さつまいも きんとん。 さつまいものおやつ!芋きんとん

さつまいものおやつ!芋きんとん

さつまいも きんとん

栗きんとんのさつまいもの切り方 栗きんとんの主材料は 『栗の甘露煮(市販品でOK 、さつまいも、くちなしの実』です。 栗の甘露煮は白ごはん. comでも紹介しているので自家製でもいいのですが、ここでは市販品で作ります。 また、くちなしの実は 入れると黄色がはっきりしたメリハリのある仕上がりに、入れないと淡い色合いに仕上がります。 必須ではないので、下の補足の比較の写真も見つつ入れるかどうか決めてみてください。 まず、さつまいもは両端を切り落として3㎝幅ほどに切ります。 それから さつまいもの皮を厚めにむき取ります(目安は皮の内側にうっすら見える筋の部分までむき取るくらい)。 筋が口当たりを悪くするので、後で裏ごしするとはいえ、ここでしっかり除いておくわけです。 切ったものは水にさらします。 さつまいもの裏ごしのやり方 さつまいもに火が通れば、鍋の中に水を注ぎ入れて手が入るくらいの温度まで下げ、手ですくい取ってバットに取り出します。 裏ごしのやり方は 『裏ごし専用の器具を使うやり方』と『普通のざるを使うやり方』の2種類があります。 できれば専用の裏ごしを使った方が細かくこせるのでおすすめですが、なければざるでもOKです。 裏ごしの上に少しずつさつまいもをのせ、 しゃもじで押しながら手前に引くような気持ちでさつまいもを裏ごします。 すべて裏ごしできたら鍋に移し、裏ごしの裏側に残っているものも丁寧に鍋に加えます。 細かい筋が残りますが、これを除くことがなめらかな栗きんとんの食感につながるわけです。 頻繁に裏ごせたものを鍋に移しつつやるとやりやすいです。 砂糖などのダマができないように水を入れる前にしっかり混ぜるとよいです。 調味料が混ざったら水を加えてきんとんをゆるめ、火を通しやすくします。 また、きんとんに火を通す間、甘露煮の栗もシロップごと弱火にかけて芯まであたためておくとよいので、ここで小鍋に移して火にかけておきます。 きんとんが入った鍋は 弱火より少し強いくらいの火にかけて温めます。 鍋肌がふつふつと音をたてて温まってきたら、きんとんもゆるくなってきます。 この時は鍋底に木べらで線をひいても、線が徐々につぶれていくくらいのゆるさです。 最低限みりんのアルコール臭がなくなるまで火にかけてください。 きんとんが練り終わったら、芯まで温まった栗の甘露煮の汁気を切って鍋に加えます。 やさしく混ぜながら1〜2分ほど火にかけたら完成です。

次の

栗きんとんに最適なさつまいもの種類は?

さつまいも きんとん

Sponsered Links おいしい栗きんとんを作るためにぴったりのさつまいもの種類がある?! お正月の定番の料理、栗きんとん。 栗きんとんの主な材料は、栗とさつまいもです。 おいしい栗きんとんを作るために奮発していい材料を準備したいものですね。 秋の味覚ともなるさつまいも、たくさんの種類の中から栗きんとんにぴったりなさつまいもの種類を紹介していきます。 さつまいもの人気の秘訣は甘味が多いこと。 その種類は? さつまいもの原種は南米となり、温暖な地域で栽培される野菜ですが、寒い北海道でも栽培できる方法が開発され、苗を温かく保つマルチ畔方式などで栽培できるようになり、日本全国どこでも、その地域の気候に合った様々なさつまいもが栽培されています。 この他にもさつまいもは、痩せた土地でも栽培できる、連作も可能なため、世界中で栽培される代表的な野菜です。 では、栗きんとんに適したさつまいもの種類は、どういったものでしょうか。 さつまいもは、甘さと食感が基準として種類を分類することができます。 水分が多くしっとりした食感で甘味が強いと人気の品種は、安納芋と紅はるか、水分が少なめでほくほくとした食感、甘味が強い品種は、鳴門金時と紅赤、紅あずま、加工食品に向く紫芋などです。 Sponsered Links おいしくて保存が効く栗きんとんにぴったりなさつまいもの種類 もともと栗きんとんは、保存が効く料理となるよう、大量の砂糖を使用して作ります。 しかし、健康面を考えるとなるべくなら砂糖は減らしておいしく作りたいものですね。 そのため、 甘味が強く水分含有量が少なめのさつまいもとなる、鳴門金時や紅赤、紅あずまを使用すると良いでしょう。 これらの品種は、もともと糖分の元となるデンプンを多く含んでいるため、じっくり時間をかけて加熱することで、甘さが増し、砂糖は少なめで使用することで、さつまいも本来の風味を楽しむことができます。 同じように甘味が強い安納芋や紅はるかは、水分含有量が高いため、調理するとべったりした食感となります。 その代わり、砂糖は不使用でも十分な甘さがあるため、栗の甘さを上回るため、主役の栗の存在が薄くなり、バランスの取れない味になるかもしれません。 まとめ.

次の

栗きんとんのレシピ/作り方:白ごはん.com

さつまいも きんとん

Sponsered Links おいしい栗きんとんを作るためにぴったりのさつまいもの種類がある?! お正月の定番の料理、栗きんとん。 栗きんとんの主な材料は、栗とさつまいもです。 おいしい栗きんとんを作るために奮発していい材料を準備したいものですね。 秋の味覚ともなるさつまいも、たくさんの種類の中から栗きんとんにぴったりなさつまいもの種類を紹介していきます。 さつまいもの人気の秘訣は甘味が多いこと。 その種類は? さつまいもの原種は南米となり、温暖な地域で栽培される野菜ですが、寒い北海道でも栽培できる方法が開発され、苗を温かく保つマルチ畔方式などで栽培できるようになり、日本全国どこでも、その地域の気候に合った様々なさつまいもが栽培されています。 この他にもさつまいもは、痩せた土地でも栽培できる、連作も可能なため、世界中で栽培される代表的な野菜です。 では、栗きんとんに適したさつまいもの種類は、どういったものでしょうか。 さつまいもは、甘さと食感が基準として種類を分類することができます。 水分が多くしっとりした食感で甘味が強いと人気の品種は、安納芋と紅はるか、水分が少なめでほくほくとした食感、甘味が強い品種は、鳴門金時と紅赤、紅あずま、加工食品に向く紫芋などです。 Sponsered Links おいしくて保存が効く栗きんとんにぴったりなさつまいもの種類 もともと栗きんとんは、保存が効く料理となるよう、大量の砂糖を使用して作ります。 しかし、健康面を考えるとなるべくなら砂糖は減らしておいしく作りたいものですね。 そのため、 甘味が強く水分含有量が少なめのさつまいもとなる、鳴門金時や紅赤、紅あずまを使用すると良いでしょう。 これらの品種は、もともと糖分の元となるデンプンを多く含んでいるため、じっくり時間をかけて加熱することで、甘さが増し、砂糖は少なめで使用することで、さつまいも本来の風味を楽しむことができます。 同じように甘味が強い安納芋や紅はるかは、水分含有量が高いため、調理するとべったりした食感となります。 その代わり、砂糖は不使用でも十分な甘さがあるため、栗の甘さを上回るため、主役の栗の存在が薄くなり、バランスの取れない味になるかもしれません。 まとめ.

次の