いぼ 痔 原因。 いぼ痔の治し方【放置して自然治癒か病院で薬?】や症状と原因

女性の痔の原因と、自分でデキる痔の予防と対策法

いぼ 痔 原因

男性に多いと思われがちな「痔」。 実はほぼ男女差なく、女性でも悩んでいる人が多いことを知っていますか?痔の原因とその背景として長時間のデスクワークが増えていることと、女性の場合には特に便秘や妊娠などが関係しています。 痔でお悩みの方は、ここでしっかりと原因を知って、予防、対処法を実践してみてください。 痔になりやすい3つの原因 まずは、日常生活にひそむ痔になりやすい原因3つをご紹介します。 心当たりがある方は原因になることを避けるように注意して生活しましょう。 痔の原因1:長時間のデスクワークやストレスに注意! 同じ姿勢で座っている時間が長い人は おしりが圧迫されることで、肛門周囲の血流が悪くなりがちです。 そもそも、肛門周辺は細かい血管(毛細血管)がたくさん走っている部分なので、血液が滞りやすいのです。 疲労やストレスが溜まっている人も要注意。 ストレスにより筋肉の緊張が続くと 血流が悪くなるため、痔にかかるリスクが高くなります。 痔の原因2:妊娠や出産がきっかけで痔になるの!? 女性の場合は、 妊娠や出産がきっかけで痔になることも多いです。 妊娠すると子宮が大きくなって腸の動きが妨げられることにより、便秘になりやすくなります。 そのため妊娠中には便秘でいきんだ時に切れ痔などになってしまう妊婦さんも多いのです。 また、黄体ホルモンの影響などがあり、骨盤内がうっ血しやすい状態にあるため 肛門周囲の血流が悪くなりやすいことも関係します。 お産の時にいきんで痔を悪化させてしまうこともあります。 便秘は痔を引き起こす大きな原因の一つです。 便秘になって硬くなった便を排泄するときに、肛門に負担がかかって傷をつけたり、いきみにより肛門周辺にうっ血を引き起こしてしまうためです。 女性の場合は、男性と比べると 便秘になりやすい人が多いので、痔に悩む人も案外多いのです。 また、 便秘だけではなく下痢も痔の原因となります。 何度も頻繁に肛門付近を拭くことにより粘膜に傷がついて細菌感染することで痔になることもあります。 痔になると排便が怖くなって便秘を引き起こしやすく、さらに痔を悪化させやすいため早めの対処が肝心です。 漢方で痔の原因を解説 漢方的には 「冷え」と「血の滞り」が痔に関係すると考えられています。 冷えと痔には密接な関係があり、気温が下がる冬場には痔に悩む人が増える傾向があります。 女性の場合はホルモンバランスが男性に比べて乱れやすく、冷え症の人が多いため痔にかかりやすい傾向があります。 血流が悪い状態のことを漢方では「瘀血(おけつ)」といい、原因には冷えや便秘、ストレスが関わっていると考えています。 血が滞っている状態では患部が腫れやすく、痛みも出やすくなります。 痔を予防・悪化させないためのセルフケア 「冷え」と「血の滞り」が痔を悪化させる大きな原因であるため、冷えをとり、血の巡りの良い状態を目指すことがセルフケアにおいて重要になります。 セルフケア1:冷えないカラダ作り 下半身や腰回りが冷えると肛門周辺の血流が悪くなりやすいため、 重ね着をしたり、腹巻きやカイロなどを活用してカラダを冷やさないように心がけましょう。 食生活においても、冷たいものや夏野菜など冷やす食べ物は控えめにして、 温かい食事やカラダを温める食材を取り入れてみましょう。 また、 入浴は冷えをとり、患部を清潔に保つことにもつながります。 シャワーで済ませないで、ゆっくりと湯船に浸かって冷えをとることも痔の予防になります。 セルフケア2:適度な運動で血流を促す 肛門周囲の血の滞りを防ぐには、 長時間座り続けないことが大事です。 デスクワークの方は、仕事の合間に少し歩いたりストレッチするなどして、こまめに姿勢を変えるようにしましょう。 時間的に余裕のある人は ウォーキング、ジョギングなど、軽めの運動を日常的に取り入れると血行が促されます。 セルフケア3:便秘対策 痔を悪化させる原因である 便秘を解消することも大事です。 水分を十分にとり、腸内環境を整える働きのある食物繊維や発酵食品などを取り入れ、バランスの良い食事を心がけましょう。 朝ごはんを食べると便意のスイッチが入りやすいため、朝ごはんは抜かないようにすることも大切です。 食生活や生活習慣を見直しても便秘が改善しない場合には、便秘薬などのお薬を上手に活用するようにしましょう。 特に痔によく使われるのが「」です。 「血」の巡りを促すことにより傷の修復を早め、 うっ血を取り除く効果があります。 また、便秘を改善する作用もあるので、排便時の痛みや圧迫感を和らげることもできます。 痔の悪化、再発を繰り返しているという人や、便秘で痔になりやすい人は局所的な外用薬を使用するだけでなく、生活習慣の見直しや漢方薬などを活用することで血のめぐりの良い状態に体質を整えていくと良いでしょう。 <PR> 痔でお悩みの方に.

次の

いぼ痔になる原因と治し方はコレ!痛みがない時も注意が必要!

いぼ 痔 原因

痔とは? 「日本人の3人に1人は痔の気がある」といわれているほど、痔は、私たちにとってとても身近な病気です。 代表的な症例としては、便秘ぎみの方にありがちな排便時の「いきみ」によって、肛門周辺に血栓 うっ血 ができる【いぼ痔】、便の硬さなどによって肛門部に裂傷を起こしてしまう【きれ痔】、細菌感染が原因で肛門周辺がはれてしまう【痔瘻(じろう)】の3つにわかれます。 いずれの場合も、肛門に不必要な負担をかけたり、肛門周辺を不潔にしておくことが主な原因です。 また、初期症状としては肛門周辺の痛みやかゆみなどですが、ひどくなると出血や激痛を伴い、排便や歩行に支障をきたすこともあります。 自覚症状がある場合は、早めの治療が大切です。 痔のメカニズム 痔の代表的な症状には、いぼ痔・きれ痔・痔ろうの3タイプがあり、それぞれ症状が異なります。 排便時のいきみなどが主な原因となり、肛門部に不必要な負担が蓄積されることによって、肛門を閉じるクッションのような部分がうっ血し、いぼ状にはれてくる状態です。 症状はおもに痛みを伴った出血ですが、ひどくなってくると痔核が肛門外に脱出してはれあがり、痛みもひどくなります。 女性に多くみられる症状といわれています。 便通時に痛むため、排便をガマンしてしまうことがありますが、その結果、便秘を誘発し、便もより硬くなるため、傷を広げてしまうという悪循環を起こしてしまいます。 肛門周囲に細菌が感染して膿がたまる病気です。 症状が進むと、この膿が肛門腺に沿って組織の深部にまで達し、トンネルのように肛門の内側と外側をつないでしまい、化膿、痛み、発熱を伴います。 予防のポイント 便秘と下痢を防ぐ 便秘と下痢は、痔の原因のひとつ。 これを防ぐことは痔の予防につながります。 まず、便秘の予防には規則正しい食生活と栄養のバランスが第一。 朝食をしっかりとり、特に食物センイを食べるようにしてください。 また、適度な運動も効果的です。 下痢の予防としては冷たいものを飲み過ぎない、からだを過度に冷やさないことがポイント。 さらに、些細なことでイライラせずに、自律神経にやさしい生活を送ることも大切です。 排便の仕方に注意 第一にトイレではまず「いきまない」こと。 いきむと肛門に無用な負担をかけてしまいます。 さらに全部出すまで長時間トイレに座りっぱなしというのも禁物。 便意を感じたら、できるだけすぐに行くようにし、排便は短時間で、自然のままにするように心がけてください。 肛門に負担をかけない 例えば、長時間座ったままで仕事をした後は体操をしたり、寒い日には下着を厚めにして肛門部の冷えを防ぐなど、普段の生活の中でも肛門への負担を和らげる工夫を心がけてください。 またアルコールやたばこの過度な摂取を避け、香辛料など刺激の強い食べ物を控える配慮も大切です。 痔のケア 排便後にはお湯で洗う 便には、痔を刺激する有害な成分が含まれています。 まして痔を患っている肛門は凸凹があり、紙でふく際に痛みも感じるため、きれいに拭いきれないことがほとんど。 かえって肛門周辺に有害な成分をこすりつけることになってしまいます。 このため、紙でふいた後には、患部をお湯でやさしく洗うようにしましょう。 十分に入浴する 規則正しい入浴の習慣は痔の治療に有効な手段のひとつ。 肛門の汚れをきれいに洗い流すことができ、また、十分に温まることで痛みや出血、腫れなどの症状も軽減できます。 さらに、肛門の周りの血行がよくなるため、痔そのものの病状改善はもちろん、予防にも効果があります。 薬を使用する 痔の治療薬には、まず肛門部に使用する坐薬、軟膏などの外用薬があります。 これらの多くは炎症や出血、腫れを抑える成分を含んでいます。 また内服薬としては出血、腫れを抑えるもの、便秘を防ぐもの、患部の血行を良くして回復を早めるものなどがあります。 一般的には、いぼ痔には坐薬、きれ痔には軟膏を用いますが、実際の使用は専門医や薬局・薬店に相談することをおすすめします。

次の

いぼ痔(イボ痔)と切れ痔の治療法と手術

いぼ 痔 原因

痔は男女かからわず発症に男女比率にはほとんど差がなく、世代も10代から中高年まで広く発症がみられます。 痔が起こる原因はさまざま考えられます。 便秘・だけじゃなくスポーツから妊娠まで、痔を引き起こす原因を詳しく解説します! 痔の原因 痔は肛門に負担がかかることでおこります。 肛門に負担がかかる理由はさまざまですが、便秘中の排便のいきみや長時間座りっぱなしになることで血流が停滞することなどが理由にあげられます。 いきみ 排便時のいきみは肛門への負担に直結します。 特に便秘のときは、いきむことが増えるため痔の原因になりやすいとされています。 排便時以外では、野球でバットを振るときやゴルフのスイングなど、スポーツをするの最中にいきむことでも肛門に負担をかけてしまいます。 便(硬い便・下痢など) 硬い便は肛門に傷をつけ、切れたり裂ける原因になります。 特に便秘のときの便は、水分が吸収されるため硬くなりがちで、痔の原因になりやすくなります。 また、下痢症状のときも、勢いよく下痢便が通過することで肛門に傷がついてしまうため、痔になりやすい原因としてあげられます。 座りっぱなし 長時間のデスクワーク、自転車の長距離移動、長時間の車の運転など、座ったままの姿勢が続くと、肛門付近の血流が停滞して痔の原因となります。 身体の冷え 冷房に長時間あたる、コーヒーなど体温を下げる飲み物・食べ物を過剰摂取することで身体が冷えて全身の血のめぐりが悪くなります。 全身の血流が停滞すると肛門の付近の血流にも影響し、痔ができやすい環境ができます。 食生活 痔は便秘と深い関わりがあるため、便秘にならない食生活が重要です。 食物繊維や水分が不足すると便秘になりやすくなります。 また、強い香辛料、血流を悪くする脂っぽい食事、便を柔らかくしすぎてしまうお酒などの過剰摂取も、腸や肛門へ刺激を与えるため痔の原因となります。 細菌 細菌が肛門線に侵入することで痔がおきることもあります。 通常は便が肛門線へ入り込むことはあまりないとされていますが、便が下痢の場合は肛門線にまで侵入し感染する可能性がでてきます。 肉体疲労・体力低下 筋肉に疲労物質が溜まったり、座りっぱなしや立ちっぱなしになることで肛門の血流が停滞気味になります。 また、疲労が蓄積されて体力が低下している時は、細菌にも感染しやすくなり、細菌がきっかけとなる痔がおこりやすくなります。 ストレス ストレスが溜まることで慢性的な下痢や免疫力の低下がおこります。 また、細菌にも感染しやすくなるため、痔になりやすい条件が増えます。 女性の痔の原因はホルモンバランスにあり 男女別に見た痔の発症率に大きな差はありません。 ただし、女性は男性と比較すると痔になりやすい環境にあります。 女性特有の痔の原因を確認しましょう。 生理による影響 月経前症候群(PMS)や生理中の症状に便秘や下痢をあげる方も少なくありません。 生理前後は肛門炎症がおきやすく、生理中も肛門へ負担がかかりやすい状態といえます。 また、生理前は冷え性になりやすいことから肛門の血流が停滞し、痔になりやすくなります。 妊娠と出産による影響 妊娠すると肛門周辺の血流が停滞しやすい環境になりやすくなります。 ・ホルモンバランスの変化により血流が滞る ・胎児の成長のために血液がお腹に集まりやすくなる ・静脈が圧迫される さらに出産には激しいいきみがつきものです。 出産時に肛門に大きな負担がかかるため、痔を発症する方も多くなります。 また、産後は新生児の世話で生活リズムが不規則になったり、授乳で水分が不足したりするため便秘が起こりやすくなります。 妊娠前後は痔が起こりやすい環境といえるため注意しましょう。 痔の種類と原因の関係 痔は症状や部位によって三種類にわけることができ、それぞれ原因も異なります。 痔の種類ごとの症状について詳しくは関連記事をごらんください。 関連記事 いぼ痔(痔核) いぼ痔の主な原因は、いきみや座りっぱなしになどによる肛門付近への過度な刺激です。 また、肛門の血流が悪くなり、血流が停滞した部分がいぼ(痔核)になってしまうこともあります。 【考えられる原因】 ・いきみ ・座りっぱなし ・身体の冷え ・食生活 ・肉体疲労、体力低下 など 切れ痔(裂肛:れっこう) 便秘の時など便の硬さが原因で肛門に傷をつけ、切れ痔につながります。 また、下痢の場合も勢いよく便が通過することで、肛門に傷がつく場合があります。 なお、痛みがつらいために便意をこらえると、便の硬直化がさらに進み、悪循環に陥りやすいので注意が必要です。 【考えられる原因】 ・硬い便 ・下痢便 ・ストレス など 痔ろう(あな痔) 痔ろうの原因は細菌です。 肛門線に細菌が入ることで化膿や炎症をおこします。 細菌源は便であることがほとんどですが、肛門線にまで菌が侵入する時は下痢便である傾向があります。 痔が疑われたら早めの治療を 痔は場所が場所だけに人には相談しづらいもの。 しかし、放っておくと症状がひどくなるばかりで治療も長引いてしまいます。 痔が疑われる場合は早めに医療機関を受診しましょう。 症状が軽度のいぼ痔や切れ痔であれば、痛みの緩和などに市販薬を活用することも可能です。 市販薬を使用する場合は、痔の種類や発症した場所を確認して自分にあった薬を選択しましょう。

次の