鼻うがい 人気。 【楽天市場】鼻洗浄器

鼻うがい容器おすすめは?使いやすく初めての人にもおススメはこれ!

鼻うがい 人気

鼻うがいの方法について。 効果効用を得るには正しいやり方とコツが必要。 鼻洗浄は痛い、うまくできないなど、多くの方が敬遠しがち。 小林製薬「ハナノア」のテレビCMでおなじみの「痛くない鼻うがい」で専用容器で使用する「生理食塩水」の作り方、スポイトを使った方法を動画・コップを使うスタンダードなやり方のイラスト画像・図解でご紹介。 また、回数や頻度、使用する水や生理食塩水の濃度など、間違った危ない方法では子供に多い中耳炎や水道水によるアメーバ脳炎の危険性もあります。 初心者の方には口コミでも評判の鼻洗浄用医療機器「ハナクリーンEX」をおすすめします。 また、日本テレビ「世界一受けたい授業」で耳鼻口腔科医師の石井正則先生が花粉症対策に鼻うがいを推奨されています。 その他、蓄膿症・副鼻腔炎・上咽頭炎・アレルギー性鼻炎の鼻づまりをを解消し炎症と悪化を防止。 風邪・インフルエンザの予防、PM2. 5や黄砂、ハウスダスト等のアレルゲンの洗浄、いびき対策など様々な効果効用が得られます。 また、スチーム吸入器の効果と赤ちゃんの鼻掃除の仕方について。 風邪予防に手洗い・うがいは基本。 子供の頃から言われてきたと思います。 病気を引き起こす感染症の多くは「手洗い」で付着したウイルス等を洗い流すことが大切です。 また、空気中のホコリや細菌を口や鼻から吸い込んでしまう事でも感染してしまいます。 そのための「うがい」は風邪など病気予防の第一段階であり基本です。 しかし、通常行う口うがいだけでは鼻粘膜や喉の奥 咽頭部 に付着したウイルスや病原菌を洗い流すことができないため、風邪やインフルエンザなどの病気を防ぎきる事ができません。 確かに口うがいだけでも十分な予防効果を発揮しますが、花粉症やインフルエンザが流行る時期となると、たとえ習慣づけていても、予防しきれず感染してしまうというか方が多くいらっしゃいます。 敬遠されがちな鼻うがいですが、もう一度ここで安全な正しいやり方を見直し、鼻うがいの新習慣を身につけていただきたいと思います。 また、鼻洗浄だけでなく、喉の奥までシッカリ洗浄できる「家庭用のスチーム吸入器」の使用もおすすめします。 特に子供や高齢者など、どうしても鼻うがいが出来ない方におすすめです。 当サイトでご説明します「鼻洗浄」は、生理食塩水をつくってコップや洗面器、ネティポット、スポイトなどを使用する方法、「ハナノア」「ハナクリーン」など専用の洗浄液が用意されている鼻洗浄器で直接鼻から吸入し洗う 「鼻うがい」の方法や、抗生物質や薬剤を使用しない子供にでも簡単にできる安全性の高いスチームで加温加湿し洗浄する「」による鼻洗浄です。 鼻腔内・咽頭部の洗浄効果を発揮する 鼻うがい・鼻洗浄を上手に行なう事でアレルギー性鼻炎や・蓄膿症、、上咽頭炎、いびきによる口呼吸や睡眠時無呼吸症候群等の治療と改善が期待できます。 普段行う ガラガラ口うがいでは取り除くことのできない鼻腔内と喉の奥の洗浄ができるメリットがあり、粘膜についた花粉やウイルス菌・病原菌、ハウスダストなどのアレルギー物質を洗い流すことができます。 風邪やアレルギー疾患の原因となる細菌を体内に侵入してしまうのを防ぐ自宅でできるセルフケアであり、病気予防の基本的な健康法といえます。 鼻うがいやスチーム吸入器による鼻洗浄は粘膜に付着した花粉などのアレルゲンを直接洗い流す効果があるので、花粉症対策に非常に有効とされています。 花粉症のムズムズ感、クシャミ・鼻水・鼻詰まりの辛い症状が解消でき、スッキリとした快感さえ感じられます。 花粉症のくしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみの原因 花粉症のサラサラと流れ落ちる水生鼻漏や鼻閉感、目のかゆみやクシャミの酷さは生活の支障をきたすほど辛くストレスにもなります。 花粉症や鼻炎は体外からの花粉などのアレルゲン 抗原 が侵入すると、排除しようとする物質 IgE抗体 が作られ体内への侵入を防ぐための人体の生理的な防衛反応であり免疫システムが働きます。 IgE抗体が鼻や目の粘膜にある脂肪細胞に付着すると知覚神経を刺激する「ヒスタミン」が分泌されます。 これがくしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみの症状を引き起こす原因です。 鼻水はホコリや病原菌などを含んているため、停滞したままだと、粘膜が炎症してしまい、正常な働きが鈍るだけでなく、副鼻腔内に漏れる事でとなり、悪化すると喉に流れ落ちる後鼻漏や上咽頭炎を併発してしまう恐れもあります。 鼻うがいやスチーム吸入器で直接洗浄することで粘膜の炎症を防止し、副鼻腔炎や鼻水がのどに落ちる、喉の奥の上咽頭に細菌やウイルスが付着・感染することで炎症を起こしす上咽頭炎などの疾患予防に有効です。 蓄膿症の鼻うがいの効果 副鼻腔炎とは鼻づまりが続き、細菌が増殖した膿が副鼻腔内の炎症を招く症状です。 慢性化すると蓄膿症となってしまいます。 ネバネバとした膿は鼻をかんだだけではなかなか取り除くことができません 鼻うがいやスチーム吸入器を行う事で、原因となる鼻づまりや膿を洗浄するため、スッキリするだけでなく、悪化を防ぎ、治療を早める効果を発揮します。 鼻うがいは以下の症状の方に効果を得ることができます• 花粉症による鼻水・鼻詰まりのムズムズとした不快感をスッキリさせたい• 鼻水がのどの奥に落ちる後鼻漏• 蓄膿症 の頭痛・歯痛・めまい・吐き気• 鼻炎・慢性鼻炎・アトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患• 扁桃炎・上咽頭炎の喉の炎症による痛み• 老人性鼻漏の鼻水と痰のからみ• うつ病・自律神経失調症患者• 喘息・気管支喘息・小児ぜんそくの喉の痛み• 風邪・インフルエンザの咳・鼻水• 鼻詰まりが原因で就寝中にいびき・口呼吸・無呼吸症候群を患っている方• 点鼻薬依存になりがち• 鼻をかみすぎて粘膜が荒れてしまっているかた• ストレスによるうつ病・自律神経失調症• 腎臓病・リウマチ・大腸炎・関節炎 1. 温湯 ぬるま湯 をつくります• 水道水 真水 を用いる場合は必ず煮沸消毒し殺菌してから使う事が重要です。 やや多め 500cc~1000㏄ の水を一度沸騰させます 10分間。 煮沸し殺菌させることで塩素を除去し、粘膜の繊毛の損傷を防止し、「原発性アメーバ性髄膜脳炎」の発症リスクを抑制させることができます。 肌温度(約35度)になるまでさまし、ぬるま湯状態で使用します。 ミネラルウォーターや減滅殺菌済みの精製水を使う場合は少し温めて約35度くらいになるように設定してください。 作った白湯は清潔な容器に保存して24時間以内に使い切ることが原則です。 生理食塩水をつくります• 用意した温湯の蒸留水200㏄をコップなどに計量し、食塩 天然塩 を2gを入れよく溶かしてください。 鼻洗浄をおこなう• 鼻洗浄は片方づつ行います。 まず、頭を大きく後ろに傾け、右側の鼻の穴を指で押さえふさいだ状態で左側からゆっくりと生理食塩水を入れます。 もう片方も同様におこないます。 鼻うがい注入中は絶対につばを飲み込まないようにしてしてください。 口から出た生理食塩水は吐きだします。 使った器具の洗浄と保管 鼻洗浄に使ったスポイトや洗面器、白湯を入れる器等の器具の洗浄は毎回行い、乾燥させて保管しておくことが大切です。 鼻腔・副鼻腔内の悪玉菌を減らし善玉菌を増やすことで炎症を抑える 副鼻腔炎や蓄膿症の黄色いネバネバとした鼻汁 膿 は細菌 悪玉菌 が増殖した状態です。 この悪玉菌が鼻腔内の炎症を起こさせる原因となっています。 そこで、鼻腔・副鼻腔内の悪玉菌をやっつけ、善玉菌を増やすことで炎症をおさえ症状を改善させようとするのが「ビオフェルミン鼻うがい」の目的です。 副鼻腔炎は腸内の乳酸菌が枯渇した状態で免疫力が低下してしまう事でも炎症を起こします。 ビオフェルミンを鼻うがい用の洗浄液としてだけでなく、通常の服用を続けることで善玉菌である乳酸菌を増やし腸内環境を整え、免疫力を回復させることでも蓄膿症の予防になります。 ビオフェルミンは医薬品といっても人の腸内にすむ乳酸菌を製剤化したもので、抗生物質やステロイド系のような副作用の心配がありません。 妊娠中や授乳中の方、子供・赤ちゃん 生後3か月 にも安心して服用できるのでおすすめです。 スチーム吸入器が安全な鼻うがいに有効 後鼻漏患者・子供には『吸入療法』がおすすめです 後鼻漏患者の方は、鼻水が過剰に分泌されるため、のどや鼻に洗浄水が残留しやすく気管を防いでしまい、耳管への流入リスクが高くなるため、急性中耳炎や滲出性中耳炎をおこす恐れがあります。 また、前述したとおり、鼻うがいや鼻洗浄がうまく出来ない方や子供にも危険をともなうリスクが伴います。 医療の現場で推奨されている治療法は、のど鼻の粘膜を温め 局所温熱療法 、粘膜を潤す 湿潤療法 事で、喉鼻の繊毛運動 花粉・アレルゲン・病原菌を体内に侵入しないように排泄させる の働きを活発にし、鼻水や鼻づまりなどのトラブルを治療する自然療法です。 吸入器を使用した 『鼻吸入療法(細霧吸入療法)』は、花粉症や鼻炎、後鼻漏・副鼻腔・蓄膿症の改善、風邪やインフルエンザ予防の効果を発揮します。 しっかり殺菌! 洗浄効果でスッキリ透き通った心地よさを実感!! 湯船で湯気を吸い込んだ時の、「サウナミスト効果」は、鼻づまりを解消しスッキリしますが、お風呂の湯気の粒の大きさは約1ミリメートルで大きすぎるため、喉の奥まで行き届かないため、洗浄効果は期待できません。 家庭用吸入器のスチーム療法は、超音波による「5um マイクロメートル の細粒ミスト=0. 005ミリメートル」の超細粒ミストがのどの奥の咽頭部までシッカリ行き渡り、花粉やアレルギー物質、病原菌等を洗い流します。 鼻洗浄や鼻うがいでは到底いき届かない範囲にまで行き渡るので、鼻うがいが苦手、何度やってもスッキリしない方には違いがよくわかります。

次の

【楽天市場】鼻洗浄器

鼻うがい 人気

通常、呼吸は鼻で行なうため、ノドの痛みや鼻炎をおこす異物(細菌・ウイルス・花粉・ホコリなど)は、主に鼻から入ってきます。 そのため、「うがい」よりは「鼻うがい」のほうが効果的と言いたいところなのですが・・・ 鼻うがいは危険なリスクが… 「鼻うがい」といえば、鼻中を潤す効果と、かんでも出し切れない鼻水やネバネバの鼻水を洗浄する効果があり、 細菌・ウイルス予防や花粉症などの対策、蓄膿症(副鼻腔炎)や後鼻漏、上咽頭炎の対策として注目されてきました。 しかしながらその一方で、鼻うがいは下手にやり方を間違えると 中耳炎の原因になりやすいことや、むやみやたらにすると 鼻粘膜の機能を失ってしまう可能性があるとのことで、より慎重な方法や対策が求められるようになってきています。 鼻うがいで鼻を改善しようとしているのに、逆に悪化したり、中耳炎になるなんて絶対にイヤですよね~ 2014年3月12日放送の『ホンマでっか!?TV』でも、鼻水評論家といわれている医師が「鼻うがいをし過ぎると逆に悪化することがある」と説明しています。 鼻うがいで、逆に悪化... これはどういうことかといいますと、粘膜にはもともと【抗体:IgA】という免疫成分があり粘膜を守っています。 しかし、鼻うがいをし過ぎると、この抗体も一緒に洗い流してしまいます。 その結果、 外的要因から守る粘膜機能が低下する危険性がでてくるのです。 上記の理由から ここでは鼻うがいより 安全で簡単な、生理食塩水を微粒化して吸入する「家庭用医療機器」を紹介します。 しかも、これなら 鼻うがいやうがいでも届かないさらに奥 (気管の手前) までケアできる のでメリットは大きいです。 試して頂くと納得できると思いますよ。 もちろん「通常のうがい」との併用はおすすめです! 鼻うがいと医療機器との違い 鼻うがい 粘膜を潤すと同時に洗い流せる。 水分がダイレクトに当たりすぎると粘膜機能の低下をまねくことがある。 中耳炎のリスクも有る。 医療機器 程よく粘膜を潤すことで自然排出。 程よく潤すことで粘膜の線毛(せんもう=微細な毛)機能を活発化して異物を排出。 うがいや鼻うがいで届かない粘膜も潤せる。 程よく潤すことの大切さ 外気やエアコン等で、粘膜にある線毛が乾燥したり、加齢によって機能低下を起こしたりしている場合は、排出が困難になります。 粘膜の線毛が活発化すれば、異物の排出が促されます。 この方法が良いといわれる根拠 重要なことは粘膜機能の正常化をめざすことです。 生理食塩水や微粒化したミスト(エアロゾル)が、この粘膜線毛機能の正常化に関わっている根拠を記述しておきますので参考にして下さい。 慢性副鼻腔炎(=蓄膿症)に対する生理的食塩水エアロゾルの効果が発表されていますが、粘膜レベルでの研究成果ですので、鼻粘膜だけに留まらずノド粘膜に関しても同じ作用が期待できます。 鼻の局所温熱療法は、薬剤を全く使用せず、水を43度に加熱し、細かいミストとして鼻に吸入するとてもシンプルな方法です。 改善には個人差はありますが、 副作用の報告も無く、安全且つ有用性の高い療法といわれています。 潤すことによる排膿が化膿した部分(炎症箇所)の改善に重要的に働きかけるという点から、「 鼻中の粘膜にも適用できるのでは・・・」として注目されています。 実際に、耳鼻咽喉科の医師らも湿潤療法に関心を寄せはじめているようで、『新しい創傷治療』の管理者、夏井先生も耳鼻咽喉科の研究会などで講演されています。 鼻やノドの粘膜との関連が大きい花粉症(アレルギー性鼻炎)。 ここでは「鼻スチーム療法」という療法名で記載があり、データでは「効果あり」と回答した人が46%となっていて、おおよそ 2人に1人は効果を感じているとの結果が出ており、有効性が高めであることがわかります。 鼻うがいが苦手人や、お子様にはとくに便利 ミクロの霧で『鼻うがい』や『うがい』よりさらに奥まで届き、しかも唯一 生理食塩水が使える機器ですが… 生産終了の旧型以外にも、最新型と見た目が全く同じ「生産中止の旧型」があるので入手時は注意。 管理医療機器の販売には、薬機法(旧薬事法)に基づく許可・届出が必要です。 管理医療機器販売業に関わる表記に要注意。 人気商品となるとコピー商品などの心配が出てきますが、正規品のみです。

次の

鼻うがい|中村 篤史/ナカムラクリニック|note

鼻うがい 人気

コレ、いいですよ。 鼻うがいといえば、小林製薬の「ハナノア」や「ハナクリーン」が有名ですが、 ハナノアは安いけど小さすぎて微妙らしく、 ハナクリーンはしっかりしているけど値段が高い(2500円くらいする)ということで、イマイチどれを買おうか悩んでいたんですよねぇ…。 で、いろいろと調べているうちに、 で絶賛されていた「WaterPulse」という名前の鼻うがいボトルに惹かれ、購入しました。 参考リンク: アマゾンでもレビューが200件ほどあり、いい感じだったので、買ってみました。 こういった器具は、通称「ネティポット」などとも言うみたいですね。 結論から言うと、 たしかに、 初心者でもかなりラクチン&快適に鼻うがいをすることができましたぞ。 というわけで、この記事では、 開封レビューや使い心地・快適に鼻うがいするための生理食塩水の作り方のコツなどをシェアしますね。 もくじ• 鼻うがいの定番ハナクリーンよりも安く、ハナノアよりも容量たっぷりなWaterPulseの魅力 アマゾンから届きました。 説明書とともに、きちんとビニールで密封された本体&ノズル2種類。 ノズルは、穴が大きいシンプルなタイプ(大人用)と、小さな穴が4つ空いていて、水流が穏やかなタイプ(子供用)の2種類が付属してきます。 作り自体は、正直、割と安っぽい感じですかね…汗w 中国のブランドですが、ですし、FDA(アメリカの厚生省的なお役所)の基準にも適応済みなので、安全面・衛生面では問題ないかと。 参考: 食洗機での洗浄にも対応しているらしいです。 ボタン一つ押すだけで初心者でもカンタンに鼻洗浄! WaterPulseの最大の特徴は、「 水の出しやすさ」ですな。 ハナノアやハナクリーンのように、本体ボトルを指でギュッと押さなくていいんです。 これがかなり便利。 WaterPulseには、ご覧のように、ボトルの底面に押しボタンが付いています。 このボタン部分が特許を取得しているらしいです。 このボタンをポチッと押すだけで、ピューっと水が絶妙な水圧で出てくれます。 ボタンを押すのをやめると、水も止まります。 この部分の機構はよくできてますね〜。 ボトル容量300mlなので、余裕を持って鼻うがいができる ボトルの容量もたっぷり300ml。 ハナノアは50ml、ハナクリーンは150mlですので、このWaterPulseなら、一度でたっぷりと心ゆくまで鼻洗浄できるのがよいです。 まぁでも、軽く鼻うがいするだけなら、容器の半分の150ml〜200mlくらいでも十分かもですね。 300mlきっちり満杯に入れると、ぼくの場合、いつもちょっと余ります。 ぬるま湯の生理食塩水を作ればコストパフォーマンス抜群! さて、鼻うがいをするときに悩むのが、「鼻洗浄に使う水」ですよね。 結論から言うと、 専用のパウダーや液体を使わなくても、「ぬるま湯+塩少々」で全然快適!問題なし! ですね。 引用元: なので、基本的には、専用のパウダーを買わなくても、自分で水と食塩で作ればOKかと。 ミントのスースー感が欲しい鼻セレブは、サーレSを買うのもありでしょうけどね…。 ぬるま湯に塩をほんの少し加えて、生理食塩水を作れば、全然痛くないですよ。 濃度0. 9%の生理食塩水の作り方:小さじ半分強の塩で作れる ぬるま湯300mlに対して、塩はスプーンにちょこっとくらいでOK。 小さじ一杯でも多いくらいですね。 上記の写真の半分、指で2掴みくらいで十分。 生理食塩水の正確な数値は「濃度0. 9%」とのことですので、 水100mlに対して、塩は0. 300mlなら2. 7gですな。 スプーンの小さじはおおよそ5gですので、 小さじの半分よりちょい多めくらいが目安ですね。 基本的な大さじ一杯は15g、小さじは一杯は5gです。 ただし、計量するものによっては若干前後します。 引用元: WaterPulseのいいところは、ボトルに水と塩を入れて蓋を閉めたら、上下に振っても背面ボタンを押さない限り、水が漏れないので、カンタンに塩を混ぜることができるというポイントです。 なので、塩をチョビチョビ入れて、ほどよい塩加減(鼻水くらいの塩加減w)に調節しましょう。 慣れれば感覚的に、ササッと適度な濃度の生理食塩水ができますぞ。 WaterPulseのデメリットはある? 最後に、「なにかデメリットはないの?」という点についても、お話しておきましょう。 う〜ん…。 そうだな…。 値段がちょい高い?• かさばるので携帯には不向き ということでしょうかね。 値段に関しては、ハナクリーン(2500円程)よりは安いけど、ハナノア(800円程)より高いという感じ。 まぁ、とはいえWaterPulse本体は1200円くらいですので、一度買ってしまえば、あとは自分で食塩水を作ればほぼタダで使えるので、コスパはよい部類かと思います。 なによりも、気持ちがいいし、ずっと気になっていた「謎の鼻の奥の異臭」から解放されたので、すでに十分元は取れたと満足しております。 ボトルのデカさについては、これはしょうがないですね。 どうしても出先でも鼻うがいしたい人は、ハナノアの容器を別で購入しましょう。 まぁでも、基本的に鼻うがいは、朝や寝る前のタイミングでやればいいと思いますので、家に置いておく分にはそこまで邪魔にはならないかと。 まとめ:初心者でも手軽に鼻洗浄できるのでとってもおすすめ! はい、というわけで、今回は、 鼻うがい用の器具、WaterPulseを買って使ってみた! という記事でした。 ネットのウワサ通りに、かなり快適な商品でした。 鼻うがい・ネティポット初心者でも全く問題なく使えたので、風邪の予防やウイルス・黄砂対策・日々の健康維持に、ぜひぜひおすすめのアイテムでございます! あなたも今すぐ、WaterPulseで鼻うがいデビューしてみましょう! ブログ管理人プロフィール 記事を最後までお読みいただきありがとうございます。 ところで、もし今のあなたが「なぜかやる気がでない... 慢性的にだるい.. 仕事もプライベートもパッとしない... 自分なりに頑張ってはいるんだけど... なぜ??」という悩みを抱えているようでしたら、 『ある一つの習慣』を身につけるだけで圧倒的に人生を逆転させられるチャンスがあります。 元非モテでアラサー年収200万のワープアだったぼくでも理想の恋人ができてしまったり、ネットビジネスで成功し、海外を好きなように旅しながら生きていける自由も手に入れられた究極のライフハック術です。 しかもお金も一切かからないので、あなたでもいますぐに試せます。 割とカンタンに人生を好転させられる方法は で紹介しています。 2分くらいで読めます。 おすすめ! カテゴリー• 159• 133• 17 アーカイブ• 106•

次の