焼成 カルシウム。 カルシウムにも善玉・悪玉があります

珊瑚焼成カルシウム【ガン、その他】研究部会

焼成 カルシウム

牡蠣のSRSV(ノロウィルス)対策 ワックス除去 果物や野菜の表面に加工してある ワックスを剥離します(特に輸入品) 防腐剤除去 腐敗菌除去、バクテリア菌を除去する為、 防腐剤を使用したものよりも日持ち効果が高いです。 更に酸化を抑制します。 残留農薬剥離効果 野菜や果物の表面に付着している 残留農薬を剥離できます。 化学合成肥料除去 人体に悪影響を及ぼす 硝酸窒素などを除去します。 日持ち効果 一般生菌・カビ菌・食中毒の 原因菌を取り除くことと、 マイナスイオンや ミネラルによる 抗菌効果が働き、 野菜や 果物などの 日持ちが良くなり、本来の味が引き立ちます。 使用例・活用例• 魚介類の除菌で 長時間・長距離輸送などの鮮度保持• 野菜や果物などの農作物出荷時の 酸化防止• カット野菜 工場で 野菜の除菌・洗浄• 機能性表示食品:機能性食品素材・原料、機能性調味料の原材料• 食品の製造・調理に活用 豆腐や 麺類などの製造方法・調理方法の改善・改良に役立ちます。 レストラン、 飲食店、 食品営業自動車 や 食品移動販売車 の移動販売 での 食中毒防止、 食味の改善、 廃棄ロスの低減、 衛生管理 に使えます。 毎日、家庭で料理・調理する食材の洗浄・下準備に使います。 まずは、白米でお試しください。 サラダ・マセドワーヌの調理で 野菜の汚れを洗う方法• フルーツサラダ・マチュドニア・フルーツカクテル・フルーツポンチの調理で 果物汚れの洗い方• Raw Food:非加熱・低温調理・真空低温調理などの ローフードの食事法に役立ちます ローベーカリー、ローカカオ、ローチョコレート• 低速低温圧搾法・ 冷間搾汁・ コールドプレスジュースの作り方 にも効果的です。 ライスミルクを作るときの 玄米、白米を洗う際に便利です。 釣った魚を持ち帰る際に、 自宅や食卓に届くまでの鮮魚の除菌と鮮度保持に便利です。 磯釣り、船釣り、海釣り、渓流釣り、マス釣り、鮎釣り、釣り堀、生け簀釣り• キャンプや アウトドア、 登山での バーベキューや クッキングに使うと 衛生的な野外料理・ 屋外調理ができます。 特に春から夏にかけて 高温、多湿な時期は 素材・食材が傷みやすいので生野菜、果物、魚介類 生魚、イカ、エビ、タコ、カニ等 、お肉の調理や下処理に効率良く活用できます。 ペットフードの調理や製造に利用することで 除菌が出来、 アレルギーの改善に役立ちます。 植物や野菜の 育成の改善や 土壌改良 一般生菌、カビ、ダニ、害虫の対策 ウドンコ病、キンカク病、黒点病、細菌性斑点病、モザイク病、黒葉枯病、 しみ腐病、根こぶ病などの各病気対策 根腐れ、ふち腐れ、心枯れ、立ち枯れ防止、乾腐、軟腐対策 土壌のpH調整 雑穀 の洗浄 雑穀の洗い方 雑穀は脱穀しただけだと灰汁(あく)やエグミが出やすくなります。 キヌアや アマランサスなどは洗わなくても大丈夫といわれていたり、 無洗雑穀も便利ではありますが、洗えるものは洗った方が賢明です。 単品で販売されている・粟(アワ)・黍(キビ)・稗(ヒエ)なども洗います。 の に雑穀を入れる• 汚れた水を手早く捨てる• 雑穀が飛び散らないように流水ですすぐ• たかきび、ハト麦、大麦、ライ麦などは洗浄後、種類に適切な時間 真水に浸漬させます。 種類によって手順を踏んでください。 下記画像でのケースは 基本混合水 100ccで、 雑穀 30gを洗っています。 チェック 野菜 果物 洗浄、除菌、残留農薬剥離、ワックス除去、日持ち 野菜の洗い方 果物の洗い方• の の中に野菜や果物を入れ、十分かき混ぜた後、水面から出ない よう全体を浸けます。 特に葉物は葉と葉が密着しないようにして下さい。 10分前後放置した後に流水ですすぎ調理します。 冷蔵庫で保存する場合は、 すすがずに水分をある程度拭き取ってから保存して下さい。 保存後は、調理する前にすすぎ洗いして下さい。 チェック• 大豆・小豆は、に 夏季は 8時間、 冬季は 12時間浸してから、 流水ですすぎ調理して下さい。 貝類 除菌、菌の抑制、洗浄 活きている貝 生貝の洗い方• 最初に は 入れません 塩水でいつも通り砂を吐かせます• 砂吐きが終わったら、 水道水 1リットルに、本製品 4g、食塩 10gを入れ、よくかき混ぜます。 ポイント は本製品を1gを使用していますが、ここでは4倍の4gを入れます。 チェック• 水面に汚れや灰汁状のものが浮いたり、沈殿したりします。 アサリやシジミなどは貝殻の色がアルカリ水と反応して変色します。 アルカリ水から出すと色は徐々に元に戻ります。 1~2時間経ったらザルなどに上げて、流水ですすいでから調理して下さい。 キッチンまわりの洗浄、除菌に活用• 食器をはじめとして、調理器具の除菌に活用できます。 *アルミ、銅、真鍮、塩ビはアルカリ水に反応しやすいので使用しないでください• その後、水洗いし、乾燥させて保管してください。 麺類の製造・調理への活用• 麺のアンモニア臭の改善• 発生菌数の低減効果があります• pH調整効果による日持ちが可能です• 麺にコシが出ます• ラーメンの かん水の代替品に使用することで かん水の無添加 又は 添加量の低減が可能です• ゆで水が濁りにくくなります• 添加量により「カルシウム強化」の表示が可能です• ゆで麺、蒸し麺は茹で上がった後、洗う際に使用すると 麺のほぐれが良くなり、艶が出ます• 餃子、シュウマイ、ワンタンなどの皮、又は具材にも活用出来ます 豆腐の製造への活用• 大豆の除菌、残留農薬剥離、防腐剤除去、化学合成肥料除去が出来ます• 焼成カルシウムを浸漬に使用すると、大豆表面の酸化被膜が剥離され、 カルシウムミネラル成分が浸透しながら大豆細胞を包み込みますから、 大豆本来の香りが引き立ちます• さらに旨味成分を加熱分解から守るので 味の改善になります• 豆乳とオカラの分離が良くなり、豆腐の製造量が増えます• 日持ちが良いので廃棄率を下げられます 〔用途〕洗浄、除菌、化学合成肥料除去、農薬剥離、防腐剤除去、ワックス除去、 着色料除去、土壌改良、pH調整 〔成分〕(水酸化カルシュウム) 〔性状〕白色粉末 アルカリ性 〔品質規定〕第8版食品添加物公定書 厚生省公示第120号 食品添加物218指定 163貝殻焼成カルシュウム認可 〔使用上の注意〕 チェック ・使用用途以外には使用しないで下さい。 ・本製品は食べ物ではありません。 ・子供の手の届かない所に保管して下さい。 ・皮膚に付いた場合は、きれいな水で十分に洗い流して下さい。 ・多量を吸入した場合、飲み込んだ場合は、 きれいな水で口の中をよく洗浄し、直ちに医師の診断を受けて下さい。 ・目に入った場合は、きれいな水で十分に洗浄し医師の診察を受けて下さい。 ・温度、湿度の高い所や直射日光の当たる所には保管しないで下さい。 ・保管時は容器のフタをしっかり閉じて下さい。

次の

天然素材100%の除菌液「プリフル」

焼成 カルシウム

この溶け出したカルシウムは、いろいろな部位に沈着を起こす性質があり、動脈硬化や細胞の働きを弱める、骨に沈着し神経圧迫を起こすなどの弊害を引き起こします。 (カルシウムパラドックス) ですから、骨から溶け出たカルシウムは「悪玉カルシウム」と言えます。 一方、野菜・小魚・海藻等に含まれるカルシウムは沈着をせず、細胞で働き、骨を元気にしてくれます。 食べ物から摂るカルシウムは「善玉カルシウム」と言えます。 同じカルシウムでも、「悪玉カルシウム」と「善玉カルシウム」があるのです。 悪玉カルシウムとは? 骨・血管・細胞に沈着するカルシウム なぜ骨から溶け出したカルシウム「悪玉カルシウム」は、沈着を起こすのでしょう。 カルシウムは、プラスイオン化した状態で体の中で色々な働きをしていますが、骨から溶け出したカルシウムはイオン化が強く、その作用が過敏で、いろいろなストレス部位に沈着し易いのです。 (イオン化カルシウム・活性カルシウム) イオン化 活性 カルシウムは反面吸収が良いためカルシウム製剤として市販されているものがあります。 カルシウムの吸収率は20~30%と低いため吸収を高めるために考えられたのが「イオン化カルシウム・活性カルシウム」です。 これは人工的にイオン化して吸収を良くしたもので、確かに吸収率は良くなりますが、イオン化が強い為に目的地の骨に行く前に、血管や細胞に過剰に入り込みいろいろな病気を引き起こしてしまいます。 カルシウム摂取の補助することを目的にしながら、 逆にカルシウム不足から起きるいろいろな症状を引き起こしてしまうのです。 カルシウム摂取が不足するとカルシウムが骨から溶け出します。 この溶け出したカルシウムは、いろいろな部位に沈着を起こす性質があり、動脈硬化や細胞の働きを弱める、骨に沈着し神経圧迫を起こすなどの弊害を引き起こします。 (カルシウムパラドックス) ですから、骨から溶け出したカルシウムは「悪玉カルシウム」と言えます。 一方、野菜・小魚・海藻等に含まれるカルシウムは沈着をせず、細胞で働き、骨を元気にしてくれます。 食べ物からとるカルシウムは「善玉カルシウム」と言えます。 同じカルシウムでも、「悪玉カルシウム」と「善玉カルシウム」があるのです。 善玉カルシウムとは? 血管・細胞に沈着せず、骨を元気にするカルシウム。 「善玉カルシウム」 非活性カルシウム は「悪玉カルシウム」と比較してイオン化が弱いカルシウムで、沈着を起こすことなく細胞で働き骨を元気にしてくれるのです。 ですから、小魚や野菜・海藻などカルシウム分を多く含む自然の食品を摂ればよいわけですが、必要量を取るのに限界があります。 そこで今、注目を集めているのが、北海道八雲地方で産出する風化貝化石を原料にした「タスカル風化カルシウム」です。 「タスカル風化カルシウム」は、自然の食品に含まれるカルシウムと同じ非活性カルシウムで、血管や細胞に沈着することなく骨を元気にしてくれるカルシウムです。 骨ができるということは、同時にカルシウム不足から起きる動脈硬化や細胞の働きを弱めるなどの現象を防ぐということになります。 医学博士 福島賢人先生(福島整形外科院長)が行っている風化カルシウム摂取による多くのレントゲン症例比較を見ても、骨ができ、血管・細胞沈着は起こさないことが、実証されています。 悪玉カルシウム 骨に入らないで筋肉・血管・細胞・骨組織に沈着する• 活性 イオン化 カルシウム• カルシウム製剤 病院・薬局• 自分の骨から溶け出したカルシウム 骨になりにくいカルシウム 非活性でも焼成しているもの• 牛骨、魚骨、カニの甲羅、• 牡蠣がらなどの焼成カルシウム 善玉カルシウム 元気な骨を造りカルシウムパラドックス現象を防ぐ。 カルシウムバランスを保ち、免疫力を高め、病気を予防する。 非活性カルシウム 食品• 小魚 手のひらサイズ以下• 海藻 天草、ヒジキなど…• 野菜 山クラゲ、小松菜 etc…• 風化カルシウム カミオニシキ貝の風化化石• ボレイ 漢方薬 商品ご購入の流れ• ご注文 お電話(0120-226-847)ファクス(048-665-6893)または ご購入フォームよりご注文いただきます。 ご注文受付・発送 ご注文内容を確認し、商品を発送します。 到着までは、おおむね2~3日(土日除く)ほどかかります。 商品の受け取り 代引きにて代金をお支払いのうえ、商品をお受け取りいただきます。 配送について 2~3日前後でお届け ご注文商品のお届けは、ご注文受付後2~4日前後となります。 (地域と発送事情により、多少遅れる場合もございます。 送料について 1万円以上で送料無料 1万円(税別)以上のお買いげで送料無料です。 お支払いについて 商品お届け時の代金引換 お支払い方法は、ゆうパック・ヤマト運輸の現金による代金引換・クレジットカード決済のいずれかになります。 (ゆうパックは現金のみ)• 返品・交換について 7日以内なら返品可能 商品到着日より7日以内でしたら、返品が可能です。 お問い合わせフォームよりご連絡をお願いいたします。

次の

炭酸カルシウム

焼成 カルシウム

1.石灰は一番安価な強アルカリです。 工業的には大量に使われているはずです。 また炭酸カルシウムはカルシウム化合物製造の場合のカルシウム源ですから反応の過程で石灰が出てくることが多いはずです。 (ナトリウム化合物製造の場合のナトリウム源は食塩です。 ) 廃水処理の中和剤としての使用量はかなりの量になるだろうと思います。 現在日常で石灰を一番よく使う場面(工業的な用途を別にして)は畑にまくということでしょう。 農協や園芸材料店では石灰が売られているはずです。 多分20kg程の単位になった袋詰めでしょう。 運動場の線引きには最近は石灰ではなくて炭酸カルシウムが使われています。 漆喰を使うような建造物も最近はほとんどなくなったのではないでしょうか。 普通石灰と言えば消石灰です。 作った直後のもの以外は消石灰と考えていいでしょう。 生石灰が必要になれば消石灰を改めて焼くことになります。 生石灰と水との反応での発熱はかなりのものです。 火事の原因になることもあるという記事を見ることもパリます。 冬場に駅の売店で売られている弁当や日本酒の中にはこの熱を使って温める仕組みが組み込まれているものがあります。 2.私はそのように想像しています。 アルカリ性を下げることもできますが燃料代の節約にもなります。 炭酸カルシウムは水に溶けにくいのでアルカリ性は弱いです。 チョークの粉で考えて下さい。 チョーク(chalk)はもともとイギリスのドーバー海峡側の海岸にある白い崖の事です。 崖を作る岩石の成分は炭酸カルシウムです。 石灰石に直接対応する英語はlimestoneですがchalkが使われることもあるようです。 3.胡粉について詳しいい説明を見つけました。 #3に「貝殻を焼いて作る」と書いたのは誤りのようです。 畑にまく石灰は貝殻を焼いて作っていたというのと混同していました。 貝殻は表面に付着物があります。 この付着物を取り除かないと顔料にはなりません。 上にあげたサイトの説明では10年寝かしたものを用いると書いてあります。 アサリやハマグリは普通、殻付きで売られています。 ホタテや、カキはむき身にして売られています。 産地には大量の殻が残ります。 この殻の処分には困っているはずです。 何とか利用する方法はないかと考えているはずです。 チョークの材料にしているかもしれません。 畑にまく石灰を作っているかもしれません。 山から切りだした石灰石を焼くというのは個人需要の石灰ではやっていないかもしれません。 焼くというのは燃料コストがかかります。 二酸化炭素の排出というのも問題になります。 炭酸カルシウムとしての売れ口があればそれの方がいいということにもなるでしょう。 乾燥剤の袋を見るとセメント製造で知られている場所が生産地として載っていることがあります。 この辺のからみは私にはよく分かりません。 石灰は現在「せっかい」とかなが振られていますが元々は「いしばい」です。 ある種の石を焼いて出来る白い粉だからです。 私が小学生の時はまだ「いしばい」と呼んでいました。 畑にまいたり、壁土と混ぜて漆喰を作ったりしていました。 運動場に白線を引くのにも使っていました。 新しく作った石灰に水をかけると発熱します。 発熱能力をもった石灰を「生」石灰、水を吸って発熱能力のなくなってしまった石灰を「消」石灰と呼んでいます。 どちらも強いアルカリ性を示しますが「生」石灰の方は発熱のある分、危険度が高いです。 海苔やおかきの袋の中に入っている「禁水」と書かれている乾燥剤は生石灰です。 石灰を取るために使う石は特別な石です。 「いしばい石」=「石灰石」です。 学術用語として音読みで「せっかいせき」と読まれるようになってからその跳ね返りで「いしばい」ではなくて「せっかい」と呼ばれるようになったようです。 石灰を畑にまいたり、漆喰の材料にしたり、というのは全国的な用途です。 石灰石はやはり、山手の方に多く産出します。 海に近いところでは貝殻を焼いて作っていました。 海に近い平野部で畑にまいていたのはほとんどが貝殻を焼いて作ったものでしょう。 大きな貝殻を焼いて作ったものは混ざりものが少なくて白さが目立ちます。 こういう白い粉は顔料として使われていました。 「胡粉」と呼ばれています。 日本画で使う白、日本人形の絵付けに使う白はこの胡粉です。 >白色度の高いものにはハマグリが用いられるが、加工の易さからカキ、ホタテの貝殻も用いられる。 それぞれの貝は食用になるものと同様だが、各地からより白色度の高い貝が探し求められている。 うまい商売を見つけたものですね。 何百年も前から知られていて、畑にまかれたり、人形の顔に塗られたりしていた白い粉、海苔の袋に入っている乾燥剤と同じものが「特別な薬効」があるとして宣伝すれば売れるのですから。 石灰は水に溶かすと強いアルカリ性を示します。 手荒れの原因になります。 濃い溶液であれば炎症を起こすことになるかも知れません。 水虫に塗るなんて考えられません。 普通の人が素手で扱う事が想定されているのであれば、かなり純度を下げているのではないかと想像できます。 石灰に炭酸カルシウムを混ぜているでしょう。 ホタテを焼いて作った石灰にホタテの貝殻の粉を混ぜたのであれば、混ぜた割合のいかんによらず「ホタテ100%」という表示が可能です。 普通の家庭でアルカリ性であることをあまり意識しないで使ってもいいという目安は重曹です。 これ以上アルカリ性が強い物質であれば取り扱い注意の表示が必要になります。 マジッ*リンのようなアルカリ性の強い台所用洗剤には「使用する際には手袋着用」というような表示があると思います。 石灰をそのままで使うということは想像できないことです。 ためしにお酢をかけてみて下さい。 多分かなりの泡が出てくるだろうと思います。 詳しい解説、有り難うございました。 生石灰:乾燥剤 消石灰:ライン引き、漆喰の原料 どちらも、強いアルカリ性。 2,「貝殻焼成カルシウム」の商品は、貝殻を焼くと、生石灰になって、強いアルカリ性になってしまいますが、アルカリ度を緩和するために、焼く前の炭酸カルシウムを混ぜているという感じに理解して良いでしょうか? 炭酸カルシウムは、アルカリ性は弱いのでしょうか? 3,胡粉は、wikiには炭酸カルシウムとありましたが、貝殻を焼いて作るのなら、生石灰or消石灰なんでしょうか? 以上、お答え、追加して頂けると有り難いです。。。 >貝殻焼成カルシウムのこういった除菌・抗菌作用、消臭効果は、 普通の生石灰でもあるものなのか その通りです。 普通の生石灰にもある効果です。 これはひとえに、生石灰の大きなpH(強アルカリ)によるものです。 基本的に腐敗菌は自分がカルボン酸を生産するため、弱酸性には強い のですが、強アルカリには弱いのです。 生石灰は石灰石を焼いて作られるものです。 石灰石は貝殻や珊瑚が固まってできたものです。 西日本の各地で取れる ものですが、かつて暖かい海の底であったところには間違いなく石灰石 があります。 したがって、貝殻焼成カルシウムと工業的な生石灰はつきつめれば、 同じ原料からできていると言えます。 A ベストアンサー なんでこう、化学に関して素人だと仰る方の質問に対して、数値が知 りたいという問いにちゃんと計算して応えることの出来ない人がこうも 多いんだろうね? 迷惑だよ。 私が所望の計算を致します。 他の方々のコメントがなくても済むよう にお答えしますね。 必要な知識は、高校の化学の教科書や参考書にある 平衡定数の考え方です。 炭酸ナトリウム水溶液の濃度が仮に 0. 考え方は、参考 URL にある「酢酸 ナトリウム水溶液の加水分解」と同じです。 炭酸は2段階電離をしますが、その第2段階の電離定数を Ka、水のイ オン積を Kw、炭酸水素イオンの電離の逆反応の平衡定数を K とします。 水溶液中で、炭酸ナトリウムはほぼ完全に電離し、生じた炭酸イオン の一部が炭酸水素イオンに戻ろうとしますが、その割合を x とし、便宜 上 C = 0. となります。 代入すべき数値は、 Ka = 4. と上記の C = 0. 7(有効数字3桁) です。 0 、人間の体液における 値の典型値が pH = 7. 4 だから、かなり強い塩基性ですね。 濃度を C = 0. 7 くらいになります。 参考までに、白馬八方温泉の温泉水の値で、pH = 11. 3 くらいだそう です。 かなり強いアルカリ性の温泉も存在します。 goryukan. html 入浴剤として使う場合の注意としては、強アルカリ性の温泉に入浴す るときの注意点と同じです。 yamamura. html なんでこう、化学に関して素人だと仰る方の質問に対して、数値が知 りたいという問いにちゃんと計算して応えることの出来ない人がこうも 多いんだろうね? 迷惑だよ。 私が所望の計算を致します。 他の方々のコメントがなくても済むよう にお答えしますね。 必要な知識は、高校の化学の教科書や参考書にある 平衡定数の考え方です。 炭酸ナトリウム水溶液の濃度が仮に 0. 考え方は、参考 URL にある「酢酸 ナトリウム水溶液の加水分... A ベストアンサー No. 4です。 貝殻だけだとリンの量は、得られても微量だと思います。 貝殻と一緒に貝の「身」も一緒につぶした場合は、リンや窒素も補われます。 身は有機物ですから、地中の菌類の働きにより分解されます。 第一段階 身(有機物)=>アンモニア (枯草菌類の働き):一部はアンモニア態窒素となり、窒素肥料となります。 第二段階 アンモニア=>亜硝酸 (ニロトソモナス類の働き):一部は亜硝酸態窒素となり、窒素肥料となります。 第三段階 亜硝酸=>硝酸塩 (ニトロバクター類の働き):酸性物質となり地中に溜まります。 このため、土は、少しずつ酸性化します。 この、酸化した土壌を中和(正常化)するのに貝殻のカルシウム分が有効です。 最終段階 この「硝酸塩」は、嫌気細菌の働きにより分解され、やがて「窒素」や「リン」などの肥料成分になります。 有機栽培法では、窒素とリンは得やすい代わりに、どうしてもカリが不足気味になります。 プランター栽培などでは、窒素やリンよりも「カリ」を重視した肥料をオススメします。 したがって,水,あるいは消石灰に原因があるものと推測します。 ・・・あくまでも推測ですから,あしからず・・・・ 消石灰が,完全にCa OH 2になっておらず,一部にCaO,が残っている場合,おっしゃるように水和熱が発生します。 これが,原因として非常に可能性が高いと推測します。 消石灰は一部水に溶けて強アルカリ性を示します。 仮に,混ぜた水が酸性雨などのように酸性を示すものであったら,中和反応により発熱が起るはずです。 酸化カルシウムは,大気中で二酸化炭素と反応して,炭酸カルシウム(CaCO3)を生成します。 ただし,CaOは一部,炭化カルシウム(CaC が混ざっていることがあり,これが,空気中の水と反応してアセチレン臭を放つことがあります。 アンモニア臭ということですが, ・・・はっきりと原因はわかりません・・・ お役に立てず,ゴメンナサイ。 A ベストアンサー こんにちは。 >石灰・・・が何を言っているかでお話がちょいとかわります。 炭酸カルシウムが主成分である、貝殻や石灰石の粉であれば、土の酸性を中和したりするのには使えますが、消毒にはなりません。 この粉は多少手があれる事はありますが、触って火傷するような物ではありません。 焼成石灰は、それを焼いた物で、主成分は酸化カルシウムです。 別名、生石灰とも言います。 これは水にいれるともの凄く激しく反応して煙が出ます。 反対に焼成石灰に水が入ると、袋などが燃え出す程高熱が出ます。 もちろん粉を手で触ればやけどします。 焼成石灰を水に溶かした物が消石灰です。 主成分は、水酸化カルシウムです。 焼成石灰程ではないですが、粉を触ると火傷に近い状態になります。 これは殺菌作用があり、土壌の消毒や農薬として多方面で用いられます。 水に溶かした透明な溶液が石灰水、もっと沢山入れて牛乳みたいにしたものを石灰乳といいます。 殺菌、消毒に使われるのは通常、消石灰です。 粉のまま、あるいは石灰乳にして農薬として用いられます。 焼成石灰を直接使う話はほとんど聞いたことがないですが、消毒にならない事はないですが、作物を相当傷めるでしょう。 農薬の分解であれば、焼成石灰でないとダメでしょう。 消石灰では反応性が弱いですから。 こんにちは。 >石灰・・・が何を言っているかでお話がちょいとかわります。 炭酸カルシウムが主成分である、貝殻や石灰石の粉であれば、土の酸性を中和したりするのには使えますが、消毒にはなりません。 この粉は多少手があれる事はありますが、触って火傷するような物ではありません。 焼成石灰は、それを焼いた物で、主成分は酸化カルシウムです。 別名、生石灰とも言います。 これは水にいれるともの凄く激しく反応して煙が出ます。 反対に焼成石灰に水が入ると、袋などが燃え出す程高熱が出ます。 A ベストアンサー 濃度について! 質問の物質が水溶液となっているので、水に対する飽和が低い物質は強アルカリや強酸でも能力が低いです。 混合していない場合、アルカリのチャンピオンは水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)が48%水溶液です、フレークだと98%です。 酸では塩酸ですが濃塩酸は約35%です。 濃硫酸だと96%に発煙硫酸だと約99%まで濃縮可能。 後、発煙硝酸も86%で強力と言うより怖いです。 強アルカリと強酸の中和物質が食塩である塩化ナトリウムです。 (安定した化合物。 ) 「どれくらいで骨になるか?」について! 試した事が無いので判りません。 苛性ソーダ98%フレークを素手で触っていると5分位で表皮がつるつるになってます。 肉厚から試算して下さい。 生コンも良く溶けます。 「酸の強い水溶液に手をつけるとどうなるのでしょうか?」について! 酸は基本的に水分と反応して発熱します。 溶ける前に焼け爛れます。 35%の塩酸や62%の硫酸は1分位だと耐えれます。 しかし、98%の濃硫酸だと手の水分と反応して瞬間湯沸し器状態となります。 (表皮が剥けるのに多少猶予があります。 但し、目は一瞬で失明。 ) 「酸は金属を溶かし、アルカリはたんぱく質を溶かすと聞いた事があります。 」について! 物質の特性により決まります。 両性元素である亜鉛やアルミニウムは酸でもアルカリでも溶けます。 有機物は弱アルカリのアンモニアにも溶けるものもあります。 たんぱく質は殆んどの酸に弱いです。 濃度について! 質問の物質が水溶液となっているので、水に対する飽和が低い物質は強アルカリや強酸でも能力が低いです。 混合していない場合、アルカリのチャンピオンは水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)が48%水溶液です、フレークだと98%です。 酸では塩酸ですが濃塩酸は約35%です。 濃硫酸だと96%に発煙硫酸だと約99%まで濃縮可能。 後、発煙硝酸も86%で強力と言うより怖いです。 強アルカリと強酸の中和物質が食塩である塩化ナトリウムです。 (安定した化合物。 ) 「どれくらいで骨になるか?」について!... A ベストアンサー ポリエチレンのビンが良いと思います。 耐薬品性が比較的良くて、安価です。 実験室でも保存していますが、問題ありません。 ホームセンターでも売っている白色か茶色もので充分だと思います。 でなければ、液体洗剤や液体の漂白剤が入っていた容器など材質がポリエチ(PE)であれば、ある程度は(PETよりは充分長く)持つと思います。 中は良く洗浄してから使って下さい。 洗浄が不十分だと反応する場合があります。 耐薬品性がかなり良い樹脂の容器もありますが、一般の人には手に入りにくいし、高価です。 kubopura. htm Q 掃除などをする際の除菌する商品について、 お店でも除菌する商品として、ほとんどが アルコールが使われているものです。 アルコールだと手が荒れるのでネットで 調べてみると、次亜塩素酸水 微酸性 が非常に 良い 食品添加物にも使われているため、安全性が 高く、除菌できる菌の種類もアルコールより多く、 手も荒れない というのを見ました。 しかし、次亜塩素酸水は、一般に流行っていないですよね。 そこまで良いなら、色々な商品が売られていたり、お店などで、 もっと出回ってても良いと思うのですが。 ということは、次亜塩素酸水も何かしらのデメリットなどが あるのでしょうか? 次亜塩素酸水のデメリットと流行らない理由を 教えていただけると助かります。 A ベストアンサー デメリットとしては ・次亜塩素酸ソーダは金属を腐食する怖れがあります。 もちろん水洗いすればよいことですが。 ・それに希釈した次亜塩素酸ソーダは時間が経つと消毒効果が低下するので消毒用商品としては適さない。 デメリットではないですが 次亜塩素酸ソーダは単価が安いのでこれを希釈して商品化しても商売になりにくい。 他方アルコールは食品のイメージから何となく安心感があり希釈品であっても価格設定を高くしても売れる。 食品業界では大量に使用するので次亜塩素酸ソーダが多いのではないでしょうか。 野菜等の食品の消毒にも使用されています。 A ベストアンサー お医者さんも、ちょっと説明が大雑把だったのかな? (話をわかりやすくするために、あえて「体をアルカリ性」といった表現で説明したのかも?) 人間の体は高度な恒常性を保っており、皆さんがおっしゃるように、食品で体が酸やアルカリに偏ることはありません。 ただし、通風の予防・治療にアルカリ性食品は、とても意味のあることです。 体液のpHの調節には尿が使われており、酸性食品を摂ると尿が酸性に、アルカリ性食品を摂るとアルカリ性になって、酸やアルカリを体外に排出してバランスをとっています。 要するに、アルカリ性食品というのは、尿をアルカリ性にする食品ということです。 そして、通風の原因となる尿酸はそのほとんどが尿で排出されますが、アルカリ性の方が溶け出しやすく、スムーズに排出されます。 ですから、尿をアルカリ性にすることは、通風(や尿路結石)の予防・治療に効果があります。 さて、ご質問の食品についてですが、大まかに言うと、リンや硫黄、窒素を多く含むもの(肉・魚)が酸性、カリウムやカルシウムを多く含む物(野菜・果物)がアルカリ性食品です。 具体的には、以下の表を参考にしてください。 wellba. html 表の見方の注意ですが、酸度・アルカリ度の数値だけでなく、食べる量も考慮することが大切です。 例えばシイタケはアルカリ度の高い食品ですが、一度にそれほど多く食べるわけではありません。 一方、先生がおっしゃったバナナは、カリウムを豊富に含み、かつそれなりの量を食べられます。 こういったことを加味して効率の良さそうなアルカリ性食品を挙げると、果物、根菜類、芋、あと(表にはありませんが)ワカメはかなりアルカリ度が高く、少量でも意味がありそうです。 一方、大豆や干しいたけはアルカリ性食品ですが、プリン体も多く含みますので、微妙です。 逆に、注意すべき酸性食品は、鶏肉、卵黄(卵白はアルカリ性)、マグロ、玄米あたりでしょうか? ただし、食品は薬のように即効で効果があるわけではありません。 以下のサイトでも、実際に影響が出るまで1ヶ月以上かかっています。 plala. htm 「バナナを食べればそれでOK」ではなくて、基本的な食生活を改善する(肉や魚介類を控え、野菜をたくさん摂る。 アルコールは通風にも悪影響がありますので、お酒は控えめに。 など)ことが大切だと思います。 nhk. html お医者さんも、ちょっと説明が大雑把だったのかな? (話をわかりやすくするために、あえて「体をアルカリ性」といった表現で説明したのかも?) 人間の体は高度な恒常性を保っており、皆さんがおっしゃるように、食品で体が酸やアルカリに偏ることはありません。 ただし、通風の予防・治療にアルカリ性食品は、とても意味のあることです。 体液のpHの調節には尿が使われており、酸性食品を摂ると尿が酸性に、アルカリ性食品を摂るとアルカリ性になって、酸やアルカリを体外に排出してバランスをとっ...

次の