで下半身むくみの解消につながります。 また、太谿(たいけい)は足首、かかと付近にあるツボで内くるぶしの後横にあります。 むくみのひとつの原因に肝機能の低下や異常による老廃物の蓄積がありますが、この太谿(たいけい)は肝機能を高める効果のあるツボですので下半身むくみのみならず沈黙の臓器と言われる肝臓にも効果をもつツボです。 かかとのツボ 美容サプリランキング1位のきゅきゅっと小町が新習慣を提供 女性のさまざまな悩み、多くの症状におすすめなのがこちらのきゅきゅっと小町で、体内にたまった余分な水分を排出させるカリウムやメリロートを配合し、ハードワークな女性を補助します。 冷え性の原因ともされる下半身の血流を良くする方法として上げられるのがつま先立ちで、ちょっとした合間に行なえる点や道具やグッズなどを必要としない点もメリットです。 信号待ちやエレベーターを待っているとき、喫煙中など少しの時間があればついでに行なえるのがつま先立ちの良い点ですし、下半身の筋力アップにもつながりますので代謝の促進や脂肪燃焼効果なども得られる運動です。 筋肉は体内の脂肪の燃焼に大きく関わっていますので、筋力を増やすことは代謝の向上や疲労回復など下半身むくみや冷え性改善以外にも幅広い効果が得られる非常に簡単な運動のひとつです。 ちなみの足の指のつけねの部分は肩こりに効果をもつツボになっていますので、つま先立ちの姿勢で足の指周りを刺激することは肩こりの解消にもつながります。 段差を利用したふくらはぎ、アキレス腱伸ばしで血行促進 階段 下半身むくみの症状解消には下半身の血行を促進させることも有効な対策法です。 血行の悪化は冷え性などにもつながりますし、健康面でも血流をよくしておくことは非常に有効な方法ですのでむくみ対策や健康促進などと併せてこの下半身、ふくらはぎのストレッチを行ないましょう。 やり方は簡単で、段差などを利用してアキレス腱を伸ばすこと、つま先立ちの逆でかかとを上げるのではなく、下げることでアキレス腱を中心としたかかと全体を伸ばします。 太ももや腰などを伸ばすことにつながりますし、体内を巡る血液の循環を良くする働きがあり、筋肉の収縮によって行なわれる下半身の血流を改善しますので、習慣的に行うことで冷え性や下半身むくみ、頭痛や肩こりなどに効果を発揮するストレッチ方法です。 加圧、着圧ソックスで睡眠中に行なえる下半身むくみの解消法 下半身むくみ解消 足の血液循環やリンパの流れ、老廃物の除去などに効果をもつ加圧、着圧ソックスは就寝中にふくらはぎの部分につけておくだけで、就寝中の血行悪化を予防し血流を促進してくれる便利なアイテムです。 多くの女性の必需品でもあり、履いて眠るだけの簡単なメンテナンスで翌朝の下半身むくみの解消につながる定番の対策法です。 足首からふくらはぎにかけてカバーするハイソックスタイプの着圧ソックスや、5本指タイプのもの、睡眠時に使われる太ももまでをカバーし就寝時の邪魔にならない圧力が考えられているソックスなどもあります。 また、かさつきやすいかかとをケアできる、かかと部分にジェルパッド付いている睡眠中向けのソックスなどもあり、自分にあったソックスやむくみの症状に最適なソックスを選びましょう。 一日中の使用はお肌のメンテナンスにも問題がありますので控え、就寝時などの一時的な使用で他の時間には運動不足を解消したり、栄養管理を行うなど総合的な下半身むくみ対策のひとつとして着圧ソックスを活用しましょう。 利尿作用を高めむくみの防止につながる食べ物と飲み物 わかめ むくみのひとつの原因として塩分の取りすぎが挙げられますが、日々の食事などで塩分過剰な状態に陥ると体内の塩分濃度と比例して水分が必要になってきます。 そもそも、むくみの大きな原因が体内の水分の蓄積ですので、この塩分過剰な状態は下半身むくみにとっても非常によくありません。 そのため体内の塩分を調整する、余分な塩分を排泄する利尿効果をもつ栄養素やそれらを含む食べ物、飲み物などの摂取がむくみ対策となります。 代表的なのがカフェインを含む飲み物で、コーヒーにカフェインが多く含まれることは有名ですし、そのほか紅茶や緑茶、ウーロン茶などにも豊富なカフェインが含まれますし、ミネラルの一種のカリウムを多く含む食べ物にも利尿作用がありますのでキュウリや干しずいき、干しわらび、切干しだいこん、干しぜんまい、かんぴょう、などに多く含まれますのでこれらの食品を日々摂取する食習慣を心がけましょう。 下半身むくみに効果的な栄養素は、ここからまとめて確認して行きましょう。 下半身むくみの対策や予防に効果的な栄養素 下半身のむくみは慢性的な症状になりやすく、水分の代謝の低下や血流の悪化、ホルモンバランスの乱れなどさまざまな原因がありますが、それらむくみの原因の中でも塩分の過剰摂取によるむくみは日々の食生活を見直すことで改善、予防につながります。 そもそも、塩分の取りすぎが原因ですので取りすぎないことが基本ですが、うめ干しや塩辛、インスタント食品、カップラーメン、生ハム、味噌汁、天丼、カツどん、醤油、味噌など実にさまざまな食べ物に多くの塩分が含まれています。 日本の食事メニューは基本的に塩分濃度が高い調味料が多く、味付けも塩辛いもので保存の利く食事文化が発展してきた経緯がありますが、そうした食文化でも肉体労働での発汗や利尿作用の高い食べ物などを組み合わせて塩分バランス調整していたと思われます。 利尿作用があり下半身むくみの対策に栄養素として挙げられるのがカリウム、ビタミンB1、ビタミンB6ですので、それぞれの働きを見て行きます。 カリウムは体内の余分な塩分の排泄に高い効果をもつミネラル 味噌汁 カリウムとはミネラルの一種で幅広い果物などの食材に含まれる栄養素で、最近ではなども販売されておりむくみ対策に活かしている方も多くいます。 このカリウムは体内の浸透圧を保つ働きがあり塩分排出効果がありますので、体内の余分なナトリウムの排出に役立つミネラルで、筋肉の収縮に関与し筋肉の働きを健全に保ちます。 これらの働きによってカリウムは高血圧の予防やむくみの症状改善に効果的ですし、腎臓における老廃物の排出作用に関わる働きも持ちます。 カリウムは水に溶けやすい性質がありますので、調理の際に煮汁に溶け出しやすくスープまで摂取することでカリウムを余すことなく摂取できますが、味噌汁などの塩分の高い食べ物にはカリウムを多く含む具材のものも多く、塩分とカリウムのバランスが良い味噌汁も多くあります。 また、カリウムには血液をサラサラにする効果もありますので、疲労回復にも効果的ですし、下半身むくみの原因でも血流悪化の解消にもつながる働きですが、利尿作用が体を冷やす性質ももっていますので冷えの症状には注意が必要です。 味噌汁の食材でカリウムを多く含む食べ物• じゃがいも• ほうれん草• 絹ごし• とろろ昆布 カリウムはこれらの食べ物以外にもさまざまな食品に含まれ、たけのこ、、納豆、グレープフルーツ、春菊、にら、ブロッコリーなどに多く含まれますので、日々の食生活に取り入れましょう。 またカリウム不足での欠乏症はほぼないとされますが、激しい下痢や嘔吐などの症状の際は起こりえますので注意が必要ですし、過剰症の症状としては腎機能の低下によって高カリウム血症、疲労感、不整脈などが起こるとされています。 カリウムは腎臓で処理されるので、腎機能に異常がある時は摂取に注意が必要ですが、むくみの予防を考えた時は日々摂取したい栄養素のひとつです。 mext. htm ビタミンB1の効果と吸収率を高める摂取方法 そば ビタミンb1は水溶性ビタミンのひとつで糖質の代謝に関わる働きをもち神経組織の働きの正常化に効果的な栄養素です。 干し、豚ヒレ肉、豚ロース、ささみ、うなぎの蒲焼、、にんにく、ぶり、まぐろなどの食品に多く含まれるビタミンB1は、玉ねぎやにんにく、ニラ、長ネギなどに含まれるアリシンと共に摂取すると吸収率が高まりますので、これらと組み合わせたレシピでの摂取がおすすめです。 また、ビタミンB1は糖質を水と二酸化酸素に分解する際にエネルギーが発生しますが、ここにビタミンb1が重要は働きを持ちます代謝にかかわりますが、下半身むくみの原因のひとつに代謝の低下が挙げられますので、ビタミンB1を摂取し代謝機能を向上、維持させることはむくみ対策にも効果的です。 疲労感などを感じやすいと運動不足にもなりがちなので、疲れを蓄積しない生活や食習慣も重要なむくみ対策のひとつですし、ストレスを貯めすぎず発散することも大切です。 さらに、ビタミンB2、B1、は水溶性ビタミンなので水に溶けやすく、蒸すレシピが望ましい食べ方ですが、蒸すことで余分な脂を落とすことにもつながりますのでダイエットなどにも良い調理法です。 B1含有量ランキング、TOP10 100g辺り 順位 ジャンル 食品名 含有量 1位 調味料及び香辛料類 8. 81mg 2位 調味料及び香辛料類 2. 21mg 3位 穀類 1. 82mg 4位 種実類 1. 72mg 5位 種実類 1. 61mg 6位 穀類 1. 46mg 7位 種実類 1. 25mg 8位 きのこ類 1. 24mg 9位 肉類 1. 22mg 10位 藻類 1. mext. htm ビタミンB6の効果と下半身むくみの解消法 アボカド ビタミンB6は水溶性のビタミンのひとつでたんぱく質の構成物質であるアミノ酸の代謝に関わる効能を持ち、たんぱく質を分解して、そこからアミノ酸合成、神経伝達物質の合成に働きをもつビタミンです。 ビタミンB6は小腸から吸収されさまざまな組織に存在、リン酸と結合し補酵素型になり脳や肝臓、筋肉に多く存在し、リン酸と結合し補酵素型(PLP)はアミノ酸の代謝、体たんぱく質の代謝に重要なビタミンです。 米にはビタミンB6が含まれているので日常的に米を摂取する機会が多い日本人は日常的に摂取していますし、穀類、種子、レバー系の食べ物など幅広く含有される栄養素です。 ビタミンB6はアミノ酸からドーパミンやノルアドレナリン、ギャバ、セロトニンなどのホルモン物質、神経伝達物質を合成する際に必要となるビタミンで、鶏ささ身、牛レバー、ラム肉、マグロ(赤見)、さんま、にんにく、さけ、さば、アボカド、バナナなどに多く含まれます。 たんぱく質は三大栄養素のひとつでとても重要な栄養素ですが、代謝を高める効果や女性ホルモンのバランスの乱れに効果をもつビタミンB6の摂取でも下半身むくみの解消につながりますので、これらの食品を日々の食生活に取り入れていきましょう。 B6含有量ランキング、TOP10 100g辺り 順位 ジャンル 食品名 含有量 1位 野菜類 3. 81mg 2位 調味料及び香辛料類 2. 32mg 3位 豆類 1. 9mg 4位 調味料及び香辛料類 1. 75mg 5位 野菜類 1. 50mg 6位 調味料及び香辛料類 1. 47mg 7位 調味料及び香辛料類 1. 28mg 8位 穀類 1. 24mg 9位 種実類 1. 22mg 10位 いも及びでん粉類 1. mext. htm 葛湯が女性の悩みとなるさまざまな症状の改善に効果的 葛湯 葛は葛根湯などに使われる材料で、秋の七草のひとつの多年草の葛の根から取り出したでんぷん質を元に作られていますが、この葛には漢方薬では辛味をもつとされ発汗作用があり体内の邪を排出するとされています。 かぜなどに効果をもつ葛根湯の効能もこの葛の働きによる所が大きいいですし、葛は風邪だけでなく他の病気の症状や体内の邪、悪い部分の解消に効果を持つとされますし、血流改善効果がありますので疲労回復や冷え性、下半身むくみなどにも効果を持ちます。 また葛には漢方で言う所の辛味と共に甘味もあり、この甘味には体内の不調を整える働きがありますので、胃や腸などの調子を整えます。 葛は飲み物として摂取することができますし、葛湯や葛紅茶などありますので、日常的な葛の摂取であらゆる病気の予防や解消につなげましょう。 美容サプリランキング1位のきゅきゅっと小町が新習慣を提供 女性のさまざまな悩み、多くの症状におすすめなのがこちらのきゅきゅっと小町で、体内にたまった余分な水分を排出させるカリウムやメリロートを配合し、ハードワークな女性を補助します。

次の

脚痩せサプリ8選!下半身痩せに最も効くサプリランキング【最新版】|ダイエットサプリ比較ガイド

下半身むくみサプリ

体重増加でむくみがひどい! 一日中たち仕事をしていても、一日中座って仕事していても、 夕方になると足がむくんでパンパンになっていませんか?足がむくむと本当にだるくていたいですよね。 トイレに行って出てしまえばいいのですが、それでもなかなか出て行かずにそのまんまだし、 足首にはむくみすぎてシワが寄ってきたり、朝すっと入った指輪が夕方はなかなか抜けなかったりすると、 足だけじゃなく全身むくんでいるのかな?と思いますよね。 このむくみをそのまま放っておいていいものなのか?むくんでいるから体重が減らないのか? 昔は寝て起きたらスッキリしていた足も、今は寝てもむくみが残った感があってだるい。 そのだるさなんとかしたいですよね。 なんでなかなかむくみが取れなくなったのか?その原因を見ていきましょう。 むくみの原因 塩分の取りすぎ 普段どんな食事を食べていますか? 今、 日本人の食事は塩分量が多すぎる人がほとんどです。 厚生労働省は日本人女性の1日の塩分摂取量は7グラム以下を推奨していますが、実際は平均9グラムほど。 国際基準は1日5グラム以下を推奨していますので、約半分くらいまで塩分摂取量を減らす必要があるんですね。 塩分の中のナトリウムが体内に多いと高血圧など病気のリスクを引き起こし、 ナトリウムは水分を溜め込む習性があるのでむくみの原因にもなっています。 カリウムをたくさん撮っていれば、カリウムがナトリウムを外に排泄するので、カリウムを取ることも重要。 新鮮な野菜にはカリウムが多いので、カット野菜などでなく、 できるだけ切り立てのサラダのように自分で調理して食べたほうがいいですね。 バナナにはカリウムがたくさん含まれているので、 塩分を取りすぎたなと思うときはバナナも一緒に食べておいてください。 筋肉量の低下 年齢とともに筋肉量も実は減っていっています。 筋肉、特に 足のふくらはぎの筋肉は、第2の心臓と呼ばれるくらい重要な筋肉で、 足に溜まった血液やリンパ液を心臓に戻すという重要な役割があります。 ところが、年齢とともに筋肉量が減り、その役目を十分に果たせていなければ、 水分や血液が足に溜まったままで心臓に戻らないということが起こると、足がむくみ始めます。 巡りが悪いと、老廃物が排泄されずに、そのまま体に残った状態になり体が重い感じになってしまいます。 また 溜まった老廃物は冷えの原因となり、冷える場所には脂肪が巻きつくという悪循環に。 足のむくみを放っておくとどんどん脂肪が巻きついて像のような足になってしまうので、 むくみは撃退しておかなければなりません。 水分量の低下 むくみとは、水分が溜まった状態なので、これ以上むくんでは大変と水をとるのを控えてしまうと、 ますます流れが悪くなり、むくみが改善されません。 そのむくみ実は水分の不足が原因かも。 水分といっても、お茶やコーヒーなどでは水分補給に実はなっていません。 めぐりを良くするには、「水」を飲むこと。 今は、「水」もペットボトルで簡単に手に入る時代。 普段の水分補給は水だけで1日1500ml〜2000mlを飲むように心がけて。 一度に大量に飲むと体液が薄まり水中毒になりますので、コップ一杯程度をこまめに分けて飲むように気をつけてくださいね。 特に 入浴前後や寝る前にはコップ1杯のお水は飲んでおきましょう。 そうすることで、朝起きた時のむくみがぐっと改善されます。 運動不足 立ちっぱなしも、座りっぱなしも、体をあまり動かさないので血液循環が悪くなり、むくみが改善されないのです。 日本人は世界一座っている時間が多い国民だそうなので、気がけて体を動かすように。 立ちっぱなしで仕事をする方は、時々屈伸や足踏みを入れてみたり、座りっぱなしの人は、 30分に1回は意識してたって体を動かしてください。 それでも1日の終わりには、前述したように、塩分の取りすぎ、筋肉量の低下などの理由で足はむくんでいます。 家に帰ってから、 お風呂上がりや寝る前にしっかりストレッチなどで体を伸ばしてむくみ解消につとめましょう。 ひどい足のむくみを取る方法 ふくらはぎの筋肉を鍛える ふくらはぎの筋肉が落ちたことがむくむ原因の大きな理由。 何も運動をしなければ、 筋肉はどんどん無くなりますので、象のような足にならないようにするには、 ふくらはぎを鍛えましょう。 一番手っ取り早くふくらはぎにきくのは、つま先立ちです。 その場でつま先立ちをリズミカルに繰り返しましょう。 1回に20回かかとをゆっくり上げ下げしてつま先立ちをします。 それを1日5セットぐらい。 筋トレは地道ですが、足の形も引き締まって美しくなるので是非頑張って。 湯船に浸かってしっかり入浴 お風呂はシャワーだけで済ませていませんか? 足の疲れは入浴から。 湯船にしっかり使って水圧で足の血流を良くします。 湯船に15分は最低浸かってふくらはぎをしっかり揉みだしましょう。 足の裏から、足首、ふくらはぎ、太ももと下から上に向かってよくマッサージを行います。 入浴前には水を飲んで脱水にならないように。 体内に水分が入ることで巡りも良くなりますから、水分補給は忘れずに。 お風呂上がりはしっかりストレッチ&マッサージ 足だけのマッサージだけでは不十分で、全身の血流をよくしないとむくみは改善しません。 体が温まったお風呂上がりに筋肉をしっかりほぐして血液の流れをよくしていきましょう。 筋肉は伸ばさないと縮んで硬くなっていますので、ストレッチがベスト。 前屈や開脚など全身の筋肉を気持ちよく伸ばしていきます。 足のだるさが強い時は、壁にお尻をつけて足を高く壁に沿ってあげます。 ゆっくりと開脚をして自分の足の重さで内側の太ももの筋肉を伸ばしましょう。 寝る前には水分補給 寝る前に水分を取るとトイレに起きるからと水を飲むのを控える人がいますが、 夜寝ている時は水分が蒸発して体が乾燥しています。 溜まった老廃物を血液に流す作業も寝ている時に行われるので、 水分補給をして流れをよくしてあげないとむくみがいつまでたっても解消されません。 夜寝る前には最低コップ一杯のお水を飲んで就寝してください。 それでもむくみが取れないときはサプリも使おう むくみは癖になりやすく、むくみを放っておいた期間が長ければ、 長いほどよりむくみやすくなりますし、なかなか改善されません。 疲れていると腎臓の機能が弱まっていることもありますので、 そんな時は我慢せずに むくみを改善するサプリも併用しましょう。 おしっこが出る出ないも体のくせ。 体の中に水分を溜め込まずに、 出すということを体に覚えさせるためにも、サプリでしっかりサポートしてあげることが重要です。 マッサージやストレッチをしてもむくみが改善されない方はこちらのサプリを飲んでみて。 【オススメむくみ解消サプリ】きゅきゅっと小町の詳細はこちら マッサージ後は睡眠時間をしっかり確保しよう お風呂あがりに、ストレッチやマッサージで血流を良くしたら、横になってたっぷり寝ましょう。 寝ている間に代謝が行われますので、睡眠時間が少ないと老廃物が十分に排泄されず、 むくみが残ることに。 夜はしっかりと横になって寝ることが朝スッキリするために重要です。 むくまないように予防が重要 むくみが解消できるようになったら、まずは 日中にむくまないように対策をすることが重要です。 筋肉をつける、こまめに筋肉(足)を動かすなどするとともに、 着圧ソックスを履いてむくみがたまらないように補助してあげるのも有用です。 普段はストッキングなどを履かないといけないので靴下は無理という方は、 お家に帰ってからの1時間でもこの着圧靴下を履くとスッキリしますよ。 私も愛用していますが、こちらの着圧ソックスもでオススメです。 むくみは軽く考えずに、毎日リセットしてあげることが大事。 筋肉量が減ってくる40代は、自分でしっかりお手入れをしてあげないとむくみが残りがちです。 塩分の取りすぎは腎臓にも大きな負担をかけますから、 食事と運動でむくまない体づくりを行いましょう。 お水も、体の中の細胞にしっかり水を届けるには解離水がベスト。 本来は小腸でお水を解離させているのですが、年齢とともに解離する能力が落ちて、解離させることができなくなっています。 お水を購入して飲んでいる方も多いと思いますが、プラズマ解離水はすでにお水を解離させた状態なので、水分が細胞にすぐに届く状態になっています。 老化が進む40代以降の世代は、どうせ飲むならプラズマ解離水を飲まれることをお勧めします。 【体を潤す水プラズマ解離水】 はら やばみ 1972年生まれの47歳。 20歳と18歳の2児の母。 39歳の時離婚。 現在シングルマザーで大学生と高校生を子育て中。 30代後半から太り始め、妊娠時代と同じ体重になったため、別居中にこのままではダメだ!綺麗になって、すっきり離婚しよう!と決意し、半年で8Kgのダイエットに成功。 すっきり身軽になって、旦那も断捨離。 そのままキープして楽しく暮らしていたのだが、2016年の熊本地震にあい、避難生活を続けている時あっという間に太り始め、そのまま体重が減らないまま食べてもないのに太るサイクルに突入。 ダイエット前の体重に戻ってしまう。 色々今まで成功した我流ダイエット法を試すもむなしく撃沈。 年齢相応の正しいダイエットで、健康と美貌を取り戻すべく奮闘中。 1年間続けてきた結果、お陰様でついにマイナス10kgのダイエットに成功! 会う人会う人に「痩せましたね!」「色っぽさが増してます!」と言われるように。 目標体重もすんなり通過してさらにマイナス2kgです! すっかり20代の頃の体重プラス体型に。

次の