不死 川 実 弥 おはぎ。 【鬼滅の刃】第136話「動く」ネタバレ確定感想&考察、おはぎ大好き不死川![→137話]

【鬼滅の刃考察】不死川実弥が「良いキャラ」すぎて泣けた【風の呼吸・風柱】【能力強さ】【不死川玄弥】【しなずがわさねみ】

不死 川 実 弥 おはぎ

初めましての方は初めまして!キャラメルと申します! 今回は不死川さんと澄恋が一緒に暮らしてしばらくたったころのお話し、前回前々回よりも過去(4年前)のお話です!お館様が出てきます! 題名は最後になると意味が解ると思います(( 前回、前々回のお話を読んでいない方はそちらから! あ~あんまり気にしないわ、という人はこのままどうぞ…!(とりあえず不死川さんに命を救われた少女が不死川さんに憧れて鬼殺隊士を目指しているという設定だけ頭に入れていれば読めると思います!) !注意事項! 作者は駄作しかかけません。 好きなところだけ書いてるので突然始まり、突然終わります。 ピクシブ初心者なので至らないところだらけです。 語彙力がない、圧倒的に語彙力が無いです。 ちょくちょく原作沿いに話が進みます。 (本誌ネタもちらっとあるのでアニメ勢の人は注意) 夢主名前出てきます。 オリジナルの呼吸とかもあります。 (戦闘シーンあまりないです。 ) 不死川実弥の夢です。 けれど甘くはない…? とにかくなんでもありな人向け。 基本夢主視点で話が進みます。 (途中で視点変わったりしますが基本は夢主です) 不死川さんが16歳で柱になったことになってます。 では!余談はこれくらいにして それでも読んでくださる優しい方はどうぞ・・・!!• 設定 四季 澄恋(しき すみれ) 11歳 年齢の割には小柄だけど、力持ち。 稀血である 実弥が柱になった時期(澄恋が10歳の時)に鬼に襲われているところを実弥に救われて以来鬼殺隊を目指して修行中。 家族を鬼に殺されていて、押しかけ女房かというほど実弥の世話をやいたりと、通い詰めた結果不死川の屋敷に実弥と一緒に住んでいる 不死川 実弥(しなずがわ さねみ) 17歳 16歳の時に柱になり、そのころ澄恋と出会う、なんだかんだ澄恋に甘いところがある。 澄恋に押されまくって現在一緒に住んでる お館様大好き ・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・ 今日は朝から実弥さんはそわそわしていた。 なにかと聞けば半年に一度の柱合会議があるらしい。 私はそんな実弥さんについて行ってたのだが・・・ 「澄恋はここで待ってろ」 甘味処の店の前で足を止められてしまった、そして手を取られてお金を握らされた。 「えー実弥さんと一緒じゃだめなの?」 「馬鹿いうんじゃねェ、俺はこれから柱合会議なんだ。 連れてけるわけねェだろォ」 ・・・まぁそうだろう。 私はまだ鬼殺隊士ではないし 「・・・はーい」 すこし拗ねた声でそう呟いて、私は実弥さんを見送った。 ・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・ 甘味処ではお団子とお茶を頼んだ。 お金は余ったので実弥さんに返そう。 それか家にある小豆が足りないから買って帰ろうかな・・・ そう思いながら甘味処の席にてもぐもぐと食べていると 一羽の鴉が私の隣に降りてきた 突然のことで固まってしまう・・・ 私はそーっと首だけを動かして鴉を見た。 ・・・にしても立派な鴉だな? 「・・・鴉さん、あられ食べる?」 私はお茶請けについていたあられを手のひらにとり鴉の前にやった、すると 「ありがとう」 そういって鴉は私の手のひらのあられをつついて食べた 「!!・・・とても言葉が達者なのね、あなた鎹鴉さん?」 しゃべる鴉なんて鎹烏しかしらない。 にしても本当にきれいな言葉でしゃべるな・・・実弥さんの鴉はもっとカタコトなのにな 「えぇ、吾輩はとあるお方の使いの者です。 貴方についてきてほしいところがあるのです」 「あー・・・あのね、実は今人を待っているの、だからここから離れるわけには・・・」 それに実弥さんに知らない人についてくなって言われてるし!・・・人じゃないけど、鴉だけど 「不死川様には伝えてありますゆえ、どうか気になさらず」 「!・・・実弥さんを知っているの?」 「えぇ」 鴉は私を見つめたままだ。 私はそっとその鴉の頭を人差し指で優しくなでた 「・・・とっても毛並みがきれい。 それにこの首飾り?素敵ね。 きっと貴方の使えている人は貴方の事をとても大切に思ってる、その証」 鴉はすりっと私のてに頬を寄せた。 大きいけど、かわいらしい この子は大丈夫だ。 「わかった、行くわ。 案内してくれる?」 「えぇもちろん」 ・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・ 鴉に案内されてどんどん道を進んでいく だんだん人通りもなくなってきて・・・そして 「・・・ここ等辺一帯とっても空気がきれい…なんだか浄化されてるみたいな雰囲気がする」 鴉が進むにつれてどんどん清い雰囲気に連れて行かれている気がする そして私はとある屋敷の前に着いた 「ここ?」 「えぇ、ここです」 「あの・・・鴉さん私場違いじゃないかな?」 急に不安になってきた、私大丈夫かな。 今着ている服装は普段着である袴だ。 もっと、正装があるのではないかと思わせるこの屋敷の雰囲気に緊張する 足が棒のように動かない・・・ 「さぁ、こちらへ」 「わっ!押さないでって!」 見かねた鴉が私の背中を押した、しぶしぶ前に進むと 中庭のような場所が見えた、手入れされたとてもきれいな庭園だ 「ご・・・ごめんくださーい・・・」 震えた声で屋敷をうかがうように腰を曲げれば 「よく来たね。 」 「・・・!」 そこに居たのはとてもきれいな声をした、きれいなお方だった 私は自然とその人の前に行き、膝をつき、頭を下げていた なんだろう、この感じ、不思議だ。 「頭を上げて、今日は話したいことがあって澄恋を呼んだんだ。 」 私は頭を上げてまたその人を見る 穏やかだ・・・広い広い湖のように、穏やかな雰囲気がする 「それと、私の鴉に良くしてくれてありがとう」 「!あっえっと・・・とてもいい子だったので・・・」 いつの間にかそばにいた鴉はそのお方の膝の上にいた 「あのっ・・・私はなぜここに・・・それと実弥さんは・・・」 「あぁ、ごめんね。 話を進めようか。 実弥は別のところで少し待っててもらっているんだ、二人で話したかったからね。 」 「紹介が遅れてすまない、私は産屋敷耀哉、鬼殺隊の当主を務めてる。 」 「!貴方がお館様・・・!」 実弥さんから何度か話しを聞いたことがある。 お会いしたいと思っていたけれど、まさかこんなに早く会えるとは というか 「あのっ私はまだ鬼殺隊士でもない身です。 なぜ私をここに・・・?」 そう、私は鬼殺隊士ではない、最終選別も受けてないし。 まだまだ修行中の身である。 「実弥のことで少しね。 澄恋からみて実弥はどういう子だい?」 予想外の質問に戸惑う 実弥さんのこと・・・実弥さん・・・どういう人・・・か・・・ あまり考えてこなかったかもしれない 「・・・口が悪いです。 」 「ふふっそうだね」 「それと、おはぎが好物で、もち米を炊くとすぐに台所を覗きに来ます。 」 「それは知らなかったなぁ」 「ご飯は必ず残さずに食べてくれます。 帰りが遅いと心配してくれます。 けど暴力的です。 」 「うん」 「あと・・・不器用だけど、口は悪いけど、すぐ手は出るけど。 とんでもないくらいやさしいです。 」 そうだ、あの人はとんでもないくらいやさしい人なんだ。 「・・・」 「私が実弥さんと出会ったのは私が家族と共に鬼に襲われている時でした。 そのとき初めて助けてくれました。 おかげで家族は鬼に喰われず、亡くなってしまったけれど埋葬することが出来ました。 」 「私は実弥さんのようになりたくて、藤の花の家紋の家に預けられても、実弥さんの家になんども行って、追い出されて、でもあきらめずに。 家の前で粘ってたら・・・風邪をひいてしまいまして」 「気付いたら胡蝶屋敷にいて、高熱を出していました。 カナエさんに聞くと、実弥さんが私を抱えて深夜にもかかわらず胡蝶屋敷に来たというんです。 」 「それもすごく急いで慌てた様子で。 」 「・・・そこで私は決めました。 あの人のそばに居ようって。 不器用で、口が悪くて、すぐ手が出て・・・ありえないくらいやさしい。 傷だらけで鬼から大切な人を守ろうと戦うあの人のそばに居ようって。 決めたんです。 」 「だから、今は修行中の身だけど、必ず鬼殺隊に入って、やさしいあの人を守れるようになりたいと・・・いや、守ります。 あの人を守れるほど強くなります。 あの人のそばで。 」 私は強いまなざしで真っ直ぐとお館様を見た。 ・・・って、私何言ってるんだ!? 「っごっごめんなさい!実弥さんの事なのに私の話をしてしまって・・・!」 いつの間にか私が実弥さんのそばにいる経緯を話してた。 気づかなかった。 四季澄恋一生の不覚・・・! 今の実弥さんに聞かれたら死ぬ・・・!守るとか・・!なんで言っちゃったんだ私! 「いいんだ。 澄恋、実弥のことを頼んだよ。 どうかそばに居てやってほしい。 」 お館様は私を穏やかなまなざしでみつめた 「え・・・」 「実弥には澄恋が必要だ。 澄恋の気持ちを聞いて安心したよ。 そこには 「実弥さん!」 「おせェ」 イライラしたような様子の実弥さんが立っていた 「実弥さん!あのね!!私ずっとそばにいるからね!?」 私はさっきのお館様へ向けた実弥さんへの熱が収まり切っていないのか 勢いよく実弥さんに飛びついた。 いや、抱きついた。 「あァ!?」 実弥さんはびっくりして少し体制を崩したけど、ちゃんと受け止めてくれた、やさしい。 と、思ったのもつかの間 「いてててっ痛いって!!」 「うるせェ離れろォ!」 すさまじい力で私を引きはがしにかかった ひどい。 うっすらと涙が浮かんだ 「テメェお館様と何話しやがった」 あぁ、そういうことか。 実弥さんはお館様が大好きなのだ。 きっと私に嫉妬しているのだろう。 でも・・・ 「ふふっ秘密っ」 教えてあげない。 「ねぇ実弥さん今日はおはぎ祭りしよう。 小豆足りないから買って帰ろう!」 なにせ今日の私は機嫌がいいのだ。 作ったらカナエさんやしのぶさん、カナヲにも届けよう。 その日の晩は実弥さんと共に宣言通りおはぎ祭りをした。 二人でどちらの方が多くおはぎを食べられるか勝負して、見事敗北した。 そして私はさらに鍛錬を重ねたのであった。 ・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・ ~おはぎ祭り主催者澄恋~ お館様に初めて会った。 お館様の鴉と仲良くなりこの後もよくお茶をするようになる。 まだ呼吸は身に着けておらず、とりあえず基礎体力を上げる訓練を一人でしてる。 (たまに最近胡蝶屋敷にやってきたカナヲとともに鍛錬する) 実弥さんの家に来てから得意料理がおはぎになった ~お館様が大好きな17歳実弥~ 兄妹が多かったからなにかと面倒見がいい、澄恋を放っておけない自分に気付き始めてる。 柱合会議の後お館様に止められて別室で待ってた。 まさか澄恋が呼ばれるとは思ってなかったので驚きと共に澄恋がなにか失礼をしていないか心配してた。 おはぎ祭りでの勝者。 30個の差をつけた。 ~実弥がちょっと心配だったお館様~ 実弥が柱になってからしばらくたったころ、実弥が誰かと共に暮らしていると聞いて気になってた。 澄恋の事を見て、この子なら大丈夫だと安心。 次の柱合会議にて実弥に継子にしないのか聞いたら、しないときっぱり言われてしまう。 でも実弥の気持ちもわかってしまうので澄恋に頑張ってほしいと願う。

次の

【鬼滅の刃考察】不死川実弥が「良いキャラ」すぎて泣けた【風の呼吸・風柱】【能力強さ】【不死川玄弥】【しなずがわさねみ】

不死 川 実 弥 おはぎ

Sponsored Link 【不死川実弥の過去】 ある日、実弥・玄弥・他の4人の兄弟は自宅で母が仕事から帰ってくるのを自宅で待っていました。 一向に帰ってこない母親を心配した実弥は様子を見に行ってくると言い外出し、他の兄弟は自宅で待機する事に。 しばらくしてから自宅の扉がトントンっとノックされ、母親が帰ってきたと思った兄弟はドアを開けてしまいます…。 そこに現れたのは鬼となってしまった母親。 鬼となった母親は玄弥以外の兄弟を一瞬で殺してしまい、次に玄弥に襲い掛かろうとします。 しかしその瞬間、 実 弥が突如現れ、鬼化した母親に捨て身のタックルで応戦し、外に追い出します。 鬼となった母親と 実 弥の後を追った玄弥が見た光景は「包丁を片手に持った血まみれになった実弥と、倒れている母親の姿」でした。 鬼となってしまった母親を殺すしかなかった実弥ですが、玄弥からは「人殺し」と言われてしまい、世の全てが色を失って擦り切れてしまいます。 これが「不死川家で起きた一連の事件(過去)」で、この事件がキッカケで玄弥とは距離を置くことになるのでした。 実 弥はこの事件をきっかけに鬼を酷く憎み、個人で鬼狩りをしていくことになります。 しかし、当時の不死川実弥は、日輪刀はもちろん、鬼殺隊の存在も知りませんでした。 なので、様々な武器で鬼を弱らせ、とどめに日の光で倒すというやり方で、鬼狩りをしていました。 その後、実弥は鬼狩をしている時に鬼殺隊の人に出会い、育手を紹介してくれ、鬼殺隊として活躍します。 残念ながら紹介してくれた「粂野匡近」は下弦の壱に殺され死んでしまい、善良な人間が次々と死んでいくこの世の不条理を知るのでした。 Sponsored Link 【希少な稀血の持ち主】 稀血とは、栄養価の高い血を持った人たちのことで、稀血を1人食べることで、普通の人を50人から100人程度食べているのと同じ効果が得られます。 不死川実弥は、とても珍しい稀血の中でも、 さらに希少な鬼を酔わせることができるほどの威力を持った稀血の持ち主です。 その効果は、一瞬ではありますが、鬼舞辻無惨の直属部隊で一番強い上弦の壱にも影響を与えるほどの威力を持っています。 【弟が大事ゆえに冷たく突き放す】 不死川実弥には、実の弟である玄弥も炭治郎と同期で鬼殺隊として入隊しています。 もちろん鬼殺隊に所属しているため、玄弥は兄である実弥とすれ違い話そうとしますが無視をされてしまいます。 実弥は、ずっと「俺に弟はいない」と言っていたのです。 玄弥にも「テメェみたいな愚図俺の弟じゃねぇよ。 気殺隊なんかやめちまえ」と言っています。 しかし、この言葉本当は玄弥に早く鬼殺隊を辞めてもらい、普通の家庭を持って欲しくて冷たくしていたのです。 いつ死ぬかわからない鬼殺隊、さらに善良な人は死んでしまうといことを知っていたから早く抜け出して欲しいという、とても弟思いのお兄さんでした。 【特徴】 初登場 199話 鬼舞辻無惨に使用 台風のように渦を巻き、回転を加える事により攻撃力を高めた荒々しい斬撃。 【「鬼滅の刃」を読むなら「U-NEXT」がおすすめ】 「鬼滅の刃」を取り扱っている電子書籍をービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス 「U-NEXT」です! なぜ、 「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。 そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「鬼滅の刃1冊(1~最新巻まで)」無料購読できる。 登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。 継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。 U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。 まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。 そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。 「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、 1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。 2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。 加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「鬼滅の刃」・「キングダム」・「進撃の巨人」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「ONE PIECE STAMPEDE」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

次の

不死川実弥(しなずがわさねみ)のプロフィール!顔が怖いと噂の風柱は実は弟想いの優しいお兄ちゃんだった!悲しい過去を持つ強き剣士【鬼滅の刃ネタバレ】

不死 川 実 弥 おはぎ

100• 101• 102• 103• 104• 105• 106• 107• 108• 109• 110• 111• 112• 113• 114• 115• 116• 117• 118• 119• 120• 121• 122• 123• 124• 125• 126• 127• 128• 129• 130• 131• 132• 133• 134• 135• 136• 137• 138• 139• 140• 141• 142• 143• 144• 145• 146• 147• 148• 149• 150• 151• 152• 153• 154• 155• 156• 157• 158• 159• 160• 161• 162• 163• 164• 165• 166• 167• 168• 169• 170• 171• 172• 173• 174• 175• 176• 177• 178• 179• 180• 181• 182• 183• 184• 185• 186• 187• 188• 189• 190• 191• 192• 193• 194• 195• 196• 197• 198• 199• 200• 201• 202• 203• 204• 205• 206• 207• 208• 209• 210• 211• 212• 213• 214• 215• 216• 217• 218• 219• 220• 221• 222• 223• 224• 225• 226• 227• 228• 229• 230• 231• 232• 233• 234• 235• 236• 237• 238• 239• 240• 241• 242• 243• 244• 245• 246• 247• 248• 249• 250• 251• 252• 253• 254• 255• 256• 257• 258• 259• 260• 261• 262• 263• 264• 265• 266• 267• 268• 269• 270• 271• 272• 273• 274• 275• 276• 277• 278• 279• 280• 281• 282• 283• 284• 285• 286• 287• 288• 289• 290• 291• 292• 293• 294• 295• 296• 297• 298• 299• 300• 301• 302• 303• 304• 305• 306• 307• 308• 309• 310• 311• 312• 313• 314• 315• 316• 317• 318• 319• 320• 321• 322• 323• 324• 325• 326• 327• 328• 329• 330• 331• 332• 333• 334• 335• 336• 337• 338• 339• 340• 341• 342• 343• 344• 345• 346• 347• 348• 349• 350• 351• 352• 353• 354• 355• 356• 357• 358• 359• 360• 361• 362• 363• 364• 365• 366• 367• 368• 369• 370• 371• 372• 373• 374• 375• 376• 377• 378• 379• 380• 381• 382• 383• 384• 385• 386• 387• 388• 389• 390• 391• 392• 393• 394• 395• 396• 397• 398• 399• 400• 401• 402• 403• 404• 405• 406• 407• 408• 409• 410• 411• 412• 413• 414• 415• 416• 417• 418• 419• 420• 421• 422• 423• 424• 425• 426• 427• 428• 429• 430• 431• 432• 433• 434• 435• 436• 437• 438• 439• 440• 441• 442• 443• 444• 445• 446• 447• 448• 449• 450• 451• 452• 453• 454• 455• 456• 457• 458• 459• 460• 461• 462• 463• 464• 465• 466• 467• 468• 469• 470• 471• 472• 473• 474• 475• 476• 477• 478• 479• 480• 481• 482• 483• 484• 485• 486• 487• 488• 489• 490• 491• 492• 493• 494• 495• 496• 497• 498• 499• 500• 501• 502• 503• 504• 505• 506• 507• 508• 509• 510• 511• 512• 513• 514• 515• 516• 517• 518• 519• 520• 521• 522• 523• 524• 525• 526• 527• 528• 529• 530• 531• 532• 533• 534• 535• 536• 537• 538•

次の