ごぼう と 人参 の きんぴら。 余った「きんぴらごぼう」の簡単リメイクおかず&活用アイデア

きんぴらごぼうの「きんぴら」の語源と意味とは?なぜきんぴらなの?

ごぼう と 人参 の きんぴら

ごぼうは切り方によって食感が変わります。 きんぴらごぼうでは、 シャキシャキした食感を出すために、 ささがきごぼうにして食べますが、なかなか難しいんですよね。 そこで、簡単にうまくごぼうを切ることができる方法をご紹介します。 きんぴらごぼうがうまく作れるって、とっても素敵ですよ! ごぼうを切ろう! 上手にささがきができなくても大丈夫です。 他の切り方でもシャキシャキとしたごぼうの食感は十分楽しめますよ。 包丁とスライサーを使った切り方がありますが、あなたは、どのごぼうの切り方が1番簡単だと思いますか? オーソドックスな、ささがきをする まず、ごぼうに十字の切れ込みを入れます。 これがうまくささがきにするコツです。 ごぼうをくるくると回しながら包丁を入れましょう。 太くなってしまっても厚くなってしまっても、あまり気にせずに切っても大丈夫。 だんだんとうまくできるようになりますよ。

次の

きんぴらごぼうはカロリーが高いから太る?糖質は?おすすめレシピも紹介

ごぼう と 人参 の きんぴら

ごぼうは食物繊維が多いことで知られる野菜です。 ごぼうは100gあたり5. 7gの食物繊維を含み、そのうち水溶性食物繊維が2. 3g、不溶性食物繊維は3. 4gあります。 水溶性食物繊維とは水に溶けやすい食物繊維のことです。 水溶性食物繊維には胃腸に入ると水分を吸収してゼリー状になり、腸内の老廃物や有害物質を吸着させ体外に排出してくれるというデトックス効果があります。 また、 血糖値の上昇を抑え、コレステロールの吸収を抑制するため糖尿病など生活習慣病の予防効果があるとも言われています。 一方、不溶性食物繊維とはその名前の通り水に溶けず、便のかさを増やしてくれる食物繊維のことを指します。 不溶性食物繊維は腸壁を刺激し、腸の蠕動を促進します。 結果として 腸内環境を整え、便秘を予防することができます。 ごぼうはダイエットの敵でもある、がんこな便秘に効果があります。 ごぼう(1本)• めんつゆ(大さじ3)• オリゴ糖(大さじ4)• 唐辛子(少々)• かつおだし(小さじ1)• ごぼうの皮を剥いて細切りに、にんじんも細切りにして水にさらしておく• こんにゃくは半分に切って4等分してから細切りにし、塩を振ってしばらくおく• フライパンにごま油と小口切りにした唐辛子を入れて熱し、野菜を加え炒める• 水で洗い流したこんにゃくを加え炒める• かつおだしを加えてさらに炒め、めんつゆとオリゴ糖を混ぜたタレをいれる• 水50㏄を加え、弱火で煮詰める• タレが半分くらいになったらゴマを加え、中火にして煮合わせたら完成 めんつゆを使って簡単にできるきんぴらごぼうのレシピです。 こんにゃくを加えることで少量でも腹持ちが良くダイエット中に食べるのに最適です。 弱火でじっくりと煮詰めることで野菜に味がしみておいしく仕上がります。 ごま油(小さじ1)• ベーコン(30g)• ごぼう(1本)• しらたき(120g)• ピーマン(1個)• みりん(大さじ1)• 塩(ひとつまみ)• フライパンにごま油を熱し、柵切りにしたベーコン、千切りにしたゴボウを順に入れて炒める• しんなりしてきたらしらたきと千切りにしたピーマンを加え炒める• 火が通ったらみりんと鶏ガラスープの素を入れて炒め合わせ、仕上げに塩を振って完成 塩味がベースの変わりきんぴらごぼうのレシピです。 塩と鶏ガラスープ、少量のみりんで味付けするので砂糖を使わないのがポイントです。 ベーコンでタンパク質を補えるほか、ヘルシーなしらたきでカサがふえ、少量でも満足感のある一品にしあがります。

次の

きんぴらごぼうのレシピ/作り方:白ごはん.com

ごぼう と 人参 の きんぴら

ごぼうは食物繊維が多いことで知られる野菜です。 ごぼうは100gあたり5. 7gの食物繊維を含み、そのうち水溶性食物繊維が2. 3g、不溶性食物繊維は3. 4gあります。 水溶性食物繊維とは水に溶けやすい食物繊維のことです。 水溶性食物繊維には胃腸に入ると水分を吸収してゼリー状になり、腸内の老廃物や有害物質を吸着させ体外に排出してくれるというデトックス効果があります。 また、 血糖値の上昇を抑え、コレステロールの吸収を抑制するため糖尿病など生活習慣病の予防効果があるとも言われています。 一方、不溶性食物繊維とはその名前の通り水に溶けず、便のかさを増やしてくれる食物繊維のことを指します。 不溶性食物繊維は腸壁を刺激し、腸の蠕動を促進します。 結果として 腸内環境を整え、便秘を予防することができます。 ごぼうはダイエットの敵でもある、がんこな便秘に効果があります。 ごぼう(1本)• めんつゆ(大さじ3)• オリゴ糖(大さじ4)• 唐辛子(少々)• かつおだし(小さじ1)• ごぼうの皮を剥いて細切りに、にんじんも細切りにして水にさらしておく• こんにゃくは半分に切って4等分してから細切りにし、塩を振ってしばらくおく• フライパンにごま油と小口切りにした唐辛子を入れて熱し、野菜を加え炒める• 水で洗い流したこんにゃくを加え炒める• かつおだしを加えてさらに炒め、めんつゆとオリゴ糖を混ぜたタレをいれる• 水50㏄を加え、弱火で煮詰める• タレが半分くらいになったらゴマを加え、中火にして煮合わせたら完成 めんつゆを使って簡単にできるきんぴらごぼうのレシピです。 こんにゃくを加えることで少量でも腹持ちが良くダイエット中に食べるのに最適です。 弱火でじっくりと煮詰めることで野菜に味がしみておいしく仕上がります。 ごま油(小さじ1)• ベーコン(30g)• ごぼう(1本)• しらたき(120g)• ピーマン(1個)• みりん(大さじ1)• 塩(ひとつまみ)• フライパンにごま油を熱し、柵切りにしたベーコン、千切りにしたゴボウを順に入れて炒める• しんなりしてきたらしらたきと千切りにしたピーマンを加え炒める• 火が通ったらみりんと鶏ガラスープの素を入れて炒め合わせ、仕上げに塩を振って完成 塩味がベースの変わりきんぴらごぼうのレシピです。 塩と鶏ガラスープ、少量のみりんで味付けするので砂糖を使わないのがポイントです。 ベーコンでタンパク質を補えるほか、ヘルシーなしらたきでカサがふえ、少量でも満足感のある一品にしあがります。

次の